穂乃果「私も恋人が欲しいなぁ…」 海未「!?」back

穂乃果「私も恋人が欲しいなぁ…」 海未「!?」


続き・詳細・画像をみる

1:
海未「ほ、穂乃果…それはどういう…」
穂乃果「にこちゃんと真姫ちゃん、凛ちゃんと花陽ちゃん、希ちゃんと絵里ちゃん」 
穂乃果「みんな楽しそうだなーって」
穂乃果「まぁ私の場合相手を探すところから…」
海未「!! 穂乃果!私が」
ことり「ホノカチャン!!」バン
穂乃果「ことりちゃん!?」
6:
ことり「私…じゃ…ダメかな…」
穂乃果「え…?」
ことり「私じゃ…穂乃果ちゃんの恋人になれないかな…」
穂乃果「こ、ことりちゃん…それって…」
ことり「うん…ことりは…穂乃果ちゃんのことが…好き…」
穂乃果「!!」
10:
ことり「……///」
穂乃果「……」
ことり「……///」
穂乃果「……」
ことり「ほ、穂乃果ちゃん…何か言ってよ…///」
穂乃果「! ごっ…ごめん!えっと…その…」
ことり「……///」
穂乃果「あの……」
ことり「……///」
穂乃果「……///」
12:
ことり「あ、あはは…やっぱりことりじゃ…」
穂乃果「そ、そうじゃないの!」
ことり「!」
穂乃果「そうじゃなくて…私…告白されたのなんて初めてで…」
ことり「そ、そうなんだ…穂乃果ちゃんって人気者だから、日常茶飯事かと…」
穂乃果「いやいやいや!私なんて全然いいところないし…」
ことり「そんなことない!穂乃果ちゃんは…穂乃果ちゃんはとっても素敵だよ!!」
穂乃果「…っ///」
ことり「あ…///」
17:
穂乃果「……///」
ことり「……///」
穂乃果「…わ、わ??っ!!!」
ことり「!? ほ、穂乃果ちゃん!?」
穂乃果「わ???っ!!」
ことり「突然どうし…」
ことり「!」
穂乃果「わーーっ!わーーっ!!」
ことり「穂乃果ちゃん…顔真っ赤…」
穂乃果「!!」
ことり「…もしかして…照れ隠し…?」
穂乃果「う…///」
20:
穂乃果「ことりちゃ…言わないでよ…///」
ことり「えへへ…穂乃果ちゃんかわいい///」
穂乃果「うう…///」
ことり「照れてるってことは…嫌じゃない…ってことだよね…?」
穂乃果「それは…そうだよ…///」
ことり「そ、そっか…!よかった…!」
穂乃果「…っ///」ドキッ
26:
ことり「ねぇ…こたえ…聞かせてほしいな…」
穂乃果「っ///」
ことり「ね…?」
穂乃果「…わ、私…も…」
ことり「うん…」
穂乃果「ことりちゃんのことが…」
ことり「う…ん…」
穂乃果「…好き…」
ことり「……!!」
穂乃果「私も…ことりちゃんのことが…好き…!!」
29:
ことり「穂乃果ちゃ…」
穂乃果「ま、待って!」
ことり「え…?」
穂乃果「ことりちゃんのことは好き…大好き…!でも…」
ことり「でも…?」
穂乃果「こ、恋人とかは…わからなくて…っ///」
ことり「穂乃果ちゃん…恋人に憧れてたんじゃ…?」
穂乃果「私…みんなでワイワイやってる今が好きで…ずっとこんな時間が続けばって…」
穂乃果「でも…みんな少しずつ…一番大切なものを選んでいって…」
穂乃果「私だけ取り残されてるみたいで…私もそうなればわかるかなって…」
穂乃果「でも…!いざってときになると…怖くて…!」
36:
ことり「穂乃果ちゃん…」
穂乃果「特にことりちゃんは…小さい頃からずっといっしょで…ずっと親友だと思ってたから…」
穂乃果「今まで築いてきもの…大事なこと、たくさん…!」
穂乃果「それが…壊れちゃうんじゃないかって…!!」
ことり「大丈夫だよ…」ギュッ
穂乃果「!!」
ことり「大丈夫…壊れたりなんかしないよ…」
穂乃果「ことり…ちゃ…」
ことり「たしかに、今までと全部同じってのは無理かも」
穂乃果「……やっぱり…」
ことり「だって、今までよりもっともっと強く、もっともっと大きくなるんだもん!!」
穂乃果「!!」
絵里「ことりの言う通りよ」ガチャ
穂乃果「え、絵里ちゃん!?」
39:
希「ごめんな、2人とも…みんながもう聞いてられないって…」
にこ「ホントよ!あんたはごちゃごちゃ余計なこと考え過ぎなの!」
真姫「にこちゃんは考えなさ過ぎだけど」
凛「そうだよー!穂乃果ちゃんらしくないにゃー!」
花陽「私も…昔から凛ちゃんといっしょで、最初は戸惑ったけど…前よりずっとずっと楽しいよ…!何も壊れてなんかない…!」
穂乃果「みんな…」
42:
絵里「それに!誰もあなたを取り残したりしないわ!」
希「エリチのことは確かに大事や。でも、それと同じくらいμ's のみんなのことも想ってる。それは変わらない」
凛「凛もμ'sが大好きにゃ!これからもずっとずっと!」
穂乃果「…私が…変に焦ってただけ…だったんだね…ごめん…」
花陽「大丈夫、その気持ち、みんなわかるよ…ねぇ、穂乃果ちゃんは自分がμ'sのことを嫌いになっちゃうと思う?」
穂乃果「そんなことない!私も…私も絶対変わらない!ずっと!ずっと!μ'sが好き!」
にこ「…そして、ことりが好きなんでしょ?」
穂乃果「!」
にこ「なら、それを信じて進んでみなさいよ」
真姫「あなたがそう歌っていたのよ?」
44:
ことり「穂乃果ちゃんっ!」
穂乃果「ことりちゃん…!」
穂乃果「…私、ことりちゃんのことが好き!!この気持ちをこれからもっと大きくしていきたい…その先の景色をことりちゃんと見てみたい!」
穂乃果「だから…私と恋人になってください!!」
ことり「…よろこんで!!」
絵里「ハラショー…」
にこ「ったく…世話の焼ける後輩なんだから…」
凛「あーっ!にこちゃん泣いてるにゃー!!」
にこ「ばっ…泣いてなんかないわよっ!」
46:
絵里「さ、一段落したところで、練習を始めるわよ!」
穂乃果「え?!今日くらいいいじゃん!記念日だよ!穂乃果とことりちゃんの記念日!」
絵里「ダーメ!より結束を強めたところで、ラブライブ出場目指してみっちり練習するわよ!」
にこ「先に行ってるわよ!早く来なさいよね!」
真姫「ちょっ…引っ張らないで!」
凛「行こう、かよちん!」
花陽「う、うんっ!」
希「…エリチ」
絵里「ええ…」
49:
穂乃果「もう!せっかくのムードが台無しだよ!」
ことり「大丈夫!これからゆっくり2人きりになる時間はたくさんあるよ!だから、今は…」
穂乃果「そっか…そうだよね…!」
ことり「穂乃果ちゃんっ!」
穂乃果「ことりちゃんっ!」
2人「行こうっ!!」

ことり「…っていう夢をみたのー!!キャーはずかしー!!」
海未「………」
54:
海未「…それで?」
ことり「? みたよ!ってだけ…」
海未「……」
ことり「でもみんな相手を見つけて、残るは私たちだけ…どっちが穂乃果ちゃんに選ばれても恨みっこなしだよ!」
海未「どうしましょう、もう十分恨んでいるのですが…」
ことり「ま、まぁ…今のところ穂乃果ちゃんはそういうことには興味なさそうだから…ね…落ち着いて…」
穂乃果「やっほー2人とも!」ガチャ
61:
海未「穂乃果!」
ことり「穂乃果ちゃんタスケテー」
海未「あっ…ことり!卑怯ですよ!」
穂乃果「今日も仲良しさんだねぇ」
海未「そんなことは…」
穂乃果「…と、ここでいつもならその仲の良さに嫉妬しちゃう穂乃果だけど、もうそんなことはありません!」
海未「どういうことですか?」
穂乃果「なんと私…恋人ができました!!」
ツバサ「こんにちは!」ニコッ
2人「 」
71:
ツバサ「へー素敵な部室ね!」
穂乃果「でしょでしょ!?」
ツバサ「でもいいの?こんなところにまで入れちゃって。私たち、ライバルでもあるのよ?」
穂乃果「この前招待してもらったお返しだからいーの!ほら、これ、次に発表する予定のPV!!」
ツバサ「さ、流石にそれは…」
穂乃果「大丈夫!きっと穂乃果に釘付けで、他のことは記憶に残らないと思うからっ!」バチコーン
ツバサ「ば、馬鹿ね…この私がそこまでメロメロになってるとでもっ!?」ズキューン
2人「 」
76:
穂乃果「まぁそれは冗談で…みんなすごくよく踊れてると思うから、アドバイスしてもらおうと思って!」
ツバサ「…その後、『私たちのを見せたんだからツバサちゃんたちのも見せてよー!』とか言うんでしょ」
穂乃果「ギクッ」
ツバサ「大方、矢澤にこあたりの差し金でしょうけどね。恋人の立場を利用して偵察しろ!とか言われたんでしょ?」
穂乃果「ツバサちゃんエスパー!?」
ツバサ「そんなんじゃないけど、なんとなくわかるのよ…」
ツバサ「どうしてかしらね…あなたのことなら何でも知りたいって思ってるから…かな?」バチコーン
穂乃果「えへへ…やっぱりツバサちゃんには適わないなぁ…」ズキューン
ことり「」
海未(ふざけろ…エスパーは私だ…!!)
79:
ツバサ「さて、私はこの辺で失礼するわ」
穂乃果「えー!来たばっかりじゃーん!」
ツバサ「私は忙しいの!あなたたちも早くここまで登りつめてきなさい」
穂乃果「うう?!私だけのアイドルになるって言ったじゃーん!!」
ツバサ「なっ…そんな大声で…///」
穂乃果「ツバサちゃんの嘘つきー!」
ツバサ「公私は分けるって言ったでしょ!そんな駄々を…」
穂乃果「じゃ…今はまだ、ギリギリ『私』、だよね…」
ツバサ「え?」
穂乃果「ん」スッ
ツバサ「!!」
穂乃果「ん?!」
83:
ツバサ「ん…」チュ
穂乃果「ん……ぷはぁ…」
ツバサ「もう…///」
穂乃果「えっへへ?///」
ツバサ「も…もう行くからっ!」
穂乃果「あっ!待ってよ!送るよ!!」
ツバサ「仕方ないわね…///」
穂乃果「えへへ…それじゃ…行こう!!」
ことうみ「 」

ツバサ「…という夢を私に見させるくらい、遥かに魅力的ね!!高坂穂乃果!!」
A-RISE「……」
μ's「……」
ツバサ「あ、あれ…?」
87:
ツバサ「はい、続けて英玲奈 」
英玲奈「人を惹きつける…いや…もういいだろ…」
ツバサ「ダメよ!まだまだ…」
あんじゅ「暗くなってきたし、今日はこの辺で…詳しい話はまた後日…」
穂乃果「はぁ」
海未「ちょっと!あなたの中で私はどういう扱いなんですか!!」
希「海未ちゃん落ち着いて…」
絵里「帰りましょうか…」
ことり「そうだね…」
にこ「何しにきたのよ…」
90:
海未「まったく…何なんですかあの人は!」ブツブツ
花陽「穂乃果ちゃんの大ファンってことはわかったね…」
真姫「度を越えてるわよ…」
凛「穂乃果ちゃんは罪作りな女だにゃー!」
穂乃果「え?そうかな?えへへ…あのツバサちゃんが…照れるなぁ」
海未「穂乃果っ!?まさか本当に…」
穂乃果「でも、私は海未ちゃんの方が好きだから!」
海未「!! ほ、ほの…」
穂乃果「あとことりちゃんも!」
ことり「うんっ!」
海未「……」
91:
穂乃果「花陽ちゃんも凛ちゃんも真姫ちゃんも絵里ちゃんも希ちゃんも好き!」 
海未「そ、そうですか…」
希「堂々と言われると照れてまうなぁ」
絵里「ありがとう、穂乃果」
穂乃果「うん!」
にこ「ちょい」
穂乃果「なーんてね!にこちゃんももちろん好きだよ!」
にこ「からかったわねぇ!待ちなさーい!」
海未「はぁ…」
ことり「…呆れてる?」
海未「いえ…私たちは…そんな穂乃果が『好き』なんですから…」
終わり
97:

98:

良かったぜ
9

続き・詳細・画像をみる


自動車型にもロボット型にも早変わり!!子供用「トランスフォーマー」コスプレがスゴイ!!

嫁のカバンに使用した形跡のあるコンドームの箱を発見した結果wwwwww

畑で育てた白菜でキムチ漬けたけど興味ないよね?

【ハンターハンター】キルアナックルフェイタンだと誰が体術一番強い?

【悲報】京都の市立学校若手男性教員、半年で6人逮捕 ほとんどが女子生徒を狙った「性」に絡む犯行

「博多駅はどちらですか?」「千早駅の方が近いですよ」→刃物でグサッ 福岡

back 削除依頼&連絡先