佐天「御坂さんが二人きりになるたびにキスしてくる」back

佐天「御坂さんが二人きりになるたびにキスしてくる」


続き・詳細・画像をみる

5:
ピンポーン
佐天「はーい」ガチャ
佐天「御坂さん!どうしたんですかこんな夜遅くに」
御坂「実は佐天さんに相談したいことがあって、アハハハ」
佐天「外寒いですから、中入ってください」
御坂「ありがとう、お邪魔しまーす」
7:
佐天「御坂さーん、コーヒーとココアどっちがいいですか?」
御坂「じゃあココアで」
佐天「はいどうぞ」
御坂「ありがとね、ふぅあったかい」
佐天「で、相談ってなんですか?」
御坂「実はね・・・」
8:
佐天「実は?」
御坂「ええと、そのぉ・・・」
佐天「どうしたんですか、モジモジして御坂さんらしくないですよ」
御坂「そうよね、私らしくないわ。ズバッと言う」
佐天「そうです、その意気です」
御坂「佐天さん、私とキスして」
佐天「は?」
10:
佐天「今なんて言いました?」
御坂「だから、私とキスしてほしいの」
佐天「・・・」
佐天「ええええっー」
佐天「ムリですムリです、絶対ムリです。
女の子同士でキスなんてできる訳ないじゃないですか」
御坂「そこをなんとか」
佐天「そういうことは白井さんに頼んでください」
13:
御坂「黒子はダメ、あいついきなりディープキスとかしてきそうだし」
御坂「それ以上のことも求めてくるから」
佐天「そもそもなんでいきなりキスなんですか?」
御坂「それは・・・」
御坂「練習したいの本番に向けて」
佐天「練習?本番?全然話が見えないんですけど」
16:
御坂「私ちょっと気になる奴がいるのよ」
佐天「私の知ってる人ですか?」
御坂「佐天さんはまだあったことないと思う」
佐天「ちなみに性別は?」
御坂「男に決まってるわよ!!」
佐天「はあ、でもなんでそれでキスの練習が必要なんです?」
御坂「来週そいつと出かけることになってるの」
18:
佐天「はあ、デートですか」
御坂「そこでキス求めてられて下手だったら引かれるじゃない、ね?」
佐天「御坂さんとその人は付き合ってる訳じゃないんですよね」
御坂「そうだけど、もしもってこともあるし」
佐天「ないと思います・・・なんとなく」
御坂「ねっお願い、この通り」
佐天「ええええっ、いくら御坂さんの頼みでも嫌ですよー」
20:
佐天「私、キス・・・なんてしたことないですし・・・」
御坂「だ、大丈夫よ、私も初めてだから」
御坂「それに女の子同士だからノーカウント」
佐天「・・・」
御坂「ねっしてくれたら佐天さんのいうことなんでも聞くから」
佐天「・・・やっぱりできません」
25:
御坂「そう」
佐天「・・・すいません」
御坂「なら、強行手段にでるしかないわね」
佐天「えっ」
佐天「あれ?身体が動かない」
御坂「佐天さん、知ってる?さっき調べたんだけど、このマンション鉄筋で出来てるのよ」
佐天「それがどうしたんです?ってまさか・・・」
御坂「そう、私の能力を使えば人一人ぐらい簡単に動けなくできるのよ」
佐天「御坂さん冗談ですよね」
30:
御坂「悪いけど、私は本気よ」
佐天「えっ御坂さん、落ち着いて下さい」
御坂「あいつの唇はどんな味がするんだろ」
佐天「目が、目がおかしくなってます」
御坂「ハァハァ」
佐天「いや、やめてっー!!助けて」
御坂「ふっんっ・・・んっ」
佐天「んっんんんんん」
37:
佐天「ぷぁっ・・・御坂さん、やめ・・・んぅっ・・・」
御坂「ん・・・クチュ・・・おいし・・・」
佐天「あうっ・・・ぷふぁっ!」
御坂「ふふっ・・・佐天さんかわいい・・・!」
佐天「もう、いいですよね御坂さん・・・」
38:
御坂「何いってんの、これからよ?」
佐天「嘘でしょう・・・?」
御坂「こんなもんじゃ練習にならないじゃない、あと20分は続けるわよ」
佐天「そんなぁ・・・あうっ・・・んっ・・・」
御坂(私以外考えられなくなるくらいすごいのを覚えないとね・・・)
39:
___40分後___
佐天「あぅ・・・・・・////」
御坂「ちょっとやりすぎたかもね・・・」
御坂「微力な電気で全身にちょっとずつ刺激も与えてたしね・・・」
佐天「御坂さん、すごいです・・・////」
初春「なにしてるんですか佐天さん、御坂さん!?」
40:
佐天「初春・・・////」
御坂「あぁ初春さん丁度良かった、ちょっと手伝ってくれない?」
初春「・・・何をですか、佐天さんに何したんですか!?」
御坂「ちょっと練習に付き合ってもらっただけよ、キスの」
初春「キスの練習ですか・・・?なんだ・・・」
初春「って!!そ、そんな、女の子同士でですか!?」
42:
御坂「別にいいじゃない、キスは性別関係ないわよ。さっ、初春さんもキスしよ♪」
初春「でっでも、私キスってした事・・・////」
御坂「何事も体験よ。・・・それとも、私じゃいや?」
初春「いえっそんなっまさか!っでっでもやっぱり私・・・」
御坂「あぁ、もういいわ無理やりするし♪」
初春「へぇっ!?ちょっと・・・んぅっ!」
43:
御坂「あむっ・・・れる・・・あまぁい・・・」
御坂「何か甘い物食べてきた?カスタードの味がする・・・」
初春「ちょっと前にクレープを・・・んむっ・・・」
初春(なんだか気持ちいい・・・御坂さん、キスも上手いんだ・・・)
佐天「いいなぁ初春・・・私もしたいなぁ・・・」
44:
御坂「ちょっと待っててね、後でしてあげるから」
佐天「はい・・・////」
初春「はむっ・・・あぅっ・・・れるっ・・・」
御坂「っ・・・初春さん積極的ね・・・」
45:
___30分後____
御坂「ぷぁっ・・・さすがにそろそろ疲れたわね」
初春「うぁん・・・御坂さん、もっと・・・////」
佐天「御坂さん、私はぁ・・・?」
御坂「ごめんそろそろ休ませて・・・」
御坂「もう終わりにしましょう?ありがとね」
佐天「そんな、私まだまだ出来ます!」
46:
初春「私ももっと御坂さんとキスしたいです・・・////」
御坂(・・・ちょおっとやりすぎたかなぁ・・・)
御坂「でもそろそろ練習も十分だし、もういいかなぁって」
初春「・・・」
佐天「・・・」
47:
佐天「酷いですよ御坂さん、自分が満足したら終わりだなんて・・・」ジリジリ
初春「私、もっともっと御坂さんと仲良くなりたいです・・・」ジリジリ
御坂(なんか、やばそうな雰囲気・・・)
初春「えいっ」プスッ
御坂「あ痛っ!・・・え、これって」
49:
初春「能力者を一時的にマヒさせるお薬です、私なんかが能力者に襲われたら危険ですからね」
初春「ジャッジメントの自衛用具ですよ」
佐天「よくやったういはるぅ!」
初春「えへへぇ!」
御坂「ちょっと待って、私動けな・・・」
51:
佐天「御坂さんだって動けない私を好きにしたじゃないですかぁ」
初春「今度は私たちの番です・・・////」
佐天「覚悟してくださいねぇ」ニヤニヤ
御坂「い、嫌ぁぁぁ!」
52:
___1時間後___
御坂「あ・・・ぅ・・・・」ビクッビクッ
佐天「いやぁちょっと張り切りすぎましたかねぇ」ツヤツヤ
初春「御坂さん結構子供らしいぱんつはいてるんですね」テカテカ
佐天「私は生えてない事のほうが意外だったなぁ、てっきり生えてるかと思ってたよぉ」
初春「佐天さんは生えてるんですね・・・////」
53:
佐天「ありゃ、初春も生えてないんだ////」
初春「・・・見てくれます?」
佐天「喜んで!じゃああたしんちだね!」
初春「はい////」
御坂「ぅ・・・あぅ・・・」ビクッビクッ
54:
初春「じゃあ御坂さん、私たち行きますね」トコトコ
佐天「御坂さんも、デート頑張って下さいねー」トコトコ
御坂「・・・」ビクッビクッ
上条「すごいものを見てしまったな・・・」
禁書「す、すごかったんだよ!くじらがいたんだよ!」
55:
上条「帰るか、インデックス」
禁書「うん!・・・とーま、私も、くじらになりたいかも・・・////」
上条「テンション上がってきた!帰ろう!早く帰ろう!」ドタドタ
禁書「ちょっととーま、急ぎすぎなんだよ!」ドタドタ
黒子「お姉さまぁぁぁぁ!・・・お姉さま!やっと見つけましたわよ!」
57:
黒子「!?お姉さま!なんというはしたない格好を・・・!」
黒子「まぁ!?注射の跡になにやら液体・・・!」
黒子「・・・」スンスン
黒子「どうやら殿方ではないようですが・・・同じことですわ!」
黒子「私のお姉さまがぁぁぁあぁぁぁ!」
58:
御坂「・・・」
黒子「なにやら心ここにあらず、といったご様子・・・」
黒子(意識が無い→やりたい放題→「何もしてない」と言える)ポクポクチーン
黒子「・・・相変わらず子供っぽいパンツはいてらっしゃいますのね」
5

続き・詳細・画像をみる


彡(^)(^)「田んぼに突っ込んで笑いとったろw」

嫁が離婚したいと言い出した。嫁は稼ぎがあるから生活はしていけると思うけど子供が可哀想だから離婚したくない

3DS『新・世界樹の迷宮2』11月27日に発売決定&予約開始!先着購入特典にサントラ(ラフスケッチver.+主題歌)

妹「この歳で 処 女 なの恥ずかしいから捨てさせて」【後編】

【サヨク画報】朝日新聞ソウル特派員の東岡徹さん「朴大統領から韓国の名節、「秋夕」を前に贈物が届きました」

【アニサマ2014】 3日目の当日券を狙うために徹夜組が多数!ゴミは捨てられ、靴もちらばり、ラブライブ3巻を落とす奴もwww

back 削除依頼&連絡先