動物たちの無償の愛。人間を助けた10の動物たちの物語back

動物たちの無償の愛。人間を助けた10の動物たちの物語


続き・詳細・画像をみる

0. 窒息状態になった飼い主を助けた犬のトビー
 2007年、米メリーランド州のデビー・パークハーストさんは、愛犬トビー(ゴールデンレトリバー/オス)の目の前でリンゴを食べている最中に喉をつまらせた。慌てて自分で胸を叩いたが、効果はなし。すると、トビーが前足でデビーさんの肩を押さえつけて仰向けに寝かせ、彼女の胸の上でジャンプを始めた。喉につまっていたリンゴのかけらは無事に吐き出され、トビーはそのままデビーさんが気を失わないように彼女の顔をしばらく舐めていたという。デビーさんは「トビーがハイムリック法を行ってくれた」と語っている。
9. 強盗たちを蹴散らした猫のアンシュキンズ
 2007年、脊椎を損傷して車椅子生活を送る米ロサンゼルスのピーター・チョイスさんは、ノートパソコンを膝に置き、隣家の私道で作業をしていた。傍らには、愛猫アンシュキンズもいた。そこに突然白い車に乗った2人組の男が現れ、ピーターさんに殴りかかり、パソコンを奪い取ろうとした。猫のアンシュキンズはすかさず男たちに飛びかかり、顔をひっかくなどして猛反撃。男たちがひるんだ隙に、ピーターさんは相手の急所にパンチを入れることに成功し、2人組を撃退した。
Cat Tries To Save Owner From Attempted Theft
8. 電話で救急車を呼んだ犬のベル
 米フロリダ州に住むケヴィン・ウィーヴァーさんには、糖尿病の持病があり、しばしば低血糖発作を起こす傾向があった。そこで飼い犬のベルに、緊急時に助けを求めることができるように特別な訓練を施していた。その訓練の甲斐あって2006年、低血糖発作で意識を失ったケヴィンさんを見つけたベルは、救急電話番号が登録されていた携帯電話の「9」のボタンを歯で押して救急車を呼んだ。訓練の結果、ベルには飼い主を舐めて低血糖かどうかを判断し、前足で叩いて警告の合図をする能力が備わっていたという。
7. 犬に襲われている少年を捨身の攻撃で救った猫のタラ
 まだ記憶に新しいヒーロー猫のタラは今年5月、大きな犬に襲われていた4歳の少年を体当たりで救い出して世界的に有名になった。その勇姿は、一部始終をおさめた監視カメラの映像とともに大きく報道された。米カリフォルニア州に住むジェレミー君はその日、自宅の前でひとりで遊んでいたところを突然現れた近所の犬に襲われ、脚を噛まれて引きずり回された。そこに目にもとまらぬさで飛び込んできたのが、ジェレミー君の家で飼われているタラだ。タラは全身で犬に体当たりをして、ひるんだ犬を追い払い、それを見届けるとすぐにきびすを返してジェレミー君のもとに駆け寄った。
犬に襲われていた男の子、飼い猫が犬に全力でアタック。男の子を救い出す(アメリカ)
 
6. 911テロで多くの人を救った盲導犬ローゼル
 盲導犬のローゼル(ラブラドールレトリバー/メス)は、2001年9月11日、世界貿易センタービルのツインタワー北棟78階にいた飼い主のマイケル・ヒングソンさんを含む大勢のビジネスマンを救った。ハイジャックされたアメリカン航空機が突っ込んだ北棟では、誰もがパニック状態にあった。しかし、生まれつき全盲のマイケルさんは、階段を降りるよう促すローゼルのおかげで、落ち着きを取り戻した。やがて多くの人が先導するローゼルの後に続き、1時間かけて無事にビルの外へと避難した。
5. 海で遭難した人を助けたイルカの群れ
 見ず知らずの人間を救ってくれる動物もいる。2008年12月、フィリピンのパラワン島沖で漁に出ていたロニー・ダバルさんの漁船が転覆した。体を預けるものは発泡スチロールの板しかなく、冷たい水の中を何時間も漂流するうちに、ロニーさんは意識を失いかけた。そのとき、約30頭のイルカの群れが現れ、ロニーさんを取り囲むと、その体を軽く押すようにしながら陸を目指して進んだ。翌朝、浜辺で目を覚ましたロニーさんは、イルカに囲まれているあいだじゅう、幻覚を見ていると思っていたと明かした。
4.水族館の見習い飼育員を助けたシロイルカ
 2009年、中国のハルビンにある北極をテーマにした施設「ポーラーランド」で、水族館の調教師採用試験の一環として、フリーダイビングコンテストが開催された。応募者のひとり、ヤン・ユンさんはダイビング中に脚がつり、身動きが取れずに底に沈み始めた。しかしそのとき、同じ水槽内にいたシロイルカのミラが、ヤンさんの苦痛を察し、彼女の体を水面まで押し上げてくれた。
3.溺れていた男性を救った犬のラブ
 2005年8月にアメリカ南部を襲ったハリケーン・カトリーナ。その混乱のさなか、皮肉なことに同じくカトリーナの名を持つ1匹の黒ラブ(ラブラドールレトリバー/メス)が、溺れかけていたニューオーリンズの男性を水から引っ張り上げて救出した。男性の話はテレビニュースで放送され、その後すぐにレスキューチームが現場に向かい、カトリーナも無事に救出された。
2. 動物園のオリに落ちた男の子を救ったゴリラ
 1996年、米シカゴのブルックフィールド動物園に遊びに来ていた3歳の男の子が、フェンスを乗り越え、誤って6メートル下のゴリラの飼育場に転落するという事故があった。そのとき、ぐったりとして動かなくなった男の子を優しく抱き上げ、ほかのゴリラから守るようにして飼育員のところまで運んでいったのが、当時8歳のメスのゴリラ、ビンティ・ジュアだった。男の子はすぐに病院に搬送され、その後すっかり回復した。
動物園のゴリラが人間の子どもを救う瞬間の映像
1. 飼い主をオートバイから守る為飛び込んでいった犬のカバン
 2011年末、フィリピン南部の飼い犬だったカバンは、飼い主の幼い娘とその友だちの少女を、猛スピードで突っ込んできたオートバイから守ろうとしてはねられた。顔面の半分を失う大けがをしたカバンはその後、アメリカで数カ月にわたる治療に耐えて顔面再建手術を施され、2013年にヒーロー犬としてフィリピンに帰還した。
Kabang the hero dog is ready to return to the Philippines
via:therichest・原文翻訳:mallika
▼あわせて読みたい
お腹を空かした動物たちの為、3年間毎日、自分がもらった餌を口にくわえて運び続ける犬(ブラジル)
動物が他者に見せる愛情。15の愛情物語
障害のある男の子のそばに寄り添い片時も離れない犬
感動の再会、犬は自分を助けてくれた人のことを忘れない
献身的な犬の愛情、洪水で水浸しの道路で、飼い主が乗る車いすを押す犬
ツイートするシェアするこの記事をシェア :
スポンサードリンク
- twitter公式アカウント
- facebook公式ページ
- Google+公式ページ
- カラパイア全記事一覧
「知る」カテゴリの最新記事
「動物・鳥類」カテゴリの最新記事
「動物・鳥類」カテゴリをもっと見る
この記事をシェア :
人気記事
最新週間ランキング
1位
4704 points
ある朝目覚めたら、ベランダのプランターがハヤブサの子育て会場となっていた
2014年10月14日
315613898376
2位
4646 points
【実験】ポテトチップスの袋でわかる、台風19号通過時における気圧の変化
2014年10月17日
3302109816878
3位
4307 points
目の見えない犬の目となった1匹の野良猫の感動の物語
2014年10月15日
136928412671
4位
3260 points
終焉の画家、ズジスワフ・ベクシンスキーが描いた地獄のビジョン、混沌と静寂。
2014年10月18日
12601588281131
5位
2997 points
ふつくしい・・・3Dプリンターで作った角砂糖が芸術的で溶かせないよ。
2014年10月20日
176911125165
もっと読む
----------------------------------------------------------------------------
スポンサードリンク
Facebook
コメント



1


1. 匿名処理班


- 2014年10月25日 11:57
- ID:OFyPV0gq0 #





お風呂場で意識を失って溺れそうになった飼い主の下に潜り込んで、必死に息が出来るように位置を確保し続けたワンコとか、夜中に暖房が切れて低体温症になりかけたご主人に寄り添って温め続けたワンコとか、動物が助けてくれる話って結構多いよね
イルカだけじゃなくて、シャチも海でおぼれかかった人を助けたって話を聞いたことあるし






2




続き・詳細・画像をみる


体を縦に真っ二つにした場合どっちが自分になるのか

小鳥「Pさんとのくだらない時間」

若者の『おせち離れ』が深刻 なぜ若者はおせちを食べなくなったのか

【動画あり】 ISISが丘に黒旗立てる→アメリカ空軍が急襲、皆殺しにwwwwwwwwwww

【ちな虎】いよいよ日本シリーズやな【集合】

コブラ 「ここが地球の博物館か!」

back 削除依頼&連絡先