ココア「チノちゃん修学旅行かぁ……」back

ココア「チノちゃん修学旅行かぁ……」


続き・詳細・画像をみる

1:
ココア「さみしいなぁ……」
リゼ「おい、ココア、シャキッとしろよ」
ココア「いらしゃいませぇ?……」
リゼ「だめだこりゃ……」
マヤ「見て見てー!木刀シャキーン!」
メグ「わぁ?、かっこいいね?」
チノ「……」ボー
チノ(なんだかココアさんの匂いが恋しいです……)
マヤ「チノー、ぼーっとしてどうしたの?」
チノ「あ、いえ……マヤさん、売り物で遊ばないでください」
5:
ココア「はぁ?……チノちゃんに会いたいよ?……」
ココア「なんでこんなにさみしいんだろ……姉妹ってこういうものなのかな……?」
ココア「……」
ココア「違うよね……私、チノちゃんのこと……」
ココア「でも言えないなぁ、こんなこと……女の子同士だし……」
ココア「チノちゃん……」
9:
ココア「……」フキフキ
リゼ「お、今日は真面目に働いてるな」
ココア「えー?私はいつも真面目だよぉ」
リゼ「明日帰ってくるもんな、チノ」
ココア「……」
ココア「ねぇ、リゼちゃん……」
リゼ「ん?なんだ?」
ココア「リゼちゃんって、人を好きになったことある?」
リゼ「なっ//こ、恋バナかっ!?//そうだな……ああああるぞ!私も普通の年頃の女の子だからなっ//」
ココア「そっかぁ……」
11:
ココア「じゃあさ……その……女の子同士って……どう思う?」
リゼ「いいんじゃないか?」
ココア「え?そんなあっさり!?」
リゼ「私の学校女子校だからな、誰かと誰かが付き合ってるって噂をたまに聞くんだよな」
ココア「そ、そうなんだ……//」
ココア(じゃあもしかしたら……この想いも叶うのかな……?//)
リゼ「急にそんなこと聞いてどうしたんだ?」
ココア「なんでもないっ!さぁ!働くよー!サー!」
リゼ「お、やる気十分だな!」
15:
ココア「やっと今日チノちゃんに会えるっ!」
ココア「なのに……」
ココア「なんか、チノちゃんが好きって自覚したら、どうやって接すればいいかわかんなくなっちゃった……」
ココア「いつも通り?いつも私チノちゃんとどんなお話してたっけ……?」
ココア「というか、こういうこと考えてる時点でいつも通りじゃないよ……」
チノ『ただいまです』
ココア「あ……帰ってきちゃった……」
17:
タカヒロ「おかえり、チノ。楽しかったかい?」
チノ「あ、はい」ソワソワ
チノ「あ、これお土産です」
タカヒロ「後でココア君と三人で頂くとしようか」
チノ「はい……」ソワソワ
チノ「あの……ココアさんは?」
タカヒロ「ん?部屋にいるんじゃないかな?」
チノ「そうですか……」
チノ(ココアさんならすぐに飛んでくるとおもったのに……)シュン
チノ(寝てるんでしょうか)
19:
ココア「会いたかったよ、チノちゃん!」
ココア「……ちょっと恥ずかしいかな」
ココア「おかえり!楽しかった?」
ココア「……普通すぎかな」
ココア「いつもの私だったら……」
ココア「抱きついて『チノちゃーん!!』とか?」
ココア「抱きつく……//」カァ
ココア「私いつもチノちゃんにそんな大胆なことしてたんだ……//」
コンコン
ココア「ひゃいっ!//」
21:
カチャ
チノ「ココアさん?」
ココア「ち、チノちゃん!おかえりっ!」
チノ「ただいまです……」
チノ(寝てたわけじゃ無いんですね……)
ココア「どうしたの?」
チノ「い、いえ、別に用があったわけじゃ……」
ココア「そっか」
チノ「はい……」
ココア「……」
チノ「……」
チノ「では、また……」
ココア「うん!」
22:
ココア「……//」ドキドキ
ココア「抱きつくとか、無理だよ//」
ココア「これからどうしよう……」
チノ「……」
チノ「お姉ちゃんのばか……」ボソ
26:
カランカラン
千夜「いらっしゃいませ?。あら、ココアちゃん」
ココア「千夜ちゃん……ちょっと相談があるの」
千夜「相談?」
ココア「うん」
千夜「そう……じゃあ私の部屋でまってて?もうすぐ休憩だから、その時に聞くわ」
ココア「ありがとう、千夜ちゃん!」
61:
千夜「コーコーアーちゃんっ♪」ギュ
ココア「わわっ、千夜ちゃん!?」
千夜「おまたせ、ココアちゃん」
ココア「お疲れ様。ごめんね、忙しいのに」
千夜「いいのよ。それにしてもココアちゃんから相談だなんて、もしかして恋の相談とかかしら?」
ココア「っ//」ドキ
千夜「え、ほ、本当に?こ、これは……ココアちゃんの恋が実るように頑張らないと……!」
ココア「じ、実はね……」
64:
千夜「そう……チノちゃんのことが……」
ココア「うん……」
千夜「……素敵」ボソ
ココア「え?」
千夜「頑張りましょう、ココアちゃん!チノちゃんをオトすのよ!」
ココア「……」ポカーン
千夜「どうしたの?」
ココア「その……女の子同士とか……変に思わないの?」
66:
千夜「変だなんて思わないわ!」
ココア(リゼちゃんも言ってたし、意外とそういうものなのかなぁ……)
千夜「ココアちゃんの恋なら、相手が女の子でも、家族でも、なんならうさぎでも応援しちゃうわっ!」
ココア「さ、流石にうさぎに恋はしないよ……」
ココア「それで……これからどうしよう?私今まで通り接する自信ないよ……」
千夜「別に今まで通り接する必要はないのよ……そう!今まで以上に!好意を伝えるつもりで接するのよ!」
72:
ココア「今まで以上に……//どうしよう!私今までも抱きついたり、一緒にお風呂入ったりしてたけど……」
千夜「そう……そこまできたらもうすることは一つ……」
ココア「一つ……」ゴクリ
千夜「それは……」
「千夜ー、休憩終わりよー」
千夜「え?」
ココア「え?」
「ほら、お客様増えてきたから早く早く」グイグイ
千夜「ああ?、い、今大切なお話を?」
ココア「ち、千夜ちゃーん!」
千夜「キスすればいいんじゃないかしら?」ズルズル
カシラー……
カシラー…
ココア「……ありがとう、千夜ちゃん……千夜ちゃんの犠牲は無駄にしないよ!」
76:
ココア「ただいまー」
チノ「ココアさん、おかえりなさい」
ココア「っ//た、ただいまっ!」ダッ
チノ「あ……」シュン
チノ「ばか……」
ココア(あわわわわ//だめだ?!)
ココア(チノちゃんってあんなに可愛かったっけ……可愛いのは最初からだけど、あんな……あんな……//)
ココア「はうぅ?//」シュー
81:
ココア「はぁ……お風呂入ろ……」
チャプ
ココア「はぁ……チノちゃん可愛いよ?……」
ココア「チーノーちゃんは?かーわいいー……ふんふんふーん」
チノ『ココアさん』
ココア「ゔぁいっ!?//」
チノ『一緒に入ってもいいですか?』
ココア「いいいい一緒に!?」
カチャ
チノ「入りますね」
ココア「」
82:
ココア「わ、わ、わ……」
ココア「私出るーーー!//」ザバァ
チノ「っ!」
チノ「待ってください!」ギュ
ココア「ち、チノちゃん!?//」
チノ「ココアさん……」ポロポロ
ココア「え?え?ど、どうしたの?泣いてるの?」アタフタ
チノ「泣いてないです……ぐす……」
ココア「大丈夫……?」
チノ「ココアさんのせいです……」
86:
ココア「と、とりあえずお湯につかろっか」
チノ「はい……」
ココア「……」ドキドキ
チノ「……」
ココア(今まで一緒にお風呂入ったこと結構あったけど……すごいドキドキする……//)
チノ「……ココアさん」
ココア「なぁに?」
チノ「ココアさん、私のこと嫌いになりましたか?」
ココア「え?」
チノ「最近私のこと避けてたじゃないですか……」
ココア「それは……//」
チノ「私……素直じゃないです……無愛想で可愛くないっていう自覚もあります……」
チノ「でも……嫌いにならないでください……」
89:
ココア「チノちゃん……」
ココア「チノちゃん……私は……」
ココア「私はチノちゃんのこと……!」
クラ
ココア「れ?」
クラクラ
ココア「あ……お……?」クタァ
チノ「こ、ココアさん!?」
90:
━━
━━━━
ココア「……ん……?」
チノ「あ、目覚めましたか?」
ココア「あれ……私……」
チノ「お風呂でのぼせちゃったみたいです」
ココア「そっか」
ピト
チノ「まだちょっと顔熱いです」
ココア「ん……チノちゃんの手、冷たくて気持ちいい……」
91:
チノ「あの……ココアさん……」
ココア「なーに?」
チノ「なんて言おうとしてたんですか?」
ココア「え?」
チノ「お風呂に入ってる時……最後、なんか言おうとしてました……」
94:
ココア「……好き」
チノ「え……」
ココア「私……チノちゃんが好き」
チノ「それって……あの……//」
ココア「わかるでしょ?」
チノ「は、はい……//」
ココア「チノちゃん……」ギュー
チノ「ん……//」
95:
チノ「私……ずっとこうしてもらえるの待ってました」
ココア「え?」
チノ「修学旅行で、ちょっとココアさんと離れただけなのに、ココアさんが恋しくなって……」
チノ「でも、帰ってきたら私のこと避けてるみたいで、寂しかったです……」
ココア「ごめんね」
チノ「ココアさん、キス、してくれませんか?」
97:
ココア「チノちゃん……」
チュ
チノ「キスで終わりじゃないですよね?」
ココア「え……それって……」
ココア「っ??!//」カァ
ココア「い、いいの?」
チノ「ココアさんになら、なにされてもいいです……//」
キュン
ココア「チノちゃん!」ガバ
チノ「あっ……//や、やさしくしてください……//」
99:
━━
━━━━
リゼ「バイト先の子に恋愛したことあるかって聞かれてさ」
リゼ「思わずあるって嘘ついちゃったんだよ」
リゼ「やっぱり普通の女の子はあるんだろうなぁ」
リゼ「なぁ、ワイルドギース」
ワイルドギース「……」
リゼ「……寂しい」
100:
終わり
遅筆でごめん
保守してくれた人ありがとう
101:
どこまでしたのかな?
10

続き・詳細・画像をみる


アイスバケツチャレンジとは何だったんだろう?

ぼく「」ソフトスッ 店員「お客様、こちらPS4のソフトになりますがよろしいですか?」ぼく「は?」

ミートソース650円って高いか?

【ラウンドアバウト】 信号の無い交差点・・・来月から日本34ヶ所で運用スタート!

給食の塩ラーメンから異臭 中学生6人腹痛訴える

食中毒になったんだけど辛すぎワロタwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先