長門「提督が私に手を出さないんだが」back

長門「提督が私に手を出さないんだが」


続き・詳細・画像をみる

1:
長門「まったく折角ケッコンカッコカリをしてこちらはいつでもOKだというのに」
長門「提督の草食っぷりにもこまったものだな」
長門「そう思うだろう?陸奥?」
陸奥「ええ……そうね……」
陸奥(言えない……多数の艦娘にはすでに手を出してるなんて……)
陸奥(私だって……)
長門「ケッコンカッコカリしているのは私だけだというのにな!」
長門「溜まって仕方がないだろうに!」
陸奥「ええ……」
4:
長門「そろそろ次の段階に進みたいのだがどうすればいいと思う?」
陸奥「さ、さあ……?」
長門「やっぱりデートとか誘ってみるべきなのだろうか」
長門「いやはしたない女だと思われるか?」
陸奥「いつも通りで向こうから来るのを待ったほうがいいんじゃない?」
長門「だめだ!それではダメなのだ!」
長門「女がリードしてやらんといつまでたっても草食系は肉を食べるようにならないぞ!」
陸奥「そ、そうかしら?」
長門「だがお前のいうことも一理あるな。少し距離を詰めてみるか……」
6:
次の日
長門「提督よ!一緒に購買に行かないか?」
提督「かまわんが……何を買うんだ?」
長門「まあ日用品だ」
提督「あそこはいろいろ揃っているからな」
長門「よし!いくぞ!ついでに私に何か買ってくれてもいいんだぞ!」
提督「考えておくよ」
7:
購買
明石「いらしゃいませー」
提督「おう、お疲れ」
提督「で、何を買うんだ」
長門「小腹がすいたとき用の間食がメインだな」
長門「あと化粧品とか」
提督「お前も化粧するんだ」
長門「失礼な!これでも結構気を使ってるんだぞ。陸奥ほどではないが」
9:
提督「そっか…悪かったな」
長門「まあ気にするな」
長門「自分のものを見てくるから提督もいろいろみてくるといい」
提督「そうするか」
提督「……お?洋菓子コーナーにだれかいるな」
提督「おーい何見てるんだ」
島風「あ、提督!」
提督「ケーキかぁ美味しそうだな」
11:
島風「生クリームとチョコどっちも食べたいけど両方買うと夜ご飯食べられなくなるから……」
提督「それは悩ましいな」
島風「あ、そうだ!ねぇ提督!これから一緒に食べない?」
島風「半分こしよう!」
提督「いいのか?書類も大体片付いているから時間の余裕はあるが」
島風「決まりね!じゃあこれから島風の部屋行こ!」
提督「それじゃあここの代金は俺が払うか」
島風「明石さーん!これおねがいー!」
13:
提督「長門もちょうど会計か。お菓子は何をかったんだ」
長門「カロリーメイトとげんこつせんべいだ」
提督「そう……」
長門「カロリーメイトは十分な栄養が間食でもとれるからな」
長門「固いせんべいはあごの力のトレーニングにもなる」
長門「良ければ提督よ一緒にこれから食べないか?」
提督「悪いが先約が入ってるで……」
島風「早くー!おっそーい!」
提督「じゃあまたあとで」
長門「……」ガリッ
明石「ちょっと!店の中でものを食べないでください!」
15:
長門「何がいけなかったと思う?陸奥よ」
陸奥(女子力の低さ……)
長門「予定では私室に連れ込んでおいしくいただかれる予定だったんだが」
陸奥「タイミングの問題もあるけどお菓子のチョイスが……」
長門「何がいけなかったんだ?」
陸奥「バリバリ音を立ててそういう雰囲気になると思う?」
長門「……ならんな」
陸奥「この際別の作戦を考えましょう」
陸奥「お酒を一緒に飲みに行くとか」
長門「そういえば二人きりで行ったことはなかったな。ぜひそうしてみよう」
16:
次の日
長門「今晩予定は空いているか?」
提督「今日は暇だが……」
長門「酒でも飲みにいかないか?」
長門「たまにはこういうのもいいだろう」
提督「そうだな行ってみるか」
長門「じゃあ8時に集合だな」
17:
午後八時
長門(シャワーも浴びてきた。香水もつけてきた。化粧も大丈夫)
長門(完璧だ)
提督「悪いな待たせたか」
長門「そんなことはない、今来たところだ」
提督「それじゃあ鳳翔さんのところ行くか」
長門「うむ」
長門(今日こそ勝つ!)
18:
鳳翔「いらっしゃいませ」
提督「久しぶりに来たな」
長門「私はよく来るぞ」
鳳翔「何にしますか?」
提督「そうだな……ウィスキーとか……」
鳳翔「はい、お持ちしますね」
長門「私はいつものを頼む」
19:
鳳翔「こちらがウィスキーのロックになります」
提督「ありがとう」
鳳翔「長門さんにはいつもの……キープしておいたボトルですね」ドンッ
長門「ありがとう」
提督「……いつもそれなのか?いいちこの一升瓶?」
長門「ああ、下町のナポレオンだからな!」
提督「……」
21:
提督「……まあ、いいんじゃないか」
長門「提督も少し飲むか?おすすめはロックだ」
提督「いや、遠慮しておこう。飲みすぎてしまうかもしれないからな」
千歳「あら?提督もいらしてたんですか?」
提督「お前も来てたのか」
提督「何を飲んでいるんだ?」
千歳「今日はカクテルを少しだけですけど」
提督「はは、かわいらしいな」
千歳「提督はウィスキーですか?お強いんですね」
提督「そうでもないさ、ははは」
長門「……」ゴクッ
22:
長門(クソっ二人きりの予定が……)ゴクゴクッ
千歳「お二人のところを邪魔しちゃ悪いですね」
長門(そうだ!二人にさせろ!)ゴクゴクッ
提督「気にしないでも構わないんだが……」
長門「すまないな、またこんど一緒に飲もう」ゴクゴクゴクッ
千歳「ええ……またこんど」
提督「……長門お前ペース早くないか?」
長門「そんなことはないぞ提督ももっと前後不覚になるくらい飲んでもいいんだぞ」ゴクゴクゴクッ
提督「あ、ああ……」
24:
数時間後
提督「結構飲んだしそろそろ出るか」
長門「む……その前にトイレを借りてこよう」
提督「そうか、行って来い」
千歳「ていとくぅ?飲んでますか??」
提督「ふらふらじゃないか」
提督「大丈夫か?」
千歳「だいじょうぶですよぉ?」
千歳「歩けますよぉ?」フラァ
提督「鳳翔さん、すまないが千歳を私室まで送っていく」
提督「代金は悪いがここに置いていく長門には伝えておいてほしい」
鳳翔「え、ええ……」
提督「それじゃあすまないが」
25:
長門「すまない提督遅くなった。お互い飲み足りないだろうし私室で二次会といくか!」
長門「……?」
長門「鳳翔よ提督はどこだ?」
鳳翔「お先にお帰りに……」
長門「え?なぜだ?」
鳳翔「どうしてもはずせない用事を思い出したからと……」
鳳翔(詳細を言わないほうがいいですよね……)
長門「……そうか」
長門「もうひと瓶あけてもらってもいいか?」
鳳翔「ええ……」
27:
陸奥「……それで朝まで飲んだと」
陸奥(今日鳳翔さん目が死んでた……)
長門「おかしくないか?女を一人で店に残すなんて」
長門「予定では私室に入った後なし崩しで一線を越える予定だったのだが」
陸奥(朝千歳ちゃんの部屋から提督を出てきたのを見たなんて言えない……)
長門「事前に部屋に酒も用意してあったのに……」
陸奥「……ちなみに何を買い置きしておいたの?」
長門「いいちこだ!下町のナポレオンだからな!」
陸奥(女子力……)
28:
長門「買い物も駄目、酒も駄目ではどうすればいいんだ」
陸奥「スポーツなんかは?一緒に登山とか流行ってるらしいわよ?」
長門「スポーツか……」
長門「スポーツ……スポーツ……」
陸奥「簡単なものでもいいんじゃない?」
陸奥「一緒に体験を共有するっていうのが大事なんじゃない?」
長門「なるほど……」
29:
次の日
長門「提督よ!トレーニング室に行くぞ!」
提督「どうした急に」
長門「机仕事ばかりで体もなまっているだろう!たまには汗を流さないといかんな」
提督「確かにそうだが……」
長門「だろう?ほら一緒にベンチプレスしようじゃないか」
提督「あ、ああ……」
30:
トレーニング室
長門「やはりここは落ち着くな!」
長門「艦娘たるもの常に鍛えて備えておかないとな」
長門「ほらベンチプレスだ!やってみろ!」
提督「あ、ああ……」
提督「……くぅ!」
長門「そんなんじゃだめだ!角度もなってないし、呼吸も駄目じゃないか!」
長門「一回一回集中しないと意味がないぞ!」
長門「ほら、もう一度だ」
32:
提督「……ウッ」
長門「なんだ、情けないな」
長門「そんなんじゃ他の艦の規範になれないぞ」
提督「……ああ」
提督「ちなみにお前はやらないのか?」
長門「私はこの部屋の器具には慣れてしまったからな」
長門「追加の重りを注文中だ」
長門「ほら、さっさと次のセットだ!」
33:
長門「む……すまんがこんな時間か」
長門「すこし工廠に行って抜けるが手を抜くなよ」
長門「ノルマが終わったら帰っていいぞ」
提督「ああ……頑張るよ……」
長門「しっかりやるんだぞ!」
提督「……ああ」
35:
提督「ふぅ……言われたノルマはなんとかこなしたが……」
提督「ん?」
神通「……ふぅ」
提督「お前もやっていたのか」
神通「はい、少しでも鍛えないと……皆さんに迷惑がかかるかもしれませんから」
提督「えらいなまだ続けるのか?」
提督「顔真っ赤だぞ大丈夫か?」
神通「少し火照ってしまって……」フラッ
提督「おいおい……頑張りすぎだぞ」
36:
神通「すみません……ちょっと無理をしてしまったみたいです……」
提督「とりあえず肩を貸すから部屋まで送っていこう」
神通「そんなことされたらもっと火照って……それに汗臭いですし……」
提督「早く着替えないと体冷えるぞ」
提督「気にしないから、汗臭いのはこっちもだそれは我慢してくれ」
神通「すみません……」
37:
長門「さすがにまだやってるということはないと思うが…」
長門「戻ったぞ!」
長門「……」シーン
長門「誰もいないか……」
長門(提督の使った器具の汗の染み……)
長門「……」
長門「……イカンイカン。私も軽めに鍛えていくとするか」
39:
陸奥「それでガッツリ鍛えてきたと」
長門「ああ、いい汗をかいた。少々負荷が物足りなかったがな」
陸奥(どう私の話を解釈したらこうなるのかしら……)
長門「汗をかくというのはいいな!生きている実感が湧く!」
陸奥「一緒にやるのはどうしたの?」
長門「おそらく私のほうが力があるからな!男のプライドを守ってやるのも女の役目だろう」
陸奥(どうしてその気をもっと他に使えないのかしら……)
41:
長門「とりあえず一緒に運動もこなしたしあともうひと押しだな!」
陸奥「……そうね」
長門「やはりとどめは胃袋をわしづかみにしたいと思う」
長門「手料理を振舞いたいのだがさすがにいきなり二人というのは不安でな」
長門「その時同席してくれないか?」
陸奥「ええ……手伝ったほうがいい?」
長門「いやそれは大丈夫だ」
42:
数日後
提督「長門と陸奥に夕食に誘われたんだが……」
提督「長門の部屋に入るのは初めてだな」
提督「失礼するぞ」ガチャ
長門「おお!待っていたぞ」
陸奥「いらっしゃーい」
提督(ふつうに整理整頓されてる部屋だな。実に普通だ……部屋の隅のダンベルを除いて)
43:
提督「……長門が手料理振舞ってくれるんだって?」
提督「楽しみだな」
長門「期待してくれていいぞ!」
長門「ほらこれが今日のメニューだ!」ジャーン
提督(カレー、から揚げ、ポークソテー、オニオンスープ……)
提督(全体的に茶色い……)
陸奥(手伝えばよかった……)
長門「これからのこともあるしガッツリ食べないとな!」
44:
長門「お酒も用意してあるぞ!いいち……」
陸奥「待って!御呼ばれしたからワイン持ってきたのみんなで飲みましょ?」
提督「おお!楽しみだな」
陸奥(これで多少はオシャレ度を取り戻したはず……)
長門「むぅ……まあ冷めないうちに食べようではないか!」
提督「そうだな、それじゃあ」
「「「いただきます」」」
45:
提督「このカレーすごい美味いな!」
長門「だろう!丹精込めてつくったからな」
陸奥「ポークソテーも箸が進む進む!」
長門「もっと褒めてくれてもいいんだぞ!」
長門「我ながらオニオンスープもうまくできた」
提督「それじゃあから揚げも……ウッ」
陸奥「どうしたの?私も一個……ウッ」
長門「ん?どうした美味いだろう?」
((ニンニクが無茶苦茶効いてる……))
46:
長門「隠し味をいれたからな!」
長門「精がつくぞ!これでばっちりだ!」
提督(隠しきれてない……)
陸奥(明日絶対息が大変なことになる……)
長門「ほらもっと食べろ食べろ!提督には体力をつけてもらわないとな」
提督「あ、ああ……」
長門「おやワインが切れてしまったな……」
長門「まだこの時間なら購買はやっているよな?」
47:
提督「それなら俺が行って……」
長門「いや、私が行って来よう二人はゆっくり食べていてくれ」
長門「すぐ戻ってくるからな!」
提督「……」
陸奥「……」
48:
提督「野菜不足で胸焼けしてきた」
陸奥「……ごめんなさい」
提督「無粋なこと聞くけどこの後ってそういうことだよな?」
陸奥「ええ……タイミング見計らって私が抜けて……」
提督「そのあとこのニンニク臭い息で?」
陸奥「……ごめんなさい」
49:
提督「わかってたよ……長門が頑張ってたこと……」
提督「俺も嫌いじゃないよ……むしろ好きだよ……」
提督「そうじゃなきゃ結婚しないもの……」
提督「でもさあ、これはいくらなんでも……」
陸奥「……ごめんなさい」
提督「ムードとか……」
陸奥「……ごめんなさい」
51:
陸奥「……あとは任せてもいい?」
提督「えっ」
陸奥「提督がフォローしてあげてね」
提督「えっ」
陸奥「私酔っちゃったみたい」
提督「えっ……」
陸奥「……お先に失礼しますね」ガチャ
提督「……」
52:
長門「戻ったぞ」
長門「あれ陸奥は帰ってしまったのか残念だな(棒読み)」
提督「ああそうみたいだな……」
長門「それはそうと提督、多数の艦娘に手を出しているようだな?」
提督「えっ」
長門「知らないとでも思ったか?多少の火遊びを認めてやるのも嫁の務めだぞ?」
提督「カッコカリ……」
53:
長門「幸いここは私室で、二人っきりだな?」
提督「そうですね……」
長門「さらに幸いなことに両隣はいま留守のようなんだが?」
提督「うるさくするとご近所迷惑に……」
長門「ならないんだよ」
長門「……どうして私には手をださなかったのかな?」
54:
提督「その、タイミングといいますか……女性らしさといいますか……」
長門「まぁ女子力が低いことは認めよう」
長門「私はどちらかというと実用性を取るほうでな」
長門「今日のメニューもこれだけ食べれば何回戦できることやら……?」
提督「お手柔らかにお願いします……」
長門「楽しみだな?」
55:
翌朝
提督「うう……身体中が痛い……」
長門「なんだもう起きたのか、はやいな」
長門「すまないが散らかった部屋を片しておいてくれないか?」
提督「……ああ」
提督「こんなムードも何もない感じだがお前と結婚してよかったと思ってるよ」
長門「……ふふ」
5

続き・詳細・画像をみる


生理的に嫌なので嫁に入浴中に歯磨きするのをやめて欲しい

彼女に振られたのだが一転して復縁を要求された。彼女曰く俺に騙されたとのこと。俺が一体何を騙したんだよ…

バッセンでデッドボールの練習してたら係員呼ばれた

NDロードスターを超えるスポーツカーは誰が作る? トヨタもホンダも刺客準備中

嫁が動かなさすぎてワロタw ワロタ… 何してんだろ毎日

バットマンの相棒ロビンが独立した後を描くファンメイド・ドラマ

back 削除依頼&連絡先