シンジ「カヲル君をノーマルにするスイッチ?」back

シンジ「カヲル君をノーマルにするスイッチ?」


続き・詳細・画像をみる

1:
リツコ「あなたのお尻の護身用に作ったの。でも、使用は慎重にね」
シンジ「ありがとうございます」
5:
カヲル「……」キョロキョロ
アスカ「うげ。ヤな奴に会っちゃった」
カヲル「……酷い挨拶だね。ところで、シンジ君を探してるんだけど、知らないかい?」
アスカ「まーた始まったわね。あんたそれしか興味無いわけ?」
シンジ「慎重にって言ってたけど、ホントに効果あるのかな……? いいや、とりあえず押してみよう」ポチ
カヲル「そんなことはないよ。例えば、美しい女性には人並みに興味がある。君のようなね」
アスカ「へ!?」
9:
アスカ「なななっなに言い出してんのよいきなりっ」
カヲル「そう驚くことかい? 君は、自らの魅力に自信と自覚を持っていると思っていたよ」
アスカ「そ、そりゃまあ……なんたってこの私だし。だけどあんたの場合―――」
カヲル「僕も男性だよ。シンジ君のことは好きだけど、それとは別にね」スッ
アスカ「あ……な、渚……」
カヲル「カヲルでいいよ」
11:
ジュップジュップジュップジュップ
アスカ「あひっあっあぁんっああ! ンふぁぁ! すごっ、きもひぃぃぃ!!」
カヲル「もっと乱れて。心を開放して、君を僕に見せてくれ。アスカ」
アスカ「ああぁカヲルぅ、カヲル! 素敵、好きっ大好きぃ!!」
カヲル「嬉しいよ……君には嫌われていると思っていたからね」
アスカ「そ……それは、カヲルはホモだって思ってたから……でも……」
カヲル「でも?」ズブッ
アスカ「ンひっ! ほ、ほんとはぁ……初めて会った時から、こうなりたくて……ぁぁっ」
ジュップジュップジュップジュップ
アスカ「ひぃぃっぃ??! ああっまたぁ! またイっひゃあぅぅん! カヲルぅぅしゅきひぃぃぃ」
シンジ「……考えてみたら、カヲル君がいないとこで押しても本物かどうかなんて分からないや」ポチ
カヲル「……」ピタ
アスカ「あ……ど、どうしたの……? もっとぉ、もっと犯して、おねがぁい」
13:
カヲル「? シンジ君を探してる途中だった」
アスカ「えっ。あン、ちょっと、抜いちゃやあ……ん」
カヲル「それじゃ」スタスタ
アスカ「待……ぁぁ、待ってカヲル……もっと……」
カヲル「シンジ君、どこかな」スタスタ
15:
シンジ「それでさ、ケンスケはまた行きたがってるんだけど、トウジは勘弁してくれ!って」
レイ「そう」
シンジ「……あ。ごめん、さっきから僕だけ勝手に話して」
レイ「いいの。碇君のこと、知りたいから」
シンジ「綾波……!」
レイ「もっと聞かせて」
シンジ「う、うん。それでね―――」
カヲル「やっと見つけた!」
シンジ「……ひっ」
カヲル「シンジきゅ……シンジ君!!」
17:
シンジ「や、やあカヲル君」
カヲル「僕も隣いいかな」
シンジ「どうぞ……」
レイ「……」
カヲル「♪」ピタ
シンジ(うう、近い……ふとももくっついてるし)
カヲル「ところで、何を話してたんだい?」
シンジ「えっと。トウジとケンスケと一緒に基地の見学に行った時のこと……あっ」
シンジ(スイッチがあったんだった)
20:
シンジ「少し待って」ゴソゴソ
カヲル「? どうしたのシンジ君。さあ、君の声で君の物語を聞かせて」
シンジ「えいっ」ポチ
カヲル「……あれ?」
シンジ「どうしたの? カヲル君」
カヲル「いや……ごめん、なんでもないよ。席を移動してもいいかな」
23:
カヲル「失礼」スト
レイ「なぜ、こっちに来たの?」
カヲル「迷惑かい?」
レイ「ええ」
カヲル「はは、手厳しいな。君は正直だね、綾波レイ」
シンジ(本物だ! 凄いやリツコさん。いい歳して金髪恥ずかしいとかミサトさんと盛り上がってごめんなさい)
レイ「碇君」
シンジ「あ、どこまで話したっけ……そうだ、それでその日は帰ったんだけど、途中で」
カヲル「…」ボソッ
レイ「……っ」ピク
25:
カヲル「…」ボソボソ
レイ「な……なにを言うのよ……」
シンジ「どうしたの?」
レイ「なんでもないわ。フィフス、黙っていて」
シンジ「……えっと、途中でゲーセンに寄ったんだけど」
カヲル「…」ボソボソ
レイ「……ん……っ」
シンジ「そこに、基地で見たのと同じヘリコプターのプラモが景品で置いてあって……」
カヲル「……」ボソボソ
レイ「……ぁぁ、フィフス……」
シンジ「あの……僕の話、聞いてる?」
27:
レイ「あ。ご、ごめんなさい碇君。平気……だから。フィフス、邪魔しないで」
カヲル「ただ黙っていることなんてできないよ。こんなに君が傍にいるのに」
レイ「……やめて……」
カヲル「本当にやめて欲しいのかい? 正直な綾波レイ」
レイ「……」
シンジ「その景品を……ケンスケが絶対欲しいって」
カヲル「…」ボソボソ
レイ「ン……っ」
シンジ「それは予想通りだったんだけど、トウジまで」
カヲル「…」ボソボソ
28:
シンジ「綾波……」
カヲル「…」ボソボソ
レイ「ぁ、ふぁ…… ///」
シンジ(あ、綾波の顔が、どんどんトロケてく……こんな顔、するんだ……)ゴクッ
シンジ「トウジまで欲しがって。だから3人で協力して取ろうってことになって」
レイ「ハァ、ハァ……フィ……カヲ、る……」
シンジ(もう全然聞いてない……)
カヲル「レイ。僕にもよく顔を見せて」グィ
レイ「ぁん」
カヲル「レイ……」
レイ「カヲル……」
シンジ「……」
30:
シンジ(こんな、こんなのって。でも……さっきの綾波の顔……)
シンジ(あのトロ顔をもう一回だけでも見ときたい……スイッチで戻すのはそれからでも。見るにはあっちに回らないと)
シンジ「……」ス
ちゅっ
シンジ「!?」
レイ「ん……っ!」
シンジ「カカカ、カヲル君!? いきなりそんな」
シンジ(キスとか、そこまでするなんてっ)
レイ「ぷはっ、ハァ……だ、だめ。碇君、いるのに」
カヲル「いても困らないだろう? 僕らが幸せなら、彼は祝福してくれるさ」
レイ「……そう……なの?」
シンジ「え。いや、そ、それは……っ」
ちゅぅぅ
シンジ「あ……」
31:
ちゅぅぅ、チュパッチュパッ、チュパッ
レロレロレロレロレロレロレロレロ?
シンジ「うぁ、ぁ、ぁ」
レイ「ンン…っ、ぁン、ん……ハァ、もっとぉ……ンンっ」
チュルルッチュパチュパッ
シンジ(綾波の腕……あんなに思いっきりカヲル君にしがいついて…………)
ちゅぽっ
レイ「ふぁ♥ ハァ、ハァ、ハァァ……♥」トロン
シンジ「あや、なみ……っ」
シンジ(人の顔って……ここまで弛緩するものなんだ……)
アスカ「なぁにやってんのよこの泥棒猫!!!!!!」
シンジ「え。アスカ!?」
カヲル「おや」
32:
アスカ「どきなさいっ! カヲルは私のものなんだからっ」
シンジ「ど、どうしたのアスカ」
アスカ「部外者は黙ってて」
シンジ「う……」
アスカ「このぉっ」
レイ「きゃっ」
カヲル「乱暴はダメだよ。アスカ」
アスカ「あ。ごっごめんなさいカヲル。怒らないで……でも、この女が」
レイ「カヲルに触らないで。弐号機パイロット」
アスカ「ぁぁん!?」
34:
アスカ「言っとくけどね! 私はさっきまで、あっちでカヲルに抱かれてたんだから!」
レイ「!?」
アスカ「セックスよ、セックス! キスなんかとはワケが違うの」
レイ「カヲル……?」
カヲル「本当のことだよ。さっきまで、アスカとセックスをしていたんだ」
シンジ(さっきって、最初にスイッチ押した時!? っていうかカヲル君、そんなことバラしちゃったら―――)
レイ「……私も……」
シンジ「へ?」
レイ「私とも、一つになりましょう。キモチのいいこと……して……お願い。カヲル」
アスカ「なによファースト、あんた恥じらいとかないわけ!? カヲルぅ、ね、こんなのほっといて私と続きしましょ♥」
カヲル「困ったな」
シンジ「……」
35:
アスカ「カヲル。何してもいいから。なんだってしてあげる。だって、私がそうしたいんだもん」
レイ「捧げるわ……全てを、あなたに……だから」
カヲル「嬉しいよ、アスカ、レイ。二人とも愛してあげるから、ケンカしないで」
アスカ「私のこと、捨てたりしない?」
カヲル「もちろん。アスカもレイも、永遠に僕のものだ」
アスカ・レイ「♥」
シンジ「ポチッとな」ポチ
36:
カヲル「そして僕は、永遠にシンジ君のものさ」
シンジ「うん。知ってた」
37:
シンジ「そろそろ帰ろう、カヲル君」
カヲル「そうだねシンジきゅ君」
アスカ「ちょ、ちょっと……!?」
レイ「カヲル!? イヤ、待って」
カヲル「帰りにどこかでアイスを食べていかないかい? もちろん僕のおごりで」
シンジ「三段重ねしてもいい?」
カヲル「ふふ……僕も君に重なりたいな」
3

続き・詳細・画像をみる


「数年後にカフェをオープンする予定なんだけど、仕事で使うエプロン作って!」と言ってきた友達が、この前いきなり「エプロンできたー?」って…

好きな子にメールで告白したらwwww

花嫁を抱きかかえて激走していた新郎に起こった絶対にやってはいけない失敗がヒドイ!!

初めて彼女の部屋に泊まって今床で寝てる

【サッカー】ACミラン内紛!?FWパッツィーニ妻が監督批判 夫の出場時間が短いというグチを書き込む

Twitterで50,000フォローすればアニメ化する企画があるんだがお前らの力でアニメ化させようぜwwww

back 削除依頼&連絡先