モバP「コンビネーション」back

モバP「コンビネーション」


続き・詳細・画像をみる

1:
―事務所―
奏「撮影の時は水が冷たくてね、休憩時間はお湯で足を温めていたわ」
凛「へえ、大変だったんだね」
加蓮「衣装も結構薄いよね。アタシだったら具合悪くなっちゃうかも」
奏「おまけに派手に破られたしね。Pさんにもやりすぎたって謝られちゃった」
加蓮「え?」キョトン
凛「ど、どうしてプロデューサーが謝るの?」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411457416
2:
水奏(17)
http://i.imgur.com/4kGBxkr.jpg
渋谷凛(15)
http://i.imgur.com/dzpuOAo.jpg
北条加蓮(16)
http://i.imgur.com/cwoz9Xr.jpg
3:
奏「あら、だってこのドレスを破ったのPさんだもの。最初は普通に撮影してたけど、
 監督が雰囲気を出す為にちょっと衣装を破ってみようかって言い出して、それで
 Pさんが監督と相談しながら破ってくれたの」
加蓮「い、衣装着たままだったの……?」ドキドキ
奏「撮影時間おしてたし、それに破った後で色々と見えちゃったら大変じゃない。
 私がケガしないようにハサミを使わないで、Pさんが力加減をしながら両手で
 優しく、ちょっと乱暴に破ってくれたわ。ドキドキしちゃった♪」クス
加蓮「P、Pさんが乱暴に……」カアア
4:
凛「……奏ってさ、なんかズルいよね」ジト
奏「なにが?」ケロリ
凛「い、言わせないでよ、わかってるくせに……」カアア
奏「ふふ、2人にはまだ早かったかしら」クスクス
 ワイワイ キャイキャイ
―事務所ドアの外―
奈緒「……」ジー
5:
神谷奈緒(17)
http://i.imgur.com/dLoYLDN.jpg
6:
―――
奈緒「はあ…… 何で事務所に入れなかったのかなあたし。別に奏が苦手ってワケでも
 ないんだけど」スタスタ
奈緒「でもああやって3人揃ってるとすげえ一体感があるっていうか、あたしの方が
 場違いな気がするんだよな。凛も加蓮も奏も美形でシュっとした顔つきしてるし、
 全員東京の女子高生だし……」ブツブツ
7:
奈緒「……そもそも何であたしがトライアドのメンバーに選ばれたんだ?どう見ても
 あたしより奏の方が合ってるじゃねえか。最初からわかってたけど、ああして
 見るとやっぱり落ち込むぜ……」
奈緒「……」
奈緒「ああもう!つまんねえことを考えるのはやめだ!きっとPさんにはあたしの
 考えつかないようなアイデアとかあったんだろ!それに凛と加蓮とも仲良く
 やってるんだし、心配することなんて何もねえよな!」ブンブン!!
奈緒「ちょっと外の空気吸ってくるか」ガチャ
8:
里奈「お、ちょうどヒマそうでイイカンジのコはっけ?ん☆」タッタッタッ
奈緒「ん?あたしか?」キョトン
里奈「ねーねーなおっち、ちょい手伝ってくんない?」ガシッ
奈緒「え?手伝うって何を?ちょ、ちょっと引っ張んなよ!」グイグイ
9:
藤本里奈(18)
http://i.imgur.com/5tIZ2nG.jpg
10:
***
―事務所ガレージ―
拓海「しっかりおさえとけよ奈緒。ふん!ぐぬぬぬぬ……!」ギリギリ…
夏樹「いや?わりいな奈緒、わざわざ来てもらってよ」カチャカチャ
奈緒「いや、別にヒマだったから構わねえけどさ。でもまさかバイクのメンテを
 手伝わされるとは思わなかったぜ」
11:
向井拓海(18)
http://i.imgur.com/vpHXiCH.jpg
木村夏樹(18)
http://i.imgur.com/FYjS2Y9.jpg
12:
里奈「ゴメンね?なおっち。アタシ今日の服オキニだから、オイルで汚れちゃったら
 マジヘコむしさ☆」
奈緒「あたしだってヘコむっての。でもこういうのはあたしより美世さんに頼んだ方が
 いいんじゃねえのか?」
拓海「バッカお前、美世に頼んだら余計な所までバラされちまうっての。そうなったら
 全員夜まで帰れなくなるぜ」キュッ、キュッ
奈緒「そうなのか?」
夏樹「メカニックの血が騒いじまうんだろな。美世さんに手伝ってもらったら新車並に
 ピカピカになるんだけど、オオゴトになっちまうからさ。ちょっとパーツ替える
 くらいだったらアタシ達でも出来るしな」ギコギコ
13:
里奈「それになおっちバイク好きそうじゃん?なおっちってアタシ達と同じニオイが
 するんだよねー☆」キャハハ
奈緒「あたしは別に走り屋とかじゃねえぞ?可愛いよりはカッコいい方が好きだけど、
 バイクとかそんなに詳しくねえし」
里奈「あれ??でもなおっち、こないだコンビニでカメ○オン読んでなかった?」
奈緒「ど、どうしてそれを!? あ、あれはマンガとして好きなだけで、別にヤンキーが
 好きなわけじゃねえからな!? 」アセアセ
15:
拓海「素直になれって、ここだけの話にしといてやるからよ」ポン
夏樹「でも口にしてくれなくちゃ、アタシ達は先に気づけないぜ?」ニヤリ
奈緒「うるせえ!うまいこと言うんじゃねえ!」グワッ!!
 ギャーギャー ゲラゲラ
―車の陰―
李衣菜「……」ジー
17:
多田李衣菜(17)
http://i.imgur.com/ifRLju9.jpg
18:
―――
李衣菜「何かあの中に入りにくかった……」トボトボ
李衣菜「なつきち、奈緒と楽しそうにしゃべってたな……」ポツリ
19:
李衣菜「奈緒はカッコいいもんね。眉毛とかキリっとしててロックだし、なつきちと
 色々話が合うのかも。でも爬虫類ってロックなのかな?」
李衣菜「私は最近やっとギター弾けるようになったけどまだまだにわかだし、そもそも
 ギターが弾けたからってロックってわけじゃないし…… あれ?じゃあなんで
 なつきちは私と一緒にいてくれるんだろ?」
李衣菜「……」
李衣菜「ダメだダメだ!こんなの全然ロックじゃない!弱くてウジウジした私なんて
 ロックなアイドルじゃない!」ブンブン!!
李衣菜「で、でもすぐあそこに戻るのもあれだし、ちょっと時間潰そうかな……」ウロウロ
20:
柚「あ、なんかよさげなヒトみっけ♪」タッタッタッ
李衣菜「柚ちゃん?どしたの?」キョトン
柚「りーなちゃん助けて!ろっくなアドバイスが欲しいの!」ガシッ!!
 
李衣菜「そ、そこまで言われちゃったら断れないなあ……」テレテレ
21:
喜多見柚(15)
http://i.imgur.com/PYrJFkN.jpg
22:
***
―事務所会議室―
あずき「はいみんな!それじゃ今からフリフリ大作戦はじめるよっ!」
柚「ひゅーひゅー♪」パチパチ
忍「いや、何その作戦名?よくわかんないんだけど」
あずき「え?だってみんなでフリフリ衣装を考える作戦だからフリフリ大作戦でしょ?
 あずき的にはスマッシュヒットなんだけど」キョトン
23:
桃井あずき(15)
http://i.imgur.com/oirSHd5.jpg
工藤忍(16)
http://i.imgur.com/w9aIQW7.jpg
24:
李衣菜「ちょっと待って柚ちゃん!? フリフリのどこにロック要素があるの!? 」グワッ!!
柚「ちっちっ、『ロック』じゃなくて『ろっく』。もっとゆるい感じでお願い♪」ニコッ
李衣菜「ロックにゆるいとかないから!私はクールで硬派なロックンローラーだよ!」
あずき「クール……?」
忍「硬派……?」
李衣菜「こらそこの2人!『何言ってんだコイツ?』みたいな顔して首をかしげない!
 可愛いけど今はイラっとするから!」ビシッ!!
25:
柚「アタシはロックとかあんまり詳しくないケド、ロックって他のヒトと同じことを
 しててもダメなんじゃないの?りーなちゃんの『ろっく』は誰にもマネ出来ない
 個性だし、りーなちゃんはまさにロック界のパイ、パイ……」
忍「パイオニア、でしょ。でも確かに李衣菜ちゃんのロックは新しいね。格好良さと
 可愛らしさがあって、初心者のアタシでも親しみやすいし」
李衣菜「そ、そうかな、えへへ……」テレテレ
柚(ちょろ☆ 忍ちゃんもナイスフォロー♪)ペロッ
忍(伊達にユニット組んでないからね。李衣菜ちゃんには悪いけど)フフッ
26:
あずき「よーし!それじゃ李衣菜ちゃんもノリ気になったところでフリフリ大作戦
 スタートだよっ!」
全員「「「「お―――――っ!! 」」」」
 ワイワイ キャッキャッ
―会議室外―
穂乃香「……」ジー
27:
綾瀬穂乃香(17)
http://i.imgur.com/oPjkQJ8.jpg
28:
P「ん?何やってるんだ穂乃香?」スタスタ
穂乃香「ぴ、Pさん!? 」ビクッ!!
P「フリルドのメンバーと李衣菜がいるな。入らないのか?」ヒョコ
穂乃香「みんなの邪魔をするのは悪い気がして……」モジモジ
P「邪魔?どうして邪魔になるんだ?」
29:
穂乃香「だってあんなに楽しそうじゃないですか。私が入ったら空気を壊してしまい
 そうですし、それならここで見ている方が……」シュン
P「ユニットのことで悩みでもあるのか?」
穂乃香「いえ、ユニット活動に問題はありません。ただ私は、他のみんなと感性が
 違うと思う事があります。それで時々みんなに気を遣わせてしまうことが
 あって申し訳なくなるんです」
P(感性?あのブサイクなぬいぐるみのことかな?)
穂乃香「今もみんなの様子を見ると、私よりも李衣菜ちゃんの方が馴染んでいると
 思いませんか?李衣菜ちゃんはいつも明るくて可愛いですし、柚ちゃんや
 忍ちゃん達もとても楽しそうです。私はあずきちゃんの大作戦だってまだ
 よく意味がわからないのに……」
30:
P「いや、李衣菜もわかってるわけじゃないと思うぞ。柚と忍だってその場のノリで
 言ってるだけだろ。あずきの大作戦を真面目に考えて理解しようとしてるのは
 お前だけだろう」クス
穂乃香「そうでしょうか?」
P「そうだよ。でもそれは悪い事じゃないぞ。無理にみんなに合わせる必要はないし、
 少しくらいずれていたって気にすることはない。みんなが似たり寄ったりなら
 そもそもユニットを組んでいる意味がないしな」
穂乃香「でもそれだと歌やダンスに影響が……」
31:
P「もちろん一体感も大事だが、俺はユニットは互いに刺激しあって育てるものだと
 考えている。個性や考えがバラバラのアイドルをうまく組み合わせて、そこから
 新たな可能性を生み出すんだ。そっちの方が面白いだろ?」ニヤリ
穂乃香「他人事だと思って……」ジト
P「ははは、でも俺も遊んでるわけじゃないぞ。穂乃香もバレエの世界から新しい
 可能性を探してアイドルになったのに、プロデュースの方針がバレリーナの
 ままだったら意味がないだろ?だからまずは素朴でクセのない忍と組ませて、
 そこから少しづつフリルドの方向に持って行ったんだよ」
穂乃香(確かに最初は忍ちゃんと2人だけだったかしら……)
32:
P「ユニットを組んだことで、自分の中で新しい可能性が見えてこなかったか?それに
 気付く事が出来れば、俺のフリルドスクエア大作戦は成功なんだが」
穂乃香(新しい可能性……)
穂乃香「……うまく言葉には出来ませんが、自分が変わっていくのは感じています。
 みんなと一緒にいると戸惑う事もありますが、そんな自分を楽しんでいる
 自分がいるのも事実です。この気持ちを伝えられれば良いのですが」
P「焦らなくていいさ。お前の変化はプロデューサーの俺が一番よくわかっているしな。
 穂乃香はこの事務所に来た頃よりもずいぶん表情が柔らかくなったし、それによく
 笑うようになった。李衣菜に負けないくらいお前も可愛いさ」ニコッ
穂乃香「あ、ありがとうございます……」カアア
33:
P「それに変わっているのはお前だけじゃないぞ。柚達だってお前とユニットを組んで
 お前の影響を受けて少しづつ変わってるんだ。だからお前も無理に合わせようと
 しないで、ありのままの自分でぶつかってみろ」
穂乃香「や、やってみます……!」ドキドキ
34:
奈緒「あ、Pさん。李衣菜見なかった?」スタスタ
P「おう奈緒、李衣菜ならこの中にいるぞ。何か用事か?」
奈緒「いや、夏樹さんが探してるんだけど。お、いたいた」ヒョコ
35:
穂乃香「あ、奈緒。そういえば凛ちゃんと加蓮ちゃんが待ってたよ。もし見かけたら
 応接スペースに来るように言っといてって言われたけど」
奈緒「あー、了解。あたしもそろそろ覚悟決めるか」パン!!
P「何の覚悟だ?お前もユニット関係で悩みでもあるのか?」
36:
***

穂乃香「入るわよ」ガチャ
柚「わわ、イキナリ穂乃香ちゃん!? 」アセアセ
穂乃香「私に隠れて何をしているの?同じユニットなのにちょっと傷つくな」クス
忍「いやいや!仲間外れにしてたワケじゃないよ!ただきちんとまとまってから
 穂乃香ちゃんに見せたかったの!」アタフタ
あずき「あーあ、フリフリ大作戦大失敗。でもいいや、実は3人でぴにゃちゃんの
 服を作ろうって考えてたの」
穂乃香「ぴにゃこら太の?」キョトン
37:
柚「うん。亜里沙先生のウサちゃんの着なくなった服をもらって、ちょいちょいって
 改造すればぴにゃの服になるんじゃないかなって思ってさ。もうすぐ寒くなるし、
 ぴにゃもハダカじゃかわいそうじゃん」
忍「アタシ達だけじゃ意見がまとまりそうにないから、李衣菜ちゃんにも手伝って
 もらってたんだ。李衣菜ちゃんも一応クールのアイドルだし、穂乃香ちゃんの
 好みとかわかるかなって思って」
あずき「あずき達はフリルドスクエアだし、ぴにゃちゃんもフリフリの衣装がいいと
 思うの。何枚かデザイン描いてみたけど、穂乃香ちゃんどれがいい?」サッ
穂乃香(ぴにゃこら太の衣装……)ペラ、ペラ…
38:
穂乃香「……ぐすっ」ホロリ
柚「ど、どうしたの穂乃香ちゃん!? もしかして気に入らなかった!? 」ギョッ!!
穂乃香「ううん違うの、みんなの気持ちが嬉しくて……」フキフキ
忍「大げさだよ穂乃香ちゃんは。あんまり認めたくないけどあのブサイクもフリルドの
 メンバーみたいなものだし、ちょっとくらい可愛がってあげないとね」クス
穂乃香「ありがとう…… きっとぴにゃこら太も喜ぶわ」ニコ
忍(穂乃香ちゃんこんなに可愛いのに、どうしてあんなブサイクがいいんだろ?)
39:
あずき「一件落着っ!あずきの作戦大成功だねっ!」
忍「さっき大失敗って言ってなかった?」
柚「結果オーライだよ♪ さぁ、最後はみんなで決めるよっ!」
40:
***
李衣菜「な、なつきち?……?」オソルオソル
夏樹「おうだりー、どこほっつき歩いてたんだよ。電話しても出ねえし」
李衣菜「ご、ごめん、柚ちゃん達と作戦してて気づかなかった……」
夏樹「作戦?まあいいや、こっちもちょうど終わったからよ」
41:
李衣菜「なつきち達は何やってたの?奈緒に聞いても教えてくれなくてさ」
夏樹「コイツをちょっと改造してたんだよ。どこが変わったかわかるか?」ポンポン
李衣菜(なつきちのバイク?どこも変わったように見えないけど……)マジマジ
42:
李衣菜「……ん?シートが新しくなってる?」ピク
夏樹「お、正解だ。お前もバイクのことがわかってきたじゃねえか」ワシワシ
李衣菜「や、やめてよもー!セットが崩れるじゃんか!」ジタバタ
43:
李衣菜「でもどうしてシート交換したの?別に破れたりしてなかったじゃん」
夏樹「そ、それは何となくって言うか、気分的にだな……」アタフタ
李衣菜「?」キョトン
拓海「『LIVEが成功したらツーリングに連れて行ってやるって約束したのに、こんなに
 ヘタったシートにアイツを乗せるわけにはいかねえ』だっけ?」ニヤニヤ
里奈「キャー夏樹ちゃんイケメンー!マジロッカーだね♪」キャハハ
夏樹「お、お前ら!? 」ギョッ!!
44:
李衣菜「ほ、本当なの……?」
夏樹「言わせんじゃねえよ、ハズいだろが……」プイ
李衣菜「なつきち―――――っ!! 」ダキッ!!
夏樹「うわっ!? いきなり飛びつくんじゃねえ!! 」ガシッ!!
45:
李衣菜「ありがとなつきち!私もっともっと頑張って、なつきちに認められるくらい
 ロックなアイドルになるからね!」スリスリ
夏樹「やれやれ、わかってねえな。ロックってのは誰かに認められるものじゃなくて
 認めさせるものだ。お前に教えてやることはまだまだありそうだな」ポンポン
拓海「おい見ろよあの夏樹のだらしない顔。写メ撮ろうぜ」パシャ
里奈「とりあえず涼ちゃんに送っとく?ちょーウケそ?♪」ピロリーン♪
夏樹「やめろぉ!」
46:
***
奈緒「ったく、夏樹さんも素直じゃねえよな」スタスタ
奏「あら奈緒、応接スペースで凛と加蓮が待ってるわよ」スタスタ
奈緒「ああ、聞いてるよ。奏は帰るのか?」
47:
奏「ええ、用事もないしね。さっきまで3人で仲良くお喋りしてたんだけど、2人が
 ケンカしたから抜けてきちゃった。後は任せたわ♪」ウィンク☆
奈緒「マジか。ちなみに何が原因でケンカしてるんだ?」
奏「今度のオフの日に食べに行くスイーツで揉めているのよ。加蓮は生クリームが
 載ったパンケーキが食べたいのに、凛はクロワッサンドーナツがいいみたい。
 2人とも全然譲らなくて、奈緒に決めてもらおうって言ってたわよ」
奈緒「どっちも胸やけしそうだ。凛はともかく加蓮はそんなの食えるのかよ」ハア
48:
奏「ふふっ、あなたが羨ましいわ。2人とも私が目の前にいるのに、ずっといない
 あなたの話をしているんだもの。ちょっと妬いちゃうかも」クス
奈緒「そりゃ悪いことしたな。でもあいつらは渡さねえぞ」ニヤリ
奏「それは残念ね。まぁ、最初からあなた達の中に割り込めるとは思ってないけど。
 気晴らしにPさんをからかって帰ろうかしら♪」
おわり
49:
 ここまで。奏って色々とズルいですよね。奈緒や李衣菜と同じ17歳には見えないし。
最後にのあさんとアーニャと絡ませようと思ったんですが、みくが色々可哀想なことに
なりそうなのでやめときました。奈緒と李衣菜も頑張れ。穂乃香はぴにゃが側にいれば
大丈夫な気がする。では
51:
おつー
5

続き・詳細・画像をみる


ゲームで好きな掛け声

小学生の頃に歯列矯正を始めた

【悲報】清原、口座残高がヤバイ!! ガチで終わる・・・・

猫のカモフラージュが完璧すぎる

民主党が国民の信頼を得るには

宮沢りえさんの母、「りえママ」こと光子さん死去

back 削除依頼&連絡先