ちょっとマイナーな人物が主人公の歴史小説挙げてけback

ちょっとマイナーな人物が主人公の歴史小説挙げてけ


続き・詳細・画像をみる

1:
マイナーすぎてほとんど架空の人物同然ってのはなしで
信長みたいにベタベタすぎないけどちゃんとした実在の人物でおもしろかったの挙げてけ
戦国時代だと
菊池寛『忠直卿行状記』→松平忠直
遠藤周作『反逆』、司馬遼太郎『鬼灯』→荒木村重
司馬遼太郎『戦雲の夢』→長宗我部盛親
高橋克彦『天を衝く』→九戸政実
伊東潤『叛鬼』→長尾景春
伊東潤『見えすぎた物見』→佐野房綱
伊東潤『虚けの舞』→織田信雄・北条氏規
伊東潤『修善寺の菩薩』→足利茶々丸
火坂雅志『黒衣の宰相』→崇伝
火坂雅志『覇商の門』→今井宗久
山本兼一『雷神の筒』→橋本一巴
中路啓太『うつけの采配』→吉川広家
天野純希『覇道の槍』→三好元長
などなど
個人的には伊東潤の短編連作はだいたい好き
時代問わず世界史でもおk
無職だけど1日10万稼ぎ中wwwwwwww AD
5分で20万円稼いだ結果wwwwwwwwwwwww AD
【画像あり】全財産をたった1分に賭けてみた結果wwwwwwwww AD
低リスクで毎月100万稼げるぞwwwwwwwwww AD
【衝撃】たった60秒で仕事辞めたくなる秘密の方法を発見した件wwwww AD
ロリで巨乳な専門学生と飲みに行った結果wwwwww AD
俺氏(30代キモヲタ)が20代女子にいいね!しまくった結果www AD
2:
浅田次郎の壬生義士伝
吉村貫一郎
3:
>>2
吉村はほとんど創作よりの人物かな
実在はしたらしいけどだいたい子母澤寛がベースになってるらしいし
でも壬生義士伝は新選組ものでは外せないね
新選組で言うと漫画だけどピースメーカーが市村鉄之助主人公にしてておっと思った
思っただけだったけど
4:
自演
葉室麟『刀伊入寇』→藤原隆家
井上靖『後白河院』→後白河法皇
北方謙三『破軍の星』→北畠顕家
芥川龍之介『戯作三昧』→滝沢馬琴
佐々木譲『武揚伝』→榎本武揚
城山三郎『男子の本懐』→浜口雄幸
マイナーでなくてもこいつが主人公かよって感じの人プリーズ
5:
小説スレは大体伸びるのに歴史小説スレは伸びないのね
6:
漫画でもいいよ
へうげもの→古田織部
センゴク→仙石秀久
センゴク外伝 桶狭間戦記→今川義元・雪斎
あたりが鉄板かなぁ
ドリフターズはなんか違うから置いといて
7:
加藤廣の小説はダメ?
結構面白いと思うけど
8:
>>7
まぁ歴史小説というくくりでは違和感あるけどな
左馬之助秀満のあれだけ読んだけど微妙だった
9:
>>8
太田牛一が主人公の信長の棺とかどうだろうかと
10:
>>9
てっきり信長かと思って手に取りもしなかったけど牛一なのか
サンクス今度立ち読みしてみる
11:
あと古いからネットでしか手に入らないだろうけど漫画で
千葉真弓
ファシクラ伝 支倉常長・サムライ 地球を駆ける
っていうのがあるよ
今新聞で伊達政宗の漫画を月1連載してる人のだから内容しっかりしてていいよ
13:
>>11
へええ常長か サンクス
古い漫画といえば『冬の峠』だっけ
作者忘れたけど江戸初期の佐竹家のお家騒動描いた漫画がとてもおもしろかった
19:
>>13
岩明均の雪の峠だね
きっとこの作者歴史結構好きだよね
21:
>>19
そうそれそれ
コミックにいっしょについてたのはイマイチだったけど
雪の峠は感動したわ
佐竹義宣黒いけど惚れたわ
23:
>>19
聞いたことない作者だな
タイトルがまんま武将の名前なのは地雷臭がするけど尼子はありそうであんま見ないから興味あるわ
20:
>>11
なんか解説サイトみたいなの見つけて思わず最後までよんでしまったわ
買ってもないのにネタバレ…
でも感動した
こういう硬派なのいいね
12:
司馬遼でも挙げてくか
司馬遼は歴史小説ではベタベタすぎる作家だけど
案外一部の作品だけが持ち上げられてて一般知名度低い作品も多かったりする
『妖怪』→日野富子
『城塞』→小幡勘兵衛
『菜の花の沖』→高田屋嘉兵衛
『北斗の人』→千葉周作
『峠』→河井継之助
『花神』→大村益次郎
『最後の将軍』→徳川慶喜
『歳月』→江藤新平
以下短編
『酔って候』→山内容堂
『貂の皮』→脇坂安治
『権兵衛五千石』→平野長泰
『喧嘩草雲』→田崎草雲
『言いふらし団右衛門』→塙団右衛門
ほか多数
14:
黎明に叛くもの
歴史小説というか伝奇ファンタジーだけど
17:
>>14
誰かと思ったら松永か
いろいろぶっとんでるなw
15:
冲方の天地明察の渋川春海
17:
>>15
映画化したおかげで随分有名になったね
16:
のぼうの城
18:
>>16
映画化したおかげで以下略
でもあの長束はゆるさないぞ 絶対にだ
22:
あとマイナーじゃないかもだけど中村整史郎の尼子経久
毛利離反から経久の生涯を辿る的な感じで
ぶっちゃけ自分が住んでる地域から遠い武将ものは小説でしか知る機会無いから
割とどんな内容でも面白いと判定甘くなる派なんで微妙かも
25:
飯嶋和一の小説
27:
>>25
全く知らない
時代小説っぽいタイトルが並んでたけど歴史小説なの?
29:
>>27
代わりに李山海がゴミ扱い
あと元均を再評価してるから李舜臣が完璧超人じゃない
33:
>>29
おもしろそうだな
探しても見つからないんだけどタイトルあってる?
34:
>>33
あってると思うけど30年近く前の本だから・・・
ついでに講談社
38:
>>34
あったわ
アマゾンで1円だったわwwwww
すごい地味だけど土井良一の『海翁伝』てのもそこそこ面白かった
蠣崎季広のやつ
26:
倭乱
朝鮮人が書いてるけど序盤の負けっぷりが書かれてて面白い
主人公はいないけどあえて言うなら柳成竜(朝鮮の宰相)
27:
>>26
探したけどヒットしなかった
しかし柳成竜が主人公とは珍しい
李舜臣とか序盤に小さい町守って死ぬオッサンばかり褒め称えられて
柳とかは無能扱いされてるのが多いのに
28:
今回のお題には沿ってない(主人公が架空だから)けど池波正太郎の蝶の戦記
今川・浅井・朝倉・六角の凋落が描かれていて一気に読める
31:
>>28
歴史小説に偏向して時代小説避けてきたからな
歴オタきどりつつ池波も藤沢も読んだことないという
その四氏全部好きだし(特に六角)それから入ってみるのもいいかもな
30:
剣豪将軍義輝書いた作者の義輝以外の人物の短編が面白い
義輝異聞だかの
31:
>>30
義輝以外かよwww
探してみる
32:
>>30
宮本昌孝か
予想通りレビュー見るとトンデモ伝奇小説みたいだけどそれはそれでいいかもなぁ
35:
ほぼ読んだ事無い時代だから柳成竜の自分も探してるけどヒットしないな
そういえばもう読んでるかもだけど宮城谷昌光の古代中国ものとか三河系は面白い
41:
>>35
宮城谷さん好きだけどエッセイと列伝が一番面白いよ
長い小説書くと難解過ぎる辞書にも載ってない漢語を無駄に使いまくるから読みにくくてしゃーない
大久保一族好きなのに新三河は積んだわ
名臣列伝シリーズと古城の風景は愛読書
42:
>>35
朝鮮征伐だと伊東潤の『黒南風の海』もわりとオススメ
あれ一応サヤカがモデルだけどほとんど架空の人物だし小西の扱いも酷くて伊東潤の中ではあまり好きではないけど
朝鮮征伐がわかりやすく描かれてて読み物としては面白かった
36:
講談社で調べたら光のさで出てきてワロタ
ぽちるわ
37:
倭乱って文字が差別的だから消されたとかはさすがにないよな・・・
39:
>>37
辛 奉承って作者
講談社 倭乱 小説 でAmazon出てくる
40:
>>39
手元にあるのと一緒だわ
よかった
43:
お陰様で読みたい本がたくさん出来たがこんな時間じゃ本屋開いてないのが辛いな
古い本はネットで買うけどさ
このスレは過去ログに大事に保管して読んでない本は順番に読むわ
4

続き・詳細・画像をみる


【画像】 NHKでまたヤラセ発覚 美女が仕込みだったwwwwwwwwwwwww

山道さ迷ってるときに絶対見たくない看板にありがちなこと

ちょっと阪神ファン集合してくれ

【日本シリーズ】ソフトバンク、連勝!!2勝1敗に

息子が寝てる寝室に入った瞬間「イヤ!!」ってはっきり。

もはや年収300万が当たり前の風潮

back 削除依頼&連絡先