魔法使い「その魔法で……何を求む?」弟子「魔王のおぱんちゅですね」back

魔法使い「その魔法で……何を求む?」弟子「魔王のおぱんちゅですね」


続き・詳細・画像をみる


魔法使い「ま、魔王のおおおおぱんちゅ!?」
弟子「そうですっ……!」
魔法使い「なんだ……?」
魔法使い「そのショーケースに入っているトランペットを指を咥えて眺めているような少年の目つきは……?」
弟子「使い古された表現ですね」
魔法使い「ぇぇぃ!うるさいっ!!!」
3 :
魔法使い「それよりおぱんちゅとはなんだ!おぱんちゅとは!」
弟子「おぱんちゅはおぱんちゅですが……何か?」
魔法使い「そういう事を言ってるんじゃあない……!」
魔法使い「なぜ魔王のおぱんちゅを求めているのか聞きたいのだ!」
弟子「そりゃ幼女だから」
4 :
魔法使い「うべぁ!?」
弟子「何ですかその新しい呻き声?」
魔法使い「コホン……あのなぁ?そんな物のために私が魔法を授けると思っているのか?」
弟子「そんな物……?」ビキビキ
魔法使い「へぁ!?」
弟子「魔王のロリおぱんちゅをそんな物ってお前何様のつもりだァ!!!」
魔法使い「とぅばげら!?」
弟子「世界に一つだけの魔王のおぱんちゅバカにすんなァ!!!」
魔法使い「んゃ!?」
5 :
これは弟子と魔王のパンツの物語である
弟子「おぱんちゅだ!」
魔王のおぱんちゅを手に入れるため魔法使いの家を尋ねた弟子
だが魔法使いは弟子に魔法を授けてはくれなかった
そこで弟子は提案
7 :
弟子「魔法使いさんは魔王を倒したい……」
弟子「僕は魔王のおぱんちゅが欲しい……」
弟子「完璧なまでの利害の一致……そうだと思いませんか!?これは運命ですよ!」
魔法使い「一致どころか別物だよ」
こうして魔法使いと弟子は魔王のいる魔王城を目指すことになったのである
10 :
――酒場
弟子「まずは仲間を集めましょう」
魔法使い「もう勝手にしろ……」
弟子「そうさせてもらいます!じゃあ……幼女盗賊でも」
魔法使い「おう、ちょっと待たんかいワレ」
13 :
弟子「はぁ……いちいち注文が多い魔法使いさんですね」
弟子「そのうち注文の多い料理店でも開いちゃうんじゃないんです?」
魔法使い「お前は宮沢賢治か!」
弟子「そのツッコミはちょっと……」
魔法使い「ご、ごめん……(ってなんで私は謝ってるんだ?)」
16 :
弟子「それで……?何かご不満な点でも……?」
魔法使い「うん、点超えちゃってるからね?超えて2Dどころか3Dに達してるからね?」
魔法使い「大体幼女盗賊ってなんだよ!普通に考えておかしいわ!」
弟子「別におかしくないと思うんですが……」
魔法使い「おかしいから!普通そこは女盗賊だろ!?なんで幼女なの!?」
弟子「可愛いから許しましょうよ」
魔法使い「神が許しても私が許さねーよ!?」
18 :
弟子「わかったわかったはいわかりましたわかりました」
魔法使い「お前……いちいちムカつくな……」
弟子「あーはいはい私はムカつきますよーだ(笑)」
弟子「お望み通り女盗賊にしますよ女盗賊(笑)」
魔法使い「最初からそうしろ!」
弟子「親父さーん!女盗賊一人お願いしまーす!」
親父「はいよ」
20 :
数分待っていると奥の部屋から一人の幼女が出てきた
幼女盗賊「よろしくお願いします!」キラキラ
弟子「よろしくね?」ニヤァ
魔法使い「幼女じゃねーかァアアアアアアアアア!!!」
幼女盗賊「ひぃ!このおねえちゃんこわい……」
弟子「だいじょうぶでちゅよ??おにいたんが守ってあげまちゅからね??」ニヤァ
幼女盗賊「わーい!おいたんだえ?」
弟子「ひなだおっ!」
魔法使い「ひなだおっ!じゃねーよォォオオオ!!!」
魔法使いは弟子にメラゾーマを唱えた!弟子に99のダメージ!
24 :
弟子「ひ゛ど゛い゛」プスプス
幼女盗賊「わわっ!おいたん大丈夫!?」
弟子「グヘヘ……おにいたんは大丈夫だよ??」
魔法使いは弟子にメラゾーマを唱えた!
魔法使いは弟子にメラゾーマを唱えた!
だがMPが切れメラゾーマは発動しなかった!
魔法使いの杖の直接攻撃!弟子に99のダメージ!
弟子「」プスプス
25 :
魔法使い「雇ってしまったのはしょうがない……幼女盗賊ちゃんだったかな?」
幼女盗賊「はい!」
魔法使い「私は魔法使い、こっちのバカは弟子だ」
魔法使い「長旅になるだろうけど……どうかよろしくな?」
幼女盗賊「よろしくお願いします!」ニコォ
弟子「よ゛ろ゛し゛く゛」プスプス
パーティーを組んだ魔法使い一行は魔界への入り口……極東へと向かった!
27 :
――極東
魔法使い「ここが極東……ニッポンか」
弟子「違いますね……ニッポンではなくニホンです」
魔法使い「ふむ……ニホンか」
幼女「あの方達が腰にさしている物は何でしょうか?」
弟子「グヘヘ……あれはねぇ?カタナって言うんだよぉ?」ニヤァ
魔法使い「何とかならないのか……その喋り方……」
29 :
弟子「何言ってんだこいつ」
魔法使いの杖の直接攻撃!弟子に99のダメージ!」
弟子「す゛い゛ま゛せ゛ん゛で゛し゛た゛な゛お゛し゛ま゛す゛」ボコボコ
魔法使い「うむ」
魔法使い「それよりも……早く魔界へと通じる門まで行こうじゃないか」
幼女盗賊「そうですね!」
30 :
――雷門
弟子「ここが魔界へと通じる門です……別名雷門」
魔法使い「ライトニングゲート……威厳のある名前だな……」
幼女盗賊「カッコいいです!」
弟子「僕と比べたらどっちがカッコいい?」
幼女盗賊「弟子さんですね!」
弟子「嬉しい事言ってくれるなぁ?ご褒美にウインナー食べさせてあげる」ボロン
魔法使い「はいこの流れになるのはわかってましたよ?っと」
魔法使いの杖の直接攻撃!弟子の股間に999のクリティカルダメージ!
33 :
魔法使い「よーし……では恒例のあれをやろうではないか!」
幼女盗賊「そうですね!!!」
魔法使い「お前らァアア!!!魔界に行きたいかァアア!!!」
幼女盗賊「おー!」
弟子「おぱんちゅほしいー!」
魔法使い「魔界で魔王に会いたいかァアアア!!!」
幼女盗賊「おー!」
弟子「写真も取りたいー!」
魔法使い「魔王を倒して平和を取り戻したいかァアア!!!」
幼女盗賊「おー!」
弟子「できたら妹にしたいー!」
35 :
魔法使い「では行くとしよう」
門を潜ろうとした魔法使いの前に二人の大男が現れる
風神「ここを通すわけには……」
雷神「アアアアアアアアアァアアア?いかねぇええなァァァアアアアアアアアアアアア!!!」
魔法使い「お前は歌舞伎役者かっ!!!」
弟子「すごい声の張りですねぇ……」
幼女盗賊「歌舞伎とはなんですかぁ!?」
雷神「こいつらぁ……!俺様をバカにしやがってぇ……!」
風神「雷の兄貴!そう怒らないでくだせぇ!」
風神「ほらこいつで我慢をしてくだせえよ!」っロリ物エロ漫画
魔法使い「あちゃー……こいつらも変態だったかぁ……」
36 :
雷神「オォ!?俺様は変態なんかじゃあねえ……!」
風神「我ら、風神雷神兄弟はただの幼女好きの紳士であーる!」
魔法使い「ロリコンじゃねえかァアアアアア!!!!」
雷神「そうともいう」
魔法使い「認めちゃったよォォオオオ!?こいつら!!!」
弟子「今日は魔法使いさんのツッコミが多いですねぇ……」
幼女盗賊「魔法使いさんカッコいい!」
37 :
魔法使い「変態兄弟に一つ伺う……なぜ私達を通してくれないのだ?」
風神「変態って……まあそっすね……将軍様から人を通すなって言われたんすよ」
雷神「左様……」
魔法使い「でもなぁ……私達はここを通らなければならない理由があるのだ」
風神「そっすか……まぁ巨乳は帰ってください」
雷神「巨乳は帰れー(笑)」
魔法使い「……」ビキビキ
40 :
弟子「まーまー魔法使いさん落ち着いて落ち着いて!」
弟子「僕がなんとかしますから!」
魔法使い「お前みたいなのに何とかできるものなのか……?」
弟子「うわー全く信用されてねー」
41 :
弟子「まあ見ててくださいよ!」
弟子は変態兄弟の元へ向かうと何やら小声で話をし始める
そして雷神が頷き、風神は弟子に賞賛の声を送る
弟子「あ!魔法使いさーん!許可もらえましたー!」
魔法使い「はぁ!?」
弟子「いやーあの兄弟なかなか理解のある人達で助かりましたよー」
弟子「僕の秘蔵同人誌何冊か分けたら簡単に許可してくれました」
魔法使い「うん、どうせお前のことだからまだ持ってんだろ?」
魔法使い「全部焼くから出せ」
43 :
弟子「えぇ!?嫌ですよ!」
魔法使いは弟子にメラゾーマを唱えた!弟子と同人誌に99のダメージ!
同人誌は息絶えた!
弟子「あ゛あ゛あ゛あ゛同゛人゛誌゛が゛あ゛あ゛あ゛!゛!゛!゛」グニャァ
魔法使い「ざまあみろ」
魔法使い「では二人共?早魔界へと行こう」
こうして三人は無事魔界へ入ることができたのだった!
44 :
――魔界
魔法使い「なんというか……」
弟子「拍子抜けですね」
黒く禍々しいオーラを放った門を潜った魔法使い一行を待っていたのは青い空と草原であった
魔法使いは赤い空、弟子は枯れ果てた大地、幼女盗賊は怖い怪物をそれぞれ想像していたが一つもそれは無かった
魔法使い「さて……ここから魔王城にはどう行けばいいのやら……」
幼女盗賊「あ!なんかあそこに看板がありますよー!」
弟子「ホントですね」
弟子「なになに……?魔王城まで北の方角に5キロメートル?」
45 :
魔法使い「どんだけ親切な魔王なんだよォォオオオ!!!」
魔法使い「あれか?魔界の入り口に看板立ててるってことは人間が観光しに来るとでも思ってるのか!?」
魔法使い「ホント親切で大馬鹿野郎だョォォォオオオ!!!」
弟子「まぁ深く考えないようにしましょう!」
幼女盗賊「魔王城♪魔王城♪」
魔法使い「お前らノリノリだなおい……」
47 :
3キロほど歩くとまた看板が見えてきた
幼女盗賊「また看板がありますよ!」
弟子「えっとなになに……?魔王城まで残り2キロ!ここで休憩は如何ですか?」
弟子「↓に天然水もおいてあるのでどうぞお飲みください」
弟子「これのことかな?」ゴクゴク
弟子「あれ?これキャラメル味……コカ・コーラだ!」
48 :
魔法使い「ナッシングゥゥウウウウ!!!!!!」
魔法使い「天然水ナッシングゥウウウ!!!!!」
魔法使い「それにまた親切な魔王ゥウウウ!!!」
少し休憩し北の方角に進む魔法使い一行
30分すると大きなお城が見えてきた
弟子「見えてきましたね!魔王城!」
魔法使い「やっと魔王城か……ついに……念願の使命が……!」
49 :
幼女「あれー?また看板がありますよ?」
弟子「またですか……なになに?目の前にある大きなお城は魔王城ではありません」
弟子「魔王城はこっちです→」
右を見ると屋根のない畳が敷き詰められただけの空間がそこにはあった
魔法使い「ちっちぇェェエエエエ!!!小さいよぉォオオ!!!」
魔法使い「魔王城が六畳ってどういうことだよぉぉおお!!!屋根くらいつけろよぉぉお!!!」
51 :
幼女魔王「ん?なんじゃお主ら?」
魔法使い「魔王ってワッペンつけちゃってるヨォ!!!何もかも全部台無しだょぉおお!!!」
弟子「幼女魔王キタ━(゚∀゚)━!」
幼女盗賊「わわっ!かわいい?!」
魔法使い「なんかもう……ツッコミ疲れた……」
52 :
幼女魔王「お主らここいらでは見ない顔じゃな……はっ!」
幼女魔王「もしや人間界からやってきたのかの!?」
弟子「そうですよ」
幼女魔王「それはうれしいのう!ほらここに座った座った!」ポンポン
弟子「では……隣に座らせて頂きます」
魔法使い「そうはさせねーよ!?」
53 :
幼女魔王「人間界から来てくれてどうもありがとう」
幼女魔王「これは粗茶ですが……」っ茶
弟子「これはどうもどうも……」
魔法使い「おい魔王!他の仲間はどうした!?」
魔法使い「どうせ仲間がどっかに隠れて私達を狙ってるんだろ!?」
54 :
幼女魔王「四天王は慰安旅行に出掛けておる」
魔法使い「しっかりしろよ四天王ォォオオオ!!!」
幼女魔王「その他の部下は全員目の前の大きな城に住んでおるぞ?」
魔法使い「魔王の待遇酷すぎないっ!?」
幼女魔王「儂は部下のお菓子を盗み食いしたから罰として今ここにおるのじゃ」
魔法使い「案外平穏ッ!!!」
幼女魔王「お主ツッコミが鋭いのう……どうじゃ?儂の部下にならんか?」
幼女魔王「今なら……この洗剤もお付けします」
魔法使い「まさかの洗剤ッ!!!」
幼女魔王「ハッハッハッ愉快愉快」
55 :
魔法使い「お前は楽しいかもしれないが……私は疲れるだけだぞ」
幼女魔王「スマンスマン……して何故に儂を尋ねた?」
弟子「魔王のおぱんちゅをもらうt」
魔法使い「お前は黙ってろォオオオ!」
魔法使いは弟子にメラゾーマを唱えた!弟子に99のダメージ!
魔法使い「人間界でのお前たち魔物の悪さを止めるために魔王を仕留めに来た」
幼女魔王「あーそれは前魔王がしでかしたことじゃ」
幼女魔王「むしろ儂は魔物たちに撤退するよう呼びかけておるぞ?」
魔法使い「そんな嘘……誰が信じると……!?」
弟子「あーだから最近魔物の被害減ったんだねー」
幼女盗賊「酒場の店主さんも魔物の数が減ってきたと言ってました!」
幼女魔王「じゃろうな……撤退はもうすぐ完了する」
56 :

続き・詳細・画像をみる


【投稿記事】夫同級生が同級生親全額負担で敷地内別居。その現実

【投稿記事】夫同級生が同級生親全額負担で敷地内別居。その現実

【マスコミ】朝日新聞に新たな不祥事 任天堂・岩田聡社長インタビューを捏造していた! - 週刊文春

スマブラ体験版やったけど

【画像】 テレ朝が番組内で産経新聞に火をつけ燃やす

スタバが出来て喜んでる田舎者の光景wwwwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先