剣士「Lv46、臨時PT募集ー」勇者「レ、レベ?りんなんだって?」back

剣士「Lv46、臨時PT募集ー」勇者「レ、レベ?りんなんだって?」


続き・詳細・画像をみる


勇者「……」
勇者「!」パチッ
勇者「なんだ、ここは……」
勇者「草原か……しかし見た事の無い景色だな」
勇者「一体どうなっているんだ……俺は確か、ボスクラスの魔物と戦っていて」
勇者「そうだ……戦闘中に突然光に飲み込まれて……」
勇者「転移魔法の類だろうか……」
元スレ
剣士「Lv46、臨時PT募集ー」勇者「レ、レベ?りんなんだって?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1410267003/
http://rank.i2i.jp/"> src="http://rc7.i2i.jp/bin/img/i2i_pr2.gif" alt="アクセスランキング" border="0" />
http://rank.i2i.jp/" target="_blank">アクセスランキング

 
2: 以下、
勇者「まんまと逃げられた、か? 今後は対策を取らないとだな」
勇者「あれは城か……しかし、あの城でさえ見覚えが無いな」
勇者(世界中旅したと思っていたが、まだ知らない土地があったのだろうか)
勇者(もしや、人間の領土じゃない……とにかくあそこに行ってみる他ないか)
―― [戦 闘 開 始] ――
勇者「!? 空中に文字が!」
ゴブリンA「ゲッ」ザッ
ゴブリンB「ゲッゲゲ」ザザッ
3: 以下、
勇者「……」ゴシゴシゴシ
勇者(魔物っぽいのの頭上にまた文字が……)
勇者(ていうかゴブリンって……インプの間違いじゃないか、これ?)
ゴブリンA「ゲゲ」ブンッ
勇者「よっと」ヒラッ
勇者「たあ!」ザザン
ゴブリンAB「キュゥゥ……」ドザ
―― [戦 闘 終 了] ――
ゴブリンAB「」スゥッ
4: 以下、
勇者「ゴブリンの死体が消えた……」
勇者「何なんだ一体。まさか、俺は異世界に飛ばされたのか?」
勇者「とにかく移動するか」
宝箱「」パァ
勇者「!?」
勇者「た、宝箱が現れた? 本当にどうなっているんだここは……」
勇者「……」
勇者「とりあえず開けてみるか」カチッ
5: 以下、
勇者「? 金貨と肉? ゴブリンの肉か……これは棍棒?」
勇者「……戦利品か? 全く意味が分からないな」
勇者(ここは俺のいた世界ではないのは明白)
勇者(もしかしたら物理法則や魔法も違うかもしれない……面倒な事になったな)
勇者(いや、もしかしたらそうした世界を一時的に作り上げ、俺を幽閉している可能性も絶対無いとは言えない)
勇者(戻る方法以前にこの世界の事を知らなくては……)
6: 以下、
[風の城下町 南広場]
勇者(また文字が……だが地名が分かり易いのは有難いな)
勇者(何より……)
騎士「それでよ」
盗賊「なんだそりゃ。ねえよ」
魔法使い「ねーねー、またあそこの狩場行ってみない?」
拳闘士「やだよ。あそこで盾になんのきつい」
勇者(随分と様々な者達がいるな。何より人間が暮らす領土で本当に良かった……)
勇者(これだけいれば何とか情報が集められそうだが)
勇者(彼らの頭上にも文字が……まさか俺もか? 鏡を探さないと)ゾォッ
7: 以下、
剣士「ジョブ剣士でLv46、臨時PT空きありませんかー」
勇者(レ、レベル? りん、なんだ? 彼は何を言っているんだ?)ジー
剣士「? どうかしましたか?」
勇者「あ、いや、何でもない」
剣士「? うん? え? 何その装備、格好良い!」
剣士「うっわぁすっごい……超レア級ですか?!」
8: 以下、
勇者「え? レ? い、いや、まあ鍛冶師に特注したものだが」
剣士「え?! 生産装備?! へえぇぇ見た事無いや、レア素材のかなぁ」
勇者(そ、そうか。俺の装備はこの世界では異様なのか)
剣士「レベルいくつなんですか?」
勇者「は? え?」
剣士「ってPC情報見ればいいんですよね」
剣士「? あれ? No Dataってなんで?」
剣士「鯖重いのかなぁ……」
勇者(駄目だ、何を言っているのかさっぱりだ……)
9: 以下、
勇者「ええとだな、その、すまない。俺は旅の者でな、少し話が聞きたいんだがいいだろうか?」
剣士「え? はあ……」
剣士(ロールプレイかな? 初めて見るなぁ)
勇者「恐らくだが俺はここではない世界の者だ。そうした異世界の者が現れる事はあるのだろうか?」
剣士「へ?」
勇者「俺の世界では魔王という存在がいたんだが……もしやこの世界にもいるのだろうか?」
剣士「はい?」
10: 以下、
勇者「……すまない、俺も現状をどう説明すれば伝わり易いのか分からないんだ」
勇者「ああ……名乗ってなかったな。すまない、俺は勇者という者だ」
剣士(それはPC名見えるから分かるけど……)
勇者「俺の世界では魔王という存在がいたが、遥か昔に討伐された」
勇者「昨今、新生魔王軍なるものが暗躍し、各地に被害をもたらしている」
勇者「彼らの狙いは魔王討伐時に生み出された宝玉だ」
勇者「魔王の力が封じられているとも魔王自身が封じられているとも言われている」
勇者「何れにしても彼らの手に渡る事だけは阻止しなければならない」
勇者「その為に魔王軍と戦いながら旅をしていたのだが、突如この世界に居たんだ」
剣士(うっわぁ……ここまで設定盛り込んでるRPって今時いないんじゃないかなぁ)
11: 以下、
剣士(でもこの人の目的ってなんだろ? こんなRPする以上何か……)
剣士(あ、元の世界に帰る為のそれっぽい珍アイテム探しとかかな)
剣士(変わった人だけど面白いそうだし礼儀正しいし付き合うかな)
剣士(それって必然的に僕もRPする事になるなぁまあいっか)
勇者「という事なのだが……」
剣士「そういった人の話は聞いた事がありませんね……」
勇者「そうか……いや手間を取らせてすまなかった」
12: 以下、
剣士「そんな状態でお一人は大変でしょう。良ければ僕も出来る範囲で協力しますよ」
勇者「なに? 本当か?! あ、だがしかし、俺が返せるものなど」
剣士「そんなの気にしないで下さいよ。一期一会とかなんかそんな感じだと思ってください」
勇者「いちごい……? いやまあ、そう言って貰えるなら、こちらとしても願ったり叶ったりだ」
剣士(勝手にフレ登録しとこ。あ、相互で登録するタイプのMMOじゃないからこその設定なのかな)
剣士(ついでにもっかいPC情報……あれ? またか。非公開の扱いじゃないし何なんだろ)
13: 以下、
勇者「とは言え、何からしたものか……」
剣士「直前にどういった所にいました?」
勇者「魔物の砦で戦っていたんだが……」
剣士「手がかりも無いですし、そういった所から見て回りましょうよ」
勇者「……それもそうか」
剣士(結局勇者さんのLv分からないなぁ一応僕でも行ける場所にしておくか)
[風の国 南第八エリア]
勇者(一瞬で……転移魔法の類だろうか。それにしても)
勇者「ここも草原か……」
剣士「この国は基本、草原MAPだらけですからね」
14: 以下、
[淘汰されゆくオークの塔]
―― [戦 闘 開 始] ――
ハイオークABCD「ゴフッ」
剣士「よっし、いっくぞ!」
勇者「あ、待ってくれ」
剣士「はい?」
勇者「この世界で俺の魔法を試してみたい」
剣士「分かりましたー」
剣士(魔法剣士かぁ。結構不遇職なのに……本当RP中心としたプレイスタイルなんだなぁ)
勇者「雷撃!!」ズガガン ズガン
オークABCD「ブゴォォ……」ドザァ
15: 以下、
―― [戦 闘 終 了] ――
剣士「……は? え?」
勇者「よし、問題なく使えるな」
剣士(え? え? 何? 今の何の魔法? 一撃? ロ、ログは?)
勇者 > 雷撃
オークA > 1965のダメージ
オークB > 1878のダメージ
オークC > 2021のダメージ
オークD > 1917のダメージ
剣士(何だ、これ……本当に雷撃って魔法? うそうそ、そんなの無いって)
剣士(でもログに技名残っているし……え? どういう事? 超隠しイベントとか公式イベントの?)
剣士(まさかGM? そんなイベント告知されてたっけ……)
勇者「どうしたんだ?」
剣士「な、なんでもないです」
16: 以下、
ハイオークA「ゴフゥッ!」
勇者「よっと」
勇者「たああ!!」ザンッ
剣士「……」
ログ検索[回避]ピッ
  ・
  ・
勇者 > 回避
勇者 > 回避
勇者 > 回避
勇者 > 回避
勇者 > 回避
 該当ログ 96
17: 以下、
勇者「ここらの敵は大した事無いな」
剣士「す、すみません。任せっきりで」
剣士(ハイオークって命中それなりだったよなぁ。いくらなんでも避け過ぎ……)
剣士(っていうかこの人、本当に攻撃避けてる素振りだし……)
剣士(でもハイオークの攻撃射程ってあんな短くないし……うーん)
勇者「気にしないでくれ。君がいてくれなかったら俺は分からない事だらけだし、付き合わせてしまっているからな」
19: 以下、
勇者「戦闘くらいでしか俺には返せる物が無いしなぁ……」
剣士「あ、ありがとうございます……って、宝箱! 勇者さんがちゃんと回収して下さいよ!」
勇者「え?! いや、え……うーん、それだと意味がないんじゃ」ブツブツ
剣士(もしかして……そんなの考えたくないけどチーターなのかな)
剣士(いやいやAGI極の人かも……あるいはあの装備がそうとか)
勇者「たああああ!!」ザンッ
オークソルジャー > 5127ダメージ(クリティカル)
剣士(この与ダメ、どれだけ凄い装備ならAGI極で叩き出せるんだろう)
20: 以下、
オークキャプテン「グオオオオオ!!」
勇者(こいつは流石に強そうだな……)
剣士「げっ! なんでボスがこいつなんだ!」
勇者「イレギュラーか……?」
勇者(ま、俺のすべき事は変わらないが)
オークキャプテン「ガアアア!!」ブォッ
勇者「ふっ!」
勇者「はぁっ!!」ザンッ
21: 以下、
オークキャプテン「グブゥゥゥ!!」
勇者(流石に一撃では無理か……だが今の一撃で)バッ
勇者「隙だらけだ!」ザンッ
オーク首「」ゴッ
剣士「おわぁっ!」
勇者「よし!」
剣士(ひえぇなんだ今のグラ! 生首転がってきたぁぁ!!)
22: 以下、
剣士(それに今の攻撃も……)
オークキャプテン > アタック
勇者 > 回避
勇者 > 首落とし
オークキャプテン > 即死
剣士(即死技……調べた限りじゃ剣士系には無いはずなのに)
剣士(うーんうーん……なんだか……何なんだろうなぁ)
勇者「お、宝箱……あれ? 色が違うな」
23: 以下、
剣士「あーそれはレア宝箱です」
勇者「へえ」
剣士「赤が通常、銀がレアでボスやダンジョン奥にあります」
剣士「金が超レア……イベントボス等倒すと出ます」
剣士「後は紫が特殊レア、レアなんですけど魔法関係の物しか出ません」
剣士「輝く赤がウルトラレア。本当に僅かな報告例があるだけで眉唾物ですね」
勇者「ふむ」
勇者(やはりところどころ何言っているか分からないな……)
24: 以下、
[風の城下町]
剣士「あ、もうこんな時間……」
勇者「用事があったか……すまなかったな」
剣士「いえいえ、お気になさらずに。ではまた明日〜」
勇者「え? あ、ああ……え? 待ち合わ」
剣士「」シュンッ
勇者「せもなし……き、消えた?!」
勇者「……」
25: 以下、
宿屋
勇者「よかった……この世界にも宿屋はあるのだな」
勇者(しかし……これほど難しいものとは)
魔法使い『あーあたしぃ、そういうプレイ? っていうの? 嫌いなんですよぉ』
斧使い『え? あー……あはは。うん、そういうのは聞かないな、じゃ』
僧侶『……』ツカツカツカ
盗賊『や、俺そういうの駄目なんだわ』
勇者「彼はよほど奇特な人なのだな……」
31: 以下、
翌日
勇者(それにしても、この世界の者達はよく姿が消える。転移魔法にしては頻度が……)
勇者(どうなっているんだろう。剣士に会えたら聞いてみよう)
剣士「……」シュン
剣士「えーと勇者さんのいるMAPは……[悲鳴止まぬ処刑者の塔]ってかなり高レベのとこだ」
剣士「こりゃあ追いかけられないし町で待ってるかぁ」
剣士「どっか安全な場所に移ったら追いかければいいし」
32: 以下、
ガーゴイルABC「ギギャギャ」
勇者「たあああああ!!」ヒンッ
ガーゴイルABC「ギョァァ」ザンッ
勇者「多少はやるがここも大した事は無いな」
勇者(やはりもっと強い魔物がいる場所でないと、それらしい物も得られないのだろうか)
勇者(にしても、彼はどうやって俺と落ち合うつもりなんだろう)
33: 以下、
[風の城下町]
勇者(この世界にも帰還アイテムがあって助かった……)
勇者(意外と何処の世界でも似たようなアイテムがあるものなんだな)
剣士「あ、いたいた。勇者さーん!」
勇者「剣士! よく分かったな」
剣士「はい、そりゃあ……」
剣士(流石にこれはRP妨害しちゃうか?)
剣士「まあ、そんな事より今日はどうします?」
勇者(結構大切な事を聞いたつもりだったんだが……)
34: 以下、
勇者「少し聞きたいのだが……君から見て、俺はどう見える?」
剣士「はい?」
勇者「その、なんだ? 昨晩、君が別れを告げた後、姿が消えたがあれはどうなっているんだ」
勇者「俺にはそれが出来ない。というか姿が消えた後、君は何処に居たんだ?」
勇者「宿屋を探しに町を方々としていたが、見かけなかったぞ。別の町に移ったとかか?」
剣士「えぇ? いや……ううん」
勇者「何か遠慮しているようだな……正直に話してくれ」
剣士「うっ……」
35: 以下、
剣士「……分かりました。あの、勇者さん? ログアウトぐらい分かってますよね……流石に」
勇者「ログ……なんだって?」
勇者「よく人がいきなり消えたりするんだが、それはそのログなんとかというものの所為なのか?」
剣士「は? え? あの、流石にちょっとRPについていけないんですけど」
勇者「ロール……すまない、何のことだ? 巻物に似た何かか?」
剣士「え……? 本気で言っています?」
勇者「……全て本気だ。それと昨日話した魔王の話も、俺の世界にとっては本当のことなんだ」
剣士「……」
36: 以下、
勇者「教えてくれ。君から見て俺はどう見える?」
勇者「君の素振りから分かっていて当たり前の、ログなんとかというものを知らない俺はどう見えるんだ?」
剣士「……」
剣士(な、なんだこれ。どうなっているんだろう……)
剣士(ちょっと本気で考えてみよう……)
剣士(この人はどう見てもNPCには見えないし、そういうイベントの話は見つからなかった)
剣士(見聞きした事が無い技がログに残る……システムが認識する未確認の技を使う)
剣士(……)
剣士(いや全く分からない)
37: 以下、
勇者「剣士?」
剣士「えっと……いくつか質問します。イエスかノーで答えて下さい」
勇者「ああ」
剣士「パソコンは分かります?」
勇者「ノーだ」
剣士「ネットゲームって知っています?」
勇者「ノーだ」
剣士「……このゲームのタイトルは?」
勇者「ノー……そもそも質問の意図が分からない。何が『このゲーム』なんだ?」
38: 以下、
剣士「……」
剣士(何これ何これどうなってんの……)
剣士「全部、本当に本気の答えなんですよね」
勇者「嘘偽り無い、というかつきようが無いのだが」
剣士「……」
剣士(全て本当の事とするなら……)
剣士(この人は本当に別の世界、ファンタジーな世界で魔王軍と戦っていた人で)
剣士(何かの拍子にこのMMOにPCとして紛れ込んだ……それなんてゲーム)
39: 以下、
剣士「……」
プレイヤー情報
―No Data―
剣士(だもんな……)
剣士(とすると、まずこの世界が娯楽の世界である事を説明……)
剣士(うっわどうしたら伝わるんだろうこれ)
勇者「……」ジリ
剣士(あ、焦れてる)
40: 以下、
剣士「えっと……とりあえず、聞いた話の中として、勇者さんの状態については分かりました」
剣士「極論からいきますと、勇者さんの存在は本来ありえない異常なもの、というのが僕の見解です」
勇者「だろうな……」
剣士「勇者さんが今まで見てきた人、僕も含めて生身の人間はここにはいません」
勇者「な、なに?! そうなのか?」
剣士「何ていったらいいのか……ここは仮想世界なんですよ」
勇者「かそう……下層、仮装? どういう意味だ?」
剣士「ゲームの中って言っても伝わら……あ、そうだ。勇者さんの世界に本ありますか? 誰かが作った物語とか」
勇者「物語も本もあるぞ。というか仕方が無いとはいえ……ものすごい馬鹿にされた気分だな」ズゥゥン
剣士「す、すみません」
41: 以下、
剣士「えっと……この世界は本の中みたいな物で、ある道具を使ってこの本の中に自分を存在させているんです」
剣士「ただ、自分は本の外から操作しているんです……みたいな。何となく分かります?」
勇者「理屈は分からないが、世界の仕組みは見えてきたな。ログなんとかというのは、本当の君が本から離れたという事なんだな」
剣士「はい。まあ、その場にキャラクターを放置する事もできますけどね」
剣士「で、そうした外から操作されている人等をPC、自動で動く人等をNPCと言います」
勇者「……」
勇者「道具屋や魔物はNPCというものなのか」
剣士「はい、その通りです」
42: 以下、
勇者「魔物を倒すと姿が消えて、宝箱に魔物の素材含めた戦利品が出てくる」
勇者「これはこの本の世界に定められたルールという訳か」
剣士「そうです、ていうか凄い飲み込み早いですね……」
勇者「空中に文字が現れたりしたからな……」
勇者「ここが異世界であるのは早い内に気づいた以上、この世界の理を理解しようと考えていたからだ」
勇者「しかし……ここが一時的な、しかも物理的に存在しない世界だとは」
勇者「俺には君が極普通に存在する人に見えるぞ」
剣士「操作の一つにエモーションと言って、表情や仕草を細かく指示できますので」
剣士「まあそれでも、普通の人には見えない動きのはずですが……"外"から見るのと"中"から見るのは違うんですかね」
43: 以下、
剣士「けれども……こうなると色々と困りましたね」
勇者「何がだ?」
剣士「さっきも言ったとおり、勇者さんは異常なんです。イレギュラーなんですよ」
剣士「運営に見つかったらどうなるんだろう……ああ、人気の無いところでよかった」
勇者「運営……? この本を管理するギルドみたいなものがいるのか」
剣士「はい。それ無しにはこの世界を維持する事は出来ません」
剣士「早いところ勇者さんを元の世界に戻す手段を探さないとだなぁ」
44: 以下、
剣士「一先ずここに隠れていて下さい」
勇者「え?」
剣士「勇者さんの姿はとてつもなく人目を引きます」
剣士「運営に見つかるのも時間の問題ですので、姿を消す道具を買ってきます」
勇者「なるほど……すまないな。この世界で稼いだ金だ」ジャラ
剣士「え?!」
勇者「どうした? ああ、一日で稼ぐには大金だったとかか?」
剣士「あ……はい、そんなところです」
剣士(トレード画面無しに一気に所持金増えた……勇者さんには他のPCとの接触は避けさせないと)
45: 以下、
剣士「これだけあれば数日はもつかな」
黒騎士「さっきのなんだったんだろうな」
僧侶「逃げ切れなかったら全滅でしたね。バグだったのでしょうか」
狩人「見た事の無いグラで名前も無いし、正式実装前のMobかもな」
黒騎士「やべぇ緊急メンテきちゃうじゃん」
剣士(……げっ、メンテの事忘れてた! やばいなぁ定期メンテまであと四日かぁ)
46: 以下、
剣士「お待たせしました」
勇者「おお、すまないな」
勇者「そうだ。今日、平然と君の方から俺を探し出したが、それは本に備わる機能か何かか?」
剣士「そうです。PCもNPCも名前が分かっていて、近くにいればMAPに表示されます」
勇者「地図が見られるのか。そういったものを表示させる術が、分からないというのは歯がゆいものだな」
剣士「……」
勇者「どうした?」
剣士「……その、大事な話があるというか、気づきまして」
47: 以下、
……
勇者「なるほどな。一時的に本の機能が止まるとは」
剣士「……」
勇者「どうなるか分からない以上、何としてもそれまでに片をつけなくては……とは言え手がかりもなし」
勇者「……何か特殊な神殿や祠とかって無いのだろうか?」
剣士「特殊……あー……」
勇者「なんだその返答は」
剣士「えっとですね。あるアイテムを持っていると、フィールドとダンジョンが変わるんですよ」
勇者「……。全くもって言っている意味が分からないのだが」
48: 以下、
剣士「例えば這いよる宝玉ってアイテムを持っていると……飽くまで僕達、外の人の視点なんですけども」
剣士「城や町、魔物が出ない安全地帯以外が、暗くなって出てくる魔物も強くなるんですよ」
勇者「それが変わる、という意味か」
剣士「はい。それで個々のダンジョンには特定の宝玉を持っていくと、宝玉そのもの効果とは別に変化する設定を持っているんです」
剣士「この間の『淘汰されゆくオークの塔』ですと、忘れがたき宝玉っていうのを所持していると特殊仕様になります」
剣士「本来は宝玉の効果は不死……アンデッドしか魔物がいなくなるんですが、最上階に超強いゴースト系オークのキングが出ます」
剣士「あ、普通のボスなんかと目じゃないほどに強いボスをキングとか言ったりしますね」
勇者「……集団でそういうのを狙うグループとかいそうだな」
剣士「なんで分かるんですか。あ、賞金首モンスターとかか」
49: 以下、
剣士「話を戻しまして……。この世界には僕達プレイヤーがパワースポットと呼ぶ場所があります」
剣士「魔物が出ない、町でもない場所なんですが、ダンジョンみたく特定の宝玉を持っていくと」
剣士「ちょっとしたアイテムが手に入ったりイベントが起こったりするんです」
勇者「意味深な特別な場所か」
剣士「はい」
勇者「よし、それを虱潰しにしていくか」
剣士「……ただ」
勇者「?」
剣士「……宝玉って超高くて。僕もアンデッドが出るだけの、忘れがたき宝玉しか持ってないんです」
勇者「持っているには持っているのか」
剣士「宝玉の中で一番手に入りやすく、基本捨て値で出回るので……」
勇者「そ、そうか」
50: 以下、
勇者「しかしそれだとどうしたものか。借りたりはできないか?」
剣士「いやー高価なものですから持ち去り考えると、誰も貸してくれませんよ」
剣士「担保も用意できないですし」
剣士「ただパワースポットに関しては、まだまだ分からない事だらけなんで」
剣士「試しに巡ってみてもいいのかなぁとは思っています」
勇者「ふむ……ともすればさっさと行ってみた方がいいか」
剣士「まずは宝玉無しで行ってみましょうか」
51: 以下、
[風の国 南第四エリア]
勇者「うん……? あれは?」
剣士「骸骨系のMobなんてこんな所にいないはずですけども」
骸骨将軍「ぐ……ぬ、勇、者? 何故、いや、構わ……」
勇者「?! 貴様、何故この世界に! いや、お前も……なのか?」
剣士(見た事無いグラに名前も未表示……町で聞こえたバグモンスターは勇者さんの世界の魔物か)
骸骨将軍「頼、む……殺せ……殺、てくれ……私が」
勇者「な、何を言っているんだ」
52: 以下、
骸骨将軍「た、しじゃ……なくな」
―― [戦 闘 開 始] ――
勇者「え……?」
剣士「名前が表示された……まさかこの世界のMob化した?」
骸骨将軍「カカ、コココ」
剣士(ボイスチャットじゃなくなった……しかもこの音)
剣士「ゆ、勇者さん! 骸骨系モンスターが出す音です!」
勇者「……」ギリ
53: 以下、
勇者「私が私じゃなくなる、か……もっと早くに気づいていれば……すまない」スラァ
骸骨将軍「カカカ」ヒュン
勇者「くっ!」ガギィィン
勇者(強さは変わらないのか……流石に楽にはいかないな)
剣士(初めて勇者さんが剣で受け止めた……)
勇者「ふっ」ギィン
骸骨将軍「ココ、カカカ」ヨロ
勇者「たあああっ!!」ザンッ
54: 以下、
骸骨将軍「グガァッ! カカカ」ヒュン
勇者「ぐっ!」ザッ
骸骨将軍 > 2732のダメージ
骸骨将軍 > アタック
勇者 > 2021のダメージ
剣士(通常攻撃でこれだけの威力!? え、援護しなきゃ)
剣士「夜落としのカード」カッ
骸骨将軍 > 無効
剣士(て、なんかめちゃ強そうだし……アイテムで状態異常できるかなぁ)
55: 以下、
勇者「ちぃっ!」バッ
勇者「落r」
骸骨将軍「カカカカコココ」ザンッ
勇者「かはっ」ヨロ
勇者(くそ、戦い辛い! 骸骨将軍なら心配する必要も無いが、今のこれは何時、剣士に矛先を変えるか……)
剣士「シールドスパイク!」
骸骨将軍「グガァッ!」
骸骨将軍 > スタン
剣士「勇者さん! 今です!!」
56: 以下、
―― [戦 闘 終 了] ――
勇者「ふう……」
剣士「お、お疲れ様です」
勇者(まさか向こうの魔物でこちらに来ているとは)
勇者(単純に自分一人帰還すればいいという問題ではなさそうだ)
勇者(なによりこの状況……もしかしたら、明確な原因があるのやもしれない)
勇者「……何が起こっているかは分からない以上、調べる方を進めなくてはな」
剣士「は、はい」
57: 以下、
[歴史に残らぬ聖堂]
勇者「……な」
剣士「どうかしましたか?」
勇者「ここは……馬鹿な」
剣士「え?」
勇者「恐らく、とされていたが……昨日話した魔王に関する宝玉がある場所とそっくりだ」
剣士「ええ?!」
勇者「……」
勇者(まさかその宝玉が……今回の一端だとでも言うのか?)
58: 以下、
剣士「て、ちょっと待って下さい。なんで分かったんですか? 場所は判明しているけど、入手の仕方が不明とかですか?」
勇者「昔、魔王の宝玉の在り処に関する調査が行われてな、その資料にいくつかの候補があるんだ」
勇者「ある程度宝玉の位置を掴む為の、大雑把な調査だったようだが……」
勇者「今後、調査ができなくても、再度訪れれば必ず判断できるようにと、内装のデッサンが纏められていたんだ」
剣士「無駄に……」
勇者「いやまあ、助かってはいるが正直そう思う」
剣士「因みにその後なんで調査が?」
勇者「その時は平和だから色々な派閥がいたんだ。資金の無駄という考えとかさ」
59: 以下、
勇者「今になって調べ始めても魔王軍進行が妨害になっていてな」
勇者「思うように進んでいないんだ」
剣士「にしても、何をもってそこに宝玉があるかも、としたんですか?」
勇者「魔王自身、あるいは魔力、どちらが封じられてるにせよ、周囲の大気に含まれる魔力の量は多くなる」
勇者「まあ……実際は宝玉を出現させる術分からず、その調査もそこそこに、魔力量の測定だけしたって話だが」
剣士「あー……」
60: 以下、
勇者「で、話を戻すと……」
剣士「はい……」ゴクリ
勇者「その資料で見た景色が、俺にとっては今現実のものとなって目の前にあるわけだ」
剣士「ここは元からこんな感じです。勇者さんの件でこうなった訳じゃありません」
勇者「ところが奇跡か……か」
剣士「デッサンが不完全で似ている、とか?」
勇者「いや……凄いリアルなデッサンなんだ。画家でも連れて行ったのかってぐらい」
61: 以下、
勇者「偶然じゃない……いや逆か?」
勇者「あまりにも同一な聖堂があるが故に、今回の異常が発生した?」
剣士(こういう時の定番って……)
勇者「どうした? 何でもいい。話してくれ」
剣士「こっちの世界は物語の娯楽がいっぱいあるんですけど、こういう時の定番って」
剣士「こういう感じで同じような場所が何かの拍子で、その宝玉がこっちに現れる……」
剣士「というか勇者さんの世界と一時的、部分的に繋がちゃったりするものなんですよ」
剣士「で、この世界の特大のボスがその宝玉を手に入れる」
剣士「……本来、意思がない筈のNPCが自立して動き出し、ほにゃららら……」
勇者「ほにゃらら……」
62: 以下、
勇者「だがまあ……今現在が君にとっては物語のような出来事なのだろう?」
剣士「はい」
勇者「そういう事もありえるやもしれないな……」
勇者「だがまだ宝玉が持ち出されていない。一時的に繋がっているだけの可能性もある」
勇者「座して待つ訳には行かない。一度君の言う、ここが変化する宝玉を持ってこよう」
剣士「ですね」
66: 以下、
この勇者さんにネカマは理解できるのだろうか
67: 以下、
ネカマに惚れでもしてない限りすんなり納得しそう
68: 以下、
[忘れがたき歴史に残らぬ聖堂]
勇者「名前が変わった……」
剣士「条件に一致した宝玉を持ってきていると、地名の前に宝玉の名前がつくって考えられてます」
勇者「なるほ」ズンッ
剣士「どうしました?」
勇者「何も、感じないのか?!」
剣士「え、はい……すみません」
勇者(この重苦しい威圧感のような魔力……まさか本当に魔王の宝玉が!)
69: 以下、
勇者「!?」スゥ
剣士「??」
勇者(和らい、だ……何が)
―― [戦 闘 開 始] ――
剣士「え?! ここで?!」
勇者「何が現れた!」
シャドウ「……」
剣士「シャ、シャドウ!? こ、こんな所で……」
70: 以下、
シャドウ「……」シュバッ
勇者「ぐ!」ザザザッ
剣士「うわ!」ザザザッ
勇者(? 剣士の驚きの割りにそれほど力は……)
剣士「ま、不味い! 勇者さんが攻撃を……」
勇者「え?」
シャドウ「」グニャリ
影剣士「……」グニャ
71: 以下、
影剣士「……」ギィィン
勇者「ぐ!」ギギギ
影剣士「……」シャッヒュンッ
勇者「く、そ!」ザンッ
勇者(剣士をコピーしたのか?! 格段に強くなった……いや彼の能力は元々これだけあるという事か!?)
勇者(だがこれなら……俺に変わる前に倒せれば!)
影剣士「」グニャリ
72: 以下、
剣士「よ、夜呼びのカード!」
影剣士「..zZ..zZ」
勇者「!」
剣士「シャドウは攻撃を当てたPCの姿になれます! PCの持つ技、能力が超強化された状態です!」
剣士「状態異常の耐性はコピーされたPC依存、僕は睡眠・幻惑・混乱が有効です!」
勇者「了解だ!」ヒンッ
影剣士「!」ザンッ
影剣士「」グニャリ
シャドウ「……」
73: 以下、
剣士「え……」
勇者「元に戻った……?」
シャドウ「」グニャ
影大剣「……」グニャリ
勇者「な……」
影大剣「……」ブォン
勇者「がっ!」ザンッ
74: 以下、
剣士(な、なんなんだあれ! 聞いた事がない! 未確認の攻撃方法か?!)
シャドウ > 形状変化
シャドウ > 変化:影大剣
シャドウ > アタック
勇者 > 2912ダメージ
剣士(並のPCじゃ歯が立たないぞ……!)
剣士(……これが噂にすらならないなんて。勇者さんの様子を見る限り、魔王の力が本当に影響を?)
勇者「剣士!!」
シャドウ > 上段斬り
剣士「え?」
影大剣「……」ブォンッ
75: 以下、
剣士「うああぁぁ!!」ガギィィン
剣士 > シールドバッシュ
剣士 > Avoid
シャドウ > スタン
勇者「おお!」
剣士「っはぁ! っはぁ!」
剣士(回避率特化の盾じゃなかったら……今のでもしかしたら)
剣士(定番だとこういう敵に倒されると……うおぉ)ブルッ
勇者「はっ!」ザザザン
76: 以下、
勇者 > 三太刀返し
シャドウ > 2311ダメージ
シャドウ > 2145ダメージ
シャドウ > 4859ダメージ(クリティカル)
シャドウ > スタン回復
剣士(異常な強さだけど……これなら勝てる、はず!)
黒大剣「……」ノソ
勇者(やはり……巨体な分、一動作毎のインターバルがあるな)
77: 以下、
勇者(回復するなら今か)
勇者「太陽の聖域」カッ
勇者「……」シュゥシュゥ
剣士「?」
勇者 > 621回復
勇者 > 668回復
剣士(リジェネ系……5000以上食らっているはずなのに。単発高回復の魔法は使えないのか)
勇者(さて……次の攻撃がくるはずだ)ジリ
78: 以下、
影大剣「……」ヒュン
シャドウ > 独楽斬り
剣士「ひぃっ! 回転しながら突っ込んできますよ!」
勇者「え?」
影大剣「……」ヒュン ヒュン ヒュンヒュンヒュン
勇者(不味い……避けるのも耐えるのも無理だぞ、あんなの)
剣士(一撃があれなのに連続で斬りつけられたら……成功してくれ!)
剣士「爆激符!」ピッ
影大剣「……」ッドォォン
シャドウ > 行動キャンセル
79: 以下、
勇者(動きが止まった?)
剣士「は、はは……しばらくレアはドロップしなさそうだなぁ」
剣士「行動中の技を止めただけです! すぐに動き出します!」
黒大剣「……」グニャリ
シャドウ「……」グニャニャ
剣士「あ……げ、まさか」
影勇者「……」
80: 以下、
勇者「……」ザッ
影勇者「……」チャキッ
剣士(い、一騎打ち? というか勇者さんの超強化版ってもう……僕に援護の隙すらないんじゃ)
勇者「……」ダッ
影勇者「……」ドッ
勇者 > 8243ダメージ(クリティカル)
81: 以下、
勇者「……ぐぅ」ボタボタボタ
剣士「あ……うあ……」ガタガタ
影勇者「……」クル
勇者「く、そ……」
影勇者「……」スゥ
勇者「が……間合いだ!!」バッ
影勇者「!」ガッ
82: 以下、
剣士(ア、アイアンクロー?! その状態で何、! 時間稼ぎ?! え、援護を!)ワタワタ
勇者「マジックドレイン!!」
影勇者「!!」
影勇者 > MP10231ダメージ
勇者 > MP10231回復
剣士(MP多っ!!)
勇者「く……」ヨロ
勇者「くれて、やる」ポィ
83: 以下、
影勇者「?」ポッ
食魔花「」キチキチ
勇者 > 食魔花
影勇者 > MP1ダメージ
影勇者 > 急性魔力欠乏症
影勇者 > 526ダメージ(スリップ)
影勇者 > 589ダメージ(スリップ)
影勇者 > 625ダメージ(スリップ)
影勇者「!」ガクガクガク
剣士「怖っ!」ビクッ
勇者「もう大丈夫……いや、姿を変えてこない限りはな」シュウシュウ
84: 以下、
影勇者「」ガクガク ビクンビク
剣士「ど、どうなっているんですか?」
勇者「俺の世界は基本、誰もが魔力を持っている。量の差はあるのだがな」
勇者「それが急に消費消失した場合、ショック症状を起こし処置できなければ死に至る」
勇者「まさか、再三苦しめられたこれに助けられるとはな……」
影勇者「」ピク ピク
勇者「どうやら……これで終わりそうだな」
85: 以下、
剣士「あの最後にMPが1残っていたのは?」
勇者「マジックポイン……魔力残量の事か? ここは全て数値化されているのか……」
勇者「ショック症状自体避けられないが、僅かでも残っていれば自身で対処できない程の症状にならないからな」
勇者「一撃で全て魔力を失わないような効果の装備を持っているんだ」
剣士「有無の差がそこまで……」
勇者「ああ、全くだ……」
影勇者「」シュン
紫宝箱「」スゥ
86: 以下、
剣士「おお……紫宝箱」
勇者「……ふと気になったのだが銀よりいいものなんだよな」
剣士「そうですよー」
勇者「色的にそうは見えないんだが……」
剣士「あー……一応、赤は一般イメージだからでして」
剣士「銀はそのまま銀の宝箱、紫は魔法を帯びているミスリル銀、金がそのまま金、光る赤がオリハルコンってなってます」
剣士「オリハルコンってそちらの世界にはありますか?」
勇者「伝説上はな……だがしかし、ミスリル銀より金のが価値が高いのか」
剣士「そこは中身とイメージとして折り合いがつかなったそうです」
87: 以下、
勇者「……」カチッ
勇者「なんだ、これは……分かるだろうか?」
剣士(? ああ、トレード画面出ないんだった)
剣士(宝玉の欠片……アイテム情報もNo Dataか。どう見ても勇者さん絡みだよなぁ)
剣士「全くもって。多分そちらの世界に関わるものだと思います」
勇者「だろうとは思った……。すまないが返してくれないか?」
剣士「というよりも僕が持っていても仕方が無いですしね」
88: 以下、
剣士「一度町に戻ってアイテム補給してきますね……また戦闘になると困りますし」
勇者「それもそうだな……」
剣士「ここの茂みに隠れていて下さい。透明化のアイテムも無駄には使えませんし」
剣士「それじゃ行ってきますね」
勇者「ああ、助かるよ」
剣士(あれ? おわ! レベルが2も上がってる!)
剣士(骸骨将軍と特殊シャドウ、相当な経験値だったんだなぁ……)
剣士(あ、あの装備が使えるようになる! 露店出てないかなぁ)ウキウキ
89: 以下、
勇者(宝玉の欠片……触れると魔力が寒気のように登ってくる)
勇者(普通じゃない……やはり魔王の宝玉と見るべきか)
勇者(そうなるとやはりこれは、魔王の魔力を封じたもの、か?)
槍騎士A「あっ」
槍騎士B「おっ」
勇者「!」
勇者(不味い……気づかなかった!)
90: 以下、
槍騎士A「すまない! 助けてくれ!」
槍騎士B「礼ならいくらでもする。手を貸してくれ!」
勇者「え? あ、ああ、いやしかし……」
槍騎士A「頼む! 急がないとならないんだ!」
勇者「……。分かった。どうすればいい」
槍騎士B「すまない、着いてきてくれ!」
93: 以下、
[PvP 草原]
槍騎士C「……」
槍騎士D「来たか」
勇者(……全員同じ格好。何かの組織か?)
勇者「それで、どうすればいいんだ」
槍騎士A「……」
槍騎士B「残念だが、頼みなどはじめからない。騙して悪いが仕事なんでな」
槍騎士D「ふざけるな。それこそ仕事中だ」
94: 以下、
勇者(物言いからして……管理している者達か!)
槍騎士D「不正プレイヤー、貴様が何をどうやってその状況を保っているかは分からないが……」
槍騎士D「排除させてもらうぞ……」
勇者「待て、君達はこの世界を管理する者なのだろう。その君達ですら、俺の排除に姿を現さなければならないのか」
槍騎士C「何言っているんだ……こいつ」
槍騎士A「GMに対して煽っているのか?」
槍騎士B(この状況で俺以上にふざけるとかメンタルつええ……)
95: 以下、
槍騎士D「強制的にログアウトをさせようとしても、こちらのコマンドを弾き」
槍騎士D「特定MAPに強制的に移動させようにもそれも無効」
槍騎士D「アカウントを調べようにも、何一つ情報が存在しないかのように読み取れず……」
槍騎士D「不正プレイヤーの度を越えた……最早ハッカーと呼ぶに値するお前が」
槍騎士D「中々面白そうなRPをしているとはな。性質が悪くて反吐が出る!」
槍騎士D「貴様の情報を解析し、二度と我が社のサーバーに繋がる事すらできなくしてやろう!!」ザッ
98: 以下、
勇者(彼らでさえ俺をどうこうできないのか……なら、この場でどうするつもりだ)
勇者(彼らに倒されたら俺はどうなる……? 剣士達なら復活できるのだろうが……)
勇者(それが狙い、か?)
槍騎士A(俺達の権限ですらどうにもできなかった……)
槍騎士B(コマンド全部弾きやがるからなぁ)
槍騎士C(で、あればこのデバッグ用の槍で全て見通してやるよ、ハッカー)
槍騎士D(ダメージを与える、それはPCのHP残量のデータを書き換える事になる)
槍騎士D(その処理の隙間を潜り、貴様の情報を抜き出してくれる)
99: 以下、
槍騎士A「……」ヒッ
勇者「!?」ギィィン
勇者(早い!)
槍騎士B「そぉら!」
槍騎士C「……」
勇者「ちぃっ!!」バッ
勇者(上手い!)ザッ
槍騎士D「……」ブォン
勇者「!?」ガギィィン
槍騎士D「……ちっ」ギィン ブァッ
勇者(強い!)ギィィン
101: 以下、
槍騎士A「あいつ……普通に強いぞ」
槍騎士B「しかも迫真の演技。かっけぇ……」
槍騎士C「真面目にやれ!」
槍騎士D「……」ジリッ
勇者(何とか先制を掻い潜ったと思ったが……)
勇者(完全に四方を押さえられた……なんて熟練度だ)
勇者(外部から操作してこれほどまでに緻密に動けるとは……恐れ入るな)
102: 以下、
勇者(これは……本気でやらねばならないが、彼らを倒してしまった時に何が起こるか分からない……)
勇者(倒しきらずに勝つ。苦しい勝利条件だが元より単身で戦ってきた身……その程度できずにどうする!)ダッ
槍騎士A「!」バッ
槍騎士C「あ、馬鹿!」
勇者「……」ズザァ
槍騎士A(!? フェインt)
勇者「たあっ!」ザンッ
103: 以下、
槍騎士A > 5612ダメージ(クリティカル)
槍騎士A(あ、やばい……)
槍騎士B(おいおい、なんだよこのダメージ……どうなっちゃってんの)
槍騎士C(一般の目に晒される可能性を考慮して、一般PCで来たのは失敗だったか……)
勇者「たああ!」ヒンッ
勇者 > 急所返し
槍騎士A > 3961ダメージ
槍騎士A > Dead
勇者「!!」ドキッ
勇者(二発で……馬鹿な! いや、彼らにとって俺はそれだけイレギュラーなのか! しかしこれでは……)
槍騎士D(サーバーのデータに書き換えられた痕跡は無いはずだが、何故実装されていない技が……だが)
104: 以下、
槍騎士A:Dead「悪い……」
槍騎士B「噛ませ犬様ご苦労様でーっす」
槍騎士A:Dead「てめぇ……」
勇者(操作している者は無事か……特別悪影響はないのだな)ホッ
槍騎士D「B、C!」
槍騎士B「へい」バッ
槍騎士C「……」ダッ
勇者「まだ戦うのか」ギィィン
槍騎士B「すまんね、お仕事なの」ビッ
勇者「なら……」クル
槍騎士C(距離を取らせは……)
勇者「雷撃刃!!」カッ
105: 以下、
勇者「……。な!?」
槍騎士B「うっひぃ……なんだ今の」バチバチ
槍騎士C「剣で範囲攻撃……? くそ」バチィ
槍騎士B > 352ダメージ(Guard)
槍騎士C > 1436ダメージ(Guard)
槍騎士C > 麻痺
槍騎士B「対雷装備でゴメンネ」ビッ
勇者「くっ!」ギィン
槍騎士D「……」
槍騎士B(こりゃあ、A切捨ててCだけでも回復させといた方がいいかもしれんね)
106: 以下、
槍騎士D「……」ブァッ
槍騎士D(倒す必要は無い。ダメージが入ればそれでいい……終わりだ)
勇者「!」
槍騎士D > クラッシュピアース
勇者「くぅぅ!!」ガギィィン
槍騎士D「!?」
槍騎士D(この技を受け流しただと!?)
107: 以下、
槍騎士B「足元が以下略」ビュ
勇者「ふっ!」ヒラリ トッ
勇者「たあ!」ザンッ
槍騎士B「うは、回避高すぎ……チート乙」
槍騎士C「真面目にやらないからだ!」ビュッ
勇者「……く」バッ
勇者「たああ!」ガギィィン
槍騎士D「……」ギギギ
槍騎士D(後ろに回りこんではみたが……恐ろしい反応度だ)
108: 以下、
勇者「……」バッ
槍騎士D「え……?」
勇者「はっ!」ザン
槍騎士C「げっ!」
槍騎士B「そこぉ!」
勇者「……ふっ!」キンッ
槍騎士B「ですよねー……ん?」
槍騎士B > 6385ダメージ(クリティカル)
槍騎士B > 武器破損
槍騎士B(剣でウェポンブレイクとか……ハッカー、チーターじゃなけりゃ、お友達になりたいんだけどなぁ)
109: 以下、
槍騎士C「……」バッ
勇者「……」ジリ
槍騎士B「これ、せこいから使いたくなかったけど」ヒョイ
勇者「なっ!」ビタッ
槍騎士B > 影縛りのカード
勇者 > 行動キャンセル
槍騎士D「終わりだ」ビッ
勇者「間に、合え!」ググ バッ
110: 以下、
勇者「……」ガギィィィン
槍騎士D「……」
槍騎士D > 閃光突き
勇者 > Avoid
槍騎士C > 閃光突き
勇者 > 1201ダメージ
勇者「……」
槍騎士C「ふう……」
勇者「大したものだ……俺の居た国の近衛兵ですら、十人同時に相手しても無傷だったものを」
槍騎士B「ホント面白いなぁ君。状況分かってる?」
111: 以下、
勇者「?」
槍騎士B「……よく考えたら状況分かってたら怖いわ」ジャ
勇者「は? え?」
勇者(構えを解いた? 何故……?)
槍騎士B「あのね。君、凄いプロテクト組んでるっしょ。ダメージ与えた時の処理使って、そっちの情報頂こうとしたのよ」
勇者「そ、そうか??」
槍騎士D「……」
槍騎士B「あーもーなんだかねぇ……悪意無さそうだから俺もついつい口が滑っちゃうよ。はいはいすみませんって、始末書書きますよー」
112: 以下、
槍騎士D「C、結果は?」
槍騎士C「」
槍騎士D「……どうした?」
槍騎士C
槍騎士B「えぇぇ?」
槍騎士A:Dead「見てきます」
槍騎士A:Dead
勇者「……」
勇者(何が起こった……まさか俺の所為で何か?)
113: 以下、
槍騎士D「なに? 馬鹿な事を言うな」
槍騎士D「……分かった。お前達はログアウトして解析しろ」
槍騎士A:Dead「」シュンッ
槍騎士C シュンッ
勇者「? 何を言って……」
槍騎士B「いや、普通にAとCと話してるだけだって。そんくらい分かるっしょ?」
勇者「いや、すまないが君達がどういう状況か俺にはさっぱり分からないんだ」
槍騎士B「……ん? え?」
槍騎士D「本当に……何者なんだ。貴様は」
槍騎士D「謎の膨大な量のデータが得られたそうだ……とんだ地雷までしかけてくるとはな」
114: 以下、
槍騎士B「うっへぇマッジスか」
勇者「……もし可能であれば、俺の話を聞いては貰えないだろうか?」
槍騎士D「話だと……今更何を」
勇者「君達はこの世界を管理する者達なのだろう? ……出来れば、協力してほしい」
槍騎士B「ちょ、まだRPするの? でもそういうの好きよ、俺」
槍騎士D「B」
槍騎士B「サーセン」
槍騎士D「何れにせよ、現状打つ手が無くなった。話だけは聞いてやろう」
115: 以下、
……
槍騎士D「馬鹿な……そんな事が」
勇者「自分が会った者も初めは冗談だと思っていたようだ」
勇者「だが、俺には分からない何らかの根拠を元に、それを信じた方が辻褄が合うと気づいたようだ」
槍騎士D(確かに……いや、未知数の塊であるからこそ、今までの謎の現象が起こったと片付けては)
槍騎士D(だが……明確な部分を見ればこそ、確かに辻褄が合う)
槍騎士D「その協力者を呼べ」
勇者「すまないがこの世界の機能の殆どが、俺には利用できないんだ」
116: 以下、
勇者「地図が出せるそうだが、俺にはそれすら方法が分からない」
槍騎士D「名前は!」
槍騎士B(うっわぁだんだんイラついてる。触らぬ神に祟りなし、大人しくしとこ)
勇者「剣士という者だ」
槍騎士D「……」
勇者(あの様子から見るに、遠方のPC同士でも連絡を取る機能があるのだろうな)
勇者(便利そうだし羨ましいものだが……彼にはまた迷惑をかけてしまうな)
117: 以下、
……
剣士「……と、自分では判断して行動していました」ビクビク
槍騎士D「……」
槍騎士B(やっべ、徹夜でもいいから今すぐ解析にいきてえ。二つディスク離れてるのに、なにこの威圧感)
勇者「すまないがせめて、彼だけは大目に見てもらえないだろうか」
槍騎士D「……っ、はあぁぁぁぁ」
剣士「!」ビクッ
118: 以下、
槍騎士D「そこの君」
剣士「は、はい!」
槍騎士D「私と彼をフレンド登録してほしい」
槍騎士D「これから定期メンテまで、どちらかのキャラが必ずいるようにしておく」
槍騎士D「何かあったり、必要な事があれば連絡してくれ」
剣士「え……いいんですか?」
槍騎士D「今の我々に出来るのは解析と、上の性急な判断を押しとどめる事ぐらいだ」
槍騎士D「表立って助けてはやれない。善良なプレイヤーの君にはすまないが、それで勘弁してほしい」
剣士「い、いえそんな! ありがとうございます!」
119: 以下、
剣士「勇者さん、大丈夫ですか?」
勇者「俺はな。それより更に君に迷惑をかけてしまいすまなかった」
剣士「気にしないで下さいよ。好きでしているんですから」
槍騎士B「先輩、珍しくやっさすぃー」
槍騎士D「昔を思い出しただけだ」
槍騎士B「なんですそれ。ネトゲで言っても格好悪いっスよ」
槍騎士D「ネットゲームという非日常の中ですら、更なる非日常を求めたりしたものだろ」
槍騎士B「……先輩も昔は厨二病だったんスね」
槍騎士D 「ツカッツカッ ツカッ カッ」
槍騎士B「カッ え? ツカッ あちょ、タンm ゴッ」
120: 以下、
剣士「あ……そうだ。すみません」
槍騎士D「どうかしたのか?」
剣士「実は先ほど、[忘れがたき歴史に残らぬ聖堂]に行ってきたんですが」
剣士「そこで異常に強く、特殊攻撃を行うシャドウが出現しまして」
槍騎士D「……また、訳の分からない状況を」
剣士「……え、えと。倒した時に、恐らく勇者さんに関係するであろうアイテムを入手したんです」
槍騎士D「ほう、どんなだ」
勇者「これだ」
槍騎士D「……? っ!」
剣士(GMでもトレード画面無視してアイテム渡されたら驚くよなぁ……)
槍騎士D「……なるほど、先ほどの話とも繋がるな」
121: 以下、
槍騎士D「これは返しておこう。だが、他者とアイテムの交換などは行うなよ」
勇者「え? あ、ああ……?」
剣士「それで他の場所もそうなるのではないかと考えています」
剣士「けど、その……忘れがたき宝玉しか持っていないので、もし可能でしたら宝玉をお貸し頂けないでしょうか?」
槍騎士D「……仕方が無い。いいだろう」
槍騎士B「えー……マジッスか。まだいくつかはネットでも、ドロップ報告上がってすらないっスよ」
剣士「!」
槍騎士B「あ、やべっ」
槍騎士D「……他言無用で頼めるな」
剣士「は、はい」
122: 以下、
槍騎士D「……。よし、これを」
剣士「闇・宝玉? 火・宝玉……この宝玉は一体」
槍騎士D「デバッグ用のものだ。次の定期メンテナンスでロストするように設定してある」
槍騎士D「くれぐれも他者に渡さないように」
剣士「は、はいっ!」
勇者「ふぅ……助かった」
剣士「裏方のGM見るの初めてだなぁ」
勇者「ジーエム?」
剣士「管理している人達の中で、専用キャラクターでこの世界に来て色々とする人達です」
剣士「イベントの進行役だったり……まあ今回みたく不正しているプレイヤーにお仕置きしたりですね」
124: 以下、
勇者「なるほどな。向こうは俺も一介のプレイヤーとやらに、見なしてくれていたのが救いだったな……」
剣士「どうしてですか?」
勇者「あのまま畳み掛けられていたら負けていたかもしれない」
勇者「この世界で力尽きたら……きっと俺は死んでしまうのだろう事を思うと」
剣士「あ、あぁ……」
勇者「何はともあれ、一先ずは本の機能が止まる日までは、管理側からは攻撃が無くなった」
勇者「少しは安心できそうだ」
125: 以下、
剣士「でも結局、姿を消していないとですけどね」
勇者「駄目なのか?」
剣士「……宝玉と一緒に、大量の姿を消す道具も渡されました」
剣士(そりゃあ未確認装備で身を包んだキャラがいるとか、運営も火消しが面倒だもんなぁ)
勇者「つまり……見逃すのは、剣士が先手打って伝えた、可能な限り穏便に済ます手段を実行した上で、という事か」
剣士「……言動の裏読むの得意ですね」
勇者「卑しい貴族と向かい合わなければならない事もあったからな……」
126: 以下、
勇者「そんな話はどうでもいい。次は……宝玉を全部持っていていいのか?」
剣士「え? ああ、大丈夫です。複数持っていた場合フィールドに効果があるのはランダムです」
剣士「ダンジョンとかだと条件になっている宝玉が優先、無ければこれもランダムですね」
剣士「風の国だとあと三箇所パワースポットがありますので、ガンガン行っちゃいましょうか」
勇者「ああ、よろしく頼む」
[恵み振る変わりなき湖の畔]
剣士「……」サヤサヤ
勇者「長閑だ……」サァァ
剣士「……ですね」
127: 以下、
勇者「ここは普通だな……実際何が起こるんだ?」
剣士「湖でそこの光り輝く場所から光る水と、貴重な魚が採取できます」
勇者「……? だけか?」
剣士「です。いや、結構入手手段が限られたアイテムなんで」
勇者「そんなものか……」
剣士「そんなものなんです。こういう本の世界って」
128: 以下、
[猛り上る隠された花畑]
剣士「……」サヤサヤ
勇者「長閑だ……」サァァ
剣士「……ですね」
勇者「……ここは?」
剣士「燃えているような花から火の花が採取できます」
勇者「そればっかだな……」
剣士「この本を遊び始めた人が集まる国なんで、初心者向けみたいな」
勇者「しかし、殆どの宝玉は早々手に入らないのだろう?」
剣士「ナンデスヨネー」
129: 以下、
[吹き荒ぶ西の果て見る岬]
剣士(吹き荒ぶ宝玉ってあるんだ……ドロップ報告無いのこれか)
勇者(人がいる……喋るとばれてしまうな)
剣士「あれ? NPCだ」
勇者「なんだ、では問題ないんだな」
行商人「……」
剣士「あ、特殊な道具売ってる」
勇者「……思わず二度ほど桁を数えてしまったぞ」
剣士「それだけ価値があるものなんですよ」
130: 以下、
剣士「見事に聖堂以外全部外れたなぁ……」
勇者「あ……三箇所か」
剣士「はい……」
勇者「他の国があるそうだな」
剣士「北に森の国、更に北に雪山の氷の国、北東に山岳地帯の崖の国」
剣士「その南に海の国。えーと南南西に砂漠地帯の砂の国、その東に火山の火の国」
勇者「……ややこしいな。よく覚えていられるな」
剣士「いやぁ遊んでいれば、自然と覚えていくものなんですけどね」
131: 以下、
勇者「うん……? 基本西の方には国が無いのか」
剣士「風、氷、砂の国の領土が広がっているだけですね」
勇者「森の国とやらは?」
剣士「西が凄い短いんです……風の国に南と西を抑えられている感じです」
勇者「……森がそこで途切れているのか」
剣士「そういう事です」
132: 以下、
剣士「次は森の国に向かいましょう」
剣士「森の国は三箇所です」
剣士「一箇所が風の国よりにあるので歩いていきましょう」
勇者「城下町から城下町へと瞬時に移動できるのか……」
剣士「はい、転送サービスっていうのを使ったり、転移魔法で特定の地点を登録している方にお願いしたりですね」
勇者(全部回りきれるのだろうか……)
133: 以下、
槍騎士B<やっほー>
剣士「あ、槍騎士Bさんから連絡が来ました。ちょっと待って下さい」
勇者「え? あ、ああ……」
剣士<どうしました?>
槍騎士B<一応伝えておこうと思ってねぇ。今のところ、実装Mobの強化版は君達が倒したシャドウのみね>
槍騎士B<彼の世界とやらの魔物、特に名前未表示のはちらほらいるみたい>
槍騎士B<何人か瞬殺されたってさー>
剣士(GMとしてそれ、笑っていいんだろうか……)
134: 以下、
槍騎士B<ただ、Mob化していないからなのかねー。デスペナ無いから炎上はしていないのよ>
槍騎士B<ま、倒しても旨みが無いから、大抵は逃げているようだねぇ>
剣士(炎上は、ていう事はやられた人がどっかで情報吐き出しているのか……)
剣士(負けたら死亡とかは無いようだし……まあ、あの宝玉で強化されました的なのは油断できないけど)
剣士<ありがとうございました。こちらは風の国のパワースポット、聖堂以外外れでした>
槍騎士B<おー頑張れー>
剣士(超人事っ)
135: 以下、
剣士「ふう……」
勇者「一体どういう仕組みで連絡を取り合ったんだ?」
剣士「えーとですね。今こうして勇者さんと普通に会話している状態ですけども」
剣士「僕達にとっては道具に向かって話しかけ、道具から出る音を聞いて会話を成立させているんです」
勇者(通信魔法の道具版といったところか……)
剣士「今こうして勇者さんと話していますが、近くに誰かいれば当然会話を聞かれます」
剣士「これを特定の誰かを指名して、一対一で会話したりする事ができるんですよ」
136: 以下、
勇者「便利だな……」
剣士「現実にも電話、ていう道具があって、これを使うと遠距離の人と連絡し合えるんですよ」
勇者「この世界の外でも似た事ができるのか!」
勇者「狼煙や伝書鳩のようなものでなくて、だよな?」
剣士「そうですよ。個々の電話ごとに10桁近くの番号が割り振られていて」
剣士「その番号をボタン式で入力すると、十数秒の内には繋がるんですよ」
勇者「へえ……! 凄いなぁ」
勇者「君の世界は。魔法というもの自体はないのか?」
剣士「ありませんよ。飽くまで想像上のものとしてしか存在していません」
137: 以下、
剣士「その代わり科学や文化が発達していて、電気……雷の力を制御して、エネルギーとして活用しています」
勇者「凄いな……もしやこの世界を維持しているのも雷の力なのか」
剣士「そうですよ。というか大抵の物は少なからず、雷の力が必要になります」
剣士「外部から引っ張ってくる必要があったり、小型の容器に封じ込めて使ったり」
勇者「小型?」
剣士「小指の第一関節から先ぐらいの大きさの物とかあります」
剣士「勿論、小さければ小さいほど小型のものしか動かしませんが」
138: 以下、
勇者「それはもう、魔法道具じゃないのか?」
剣士「あーよくそういうネタはありますね。発達し過ぎた科学は魔法と変わらない云々……」
勇者「そうか……少し君の世界を見てみたいな。どれほどの文明の差なのだろう」
剣士(多分、相当かけ離れてる……)
勇者「……まさか君の世界ではこの世界みたく、手元に地図を表示させたりとかできるのか?」
剣士「えーと、端末……様々な情報を処理する小さい道具がありまして」
剣士「それを使えば周囲の地図を確認したりできますよ」
勇者「……文明に天と地ほどの差がありそうだな」
剣士「魔法が無い分そうした分野を発達させてきた、というところがありますからね……」
139: 以下、
僧侶「あ、剣士」
剣士「! どうしたの、こんなところで」
勇者(今のうちもう一つ、消え去り草を服用しておくか……)
僧侶「薬草採取。そっちは?」
剣士「ちょっと人と待ち合わせしていて、向かっているところ」
僧侶「ふーん? そっか。じゃ、気をつけてね」ニコ
剣士「……。んん??」
僧侶「あれ、珍しい。噂知らないの?」
140: 以下、
僧侶「謎のバグモンスターとか謎の装備のPCとかがいるって話だよ」
僧侶「バグモンスターに到っては負ると昏睡するって話だよ!」
剣士(既に尾ひれついてる!!)
勇者(なんだとっ!)
剣士「それ本当?」
僧侶「んーニュース一通り調べてみたけど、そんな話は聞かないかなぁ」
剣士「デマだって分かってるんじゃん……」
141: 以下、
僧侶「でももしかしたらそういう事があるかも、って話」
僧侶「まあ、現実的ではないけども、運営が何も言っていないところを見ると雲行き怪しいし」
僧侶「そして現れる主人公、同行して問題を解決してその名は長く語り継がれ……」ブツブツ
剣士「はいはい……そうだ、その謎装備のPCって?」
僧侶「なんか何人かいるらしいよ。GMのゲーム内用のキャラだとしても、未実装装備だなんて目立つだけだし」
僧侶「一体なんなんだろうね」ウーン
剣士(何人か……?)
勇者(俺以外にも誰かが来ているのか……一体誰だ)
142: 以下、
僧侶「森の方に行くの?」
剣士「え? あ、ああうん」
僧侶「もしかしたら会えるかもね、さっきすれ違ってよ」
剣士「えっ! へ、へえ……予定変えて狩りじゃなくてその人探そうかなぁ」
僧侶「超可愛いPCだったよぉ」ニヤニヤ
剣士「あっそう」
僧侶「ちぇ、つまんないなー。まあいいか。待ち合わせだっけ? じゃねー」
剣士「うん、またー」
143: 以下、
勇者「……凄い情報を置いていったな」
剣士「……です」
勇者「それにしても随分と可愛らしい人だな。君も中々隅におけないな」
剣士「まあ、あれ。男ですけどね」
勇者「……」
勇者「あ、ああ……線の細い容姿の所為で、そういう趣向になってしまったのか……」
剣士「現実じゃむさい男ですけどね」
勇者「……」
144: 以下、
勇者「何なんだ、君の世界は……どうなているんだ」
剣士「えーとですね、まず僕達の声は道具を通して伝えていると言いましたよね」
剣士「声の高さとか設定できるんで、野太い声から高い声まで自在なんですよ」
勇者「ほー……」
剣士「で、ここの世界は僕達にとっては現実で無いので、まあ性別合わせない人とかたくさんいます」
剣士「性別や姿とか自由に決められますので」
勇者「……ほー」
剣士「姿が可愛いから、て人もいますけど、さきほどの彼みたく、こういった世界で女性の振りをする人はネカマっていいます」
勇者「ネカマ?」
145: 以下、
剣士「オカマ、オナベって分かります?」
勇者「オナベは聞かないな……」
剣士「男のように振舞う女性、オカマの逆だと思って下さい。で、こういった世界はネット、と呼ばれるシステムの上に成り立ってます」
勇者「そうした中にいるオカマオナベはネがつくのか」
剣士「そんな感じです。ネカマの多くは……まあぶりっ子したりして、男性に貢がせたりが多いです」
勇者「ああ……なるほどな……」
勇者「しかしネナベの必要性は?」
剣士「まあ、女性だと知られると男性に粘着……付き纏われたりしますからね」
剣士「そういう煩わしさを避けたいって女性は多いらしいですよ」
勇者「なるほどな」
146: 以下、
勇者(しかしそうなると、性別に違和感の無い者が現実では同性か異性か分からないというのも、何とも恐ろしい話だな……)
剣士「まあそんな訳で……何の話だったっけ……。あ、そうだ。謎の装備!」
勇者「彼女……彼が来た方角に行こう」
剣士「ですね」
勇者「人影なぞ見当たらんな……」
剣士「うーん。あ、勇者さん姿が……」
勇者「おっと……ちょっと待っててく」..ォォン
剣士「爆発音? 戦闘かな……あれ? なにあの氷」
勇者「……」サー
147: 以下、
剣士「ちょちょ、いきなりどうしたんですか! というか消え去り草!!」タタタ
勇者「……」タタ ズザァ
四将・氷「ん?」
四将・風「あら……」
勇者「貴様ら……」
四将・氷「はっ! やっぱりお前が絡んでいたか」
勇者「あぁ?」
剣士「え? あのー」
149: 以下、
わろた
剣士もノリノリじゃん
153: 以下、
ネカマktkr
わろた
155: 以下、
勇者「寝言は寝て言うものだぞ? ちんけな魔王軍なぞ押すに押したる状況下、下らん小細工をする必要もなし」
氷「へぇぇぇ! その割には私達四将を一人も倒せていないようだけどもねぇ!」
勇者「姑息なお前達が何時挟撃してくるか分からん以上、余力を残した状態で決着しなくちゃならないからなぁ!」
氷「はぁ?! 何時私達が多対一で挑んだってのよ!」
勇者「俺一人に軍隊けし掛けてきているのはお前達だろう!」
氷「人外が寝言ほざいてんじゃないわよ! 一般兵如きに一対一を望む気?! 馬鹿じゃないの!」
剣士「えー……」
風「あの二人は会えば何時もこうなのですよ」
剣士「……えー」
156: 以下、
剣士「というか勇者さん……口調と言い方が」
風「他の四将には普通なのですがねぇ……」
剣士「あの……貴女達は?」
風「彼に同行しているという事は、大まかな話を聞いているのでしょう」
風「私は新生魔王軍、四将の風、特性は風。彼女は氷と言い、特性は氷です」
剣士(あ、音読みなんだ……四天王じゃなく四将かぁ)
剣士「特性ってなんですか?」
風「我々魔族や魔物は種族ごとに苦手な属性と得意な属性があります」
風「まあ、得意な属性の対になるものが苦手というだけですが。人間には得手不得手程度で、大きな耐性の差はないようですがね」
剣士「なるほど」
157: 以下、
剣士「というか勇者さん……口調と言い方が」
風「他の四将には普通なのですがねぇ……」
剣士「あの……貴女達は?」
風「彼に同行しているという事は、大まかな話を聞いているのでしょう」
風「私は新生魔王軍、四将の風、特性は風。彼女は氷と言い、特性は氷です」
剣士(あ、音読みなんだ……四天王じゃなく四将かぁ)
剣士「特性ってなんですか?」
風「我々魔族や魔物は種族ごとに苦手な属性と得意な属性があります」
風「まあ、得意な属性の対になるものが苦手というだけですが。人間には得手不得手程度で、大きな耐性の差はないようですがね」
剣士「なるほど」
158: 以下、
勇者「その乳房を切り落として月の女神と同じにしてやろう! ああ、それじゃあ摩り下ろした方が早いか!」
氷「なんならその粗末なもの切り落として、復讐の女神出産を助けてやろうか! あーそのダガー潰した方が早いわね!」
剣士「ちょ、勇者さーーーん!!」
風「氷、一般の方の前でそういう事は言わないの」
氷「喧嘩吹っかけてきたのはこいつよ!」
勇者「お前達が大々的に進軍したのが全ての始まりだ!!」
氷「あァン!」
勇者「あァッ!」
剣士「勇者さんが二重人格になった……」
159: 以下、
風「……」スィ
勇者「ぉ……」クラ
氷「ぁぅ……」カクン
剣士「え……?」
風 > 花香る風
勇者 > 睡眠
氷 > 睡眠
剣士(四将の人も……もしかして今のほぼ絶対に睡眠にする技とかかな? 凄いなぁ)
剣士(というかこれ、僕にかからないようにした、て事だとしたら……勇者さんの世界の人達)
剣士(考え一つで通常のフィールドでPKできるのか……絶対にさせないようにしないと)
160: 以下、
風「はい、落ち着いた?」
氷「ねえ殺っちゃいましょ、今この男殺っちゃいましょうよ」
勇者「ほー……手の平返して二対一か」ピキ
風「はーい。痴話喧嘩はそこまで」
勇氷「「何処が!」」
剣士「あの……お二人は勇者さんとは敵同士ですよね?」
風「ええ、そうですよ」
161: 以下、
剣士「……」
勇者「どうかしたか?」
剣士「いえ、敵同士という割りにその、何と言うか恨み合っていないというか」
氷「……この世界では恨みあうものなのか」
風「そうよ。外の世界では国で戦争をしているのよね?」
剣士「ええ……え? 何で知っているんですか」
風「他の方に聞いたのですよ。こちらは異邦人ですからね。下手に出て頼んでみたところ色々話してくれましたわ」
氷「ああ……鼻の下伸ばした男達を集めていたのはそれか」
剣士(この風って人、分かっていてやったんだろうなぁ……)
162: 以下、
勇者「相変わらず薄汚い手段だな」
氷「ほぉ……お前はそこの男がいなかったらどうしていたんだ?」
勇者「……」ゴゴゴ
氷「……」ゴゴゴ
風「……はあ」
剣士「……あー。あ、さっきの質問、聞いてもいいですか?」
風「? ああ、恨み合っていない、ですね」
163: 以下、
風「恨み辛みが無いといえば嘘ですけども、少なくとも私達は私達が信じるものの為に戦っています」
風「それが他者を虐げる事も承知の上で、です。そして彼は彼で守るものの為に戦っています」
風「明確な敵ではありますけども、お互い無為に悪意を振りまいている訳ではありません」
剣士「お互いを好敵手として捉えていると」
風「そこまで清い関係ならいいのですが……これは戦争なので」
剣士(勇者さんの世界は割り切っているというかなんというか)
剣士(勇者さん自身の反応を見ると、四将……新生魔王軍の暴論じゃあないみたいだし)
164: 以下、
風「こんなところでよろしいでしょうか?」
剣士「あ、はい。ありがとうございます」
勇者「――――――!!」
氷「――――――!!」
風「……とりあえず、貴方と現状確認をした方が話が進みそうね」
剣士「で、ですかね」
165: 以下、
……
風「……なるほど」
剣士「そんな訳なんですよ」
風「……」
剣士「……あの?」
風「あ、すみません」
風「状況だけ見れば……魔王様を封じられた宝玉は、既に何者かの手に渡り悪用されている、と見るべきなんでしょうね」
剣士「……何故そこまで魔王の宝玉が必要なんですか? 多くの血を流してまで得るほどのものとは……」
剣士「それともそれは、絶対の力であるとかですか?」
風「あまり……無関係な人に話していいものか悩むところですが」
風「……何処か遠くの御伽噺だと思って聞いて下さい」
166: 以下、
風「昔、魔王様が何故、どのような経緯をもって、その座に就いたかは分かりません」
風「もう4,500年ほど前の事ですからね」
風「その当時は魔族も魔物も極々少数の集まりで生活をしており」
風「時には同族や人間と、領土の奪い合いをしていました」
風「そんな中、人間達は多くの集団が一つとなり、国というものを作り上げていきました」
風「遥か昔から因縁のある我々に対し、人間達は軍隊という形で攻め入ってきました」
剣士「その時に立ち上がったのが魔王……?」
風「その通りです」
167: 以下、
風「その後、付け焼刃とは言え国としての形を保ち、人間側に対して徹底抗戦の構えを取りました」
風「……結果は知ってのとおり、人間の名だたる者達に魔王様は討たれてしまいました」
風「それからというもの、百年近くは惨めな生活であったそうです」
風「人間達の追撃から逃げつつ、地に根を下ろす事もままならず……」
風「百年を過ぎた頃から、人間達も我々の根絶やしは諦めていきました」
風「しかし、見つけこそすれば剣を掲げて追い立てる……新生魔王軍が生まれるまで、それが続きました」
168: 以下、
剣士(魔王側が悪じゃないパターンの王道って感じかなぁ)
風「それ故に、確固たる力……一度は敗れはしましたが、魔王様自身、またはそのお力を探しているのです」
風「そしてもう一度、今度は確かな国として独立し、人間側に立ち向かい勝ち残る。それが我々の考えです」
風「無論、中には人間に対して復讐心を燃やす者も数知れないのは事実。ですが無用な殺生を許した事はありません」
剣士(絶対的な力の長の下に、かな。という事は、魔王軍に賛同していない魔族魔物もいるのか)
剣士(一般兵や非武装の魔族とかの気持ちと、人間側の気持ちさえ片付けば共存できるんじゃないかなぁ)
剣士「なるほど……よく分かりました」
風「……諭しますか?」
剣士「いえ、平和な国で生まれ育った僕には、そんな事できませんよ」
169: 以下、
風「さて、談笑はそれぐらいにして……」
勇者「談笑だと!?」
氷「風! これは私達魔族の誇りの問題よ!」
風「問題解決への手がかりを得られたのですから、私達もそれに沿った行動をすべきです」
剣士(華麗にスルー)
氷「え? 手がかり!?」
剣士「話してないんですか……」
勇者「馬鹿に話したところで意味は無いだろう」
氷「アァ?」
170: 以下、
風「氷。異世界から帰還等々、その指揮は私に任せていただけますか?」
氷「へ? あ、うん……構わないけどもなんで?」
風「言質も取れた事だし……新生魔王軍、四将・風、ともに氷」
風「我々はこれより、勇者ならびに剣士の計画に協力をする」
勇者・氷「はぁ?!」
風「ついては、綿密な話合いの場を設けて頂きたい」
剣士「なるほど……分かりました」
勇者・氷「えっ!?」
171: 以下、
氷「あんたが指揮っているんじゃないの……?」
勇者「いや……うん? いやそうだな。どちらかという決定権は剣士にあったな……」
剣士「と言っても……場所の説明ってどうしたらいいんだろう」
風「この世界において、地名ごとに分かれた区画は正方形のマスのようなものでしたね?」
剣士「ええ、そうですよ」
風「氷、正方形の氷のパネルを作って。一辺が……2cmもあればいいかしら」
風「数は……11X11でお願い」
氷「はいはい……分かったわよ」ピキン
172: 以下、
剣士「わーすごー……」
風「風の国はこのあたりかしら?」
剣士「えーと待って……このあたり、かな? 現在地がここ」
剣士「ここからが説明難しいなぁ……」
風「場所と地名、パワースポットと呼ばれる場所がどこら辺にあるかを教えて下さい」
氷「ま、風だったら覚えられるわよね」
剣士「凄いですね……」
勇者「一つ疑問なんだが。剣士、その指差し……そんな細かい動きもできるのか。生身の人間と遜色の無い動きに見えるぞ……」
剣士「あーえーと、歩いたりとかできなくなるんですけど、その場で細かい動作を行う、という操作方法に切り替えてます」
風「この動きが外部からの道具による操作……人間の文明が剣士さんの世界の水準じゃなくて、心底安心しています」
173: 以下、
……
風「説明は聞いて覚えられましたけども……」
剣士「宝玉が不便すぎる……」
氷「必要な宝玉がバラバラね」
剣士「うーん……あ、そうだ。あの人なら」
槍騎士B「あのねぇ……俺、便利屋じゃないのよ」
剣士「す、すみません」
174: 以下、
槍騎士B「ま、事情は分かったし協力する、て言っちゃってるしいいんだけどさ」
槍騎士B「てか超美人。いやいや、これが実在するとか生身で見れる勇者君羨ますぃー」
氷「は? え?」
風「あら、ありがとうございますわ」ニコ
勇者「いや……二人とも殺しあった仲だが……」
槍騎士B「もーなんで戦争なんてしちゃってんの。和解しちゃった方が絶対いーじゃん」
風「……こちらの世界の方はこういうものなんですか?」コソ
剣士「……性格的には独特ですけど、国内の同性の考え方としては少数派じゃないのが苦しいところです」
175: 以下、
槍騎士B「ほい、じゃあこれが宝玉ね」
風「ありがとうござ……あらこれは?」
槍騎士B「ほい、こっちも」
勇者「地図? おお……道具としてあったんだな」
氷「私の分まで? ありがとう」
剣士「え?」
槍騎士B「や、地図見れないって言っていたからさ。Cβって地図見るコマンド無くて、その時の骨董品持ち出したのよ」
剣士「えぇ! 地図見れなかったんですか……このMAPの広さで。アイテム枠一つ潰さないといけなかったんですか……」
槍騎士B「Oβ後期までね。初心者ソロで旅立ち迷子続出で笑ったよ。自殺コマンドも無かったしね」
剣士(プレイヤーなのかGMなのか……相当古株の人なんだなぁ)
176: 以下、
槍騎士B「んじゃあ俺はこれで」
剣士「ありがとうございました」
槍騎士B「何かあったらまたWisしてねー」
剣士「はーい」
槍騎士B「」シュンッ
氷「……時折、彼らは聞かない呪文を口にするな」
勇者「……言語においても我々と文明の水準が違うのだろうな」
風(こういった世界で使う用語らしいけども、勘違いが面白いから黙っておきましょ)
177: 以下、
剣士「道具も揃ったし、海と砂と火の国の方をお願いしてもいいでしょうか?」
勇者「南半分か」
氷「理由は?」
剣士「えっと……地図じゃ分からないんですけど、道が入り組んでるのが北の方が多いんで」
剣士(Mob的にも南の方が過酷だけど、勇者さんと対峙する二人だし問題ないんだろうし)
風「合流はどうしますか?」
剣士「僕の方でお二人の居る場所を確認し、向かうという方法で」
風「この世界の機能は本当に便利ですわね……」
178: 以下、
……
風「さて……二人も行った事ですし」
氷「ええ……」
風「……」ゴソ
風「……綺麗」
氷「本当に宝石の類が好きよね」
風「ちょっと!」
氷「はいはい、鳥だなんて思っていな」
風「鉱石だって好きなのよ!」
氷「え? あ、あれ……? それ本当に光物が好きなだけじゃ……」
179: 以下、
……
剣士「……」
勇者「どうした?」
剣士「いえ……結局のところ、あのお二人ってどういう感じなのか、よく分からなかったなぁと思いまして」
勇者「四将の内の二人、というのは分かっているか。一人が氷。特性は氷」
勇者「武器はレイピア。的確に鎧の隙間を縫って刺してくるから侮れないな」
勇者「彼女の使う魔法は巨大な氷柱や無数の小さいものを空中で生成したり、地面から隆起させたりする」
勇者「あとは極寒の猛吹雪を生み出したりして厄介なものだ」
180: 以下、
勇者「風の特性は風。武器は短剣二本による二刀流」
勇者「風の作用で自身の身体も軽くしているのか、風のような素早い動きで切りつけてくる」
勇者「フルアーマーでも脅威に値する近接格闘能力を持つ」
勇者「魔法は竜巻や風の刃等々。俺達の世界ではオーソドックスなものだが」
勇者「彼女自身の近接攻撃も相まって、脅威であると言える」
勇者「というか魔王軍の4トップなのだから脅威であって当然だがな」
剣士「なるほど……」
剣士「……」
剣士「体系的になんか……逆ですよね、イメージ的に。胸とか」
勇者「憎たらしい相手ではあるが、女性である事を考えると氷は中々可哀相なものだ」
182: 以下、
[森の国 南第一エリア]
[恵み振る捕食者舞い寄る花畑]
勇者「……ここは何とも無いか」
剣士「……」
勇者「どうした?」
剣士「情報によりますと、ここの中央の花畑で花の採取か休息をとると」
剣士「魔物が現れて襲われるんです。それもかなり強い」
勇者「ほう……面白い」
剣士「ちょ」
183: 以下、
―― [戦 闘 開 始] ――
デドリーポイズンバタフライ「……」バッサバッサ
勇者「蝶というサイズか!? 人ほどの大きさではないか!」
剣士「だあああああ!! 普通のシャドウより強いの来ちゃったぁぁあぁ!!」
デドリーポイズンバタフライ > 猛毒鱗粉
勇者 > 猛毒
剣士 > 無効
勇者「た、耐性装備はしてあるはずなのだが……」クラ
剣士「超高確率なんですよ!」
勇者 > 2132ダメージ(毒)
剣士「うひゃああ!」
184: 以下、
剣士「毒消し草!」パァ
勇者 > 無効
剣士「あーー!! 猛毒はこれじゃ駄目だったあああ!」
剣士「勇者さん! 毒消せませんー! あと、麻痺とか眠りとか使ってきます!」
勇者(運営の彼ら以上に危険な状態かもしれないな……)
勇者 > 2351ダメージ(毒)
猛毒蝶「」バッサバッサ
勇者(だが、今回は微塵の遠慮も要らない)
185: 以下、
勇者「太陽の聖域」パァ
勇者「……」ゴクリ
勇者 > キュアポーション
勇者 > 無効
剣士「毒消えてません!」
勇者「だろう、なっ!」バッ
猛毒蝶「」バサササ
勇者 > 回避
勇者 > 遅効性神経毒:行動不能まで40秒
勇者「……?」ピリ
剣士「あー! えーと! その蝶が近くにいると神経毒の鱗粉を吸い込みます!」
勇者「先に言ってくれ!!」
剣士「そこまで詳しく覚えてないですよ! こんなMob!」
186: 以下、
勇者(早めに片付けないと!)
勇者「爆牙突!!」ゴァッ
猛毒蝶「キキキ」バササ
猛毒蝶 > 6754ダメージ(エレメンタルブレイク)
剣士「あ、ああそうだ! 炎系が有効です! あと、周囲に粉を巻き始めたら注意です!」
剣士「高濃度の鱗粉は吸ったら一気に毒が回ります!」
猛毒蝶「」バササッバササ
勇者(鱗粉で身を守っている? 下手な属性の魔法ならどうにかされるのだろうが……)
勇者「雷撃!!」ズガガン ズガン
猛毒蝶 > Avoid
猛毒蝶 > Avoid
猛毒蝶 > Avoid
187: 以下、
勇者「雷撃が防がれた……!」
剣士「は、早く倒さないと」ワタワタ
勇者 > 遅効性神経毒:行動不能まで20秒
勇者(体が痺れてきたな……)ピリビリ
勇者「剣士! マジ、MP回復できるか!」
剣士「え? は、はい!」
勇者「よし……」グッ
188: 以下、
勇者「……」ゴオォォ
剣士「刀身から……凄い炎が」
勇者 > 煉獄一太刀
猛毒蝶「」バッサバッサ
勇者「はああ!!」ブォンッ
猛毒蝶「キキキ」バササ
猛毒蝶 > 9757ダメージ(エレメンタルブレイク)
剣士(やっぱり鱗粉撒いていると炎がより通るな……)
勇者「うおおおおおおお!!」
勇者 > 煉獄一太刀
猛毒蝶 > 10023ダメージ(エレメンタルブレイク)
勇者 > 煉獄一太刀
猛毒蝶 > 8956ダメージ(エレメンタルブレイク)
勇者 > 煉獄一太刀
猛毒蝶 > 9459ダメージ(エレメンタルブレイク)
勇者 > 煉獄一太刀
猛毒蝶 > 9331ダメージ(エレメンタルブレイク)
189: 以下、
剣士「す、凄い……けど」
勇者 > 遅効性神経毒:行動不能まで10秒
勇者「おおおおお!!」ビリビリ
勇者 > 煉獄一太刀
猛毒蝶 > 10231ダメージ(エレメンタルブレイク)
勇者 > 煉獄一太刀
猛毒蝶 > 9994ダメージ(エレメンタルブレイク)
勇者 > 煉獄一太刀
猛毒蝶 > 9869ダメージ(エレメンタルブレイク)
猛毒蝶 > Dead
剣士「! 倒した!」
勇者「っはぁ!」ピタ
勇者「う……あ」グラ
勇者「あああぁぁぁあぁ!」ガタガタガタガタ
勇者 > 急性魔力欠乏症
190: 以下、
剣士(勇者さんのMPの高さなら……)
勇者「ひっ……んぐっ! ごくっ」ガタガタガタガタ
勇者 > ハイポーション
勇者 > 3000回復
剣士 > 高純魔石
勇者 > 2353回復(MP)
剣士(三割回復なのに? そうか、あの時はシャドウの強化であれだけのMMPだったって事か)
剣士(でも三割は三割、のはずだ。これでだいぶ助けになるはず)
勇者「っはぁ……はぁっ……はぁっ……」
勇者「はぁ……ふぅ……すま、助かっ……」
191: 以下、
勇者「ぁ」ビリビリビリビリ
勇者 > 遅効性神経毒:行動不能
勇者 > 猛毒回復
勇者(体が痺れて全く動けないが……息苦しさが消えた……猛毒が消えた?)
勇者(……この世界では、ある程度の身体の異常は自然治癒で治るのか)
剣士「……」
剣士(一先ずは大丈夫そうかな……神経毒回復まで待たないと)
192: 以下、
金宝箱「」スゥ
剣士「おぉぅ……金宝箱とか初めて見た」
勇者「開……ろ」ビリビリ
剣士「いいんですか?」
勇者「……」コク
剣士「では……」ガチャ
剣士 > 太陽剣入手
勇者(おお……美しい剣だ)
剣士「ひやああああああ!!」
193: 以下、
勇者「?」
剣士(ひぃぃぃ50Mするぅぅ!!)
剣士(っていうかこの鯖で何本目だ!? ひいいいいい!!)ガタガタガタガタ
剣士「あばばばば……」ガタガタガタ
勇者(よっぽど良い装備なのだろうな……付き合わせてしまっている謝礼になるといいなぁ)
剣士(ひやああああああ!! Lv的に絶対晒されるううぅぅ!!)
194: 以下、
勇者「ふう……動けるようになったか」
勇者「……装備しないのか? さっきの」
剣士「やー……あれ装備すると色々と面倒な事が起こるんで」
勇者「そうか……巻き込んでしまっている謝礼になればと思ったんだがな」
剣士「しゃ、謝礼どころじゃないですよ……多分、明日死ぬぐらいの運を使ったぐらいな」
勇者「しかし魔物を倒したのは俺だ。その宝箱を出現させたのは俺なのだぞ」
剣士「いや、あの……開ける時にランダムで……まあいいか。おわ、また1レベ上がった」
195: 以下、
勇者「それにしても強かったな……相手の情報無しでは骸骨将軍の非じゃなかった」
剣士「そりゃまあ……初見殺しですからね」
剣士「ある程度情報が出ているとは言え……恵み振る宝玉自体、そこまで数が出回っていないですし」
剣士(にしてもこの剣、ホントどうしようかなぁ……扱いに困るぞー)
勇者「ふう……俺はもう大丈夫だ。次のポイントに向かおう」
剣士「あ、はい」
剣士(もしかしたら、僕も戦わざるを得ない状況もあるかもしれないし持っておこう)
剣士(超レア剣とは言え、Lv49剣士に何が出来るのか甚だ謎だけども)
196: 以下、
[森の国 北第三エリア]
[切り荒ぶ忘れ去られた山小屋]
勇者「宝箱……」
剣士「本来ここは何も無くて、休息取って回復できるだけなんですけど、宝玉の効果ってところでしょうか」
勇者「開けてみるか……」ガチャ
勇者 > 太陽盾入手
剣士「ぶうううぅぅ!!」
勇者「ど、どうした?」
197: 以下、
剣士(太陽剣と盾一緒に持っている人って、この鯖でも十人もいなんじゃなかったっけかぁぁ!)
剣士(ひああああとんでもない事にぃぃぃぃ!)
勇者「剣士、これを受け取って欲しい」
剣士「嬉しいけど嬉しくない!」
勇者「え? な、何故?」
剣士「い、色々とこの世界では面倒な事が多……いや、僕の世界が、かな」
198: 以下、
勇者「とは言え、この世界の……それも装備を俺が持っていても仕方が無い」
勇者「というより今の装備の方が強い」
勇者「いざという時はこれを使って逃げ延びてくれ」
剣士「う……分かりました。一応受け取っておきます」
剣士(可能な限り、そうした状況にならないでほしいなぁ)
勇者「さあ、次に行くぞ」
剣士「あ、はい」
199: 以下、
[森の国 東第五エリア]
[遥か果ての閉ざされた山道]
剣士「……」ゴクリ
勇者「どうしたんだ?」
剣士「ここ、ゴーレムが出てくるんですよ……」
勇者「倒せばいいのか」
剣士「……まあ、そうなんですけど」
勇者「ゴーレムなら今ま」ゾクッ
200: 以下、
勇者「!!」ゾクゾク
剣士「え? 嘘……まさか」
勇者「悪寒が消えた……来るぞ!」
剣士「また……超強化Mob」
―― [戦 闘 開 始] ――
勇者「情報と支援を頼むぞ!」
剣士「はい!」
201: 以下、
グランドゴーレム「ゴォォン」ドドド
剣士「耐久攻撃防御が高いです! 魔法に対してもそこそこ!」
剣士「攻撃は腕や脚による近接格闘! 薙ぎ払いに気をつけて下さい!」
勇者(後はそれ以上にどう強化されているかか……)
剣士(一見すれば楽そうに見えるけども……脅威のATKが故に薙ぎ払いだけで、多くのPTが壊滅したという)
剣士(対物装備でもラストスパートの連続攻撃で、よく崩壊するっていうし……勇者さん)
202: 以下、
グランドゴーレム「ゴオオ」ブォン
勇者「うおぉっ!」
勇者(これほど巨大なゴーレムは久々だ……! 腕の薙ぎ払っただけでこれほどの風圧)
勇者(直撃したらただではすまないな……)
勇者「有効な属性とかは無いのか!」
剣士「風!」
勇者「使えん!」
剣士「相手の素早さに作用する魔法!」
勇者「使えん!」
剣士「えー……」
203: 以下、
剣士「道具で支援するか……」
剣士「沸き立つ泥沼カード」ピ
グランドゴーレム > AGI四半減
剣士「爆風符」ピ
グランドゴーレム > 931ダメージ(エレメンタルブレイク)
グランドゴーレム > 844ダメージ(エレメンタルブレイク)
グランドゴーレム > 878ダメージ(エレメンタルブレイク)
剣士(やっぱりそこら辺の攻撃呪符じゃまともなダメージにならないか)
204: 以下、
グランドドラゴン「ゴォォン」ドズンドズン
剣士「あれこっち来てる……まさか」
コマンド > ターゲット確認
グランドゴーレム > 剣士
剣士(ヘイト稼ぎ過ぎた)サァッ
勇者「雷、神!!」カッ
グランドゴーレム > 2522ダメージ
グランドゴーレム > 2241ダメージ
グランドゴーレム > 2197ダメージ
グランドゴーレム > 2208ダメージ
グランドゴーレム > 2477ダメージ
グランドゴーレム「ゴォォ」
勇者(よし、こちらに注意が向いたな……)
205: 以下、
勇者(それにしても硬いな……雷神でビクともしないとは)
勇者(これは予想以上にタフなタイプだな……)
勇者「たああ!」
勇者 > 一刀両断
剣士(おお……強そう! DEF無視とかしそう!)
グランドゴーレム「ゴオオン」
グランドゴーレム > 硬化
勇者「なっ!」ガギィン
グランドゴーレム > Guard
206: 以下、
剣士「……は?」
剣士(ガード技? グランドゴーレム使わな……まさかまたか)
グランドゴーレム「ゴオオン」ブォ
勇者(叩き潰される!)バッ
グランドゴーレム > グランドインパクト
剣士「あ……強化型でそれは死n」
グランドゴーレム「ゴオオオ!」ドゥッ
214: 以下、
……
勇者「く……」
勇者「! くそ、気をやっていたか!」バッ
グランドゴーレム「ゴオオン」ズゥン ズゥン
勇者(距離が随分……いや、俺が吹き飛ばされたのか)
勇者「! 剣士!」
剣士:Dead「すみませーん……」
勇者「大丈夫なのか?!」
剣士:Dead「えと……この世界のルールとしてはアウトですけど、僕自身は問題ないです」
勇者「そうか……よかった」
215: 以下、
剣士:Dead(とは言え)
勇者 > 15478ダメージ
剣士 > 19032ダメージ
剣士:Dead(グランドインパクトってここまで酷くないって)
剣士:Dead(ステータスで割り振れるポイントでMHP上限9999だってのに……)
剣士:Dead(職業のレベル毎のボーナス加算、装備・スキルの効果で三万いくらしいけども)
剣士:Dead(こんなのと戦えるPCって廃ギルドでもそうはいないぞ……)
剣士:Dead(ほんとコレ系は、ステータス上限飛び越えてるっぽい勇者さん達次第だなぁ)
勇者(不味い……急いで回復しないと一撃でも貰ったら死ぬぞ)
216: 以下、
勇者「太陽の聖域」カッ
グランドゴーレム「ゴオオ」ドゴン
グランドゴーレム > 投石
剣士:Dead「岩が飛んできます!」
勇者「うおぉ!」ドゴォン
勇者(くそ……これだけ岩場となると、また弾き飛ばしてくるな)
勇者(予想以上に戦いづらい……)
勇者(だが……)ダッ
217: 以下、
剣士:Dead「懐飛びこんでも危険ですよー!」
グランドゴーレム「ゴォォン」ブァ
勇者「一方的に攻撃される方が危険だ! それに!」バッ
グランドゴーレム「ゴオォ」ブァン
勇者「動きは遅い!!」ダンッ
剣士:Dead「腕に飛び乗った……!」
剣士:Dead(漫画やゲームだけの世界じゃなかったんだ……ある意味そっち側の人だけど)
218: 以下、
勇者「……」タタタタ
グランドゴーレム「ゴオオオ!」ブン
勇者「遅い! 顔まで来れば……」ザッ
勇者「たあああああ!!」キンッ
勇者 > 一刀両断
グランドゴーレム > 5784ダメージ
剣士:Dead(うーん……確かグランドゴーレムのMHPって十万ぐらいなかったかなぁ)
剣士:Dead(しかも相手は強化型。一度戻って急いでここに来た方がいいのかなぁ……)
[ホームポイントに強制帰還まで 58分35秒]
剣士:Dead(というか勇者さん一人旅だったっぽいし、蘇生アイテムとかないんだろうなぁ)
219: 以下、
勇者「はあああ!」キンッ
勇者(くそ……一人で削りきれるのか?)
グランドゴーレム「ゴォォン!」ブン
勇者「潮時か!」バッ
グランドゴーレム「ゴッ!」ドゴォン
グランドゴーレム > アタック
勇者 > 回避
グランドゴーレム > 4039ダメージ
勇者「くそ、どれだけダメージを与えられているんだ」
220: 以下、
剣士:Dead(うーん、勇者さんが押しているけど、一撃の被弾でひっくり返りそうだなぁ)
剣士:Dead(それにゴーレム系は最後の暴走があるし……というかあれが暴走したら僕いても何も変わらないなぁ)
剣士:Dead(囮かな? 引き寄せた方が勇者さん的には楽だよなぁ)
「どーすんのさぁ」
剣士:Dead(どうしようね……本当。うん?)
「状況から我々に組するわけでもなく、彼とも敵対している。ならば取るべき道は決まっている」
「はぁ……まさか共同戦線を張る事になるたーね」
「さて……」
剣士:Dead(誰かいる? 何処に……)パァ
剣士 > 蘇生
221: 以下、
「爆撃」
グランドゴーレム「ゴォ」ドゴォン
勇者「! ……まさか」チラ
四将・雷「……」ニタニタ
四将・炎「……」
剣士「ゆ、勇者さーん」
四将・炎「状況が状況だ。今は共に手をt」
四将・雷「勇うぅぅ者ぁぁぁぁ!!」クワッ
勇者「」ビクッ
222: 以下、
炎「雷。君はあのゴーレムと遊んでいなさい」
雷「えっ、いや、だけどよぉ。やっぱり勇者と遊」ウズウズ
炎「雷」
雷「ちぇー……ちぇー……」
雷「炎はお前とお話しを希望だってさぁ」
勇者「お、おお……」
雷「仕方が無いからお前で憂さ晴らしだ……簡単にくたばってくれるなよ」ジャッ
グランドゴーレム「ゴォォン」ズゥンズゥン
223: 以下、
雷「ヒャッハアアァァ!」バヂヂ
四将・雷 > 帯電Lv1(新陳代謝・運動神経活性化)
雷「ぶち、のめす!!」
勇者「……」ハラハラ
剣士「勇者さん?」
勇者「あれは戦闘狂だ。何時箍が外れてこっちに向かってくるか……」
炎「その時には止めるから安心してくれ……」
勇者「二人がかりで?」
炎「……ああ」
227: 以下、
剣士「あの人、一番強いんですか……」
勇者「……超がつくパワーファイターだ。ある意味ゴーレム系と相性良すぎて、すぐ倒してしまいそうで怖い」
勇者「ついでに言えば、あれと戦って俺が生きているのは、剣と体術の技量で何とか捌いたからに過ぎない」
炎「小細工無しで正面から戦ったら……対策無しでの戦闘だったら彼女は最強だろうな」
剣士「えーと……貴方も魔王軍の方、ですよね?」
炎「彼女は新生魔王軍、四将・雷。私は四将・炎と言う。君はこの世界の住人だな」
剣士(あ、そこからまた説明しないとなのか。面倒くさ)
228: 以下、
勇者「で、お前は手を取り合おうと考えたのか」
炎「状況を見れば矛を向け合うのは得策ではないだろう」
勇者「全くだ。あれの管理もしっかりと頼むぞ」
炎「……」
勇者「……いや真面目な話、返事してくれよ」
炎「……嫌だなぁ」
剣士「そんなに?!」
229: 以下、
炎「話した通り、あれを止めるのは骨が折れるし痛い」
勇者「気持ちは分かるが止めてもらわないと、お前の言う得策でない状況になるんだが」
炎「分かっている……。驚いていないところを見ると、二人も来ているのだな?」
炎「彼女達に押し付けてしまうか……」
剣士(この人、普通そうに見えて結構酷い事言ってる!)
勇者「いや、風と氷には素直なんだよ。多分、同性だからなのかな」
炎「あの優しさを我々にも向けてもらいたいものだ」
勇者「全くだ」
剣士(敵対者なのに凄い仲よさそう……)
230: 以下、
グランドゴーレム > グランドインパクト
剣士「あ、僕また死ぬ」
炎「雷、動きを止めろ!」
雷「雷撃波!」ドッ
グランドゴーレム「ゴオオォォ」ズドォォン
グランドゴーレム > 転倒
剣士「転倒耐性MAXじゃないのか……」
剣士(むしろこの人達がそのルール打ち破っているだけっぽいか)
231: 以下、
雷「さあ、耐えて見せろよ! 雷刃円舞!!」バヂヂ
グランドゴーレム > 7355ダメージ
グランドゴーレム > 7654ダメージ
グランドゴーレム > 6979ダメージ
グランドゴーレム > 7177ダメージ
グランドゴーレム > 7429ダメージ
グランドゴーレム > 7201ダメージ
剣士「すっご……ていうかまだ攻撃続いているし」
剣士「どうやって捌いたんですか、あれ」
勇者「放電が止むまで走って逃げた」
炎「私でも逃げる」
剣士「えっ」
232: 以下、
グランドゴーレム「ゴオオオ」
グランドゴーレム > 硬化
雷「つあああ!」ガギィン
雷「? 急に手ごたえが」
剣士「あ、一時的に無敵状態です」
炎「だそうだ」
雷「雷撃一貫!!」
グランドゴーレム > 6105ダメージ(貫通)
剣士(キング相手でも確実に無敵化する技を貫いたっ!!)
炎「やはり雷一人でどうにもなりそうだ。私達は離れて話でもするか」
233: 以下、
……
炎「なるほどな」
勇者「お前はどう考える?」
炎「もしかしたら、欠片を集めていくと宝玉の形に戻るやもしれん。協力しない訳にはいかないな」
勇者「相変わらずだな。それが無ければ、俺はお前と親友にでもなれるのだろうが」
炎「こちらも同じだ。だが立場が違う以上、手を取り合うつもりは無い」
炎「全ての欠片が出揃った時、首を洗って待っていろ」
剣士「……あのー、勇者さん。欠片を見せてもらっていいですか?」
勇者「? 構わないが」
剣士(アイテム情報は無いけど、アイテムの画像はちゃんとあるんだよなぁ……でもこの大きさって)
234: 以下、
剣士「この欠片。元の丸い形だとどれくらいの大きさだと思います?」
勇者「うん? んー……両の手に収まらない、ぐらいだろうか?」
剣士「僕もそうだと思います」
剣士「で、パワースポットなんですけども……。残りの場所全てで欠片が手に入ったとしても」
剣士「大きさが足らなさ過ぎるんですよね」
炎「なに?」
剣士「勿論、丸み帯びている部分から尖っている先端まで……これが半径で無いとすれば話も違いますが」
剣士「資料とかに元の大きさとか載っていなかったんですか?」
235: 以下、
勇者「……確か、うろ覚えだがそんな小さいものではなかったはず」
炎「しかし割れ方が均一という事も無いだろうに」
剣士「もう一つ気になっているのがそこなんですよ」
剣士「これが魔王という存在を封じたものなら、割れた時点で宝玉に力はないじゃないですか」
剣士「つまりこれは魔王の力を封じたもの……なら宝玉単体ではエネルギーの塊でしかないはず」
剣士「恐らく今戦っているのも宝玉の影響でしょう。なら何故欠片が、少なくとも前回見つかったところから離れたここに?」
勇者「元の宝玉は何者のかが持っている。そしてその破片を散りばめている」
剣士「一番考えられそうなところは……」
炎「……」
236: 以下、
勇者「宝玉消失も可能性大か。願わくば剣士の想像通り、この世界のボスとやらに消費して頂きたいものだ」
勇者「良かったな。お前達も馬鹿な事を考える必要がなくなるんじゃないか」
炎「下らん。魔王様の宝玉は手段の一つに過ぎん。我々の取るべき道は変わらん」
剣士「とにかく今は、原因究明が先で考えたほうがいいですよ」
剣士「そもそも、宝玉の所有云々より皆さんが元の世界に帰れる事が、第一に優先されるべき事でしょう」
勇炎「……確かに」
剣士(本当に仲いいな、この二人……)
237: 以下、
雷「雷光一閃!!」カッ
グランドゴーレム「ゴォォォォン!」ガラガラガラ
グランドゴーレム > Dead
剣士「……?」
ログ検索[暴走]ピ
 該当ログ0
剣士(ひぃっ! 押し切ったのあの人?!)
剣士(HP二割切ると発動だよなぁ……どんな勢いで削りきったんだ)
炎「終わったようだな」ゴクリ
勇者「……」ゴクリ
剣士(同胞まで喉鳴らして戦慄しているっ)
238: 以下、
雷「ちょ、炎まで身構えないでよ」
炎「いや、お前の事だからな」
勇者「なあ」
雷「信頼低すぎない?! というか何で勇者と一緒に相槌打ってんの? 味方だよね!」
炎「味方だからこそ、相手を思えばこそ手を取り合う事も」
雷「なに、あたしが捧げられれば世界平和達成とかほざくの?」
勇者「そこまでは俺も思わんが、敵対していて尚、ある種の信頼というものが」
雷「ほざく気マンマンじゃないの」
239: 以下、
勇者「……一先ず、炎と剣士から説明を受けてくれ」ダッ
剣士「擦られた! 逃げ出した!」
雷「というかこの子、無関係でしょ」
剣士「まあ……皆さんの世界の事情に関しましては」
雷「え? 現状に加担しているの?」ギラ
剣士(うおおぉぉ! ゾクってきた! 殺気! これが本物の殺気なのか!)
炎「いや、我々への助力を惜しまない、と申し出てくれている者だ」
雷「ああなるほど」
240: 以下、
勇者「……」スタスタ
炎「お前も逃げ出すな。流石に雷に無礼だろう」
雷「ねえ、その言い方、あたしより勇者との方が信頼関係にあるように聞こえるの気のせい?」
剣士「というか本当にどうしたんですか?」
勇者「……」
剣士「……?」
剣士(あ、気づかれないように欠片を回収してきたのか!)ハッ
241: 以下、
炎「で、協力するにしても今後どうするのだ」
勇者「お前達は他の二人と連絡する手段……は無いから俺達と遭遇したのか」
勇者「ふむ……」
雷「うん? ちょっと待って。氷や風も来てんの?」
炎「らしいな……しかし」
勇者「……」
炎(如何にして雷を切り離すか本気で考えているな……)
剣士(雷さんを切り離す方法考えてそう……)
勇者(一戦交えて落ち着いているとは言え邪魔だ。どうやってこのバーサーカーを、風達に引き渡すか)
242: 以下、
雷「にしても氷も協力してんの? すっごい意外」
炎「大方、風に言いくるめられたのだろうな」
剣士(当たり)
勇者(むしろ状況的にそれ以外ないだろうに)
炎「しかし……合流する術が無いとなるとお前と行動を共にするしかないな」
剣士(Wis送ったりするとどうなるんだろ……やっぱりこっちの声は届くけど、向こうから返答は無いのかな)
剣士(それって伝わっているか分からないよなぁ)
剣士「森のパワースポットはこれで終わりですし、風さん達と落ち合うというのはどうでしょうか?」
243: 以下、
[海の国 東第七エリア]
[猛り上る東の果て見る岬]
勇者「少し暑いな」
炎「そうか?」
雷「そりゃあ炎はねえ……こっちは熱や炎に耐性がある訳じゃないし、鎧着込んでんのよ」
剣士(この先は火山と砂漠とは言え、風の国よりちょっと南ってだけだし。常夏って感じじゃないけど暑いのかぁ)
勇者「確かここはウォーターゴーレムだったか?」
剣士「はい。あれ? 勇者さんに説明した事ありましたっけ……」
勇者「風に場所とそこで起こる事を説明していただろう。それぐらい俺も覚えていたさ」
244: 以下、
炎「水のゴーレム? 珍妙な」
勇者「水の体なのだろう?」
剣士「そうですよー。なので物理攻撃通りにくいんですが……」
雷「ふーん、じゃあ炎以外は」
氷「絶対零度」カッ
ウォーターゴーレム「」ピキン
風「真空双刃!」キキンッ
ウォーターゴーレム「」ガラガララ
氷「初めから凍らせて砕けば良かったわね」
風「消耗を気にせず戦えれば、風圧で体を砕いてやれたのですがね」
245: 以下、
勇者「問題ないらしいな」
風「あら。あら?」
雷「風ー氷ー」ブンブン
炎「無事で何よりだ」
氷「雷? 炎まで?」
風「それにしてもよく場所が分かりましたね。剣士さん方、『プレイヤー』の機能は便利そうですね……」
剣士「勇者さんにも言われました、それ」
246: 以下、
氷「それにしても……」
風「……」
雷「どしたのさ?」
氷「大丈夫だったの?」
炎「一応はな」
風「問題ありませんでしたか……?」
剣士「え、ええ……」
雷「……」
勇者「時々、それでまともな信頼関係が築けているのが不思議なのだが……」
247: 以下、
……
炎「で、だ。今後においては知識量の関係もあって、風氷雷。こちらは私と勇者、剣士君で分けようと考えたのだが」
風「構いませんわ」
氷「ま、勇者と一緒じゃなければ何でもいいわ……」
氷(雷を厄介払いしたいだけよね……)
風(口実作って雷を押し付けたい魂胆が、見え見えなのは黙っておきましょうか)
勇者(よっし!)グッ
炎(一先ずは安心だな)ホッ
雷(炎はぶちのめす。勇者はぶっ殺す)
剣士(空気が不穏過ぎる)ゾォ
248: 以下、
炎「さて、用事は済ましたし我々は次の目的地に向かうか」
勇者「次は何処だ?」
剣士「森の国の北東、崖の国です」
風「私達は次は火の国に向かいますので」
雷「勇者ぁ……くたばんじゃあないよ?」
勇者「要らん心配だな」
249: 以下、
剣士「……あの」
勇者「どうかしたか?」
剣士「やっぱり……皆さんを見ているとどうしても違和感を感じるんです」
炎「どういう事だ?」
剣士「その、風さん達に勇者さんとの関係を聞いてはいるんですが、それにしては打ち解け過ぎじゃないですか?」
勇者「……そう、なのか?」
氷「あたし達が打ち解けてる……? 貴方の世界はどれだけ殺伐としているのよ」
剣士「あ、お二人は含めなくていいです」
勇氷「えっ」
250: 以下、
炎「まあ、食事を共にしたり談笑した事もあったからな」
剣士「どういう状況ですか……それ」
風「なるほど……剣士さんの世界では、非武装の者が暮らす居住区等に対し」
風「不可侵でもって戦争を行う、というのが無いのですね?」
剣士「? そうですね。戦火に包まれる事は珍しくないですよ」
勇者「そ、そうなのか……? 何だろう……お前達が良い人の集団に聞こえる話だな」
剣士「?? それが皆さんの関係性とどう繋がるんですか?」
251: 以下、
炎「先ほど言った通り、町等には攻め込む事はしていない」
炎「そして国としては成り立っていない状態だからな。慰安や部隊に休暇を与えるとなると」
炎「その先は大抵、人間の町等である訳だ。無論、姿が人間と変わらない者に限るが」
剣士「何ですかそのほのぼの戦争……」
勇者「二度ほど町で四将とかち合ってな」
剣士「トップの四人一斉に慰安旅行?!」
風「一度目は……確か本当に一時であるものの、休戦が結ばれた時でしたでしょうか」
氷「あったわね……大きな天災に巻き込まれて、お互い疲弊した時が。被害の少ない地域まで移動したわねぇ」
剣士(もう何を言っているんだが……勇者さんの世界、話し合いのテーブルに着かせたら和解できると思うんだけどなぁ……)
252: 以下、
勇者「そういえば、話は変わるが剣士。君はまだこの世界に留まっていて大丈夫なのか?」
剣士「あ、すみません、そろそろ」
風「あ、落ちるのですか?」
剣士「はい、すみません。……さらっとこっちの世界の用語使いましたね」
風「ええ、この世界の人達の会話を聞いていたら、何となくそういう事なのだろうと思いまして」
剣士「めちゃくちゃビビリましたよ」
氷(なにが落ちるんだろう……)
雷(おちる、落ちる、堕ちる、墜ちる……。何のこっちゃ)
炎(どういう意味だろうか。後で聞いてみるか)
勇者(ふむ、ログなんとかというのはオチルとも言うのか)
253: 以下、
勇者「今日みたくそちらから見つけるでいいのか?」
剣士「はい、そうですね」
炎「風達を見つけたように、か?」
勇者「ああ、そうだ」
剣士「勇者さん。くれ、ぐれも無理と目立つ事は避けて下さいね」
勇者「心得ているさ」
剣士「それじゃあ皆さんも、おやすみなさい。また明日」シュン
254: 以下、
炎「消えた……転移魔法の類だろうか」
勇者「そんなところだ。しかし剣士がいないのなら、今日のところは休むとするか」
雷「なにぃ!」
氷「ま、これから何が起こるか分からないし、無理する必要は無いわよね」
風「雷、暴れ足りないのでしょうけども、それは明日、ね」
炎「こちらは今日、この世界に降り立ったのだがどうすればいい?」
勇者「剣士からはあまり人目につくなと言われているし、もう宿屋は使えないだろうな……」
風「野営するしかない、という事ですね」
255: 以下、
炎「……」パチ パチ
勇者「……」ノソ
炎「なんだ? 火の番ならこちらがやると言うのに」
勇者「眠れないからな。それにしても……」
氷「すー……すー……」
風「……」
雷「くかー……」
勇者「まさか、お前達と夜を過ごすとはな」
炎「昨日まで考えた事も無かったな」
256: 以下、
勇者「……剣士から見たら、事情は分かったが俺達が殺しあっているのが理解できない、という事なんだろうな」
炎「彼の言動を見るにそうなのだろうな」
勇者「俺達は……何があれば手を取り合えるんだろうな」
炎「……驚いたな。君からそんな言葉が出るとはな」
勇者「憎悪を元に戦っているわけではない。お前達自身だって、過去の遺恨そのものは割り切っているだろう」
炎「そうだな……」
勇者「俺は……俺はお前達が和解の意思があるのなら、国王達にそれを伝え、調整させるつもりだ」
勇者「この世界での経験、というかお前達と共に行動する事」
勇者「絶対に今までとは違う、物事の見方ができるはずだ……すぐに答えは求めないが考えてくれ」
257: 以下、
炎「本当に……急に一体どうしたんだ?」
勇者「ここの世界の者達にほんの少し諭されただけだ」
勇者「正直、俺自身明確な答えは持っていない」
勇者「だから振り返ってみた時、刃を向け合うだけの関係に終わる必要性は無いんじゃないかと思った」モゾモゾ
勇者「だが、正直何を言えばいいのか、どう考えたらいいのかよく分からない。こういう時は寝るに限る。おやすみ」
炎「……そう、か」
勇者「火の番、数時間後に俺を起こせ」
炎「……折角だ。そうさせてもらおう」
262: >>261 あ、あれーー!? 2014/09/30(火) 21:32:30 ID:5/N2B9XY
Now Loading...
剣士「……」シュンッ
剣士(後三日……今日が休みで良かった。パワースポット探しは午前中に終わるだろうなぁ)
剣士(問題はそれがゴールじゃない事、それで手掛かりが得られるか分からない事……か)
剣士(考えても仕方が無いか。行動あるのみっ)
剣士「……」
剣士(仮に勇者さん達が帰還する事に成功したとしても、その後は……)
剣士(死んで……ほしくないな)
263: 以下、
[海の国 東第七エリア]
剣士(火属性が多いな……猛り上る宝玉かなぁ)
剣士(……あれ、ちょっと待てよ。宝玉効果があるように見えて、処理は別MAPの扱いだったよなぁ)
PC検索 [勇者]
[海の国 東第七エリア]
剣士(や、やばい……どの宝玉のMAPか分からないぞこれ……)
剣士(というか勇者さんどういう扱いなんだろう……)
剣士(PT勧誘したらノータイムでPT結成されたから、僕の宝玉に引っ張られていたんだろうけど)
剣士(今孤立している? どうしよう、困ったな……)
264: 以下、
剣士(あれ? 待てよ……風さんと氷さんは一緒にいたよなぁ……)
剣士(うーん、勇者さん達はお互いが仲間、PTとして認識していればゲーム内のPTと同じ効果を得ているのかな)
剣士(相変わらず逸脱しているなぁ……今更か)
剣士(とすれば、多分五人共一緒に行動しているのかな……)
剣士(あ……今、PT組んでないのに消え去り草使ってたら、こっちから見えないぞ……)
剣士(んー……)
whisper接続[槍騎士B]
接続していません
剣士(うひゃあぁ!)
265: 以下、
剣士「……」ドギドギ
剣士「お、おはようございます」
槍騎士D『ああ、おはよう……というのも何だか可笑しな話だな』
剣士「あ、あはは……」
槍騎士D『何か問題でも起こったか?』
剣士「はい、あの……」
槍騎士D『分かった。位置の解析なら可能だ。今すぐ調べて座標も伝える』
剣士「ありがとうございます!」
剣士(町ですぐに宝玉預けられる準備しておいたほうがいいかなぁ)
266: 以下、
剣士(この辺りかなぁ……)
槍騎士D『そこから東に。そこに彼がいるはずだ』
剣士「ありがとうございます」
剣士(仕方が無いとは言え、GMに座標監視されているとか怖い)
槍騎士D『すまないが他にも仕事がある。また何かあったら連絡をくれれば協力しよう』
剣士「は、はい。分かりました」
267: 以下、
剣士「勇者さーん」
勇者「おお、剣士か」
剣士(うわっやっぱり普通に見える。こっちのシステムにも影響与えてきているかぁ)
勇者「どうした?」
剣士「い、いえ何でもありません」
炎「さて、剣士君も来た事だし、続きをするか」
勇者「だな」
風「次は砂漠ね」
氷「剣士さんからの話どおりですと、戦闘は大量のゾンビとだけですが」
雷「ふんっ」ムン
炎「楽そうだな……」
氷「雷がいる時点でもうね」
268: 以下、
剣士「昨日お話したとおり、火の国の方は何が起こるか不明な場所が一箇所あります」
剣士「ネット……えーと、この世界の人達の予想だと、そこは戦闘になりそうとの事なんで気をつけてください」
勇者「その三人で注意すべき事があるのだろうか」
炎「正直あったら困るがな」
剣士「でも強力な攻撃を連続で繰り出すような敵だったら……」
雷「相手を吹っ飛ばしてやる」
氷「氷漬けにする」
風「避ければいいので。因みに私達三人とも、自力で回復できます」
剣士(これで勇者さんと戦う時は一対一って紳士過ぎる……)
270: 以下、
[崖の国 北第三エリア]
[忘れがたき知られざる崖下]
剣士「さて……」
炎「ここは?」
剣士「分かり辛いんですけど、ここから更に下に降りられるんですよ」
勇者「……転落死体とかありそうだな」
剣士「……」
炎「まさか……」
271: 以下、
大量の転落死体「」
炎「飽くまで……剣士君の世界ではここは作り物、のようなものなのだろう?」
剣士「です」
勇者「中々エグい作り手だな」
剣士「宝玉がないとここまで降りてこれないんですけどね」
剣士「因みに色々とアイテムが手に入ります」
勇者「……死体からか」
剣士「……です」
273: 以下、
剣士「一応、貴重品も手に入るんですが今回は出なかったかぁ」
勇者「ここはこれで終わりか」
炎「ならば次だな」
[崖の国 東第五エリア]
[刹那の寄る辺無きキャンプ跡]
勇者「ここは?」
剣士「不明です。未ドロップの宝玉は吹き荒ぶと刹那の宝玉かぁ」
炎「何が起こるか分からない、か」
274: 以下、
勇者「!」ゾク
炎「なんだ……この魔力は!」ブル
剣士「……まずい、情報の無いMob強化型とかやばい」
―― [戦 闘 開 始] ――
雷獣「ガアアアアアア!!」
勇者「特性は雷か……」
炎「お前には戦い辛い相手でないか?」
勇者「さてね……だが、雷よりかはよほど弱そうだ」
炎「全くだ」
275: 以下、
剣士「この世界のルール上、闇に属する攻撃が有効です!」
勇者「ならば力と技量で」
炎「押し通すまで、だな」
雷獣「グルルル」
雷獣 > 咆哮
雷獣「ガアアア!!」
勇者「来るぞ!」
炎「言われるまでもない」
276: 以下、
勇者 > 4336ダメージ
四将・炎 > 4012ダメージ
剣士 > 5828ダメージ
勇者「いけるな!」ダッ
炎「ああ!」バッ
剣士「……」
剣士 HP:155/5983
剣士(死ぬ)
277: 以下、
剣士(勇者さん達にとっては全くやばくなかったか。通常版だと耐性無しなら同じくらい食らうのかなぁ)
剣士(うーん、効くかなぁ)ピラ
剣士 > 夜落としのカード
雷獣 > 暗闇
剣士「お、効いた。雷獣は今、目があまり見えていません!」
勇者「じゃあ雷撃系の攻撃注意か」
炎「だな」
剣士「え?」
雷獣 > サンダーボルト
剣士「あれー?」
278: 以下、
剣士(そんなに思考ルーチン発達していたっけ)
剣士(あれ? そういえばゴーレムも、勇者さんが頭に乗った時に自分自身に向けて攻撃したっけ)
剣士(……まさか、欠片でこの影響力って事は、宝玉そのものを持ち出したのってとんでもない事になってんじゃ)
剣士(本当に自我もってそう……ラスボス来るかなぁ?)
勇者「剣士! 逃げろ!」
剣士「え?」
雷獣 > スパークニードル
剣士 > 1721ダメージ
剣士 > 1993ダメージ
剣士 > 1708ダメージ
剣士 > 1844ダメージ
剣士 > 1970ダメージ
279: 以下、
剣士:dead「まあ予想はしてました」
炎「しばらく待っていてくれ!」
剣士:dead「はーい」
四将・炎 > 三太刀返し
勇者 > 三太刀返し
雷獣 > 3922ダメージ
雷獣 > 3781ダメージ
雷獣 > 4017ダメージ
雷獣 > 3852ダメージ
雷獣 > 3701ダメージ
雷獣 > 3956ダメージ
剣士:Dead「ぶふっ!」
剣士:Dead(ダメージ酷過ぎ!)
剣士(あー……二人いる時点で、宝玉の欠片の効果あっても敵が可哀相な状況なんだなぁ)
280: 以下、
剣士:Dead(大丈夫だろうけど一応ログ確認しておくかぁ)
勇者「たああっ!」
炎「せやあ!」
雷獣「ガアアア!!」
勇者(流石にもう一人いると他愛ないな)
炎(一人であれば少々苦戦する程度だな)
雷獣 > 発狂
剣士:Dead「! 敵が強くなります! 気をつけてください!」
281: 以下、
雷獣 > ディバインスパーク
雷獣「グルルル」バヂヂヂ
勇者「何をするつもりだ……」
炎「来るぞ!」
雷獣「ガァッ!」バンッ
勇者「ぐ!」ヂヂ
炎「くおっ」バヂヂ
282: 以下、
勇者「ふっ飛ば、な」ザァ
炎「勇者!」
剣士:Dead「勇者さん!」
雷獣「ガアア!」ズダダダ
炎「また雷撃の針か!」タタ
炎「遅いのだよ!」ダッ
雷獣「ガゥ……」
炎「煉獄一太刀!!」
283: 以下、
剣士:Dead(まずいまずいまずいどうしよう!)
剣士:Dead(ログにはまだ勇者さんは健在しているよう……PTの情報!)
剣士:Dead(HPが減ってる……けどまだ生きている! どっかに着地できたか引っかかった?)
剣士:Dead(この後どうすれば)
勇者「く、お! ったぁ!」ドッガッズザザザザ
勇者(ほぼ崖だが傾斜していてくれて助かった!)ザザザザ
勇者(使い物にならなくなったら……いや、気にしていられるか!)ザンッザガガガガガ
勇者(これでも秘宝の類の剣だ……持ちこたえてくれ!!)ガガガガガガ
284: 以下、
炎「たああっ!!」
雷獣 > 7102ダメージ(クリティカル)
炎「はああっ!」
炎 > 急所返し
雷獣 > 3961ダメージ
炎「終わりだっ!」ゴァッ
炎 > 赤熱一閃
雷獣「ギャゥン!」
雷獣 > 14977ダメージ
雷獣 > Dead
―― [戦 闘 終 了] ――
285: 以下、
剣士:Dead「すっごい……」
炎「はぁっ、はぁっ、少し、飛ばし過ぎたか……」
炎「剣士君」パァ
炎 > 再生の炎
剣士 > 蘇生
剣士「ありがとうございます。勇者さーーーん!!」
「勇者さーーーん!!」
勇者「剣士の声、か……?」パララ
勇者「こちらは無事だ! 待っていてくれ!」
勇者「もう少しで……底だ」ズリリ ズリリ
286: 以下、
炎「崖下まで無事に降りれたようだな」
剣士「無事なのはいいですが……ど、どうやって」
炎「何れにせよ我々は待つしかないのだろう?」
剣士「そう、ですね」
炎「ならばのんびり待つとするか」ガシャ
剣士「M……魔力の残りの量は大丈夫ですか?」
炎「ああ、あれ以上長引くとよくなかったが、指先が痺れる程度で済んでいる」
炎「直に回復するだろう」
287: 以下、
炎「君から見て……私達はどう見える?」
剣士「……とても親しい仲に見えます」
炎「そうか……今までそんな事を気にもとめなかったがな」
炎「君の世界からすれば……我々が殺しあっているようには見えない、か」
剣士「はい」
炎「……そこは随分と強く言うのだな」
剣士「僕は……皆さんに死んでほしくないです。勿論、皆さんの世界の事に関して、僕は部外者です」
剣士「それでも……」
炎「分かった。気にとどめておこう」
288: 以下、
剣士「それとあの……失礼な事だと思いますが聞いてもいいですか?」
炎「ああ、私に分かる事なら何でも聞いてほしい」
剣士「その……魔王軍の方は、飽くまで建国が第一目標であって」
剣士「魔王の宝玉は確固たる地位……力を得る為の手段に過ぎないんですよね?」
炎「その通りだ」
剣士「ならなんで人間と戦争しているんですか? 表立って戦う必要はないんじゃないですか」
炎「ああ……本来なら、な」
炎「新たな魔王軍を設立した時点で尚、人間は我々を見つければ攻撃してくる状態であった」
炎「勿論、初めは少数精鋭で行動していたが、多くの部隊が人間の手によって壊滅させられていった」
289: 以下、
炎「魔王様の宝玉を探すにも被害が増えるばかりで進展など無い」
炎「始めの方の部隊に到っては、人間側に危害を加える気が無いのとそれを探している事」
炎「それをどう使うつもりか。それらを書簡にして持たしていた」
炎「が、生還できた者達は一様に、読みこそすれど書簡ごと切り捨てた、という報告だった」
炎「故に、我々は……全面的に彼らと戦う事を決意したのだ」
剣士「そう、ですか……」
剣士(……うん?)
炎「無論、彼らだけに非がある訳ではない。だからこそ勝手な言い分ではあるが、彼らと戦わずして済むならそれがいいのだがな」
剣士「……」
290: 以下、
剣士(戦っている魔王軍と人間軍の気持ち次第だけど……国の重鎮を説得できれば、勇者さん達の戦争って止まりそうだなぁ)
剣士「そういえば……勇者さんって仲間の方とかいないようですけど、何か知ってらっしゃるんですか?」
炎「彼と共に行動できるレベルの者がいないそうだ。我々とて多対一の数の暴力に晒されれば危険だが……」
炎「その多の一部が勇者と組したところで、足手まといになるのは日を見るより明らかだからな」
剣士「勇者さんって何者……」
勇者「大した事は無い……幼少の頃から剣を訓練していた田舎育ちの人間だ」
炎「ここの崖をもう登りきったか」
炎「何故、魔族に生まれてくれなかった、と悔やんでも悔やみきれないな」
勇者「そんな願い、払い下げ願うよ」
291: 以下、
剣士「よくご無事で……」
勇者「正直、死んだかと思っ、たぁ」ググー
勇者「ふう……で、何の話だ」
炎「何故、勇者は一人で戦っているのか、という事だ」
勇者「言った覚えは無いが……まあ言動から悟られた、か」
勇者「剣の腕はそれなり、体力的なところもそれなり」
炎「嘘を言え……人間の壁を越えているだろう」
292: 以下、
勇者「魔法は何とか雷属性が扱えるぐらいで、基本下手糞なのを無理やり叩き上げて今の状態まで引っ張った」
剣士「え?! そうなんですか?」
勇者「剣に魔力をのせる分にはまだマシなのだがな。どうしても魔法として使うのは……」
勇者「それにしたって、魔力の消耗は人より大きい。おまけに魔力を流出、消失させる効果にめっぽう弱い」
勇者「魔力欠乏症を防ぐ為にも、必死になって相手から魔力を奪い魔法を学んだものだ」
剣士「勇者さんに化けたシャドウの魔力、装備の効果が無ければ全部奪ってましたもんね」
勇者(逆に言えば、自分の技を跳ね返されたら致命打になるという訳だが、黙っておこう。気づかないでくれ)
炎(魔法反射させたら物凄い地雷化するのでないか……それは)
293: 以下、
勇者「それでまあ……俺の補足ならば魔法が得意な者、となるがそれでは、俺を少数精鋭として送り出す意味があまり無い」
剣士「絶対に勇者さんについていけないですもんね……それで、一人で旅立たされたんですか?」
勇者「まあ、他にも色々な連中が煩い事もあって、そこから逃げ出したという部分はあるな」
炎「……どの国がどういった支援するか、とかか」
勇者「よく分かったな……」
炎「まあ……多少なりとも人間社会に入り込んだりはしているからな」
剣士「言い方がスパイですね」
炎「流石にスパイ活動する価値のあるような場所は、厳重だから実践した事はないがな」
294: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【悲報】三国志大戦とAnswer×Answer、2015年1月に稼働終了

童顔ロリ系少女グラドルがデビュー「たくさんのロリコンの方をホイホイしたい」

【政治】「懇(ねんご)ろの関係じゃねえか」 民主議員がセクハラやじ ヘイトスピーチ・差別追及の矢先…

台風19号が2014年に地球上で発生した最強の台風になってるwwwwwwwwwwwwwwww

【速報】「大乱闘スマッシュブラザーズfor WiiU」国内での発売日が、12月6日に決定!

試飲の時、お猪口になみなみと注がれるらしい

back 削除依頼&連絡先