穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん!おしっこまぜっこしようよ!」back

穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん!おしっこまぜっこしようよ!」


続き・詳細・画像をみる

1:
ことり「うん!やろう!」
海未「仕方ありませんね」
穂乃果「よーし、じゃあいこっか!」
穂乃果「私たちのおトイレに!」
4:
?トイレ
穂乃果「じゃ、穂乃果からいくね!」ヌギ
ことり「えー、一人ずつやるの?」
海未「ここはせっかくですし3人同時に出すべきだと思います」
穂乃果「えー、せまいよ?」
海未「そうですね…もっと広いところでやりませんか」
5:
穂乃果「広いところ、かぁ…」
ことり「あそこしかないよ穂乃果ちゃん!」
穂乃果「そうだね!」
海未「私も同じことを考えていました」
海未「では行きましょうか」
3人「屋上へ!」
8:
?屋上
穂乃果「うーん、おしっこを混ぜるにしても何に入れよっか」
ことり「直接床にするのもいいけど乾いちゃったらもったいないよね…」
海未「はい、せっかくの私たちの愛の結晶なんですから記念にとっておくべきです」
穂乃果「3人でおしっこできるほどおっきな入れ物…あ、そうだ!」
9:
?3年生教室
にこ「はぁ?ビニールプールを貸して欲しい?」
穂乃果「うん、お願いにこちゃん!この通り!」
にこ「なんでにこに頼むのよ…」
ことり「にこちゃんなら持ってると思って…」
海未「今の時期、弟さんと遊んだりしないのですか?」
にこ「はぁ…確かに家にはプールがあるわ」
にこ「で?それを何に使う気?」
10:
穂乃果「3人でおしっこをまぜっこするんだよ!」
にこ「はぁ!?」ガタッ
ことり「そ、そんなに驚かなくても…」
にこ「そんなことのためににこのプールを借りたいって…!」ワナワナ
穂乃果「うぅ…」
にこ「冗談じゃないわ!」
にこ「ちゃんとにこのも混ぜなさいよね!」
11:
にこ「この宇宙一のスーパーアイドルのおしっこをのけ者にするなんてありえないわよ」フン
穂乃果「にこちゃん…!」ウルウル
海未「ありがとうございます、にこ」
ことり「やったね!」
にこ「じゃあ、明日持ってくるから楽しみにしていなさい」
穂乃果「うん!」
12:
?次の日
にこ「持ってきたわ、屋上へ行くわよ」
穂乃果「やったあ!さ、行くよ、海未ちゃん、ことりちゃん!」
海未「はい!」
ことり「うん!」
凛「あれ?何やってるの、みんな…」
穂乃果「あ、凛ちゃん」
凛「え、何…あーっ、プール持ってるにゃ!」
15:
凛「どうしたのそれ!みんなで遊ぶの!?」
凛「凛も一緒に行きたいにゃ?!」キラキラ
穂乃果「穂乃果たちはね、これにみんなでおしっこしに行くんだよ!」
凛「まさかの使い方っ!?」
凛「でも楽しそう…」
にこ「穂乃果」
穂乃果「うん!凛ちゃんもまぜっこしよ、おしっこ!」
凛「いいの!?やったにゃ!」
19:
凛「でも、そういうことだったら…」
ことり「あ、かよちゃんと真姫ちゃんも連れてくる?」
凛「それもいいのっ!?」
海未「もちろんですよ、凛」
にこ「まったく、しょうがないわねー」
穂乃果「せっかくの記念だもん!みんなでまぜっこしようよ!」
凛「わぁい!じゃ、ふたりを呼んでくるね!」タッ
20:
花陽「凛ちゃん!ほんとにみんなでおしっこのまぜっこするの!?」
凛「ほんとだよかよちん!」
真姫「意味わかんない…」
凛「そんなこと言って、真姫ちゃんもどきどきしてるにゃ!」
真姫「なっ…そ、そんなことないわよ!」
穂乃果「じゃあ行こうよ、ふたりとも!」
穂乃果「もう、昨日からずっとおしっこ我慢しててお腹がぱんぱんだよ」
海未「修学旅行を楽しみにする小学生ですかあなたは…」
ことり「そういう海未ちゃんも…ふふ」ツン
海未「ひゃっ…こ、ことりっ!」
21:
にこ「なによ…だらしないわねあんたたち…っ、くぅぅ…」
穂乃果「にこちゃんも我慢してるの?」
穂乃果「かーわいい!」スリスリ
にこ「あっ、や、やめっ、で、出ちゃう…」
海未「やめなさい穂乃果、ここでにこが漏らしてしまっては台無しですよ」
にこ「だ、誰が漏らっ…」
凛「早く屋上へ行こうよ!みんなですっきりするにゃ!」
ことり「うん!」
花陽「うん!」
真姫「…」ニコッ
24:
?屋上
凛「着いたー!」
にこ「ふぅっ、くぅ…だ、だめ…」フルフル
穂乃果「大丈夫?にこちゃん」
にこ「なんであんたは…そんなに平気でいられるのよ…」
海未「甘いですねにこ、私たちは鍛錬のレベルg」
穂乃果「だって、楽しみだもん!」
凛「うん!はやくしちゃおうよ、みんな!」
25:
ことり「あ、でもちょっと待って!」
海未「ことり…?」
にこ「な、なによ…」プルプル
ことり「何か大切なものを忘れてない?みんな!」
真姫「そういえば…」
花陽「何か足りないような…」
27:
穂乃果「あーっ!」
にこ「きゃっ!」ジワ
にこ「ちょっと!急に大声出さないでよ!ちびっちゃったじゃない!」
穂乃果「そうだよ!このままじゃだめだよ!」
海未「穂乃果…」
穂乃果「足りないよ!やっぱりここまできたら!」
穂乃果「全員のおしっこを混ぜないと、意味がないよ!」
28:
ことり「穂乃果ちゃん!それじゃ…!」
穂乃果「うん!」
穂乃果「絵里ちゃんと希ちゃんもつれてこようよ、みんな!」
にこ「い、いいけど早くしなさいよ…」ブルブル
30:
おいww
33:
希「何?みんな屋上で何かやるって」
絵里「また何か思いついたの?穂乃果」
穂乃果「うん!」
34:
穂乃果「みんなでおしっこをまぜっこして記念にするんだ!」
穂乃果「やろう!みんなでおしっこしよう!」
絵里「穂乃果…何を言って…」
希「ええやん、えりち」
希「みんなで恥ずかしいところも分かち合って、初めてうちらは本当のアイドルグループって言えるんやない?」
絵里「希がそういうなら間違いないわね!」
35:
穂乃果「よーし!みんな脱いだ?」
凛「えへへ…みんなで輪になってプールに向かってあそこを向けてるって」
真姫「シュールね」
花陽「でもわくわくするよ!」
希「ふふ、大丈夫?にこっち」
絵里「なんか、しずくが…ぽたぽたって」
にこ「くぅぅ…う、うるさい、わね…」ガクガク
海未「くぅ…私もそろそろ限界です、穂乃果…」
ことり「あんっ…穂乃果ちゃん!」
穂乃果「じゃ、いくよ…」
穂乃果「μ's・ミュージック・スタートっ!」プシャ
36:
シャアアアアア…
ショワアアアアア…
チョロロパシャパシャパシャ…
プショワアアアーーー
ジョロロバシャバシャバシャ…
ブショワープシュー…
ジャアアアアア…
ショロロロロパチャパチャ…
ジョロジョロジョロジョロ…
39:
ここからもう一盛上がりあるよね
45:
穂乃果「ふあぁぁぁ…気持ちいい…」
海未「ええ…天にも昇る心地です…」
ことり「ああっ、だめっ、ことり、いっちゃう…!」
凛「ああ…みんなのおしっこのにおいでいっぱいだにゃあ…」
真姫「これが…これが…私のやりたかったこと…!」
花陽「幸せで死んじゃいそうだよぉ…」
にこ「は、破裂するかと思った、にこぉ…」
希「はぁ、はぁ…新しい何かが、生まれたわぁ…」
絵里「みんな…素敵よ…はらしょぉぉぉ…」
47:
穂乃果「はぁ、はぁ、いっぱい、出たねみんな…」
絵里「ふふ…もうプールがあふれそうね…」
ことり「わぁ…きらきらしてるよ、みんなのおしっこ!」
海未「私たちの絆が生んだ、奇跡の泉です!」
希「学園一のパワースポットの誕生や!」
凛「ちょっと飲んでみてもいいかにゃ?」
花陽「だめだよ凛ちゃん!もったいないよ!」
真姫「すごくいいにおい…香水みたい」
にこ「当然よ、にこのおしっこが入ってんるんだから!」
50:
真姫「違うわよにこちゃん、みんなのおしっこだからよ」
花陽「そうだよ!みんなのおしっこだから、これはこんなにいいにおいなんだよ!」
にこ「わ、わかってるわよそれくらい…」
穂乃果「えへへっ!」
穂乃果「じゃ、みんな…せっかくプールが満杯になったことだし…」
穂乃果「水浴び…じゃなかった、おしっこ浴び、しよう!」
みんな「おーっ!!!!」
53:
ここ、音ノ木坂学園の屋上には、奇跡の泉があります。
どんなに晴れの日が続いても干上がらず、
どんなに凍えるような日でも凍らず、
どんなに高価な香水よりも芳醇な香りを醸し出し、
全校生徒の憩いの場となる、そんな泉。
いつからあるのか、どうやってできたのか、誰も知りません。
でも、生徒たちはこの泉をこう呼びます。
「女神たちの遊び場」と。
今日も女神さまの起こした奇跡は、学園に素敵な力を与え続けていることでしょう。

55:
乙、目から汗が…
5

続き・詳細・画像をみる


住みやすさ日本一の市に引っ越したわけだがwwwwwww

【動物】猫はあなたが思っているほど、なでられるのが好きではない

愛知県安城市の死亡轢き逃げ事件、自動車部品製造会社の役員・中井敏光容疑者(43)を逮捕

【職人】本格的な寿司を握るぞ

PL野球部員親「教団が野球部をなくそうとしてる

【画像】最近「染谷有華」とかいう身長175cmの『デカ女』グラドルがマジでツボなんだが・・・・:

back 削除依頼&連絡先