失いたくない。絶滅の危機に瀕している美しい26種の猫back

失いたくない。絶滅の危機に瀕している美しい26種の猫


続き・詳細・画像をみる

1. アジアチーター
 アジアチーターはかつて、中東から中央アジアにわたって広く生息し、狩りのパートナーとして多く飼育されたりもしていた。しかし近代の工業化に伴って、生息地は破壊され、家畜を襲う害獣としての駆除対象となり、またその美しい毛皮を狙った密漁が絶えず、現在はイラン高原にわずか70頭から110頭ほどが生息しているのみだ。
2. ユキヒョウ
 中央アジアの山脈や岩場地帯に広く生息しているユキヒョウは、不毛な高地での生活に最適な美しく暖かい毛皮を持っている。しかし不幸なことに、その毛皮のせいで乱獲され、今では4,000から6,500頭が残るのみだ。
3. スナドリネコ
 ほとんどの猫は水に濡れることが大嫌いだが、スナドリネコは水なんて全然怖くない。マングローブの湿地帯や川の近くに住んで魚を捕り、泳ぐことだって大得意だ。しかし近年異常なスピードで進む環境破壊が原因でその個体数を大きく減らすこととなり、2008年に国際自然保護連合(ICUN)から絶滅危惧種の指定を受けることとなった。
4. ボルネオヤマネコ
 ボルネオ島のみに生息するボルネオヤマネコは、謎に包まれている。大規模な森林伐採によって彼らは住処を追われ、ICUNのレッドリストに絶滅危惧種として載っている。この写真は、そんなボルネオヤマネコの姿をはっきりと捉えた貴重な写真だ。
 
5. マレーヤマネコ
 ちょっと変わった頭の形をしている小型のヤマネコ。水辺に生息しているせいか魚が大好物だ。生息地域の破壊や汚染により、2008年に絶滅危惧種に指定された。現在では、わずか2500頭も残っていないと見られている。
6. アンデスネコ
 アンデスネコはヤマネコの一種で、名前の通りアンデス山脈一帯に生息している。ICUNのレッドリストに載ってはいるものの、莫大なお金をかけて保護されている他のヤマネコたちと比べて、アンデスネコの保護活動資金はまだまだ少ない。
7. スペインオオヤマネコ(イベリアオオヤマネコ)
 スペインオオヤマネコは、もはや100頭ほどしか存在しておらず、現在地球上で最も絶滅に近いヤマネコ、そして最も貴重な哺乳類でもある。その原因は1950年代にもたらされた兎粘液腫と呼ばれる病気によってスペインオオヤマネコの食料となる野ウサギが大量に死んだことによる食糧不足が挙げられる。
8. マヌルネコ
 マヌルネコは普段は洞窟や岩の割れ目、マーモットなどが掘った穴などで生活し、夜になると狩りにでかける。しかし食料不足や環境破壊により、今すぐにではないが将来的に絶滅の可能性があるとして、2002年にICUNから準絶滅危惧の指定を受けた。
ふっさりワイルドなヤマネコ、マヌルネコの「だるまさんがころばない」【百面相画像追加】
9. マーゲイ
 マーゲイは、木の上で生活している猫。他のネコ科の動物とは違って、後ろ足を反転させることができるため、リスのように頭から木を降りられるし、片足で木にぶら下がることだってできる。その美しい毛皮のために毎年14,000頭以上が殺されているが、2年に一度しか子供を産まないため、個体数の回復が難しいと見られている。
南アメリカに生息するまん丸お目目の野生ネコ「マーゲイ」・「オセロット」
10. サーバル
 ネコ科の中でも最も脚長なサーバルは、主にアフリカのサバンナに生息してる。彼らも他の大型の猫たちと同じように毛皮のために乱獲されているのだが、悲しいのはそれがチーターやヒョウの毛皮と偽って売られていることだ。
サーバルキャットに愛されたければ、今すぐカーリーヘアにせよ!
11. カラカル
 別名、砂漠のオオヤマネコとしても知られている。非常に警戒心が強く、吠えて威嚇することもある。北アフリカでは絶滅に瀕しているとされ、中央アジアやインドでも滅多に見かけることはない。
驚異の跳躍力!耳が男前なカラカルキャットの大ジャンプ
12. アフリカゴールデンキャット
 アフリカゴールデンキャットは、私たちが家で飼っている猫の2倍程の大きさだ。飼育環境で12年ほど生きることはわかっているのだが、実際この猫が野生で生活しているのが捉えられたのはごく最近のため、その生態についてはほとんど何もわかっていない。
13. アジアゴールデンキャット
 熱帯雨林などの常緑樹林が生い茂る場所や、落葉樹林がある乾燥した地域など様々な条件下に生息している。他の猫同様、その毛皮と骨を狙った乱獲と近年の砂漠化のせいでその個体数を大きく減らしている。
14. スナネコ
 スナネコの特徴は、他の猫に比べて幅広な頭と、砂漠の熱から身を守るため足の裏までびっしり生えている毛だろう。絶滅の危険があるため、この猫を狩ることは多くの国で禁止されている。
スナネコフォルダ充実画像。生後3週のスナネコの赤ちゃんがお披露目(イスラエル)
15. アムールヒョウ
 シベリアから中国北東部にかけて広範囲に生息していたが、環境破壊と乱獲のせいで、今となってはわずか30頭ほどが生存するばかりとなってしまった。
16. スマトラトラ
 インドネシアにはかつて他の種類のトラも存在したが、現在生息しているのはこのスマトラトラ、400頭程度のみになってしまった。規制の強化や乱獲禁止の法律があるにも関わらず、毛皮やトラの骨を狙った密猟者は絶えない。
17. ウンピョウ
 ウンピョウは、大型と小型の中間で進化してきたと考えられている。大規模な森林破壊により住処を奪われたことと、その雲のような美しい毛皮を狙って乱獲されたことにより、大人の個体は10,000頭にも満たないと考えられている。
コチョコチョされると足が反応してしまう絶滅危惧種「ウンピョウ」の赤ちゃん
18. マーブルキャット
 ウンピョウとよく似ているが、マーブルキャットはずっと小さく、しっぽも独特でもっとふさふさしている。このマーブルキャットを脅かしている主な原因は、東南アジアで驚異的なスピードで進む森林破壊だ。それは生態系全体にも影響を及ぼしているのは言うまでもない。
19. ベンガルヤマネコ
 灰色から赤色にかけた色の毛皮を持ち、お腹の部分は真っ白または明るい色になっている。実は、ベンガルヤマネコは家猫と交配させることで、フレンドリーでとても美しい「ベンガル」という品種を生み出すことに成功した初のヤマネコでもある。
「その辺の猫とは違うんだぜ?」ベンガルヤマネコの鳴き声が小さくても肉食獣
20. マルタタイガー
 「ブルータイガー」としても知られるこのトラは非常に貴重かつ神秘的である。このトラは南中国のトラの亜種と見られているが、その生息は危機的状況にある。違法にも関わらず、今でも中国では伝統的な薬として珍重されている。どうやら「青い」生物は絶滅する運命にあるようだ。
21. ゴールデンタイガー
 ゴールデンタイガーは、毛の色が金色をしている以外は普通のトラだ。この美しく輝く毛皮は交配の結果だが、インドでは1900年台にまで遡る歴史があるという。
22. ホワイトライオン
 ホワイトライオンはアルビノではない。その真っ白な毛皮は、地球上のある場所でしか引き継がれることのない特別な遺伝子なのだ。生息地の南アフリカのクルーガー国立公園周辺を除いては、ほぼ20年にわたって絶滅状態にあった。しかし近年になって、その特異性を守りながらホワイトライオンを保護しようとする世界初の組織が立ち上げられた。
23. アナトリアヒョウ
 30年以上にわたって、トルコ原産のこのヒョウは絶滅したものと思われていた。2013年、ディヤルバクル南西部に住む羊飼いが羊たちを襲おうとした大きな猫を殺したところ、後にそれが実はアナトリアヒョウだったということが生物学者らによって確認された。悲しい話であるが、アナトリアヒョウがまだ残っているかもしれないという希望はある。
24. サビイロネコ
 尻尾を入れても60〜70センチ程度で1.5キロにも満たないサビイロネコは正真正銘、野生に住む世界最小の猫の一種である。この猫についてはほとんど何も解明できてないまま、その生息地域がどんどん農地開発されてしまった。行き場をなくしたサビイロネコはIUCN(国際自然保護連合)のレッドリスト入りになっている。
25. スコットランドワイルドキャット
 「ハイランドタイガー」としても知られるこの猫は、現在400頭以下と推測され、間違いなく絶滅の危機に瀕している。
26. クロアシネコ
 アフリカ最小の野生猫であるクロアシネコは、文字通り、足の裏に黒い毛が生えていて灼熱の砂漠から身を守っている。ゴミ漁りをよくするので、その中に混じっている殺鼠剤や他の動物用に仕掛けられた罠にかかってしまい、結果絶滅の危険にさらされている。
ニヤニヤが止まらない。世界最小の猫、クロアシネコの赤ちゃんが一般公開に(米フィラデルフィア動物園)
via:distractify ・原文翻訳:rumita
▼あわせて読みたい
プレデター(捕食者)たちの大迫力写真特集
パターン白、アニマルです。雪のように白くてかわいい10の動物たち
猛獣使いプーチン、ペルシャヒョウの子どもをてなずける。その後記者、襲われる。
大好きな動物たちと触れ合える、なれ合える。一度は行きたい世界20の魅惑のアニマルパラダイス
猫だと思って拾って育ててみたら、国家級保護動物のユキヒョウだった(新疆ウイグル自治区)
この記事をシェア :
スポンサードリンク
- twitter公式アカウント
- facebook公式ページ
- Google+公式ページ
- カラパイア全記事一覧
「画像」カテゴリの最新記事
「絶滅・絶滅危惧種生物」カテゴリの最新記事
「絶滅・絶滅危惧種生物」カテゴリをもっと見る
この記事をシェア :
人気記事
最新週間ランキング
1位
6355 points
丸めると寿司、履くと靴下。寿司ソックスが海外で好感触
2014年8月14日
3576253820635
2位
3336 points
6年間羊の毛を剃らないとどうなるのか?脱走羊、シュレックのこのモフモフっぷりを見てほしい。
2014年8月11日
171214576899
3位
2896 points
海外サイトがチョイスした「人生を変えるほどの影響力を持つ日本のアニメ10作品」とその解説
2014年8月16日
1250990471185
4位
2821 points
ロビン・ウィリアムズさんの訃報を受け、悲しみに暮れるゴリラのココ
2014年8月15日
1212142513351
5位
2439 points
自分で自分をがんじがらめにしていない?人生を困難で複雑にしている18のこと
2014年8月16日
84397155273
もっと読む
----------------------------------------------------------------------------
スポンサードリンク
Facebook
コメント



1


1.


- 2014年08月24日 11:36
- ID:KoYqEotP0 #











2


2.


- 2014年08月24日 11:46
- ID:r3uus7LX0 #











3


3.


- 2014年08月24日 11:54
- ID:vAzo10ko0 #











4


4.


- 2014年08月24日 11:56
- ID:nsV2tagn0 #











5


5.


- 2014年08月24日 12:04
- ID:.IR0tVXU0 #











6


6.


- 2014年08月24日 12:05
- ID:35FcoTYr0 #











7


7.


- 2014年08月24日 12:06
- ID:QL6UW9CCO #











8


8.


- 2014年08月24日 12:26
- ID:UbHiTvYu0 #











9


9.


- 2014年08月24日 12:27
- ID:qZOaGw.W0 #











10


10.


- 2014年08月24日 12:33
- ID:6wxI2giy0 #











11


1

続き・詳細・画像をみる


今までに食べた味噌汁の中で「なんでこれ入れたの?バカなの?」って思った具材を1つだけ書いてけ

貸した本を“うっかり(本人談)”ヤフオクで売ってしまったことがあった同僚A 。「絶対わざとだ!」と思っていた頃、私は電子書籍派に転向した。

梅田のリアルダンジョンが攻略できない

カーチャンが俺の黒歴史綴った紙出してきて死にたい

浦安鉄筋家族で爆笑した話

茅原実里(33)の水着で早速抜いた奴wwwwwwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先