ハム太郎「みんなに新しいお友達を紹介するのだ!」back

ハム太郎「みんなに新しいお友達を紹介するのだ!」


続き・詳細・画像をみる

1:
こうしくん「珍しいですね、新しいハムスターが来るなんて」
タイショーくん「最近ハムスターを飼う人間が少なくなってるからなぁ。ひょっとして俺みたいな野良ハムか?」
リボンちゃん「ハム太郎くん、それで新しいお友達はどこにいるの?」
ハム太郎「今呼ぶのだ!せーのっ……」
ハム太郎「生ハムくーん!!」グイッ
生ハム「」
タイショーくん「……」
リボンちゃん「……」
こうしくん「……」
2:
タイショーくん「な、なぁこれって……」
リボンちゃん「生ハム……だよね」
こうしくん「あの生ハムですよね」
ハム太郎「ほら生ハムくん、みんなに挨拶するのだ!」
生ハム「」
ハム太郎「生ハムくん!どうして何も言ってくれないのだ!」
3:
ハム太郎「何とか言ったらどうなのだ!!おい答えろよオラァ!!」ドガァッ!!
タイショーくん「ハム太郎、お前……」
リボンちゃん「な、何だかハム太郎くんが怖い……」
こうしくん「ハム太郎さん落ち着いてください!相手は生ハムですよ!答えられるハズが無いじゃないですかぁ!」
ハム太郎「フーフーッ!……そうか分かったのだ……何も言わないなら……こうしてやるのだ!!」ガブゥッ!!
タイショーくん「!?」
4:
こうしくん「あ、ああ……生ハムが!!」
タイショーくん「凄い勢いで食われていく!!」
ハム太郎「ハムハムハムハムモヒモヒモヒモヒ!!」グシャグシャッ!!
生ハム「」
リボンちゃん「い、いやあああああああああああああああ!!」
ハム太郎「へけっ、ヘケッ、ヘケケケケケケケケケケケケケケケケケ!!」グシャッグシャッ
タイショーくん「こ、こいつぁヤバいんだじぇ!!ハム太郎を止めるぞこうし!!」
こうしくん「は、はいぃ!!」
タイショーくん「リボンちゃんは隣の部屋に隠れるんだじぇ!!」ガッガッ
リボンちゃん「うえぇ……ぐすん」
ハム太郎「オケケケケケケケケケケケケケ、ウッピョオオオオオオオオオ!!」
5:
――――――
―――

リボンちゃん「えぐっ、えぐっ……」
こうしくん「ハム太郎さん、どうしてこんなことに……」
バタン
こうしくん「あ、タイショーさん。ハム太郎さんは……」
タイショーくん「縛って大人しくさせた。疲れたみたいで寝ちまったじぇ」
リボンちゃん「ハム太郎くん、どうして……」
6:
こうしくん「こういう時に限って他のハムちゃんずのメンバーはみんないませんし……」
リボンちゃん「みんなで相談したいのにね」
タイショーくん「いや、寧ろみんなには黙っておいた方がいいかもしれねぇじぇ。あんなハム太郎を見せたくはない……」
こうしくん「あ!そういえば一人いるじゃないですか!的確なアドバイスをしてくれる人が!!」
リボンちゃん「……ああ!」
タイショーくん「そうだ忘れてた!!おい起きろよねてる!!」
ねてるくん「んぁ……起きてる……」スヤァ
7:
タイショーくん「今の一部始終を見てたろ!何か分かった事があるなら教えてくれ!」
ねてるくん「んー……」スヤァ
リボンちゃん「……ねてるくんでも難しい事なのかな」
こうしくん「狂気に走った人の対処方なんて早々思いつかないですからねぇ」
ねてるくん「テレビシリーズ……終わって……存在も……忘れられた……」スヤァ
タイショーくん「ね、ねてる!そりゃどういうこった!?」
ねてる「んにゃ……」スヤァ
タイショーくん「チクショウ!意味が分からないまままた寝ちまったじぇ!」
こうしくん「いえ、タイショーさん……なんかわかる気がします」
タイショーくん「ん?」
8:
こうしくん「30分枠ゴールデンでの放送も終わって早数年、子供向け番組で5分枠で放送されるも徐々にフェードアウト……」
タイショーくん「……確かに、新シリーズも数話新作だっただけで後は再放送HDリマスターだしな……」
リボンちゃん「タイトル背負ってる主人公だもん、そんなんじゃ精神的にもおかしくなっちゃうよ……」
タイショーくん「ハムスター人気だって下火、昔アニメを見ていた層はもう忙しい大人になってネズミ一匹なんかに構っていられない生活を送っている」
リボンちゃん「世知辛いね……」
こうしくん「ハム太郎さん、ひょっとして新しいお友達を足掛かりにまた再起しようとしていたんじゃないでしょうか?」
タイショーくん「だとしてもだな……」
リボンちゃん「ハムスターと生ハムの区別もつかなくなってるなんて……」
9:
リボンちゃん「ハム太郎くんを元に戻さなきゃ」
タイショーくん「リボンちゃん、そうは言ってもどうやって……」
リボンちゃん「お話をしましょ、楽しいことをみんなで話せばハム太郎くんもきっと正気に戻ってくれるわ」
こうしくん「そうですね、やれるだけはやってみましょう!」
タイショーくん「……だな。アイツは誰よりも仲間思いな奴だ、そんな奴をあのままにしておくなんて俺には出来ないじぇ!」
ねてる「うーん……楔は……深い……」スヤァ
10:
――――――
―――

こうしくん「と、いう訳でハム太郎さん!笑い話でも不満でも愚痴でも何でも吐き出しちゃってください!」
リボンちゃん「私たちとお話して楽しくしましょ」
タイショーくん「おう!今だけは何言ったって構わないじぇ!さ、とっとと吐いちまいな!」
ハム太郎「……」
ハム太郎「グェェエエエエ」ゲロゲロゲロ
タイショーくん「」
リボンちゃん「」
こうしくん「」
11:
リボンちゃん「もう……いや……」ブルブル
タイショーくん「誰がそんなもん吐けなんて言った!!リボンちゃんが完全に怯えちまっただろ!!」
こうしくん「ああ、あんな塩分の強い物なんてガツ食いするから中毒症状起こすんですよぉ!!」※絶対に与えてはいけません
タイショーくん「ああもうなんかヤバイものキメちまった顔になってるじぇ!」
ハム太郎「……もう」ゲッソリ
タイショーくん「ん?」
ハム太郎「もう希望なんてないのだ……」
13:
ハム太郎「あれだけ世間に愛された僕は今や"ああ、そんなのあったな"とか"懐かしいな"としか言われない存在になってしまったのだ」
ハム太郎「長期シリーズでポケモンと肩を並べるくらい放送局数もあったのに、ゲームだって映画だって何本もあったのに……」
ハム太郎「今この扱いは何なのだあああああああああああ!!あの黄色いネズミのどこがいいんだオラアアアアアアアアア!!」ガタンガタンッ!!
リボンちゃん「きゃああああああああああ!!」
タイショーくん「落ち着けハム太郎!!比べる相手の規模が違い過ぎる!!」ガッ
こうしくん「そうですよハム太郎さん!!大体作品ってのはそうやって廃れていくものなのですよ!!」ガッ
ハム太郎「うるさいのだああああああ!!放すのだああああああああ!!」ドカッバキッボコッ
14:
ハム太郎「ゼーハーゼーハー……」
タイショーくん「お、落ち着いたかハム太郎……」ボロッ
こうしくん「こっちがもうダメです……」バタッ
リボンちゃん「ハム太郎くん……元に戻ってよぉ……グスッ」
ハム太郎「……分かっているのだ、こんな事をしても無駄だって事は」
タイショーくん「だったら……ッ!」
15:
ハム太郎「もう昔の栄光なんて無いのだ……でも、どこかでそこに縋っていたいと今も思ってしまうのだ」
ハム太郎「現にこうして定期的に……ハムがハムスターに見えてきてしまうのだ……ッ!!」
タイショーくん「どういう理屈だよそりゃ!!」
ねてる「心の弱さ……」スヤァ
リボンちゃん「ねてるくん……」
ハム太郎「……そう、心が弱いのだ、僕は」
タイショーくん「そ、そんなことねぇよお前は!!」
ハム太郎「ッ!」
16:
タイショーくん「いつも友達思いで、率先して新しい事に挑戦したり、ピンチの時は助けてくれたり!」
タイショーくん「そりゃ喧嘩することだってあるし衝突することもある!それでも俺は……お前を一度も心が弱いだなんて思ったことねぇよ!!」
ハム太郎「タイショーくん……」
リボンちゃん「……そうだよハム太郎くん!いつだってその明るさでみんなを支えていてくれたじゃない!」
ハム太郎「リボンちゃん……」
こうしくん「ハム太郎さん……一人で抱え込まず、こうしてみんなに相談してくれたっていいじゃないですか」ヨロッ
こうしくん「だって僕たち……ハムちゃんずなんですから!!」
ハム太郎「こうしくん……!!」
17:
ハム太郎「そうだ、そうなのだ……」
ハム太郎「過去の自分を見て、今の自分の心の弱さのせいにして物や人に当たり散らしたって何にもならないのだ!!」
ハム太郎「目が覚めたのだみんな!!僕は一人じゃない!みんなが、ハムちゃんずがいるのだ!!」
タイショーくん「ハム太郎!!」ダキッ
リボンちゃん「ハム太郎くん!!」ダキッ
こうしくん「ハムタロさぁ?ん!!」ダキッ
ハム太郎「人気がどうだのなんて僕らには関係ないのだ!!今こうして仲間に囲まれて……それだけで十分なのだ!」
ハム太郎「行くのだみんな!新しい冒険が待っているのだ!!」
「「「おおおおーーーー!!!」」」
トットコーハシルヨハムタロー
ねてるくん「……」スヤァ
18:
――――――
―――

まいどくん「いやぁ、アレホンマ面白かったですなぁ!」
めがねくん「面白がってたのはあなただけですよもう!」
のっぽくん「まぁまぁそう言わずに。お土産も沢山持ってきた事ですし、数日地下ハウスに顔を出せなかった分早くみんなにお裾分けしましょう」
ちびまるちゃん「うきゅー!」
マフラーちゃん「ただいまみんなー!」
19:
タイショーくん「おうお前ら!久しぶりじゃねーか!」
こうしくん「みんなで旅行に行ってるなんて聞いてないですよぉ」
トラハムくん「いやぁ、タイミングが悪くてキミ達に話せなくてねぇ」
トラハムちゃん「でもちゃーんとお土産持って帰ってきたからね」
パンダくん「あれ?一人いないね」
かぶるくん「ハム太郎がこの時間に居ないなんて珍しいんだぞ」
リボンちゃん「もうすぐ来るはずだよ。あ、来た来た」
ズッ……ズッ……
20:
タイショーくん「おうハム太郎、今日はやけに遅かったじゃねーか」
ハム太郎「うん、ちょっとここまで連れてくるのに時間がかかってしまったのだ!」
こうしくん「連れてくる?」
ハム太郎「みんなに新しいお友達をしょうかいするのだ!!」
タイショーくん「!?」
リボンちゃん「!?」
こうしくん「!?」
トラハムくん「へぇ!可愛い女の子だといいな!」
まいどくん「相変わらずコレでんがな」
めがねくん「それで、その方はどちらに?」
ハム太郎「いま呼ぶのだ!せーのっ……」
ハム太郎「ボンレスハムくーん!!」
ボンレスハム「」
一同「……」
ねてる「みんなではじめに戻る……」スヤァ
ハム太郎「みんなに新しいお友達を紹介するのだ!」おわれ
2

続き・詳細・画像をみる


彼女の浮気を疑う→確信に変わる

【悲報】最近の邦楽バンドの名前wwwwwwwwww

【悲報】最近の邦楽バンドの名前wwwwwwwwww

【閲覧注意】女の子の肛門にタトゥーを入れていく様子・・・

18歳と結婚した兄貴の末路wwwwwww

女「何あいつ……キモッ」俺「イグイグイグッ」アヘアヘアヘ

おまえら財布の中にどんなカード入ってる??

御曹司「友達になってください」

【投稿記事】この話の通じなさ、友人は発達障害かなんかじゃねーかって思う

【ごちうさ】ココア「下着姿の…泥棒さん?」リゼ「動くな、私はレズだ」

検索してはいけない言葉で打順を組んだ!!!!!

ロシアの街にはクマがふつうに歩いている、という噂は本当だった

back 過去ログ 削除依頼&連絡先