伊織「くしゅんっ!」千鶴「あら、風邪ですの?」back

伊織「くしゅんっ!」千鶴「あら、風邪ですの?」


続き・詳細・画像をみる

1:
真「ダメじゃないか伊織、体調管理は基本だよ」
伊織「うるさいわねー、あんたと一緒にするんじゃないわよ…くしゅっ!」
真「なっ…!馬鹿は風邪ひかないって…!?それってどういう意味だよ!伊織!」
伊織「まだ何も言ってないわよ!…自意識過剰か!」
千鶴「ふふっ、風邪をひいててもツッコミは健在ですわね」
莉緒「あははっ!さすがね!」
このみ「んふっ…ほら伊織ちゃん、ティッシュあるわよ」
25:
乙でした
>>1
水瀬伊織(15)Vo
二階堂千鶴(21)Vi
菊地真(17)Da
馬場このみ(24)Da
百瀬莉緒(23) Da
2:
伊織「ありがとこのみ…。…せっかくだからこの竜宮小町のページで拭こうかしら…ってバカ!」
莉緒「あはははっ!」
伊織「これTV情報雑誌じゃないの!バカっ!」
このみ「んふふっ、バレた?」
千鶴「さすが、丁寧なノリツッコミでしたわ」
真「お手本のようだったね」
伊織「風邪ひいてる時にやらすんじゃないわよ!疲れるでしょ!」
千鶴「んふっ、それならやらなければいいだけでしょうに…」
伊織「何言ってんのよ。オイシイ振りを目の前にして、ノラずにいれるわけないでしょ」
真「あははっ、アイドルのセリフじゃない!」
3:
莉緒「いやーホントに面白いわね…、伊織ちゃんたちといると飽きないわ」
このみ「そうね、…ただお姉さんとしてはちょっと心配なところもあるけど…」
伊織「ノリツッコミさせておいてよく言うわよ」
千鶴「そうですわね…、愉快な方達なんですけれどね…」
伊織「いや、あんたこっち側だから」
真「なにしれっと同意してるんですか」
莉緒「あははははっ!」
4:
伊織「くしゅっ!くっしゅん!」
このみ「あらあら」
伊織「グジュ…あーうっとおしいわ…」
莉緒「大丈夫?急に寒くなったものね…」
千鶴「どーせお腹出したまま寝てたんじゃなくて?」
伊織「そんなことしないわよ、子供じゃあるまいし…。…あ、このみじゃあるまいし…」
このみ「え!?ちょっと!なに今の言い換え!聞き捨てならないわよ!」
莉緒「んふふっ!」
真「…体調をすぐ崩すのは、何でも好き嫌いしてるからじゃない?子供みたいに…。あ、このみみたいに…」
このみ「だからおかしいでしょ!」
莉緒「あははははっ!」
5:
このみ「もー!子供扱いするなー!」
千鶴「いや、これはもう仕方ないですわ。諦めましょう、このみさん」
このみ「やだー!私は大人の女性だもん!」
伊織「その言い方が既に子供じゃない。…あ、このみじゃない」
真「んふっ、本人に使うとややこしい」
このみ「むぐぐ…、私だってねー!私だって、こう見えても階段をちょっと登っただけで息切れしたりするんだからね!」
伊織「んふっ!いやそれなんか違うでしょ!アピールするポイントが!」
千鶴「完全に『大人のイメージ』をはきちがえてますわね…ふふっ!」
伊織「階段で息切れって…それじゃもう更年期じゃない!」
真「あははっ!確かに子供ではないけど!」
6:
このみ「それでもいい!子供扱いよりはいい!」
千鶴「魂の叫びですわね」
莉緒「羨ましい悩みよねー、小鳥さんが聞いたらなんて言うか」
伊織「多分何も言えなくな…くしゅっ!」
真「あ、そういえば風邪ひいてたんだっけ」
千鶴「元気にツッコんでたから、もう治ったんだと思ってましたわ」
伊織「そんなわけないでしょ、どんな療法よ…グジュ…」
真「んふっ…いいね、ツッコミ療法」
このみ「病院は行ったの?」
伊織「そんな大層なモンじゃないわ…。それに、家に水瀬専属の医者を呼べばいいから行くまでもないわよ」
莉緒「おー!水瀬財閥!」
千鶴「さすがお嬢様ですわね」
真「…え?」
8:
千鶴「ん?」
真「…いや、千鶴さんもお嬢様でしょ?」
このみ・莉緒「!」
千鶴「え!?そ、そうですわよ!何を今更!」
真「じゃあ、専属の医者なんて当たり前ですよね?」
伊織「あら、確かに。千鶴もそうだったわね」
千鶴「と、ととと当然ですわ!二階堂お抱えの医師団が、常にスタンバっていますわ!」
伊織「家のグループの病院が、いたるところにあるものね」
千鶴「そうですわね!二階堂グループの病院なら、いつでも顔パスですわ!」
伊織「検査も治療も、もちろんタダよね?」
千鶴「二階堂が経営しているんですもの、もちろんですわ!注射打ちまくりですわ!」
9:
伊織「んふっ…設備だってそうよね?」
千鶴「当然ですわ!レントゲン写真撮り放題ですわ!プリクラ代わりですわ!」
真「んふふっ、それになんの意味が…」
千鶴「撮ったあと心臓のところに『ち・づ・る』と、その横にハートマークを描くのですわ」
伊織「あははっ!なにが楽しいのよそれ!」
真「あはははっ!レントゲン写真を可愛くデコるって!上級者すぎるでしょ!」
千鶴「ウチのレントゲンは、実物よりちょっと綺麗に映るから人気なんですわ」
真「あははははっ!嬉しくない!」
伊織「あははっ!…っていうかそれ詐欺じゃない!ダメでしょ!医療機器として!」
千鶴「んふふっ!確かにそうですわね…それじゃダメですわ…ふふっ!」
このみ「あっ、そういう感じなのね…、びっくりしたわ…」
莉緒「え?え?笑っていいの?」
10:
伊織「にひひっ、こういう流れがあるのよ」
このみ「いつの間にそんな…」
真「ふふっ、このくだりは瑞希に好評なんですよ」
莉緒「そうなの…!?てっきり千鶴ちゃんのお嬢様ネタは765のタブーだと思ってたから…」
このみ「あせったわよね!?」
千鶴「ふふふ…、そこを逆手にとったのですわ!」
莉緒「なんというか…ふっきれたのね、千鶴ちゃん」
伊織「まあ、確かに…改めて考えるとよくここまでたどり着けたと思うわ」
真「いろいろあったよね」
千鶴「過去の話ですわ」
12:
莉緒「いやー、びっくりして笑う暇がなかったわね」
このみ「もう…、お姉さん未だに動悸がおさまらないわよ。…大人だからね!」
伊織「え?…いやだから!大人をはきちがえてるから!」
真「あははっ!かぶせてきた!」
このみ「ふっふーん♪大人のレディの動悸は、なかなかおさまらないものなのよ」
伊織「いやそれ大人っていうか更年期でしょ!確かに子供ではないけど!」
千鶴「ふふっ!新たな流れが生まれましたわね」
伊織「…言っとくけど、あんたもお嬢様をはきちがえてるからね?」
千鶴「え!?い、今更そこにツッコまれるとは…!」
莉緒「ふふっ!…なんか慣れないけど、こうなると面白いわね」
伊織「そうなのよ、冷静に考えたら、歩くツッコミどころなのよ」
13:
莉緒「しかし、ウチの劇場は知らぬ間にバラエティ色が強くなってたのね…。千鶴ちゃんたち然り、ぷっぷかぷりん然り…」
真「ボクらはまだ表立ってそういうことはしてないですけどね、怒られるし」
このみ「あっ!そういえば昨日プロデューサーに怒られてたわね、伊織ちゃんたち。何やらかしたの?」
真「ああ!ふふっ、それは…」
千鶴「ああ…、『おにぎり屋アイーン騒動』のことですわね…」
莉緒「んふっ!なにそれ?名前からして面白そうじゃない!」
伊織「…簡単に説明すると『おにぎり屋さんの前でアイーンしてたら、それがネット上で軽く話題になった』、という事件ね」
このみ「んふっ!」
莉緒「えー!ウソ何それ!あはははっ!信じらんない!」
伊織「信じらんないのはこっちよ…」
14:
真「まあ、アイーンしてたのは千鶴と伊織だけだから、ボクは関係ないんですけどね」
伊織「何知らばっくれてんのよ!あんたと瑞希がやらせたようなモンでしょうが!」
真「いやいや!あれは完全に伊織たちの自爆じゃないか!」
このみ「アイーンしてたことは事実なのね…」
千鶴「正確に言うと、『お嬢様アイーン』ですわね」
莉緒「あはははははっ!お腹痛いっ!」
伊織「しかも腹立つのがネットのまとめの記事よ!」
このみ「なんて書かれてたの?」
真「んふっ…タイトルがね…?」
千鶴「『会いに行けるアイドルならぬ、アイーンしてるアイドル』」
莉緒「あははははははっ!もうやめてー!」
15:
このみ「ふふふっ、それは腹立つわね…」
真「『上手いこと言ったった!』みたいな…」
伊織「何一つ上手くないわよ!面白くもないし!」
莉緒「はぁ、はぁ…、もうダメ…」
このみ「それで怒られてたのね…、ふふっ!」
真「プロデューサーが怒るのも当然ですよ…」
伊織「あんたねえ!他人事みたいに言ってんじゃないわよ!こっちは律子にもさんざ説教食らったんだからね!」
千鶴「軽い気持ちのアイーンがこんなことになるとは…、思ってもいませんでしたわ…」
このみ「なんでおにぎり屋の前でアイーンすることになったの?」
伊織「話せば長くなるわ…」
千鶴「唯一言えることは、もうあのおにぎり屋さんには行けないということですわね…」
16:
莉緒「はぁ…苦しかった。これで少し痩せたんじゃないかしら…」
千鶴「まあ、私たちのアイーンも、莉緒さんのダイエットに一役買ったと考えれば報われますわね…」
真「んふっ、ポジティブ」
伊織「多分あの時の私たちはシラフではなかったわ。酔ってたのよ、目に見えない何かに」
このみ「いやあ…みんな若いわねえ…。私にはもうそんな元気ないわ…」
千鶴「…え?」
このみ「もう最近は小さい文字も読めないようになってきて…」
伊織「…いや、はきちがえてる!大人をはきちがえて老人までいってるわよ!」
莉緒「あははっ!ダメ…!また笑っちゃう…!」
17:
千鶴「…皆の衆!私に跪きなさい!おーほっほっほっほっほっ!」
伊織「いやはきちがえてる!あんたはセレブをはきちがえてる!」
莉緒「あはははっ!」
真「きゃっぴぴぴぴぴぴ?ん!菊地真ちゃんなりよー♪」
伊織「はきちがえてる!こっちは可愛さを!アイドルをはきちがえてる!」
莉緒「んふっ…!んふふっ…!」
このみ「あぁ…?すいません…あたしゃ耳が遠くなってきたもんで、もう一回耳元で…」
伊織「だから!それもう老人だから!はきちがえてる!大人をはきちがえてる!」
莉緒「んふっ…、あれぇ?靴に足が入らな…、あ!これこのみ姉さんの靴じゃない!」
伊織「いや、んふっ…!本当にはきちがえてる!靴を!靴を履き違えてるわよ!」
18:
真「あははっ!オチた!綺麗にオチた!」
莉緒「あははははっ!やった!加われたわ!」
このみ「んふふっ…、莉緒ちゃんもずっとボケてみたかったのね」
千鶴「はー、…お疲れ様ですわ、伊織」
伊織「私への負担が大きすぎるわよ…もう!」
このみ「…あれ、そういえば伊織ちゃん、くしゃみ止まってるわね?」
伊織「…あら、ホントだわ」
真「おお、これがツッコミ療法!」
千鶴「学会に発表しなくてはいけませんわね」
伊織「なんかあんたらのボケのおかげで治ったみたいで嫌ね、それ…」
19:
千鶴「…」
千鶴「『べ、別にあんたらのボケのおかげで、治ったわけじゃないんだからね!』」
真「んふっ!」
伊織「…は?」
千鶴「いや、伊織と言えばこれですわ。『べ、別にあんたらのボケのおかげで、くしゃみ止まったわけじゃないんだからね!』」
莉緒「ふふっ…!」
伊織「は?」
真「伊織!ちょっと言ってみてよ!」
伊織「…馬鹿なの?」
このみ「んふふっ!…いいじゃない、ちょっと言ってみてよ」
伊織「いや、頭おかしいでしょ、そんなこと言ってる奴」
20:
真「『べ、別にあんたらの面白さのおかげで、風邪が治ったりしないんだからね!』 …ね?」
伊織「…何が?何の『ね?』なの?」
莉緒「んふふっ…んふっ…!」
このみ「ふふ…っ!」
千鶴「『べ、別にあんたらが面白いからって、ツッコミ療法が確立されたわけじゃないんだからね!』 …ね?」
伊織「だから馬鹿でしょ。あんたも、それを言ってる奴も、総じて馬鹿でしょ」
このみ「『べ、別にあんたらのおかげで、これから何万もの人たちが救われるわけじゃないんだからね!』 …ほらね?」
伊織「んふっ…どういうこと?…ツッコミ療法がこれから一般化されるってことなの?これからはみんな風邪をひいたら、ツッコミを始めるってことなわけ?」
莉緒「『べ、…別に、あんたらのおかげで…んふっ!私が……』…んふふふあははははっ!もうダメぇ!」
伊織「んふふっ!無理して入ろうとして笑っちゃってんじゃないの!」
莉緒「あははははっ!やっぱダメ!笑っちゃう!」
21:
このみ「あははははっ!超くだらないっ!」
莉緒「あーはっはっはっ!あははははっ!」
千鶴「んふふふっ!莉緒さん…!可愛いですわ…!」
真「あははっ!ほら伊織!締めに一発!」
伊織「べ、別にあんたらにツッコんだおかげで、私のくしゃみが止まったわけじゃないんだからねっ!!」
莉緒「あはははははっ!」
伊織「何よこれ!何なのよ!」
真「あはははっ!アホらしー!」
このみ「んふふっ…最高のツンデレだったわ、伊織ちゃん!」
伊織「ツンデレをはきちがえてるわよ!」
莉緒「ひーっ!んふふふふっ!んふふふはははっ!」
22:
千鶴「ほら!今のツッコミも!また何かが治りましたわ!」
伊織「やかましいわ!」
ケツ
2

続き・詳細・画像をみる


【画像】絵画展に入選した小6の絵のレベルおかしいだろwwwwwww

パリでトラの目撃騒動 フランス当局「トラではない。大型のネコではないか」との鑑定結果

無価値になる前にこのデータをヤフオクで売ってやる!

【偏見】日テレ女子アナ内定者のホステス歴を不潔と判断し内定取り消し!訴訟に発展も日テレ徹底抗戦へ

一般人をスリの犯人に仕立て上げるドッキリイタズラ動画が恐ろしい!!

無価値になる前にこのデータをヤフオクで売ってやる!

back 削除依頼&連絡先