貴音「かっぷらぁめんにー……ですか……」back

貴音「かっぷらぁめんにー……ですか……」


続き・詳細・画像をみる

1:
貴音「あなた様」
P「朝からどうした?」
貴音「かっぷらぁめんにー、というものをご存知でしょうか?」
P「ぶふっ!」
P「ど、どこで覚えてきたんだ、そんな言葉!?」
貴音「……? はて、何かおかしな事を言いましたか?」
P「もしかして……知らないで言ったのか?」
2:
貴音「えぇ。先日、小鳥嬢と一緒にかっぷらぁめんを食していたところ、ポツリと」
P「あの人、食べながらよくそんな想像できたな……」
貴音「無知うえ、かっぷらぁめんにーというものをよく知らないのですが、きっと素晴らしいものであると私の直感が告げているのです」
P(むしろ、知ったら食べ物を粗末にするなと怒りそうだけど)
4:
貴音「宜しければ、私にもそのかっぷらぁめんにーというものを振る舞っていただきたいのですが、いかがでしょう?」
P「無理です」
貴音「なっ、なんと!」
貴音「なぜですか!?」
P「なぜって……」
P(……小鳥さんの名誉のためにホントの事は黙っておくか)
P「貴音じゃ頑張っても無理だ。男限定でな」
貴音「殿方限定……ですか……」
P(しょんぼりして可哀想だけど、これで諦めるだろ)
7:
貴音「……ならば、あなた様は食すことはできるのですね?」
P「えっ……? あぁ、まぁ……」
貴音「殿方しかお目にかかることはできないというのはわかりました。……お願いです、どうか私にかっぷらぁめんにーを一目見せるだけでも……」
P「はっ? む、無理無理!」
貴音「どうか、お願いします!」
P「いや、そんな頭下げられても……」
P(見せるもんじゃないし、やったことないし……)
8:
P「……頭を上げてくれ、貴音。どっちにしろ、かっぷらぁめんすらないここじゃ無理だ」
貴音「……つまり、なにか準備がいるのですね?」
P「う、うーん、まぁ……」
貴音「どこでなら見ることができるのでしょう?」
P「どこに行っても、見ることすらできないと思うぞ……」
貴音「……私には……食すことも……あまつさえ、見ることすらもできないのですか……」
P(めちゃくちゃ落ち込んでるううぅぅ!!)
貴音「……わかりました」
P「お、わかってくれたか?」
貴音「ええ。無理を行ってすみません」
P(助かった……)
9:
貴音(……たとえ、断られようとも、なんとしてでも……)
ーーー
小鳥「ふう、そろそろお昼の時間ですね」
P「あっ、もうそんな時間ですか。通りで腹減ったと思った」
貴音「あなた様。良ければどうぞ」
P「おぉ、差し入れ……か……」
貴音「私が選んだかっぷらぁめんです」
P「ど、どうも……」
P(昨日の今日で、カップラーメン食いたくねぇ……)
11:
P「……」
貴音「……」ジーッ
小鳥(ただ、プロデューサーさんが、カップラーメンにお湯を注いでるだけなのに、なにかしら、この空気…)
P「……3分経ったな……」
貴音「……まさか、それが」ドキドキ
P「普通の、カップラーメン。頂きます」
貴音「……」ショボーン
小鳥(なんでそんなに落ち込んでるの!? そんなにカップラーメン食べたかったの!?)
14:
ーーー
P「あー、たまの休日に昼まで寝てしまった」
P「なんか食べ物ないかな。って、冷蔵庫空っぽか……なにか買いに行くか……」
ピンポーン
P「はーい、はいはい。誰ですかーっと……」
ガチャ
貴音「おはようございます」
P「貴音?どうしたんだ、家にまで」
貴音「そろそろ、あなた様が起きて、食事を用意するかと思いましたので」
P(手にカップラーメンが入った、コンビニの袋……)
貴音「……私、わかりました。きっと外で見ることすらできないということは、家の中で食すということ。なにか、特別な手間をかけるのですね。そう、お湯を注ぐ時や、特別な調味料などを必要とするのですね?」
P(貴音がやたら得意げだ……こんな顔見たことないぞ……)
16:
P「……ん、まぁ、誰かに見られたらまずいから、入れ」
貴音「失礼します」
P「じゃあ、せっかく買ってきてくれたし、一緒にカップラーメンでも……」
貴音「かっぷらぁめんにーを」
P「……」
貴音「……」
P「カップラーメン」
貴音「かっぷらぁめんにー」
P「……」
貴音「……」
P「あぁ、もうわかったよ!見て後悔するなよ!」
貴音「つっ、遂に…!?」
21:
P「普通に開けて、お湯を注ぐ」
貴音「ふむ……」
P「メモとかしても意味ないから……」
P「で、これにナニを突っ込む。終わり」
貴音「……? 何、とは……」
P「だから、アレだよ」
貴音「あれとは、どんな調味料ですか?」
P「だからっ、……あれだって、ほら、あれ」
貴音「それではわかりません。良ければあれを見せてくださいませんか?」
P「っ!?」
P「だから無理だって!」
貴音「それではここに来た意味がございません!早く、かっぷらぁめんにーの完成図をお見せください!」
P「……本気でいいんだな…?」
貴音「えぇ、私はもとより本気です」
22:
P「ここじゃ汚れるから!風呂場に行く……」
貴音「それほどまでに豪快に!?」
P「で、麺が伸びて冷めるまで待つ」
貴音「なっ、なんと……らぁめんにあるまじき行為……」
P「……帰るなら今だぞ」
貴音「……いえ、全ての身を捧げる思いです」
P「……」
P「そして、汁だけを捨てる」
貴音「ふむ……麺だけで油そばのようですね……」
24:
P「で、底に数センチの丸い穴を開ける」
貴音「……ごくっ。これなら汁がないため、溢れることはないのですね」
P「問題は……おかずだが……」
貴音「麺を主食におかずを用意するるのですか、確かに、今までには試したことがありませんね……」
P「貴音」
貴音「はい、なんでしょう?」
P「貴音が今穿いてる下着を貸してくれ」
貴音「なっ、なっ!?」
P「それがないと、カップラーメンニーはできない」
P「……全ての身を捧げるんじゃないのか?」
貴音「……っ、わかりました」
貴音「……」
スルスル
P「あぁ、その羞恥に染まるその顔がいいな……」
貴音「……こ、これで……」
26:
P「……貴音のパンツは暖かいな」
貴音「……いっ、言わないでください……」
P「……柔らかいぞ」
貴音「……あ、あなた様、あまり……」
P「……」クンクン
貴音「っ!?」
P「すごく……いい匂いだ……」
貴音「っ…、この羞恥に耐えれば…かっぷらぁめんにーが……」
P「……そろそろくる…少しだけ外に出てくれ」
貴音「なっ、ここまでの羞恥を与えながらっ!」
P「落ち着け。数十秒だ。それが終わった時には、カップラーメンニーは完成している」
貴音「……わかりました」
P「扉を閉めてくれ。準備ができたら呼ぶ」
貴音「……はい」
36:
バタン
貴音「……」ドキドキ
ジーッ
貴音「なっ、なんの音でしょう……?」
P『くっ!麺が絡みつく…』
貴音「!?」
貴音「そ、それほどまでに……」
P『…ふっ……ふっ……ああっ……』
貴音「そっ、それほど良いものなのですか?」
P『あっ、ああ、最高だっ……あと少しで……』
貴音「っっ!!もう我慢できません!」
ガチャ
39:
P「なっ!?」
貴音「私にもそのかっぷらぁめんにーの味を……」
P「ま、まだ、終わってないんだが……」
貴音「はて……、片手で容器を掴んで、片手は私の下着を掴んで……麺は減っていませんね」
貴音「食すための箸はどこにあるのですか?」
P「……だから、まだだって言ったのに……」
貴音「しかし、その姿から動かないということは……私にもそれを味わうことができると……」
貴音「殿方しか踏み入れることができない禁断の味……いただきます」ジュル
P「なっ!マイ箸を!?」
41:
貴音「……」グリグリ
P「ああっ!」
貴音「油そばの要領なら、まずは混ぜないといけませんね……」
P「はっ、箸がっ小刻みにっ!?」
貴音「……やはり、麺が伸びている分、混ぜにくいですね……中央は固待っております……」
P「箸で回転だっ、あっ……」
43:
貴音「……混ぜると少し動きがスムーズになりましたね……」
P「ぐうっ……! めっ、麺が、まとわりついて……っ!」
貴音「……少し ほぐしましょう……」
P「ああっ!ふっ、不規則な動きいいっ!」
貴音「……あまり中央の塊を崩すと麺が短くなるしれませんね……周りを攻めましょう……」
P「たっ、貴音の箸使い!!めちゃくちゃいいよぉっ!!」
46:
貴音「……しかし、このような塊があっては、食べにくいでしょうね……」
P「あっ!あっ!ツンツンして様子見してる!?」
貴音「……少しだけ引っ張ってみましょう……」
P「うっ、ああっ!!挟まれ引っ張られてるぅっ!」
貴音「……ふむ……下まで固まっているのですね……」
P「あぁっー!貴音のマイ箸で上から下までなでらるっうっ!!」
50:
貴音「なっ!?箸で探るたびにより塊が大きくなっています!」
P「ふぁあっ!ひうっ!!」
貴音「やはり、かっぷらぁめんにいー……不思議な食べ物です……」
P「たっ、貴音の箸いっ!!しゅごっ、のおおっ!」
貴音「面妖な……」
P「ああっ!!ノーパンで面妖なって言っちゃうたかねぇ!!パンツはここにあるよおおっ!!」
52:
貴音「これほどまでに不思議ならぁめん……やはり、この世界にはまだまだ私の知らないことだらけです……」
P「箸コキしながらあっ、あぁっ、いっ、あっ、あっ……!」
貴音「……そろそろ、いただきましょう……」
P「おっ、おねがいしましぅっ!!おもいっきりすすってくだざい"い"っっ!!」
55:
貴音「……ふぅー」
貴音「いざっ!」
貴音「……っっ!!」
P「あ"あ"っ!!ばじでもっでぃがれるううっつっっ!!ぜんぶずわれるううぅぅうっっっ!!」
P「あっあっ!でるうっっーーー!!」
貴音「っっ!?」
貴音「……っ」モグモグニュチャニチャ
貴音「……」ゴクッ
貴音「……」
貴音「……あなた様……」
貴音「……かっぷらぁめんにーというのは……美味しくないのですね……」
56:
P「はあっ……はぁっ……」
P「俺はオイシかったです……」
貴音「……?」
おわり
58:
面白かった乙
5

続き・詳細・画像をみる


カラオケ行ったら高確率で誰かが歌う曲wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

競泳の冨田「僕は盗んでない、(別の人物からカメラを)バッグに入れられた」 11月6日無罪主張会見!

ルメール「イスラボニータはディープインパクトに似ている」

Lineのグループにツイート晒されて誕生日のお祝いと共に人生終了した人の終わりっぷりワロタwwwwwwwwwwwwww

歯科医で、バレンタインデーに助手さんからチョコもらった

カラオケ行ったら高確率で誰かが歌う曲wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先