凛「わんっわんっ!」加蓮「くぅーん」奈緒「…………」back

凛「わんっわんっ!」加蓮「くぅーん」奈緒「…………」


続き・詳細・画像をみる

1:
奈緒「……」
凛「はふはふっ!」ペロペロ
加蓮「わふっ」スリスリ
奈緒「……」ナデナデ
凛「??♪」
加蓮「っ♪」
奈緒「…………」
奈緒「なんだコレ!?」
奈緒「どうしたんだよ二人共!?」
志希「いやー、あのね」
志希「失敗しちった♪」
奈緒「何したんだお前!?」
3:
志希「ちょーっと、従順になるおクスリが思いがけず出来たもんだからねー」
志希「せっかくだからプロデューサーに飲ませてやろーと思って、スタドリに混ぜたらー」
凛『……』
凛『(プロデューサーのスタドリ……)』
凛『……』
凛『(あらかじめ私が口をつけておけば、プロデューサーはそのまま……ふふっ)』
加蓮『……』ガシッ
凛『……加蓮?』
加蓮『させないよ』
加蓮『その役目、私が引き受ける』
凛『……ふう、分かった分かった』
凛『こんなことでいちいち争ってもしょうがないしね』
凛『二人一緒、私が妥協できるのはここまでだよ』
加蓮『……分かった、今回はそれでいいよ』
凛『交渉成立だね、それじゃあ……』
ゴクッ
志希「この二人が飲んじった♪」
奈緒「二人共何やってんのさ!?」
5:
加蓮「わふぅー」ピョコピョコ
奈緒「どこが従順になる薬だよ、犬耳生えてんぞ!?」モフモフ
凛「わん!」フリフリ
奈緒「尻尾すげえ振り回してるよ!?」ワシャワシャ
志希「うーん、どうやらキミに従順になっちゃったみたいだねー」
奈緒「お手」
凛「わっふぅ!」ポン
奈緒「マジかよ、どうしろってんだよ」
6:
志希「うーん」
志希「お世話したらいいんじゃない?」
志希「所詮はおクスリだから、時間が経てば効果は切れると思うよん」
奈緒「今すぐなんとかならないのかよ」
志希「そうは言ってもねー……」
志希「お手っ」
加蓮「がるるっ!」ガブ
志希「痛ぁ!」
志希「くないよ、手袋してるから」
奈緒「……」
志希「とまあ、あたしが近付くと噛まれんだよねぇ」
奈緒「お手」
加蓮「はふっ!」ポン
奈緒「……」
志希「だからあたしにはどうにも出来ませーん♪」
志希「奈緒ちゃんには懐いてるみたいだから一緒に過ごしてやってちょん!」
奈緒「んな無責任な……」
7:
志希「まあ原因はあたしにあるし、遊び道具くらいは提供するよん」
志希「とりあえずコレあげるよ!」スッ
奈緒「……く、首輪とリードを渡されても」
志希「じゃあコレ!」
奈緒「猫じゃらし? 犬に猫じゃらし……?」
志希「そんじゃーあたしはお仕事あるので、ひとまずサラバ!」
奈緒「あっ、待っ」
奈緒「……」
奈緒「何なんだよ、丸投げしやがって……」
凛「くぅん?」
加蓮「わんっ」
奈緒「…………」
奈緒「写メ撮っとこ」パシャ
奈緒「で、どうすりゃいいんだよこっから」
15:
凛「わふっ」
加蓮「はっはっ」
奈緒「……」ワシャワシャ
凛「♪」
加蓮「わふぅー……♪」
奈緒「首輪とリード……」
奈緒「いやダメだろ、端から見れば何のプレイだよって思われるじゃん」
凛「わんわん!」
加蓮「わふっ!」
奈緒「……ずっとあたしにくっついてるなー……」
16:
奈緒「……猫じゃらし」スッ
凛「!」
加蓮「!」
奈緒「……」フリフリ
凛「わふっ!」ハシッ
加蓮「わんっ!」ハシッ
奈緒「ははは、何で犬なのに猫じゃらしに反応するんだよ」
凛「わんわんっ!」
加蓮「わふっ!」
みく「にゃあ!」バシンッ
奈緒「えっ」
17:
みく「にゃん?」
奈緒「……」
凛「……」
加蓮「……」
みく「……」
みく「に、にゃあ……」
奈緒「……」
奈緒「……」フリフリ
みく「にゃああ!」バシンッ
凛「わ、わふっ!」
加蓮「くぅーん」
奈緒「……」
奈緒「何やってんだお前」
みく「い、いや、体が勝手に……」
18:
みく「というか聞きたいのはこっちの方だにゃ!」
みく「どうして凛チャンと加蓮チャンがこんな愉快なことになってるんだにゃ!」
奈緒「そ、それはだな……」
奈緒「……」フリフリ
みく「にゃおお!」バシンッ
奈緒「ははは」
みく「んにゃああ! 誤魔化すんじゃないにゃ!」
20:
奈緒「……というわけでさ」
みく「にゃるほど、志希にゃんの仕業かにゃ」
凛「……」
加蓮「わふ……」
みく「……な、なんか睨まれてるにゃ、どういうことだにゃ……」
奈緒「あたしには懐いてるんだけど、他の人にはどうなのか分かんないんだよな」
みく「これ絶対みくには懐いてないパターンだにゃ!」
奈緒「とりあえずさ、お手とかしてみてよ」
凛「……」
みく「いやいや、すごく嫌な予感しかしないにゃ……」
凛「……」
みく「あ、でも犬耳とか触ってみたいにゃ」スッ
凛「がるるっ!」ガブッ
みく「ぎにゃああああああ!?」
奈緒「やっぱり」
21:
みく「酷い目に遭ったにゃ……」
凛「♪」スリスリ
加蓮「♪」ピトッ
みく「なんで奈緒チャンはそんなに懐かれてるんだにゃ……」
奈緒「さ、さあ……」
みく「見てみるにゃ、奈緒チャンにくっついてる時はものすごい尻尾振り回してるにゃ」
凛「わふっ」フリフリ
加蓮「わんっ」フリフリ
奈緒「お、おう」
みく「あ、そうだ、これあげるにゃ」
奈緒「なんだこれ、ゴムボール?」
みく「さっき拾ったにゃ、多分遊び道具に使えるにゃ」
みく「じゃあみくはお仕事あるからそろそろ行くにゃ」
みく「……あーしんどいわー……」
奈緒「(最後の最後で……)」
22:
奈緒「……ゴムボールか」
奈緒「ほい」コロコロ
凛「わんっ!」タッタッタッ
奈緒「おっ」
凛「はむっ」
凛「はっはっはっ」
奈緒「おおー」
奈緒「よく持ってきたなー」ナデナデ
凛「わふぅ♪」
加蓮「わ、わん!」
奈緒「はいはい、お前にもやってやるからなー」コロコロ
加蓮「わふっ!」タッタッタッ
奈緒「ははは」
奈緒「写メ撮っといてやろ」パシャ
24:
加蓮「わふっ!」
奈緒「偉い偉い」ナデナデ
加蓮「くふぅーん♪」
奈緒「……」
奈緒「口で咥えてたな……」
凛「わんわん!」
奈緒「お、なんだもっとやりたいのか?」
奈緒「いいぞー、それ」コロコロ
友紀「オーラーーーーーイ!!」パシッ
奈緒「えっ」
25:
友紀「ん?」
奈緒「……」
凛「……」
加蓮「……」
友紀「……」シュッ
奈緒「……」パシッ
奈緒「……」
友紀「……」
友紀「バッチコーーーーーイ!!」
奈緒「いやそういう遊びじゃねえよ!?」
友紀「えっ、ゴロの捕球練習じゃないの?」
奈緒「違うよ!?」
26:
友紀「ていうか二人共どうしたの?」
友紀「犬耳と尻尾つけちゃって」
凛「わふっ」
加蓮「くぅーん」
奈緒「そ、それは……」
奈緒「そいっ」シュッ
友紀「ダイビングキャー……ここからじゃ届かない! くっそー!」ダダダ
奈緒「……」
奈緒「よし」
友紀「ってコラー! 追い出そうとすんな!」
27:
奈緒「……というわけでさ」
友紀「あー志希ちゃんね、じゃあ仕方ないね!」
奈緒「あたしにとっては仕方なくないんだけど」
友紀「お手!」
凛「……」
友紀「お手ー!」
加蓮「ばうっ!」ガブッ
友紀「ぎゃあああ!?」
奈緒「知ってた」
友紀「もー! 何なのさ!」
友紀「これだから犬は独立リーグ止まりなんだよ!」
友紀「やっぱ時代は猫だよ猫!」
奈緒「いや何の話だよ……」
28:
友紀「全くもー……」
凛「わふ♪」
加蓮「くふぅ♪」
奈緒「おーよしよし」モフモフ
友紀「なんで奈緒ちゃんはそんなに懐かれてるの!」
友紀「ズルい!」
奈緒「いや、ズルいって言われても……」
友紀「ぐぬぬ……そうだ!」
友紀「おツマミにとっといたポッキーで餌付けしてやろう、うひひ」スッ
凛「わふっ!」バシッ
友紀「あっ!?」
凛「……」モシャモシャ
加蓮「……」モグモグ
友紀「箱ごと取られた……」
29:
友紀「ちくしょー! 覚えてろよー!」
奈緒「あ、行っちゃった」
凛「……」モグモグ
加蓮「……」ガツガツ
奈緒「……」
奈緒「……」ムシャムシャ
奈緒「あっ、昼飯どうすりゃいいんだ?」
奈緒「こいつら犬になってるし」
奈緒「うーん……」
凛「……」
加蓮「……」
かな子「……」モグモグモグモグ
奈緒「……」
奈緒「んん!?」
30:
かな子「あっ」
奈緒「……」
凛「……」
加蓮「……」
かな子「……」
かな子「……」モグモグ
奈緒「食べるのを一旦やめろ!」
かな子「あ、ごめんなさい……」
かな子「それより、おかわりあります?」
凛「くぅーん……」
奈緒「ポッキー全部食べちゃったの!?」
31:
かな子「それで……凛ちゃんと加蓮ちゃん、どうかしたんですか?」
かな子「その、犬? になってるみたいですが」
奈緒「あー、それはな……」
グゥー
かな子「あっ」
奈緒「……」
かな子「……」
かな子「奈緒ちゃん、お腹空いたんですか?」
奈緒「人になすりつけるなよ!?」
33:
奈緒「……というわけなんだ」
かな子「なるほど、志希ちゃんですか」
かな子「まあその、やりかねないですよね、色々と」
凛「……」フリフリ
かな子「これ、お手って言ったらしてくれるんですか?」
奈緒「あたしにはしてくれるけど、他の人はちょっと分かんないなー」
奈緒「お手」
加蓮「わふっ」ポン
かな子「わぁー……!」
かな子「……お、お手!」
凛「わふ」プニ
かな子「はうあっ!?」
奈緒「……」
凛「わふっ」プニプニ
かな子「お、お腹を触るのは、ちょっと……」
加蓮「くぅん?」プニ
かな子「ひゃん!? ちょっと止めっ」
奈緒「……」
奈緒「えっと……肉、ついた?」
かな子「ぐふっ」
34:
かな子「うう……」ズーン
奈緒「……その……ごめんな?」
加蓮「?」フリフリ
かな子「分かってるんです……分かってるんですけど……」
かな子「止められなくて……うう」
凛「くぅん?」
かな子「あぁ……どうして凛ちゃんはそんなにスマートなんでしょうか……」
加蓮「わふ?」
かな子「加蓮ちゃんもすごいガリガリですし……」
奈緒「本人も気にしてるから元に戻った時に言うなよ、それ」
かな子「……よし!」
かな子「少し、運動してきます!」
かな子「たくさん動いて、たくさん食べます!」
奈緒「たくさん食べたらダメなんじゃあ」
かな子「変に我慢すると逆に体に毒なんです!」
奈緒「別に絶食するわけじゃないんだから……」
かな子「それでは!」
奈緒「……行っちゃった」
35:
凛「わふ……」
加蓮「くぅん……」
奈緒「ん?」
奈緒「なんだ、眠いのか?」
凛「……」グゥ
加蓮「……」グゥ
奈緒「……寝ちゃったなー」
奈緒「……」
奈緒「あたしに寄っかかられて眠られたら、動けないんだけど……」
凛「……♪」
加蓮「♪」
奈緒「……写メ撮っちゃえ」パシャ
36:
奈緒「……ふあ」
奈緒「あたしもなんだか眠くなってきたな……」
奈緒「……」スヤ
37:
奈緒「……ん」
奈緒「ふあー……寝てたのか」
凛「あ、奈緒、起きた?」
奈緒「ん? ああ」
加蓮「おはよー」
奈緒「おはよう……」
奈緒「お前ら、元に戻ったのか?」
奈緒「犬耳も尻尾も無いし」
凛「……何のこと?」
奈緒「ほら、あたしにじゃれついたりお手したりしたじゃん」
加蓮「何言ってるの?」
奈緒「ほら、犬なのに猫じゃらしに反応したりさ」
加蓮「ゆ、夢でも見てたんじゃない?」
奈緒「……」
38:
奈緒「(もしかして、犬になってた頃の記憶は無いのかな?)」
凛「……」モジモジ
奈緒「(なんか顔が紅潮してるけど……)」
加蓮「……」プイ
奈緒「(なんか目を逸らされるけど……)」
奈緒「……」コロコロ
凛「っ」ビクッ
加蓮「!」ビクッ
凛「……ど、どうしたの奈緒、突然ゴムボール転がしたりして」
奈緒「……いや、なんとなく」
奈緒「(覚えてないっぽいなー)」
39:
奈緒「そういえば写メを撮って」
凛「あ、あ! そうだ!」
凛「寝起きだから喉乾いたりしてない?」
奈緒「ん? あー、確かにそうかも」
加蓮「ほら、スタドリあるから、あげるよ、ほら、あげるよ」
奈緒「あ、ああ、ありがと」ゴクッ
奈緒「……あれ、このスタドリ飲みかけじゃん」
奈緒「……」
奈緒「あっ!? まさかコレ」
4

続き・詳細・画像をみる


自分用に買ったふかふかブランケット、猫にとられた

ソニーがスマホに取り付けるレンズカメラ発売 まるでスマホが一眼の様

ネットスーパー、住友商事が撤退 無料配送が重荷に

眺めてて楽しいゲーム設定資料

【閲覧注意】最も恐ろしい「クンニ」の画像

手軽に試せる不思議体験!コップと水だけで矢印を反転させる「光の屈折現象」おもしれぇ!!(・∀・)

back 削除依頼&連絡先