コナン「灰原は・・・俺のものだ!」 灰原「江戸川くん・・・」back

コナン「灰原は・・・俺のものだ!」 灰原「江戸川くん・・・」


続き・詳細・画像をみる

1:
光彦「カットカット!ちょっと、コナン君やる気あるんですか!?」
歩美「哀ちゃん上手だったよ!」
コナン「つーか何で劇やるのに本名なんだよ!」
光彦「別にいいじゃないですか。帝丹中学校3年B組は文化祭で青春ドラマ
やるんですから気合い入れて下さい!」
コナン(何で俺と灰原が・・・)
8:
男子「江戸川ー!頑張れよ?ひゅー♪」
コナン「うっせえ!」
光彦「えーとじゃあまた主人公コナン君がライバル役の男君とヒロイン灰原さんを奪い合うシーンから!」
コナン(ったくよ…)
コナン「おっ、おい。お前灰原から手を離せ」
男「んだよ…。俺たちに何かよう?」
灰原「…」
男「行こうぜ」
ぐいっ
灰原「…!?」
男「おい、お前灰原に触んじゃねえ!離せ!」
10:
コナン「…」
コナン(ここで、主人公に感情移入して…)
ぐいっ
コナン「灰原は、俺のものだ!」
灰原(…ドキッ…)
男「…んだよ、おめー俺よりそっちのがいいってわけか…」
灰原「…ごめんなさい…。やっぱり私…江戸川くんが…」
男「…もう勝手にしろ」
ダッ
14:
光彦「はい!カット!今の方が断然良かったですよ!3人とも!」
灰原「ありがとう」
男「うわーこの役いいことねーなあー」
光彦「じゃあ今日はここまでで!明日はこの続きと二人の馴れ初め撮り直すのでカメラ係お願いしますね!」
カメラ係「りょーかい!」
光彦「じゃーお疲れ様でした!」
ざわざわ
コナン(ふー…今日も疲れたぜ…)
17:
元太「コナンー!灰原ー!待ってるから早く帰ろうぜ」
コナン「おう!」
灰原「ええ。」
歩美「元太くんも主人公の親友役おつかれ!」
元太「出番すくねえけど…ありがとな」
光彦「…まったくお二人とも仲がいいですね」
20:
コナン「おい、おめー青春ドラマとか恥ずかしくねえのかよ」
灰原「…ええ別に。逆に楽しいわ」
コナン「…!なんでだよ」
灰原「私はこんな楽しい学生生活送ったことないし、面白いわ」
コナン「…そうか。なら俺はいいけど」
灰原「…え?」
コナン「…いくらドラマでも抱きついたりするのは嫌なのかって心配しただけだぞ」
灰原(…ドキッ)
22:
灰原「わ、私だって別に―…
元太「おい!おめーら何してんだよー。」
コナン「わりい!帰るぞ灰原」
灰原「え、ええ」
灰原(私、今何言おうとした…?)
-------------
光彦「じゃあ歩美ちゃんと元太くん気をつけてくださいね」
歩美「ばいばーい!」
元太「じゃーな!」
コナン「…あれ、なんであいつら違う方向なんだ?」
光彦「―えっ!コナン君知らなかったんですか?」
コナン「…は?」
灰原「あの二人2週間前から付き合ってるみたいよ」
24:
コナン「…は、はああ!?まじかよ」
光彦「見てればわかるじゃないですか。まあ本人にも一応確認したんですけど」
コナン「だ、だから最近あんな仲よかったんだな…」
光彦「ええ…。あ、僕本屋寄りたいんでここで!また明日!」
灰原「気をつけてね」
コナン「お、おう…」
29:
コナン「今日は皆用事があるみてーだな」
灰原「そうね」
コナン「おめーはないのか」
灰原「別にないわよ」
コナン「…」
灰原「…」
コナン「お前さ」
灰原「な、何…」
ぐいっ
コナン「制服のスカーフぐちゃぐちゃだぞ」
灰原(―ドキッ…)
コナン「さっき劇で沢山動いたからだろ」
灰原「あ、ありがと…でも自分でやるわ」
コナン「…そうか」
32:
灰原(びっくりしたわ…いきなり近いんだもの…)
コナン「そーいやさ…もうあれから5年以上も経ってんだな」
灰原「…え?」
コナン「体が小さくなって」
灰原「…っ」
コナン「今じゃあ小さくなる前の体とあんまりかわらねーよ」
灰原「…」
コナン「変わってんのは眼鏡だけだな」
灰原「…ばかじゃないの」
コナン「うっせーな。」
36:
灰原「…彼女は今どうしてるの?」
コナン「蘭か?一人暮らしで仕事してる」
灰原「…もういいのかしら?」
コナン「……、わかんねーよ」
-------------
ガチャ
コナン「ただいまー…」
蘭「あ、コナン君!おかえり!」
園子「やっと帰ってきたじゃんがきんちょ」
コナン「ら、蘭…ねえちゃん達どうしたの?」
蘭「連休とれたからかえってきたんだ」
園子「今日は私も泊まるからー」
38:
コナン(つーか園子酒くせえ…)
蘭「もー園子お酒飲むのやめて晩御飯手伝ってくれる?」
園子「うぃ?っす!」
小五郎「ったく久しぶりに帰ってきたと思ったらうるせーな…」
蘭「コナン君お風呂入ってきちゃってー」
コナン「あ、うん…」
コナン(ちょっとだけ懐かしいなこの感覚)
41:
コナン「お風呂あがったよー」
蘭「あ、コナン君ちょうど来たしこのままご飯食べよっ」
小五郎「今日は焼肉かー!」
園子「いただきまーす!」
蘭「…それにしてもコナン君なんか久しぶり」
コナン「そうだね」
園子「にしてもあんた新一君に似てきたねー」
コナン(ドキッ)
小五郎「…そーかああ?」
コナン「に、似てないよ!」
園子「そお?眼鏡を取れば…」
コナン「―し、新一兄ちゃんは今何してるの!?」
42:
園子「あ、そういえばどうしてんの蘭」
蘭「…。…さあ。最近連絡とってないや」
小五郎「まだ探偵気取ってんだろ。あいつはやめとけやめとけ」
園子「あ、なんならいいオトコ紹介してあげよっかー?」
蘭「もー、園子ったら」
蘭(…新一は今…何してるのかな)
コナン「…」
45:
蘭「コナンくん、明日も学校だから早めに寝るのよ」
コナン「うん。おやすみー」
園子「ね、ね!蘭!さっきの話だけど新一君に電話してみなよ」
コナン「―っ!?」
蘭「い、いきなりなによ!」
園子「蘭だって少しまだ気持ちはあるんでしょ?」
蘭「…」
園子「とりあえず幼馴染なんだからさ。私はお似合いだと思うよ」
蘭「…考えとく…」
園子「もー!そんなんじゃだめ!携帯貸して!」
蘭「…ちょ!?そ、園子ー!!」
園子「もうかけちゃったから電話してきな♪」
49:
コナン(やべえ!早く部屋いかねーと!)
ダッ
ぷるるるるr
園子「出た?」
蘭「…ううん。今きっと忙し―…
コナン『もしもし?』
蘭「…あっ、もしもし?新一?」
園子(え、出たの?!)
コナン『おう。どうした?』
蘭「ひ、久しぶり…っ」
コナン『久しぶりだな。』
蘭「げ、元気だった…?」
蘭(緊張する…)
51:
コナン『ああ。蘭は?』
蘭「元気だよ…。」
コナン『そうか…』
蘭「…」
コナン『…』
蘭「し、新一は家に戻ってこないの?」
コナン『…まあ。あんまり戻らねえな。蘭は今何してんだ?』
蘭「一人暮らししながら仕事…。」
コナン『そっか。頑張れよ』
蘭「…っ。あ、あの私ずっと―…!!」
53:
園子(頑張れ蘭―!!)
コナン『…?』
蘭「ず、ずっと…」
コナン『蘭?』
蘭「…、ずっと…新一が好きだよ」
55:
コナン『…』
蘭「…新一?」
コナン『…ごめんな蘭』
蘭「…え…」
コナン『もう俺蘭のところへ一生戻れねえかもしれねえんだ。おめーは結構いいやつだから俺のほかに
 きっといいやつがいるから。…それに俺・・』
蘭「―もういいっ。」
コナン『…』
蘭「ご、ごめんね…。私ずっと新一応援してるから。変な事言ってごめんね。
 あと、たまには連絡してね…」
コナン『おう…』
蘭「じゃ…」
ピッ
56:
園子「…蘭?どうだった?」」
蘭「…っ」ぐす
園子「え、ちょっと蘭?大丈夫?」
蘭「うっ…うぅ…」
蘭(私はずっと―…)
コナン「…」
コナン「…ごめんな、蘭…」
59:
次の日―
園子「ガキんちょー!歩美ちゃんたちもう来てるわよー」
コナン「―っ!!やべえっ」
園子「ガキんちょ、ほら、学ラン」
コナン「園子姉ちゃんありがと!」
蘭「コナン君、鞄!」
コナン「あ、ありがと!」
コナン(蘭…)
コナン「じゃあ行ってくる!」
パタン
コナン(蘭…普通だったな…)
コナン(でもぜってー無理して笑ってるよな…ごめん…)
61:
歩美「あ、やっときたー!」
光彦「おはようございます」
元太「おっせーよ」
コナン「わりい…」
光彦「ちょっと遅れてますから早歩きで行きましょう」
灰原「…」
コナン「…、なんだよ」
灰原「寝癖。」
コナン「え、まじかよっ」
灰原「もう、動かないで。頭貸しなさい」
コナン「頭貸せって…」
63:
コナン(ドキッ…。顔がちけえぞ)
灰原「これでいいわよ。…って何で顔が赤くなってんのよ」
コナン「別に何でもねーよ」
元太「おい、おめーら夫婦喧嘩みてーな事してんじゃねーよ」
コナン「ふっ、夫婦…?」
灰原「そんなことしてないわ」
コナン「つーか夫婦はおまえーらじゃねーかよ…」
69:
プップーッ
歩美「あ、哀ちゃん車っ!!」
灰原「…え」
コナン「灰原!」ぐいっ
光彦「だ、大丈夫ですか?」
コナン「ああ。心配すんな」
元太「つーかもう時間ねえからもっと早歩きで行くぞ!」タッ
灰原「あ、ありがと…」ばっ
灰原(…びっくりしたわ…それに…)
コナン「あぶねーから俺が車道側歩く」
灰原(―ドキ…)
灰原「…っ。く、工藤君」
コナン「…ん?」
灰原「今日のドラマも宜しく頼むわね」
コナン(ドキッ)
コナン「…。…そーだな」
71:
キーンコーンカーン
光彦「ギリギリつきましたねえっ…」
歩美「よかったああ」
元太「もう俺朝から腹減ったぞ…」
コナン(はえーよ)
先生「明日から文化祭本番なので今日1日準備です。気合入れて頑張りましょう!」
ざわざわ
光彦「あ、じゃあカメラ係りちょっといいですかー?コナン君達は台詞練習しといてください!」
灰原(今日はどこからやるんだっけ…)
女子達「あ、哀ちゃん」
灰原「…え?」
女子達「ヒロイン役頑張ってね!私達超応援してるから!」
灰原「ありがとう」
女子達「それに…ラブシーン江戸川君とちょー絵になってて羨ましいなっ」
灰原「…え…」
女子達「私らが決めたヒロイン役だから…あと少し頑張ってね!じゃあ」
灰原「…」
74:
コナン「…絵になるってな」
灰原「っ!!、聞いてたの?」
コナン「聞えるだろ」
灰原「知らないけど彼女達はそう見えるみたいね」
コナン「…まあ別に俺はそう思われてもいーけどよ」
灰原「…は、はあ?」
コナン「そのまんまの意味」
灰原「―っ」
光彦「灰原さーん!コナンくん!先にクライマックスの放課後の教室のシーンやりますね。
 編集で教室を赤く見せるんで大丈夫です」
コナン「おう。えーっと最後の台詞は…っと」
灰原「…」
灰原(…何考えてるのかよくわからないわ…)
76:
光彦「昨日の続きですね!ライバルの男くんが立ち去ったあとです!えーっと
 コナン君が灰原さんを強く抱き寄せてから台詞です!」
コナン(だ、だきよせ…!?)
ざわざわ
女子達「クライマックスだー!キュンキュンするー♪」
男子達「うわー相手灰原さんだしいいなー」ヒソヒソ
ブーッ ブーッ
コナン「うわっ、わりぃ電話…」
ピッ
コナン「もしもし?」
蘭『あ、コナン君?』
コナン(―!蘭!?)
コナン「ど、どうしたの?」
蘭『体操着おいたまんまだったから…大丈夫?』
コナン「あ、大丈夫!今日は使わないよ!」
蘭『そう、じゃあ学校頑張ってね』ピッ
コナン「…」
コナン(…昨日あんなことあったのに蘭はいつも通りで…)
77:
コナン(俺は…何がしてえんだ…?)
灰原「…江戸川くん?どうしたのよ」
コナン「―あ、別に…」
灰原「もう少しで始まるみたいよ。」
コナン「…そうか…」
灰原「なんか、ね」
コナン「…?」
灰原「こういうの少し照れるわね」
コナン(―…ドキ…)
80:
灰原「昨日みたいな下手な演技―…
ぐいっ
コナン「…」ぎゅっ…
灰原「…えっ」
コナン「俺…」
灰原(…何…?)
光彦「お待たせしました!それでは―ってあれ、もう始まってるんですか!?」
ざわざわ
女子「きゃー!♪」
男子「やりおるなwww」
灰原「ちょ、江戸川く…っ!」
ぎゅ…
コナン「俺…蘭と昨日電話したんだ」
灰原「…?」
82:
コナン「ずっと…俺はあいつだけを見てきた。蘭の隣にいたいから早く黒ずくめを倒してやりてぇーんだ」
灰原(ズキ…ン)
コナン「でも…今は違う」
灰原「…えっ。」
女子「何話してるのかな?」
女子達「聞きたいけど聞えないー!」
男子「二人の世界になってんな」
コナン「俺は今の方が楽しく感じるんだよ」
灰原「…そう…」
コナン「灰原…顔埋めてねぇでこっち見ろよ」
灰原「―っ!や…っ」ぐいっ
コナン「お、俺はお前が―…」
83:
灰原「…」
コナン「…」
灰原「工藤くん…?」
バッ
コナン「わりぃ。何でもねーよ!光彦続きやろーぜ!」
光彦「は、はい!」
光彦(今のなんなんだったんでしょう…)
灰原「ちょ、ちょっと江戸川くん!続きは何なのよ」
コナン「何でもねーよ」
灰原「き、気になるじゃない…」
ぷに
灰原「!?」
コナン「いつか言うから待ってろよ」
灰原「頬つままないでよ!」
光彦「じゃー言ったとおり抱き寄せるシーンから!3・2・1!」
87:
ぐいっ
コナン「…」
灰原「江戸川くん…?」
コナン「お前は…俺のものだ…。誰にもわたさねぇ!」ぎゅうぅぅ
灰原「…うん。私も…江戸川君を誰にも取られたくないよ」
コナン「灰原…」
灰原「…眼鏡…外しても、いい?」
コナン「…ああ。」
  -Happy end-
女子「きゃあああっ///超いい!!」
男子「今回の演技はよかったなー」
光彦「クライマックス編お疲れ様です!結構よかったですよっ」
90:
女子「やっぱ最後の眼鏡のシーンいいねっ///」
女子「直接的じゃないところがねっ♪」
灰原(結構簡単に演じられたわ…)
コナン「今回は俺、結構よかっただろ?」
灰原「まあ、昨日の酷い演技よりはね」
コナン「んだよ」
歩美「哀ちゃんコナン君すごかったねー」
灰原「ありがとう歩美ちゃん」
光彦「じゃークライマックス編一発で終わっちゃったので
 次は最初の馴れ初め編撮り直すので宜しくお願いしますー」
91:
灰原「江戸川君」
コナン「ん」
灰原「はい、眼鏡」
コナン「わりーな。」
光彦「えーとベタですけどクラス替えで同じになり、隣の席での初対面シーン撮りますね。
 エキストラ必要なのでクラス全員周りで喋っててください。」
「「 はーい 」」
光彦「じゃあ灰原さんが教室入るところから!よーいスタート」
92:
ざわざわ…
女子「きゃー!今年も一緒だね♪」
男子「担任誰かなー」
灰原「…B組は…ここかあ…」
ガラッ
歩美「あ、哀ちゃん!哀ちゃんもB組なの?」
灰原「そうよ」
歩美「小学生以来だね!今年も宜しくね」
灰原「やったわね。宜しく。」
先生「はい、せきつけ?」
93:
歩美「じゃ、また後でね♪」タッ
先生「席は黒板の紙見て座れよー」
灰原(私の席は…窓側の1番後ろ…)
灰原「隣は…え、江戸川?誰だろう…」
ガタッ
コナン「…もしかして隣の席の…灰原さん?」
灰原「…え、ええ…」
コナン「俺去年、廊下でちょくちょく見かけてたんだ。1年間宜しくな!」
灰原「うん。…宜しくね」
光彦「はい、カット!よかったですよ!」
女子「はーこれで全部終わったねー」
男子「よっしゃー」
100:
光彦「午前中だけで終わったのであとは自由で結構です。編集係お願いしますね」
コナン「…灰原」
灰原「…?」
コナン「お疲れ」
灰原「工藤君もね。結構楽しかったわ」
コナン「…そうだな」
元太「おい、おめーらすっげえお似合いだったぞ!」
歩美「うん!キュンキュンした?」
コナン「そりゃーどうも」
灰原「早く完成したものみたいわね」
歩美「うん!楽しみ」
103:
―次の日
先生「皆さん準備お疲れ様でした!あとは映像を視聴覚室で流すだけですが
 最後まで精一杯頑張って下さい」
コナン「なあお前らどこ回りたいんだ?」
歩美「あっ、ごめん私元太君と回ってもい?」
光彦「あ、僕もちょっと他の方と…」
コナン「おう…わかった」
灰原「…どうしたのよ」
コナン「歩美たちはわかるけど光彦は誰とだ?」
灰原「…マリアちゃんじゃないの?」
コナン「…東尾マリア?」
灰原「ええ」
コナン「って光彦まで付き合ってんのかよ!」
灰原「この間一緒にいるのを見かけたわ」
104:
コナン「ったくマセてやがる…」
灰原「で。私達しかいないけどどうするのよ」
コナン「…あ、いや…どっか行きたいとこあんのか?」
灰原「午後からはクラスの当番だから…午前中体育館でやるロミオとジュリエットが見たいわ」
コナン「…え…」
灰原「…何よ」
コナン「…おめーもそういうの見るんだなって」
灰原「刺すわよ」
106:
----
―体育館
コナン「うわー結構人多いな。端っこ空いてるぞ」
灰原「ええ。…って、きゃっ」どんっ
灰原(人、多すぎるわ…)
コナン「お、おい大丈夫かよ」
灰原「ええ。ごめんなさいね」
ぐいっ
コナン「あぶねーから俺に捕まっとけ」
灰原(ドキ…)
灰原(…なんでこんな気持ちになるのよ…)
107:

コナン「けっこー面白かったな」
灰原「…ええ。」
コナン「あと1時間半くらいだけど色々回るか」
灰原「…」ぎゅ
コナン「…な、何…」
灰原「俺に捕まっとけって言ったじゃない」
コナン「…っ。そ、そうだけどよ」
109:
コナン「昇降口で親達がホットドック作ってるみたいだからいかねえ?」
灰原「いいわね」
「200円ねー」
コナン「ありがとー」
タッ
コナン「ほらよ!ケチャップもかけてきた」
灰原「ありがとう」
コナン「今頃元太達何してんだろーなー」
灰原「仲良くやってるんじゃないかしら」
コナン「そーだな。次とりあえず2階行くか?」
灰原「ええ。…工藤君口の周りケチャップ少し付いてるわよ」
コナン「…うっせーな。おめーこそ階段で転ぶんじゃねーぞ!」
男子「あの人可愛いー///」ヒソ
男子2「美人じゃね?つーかもう少しで見えそー…」ヒソ
コナン「…」
灰原「工藤君?」
コナン「おいおめーら」
男子達「…?」
111:
コナン「ヒソヒソ女子の変なとこ見てニヤニヤしてんじゃねーぞ」
灰原「…え…っ」
男子達「…っ!」ダッ
コナン「ったく最近のガキは…」
灰原「…」
コナン「つーかお前もスカート少しみじけぇんだよ」
灰原「し、仕方ないじゃない…」
コナン「何人の男が見てんだと思ってんだよ…」
灰原「…は?」
コナン「もーいいから行くぞ!」
灰原(なんなのよ…)
114:
コナン「…あと30分くらいだし…あ、あのお化け屋敷入るか?」
灰原「…え…」
コナン「何?もしかしてこえーの?」
灰原「べ、別にいいわよ」
コナン「じゃ、お二人でー」
ガラッ
コナン「結構暗いな」
灰原「ちょっと寒いわね…」
コナン「平気か?」
灰原「ええ」
115:
さわ…
灰原(ビクッ)
コナン「だ、大丈夫かよ…」
灰原「当たり前でしょ!」
コナン「ゆっくりいくぞー」
灰原「…」
コナン「…」
ガタッ
灰原「きゃっ!」ぎゅっ
コナン「…ちょ、灰原」
灰原「あ…、ごめんなさい」
コナン「無理すんなよ」
117:
-----
ガラッ
コナン「結構すごかったな」
灰原「疲れたわ…」
コナン「おめー結構びびってたけど大丈夫か?」
灰原「へ、平気よ」
コナン「でもまだ手震えてっけど」
灰原「こ、これは違―…」
きゅ
コナン「たまには素直になれっつーの」
灰原「ちょ、頬の次は鼻つままないでよ」
コナン「んじゃ時間だし視聴覚室行くかー」
119:
ガチャ…
元太「あ、おめーらおせーぞ!」
光彦「やっとコナン君たち来ました!二人で最初の司会やってくれますか?紙どおりに喋ればいいので」
歩美「私達は映像流すから宜しくね。」
コナン「おう。」
光彦「あと3分経ったら始めて下さい」
灰原「完成版見たことなかったから楽しみね」
コナン「そうだな」
パッ
客「暗くなったねー」
ざわざわ
122:
コナン「じゃ、言うぞ灰原」
コナン「こ、こんにちは。3年B組の青春ドラマを観に来ていただきありがとうございます。
 僕が主役の江戸川コナンで」
灰原「私がヒロインの灰原哀です。上映中はルールを守って観て下さい。」
コナン・灰原「「 では、どうぞ 」」
パッ
"そのドラマは、あるクラス替えから始まった―…"
コナン(結構いい出だしじゃねえか)
灰原"…B組は…ここね"
灰原(―っ、な、なんか恥ずかしいわ…)
125:
そしてあっという間にクライマックスに。
灰原"…眼鏡…外しても、いい?"
コナン"…ああ。"
-end-
監督 円谷光彦
主役  江戸川コナン
ヒロイン 灰原哀
親友  小嶋元太


" ご鑑賞ありがとうございました "
コナン「えーっと以上で終わりとなります。ありがとうございました」
ざわざわ
女子「灰原先輩可愛かったねー」
男子「ちょっとベタだったなー」
126:
ぽんぽん
灰原「…?」
コナン「結構面白かったな。お疲れ」
灰原「…っ。工藤君もね」
歩美「コナン君たちおつかれー!」
元太「やっと終わったぜー」
先生「皆さんお疲れ様でした。このまま教室戻ってそのまま解散です」
「「 はーい 」」
コナン「灰原、行くぞ」
灰原「ええ」
127:
灰原「…」
コナン「…」
灰原「…」
コナン「…」
灰原「…」
コナン「…おめー帰らないのか」
灰原「工藤君こそ帰らないのかしら?」
コナン「俺は別に…」
灰原「…私はまだ教室にいたいわ。窓際で夕陽眺めてたい気分」
コナン「あ、そ…」
灰原「…でも…」
コナン「…?」
灰原「主役が工藤君でよかったわ」
ぎゅ…
128:
灰原「…っ!?ちょ、…」
コナン「あんまりそういう事言うなよ」
灰原「…え…」
ぷに ぎゅー
灰原「ちょ、頬つねらないで!」
どんっ
灰原「い、痛いじゃない…っ」
131:
コナン「…俺さ」
灰原「な、何よ…」
コナン「灰原が好き」
灰原「…っ!…なっ…」
灰原(何、言って…)
コナン「こ、これでも精一杯言ってんだからな!」
灰原(ドキッ…。恥ずかしいすぎるわよ…)
コナン「おい、手で顔隠すんじゃねーぞ」ぐい
灰原「…私も…」ボソ
コナン「…ん?」
灰原「わ、私も工藤君が好き…っ!」
ぎゅっ
コナン「ちょ、力強すぎだろ…」
134:
コナン「…灰原顔上げて」
灰原「…っ」
コナン「もう誰にも渡さないからな」
そしてドラマのクライマックスシーンと重なった。
灰原「…眼鏡…外しても、いい?」
コナン「…ああ。」
…ちゅ、
コナン「つーかお前顔赤すぎ…」
俺がそういうと灰原は恥ずかしそうに目をそらして
また強く俺を抱きしめて小さく呟いた。
灰原「…ばか…」
   ―END―
135:

137:

14

続き・詳細・画像をみる


お前らの猫何してんの?

ネトゲで失恋してきたったwwwwwww

【慰安婦誤報】 作家の百田尚樹氏 「私と日本人を貶めてきた『朝日新聞』に告ぐ! 『歴史』というリングの上で『真実』の拳を受けよ!」

自衛隊ってどんな鍛え方してんだよ

幸運を呼ぶ猫袋の画像

ガチで喧嘩をしたら強い部活動ってどこよ

【野球】こいつが6番にいると強いチームだなって感じる選手

原作アメコミの設定も気になる人のための『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』予習講座

廃墟と猫の写真を交互にアップする

焼肉で絶対に一回は言うことwwwwwwwwwwwwwwwww

【ちょ、待てよ】厚生年金基金解散相次ぐ!今まで無下に毎月引かれた分はどうなるのか?会社員、憤慨へ

日本のTVゲーム音楽の歴史に迫る全6話「Diggin' in the Carts」予告編が公開される 他

back 過去ログ 削除依頼&連絡先