ことり「海未ちゃんが音楽室で居眠りしてる」back

ことり「海未ちゃんが音楽室で居眠りしてる」


続き・詳細・画像をみる

1:
■音楽室■
ガラッ
海未「(真姫…はいないようですね…)」
海未「(用があったのですが、いないのでは仕方ありません)」
海未「(きっとすぐに来るでしょうしここで待っていましょう)」
■ ■ ■ ■ ■
ガラッ
海未「すー…すー…」Zzz
真姫「……海未ちゃん?」
真姫「(海未ちゃんが居眠りなんて珍しいわね)」ススス
真姫「(……それにしても綺麗よね)」ジーッ
真姫「(起こしたほうがいいのかしら…)」ジーーッ
トトトトトト
真姫「(誰か来る!?)」サササッ
ガラッ
ことり「あ!海未ちゃんいたー!…って」
ことり「居眠りしてる、可愛い♪」
真姫「(ことり!?というか何で私隠れちゃったのよ)」
海未「すぅ…すぅ…」Zzz
ことり「……」ジーッ
真姫「(あんなに見つめて何をするつもりかしら…)」ジー
ことり「……」ポチッ ホオプニプニ
真姫「(…あれはボイスレコーダー?)」
海未「……にゃ…」ウーン
ことり「(『にゃ』なんて海未ちゃん可愛い♪)」ポチッ
真姫「(!?)」
真姫「(まさか録音したの!?)」
真姫「(今の海未の声を!?)」
真姫「(ワナワナワナ罠よ海未ちゃん、早く起きて!!)」
5:
ことり「(あっ、そうだ)」ススススス ガチャッ シャッ
真姫「(音楽室にの鍵を閉めた!?)」
真姫「(ついでにカーテンも!?)」
真姫「(海未ちゃん早く起きて逃げて!!)」
ことり「(よいしょ…っと)」クルクル
真姫「(バッグから縄を取り出して海未ちゃんの手首に……)」
真姫「(ほんと私、なんで隠れちゃったのかしら…)」
ことり「よしっ!」
ことり「(海未ちゃん、海未ちゃん……)」シュルシュル
真姫「(海未ちゃんの制服が、ぁ、ああ……)」
ことり「……」ムネツンツン
海未「…ぁっ……」Zzz
ことり「(音楽室なんかで居眠りなんて…)」
ことり「(無防備すぎるよ、海未ちゃん♪)」
ことり「(海未ちゃんが悪いんだよ……)」モミモミ
海未「ん……ぁ…」ピクッ
真姫「(と、止めたほうがいいわよね……)」
真姫「(けど、ここから出る勇気が…)」
ことり「(あっ、忘れてた♪)」スッ パシャッ
真姫「(脱がせた海未の姿をカメラで!?)」
真姫「(なかなかの鬼畜ね、ことり……)」
9:
ことり「(この写真は"可愛い海未ちゃんフォルダ"かなぁ)」ニコニコ
真姫「(すっごく笑顔ね……)」
ことり「(それにしても海未ちゃん、全然起きないなぁ)」
ことり「(起きた方が可愛い声いっぱい聞けそうなのになぁー)」ペロペロ
海未「ぁ…っ……」
ことり「(今のままでも十分可愛いけど♪)」
海未「う…ん……?」パチッ
真姫「(時既に遅し、ね…)」
ことり「あっ、海未ちゃん、おはよー」
海未「寝てしまっていたようですね…」
海未「!?」
海未「何ですかこれは!?」
ことり「やっと起きたね、海未ちゃん」
ことり「なかなか起きないからどうしようかなぁって思ってたところだよ」
海未「…ことり、馬鹿なことをやっていないで帰りますよ」
ことり「んー……」スッ
海未「なっ、何ですかこれは!」
海未「そんな写真、早く消してください!!!/////」
ことり「海未ちゃん、命令を出来るような立場じゃないよね?」ニコ
海未「……へ?」
ことり「海未ちゃんが悪いんだよ…」
ことり「音楽室で居眠りなんかしてるから」
海未「ちっ、違います!居眠りをしようと思ってしていたわけではなくて――」
ことり「海未ちゃんね、寝てる時すっごく可愛い声出してたよ」
海未「!?」
ことり「ちょっとお胸を舐めただけで、『ん……ぁ…』って小さい声で鳴いてて」
海未「なっ!?/////」
ことり「もっと可愛い声、聴きたいなぁ」
海未「ひっ………」
10:
海未「嫌です!やめてください!」
ことり「でも、海未ちゃんのココは触ってほしそうにしてるよ?」クチュッ
海未「やっ」ピクッ
ことり「やっぱり可愛い♪」
海未「いや、いやです、ことり…やめてください……」ウルウル
ことり「……」パシャパシャッ
海未「とらないでくださいよぉ……」ジワッ
ことり「(うーん、これは"泣き顔海未ちゃんフォルダ"行きかなぁ)」
海未「ううぅ…まきぃ……たすけてください……」ポロポロ
真姫「(!?)」
真姫「(…なるほど、海未ちゃんは私に用があって音楽室に来たけれど、私が来るまで待ってようとしたら居眠りしてしまってこうなった……)」
真姫「(私がピアノを弾きに音楽室まで来れば異変に気付き助けてくれる、そう思ってるのね)」
真姫「(……私以外に音楽室に来る人なんてあんまりいないものね)」
真姫「(…近くにいるけど助けられないのよ!)」
真姫「(何なのよあのことり! いつもより怖くないかしら!?)」
ことり「…海未ちゃん」
ことり「そこのドアね、鍵かけてあるんだぁ」
ことり「もし真姫ちゃんが来たとしても開かなくて部室に行っちゃうんじゃないかなぁ」
海未「うううぅぅ……」
ことり「だから、海未ちゃん――」
ことり「ことりと、終わらないパーティ、はじめよっ?」
12:
■ ■ ■ ■ ■
海未「や、やっ、あ……」チョロロロロロ
ことり「あはは、海未ちゃん可愛い?♪」パシャパシャ
ことり「(新しく"お漏らし海未ちゃんフォルダ"作ろーっと♪)」
海未「もう、ゆるしてください……」ポロポロ
ことり「可愛いよ海未ちゃん♪」
真姫「(海未ちゃんには悪いけど…)」チラッ
真姫「(あんな海未ちゃんをずっと見てたら、何だか興奮してきちゃったわ……)」
真姫「(…す、少しくらいなら撮ってもいいわよね…)」ムオンカメラキドウ ポチポチ
ことり「…海未ちゃん、そろそろ部室に戻ろっか」
ことり「(そろそろ戻らないと穂乃果ちゃんに見つかっちゃう)」
ことり「このこと、誰かに言ったら……」
ことり「設置しておいたカメラの映像を掲示板に間違って貼っちゃうかも♪」
海未「…はい……」
ことり「それじゃ、制服着て部室に行こー」
ことり「あ、ことりが片付けしてあげるから先に行ってて?」
海未「…分かりました」
パタン
14:
真姫「(ことりが片付けるなんて意外ね…)」
ことり「……」ペロッ
ことり「うん、美味しい♪」
真姫「(!?)」
真姫「(舐めた!?)」
真姫「(海未ちゃんのレモンティーを!?)」
真姫「(ことりが!?)」
ことり「えへへ、やっぱり泣いてる時の海未ちゃん可愛いなぁ?」
ことり「海未ちゃんフォルダが潤ったよ」
ことり「部室に行ったらことりの前ではオドオドする海未ちゃんが見れるのかなぁ」
ことり「さて、片付けも終わったし部室に行こーっと」
パタン
真姫「……隠れるんじゃなかったわ」
真姫「(…海未ちゃんの泣いてる姿、いいわね)」
■ ■ ■ ■ ■
■部室■
ガチャッ
海未「…すみません、遅れました」
穂乃果「もうっ!海未ちゃん遅いよー!」
穂乃果「穂乃果、海未ちゃんのこと探してたんだよ?」
海未「はい…」
絵里「海未、もしかして元気ない?」
海未「っ!」ビクッ
海未「そんなことはありません、元気ですよ」
凛「海未ちゃんはいつも元気で羨ましいにゃー」
花陽「り、凛ちゃん…」オドオド
15:
にこ「誰が見てもあんたの方がいつでも元気よ」
希「にこっちもなー」
にこ「当たり前でしょ!アイドルが元気なくてどうするのよ」
絵里「そういえばことりと真姫が来ないわね…」
海未「」ピクッ
穂乃果「海未ちゃんどうかした?」
海未「い、いえ、至って普通です」
穂乃果「ならいいんだけど…」
ガチャッ
ことり「ごめーん、遅くなっちゃったー」
絵里「あとは真姫だけね」
ことり「海未ちゃん、おまたせ」ボソッ
海未「っ!?」ビクッ
ことり「(ほんと海未ちゃん可愛いよぉ♪)」ニコニコ
凛「なんだかことりちゃんいつもよりニコニコしてるにゃー」
希「確かに…何か良いことでもあったん?」
ことり「えへへ、秘密だよ」
穂乃果「えー、知りたいよぉ!」
18:
ガチャッ
真姫「遅れたわ」
凛「真姫ちゃんどこいってたにゃー!」プンスカプンスカ
絵里「やっと九人揃った…けど」
にこ「雨じゃ練習出来ないわね」
穂乃果「じゃあ今日はみんなでおしゃべりしよー!」
凛「賛成にゃー!」
花陽「私も…」
希「ウチも賛成!」
絵里「まあたまにはいいわね」
にこ「そうね、どうせ暇だし」
真姫「で、何について話すの?」
穂乃果「え、ええーっと……」
絵里「考えてなかったのね…」
穂乃果「あはははは……」
穂乃果「あ!そういえばね、今日海未ちゃんがお昼にお弁当わけてくれたんだよ!」
凛「海未ちゃん、優しいにゃー」
21:
ことり「へぇー、そうなんだぁー…」
ことり「ことりも欲しかったなぁ」ボソッ
海未「……」ビクビク
凛「何だか今日の海未ちゃん、静かだにゃー」
海未「へっ!?」
海未「そっ、そうですか!?」
希「うん、あんまり喋らんなーって」
穂乃果「海未ちゃん、体調でも悪いの?」ヒョコ
真姫「(そりゃ幼馴染にあんなことされたら……)」
海未「いえ、健康ですよ」
絵里「疲れが溜まってるんじゃない?」
花陽「保健室で少し休んだ方がいいんじゃないかな…」
穂乃果「保健室まで連れて行くよ!」
海未「だ、大丈夫ですから…」
ことり「ことり、保健委員だから海未ちゃんを保健室に連れて行くね」
海未「っ……」ビクッ
穂乃果「穂乃果も行きたい!」
にこ「穂乃果なんかが行ったら海未ちゃんが休めないでしょ」
穂乃果「うぅ…」
真姫「(ことりと二人きりになるのは怖いけど、ことりと一緒に行くのは嫌とは言えない…)」
真姫「(それに、ことりが連れて行ってくれるって言ってるのに断ったら不自然……)」
真姫「(…となると)」
真姫「私も一緒に行ってもいいかしら」
凛「…真姫ちゃん、珍しいにゃー」
真姫「なんとなくよ」
ことり「(ふぅーん……)」
真姫「(私がいればあんなことにはならないでしょう)」
23:
海未「……」ジー
真姫「(う…何だか海未ちゃんの方から子犬のような健気な視線を感じるわね)」
ことり「それじゃ、海未ちゃん、行こ?」グイッ
海未「はっ、はい」
真姫「(……こうして見るとオドオドしてる海未ちゃんも可愛いわね)」
パタン
絵里「…何だか本当に具合悪そうだったわね」
穂乃果「うーん……」
凛「どうかしたにゃ?」
穂乃果「穂乃果には、具合が悪そうというより何か悩みがあるように見えたなぁ」
希「…流石幼馴染やね」
穂乃果「穂乃果じゃ海未ちゃんの力にはなれないのかなぁ」
絵里「そんなことはないと思うけど……」
■ ■ ■ ■ ■
■保健室■
ことり「海未ちゃん、ベッドに横になって?」
海未「だ、大丈夫ですから……」
真姫「別に横にならなくてもいいんじゃない?」
ことり「…ねえ、真姫ちゃん」
真姫「? 何?」
ことり「何で保健室に一緒についてくるって言ったの?」
真姫「な、なんとなくよ」
ことり「そっかぁ……」
33:
ことり「まぁ、真姫ちゃんがいてもいいや」
ことり「海未ちゃん、服ぬいで?」
真姫「!?」
真姫「(何言ってんの!?)」
海未「いやです!」
ことり「………動画」ボソッ
海未「う…ううぅ………」
ことり「早く脱いで??」
真姫「ちょっとことり、やめなさいよ!」
真姫「海未ちゃんが嫌がってるでっしょー!?」
ことり「……でもその嫌がってる海未ちゃんを盗撮してたのはどこの誰かな?」ミミウチ
真姫「っ!?」
ことり「海未ちゃんに言ったらどうなるのかなぁ」ミミウチ
真姫「(気付いてたの!?)」
ことり「えへへ、どうする?真姫ちゃん」
ことり「あっ、今度は真姫ちゃんに見られてて恥ずかしい海未ちゃんとかいいかも?」ミミウチ
ことり「だから、真姫ちゃん……」ミミウチ
ことり「今度は堂々と見てていいよ?」ナワギュッギュ
真姫「(は、早いっ!?)」
海未「ま、まきぃ……」ウルウル
38:
真姫「(縛られて動けない…)」
真姫「(これは不味いわね)」
ことり「鍵閉めとかないとね」ガチャ
海未「ことり、やめてください…おねがいします……」
ことり「無理矢理っていうのもいいよね?♪」シュルシュル
真姫「(わかる)」
真姫「(…じゃなくて!)」
真姫「ちょっと、やめなさいよ!」
海未「ぅ…まきぃ…みないでください……」ウルウル
真姫「(可愛い……)」ジーーッ
ことり「海未ちゃん、見られてて興奮してきちゃった?」ニコニコ スッ
海未「ぁっ……」
ことり「まだなんにもしてないのにこんなにえっちなお汁が出てきちゃってるよ」
ことり「こんなに誰か見てるなんて、違う海未ちゃんになっちゃった?」クチュクチュ
海未「いやっ、あぁっ、あ、んっ」
真姫「(海未ちゃん、海未ちゃん、海未ちゃん…)」
41:
ことり「真姫ちゃん、ずっと海未ちゃんのこと見てる」クスッ
ことり「海未ちゃんに触りたくなっちゃった?」
海未「ま、まきはそんなひとじゃ、ありま、せんっ……」
真姫「……」ビクッ
真姫「(危ない危ない、あと少しでことりのようになるところだったわ)」
ことり「……そうだね」
ことり「(海未ちゃんの中では、ね)」ニヤッ
ことり「でも、さっきからずーっと海未ちゃんの可愛い姿を見ちゃってるよ?」
ことり「目を瞑ればいいのにね」クスクス
真姫「ぐ……」
海未「ぁ……」
ことり「ほら、真姫ちゃん、我慢しなくてもいいんだよ?」ナワホドキホドキ
真姫「(海未ちゃん、海未ちゃんが……目の前に……)」
海未「いや、まき…やめて……」ポロポロ
43:
真姫「海未ちゃん、海未ちゃん……」モミモミ
海未「んっ……ぁ……」
真姫「はぁ、はぁ…」クチュクチュ
海未「や、あっ、あ、んっ」
ことり「……」パシャパシャ
ことり「真姫ちゃん、やっちゃったね」ニコニコ
真姫「!?」
ことり「嫌がってる海未ちゃんを真姫ちゃんが無理矢理襲ってる写真が撮れちゃった♪」
ことり「…これ、μ'sのみんなが見たらどう思うかなぁ?」
ことり「解散、とか?」ニコニコ
真姫「あ…あ、あ……」
真姫「う、海未ちゃん…その……」
海未「いやっ…こないでください……!」
真姫「……」
真姫「(やってしまったわ……)」
ことり「真姫ちゃんは変態さんなのでした♪」
海未「(ほのかぁ…えりぃ……)」グスッ
ことり「真姫ちゃん、このまま一人で部室に戻ってくれればさっきの写真、誰にも見せないよ?」ニコニコ
ことり「このこと、誰かに言ったら…」
ことり「賢い真姫ちゃんなら分かるよね?」ニコ
真姫「……分かったわ」
ガラッ
58:
ことり「やっと二人っきりになれたね、海未ちゃん♪」
海未「いや…だれかたすけて……」ポロポロ
ことり「……ねえ、海未ちゃん」
ことり「ことりと――」
ことり「恋人になって欲しいんだぁ」
■ ■ ■ ■ ■
■部室■
ガラッ
凛「あれ、真姫ちゃん?海未ちゃんは?」
真姫「…ことりがついてるし、元気そうだったから戻ってきただけよ」
希「ていうか何で二人についていったん?」
希「普段の真姫ちゃんなら『メンドウクサイ』って言って行かなそうやん」
絵里「…確かに」キヅキーチカ
真姫「ぐ…そ、それは……」
真姫「(海未ちゃんがことりに襲われて誰かに助けを求めていたから、なんて言えないし……)」
真姫「う、海未ちゃんが心配だったからよ」
凛「…これから槍でも降るのかにゃ?」
にこ「確かに真姫ちゃんから『心配』なんて言葉が飛び出してくるとは思わなかったわ」
穂乃果「穂乃果だって海未ちゃんのこと心配だよぉ…」
凛「凛だって心配だにゃ!海未ちゃんが元気じゃないと何だか面白くないにゃ」
真姫「(でも、私は海未ちゃんを無理矢理……)」
真姫「(やったことはことりと変わらないわよね)」
希「真姫ちゃん、どうしたん?」
希「そんな怖い顔して」
真姫「…なんでもないわ」
59:
穂乃果「……」ソワソワ
絵里「穂乃果? どうかしたの?」
穂乃果「…やっぱり穂乃果、海未ちゃんの様子見に行ってくる!」ガタッ
真姫「っ!?」
真姫「(今穂乃果が保健室に行ったら……)」
真姫「(海未ちゃんの可愛い姿が……)」
ガチャッ
穂乃果「海未ちゃんとことりちゃん!?」
穂乃果「もう大丈夫なの?」
海未「は、はい」
海未「そもそも最初から元気でしたよ」ニコ
ことり「あっ、みんなに言いたいことがあるの」
ことり「ことりと海未ちゃんね、お付き合いすることになったの」
りんぱなのぞえりにこ「!?」
穂乃果「…………え?」
真姫「……」
穂乃果「海未ちゃん、ほんと…?」
海未「はい、本当ですよ」
穂乃果「そっかぁ…」
穂乃果「…海未ちゃん、ことりちゃん、おめでとー!」
ことり「穂乃果ちゃんありがとー」
絵里「それにしても急ね」
にこ「アイドルは本当は恋愛禁止なのよ?」
にこ「…けど、おめでとう二人とも」
凛「お付き合い…憧れるにゃー!」
60:
凛「凛はかよちんとお付き合いしたいにゃー」
花陽「り、凛ちゃん…」
凛「凛はかよちんのことが大好き、かよちんは?」
花陽「そんなの、大好きに決まってるよぉ!」
凛「…これってお付き合いなのかにゃ?」
花陽「凛ちゃんが嫌じゃないなら……」
凛「じゃあ凛たちもお付き合いにゃ!」
にこ「カップルがいっきに二組も出来たわね……」
絵里「次は誰と誰かしらね」
希「……」
真姫「(…なるほど、弱みを握られているから海未ちゃんはことりと付き合うしかなかったのね)」
穂乃果「(…ちょっと寂しいなぁ)」
穂乃果「(でも、海未ちゃん、あんまり嬉しくなさそう?)」
穂乃果「(さっきから無理して笑ってるような感じ…)」
穂乃果「(何か悩みがあるなら穂乃果に話してくれればいいのに)」
穂乃果「(何で、何で…………)」
穂乃果「…ねえ、海未ちゃん」
海未「どうしました?」
穂乃果「穂乃果じゃ、力になれないの?」
海未「……なんのことですか?」
穂乃果「今日の海未ちゃん、何だか変だよ」
穂乃果「穂乃果には相談出来ないようなことなの?」
海未「突然何を言ってるのです…?」
穂乃果「だって、今の海未ちゃんすっごく――」
穂乃果「辛そうなんだもん…」
海未「っ!」
62:
海未「そ、そんなことはありません」
海未「私、急用を思い出したので帰りますね!失礼します!」ガチャッ
ことり「あっ、海未ちゃん待ってぇ?」バタン
希「…何かワケありのようやな」
絵里「そのようね」
にこ「けど、海未ちゃんが話してくれるまで詮索するのはやめましょう」
穂乃果「………うん」
真姫「(海未ちゃん……)」
■ ■ ■ ■ ■
■ことりの部屋■
ことり「海未ちゃん、いきなり部室を出て行っちゃうんだもん、びっくりしたよー」
海未「……」
ことり「真姫ちゃんも何も言ってないみたいだし」
ことり「まぁ言えないよね」
ことり「海未ちゃんが無理矢理イかされてるのを見て興奮して襲いましたなんて」
海未「………」
ことり「あの時の海未ちゃん、すっごく可愛かったなぁ?」
ことり「助けてくれると思ってた人に襲われちゃうなんてびっくりだね」
ことり「真姫ちゃんもよんであげればよかったかなぁ」
ことり「部室に居た時、ずっと海未ちゃんのこと見てたもん」クスクス
ことり「でも、海未ちゃんはことりのものだからね」
76:
ことり「(…穂乃果ちゃん、海未ちゃんのことずっと見てたなぁ)」
ことり「(やっぱり穂乃果ちゃんには分かっちゃうのかな?)」
ことり「(けど、ことりが海未ちゃんにえっちなことしてるなんて分からないよね)」
ことり「…ねえ、海未ちゃん」
海未「…」ピクッ
ことり「せっかく恋人になったんだから、もっと近くに来て欲しいなぁって」
海未「…いやです」
ことり「じゃあことりが近くにいくね」スッ
海未「(ぁ、あ…ことりが、近くに……)」
海未「(いや、いやぁ……)」ポロポロ
ことり「海未ちゃん、泣き虫さんだね」
ことり「でもそんな海未ちゃんも可愛いよ♪」シュルシュル
海未「や、やめ、て……」
77:
ことり「(ことりの部屋に閉じ込めちゃいたいぐらい可愛いなぁ)」
ことり「(怯えてる海未ちゃんほんと可愛い♪)」パシャパシャ
海未「うぅぅ……」グスッ
ことり「みんなが海未ちゃんのこんな姿みたらどう思うかなぁ?」
海未「!?」
ことり「自分よりか弱い女の子に無理矢理イかされちゃってる姿なんて」
ことり「あ、海未ちゃん、興奮しちゃった?」
ことり「えっちなお汁が溢れだしてきてるよ」クチュクチュ
海未「い、やっ、あぁっ、あ、ん、んっ」
ことり「真姫ちゃんが見てる時もすっごく気持ちよさそうだったし、海未ちゃんって変態さんなのかなぁ?」
海未「ちが、いっ、ます」
ことり「でも、ことりはもし海未ちゃんが変態さんでも好きだよ」ニコニコ
海未「変態は、あなた、だけです…」
ことり「真姫ちゃんもだけどね」
海未「っ」ビクッ
ことり「(『真姫ちゃん』に反応する海未ちゃん可愛い♪)」
ことり「あっ、明日から海未ちゃんが普段通りみんなと接せなかったらお仕置きするってことにしちゃおーっと♪」
ことり「今日はいきなり部室から飛び出してきちゃったから…お仕置きが必要だね……」
海未「ひっ……」
7

続き・詳細・画像をみる


【画像】武井咲(20)のコスプレ姿wwwwwwwwww

福島みずぽさん「助けて!安倍内閣を勝たせてはいけないの!」

【PC遠隔操作】片山被告に懲役10年求刑―東京地裁

全国から寄せられた288匹のブサかわ猫ちゃんが山手線を11月18日から15日間ジャック

Engadget Fesのライトニングガジェットトークまだまだ受付中 #egfes

3歳長女を橋から落として殺害 24歳女を逮捕

猫と寝てる人いる?

今年の赤ちゃん名付けランキング発表…「陽翔「莉琉

【動画あり】ロシアのウラル上空であやしい赤い光

パンダも雪が好きらしい。カナダにいるパンダの雪ゴロゴロ遊び

朝日 「解散は、すべてを白紙に戻すリセットボタンではない。有権者を甘く見ないでほしい」

女「寝取ってほしい人がいるの……」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先