P「貴音の正体に迫る?」真美「うん!」back

P「貴音の正体に迫る?」真美「うん!」


続き・詳細・画像をみる

1:
真美「ねぇ兄ちゃーん。ヒマだよー」
P「俺は今仕事中だっての……」カタカタ
真美「遊んで遊んでー!」
P「もうちょい待てって……」
貴音「あの、あなた様」
P「ん? あぁ、貴音。そろそろ仕事か」
貴音「えぇ。では行って参ります」
P「おう、行ってこいー」
ガチャ、バタン
P「ふぅ、一段落着いたなー」
真美「……」
P「どうしたんだ真美。珍しく難しい顔して」
真美「珍しいは余計だよ兄ちゃん! あのさー、前から思ってたんだけど……」
P「ん?」
真美「お姫ちんって結局のとこ、ナニモンなのー?」
4:
P「さぁ? 俺も実際よく知らないんだよなぁ……」
真美「んっふっふ?、そんなことだろうと思ったよ!!」
P「何で自信満々なんだ」
真美「じゃーん!これを見るのだ!!」
P「お姫ちんの正体に迫る? ……なんだこのファイル」
真美「真美ね、お姫ちんの正体について色々レポしてきたの!!」
P「……聞こうじゃないか」
真美「じゃあまずはね……」
『もしもお姫ちんの正体が吸血鬼だったら→』 提案:M.F
『兄ちゃんの血を吸いたくてたまらなかったら→』提案:A.F
真美「これにしようか?」
P「確かに貴音はどことなくそんな雰囲気があるな……」
真美「でしょでしょー!」
P「ていうか、この提案って双海しま 真美「セイ! そこは気にしちゃダメだぜ?」
P「……あいあいさー」
真美「グッド! んじゃさっそく行ってみよ→!」
6:
--------------------------------------------------
貴音「ただいま戻りました」
P「おーお疲れ貴音」
貴音「はい。 はぁ……」
貴音(最近、血を補充出来ていませんね……体が重いです……)
貴音(人間に紛れるとはなんと苦しいことでしょうか……)
P、「……」カタカタ
貴音(プロデューサーの血液。それはとても甘美な響き)
貴音(しかし、プロデューサーの血を吸う、などと……そんなことをすれば)
貴音(……わたくしの正体が露見してしまいます)
P「どうしたんだ貴音。なんか顔色悪いぞ?」
貴音「そうでしょうか?」
8:
P「んー……仕事疲れかねぇ。まぁゆっくり休めよ」ポン
貴音「! あんっ……」
P「えっ?」
貴音「い、いえ。何でもございません。はぁ……ふぅっ……」
貴音(なんと……プロデューサーに触れられるだけで……我慢ができなく……)
P「あ、あぁ」
貴音「はぁっ……はぁっ……」
P「しっかりしろって……」
貴音「あの、あなた様……」
P「ほんと大丈夫か? 貴音?」
貴音(あぁ、プロデューサーの匂い……こんなにもお側に……)
貴音(……欲しい)ギラッ
9:
P「おい、何で……目が真っ赤に……? ていうか、牙……!?」
貴音「わたくし、もう限界なのです……お願いですから……」ガシッ
P「た、貴音?!」
貴音「あなた様を、下さい……」
かぷっ
P「なっ!」
貴音「ちゅっ……ん、ごくっ……」
P「あ……うぁ……」
貴音「ぷはっ、ふぅ……あ……」
P「いたたた」
貴音「! も、申し訳ありません……あなた様にこのような無礼を!!
P「き、気にすんな」
貴音「……今、舐めて差し上げますね……ぺろ……れろっ……ちゅぱ……」
P「大丈夫だって。くすぐったいからやめろってば」
13:
貴音「あの、あなた様」
貴音「ご覧のとおり、わたくし吸血鬼なのです」
貴音「怖い、でしょうか……?」
P「……」
P「確かに驚いたが…… 貴音は貴音だ。別に怖いとか思ってないよ」
貴音「! ありがとうございます……」
P「ただいきなり吸うのは心臓に悪いぞ……」
貴音「ふふっ、あなた様の味……」
貴音「とても、美味しゅうございました」
貴音「また頂いてもよろしいでしょうか……?」
--------------------------------------------------
真美「いいですともー!」
P「なかなか淫靡だ」
14:
真美「チュッと吸ってはーんだね」
真美「分かんない人は『きゅんっ!ヴァンパイアガール』で検索だよ!」
P「真美はいい子だなぁ」
真美「……えへへ」
真美「んじゃ次ねー!」
『な、なーんと!貴音さんは実はびんぼーな人だったんです!!』 ていあん:Y.T
P「なんで ひらがな なの」
真美「そのほうが分かりやすいかなーって」
P「口癖をパクっちゃ駄目。というかやy……にキーボード打たせたのか?」
真美「一文字一文字頑張って打ってたよ?」
P「……提案者は今度美味しいもん食べさせてやろう」
真美「喜ぶよ?、やy……じゃなくて提案者の人!」
真美「んじゃ行ってみよ→!」
15:
--------------------------------------------------
貴音「はぁ……」
貴音「財布の中には1000円。給料日はあと半月……」
貴音「いかがいたしましょうか……」
貴音「決心いたしました。今月は無駄な出費を控えましょう」
---翌日---
貴音「らぁめん、大変美味でした」
テクテク
貴音「……なんと」
貴音「野口殿が消えてしまわれました……」
貴音「面妖な……」
---翌日---
貴音「」グゥー
貴音「うぅ、お腹が空きましたね……」
16:
---翌日---
P「……」
貴音「」
P「なんで貴音がこんなとこで行き倒れてるんだ」
貴音「あ、あなた様……」
P「どうしたんだ、貴音!」
貴音「最後に、伝えなければ……」
P「おい、しっかりしろ!最後なんて言うなよ!!」
貴音「せめて、もう一杯……」
貴音「らぁめんを……」
P「……」
P「食い過ぎだ」
貴音「いけずです……」
17:
貴音「ごちそうさまでした。真、感謝の言葉もありません……」
P「お金は計画的に使えよ」
P「ほら、取っておけ」スッ
貴音「こ、これは!諭吉殿!!」
P「」グッ
貴音「……この借りはいずれお返しします」
----一週間後----
貴音「あの、あなた様……」
P「マジか」
貴音「らぁめんが! らぁめんがわたくしを呼ぶのです……!」
P「反省しろ」スッ
貴音「500円玉……面妖なっ!」
--------------------------------------------------
真美「腹ぺこお姫ちんだね」
P「食費どんだけかかってるんだろうな……」
19:
P「ていうか偏食家なはずなのにスタイルいいよなぁ貴音……」
真美「……むぅ」
P「どうしたんだ真美」
真美「べっつに?」
P「?」
真美「んじゃ、次行こう次!」
『やっぱ月のプリンセスだよね!地球には恋を学ぶために来てそこから生まれる……』 提案:M.K
P「このメルヘン具合……」
真美「ノリノリだったよー」
P「まっこまこやで」
真美「ちなみに話が長かったから途中で寝ちゃったんだ☆てへっ」
P「さっき奴が落ち込んでたのはそれが理由か……」
真美「んじゃ行ってみよ→」
20:
--------------------------------------------------
四条貴音。
俺が担当するアイドルの少女。そして、俺が恋をした少女。
そんな彼女からの誘いは、期待していたものとは全く違ったものであり。
「わたくし、月に帰ることになりました」
――もしも貴音が月の姫だったら。
屋上のドアを開けても彼女は振り返らず月を見たままだった。
月を見る姿は何度も見た。なのに今日はいつもと違って見えて。
P「着物なんて珍しい格好してるじゃないか」
P「こんなところに呼び出してどうしたんだ」
貴音「あなた様、お待ちしておりました」
P「貴音……?」
振り返った彼女は儚く笑う。
どうして――
P「どうしてそんなに悲しそうな顔を……?」
21:
貴音「わたくし、言わなければならないことがあります」
P「……なんだ?」
貴音「実はわたくし……月の姫、なのです」
P「……そう、だったのか」
貴音「あまり驚かれないのですね」
P「何かしら人に言えない秘密はあると思ってたさ」
貴音「……」
P「なんでアイドルになろうと?」
貴音「地球の暮らしを知るように、と。ですが……」
P「ん?」
貴音「この度、月へと帰るよう伝令を授かりました」
P「……は?! いつだ?!」
貴音「……本日、日付が変わる前に」
P「そんな……」
P「急、すぎるだろ……」
24:
貴音「……申し訳ございません」
P「……また帰ってくるんだよな?」
貴音「一度戻ればもう二度と帰らないでしょう」
P「おい、嘘だろ……!!」
貴音「……全て事実です」
P「トップアイドルになるんじゃなかったのか?!」
貴音「わたくしは……我侭を言える立場ではございません」
貴音「従え、と言われれば従うのみ、です……」
P「……でも!」
貴音「あなた様」
貴音の人差し指が俺の口をふさぐ。続けようとした言葉は出ない。
貴音「……あなた様との日々は、かけがえのない宝物です」
P「あ……」
26:
彼女の頬をつぅ、と一筋の涙が伝う。
憂いを帯びた微笑はどこか幻想的だった。
きっと俺が触れていいものではなく、
貴音「……」
別れは必然なのだろう。
P「貴音」
――それでも。
P「これをお前に……」
貴音「……この箱は、一体?」
P「ずっと渡そうと思っていたものだ。……開けてみろ」
貴音「指輪、ですか……」
P「……左薬指にとても似合うと思う」
貴音「!!」
P「好きだ」
30:
貴音「あなた様……! ぐすっ……うぅ……」
P「……何で泣くんだよ」
貴音「わたくしも……ずっとお慕いしておりました」
貴音「ですが……」
P「んっ?!」
気付いたら、彼女に口づけをされていた。
貴音「……申し訳ありません」
貴音「記憶を奪わせていただきます」
P「記憶?……あれ……」
どんな魔法か。貴音との記憶が俺の中からこぼれ落ちる。
忘れたくないことを忘れていく。膝に力が入らず崩れ落ちる。
P「おい、どうして……?」
貴音「思い出をありがとうございました」
P「貴音……!」
貴音「わたくしのことなどお忘れに。どうか……幸せになってください」
31:
そう言って背を向けた彼女を追いかけられない。
P「貴音!」
P「……たか、ね」
P「……」
P「……あ……れ?」
P「何で俺は泣いてるんだろうか……?」
P「とても悲しいことがあったはずなのに……なんで思い出せないんだ」
P「……帰ろう」
……
貴音「さようなら……わたくしの愛したお方……」
きら、と夜空に光るのは、指輪か星か涙か。
明日からはまた、いつもの日々が始まるのだろう。
空を見上げても、今宵の月は隠れてしまい、姿を見せない。
もう名も呼べぬ誰かとの、永遠の決別を告げるが如く。
--------------------------------------------------
33:
真美「……ぐすん」
P「月の姫と人間の叶わぬ恋、か」
P「悲恋だねぇ」
真美「うわーん! お姫ちん、行っちゃやだよー!!」
P「ま、真美?! これは妄想だってば!!」

P「落ち着いたか?」
真美「うん……」
P「んじゃ、気を取り直して次行ってみよう」
真美「うん! 次は似たようなのをまとめたよー!」
『プロデューサーさん!貴音さんはDQNですよ!DQN!』    提案:H.A
『私みたいに弱気な四条さんっていうのは……いえ、何でもないですぅ……』 提案:Y.H
『実は女王様とか面白いんじゃないかしら?にひひ!』    提案:I.M
37:
P「……イニシャルにしてる意味あるのか?大体特定できるんだが」
真美「個人のぷらいばし?をソンチョーしてるのだ!」
P「まあ、なんでも、いいですけれど」
真美「んで、これはお姫ちんの面妖喋りが全部作り物だって設定だね」
P「隠された本性か」
真美「ざっつらいと!」
真美「1.やんきーお姫ちん」
真美「2.弱気なお姫ちん」
真美「3.女王様お姫ちんの3本でお送りするよ→!」
--------------------------------------------------
チュンチュン
P「ん、朝か……」
P(まさか残業で事務所で一晩過ごすとは思わなかった……)
貴音「おはようございます。はて、まだ誰も来ておりませんね……」
P(貴音か……? 俺に気付いてないっぽいな……)
38:
貴音「……」
貴音「あぁマジ仕事だっりぃ?」ダラーン
P(?!)
貴音「つぅか?? こんなキャラ付けしなきゃよかった感じ?」ダラダラーン
P「た、貴音……さん?」
貴音「あ。」
貴音「こほん。あなた様、おはようございます」
P「いや、あのな」
貴音「見られましたか?」
P「うん……見たくなかったけど」
貴音「あ?やっぱ驚きましたァ??」
P「」
貴音「すっげー面妖な顔してるんですけどぉ! うけるー!!」
P「貴音ェ……」
貴音「きゃはは! ほら、飯食い行きましょ!」
41:
--------------------------------------------------
P「貴音はそんな事言わない」
真美「うん」
P「……次に行こう」
真美「うん」
--------------------------------------------------
P「おはよう、貴音ー」
貴音「あなた様、おはようございます」
貴音(今日も一番にプロデューサーに挨拶できちゃった……)
貴音(う、嬉しいなぁ……)
P「貴音、今日の仕事なんだが……」
貴音「はい」
P「グラビア撮影をやってもらうから」
貴音「ぐらびあ、ですか」
貴音(え? そ、それって水着姿をカメラに撮られるの……?)
42:
P「そうだ」
貴音(は、は、はずかしいよぉ……)
P「……? 貴音、もしかして体調悪い?」
貴音「いえ、そのようなことはありませんが」
P「ふむ……」ピト
貴音「わわ!」
P「わわ?」
貴音「……何でもございません」
貴音(はわわ、プロデューサーのおでこと私のおでこがごっつんこ……)
P「んー、熱は無さそうだな……」
貴音「ふふ、女性の顔にみだりに触れるのは感心しませんよ?」
貴音(ていうか顔赤くなってないよね?大丈夫だよね?)
P「おっと、すまんな」
貴音「お気になさらず。では、行って参ります」
43:
P「頑張ってこいよー」
貴音「ありがとうございます、あなた様」
貴音(よーし、頑張ろう! しじょうたかね、ふぁいとー!おー!!)グッ
ガチャ、バタン
P「……」
P(心の声が全部漏れてる、なんて今更言えんよなぁ……)
--------------------------------------------------
P「……あのさ」
真美「うん」
P「ちょっと、イタい
真美「それ以上はやめようよ兄ちゃん」
P「……次だ」
真美「そだね」
--------------------------------------------------
46:
貴音「ふふふ……」
P「貴音」
P「俺を縛り付けて、どういうつもりだ」
貴音「あなた様を……」
貴音「少々、苛めたくなったのです」
P「……?」
貴音「」シュルッ
P「な、なんで靴下を脱いでいるんだ……」
貴音「ほら、舐めて下さい」
P「……は? 何を言って」
貴音「私の足を舐めて下さい、と申し上げたのです。綺麗にしてくださいね」
P「で、できるかそんなこと!」
貴音「上手に舐めることが出来たら離してあげてもいいのですよ?」グリグリ
P「……くそっ」
48:
ペロ……ペロ……
貴音「いい子ですね」
P「……」
貴音「では、次は」
P「離してくれるんじゃないのか?」
貴音「お黙りなさい」ピシッ
P「……痛いな、おい」
貴音「はて、あなた様はとても反抗的な目をしておりますね」
貴音「どうやら、立場というものを分からせる必要があるようです……」
P「……」
貴音「ふふっ……安心してください……」
貴音「わたくし無しでは生きられないようにして差しあげます……」
--------------------------------------------------
49:
P「これ以上はいけない」
真美「ちょっとドキドキしちゃったよ……」
P「真美も将来こんなふうになっちゃうのかねぇ」
真美「んなっ!真美はこんなことしないもん! もちっと、こう……兄ちゃんと……愛を……」
P「そっか」
真美「ちょ……何言わせるんだよぉ……」
P「よし、次に行こう」ナデナデ
真美「撫ーでーるーなー!」
『え?、ミキ今からお昼寝するの。面倒だし猫が変身してるとかでいいの。あふぅ』 提案:M.H
P「……プライバシーの尊重は?」
真美「うわー!名前出ちゃってるYO!」
P「まぁ大体分かってるし、いいんじゃねーの」
真美「そだね!」
P「動物が人間に変身っていうのは物語にはよくある設定だな」
真美「リチョーさんだね」
53:
P「山月記は人間→動物だっけ。というか真美はまだ習ってないんじゃ」
真美「細かいことは全部気にしない!んじゃ行ってみよ→」
--------------------------------------------------
貴音「あにゃた様」
P「あぁ、貴音」
貴音「おはようございますにゃ」
P「うん、おはよう……」
貴音「どうかにゃさいましたか?」
P「あのさ……貴音って、実は猫だよな?」
貴音「……にゃ?」
P「なんかたまに猫耳とか出てるし」
貴音「」ピコピコ
P「嬉しい時とか尻尾見えてるし」
貴音「」ブンブン
P「猫、だよな?」
54:
貴音「……」
貴音「そのようなことはございません。にゃ」
P「そっか……」
P「話変わるけど今日の朝ごはんは?」
貴音「鰹節ご飯ですにゃ」
P「魚介系スープとか好きだよな?」
貴音「好物です。にゃ」
P「ていうか猫舌じゃないの?」
貴音「熱さには慣れましたにゃ」
P「……やっぱり、猫だよな?」
貴音「断じて、そのようにゃことは無いです。にゃ」
P「……そうか」
貴音「そうでございますにゃ」
P「ならば」
貴音「?」
56:
P「――ここに取り出したるは猫じゃらし」スッ
貴音「!!」
P「」フリフリ
貴音「あ……あ……」
P「」フリフリ
貴音「ふしゃー!!」
P「ほーれほーれ」ブンブン
貴音「ふかーっ!!」
P「あっはっは!やべー楽しいー!」フリフリ
貴音「みゃーお、ごろごろ……」
P「よーし営業行くかー」
貴音「にゃー……はっ!」
P「んじゃな、貴音」スタスタ
ガチャバタン
貴音「あにゃた様!わたくしは猫ではございませんにゃ!あにゃた様ー!!」
58:
--------------------------------------------------
真美「あからさますぎてビビるね」
P「なるほど」
真美「兄ちゃん?」
P「……犬耳もありだな。あえてエルフ耳…?いや、狐耳あたりも……」
真美「帰ってきてよー、兄ちゃん」

真美「……結論は?」
P「牛耳までなら許す」
真美「……そっかー」
P「? まぁ、次にいこうか」
真美「おっけー!」
『貴音は怖がりなところがあるぞ! ユーレイとかダメだって聞いた!』 提案:H.G
真美「ん?、意外ですな?」
59:
P「というかこれ、単なる暴露じゃないか……?」
真美「んじゃ、一緒にホラー映画見るシチューでいい?」
P「シチュ、な」
真美「んじゃ行ってみよ→」
--------------------------------------------------
P「?♪」
貴音「あなた様、ご機嫌ですね」
P「あぁ、見たかった映画が手に入ったんだ。貴音も見るか?」
貴音「是非、見たいです」
P「んじゃ準備しよう」パチン
貴音「……どうして電気を消すのでしょう?」
P「いや、ゾンビ映画だし暗いほうが雰囲気が出る」
貴音「ゾンビ、ですか」
60:
キャアアアアア!!!
貴音「ひっ!」
P「あの、貴音さん」
貴音「あなた様、何でしょう?」
P「どうして私の腕を掴んでいるのでしょう?」
貴音「いけませんか?」ウルウル
P「……いや、いいけどさ」
ウワアアアアア!!!!
貴音「きゃっ!」ガシッ
むにょん
P(あ、特盛)
貴音「」ガタガタ
むにょんむにょん
P(ここが……ここがユートピアか……)
61:
P「貴音。あの、貴音? 終わったから離してくれないか」
貴音「嫌でございます」ギュッ
P「あの」
貴音「申し訳ありません……もう少々このままで居て下さい……」ブルブル
P「はぁ、分かったよ……」
--------------------------------------------------
P「イイネ!」
真美「お姫ちんは普段とのギャップに萌えるね?」
P「弱点とか無さそうだからなー貴音」
真美「真美、怖いの見ても一人でおトイレ行けるよ!」
P「偉い偉い」ナデナデ
真美「えへへ、んじゃつぎつぎー!」
『四条さんの正体? 難しいわね。でも心読む能力とかありそうよね』 提案:C.K
62:
P「これは超能力を使えるという設定か」
真美「まいんどりーでぃんぐ!」
P「というか正体から離れてる気がするんだが……」
真美「細けぇことはいいんだよー!」
P「……うん」
真美「真美のやってたゲームにも超能力で人の心を読める主人公が居てね」
P「ほう、そうなのか」
真美「ラ○ブ・ア・ライブっていうんだけど」
P「なあ……そうだろ、松ッ!! 」
真美「通りすがりのたいやき屋さんだねっ!」
P「なんで知ってんだよ」
真美「ピヨちゃんに借りたのだ! んじゃそろそろ行ってみよ→」
63:
--------------------------------------------------
P「はぁ」
貴音「あなた様、何かお困りですか?」
P「あぁ、貴音。いや、別に何でもないよ」
貴音「……ふむ」
貴音(使いたくありませんでしたが……仕方ありませんね)
ビビビ
P(あぁ、貴音の後ろ髪に頭そ突っ込んでスンスンしたいなぁ)
貴音「な、なんと破廉恥な……」
P「? どうした?」(今日も可愛いなぁ貴音)
貴音「いえ、あの……」
貴音「何でもありません」カァァ
64:
P「そっか」(あー貴音と結婚したい)
貴音「こ、婚約ですか? まだ早いのでは無いのでしょうか?」
P「どうしたんだ? いきなり」(ちゅっちゅしたい)
貴音「ちゅっ?!……あの、わたくし、仕事に行ってまいります!!」ダッ
P「あ、行っちゃった……」
貴音「はぁっ……はぁっ……」
貴音「プロデューサーはいつもあのようなことを……」ドキドキ
--------------------------------------------------
真美「中々のヘンタイっぷりだね。兄ちゃん」
P「妄想だし。あとさ……」
P「なんか、やよいを見る千早って感じがする」
真美「……あ?」
P「……次行こっか」
真美「うん」
65:
『貴音ちゃんの正体ですか?? 実はお嫁さんとかどうでしょうか?』 提案:A.M
P「!」
真美「!」
P「つまりそれは……!」
真美「……人妻という名の禁忌(タブー)!!」
P「思わぬ伏兵がここに……!」
真美「んじゃ行ってみよ→」
--------------------------------------------------
P「ただいまー」
貴音「あなた様、お帰りなさいませ。スーツお預かりしますね」
P「おう、ありがとな。貴音」
貴音「いえ、あなた様の為ですから。すぐ夕食にいたしますか?」
P「うん、頼むよ」
67:
P「いただきます」
貴音「どうぞ召し上がってくださいませ」
モグモグ
P「うん、美味い。貴音、料理上手になったよなー」
貴音「事務所の皆より教わっていますので」
P「ホント助かってるよ」
貴音「……それは、とても良き事」

P「んじゃ風呂入るわー」
貴音「はい」
貴音「では、お背中を流させていただきます」

ジャー
P「あぁ、気持ちいい」
貴音「あなた様は近頃お疲れのご様子」
69:
P「色々任されることも増えたしなー」
P「というか外であなた様とか呼ぶなよ」
貴音「では……そうですね、『ご主人様』とお呼びしても?」
P「わざとやってんだろ……」
貴音「ふふっ。さて、どうでしょうか」

貴音「明日は何時に起床でしょうか?」
P「いつもと同じ時間で大丈夫だ」
貴音「それでしたらお弁当を用意しておきますね」
P「マジか、ありがとなー」
貴音「ふふっ」

P「んじゃお休み貴音」
貴音「えぇ。お休みなさいませ。あなた様……」
ちゅっ
71:
--------------------------------------------------
P「良妻!」
真美「りょ→さい!」
P・真美「お早うからお休みまでお姫ちん!!」
P「いや、いいお嫁さんになりそうだなぁ貴音」
真美「座って礼するのが似合うよねー!」
P「でもだな」
真美「うん」
P「俺より稼ぎそう」
真美「あ?……兄ちゃんリーマンだもんね」
P「……自分で言って落ち込んだ」
真美「うわわ! ヘコまないでよ兄ちゃん! 真美がジュース買ってあげるから、ね!」
P「あぁ、ありがとな。真美もいいお嫁さんになれるよ」
真美「それなら……兄ちゃんがお嫁さんにもらってくれる……?」
P「んじゃ最後行ってみようか」
72:
真美「スルー?! 良くないよそういうの!!」
『え、私もなの? そうね、貴音には先生とか似合いそうよね……あとは、えっと……』 提案:R.A
P「先生かー。Rっちゃんらしい、のか?」
真美「ネタ切れともいうね」
P「というか最後まで話聞いてやれよ……」
真美「ごめんねっ☆」
P「かわいいから許す」
P「貴音はメガネとか装備させると似合いそうだな」
真美「うんうん! わかるわかるー!」
P「……メガネか」
真美「兄ちゃん?」
P「雪歩にメガネもありか? あれ、美希も意外と……? なるほど、めがちはというのも……」
真美「また行っちゃったよ……」
P「うん、メガネ装備させたい子ばっかだな、うちの事務所は」
73:
真美「その発言した翌日にゃー、765プロがメガネっ娘だらけになるね!」
P「おっと、話がずれたな。今回は先生がメインだっけ?」
真美「うん!」
真美「んじゃ行ってみよ→」
--------------------------------------------------
貴音「君がため 春の野にいでて 若菜摘む わが衣手に 雪は降りつつ」
P「……」
貴音「この歌は、恋する者の為に雪に降られながらも野草を摘む、という歌であり……」
キーンコーンカーンコーン
貴音「ふむ、時間が来ましたね。では終業と致しましょう」

P「……はぁ、難しいな。四条先生の授業は」
貴音「もし」
P「あれ、どうしたんですか?四条先生」
75:
貴音「先日の試験の結果ですが、赤点を取った者は貴方だけです」
P「マジっすか」
貴音「まじ、です。放課後に居残り授業ですよ、P」
P「分かりました……」

P「あの、四条先生」
貴音「どうしましたか?」
P「この問題が分からないんですが」
貴音「ふむ。その問はですね」スッ
P(ちょっ、近い近い)
貴音「この文をこう解釈するとこういうことになり……」ギュムッ
P(当たってる!当たってるよ!!)
貴音「と、このような感じで……P、聞いているのですか?」
P「す、すみません。聞いてませんでした」
貴音「全く……いけない子ですね」コツン
77:
P「……」カァァ
貴音「ふふ、焦らずとも大丈夫ですよ」
貴音「一緒に頑張りましょう、ね?」
--------------------------------------------------
P「貴音先生と放課後の個人授業……」
真美「なんでこんなにエロいんだろうね……」
P「分からんがとりあえずメガネ装備だな」
真美「推してくるね、兄ちゃん」

真美「出たのはこれくらいだねー」パタン
P「案外暇つぶしになったなー」
真美「ていうか兄ちゃーん」
P「ん?」
真美「お仕事は?」
P「あ」
80:
バタバタ
P「ちょ、もうこんな時間かよ!」
真美「焦りすぎだよ兄ちゃーん!」
P「いや、アポ取ってるからマズいんだって!!」
P「真美、すまん!そのファイルしまっといてくれ!!」
真美「あ、あいあいさー!」
ガチャバタン
真美「……」
真美「結局、お姫ちんの正体って……?」
貴音「真美。呼びましたか?」
真美「うわ?! お姫ちん!!」
貴音「……? このファイルは一体……」
ペラペラ
真美「あー……あはは……」
貴音「ふむ、なるほど……」
82:
貴音「この予想……案外当たっているかも知れませんね」
真美「え? どういうことー?!」
貴音「いえ、何でもございません」クスッ
真美「ちょっとお姫ちーん! 気になるじゃんかよー!」
貴音「はてさて。では、これにて終劇としましょうか」
  ◆月のワルツ◆
  歌:四条貴音(原由実)
作詞:湯川れい子  作曲:諫山実生
貴音「ところで響。重要なお話があります」
響「ん? どうしたんだ貴音ー?」
貴音「こちらへ……」
響「うん!」タッタッタッ

ウギャアアアアアア!!!
-END-
83:
乙!
じゃあ次は響編で
84:
おつおつ
8

続き・詳細・画像をみる


【サヨク速報】しばき隊の在日韓国人が韓国の日本人街で数万人規模の街宣を計画。「やられた分はやり返す」

10月1日はメガネの日!メガネっ娘うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

無職だけど朝日が気持ちよすぎワロリンゴwwwwwwww

これは階段なのか?ほぼ90度の階段とか命がけすぐるだろwwww

従姉妹の住んでいた町では夏に大きな祭りがあるが、毎年その期間を狙って招かれざる客が襲来する

後期失敗三銃士ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwww

認知症の兆候は12年前から現れる。ちょっとした物忘れが危険のサイン(米研究)

鉄腕アトムの最終回って本当に救いがなさすぎる

【国際】香港政府打つ手なし 民主派「雨傘革命」 デモ参加10万人超か 1日の「国慶節」焦点

【知ってた】ネットを徘徊する荒らしはサイコパスなナルシストで、サディストであることが判明

1億円のフェラーリでキャンプする猛者が現る!!

教え子の男子高校生とセックスした23歳女性講師

back 過去ログ 削除依頼&連絡先