ドラえもん「性癖暗視ゴーグル〜」 のび太「なにそれ?」back

ドラえもん「性癖暗視ゴーグル〜」 のび太「なにそれ?」


続き・詳細・画像をみる

1:
ドラえもん「このゴーグルをつけて性癖を探りたい相手を見る」
のび太「ふんふん」
ドラミちゃん「お兄ちゃん何してるの??」
ドラえもん「ふむふむ、ドラミはアナルファックが好きなのかぁ?」
ドラミちゃん「お兄ちゃん!!」
のび太「凄いよドラえもん!!それ貸して!!」
ドラえもん「ダメダメ?!!のび太くんに貸したらろくなことに使わない」
のび太「そんなこと言わずに貸してよ?」
ドラえもん「だ?め」
のび太「おやつのどら焼き僕の分もあげるから?」スリスリ
ドラえもん「…!!しょうがないなぁ?はいこれ」
のび太「やっほーい!!」スタタタ
ドラえもん「はぁ…ややこしいことにならなきゃ良いんだけど?…」
9:
のび太「あー良い物借りちゃったなぁ?」ワクワク
のび太「あっ!!ジャイアンにスネ夫だ!!」
のび太「早このゴーグルをつけて…ムフフ」スチャッ
ジャイアン(アナル舐められながら後ろから手コキ)
のび太「ジャイアンって乱暴なのにMなんだなぁ?」ゲラゲラ
ジャイアン「おうのび太!!なんか言ったかぁ!?」
のび太「なんでもないよ?気にしないで」
スネ夫(イラマチオで口内射精、その後一度手に精子出してそれを再び飲む)
のび太「わぁ?お!スネ夫らしーや」ゲラゲラ
スネ夫「なんだ?のび太のやつ?」
のび太「なんでもないよ?じゃ僕忙しいからー」スタコラサッサ
ジャイアン「なんだあいつ…」
スネ夫「変なのび太」
12:
のび太「ムフフ…さ、お遊びはここまで」
のび太「しずかちゃんの性癖も覗きに行くぞ?」ワクワク
のび太「しーずかちゃん!!」
ガチャッ
しずか「あら、のび太さんどうしたの?」
のび太「ムフフ…ちょっとそのままそこにいてね?」
しずか「???」
のび太「早このゴーグルをつけて…」スチャッ
しずか(軽いスカトロうんこは無理だがおしっこならいける)
のび太「!!!!!」
しずか「のび太さん?どうしたののび太さん!!」
のび太「な、な、なんでもないよーーー!!!」スタタタ
しずか「変なのび太さん」
14:
ドラえもん「ほらドラミもっとお尻あげるんだ!!」
ドラミちゃん「これ以上無理よぉ?」クイクイ
ドラえもん「はぁーもう出来ない性癖もつとかしょうがないなぁ」
ドラミちゃん「何の話してるのお兄ちゃん!?」
ドラえもん「あっ…えっと…それはぁ?」オロオロ
ドラミちゃん「お兄ちゃん!」ズンズン
コケッ
ドラミちゃん「いたぁ?い何よこれ?」
ドラえもん「ああそれは性癖暗視ゴーグル…」
ドラえもん「…!?なんでそれがここに!?」
ドラえもん「だとしたら…大変だ!!急いでのび太くんを探さないと!!」
15:
のび太「はぁ…しずかちゃんにスカトロ趣味があったなんて…」トボトボ
ドラえもん「のび太く?ん!!」ピュゥー
のび太「ドラえもん?どうしたの?」
ドラえもん「大変だ!!」
のび太「だから一体どうしたの?」
ドラえもん「キミに渡したのは性癖暗視ゴーグルじゃない!!」
のび太「何言ってんの?だって性癖がちゃんと…」
ドラえもん「それはキミが相手に望むこと」
ドラえもん「そのゴーグルは秘密の欲望確認ゴーグルだったんだ!!」
のび太「えっ…」
のび太「なぁーんだ、じゃあ僕がしずかちゃんのおしっこを飲みたかったのかぁ」
のび太「良かった、しずかちゃんが変態じゃなくて」ホッ
21:
のび太「ってことは…アナルセックスしたかったのはドラえもんだったんじゃないかぁ?」ゲラゲラ
ドラえもん「ま、そーいうことになる」
のび太「アナル…?」
ポワワワーン
ジャイアン(アナル舐められながら後ろから手コキ)
のび太「…!!!」ゾクッ
スネ夫(イラマチオで口内射精、その後一度手に精子出してそれを再び飲む)
のび太「…!!!」ゾクゾクッ
ドラえもん「ん?のび太くんどーかしたの?」
のび太「ドラえもん…僕…」ガクガク
のび太「ノーマルだよ…ね…?」
ドラえもん「ん?どーいうこと?」
22:
面白い
25:
のび太「このゴーグルで…ジャイアンと…スネ夫を見た…んだ」
ドラえもん「ふーん、ま、ノーマルだったら何も映らないと思うけどぉ…」
のび太「ジャイアン(アナル舐められながら後ろから手コキ)」
ドラえもん「…!!!」
のび太「スネ夫(イラマチオで口内射精、その後一度手に精子出してそれを再び飲む)」
ドラえもん「…!!!」
のび太「これが…僕の秘めた…欲望…?」ガクガク
ジャイアン「面白そうな話してるじゃないかのび太ぁ」ニヤァ
スネ夫「イラマチオがなんだってぇ??」ニヤァ
のび太「ジャイアン…それにスネ夫…!!」
ドラえもん「まずい、ジャイアン達にのび太くんの欲望がバレた!!」
29:
ドラえもん「確認した自分の秘めた欲望を相手に打ち明けると…」
ドラえもん「打ち明けられた相手はその気になっちゃうんだ!!!」
のび太「う…うそ…でしょ…ジャイアン…?」
ジャイアン「心の友よ?身体でも友になろうじゃないか、なぁのび太」ボロン
のび太「やめてよ…スネ夫」
スネ夫「僕の精子は甘いよぉ?毎日ママのケーキを食べてるからね」ボロン
のび太「うわあああああ!!!ドラえも?ん!!!!」
ドラえもん「どこでもド…」
ジャイアン「邪魔するなドラえもん!!」ボコッ
ドラえもん「ぐえっ」
のび太「うわああああ…んぐぅっ!?」
スネ夫「のび太の口の中案外気持ち良いよジャイアーン」
のび太「んんじゅっじゅるじゅぼぼじゅぼじゅぼんんんっ」
32:
のび太「んじゅるじゅぼじゅぼじゅぼんちゅれろれろ」
ジャイアン「よぉーしそれじゃ俺様はのび太のアナルを味わってやるぞぉー!!」
ズルッ
のび太「んんんーーーっ!!!」ボロン
ジャイアン「じゅるれろちゅぅぅぱんちゅ…うーんなかなかの味だぜのび太」
スネ夫「ジャイアンものび太もフルボッキじゃないかー」ゲラゲラ
ジャイアン「ああのび太しごいてやるからなちゅぱれろじゅるる」シコシコ
のび太「んんんーーー!!!じゅるじゅぶじゅぼじゅぼ」
スネ夫「ああっ…もう出そうだぁっ…!!!」
ジャイアン「エロい声出すなスネ夫俺もいっちゃうだろ!!!」シコシコシコ
のび太「んんーーー!!!」ビクビクン
スネ夫「イクぅぅぅっ!!!」ビュルルル
ジャイアン「のび太も一緒にイこうぜっ!!!」ビュルル
のび太「んんんーーーーっ!!!」ビュルル
37:
スネ夫「はぁはぁ…一回自分の手に出せよのび太」
のび太「うぇっ…」ダラダラ
のび太「これで…良いだろ…?」
スネ夫「結構出たなぁ」
ジャイアン「俺ものび太のアナルとスネ夫の声でいっちまったぜ」
のび太「ううっ…」
スネ夫「じゃ、飲んでのび太」
のび太「ええっ!?もう許してよスネ夫?」
スネ夫「だめだめっ!飲まなきゃ終われないね!!」
のび太「ううっ…ちゅ…じゅるるじゅるじゅる…」
ジャイアン&スネ夫「飲ーめ!飲ーめ!」
のび太「んっ…んくごくっ…うぇぇぇ…飲んだよぉ…」
38:
ドラミちゃん「んもうお兄ちゃんったらどこ行ったのかしら…」
ドラミちゃん「アナルセックスとか言い出すから…してほしくなっちゃったのに…」モジモジ
ドラミちゃん「あっ!!あれはお兄ちゃん!!それにのび太さん!!」ピュゥー
のび太「ぐすっ…えぐっ…僕は…汚れてしまった…」
ドラえもん「のび太くん…ごめんよ、助けてあげられなくて…」
ドラミちゃん「どうしたののび太さん!?」
ドラえもん「ドラミ…」
ドラミちゃん「これって…せ、精子じゃない!!」
のび太「うわぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!」
ドラえもん「とりあえず家に帰ろうのび太くん」
ドラえもん「このままじゃ精子臭くってかなわないよ」
40:
ドラえもん「ほら家に着いたよ、入らないの?」
のび太「僕に…この家に入る資格があるんだろうか…」
のび太「この汚れた身体の僕に…」
ドラえもん「ママが心配してるよ」
のび太「いや汚れているのは身体だけじゃない…」
のび太「あれは僕自身が望んだことなんだ…」
ドラえもん「のび太くん…ほら、とりあえず入ろう」
のび太「…うん」ガチャッ
ママ「のび太!!こんな時間までどこ行ってたの!!?」
のび太「ご、ごめんなさい…ママぁぁぁぁ!!」ギュゥゥゥ
ゴーグルスチャッ
ドラえもん「あっ!!いけない!!抱きついた反動でゴーグルが!!」
ドラえもん「のび太くん!!目を開けるな!!」
のび太「えっ…?」
ママ(生中出しで生まれ故郷に帰るプレイ)
43:
外してないのかよ
45:
のび太「…!!!」
ママ「のび…太?」
ドラえもん「そうだ!!言わなきゃ良いんだ言わなきゃ…のび太くん絶対言っちゃだめだよ!!」
しゃらららら?ん 
のび太「ま、ママ…」ブワッ…
僕の心に?
ママ「なぁに?どうしたののびちゃん?」
いつまでも? かがやく?夢?
ドラえもん「ダメだ!!のび太くん!!ダメだ!!!」
ドラえもん そのポケットで?
のび太「僕は…ママと…中出しセックスが…したいです…」ガクッ
かなえ?さ?せ?てね?
ママ「…!!!」ゾクゾクッ
ドラえもん「のび太くぅぅぅぅぅぅぅぅん!!!!!」
51:
ドラえもん「のび太くん…どうして!?どうして言ったんだ!?」
のび太「ドラえもん…僕はもう汚れちゃったんだ…」
のび太「欲望をまざまざと見せつけられてわかったんだ…」
のび太「それに相手はママだもん…きっと僕を幸せにしてくれる…」
ドラえもん「のびっ…のび太くぅん…ぐずっ…」
ママ「なーに言ってるの、のびちゃん」
のび太「へっ…?」
ドラえもん「はっ!!ママの愛情が欲望に打ち勝ったんだ…!!」
ママ「早くママに種付けなさい!!」ババッ
のび太「…うん、ママ」ズブッ
ママ「あぁっ…のびちゃんのこどもちんちんママの中で暴れてるわぁぁっ」
のび太「うあああっうああああ」パンパン
ドラえもん「もう…おしまいだ…」ガクッ
56:
ドラえもん「…終わった?のび太くん…」
のび太「はぁ…はぁ…いっぱい出したぁ…」ブルル
ママ「もうのびちゃんったらオナニーしないの?」
ママ「ママの子宮たぷたぷになるほど出すなんて…」
のび太「ごめんママ」
ママ「良いわよ、ま、今日パパともセックスして」
ママ「妊娠したらパパの子だって言うから」
のび太「うん…」
ママ「それじゃママ晩御飯のしたくするから」スタスタ
ママ「あ?んもうのびちゃんの精子垂れてきちゃぅ」ブツブツ
のび太「…欲望…か…」
ドラえもん「のび太くん…?まだ何かやるつもり…?」
のび太「ふふっ…あはははは…そうだ欲望に正直に生きよう」
のび太「我慢するからいけないんだ!!」
59:
ドラえもん「のび太くん…?何言って…」
のび太「僕はしずかちゃんのおしっこの味を知る唯一の存在になる…」
ドラえもん「…!!!」
のび太「ううん、今の僕にならもっともっと秘められた欲望があるはず…」
ドラえもん「ダメだ!!のび太くん!!」ガシッ
のび太「邪魔するなドラえもん!!」バシッ
ドラえもん「ぐえっ」
のび太「待っててね、しっずかちゃぁ?ん」ウッキウキ
バタン
ドラえもん「のび太くん!!のび太くぅぅぅぅん!!!」
60:
のび太「し?ずかちゃぁ?ん!!」
しずか「はーい?あら?のび太さん!」
のび太「うふふ?」
しずか「どうしたののび太さん、ご機嫌ね?」
のび太「まずはおしっこ飲みたい」
しずか「…!!!」
のび太「どうしたの?ほら早く!!」
しずか「あ、あらごめんなさい!コップについで来るわね」クルッ
ガシッ
のび太「何言ってるのしずかちゃん」
のび太「おまんこから直飲みに決まってるじゃない!」
しずか「あ?え?あ、そうよね!おしっこといえばおまんこ直飲みよね」
しずか「私ったらどうかしてたわ」ヌギヌギ
64:
しずか「はいどうぞ、召し上がれ///」スカートピラッ
のび太「はいどうもいただきまぁーす…んちゅぷ」
しずか「んっ…出るかしら…」ドキドキ
のび太「ふぁやふぅ?んちゅんちゅ」
しずか「あっのび太さんにっ…刺激されてっ…」ヒクヒク
のび太「んちゅれろれろちゅちゅっちゅ」
しずか「ひぁっ…おしっこ出ちゃぅぅぅっ」プショワァァァ…
のび太「んごくごくごくごくごくじゅるるちゅぅぅ…プハァッ!!」
しずか「恥ずかしかったけど気持ち良かったわのび太さん」
のび太「しずかちゃんのおしっこ良いね!!」
のび太「適度にマンカスも入って来てアクセントになってたよ」
しずか「そんなこと言わないでぇ?///」カァァ
66:
のび太「次々?」ウキウキ スチャッ
しずか(中出しセックス)
のび太「中出しセックスか?普通だなぁ」
しずか「…!!」

しずか「んっ…のび太さんの精子が私の子宮を泳いでいるのがわかるわ…」ヒクヒクドロドロ
のび太「ふぅ…次々」スチャッ
しずか(公衆肉便器となってこどもまんこに種付けしてくださいと懇願プレイ)
のび太「次は肉便器かぁ」
しずか「…!!!」

しずか「しずかのこどもまんこにおじさんの精子で種付けしてください」クパァ
おじさん「ほほう…これはこれは」

しずか「あぁ?ん…もう20人以上に中出しされておまんこ溢れてるわぁ…」ヒクヒクドロドロ
69:
のび太「次々?」スチャッ
しずか(乳牛から搾り取るプレイ)
のび太「んもぉ?」ボロン
しずか「はいはいのび太さん、今おちんぽミルク絞りますからね?」シコシコ
のび太「んもぉぉぉっ!!」ビュルルル

のび太「次々?」スチャッ
しずか(まんこに異物混入プレイ)
のび太「結構ハードなの来たなぁ」
しずか「…!!」

しずか「んっ…生卵っ…入って来てるぅぅっ」ドロドロ
のび太「可愛いひよこ産んでね?しずかちゃん」
71:
のび太「次々?」スチャッ
しずか(終わらないロータークリ責め地獄プレイ)
のび太「これしずかちゃん壊れちゃわないかな?」ゾクゾク
しずか「…!!」

しずか「お゛ね゛がい゛じま゛ずぅぅぅぅどめ゛でぇぇぇぇぇっ!!!」プッシャァッ
カチッ
しずか「はぁはぁ…」ピクピク
カチッ
しずか「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛んぎも゛ぢい゛い゛よ゛ぉぉぉぉぉっ!!!」プシャァッ
のび太「いやあ面白いね、しっかり動画も撮ったからクラスのみんなにも見せてあげよう」
73:
しずか「んじゅるじゅぼじゅぼ…のび太さぁん…」クチュクチュ
のび太「あははもう何も言ってないのに…自分からちんちん咥えて」
のび太「しかも自分でおまんこ弄ってるや」
のび太「しずかちゃんはほんっと淫乱な雌豚だよね」
しずか「ふぁぁぃ…しずかはのび太さんのおちんちんと精子が大好きな」
しずか「雌豚ですぅ…しずかの雌豚おまんこに…」
しずか「のび太さんのおちんちん入れて精子びゅっびゅしてほしいのぉ…」クチュクチュ
のび太「もう結構色々やったしなぁ…」
のび太「ま見てみるか、どれどれ…」スチャッ
しずか()
のび太「あ、あれ…?」スチャッ
しずか()
のび太「何も出ない…故障かなぁ…」
ドラえもん「欲望の枯渇だよ、のび太くん」
78:
のび太「欲望の…枯渇…?」
ドラえもん「欲望は言ってみれば相手への興味だ」チラッ
しずか「のび太さぁん…」ドロドロヒクヒク
ドラえもん「キミは本当にしずかちゃんが好きだったんだなぁ…」
ドラえもん「でももうそれも終わり」
ドラえもん「欲望が枯渇すると相手への興味が無くなってしまう」
のび太「そん…なぁ…」ガクッ
ドラえもん「がっかりすることないよ、じきにしずかちゃんへの想いは消える」
のび太「い、いやだ…僕はしずかちゃんと結婚するんだ!!」
ドラえもん「諦めるてジャイ子の想いに答えてあげるんだね」プイッ
のび太「そ、そんなぁ…うわぁうわぁぁぁぁぁ」ブワッ
7

続き・詳細・画像をみる


【野球】中日・福谷は4倍増4500万円で更改 「想像より上がった」

北斗の拳いちご味とかいう出落ち漫画がまさか3巻も発売されるとは思わなかったよな

ヤフオクに凄い勘違いをさせてる出品者がいるんだがΣ(゚Д゚)

【画像】おっさんホイホイ

アシタカ「森が静かだ……コダマたちもいない……」

奇妙なくねくね猫招きポーズで遊んで欲しそうに誘っている子猫がカワイイ!!子猫「遊ばない?」

back 削除依頼&連絡先