削板「御坂妹から離れろっつってんだよ三下」一方「あァ?」back

削板「御坂妹から離れろっつってんだよ三下」一方「あァ?」


続き・詳細・画像をみる

1:

不良「今からオレ達と遊ばない?」「帰りはオレ達が送ってやっからよ」
「ま、いつ帰れっかはわかんねーけど!」
美琴「ふう・・・」
美琴(さてどうしたものか・・・にしても通行人はみんな無視か・・・ま、そうよね)
削板「おいテメエら!!」
美琴「!?」
上条の代わりに削板でもいいよね
11:
不良「あ?」
削板「こんな大勢で女の子一人を囲んで情けねえ・・・」
不良「なんだと?」「こいつ砂にすっか?」
削板「・・・そんなてめえらの腐った根性叩き直してやるっ!」謎のカラフルな爆発ドカーン
不良「「「「ぎゃああああああああ!!!!」」」」
美琴「へ!?」
12:
美琴「・・・アンタ何者?何よその能力・・・」
削板「おいおい嬢ちゃん礼の一つくらいあってもいいんじゃねーか?まあいい」
削板「俺の名前の削板軍覇、レベル5のナンバーセブンだ!!能力は・・・ぶっちゃけよくわからん!」カラフルな爆発ドカーン
美琴「な・・・レベル5・・・!?」
14:
美琴「というかよくわからないって何!?さっきの爆発どうやって演算したわけ!?なんでカラフルなの!?」
削板「まあ落ち着けよ嬢ちゃん」
美琴「嬢ちゃん嬢ちゃんって・・・私には御坂美琴って名前があるのよ!!」ビリビリドシャーン
削板「!!!」
15:
美琴「はぁはぁ・・・いっけない、手加減しないでやっちゃった・・・まあ気絶くらいで」
削板「おいおいいきなりなんだよ、ちょっと痺れちまったじゃねーか。あ、嬢ちゃんにじゃないぞ?」
美琴「はい!!?え、嘘!?」
削板「しかし嬢ちゃんの名前、聞いたことあるな。ひょっとしてナンバースリーのレールガン、ってやつか?」
美琴「!え、ええそうよ、アンタより序列が上のねっ!!!」レールガンドシャーン
削板「またかよ!?」
18:
美琴「よし、今度こそ・・・」
削板「・・・ひょうひゃん、なひゃなひゃほんひょうはうあ、べっ」カラン
美琴「は・・・?歯!?歯でコイン止めたの!?」
削板「おっともうこんな時間か、ちょっと人助けしなきゃいけねーんだ、またなナンバースリーの嬢ちゃん!」ダッ
美琴「!ちょっと待ち・・・2、3歩でもう見えなくなった!?」
21:
後日、美琴vsアイテム戦後
自販機
削板「くそっ俺の二千円札がっ!根性ねえなこの自販機っ!」ガチャガチャ
美琴「!ちょろっとー、買わないならどくどく!」
削板「あ・・・?何だ嬢ちゃん?」
美琴「・・・わったしっにはっ御坂美琴って名前があるっつってんでしょうが!」ビリビリ
削板「おわっ!?」
24:
黒子「お姉さま??!」
美琴「はぁはぁ・・・ん?」
黒子「あらあら殿方との逢瀬ですか?はじめまして殿方さん」
削板「お?おう」
黒子(それにしても・・・ちょっと暑苦しい印象もありますがなかなかのイケメンですわねぇ・・・)
美琴「逢瀬って・・・こいつとはそんなんじゃ」
黒子「・・・ま、今日のところはこれで失礼いたしますわ」シュンッ
削板「お姉さま、ねえ。なよなよしいったらありゃしねえぜ」
25:
御坂妹「お姉さま」
美琴「っ!?な・・・」
削板「またか・・・って、お、同じ顔?」
美琴「・・・ちょっと来なさい・・・早く・・・いいから・・・来なさいっ!」
御坂妹「・・・・・・」スタスタ・・・
削板「・・・・・・」・・・ゴクゴク
27:

美琴「助けてよ・・・」
削板「・・・何やってんだ嬢ちゃん」
美琴「!・・・な、何よいきなり。夜遊び程度でとやかく言われる筋合いは・・・」
削板「妹達、絶対能力者進化計画――――ナンバーワン、一方通行」
美琴「なっ・・・!?」
削板「全部知った・・・嬢ちゃん、お前ナンバーワンにワザと負けて事態を収めようとか思ってねえか?」
美琴「っ・・・!」
29:
美琴「・・・ええ、そうよ。だからそこ通してちょうだい」
削板「ダメだ、行かせられない」
美琴「・・・そ、う、わかったわ・・・なら力づくで・・・!」
削板「俺はお前とは戦わない」
美琴「???ッッ!フザっけんな!ハンパな気持ちで立ち塞がるなぁああああ!!!」トガァアアアン
削板「――――っ!!」
32:
美琴「はぁはぁ・・・」
削板「――――――」
美琴「ぁ・・・・・・・」
削板「―――・・・っと、イイ感じに全身の凝りが解れたぜ」
美琴「!!?」
削板「とはいえ一瞬心臓止まったか?根性ねぇな俺。ハハ」
美琴「な、なんで・・・・・・!・・・アンタ程の奴が一瞬だけとはいえ心臓も止まってたっていうのに・・・っ!」
美琴「なんでそんな顔で笑ってられるのよ・・・!」
削板「・・・一人で学園都市の闇と戦っている、そんな根性のある奴がいるって知れたからさ」
美琴「・・・・・・・・ッッ」ボロボロ
34:
削板「・・・俺がナンバーワンと戦う」
美琴「!?む、無理よっ!アイツは私なんかとは次元が・・・!」
削板「嬢ちゃん、俺がなんで“第七位”なのか疑問に思わねーか?」
美琴「!(そういえば・・・私なんかよりは明らかに強いし・・勿論第四位のおばさんよりも・・・なんとなく食蜂の能力も効かなそう・・・)」
削板「どのような原理で何が起こっているのか一切合切全くもってワケが解りません、てことらしいんだよ、俺の能力」
美琴「あ・・・(『能力は・・・ぶっちゃけよくわからん!』とか言ってたわね・・・)」
削板「けれどまあ超能力者クラスは確実にあるからレベル5、で能力解析出来てないからとりあえず第7位に居とけ、って感じだな」
36:
削板「・・・“第一位”がその“最下位”なんかに負けるような根性無しだったら?実験はどうなっちまうんだろうなあ?」
美琴「っ・・・!!で、でも・・・それでも、これは私が一人で終わらせなきゃいけな・・・」
『困った時だけ神頼みしても奇跡が起きるわけじゃない・・・』
『泣き叫んでいたらそれを聞いて駆け付けてくれるヒーローなんて・・・』
削板「嬢ちゃんの次は俺が性根の腐った連中に根性を見せ付ける番だ。待ってろ、必ず御坂妹は連れて帰ってくる」
美琴「・・・・・・ッ・・・ッ・・・・・・!」ボロボロ
37:
そして・・・
削板「・・・」
御坂妹「い・・・いけません、と・・・ミ」
一方「おい、関係ねェ一般人が紛れちまったみてェだがこの場合実験てな」
削板「離れろよ」
一方「・・・」
削板「嬢ちゃんの妹から離れろっつってんだよ三下」
一方「・・・あァ?」
削板「それと俺は一般人じゃねぇ・・・俺はレベル5のナンバーセブン、削板軍覇だ!!!」カラフルな爆発ドカーン
42:
一方「なンだァ!?」
削板「嬢ちゃんの妹、大丈夫か?」
御坂妹「あなたの行動は・・・理解しかねます・・・」
一方「!(いつのまにか人形が・・・あのカラフルな爆発は目眩ましって奴かァ?三下風情が・・・!)」
削板「・・・しっかしなんだ、こんなひょっろいモヤシみたいのがナンバーワン?」
一方「・・・あ゙?」
削板「ったく笑えるぜ。能力が強すぎてそれに頼りきるあまり根性無しになっちまったってか?」
一方「・・・面白ェ、面白ェよオマエ・・・!!」
44:
一方「第7位っつったっけェ?ハハハっイイねイイね最っ高だねェ???!!」ビュアッ
削板「歯ぁ喰い縛れ・・・・・・すごーいパンチ!!」ボグゥ
一方「ごぶふゥゥうううう!!!??」
53:
一方「なっ・・・あ・・・え・・・は・・・?」
一方(なンで反射されねェ・・・!?)
一方(・・・!)
芳川『そうねぇ・・・あなたの能力があれば他のレベル5はまずあなたに勝てないでしょうね』
一方『ンだよ、つまンねェ』
芳川『・・・あ、ただ第七位だけはちょっとわからないわね』
一方『はァ?ビリッケツじゃねェか』
芳川『うーんなんていったらいいのかな・・・とにかくよく解らないのよ第七位は』
一方(よくわかンねェ力・・・つまりデフォの演算で反射指定されてないなンかの力で攻撃されてってコトかァ・・・!?)
一方「ならよォ・・・今の攻撃解析して演算しちまえばそれで終わりだよなァ!?」
削板「さっきのは嬢ちゃんの分・・・そしてこれは嬢ちゃんの妹の分だ!もう一発すごいパーンチ!!」ボグゥ
一方「ぐっほォおおおゥおお!?!?!?」
60:
一方「が、あ・・・な、なンだコリャああァッ!!?」
一方(なンでだ・・・なンで反射出来ねぇ・・・!?)
『よくわからない力』
一方(ッ・・・!)ゾクゥ
一方(・・・考えたらありえねェだろ、学園都市で『よくわかンねェ』だなンて・・・!)
一方(奴の能力を研究していた科学者連中がこぞって匙投げたってかァ・・・!?ンなバカな・・・!)
削板「どうした、立て。まだ嬢ちゃんの妹の妹の分、嬢ちゃんの妹の妹の妹の分、嬢ちゃんの妹の妹の妹の妹の」
一方(なンなンだよ、コイツ・・・一体なンなンだよ・・・)
65:
削板「・・・『妹達』だってな、精一杯生きてきたんだぞ」
削板「全力を振り絞って、みんな、必死に」
削板「ナンバーワン・・・テメェの何百倍も根性のある奴等がなんだってテメェみてえな根性無しに食い物にされなきゃなんねえんだ」
一方「・・・・・・くか」
一方「・・・くかきき」
削板「・・・ナンバーワン?」
パァン―――――
削板「ごふっ・・・ぅ!?(指弾・・・!?空気を指で弾いてそれをベクトル操作でっ・・・!!?)」
一方「くかこけこかきくくきけこかくここくきくきこかかーーーッ!!!!」指弾連射ぱららららららら――――――
削板「―――――ッッ!!!」
68:
美琴「はぁっはぁっ・・・ア、アイツは・・・」
一方「空気、風、大気・・・いくらでもあンじゃねェか目の前のクソをブチ殺す弾がよォ!!?」
削板「―――――」
美琴「ぁ・・・いや・・・そんな・・・なん、で・・・」
一方「なンだ、オリジナルかァ?ククク、ざんねェン!!テメェのヒーロー様はご覧の通りィ、蜂の巣にしちゃいましたァ???!!」
美琴「いや、いやぁ・・・!!いやあああああああああああああああああ!!!!!!!」
一方「安心しなァ、テメェもすぐに」
削板「――――・・・・・・ててて、いってーなぁ」
一方「」
美琴「」
70:
美琴「・・・ッ!!生きて・・・!?」
一方(・・・バカな・・・今までどンだけの数殺ってきたと思ってンだ・・・人間の壊し方なンてイヤってほど知り尽く)
削板「なんかよ、俺って銃弾とか食らっても死なないんだよな。まあ気合いってヤツだろうな」
美琴「・・・は?」
一方「はいィィいいい!?!?!?」
74:
削板「ま、でも流石に俺の根性も尽きてきたな・・・」
削板「・・・だから特別にあと一発でひとまずは勘弁してやる。但しとびっきりデカイのを、だけどな」
一方「ハハ・・・最高だわ・・・最ッ高に面白ェぞ!!?」バッ
削板「・・・」スッ・・・
ペキッ
一方「ぐァ!?」
削板「ありがたく思えよこの根性無しが・・・」グググ・・・
一方「???ッッ!」
削板「俺のありったけの根性をテメェに注入してやる!」
削板「超・すごいパ???ンチ!!!!」ボグゥ
一方(・・・何やってンだ、俺・・・・・・―――――――――――)」
美琴「・・・・・・!!!」
御坂妹「・・・!」
86:
――――――――
―――――
―――
美琴「う、うん・・・お礼はやっぱり必要よね・・・」
美琴「でも手作りってのはちょっと重いかな・・・?」
削板「何が手作りだって?」
美琴「なッ!?なんでアンタがここにいんのよ!?まだ入院中じゃ・・・」
削板「あの程度の傷根性でどうにでもなる。それに俺の助けを待っている人がいるかもしれないしな」
美琴「!・・・そっか・・・」
89:
削板「嬢ちゃんこそこんなとこで何してんだ?見舞いに来てくれたのか?」
美琴「あ、あの、その・・・今回は色々と助けられたから、だから、あ、あり、ありが・・・」
削板「蟻?ああ自由研究か。ま、邪魔して悪かった。じゃあな嬢ちゃん」
美琴(あ?もう・・・!)
美琴「ていうか嬢ちゃん嬢ちゃんって子供扱いしないでよね!?アンタと同じレベル5なんだから!!」
削板「あ、ああ悪い悪い、えっと」
美琴「御坂美琴!私の名前!嬢ちゃんじゃなくて!いいかげん覚えなさいよね!」
削板「・・・」
美琴「ま、根性バカのアンタに言っても無駄かもしれな」
削板「みこっちゃん」
美琴「」
9

続き・詳細・画像をみる


喫煙者だけどそろそろ禁煙したい。アドバイスくれ

【衝撃】32歳職歴無しが面接に来たから、「君は今まで監禁でもされてたの?」って聞いたった結果wwwwwwwww

【画像あり】いとうあさことかいう即ハボBBAのだらしない体wwwwwwwww

【朝鮮日報】謝罪・反省しない産経前支局長、名誉毀損罪で在宅起訴

ロックバンドSEKAI NO OWARIがYONAKA NI SAWAGIして近隣住民大迷惑

【画像】 「ハゲやニートや無職やダメな人間達の心に響くポスター」

back 削除依頼&連絡先