10代終わるくらいまで私は世界で一番かわいい女の子と信じてたback

10代終わるくらいまで私は世界で一番かわいい女の子と信じてた


続き・詳細・画像をみる


子供の頃、私は世界で一番かわいい女の子と信じてた。本当に。心から。
親が共働きで、ほとんど祖父母に育てられ、その祖父母がいつもそう言ってたから。
10代終わるくらいまで信じてた。
自分が世界一と称えられない、モテもしない現状については「みんなブッチギリ世界一すぎて
逆に美しさがよくわからないのだ」「美しすぎて引いてるのだ」とか色々な理由を思いついては、
現実とすり合わせをしてた。
自分が美少女と信じているので、自分に自信があった。
雨にも負けずのように、喧嘩をいさめ、人の労働をかって出た。
世界一美しいのだから、神様からのギフトを貰ってるのだから、それぐらいは当然すべき
責務だと思ってた。
勉強も運動も頑張った。「顔ばっかりね」となってはいけないと思ってたから。
20歳をすぎて、年々段々と育っていた疑惑がポンとある日はぜて、
「あれ私、美人じゃない」
と気づいた。
美人じゃない。むしろチュートリアルの福田に似てる。
美人ではないのだ、と。
「私って美人よね」と他人に言ったり振る舞ったりしたことはないので、それからも
日常は特に変わらなかったが、私にとっての世界は変わった。
前ほど晴れの日は綺麗に見えないし、音楽を聴いてもつまらなく、本を読んでも心が動かず、
炊き立てのご飯は美味しくなくなった。
他人におせっかいして何かすることもめっきり減り、仕事に就いて仕事に追われて暮らした。
その後幼馴染に繁華街で偶然会った。
「昔は○○(私)ってなんでか可愛かった。なんか覇気のある元気そうな可愛さだった。
 今はなんか小さくまとまったなって感じだ」
と言われ、幼馴染の同伴者が幼馴染に「失礼だよ」と怒ってくれた。
181
>>180
もったいないなぁ・・なんと、もったいない。
180さん、昔は本当に美しかったと思うのに・・・
美人=目鼻立ちが整ってる だとしたら、自分的にはちょっと違うかなって気がしてる。
正直、目鼻立ちはなかなかなのに人相悪いわぁ、って人よくいるもの。
あーウザいババァがなんか言ってると思ったらスルーしてね; ごめんなさい;
でもさ、人の美しさって「雰囲気」って結構あると思うんだ。
祖父母さんは真剣に180さんが世界一美人だと思ってたんだろうと思う。
だって、自分の美貌を鼻にかけずに、喧嘩をいさめ、人の労働をかって出て
勉強も運動も頑張って、控えめで他人に自慢することもなく・・・最高じゃない?
どんな人でも輝いて見えるわ。これ以上の美人ていないと思うよ。
182 :

続き・詳細・画像をみる


ラーメン二郎の新トッピングwwwwwwwwwww (画像あり)

どうして関西の駅名はあんなにかっこいいのか

江戸時代に2chがあったら立ちそうなスレ

【画像】スーツ姿の女性にムラムラくるんだが

「眉毛がないの、眉毛がない、眉毛・・・」

ミスインターナショナル日本代表の本郷李來(22)がガチでヤバい

back 削除依頼&連絡先