P「めっちゃ拗ねとる」美希「効果はばっちりなの」back

P「めっちゃ拗ねとる」美希「効果はばっちりなの」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「教えてミキミキー、未来は何色?♪」ドルルン
P「幸せ色に決まってます」キリッ
P「…なーんてな」
P「…この前は流石に失礼だったからなぁ…怒ってるかもしれん」
P「けど美希見たら…なんというか。うーん」
P「とにかく今日も美希は学校だ!さっさと送って、仕事に向かうぞ!」
P「アクセルオン!」ブロロロ
P「おはよう、美希!」
美希「おはようございますなの。ハニー」
美希「それじゃ、早く学校行こ?」
P「ああ」
P「…ん?」
※この美希は覚醒しています。
2:
P「あ…えっと、美希?」
美希「どうしたの?」
P「いや…今日は何もないのかな、と」
美希「何かってなあに?」
P「」
P「そ…そっか」
美希「そんなことより、遅れちゃうの」
P「っと、すまん。それじゃ、行くか」
P(どうしよう。めっちゃ拗ねとる)
4:
美希(効果はばっちりなの)フフリ
美希(ハニーとミキがラブラブなのは最早周知の事実なの)
美希(けど!最近ハニーはミキの扱い酷過ぎるの!)
美希(だからミキ、しばらくラブモードは封印なの)
美希(ツンツンしてればハニーはミキに釘付けになって、もっとラブラブになれるの!)
美希「全部ハニーのせいなの。だから仕方ないよね」
P「え?」
美希「なんでもないの」
5:
P「…なあ、美希」キキッ
美希「なあに?」
P「昨日は、ごめん」
美希「昨日って?」
P「美希が話してた最中だったのに…電話切ったりしたから、さ」
P「流石に失礼だった。ごめんな」
美希「別に気にしてないよ?ハニーが謝ることないの」
P「そうか…でも」
美希「気にして無いったらしてないの!ほら、信号青になったよ?」
P「…むぅ」ドルルン
6:
P「到着、と」キキッ
美希「ありがとハニー。それじゃ、行ってくるの」
P「あ、美希」
美希「なぁに?」
P「その…気をつけてな」
美希「言われなくても大丈夫なの」ヒラヒラ
美希(ミキがツンツンしてること、ちゃーんと分かったのは嬉しいけど)
美希(でも、今回はちょっとだけ意地悪しちゃうから!)
P「おはようございます…」ズーン
小鳥「おはようございます。…なんか沈んでません?」
P「あはは…ちょっといろいろありまして」
10:
小鳥「あー、それは美希ちゃん怒っても仕方ないです」
P「やっぱりですか…」
小鳥「好きな人と一緒に居られる時間は、女の子にとって一番幸せな時間なんですよ?これだからプロデューサーさんは…」
P「反論の余地もない」
小鳥「あ、ちょっとお聞きしますけれど…美希ちゃんと毎晩電話してるんですか?」
P「毎日ってわけではありませんけれど。一緒に居ない時はメールか電話はしてますね」
小鳥「ほうほう…」
P「…それがどうかしたんですか?」
小鳥「どんな事、話してるんですか?」ズイ
P「え?」
11:
P『美希…こんなに愛しているのに、今宵は一緒に居られないなんて…』
美希『悲しまないで、ハニー。その気持ちは…ミキも同じなの』
P『俺に翼があれば、今すぐにでも美希の隣へ飛んでいくのに』
美希『ダメ!そんなのミキ困っちゃう!』
P『どうして…?美希は、俺と一緒に居たくないのかい?』
美希『だって…ハニーに翼があったら、どこかに飛んでいっちゃうかもしれないの…』
P『馬鹿だなあ、美希は。…俺がいるのは、ずっと美希の隣だよ』
美希『ハニー…!ミキ、ハニーのこと大好きなの!』
P『俺もさ!愛しているよ、美希ィ!!』
小鳥「みたいなこと話してるんですよね!?キャー!!」
P「」
12:
小鳥「羨ましい…!羨ましいわ、美希ちゃん!」
小鳥「旦那がいる事だけですら羨ましいのに、毎日そんな蕩けそうな会話を…!」
小鳥「私だって…私だって、あと5年若かったら…」グス
千早「おはようございます!…小鳥さん、どうしたんですか?」
P「おはよう、千早。気にしない方が良いぞ」
千早「はぁ…まぁ、なんでもいいですけれど」
13:
千早「プロデューサー…どうかしましたか?」
P「え?」
千早「いつもより、元気無さそうでしたので」
P「…やっぱりわかるのか?」
千早「長い付き合いですから」クスクス
千早「しっかりしないと、美希が心配しますよ」
P「はは…それもそうか」
千早「美希が原因なんですか?」
P「ま、今回は自分の蒔いた種って感じだな」
千早「なら、しっかりしてください。あなたは…私達の『プロデューサー』なんですから」
P「…それじゃ『プロデューサー』らしく、気合い入れて仕事するか!」
17:
P「ごめん美希、待たせた!」
美希「待ちくたびれたの。早く行こ?」
P「う、すまん」
美希「お仕事チェックするから、ちょっと静かにさせてね」
P「分かった。ちゃんと確認しといてくれな」
美希『それじゃあみんな、ミキと一緒にキラキラするのー!!』
P(見る限りは調子も悪くないし、大丈夫そうだな)
P(…でも)
P(今日はあんまりこっち見てくれない…悲しい…)
美希(ハニー!…て、今は見ちゃだめなの!)
18:
P「お疲れ、美希!」
美希「ハニーもお疲れ様なの?」
P「今日もしっかり決まってたぞ」グリグリ
美希「こ、これでもランクSだよ?美希着替えてくるね」タタッ
P「あ、うん…。帰る準備しとくな」
P「それじゃあ、明日も頑張ろうな」
美希「うん。おやすみなさいなの、ハニー」
P「…」
美希「どうしたの?」
P「いや」
美希「それじゃ、また明日ね」ヒラヒラ
P「おー、また明日な」ヒラヒラ
20:
P「出ない…」プルルル
P「時間も遅いし、寝てるかも…」
P「せめてメールでも」ピ
P「…やっぱ来ない…寝てるのかな」
P「う―…美希ぃ…」
P「やばい寝過した!急いで行かんと美希が遅刻する!」ピリリリ
P「ん?電話…?」ピッ
美希『ハニー!おはようなの!』
P「美希!すまん、ちょっと遅くなるかも」
美希『あ…だ、大丈夫なの。今日はね、友達と一緒に学校行くことにしたから』
P「え、そうなのか?」
美希『うん。だから、ハニーはそのままお仕事行ってね』プツ
P「」
22:
小鳥「そうして一週間ほど経ったわけですが…」
P「」ズーン
響「プロデューサー、目に見えて元気ないぞ…」
P「いや、そんなことないぞ?」キリッ
真美「兄ちゃんバレバレだYO!」
小鳥「効果抜群すぎますねー」
26:
千早「成る程、そういう訳だったのね」
美希「計画は順調なの。ハニーは今、寂しさMAXの筈なの!」
千早「見ててちょっと気の毒な程にね。切り替えの早さは流石だけれど」
小鳥「にしても美希ちゃんとプロデューサー、ラブラブというよりかは…じゃれ合ってるような?」
千早「プロデューサー、結構子どもっぽいところありますから」
美希「千早さんにまで言われちゃ世話無いの」
小鳥「普段バリバリ働いてるから、ギャップが凄いわねー」
美希「たまに別人かなーって思う事もあるよ?お仕事の時のハニーは格好いいの!」フフン
小鳥「畜生羨ましい…」ギリギリ
千早「凄い顔になってますよ」
27:
美希「けどね…なんか、変なの」
千早「変?」
美希「ミキがハニーにツンツンして、ハニーはミキに釘付けになって」
美希「二人はもっとラブラブになれるかな、って思ったんだけど…」
美希「今は…なんだか、全然キラキラしないの」
千早「…そうかしら?」
美希「うん。毎晩お話したり、メールしたりするのがなくなって。やろうと思えばすぐできるのに」
美希「キラキラできないの。ハニーも…そんな感じ」
小鳥「ふむ…」コト
29:
美希「ミキ、ハニーに迷惑かけてるかな?」
小鳥「美希ちゃんはそう思うの?」
美希「だって…ハニーの元気なくなってるし、お仕事に影響出るかもしれないし。何よりミキがモヤモヤしてるし」
美希「ツンツンなんてしなきゃよかったかな、って。今は思うの」
美希「…ハニー、怒ってないかな。ミキが急に変なことしたから」
小鳥「…美希ちゃん。プロデューサーさんに無理に冷たくする必要はないし」
小鳥「もし悪いことしたな、って思ったら。ごめんなさい、って言えばいいのよ?」
美希「…あ」
31:
小鳥「大丈夫。プロデューサーさんは美希ちゃんの事、大好きだから」
小鳥「迷惑なんて思ってないし、怒ってもいないわよ?きっと」
千早「それに私は、美希がキラキラしていないとは思わないけれど?」
美希「どうして?」
千早「さっきプロデューサーの事話してた美希の顔。とても楽しそうだから」
美希「ミキの顔…」
千早「後、プロデューサーも同じ。美希と一緒にいると、とても楽しそうだもの。言葉と釣り合ってないけれど、ね」
小鳥「プロデューサーさん、天邪鬼だからね?」ニヤ
千早「何年経ってもそこは変わりませんね、あの人は」
32:
美希「…」カタン
千早「美希?」
美希「千早さん、小鳥。ミキ、用事を思い出したからいくね」
小鳥「はーい。気をつけてね」ヒラヒラ
美希「ごめんなさいなの!次は、ミキがお金出すから!」
小鳥「そんなの気にしなくても大丈夫よ。行ってらっしゃい!」
美希「うん!」
千早「…あの二人、本当に仲がいいですね」
小鳥「見てるこっちが幸せになるほどにね?。私もあんな彼が欲しいよぉ…」ピヨ…
33:
美希「…ハニー、今日は夜までのはずだけど…」プルルル
美希「電話、出ない…どこにいるんだろ」タタタ
美希「まだ、事務所に居るのかな?」
美希「あ」
P「ミキが構ってくれない…死にたい…」グデーン
冬馬「ンな事愚痴る為に俺を呼んだのかよ」
34:
冬馬「元はと言えばアンタが星井を邪険に扱ったのが原因なんだろ?因果応報じゃねーか」
P「そうなんだけど…美希を見てると、ついちょっかい出したくなるというかなんというか」
冬馬「まぁ、気持ちは分からなくもないけどよ」
P「美希成分が圧倒的に足りない…」
冬馬「成分て…どんだけ一緒にいるんだ、アンタら」
P「大体一緒にいる。美希は俺以外にはついてないし」
36:
冬馬「マジで?会えない日とか普通あるんじゃねーの?」
P「そんなの関係ねぇ!美希の『ハニー』があれば24時間戦えるね!」
冬馬「…そんだけ一緒だと、噛み合わない事とか出てきそうだけどな」
P「そりゃ、最初はちょいちょいあったけどな。今は一緒に居る方がいい」
冬馬「そんな奴ら居るんだな…アニメの中だけかと思ってたぜ…」
P「あぁ…美希ぃ…話したいよぉ…。抱きしめたいよぉ…」
冬馬(うぜぇ)
38:
冬馬「北斗じゃねーけどよ。話したいなら話せばいいし、抱きしめりゃいいじゃねーか」
P「そう簡単に言うけどな…」
冬馬「星井もアンタもお互い好きあってんだろ?変に構えることねーって」
冬馬「男なら恐れず吶喊だ!それで楽勝、だぜ!」
P「……」
冬馬「しっかりしろよ、プロデューサー」
冬馬「アンタは、天下のトップアイドル星井美希と輝き続ける『相棒』なんだろ?」
P「…冬馬」
冬馬「なんだよ?」
P「お前に言われると、なんか腹立つ」
冬馬「ほっとけ」
39:
P「俺、用事思い出したから帰る」
冬馬「ああ。んじゃ、俺も失礼させてもらうぜ」
P「今回は奢ってやろう。セレブな俺に感謝するがいい」
冬馬「似てないぞ。あとセレブでもないだろ」
P「これでも給料上がったんだよ!」
P「さて…と」
P「とりあえず一度事務所戻るか」
40:
美希「はっ、はっ…ふぅ」トトト
美希「あ、事務所…電気ついてる」
美希「…エレベーター、いつになったら使えるようになるんだろ…」カンカン
P「…誰にも食べられてないな」パタン
P「んじゃ、愛しの姫君を探しに行くとするか」
P「…げ、美希から電話かかってきてる」
P「わざわざかけてくれたのか…悪いことしちゃったな」
P「って、誰か来たのか?」
41:
美希「すー…はー…」
美希「…よし、なの!」
P「どちらさまー?」カチャ
P「あ」
美希「あ」
P「あー…えっと」
美希「お、お久しぶりなの!」
43:
P「昨日も会っただろ」
美希「そだっけ?」
P「…」
美希「…」
P「美希!」
美希「ハニー!」
P「イチゴババロア、一緒に食わないか?」
美希「おにぎり持ってきたの!ミキと一緒に食べよ?」
P「…あえ?」
美希「…なの?」
44:
P「」
美希「」
P「…はは」
美希「…あはっ」
P「美希!」
美希「ハニー!」ギュー
P「あー…やっぱ落ち着く」グリグリ
美希「……ねえ、ハニー」
P「ん?」
美希「お酒臭いの…」
P「Oh…」モワーン
46:
美希「ホント、ハニーはどうしようもないの!」ムスー
P「面目ない…」ナデナデ
美希「お酒の酔いが漂う感動の再開は聞いたことないの」
P「じゃあ俺達が世界初だな」
美希「そんな世界初いらないの!」
P「冗談だって。ホントごめん」
美希「…今日は気分が良いから、許してあげるの」
美希「イチゴババロアも、用意してくれたから」
P「用意しといた甲斐があった」グリグリ
美希「…ハニー、ちょっと食べ辛いかも」
P「我慢しろ。…酒臭いの苦手ならやめるけど」ギュー
美希「…仕方がないから、我慢してあげるの」モキュモキュ
48:
P「なあ、美希…ここ最近不機嫌だったのってやっぱり…俺のせいだよな」
美希「…」モキュモキュ
P「ゴメン。もっと気を付ける」
美希「…やっぱりわかってないの」
P「え?」
美希「変に気を遣うのはおかしいの。ミキは、そのまんまのハニーと一緒に居たいもん」
美希「…なーんて、思ったのはさっきなんだけどね?」
P「そっか」
美希「それに…今回のは、ミキも悪いかな、って思ったから」
50:
P「そうなのか?」
美希「うん。ハニーにツンツンすれば、ハニーがミキに釘付けになって、もっとラブラブ出来るかも、って」
P「…成る程なぁ」
美希「でも、全然キラキラできないし、ハニーにも迷惑かけちゃった」
P「迷惑なんて少しも思わなかったな」
美希「だから…ミキも、ごめんなさい」
P「なら、これでお相子かな。俺が美希にした分も、美希が俺に冷たくしたことも」
美希「そうだね」
52:
美希「ごちそうさまなの」
P「流石にこの時間に喰うには重かったか」ゲプ
美希「ハニーはもうオジサンだね。ミキ、まだまだ大丈夫だよ?」
P「甘いな、老けるのは一瞬だぞ。残り少ない10代を謳歌しておくがいい」
美希「怖いこと言わないで欲しいの!」
P「時間も遅いし早めに引き上げよう。鍵の確認頼む」
美希「合点承知なの!」
55:
P「戸締り良し、っと」ガチャ
美希「遅くなっちゃったね」
P「まだ酒残ってるから車には乗れんな…歩いて帰るか」
美希「食後の運動に丁度いいの」
P「…手、繋いで帰るか」
美希「えー、どうしようかな」
P「駄目か?」
美希「そんなこと、あるわけないよ」キュ
58:
P「おはよう、美希!」
美希「おはようなの、ハニー!」
P「鞄」
美希「はい!」
P「弁当」
美希「バッチリなの!」
P「スケジュール」
美希「午後からハニーと一緒にレッスンだよ!」
P「笑顔」
美希「あはっ☆」
P「今日も完璧、と」
美希「あふぅ」
P「そうでもなかった」
美希「昨日遅くまでメールし過ぎたの…」
P「…それについてはすまんかった」
60:
美希「ね、ハニー。息、はーってして」
P「ん?はーっ」
美希「うん!さわやかミントの香りなの!」
P「あれホントに効くんだな。酒臭さ一発で消えたぞ」
美希「じゃ、キスして」
P「…ここでか?」
美希「おはようのキスは、お姫様を目覚めさせる基本なの」
P「…今日は特別だぞ」
美希「…ん」
61:
美希(…)ウズウズ
P「ん…」
美希「…えい!」プニ
P「むぐっ?…指?」
美希「あはっ☆ ハニー、引っかかったの!」
P「…はい?」
美希「えへへー、毎回すんなりいくと思ったら大間違いなの」
P「………」
62:
P「」スタスタ
美希「あれ?ハニー?」
P「」バタム
P「アデュー」ドルルン
美希「」
美希「待ってなの!置いて行かないでなのー!」
おわる
64:

66:
おつおつ
6

続き・詳細・画像をみる


お前らに好かれる男主人公っているの?

【悲報】男が「ロリコンが気持ち悪いんか!」等と大声で叫ぶ

【小説】絶対に読むべき不朽の文学作品おしえろ

スズメバチとクマバチってどう考えても名前逆だよね

この獲物はオイラのだい!…ってこいつ生きてやがるぅぅぅううううううう!!!!!

<中国>香港民主派デモ「天安門の再現」恐れる政府

back 削除依頼&連絡先