モバP「待ってくれ、まゆ!これは違うんだ!!」back

モバP「待ってくれ、まゆ!これは違うんだ!!」


続き・詳細・画像をみる

1:
佐久間まゆ「……っ!!」ブルブル
P「だから、これは……その、事故で」
まゆ「……さんのっ……!」ボソッ
P「ま、まゆ……?」
ガチャッ
千川ちひろ「ただいま帰りましたー」
渋谷凛「プロデューサー、ちゃんと休憩したの――」
まゆ「Pさんのっ、ばかぁぁぁぁぁっ!!!」ブワッ
P「まゆぅぅぅぅっ!!!」
バタンッ
ちひろ「……え?」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408446080
2:
凛「ぷ、プロデューサー……?」
ちひろ「……凛ちゃん!!まゆちゃん追って!!」
凛「えっ」
ちひろ「いいから早く!!」
凛「わ、分かった!」
バタンッ
P「うあぁぁぁぁ……まゆぅ、まゆぅぅぅぅ……」ボロボロ
ちひろ「プロデューサーさん?プロデューサーさんっ?!」
P「うっ……ひぐっ……うぁぁぁぁぁぁぁぁ……」グスッ
ちひろ「……」ブチッ
3:
バシンッ
P「あ……」
ちひろ「しっかりしなさいっ!いつまで泣いてるんですかっ!!」
P「ちひろさん……あ、まゆ、まゆは……!?」
ちひろ「さっき走って出て行きました。今凛ちゃんが後を追いかけてます」
P「……そう、ですか……」グスッ
ちひろ「どうしたんですか、いい大人がまゆちゃんを泣かして、自分もぼろぼろ泣いて……」
P「お……俺が、俺が悪いんです……まゆは何も、悪くないのに……」
ちひろ「ちゃんと話してください?ゆっくりでいいですから」
4:
P「その……ちひろさんと凛が、外回りと買い物に行った後に……」
P「後に……あとに、あ……」
P「うぅぅぅ……俺は、俺はなんてことを……あぁぁぁぁ……!!」グズッ
ちひろ「……はぁ」
prrrr prrrr!
ちひろ「もしもし……あら、凛ちゃん」
凛『もしもしちひろさん?まゆ、捕まえたよ』
ちひろ「ええ、ありがとう。まゆちゃんは大丈夫そう?」
凛『ちょっとショックが大きいみたい……今落ち着かせてる』
ちひろ「そう……今はどこにいるの?」
凛『そんなに事務所から遠くないから、事務所に戻ってるよ』
5:
ちひろ「分かったわ。事務所に着いたら会議室を使ってね」
凛『うん、分かった。……プロデューサーは?』
ちひろ「まだ泣き崩れてるの……。なんとか落ち着かせて、話を聞いてみるわ」
凛『オッケー。まゆの事は任せて』
ちひろ「ええ。ありがとう、凛ちゃん」
ピッ
P「ちひろさん……まゆは」
ちひろ「今、凛ちゃんと一緒にいます。事務所に向かってるそうです」
P「よかった……まゆぅぅぅ……!」グスッ
ちひろ「いい加減にしてください!!いつまで泣いてるんですか!!」
P「は、はいぃっ!!」ビシッ
6:
ちひろ「ほら、落ち着きましたか?」
P「ええ、なんとか……」
ちひろ「でしたら話してください。何があったのか」
P「はい……二人が出かけた後……」
????????????????????
P「はぁー……ようやく片付きそうだ……」カタカタカタ……
P「一昨日からほとんど寝てないしな……はは」
P「あー癒やされてぇー……」
P「……」ジーッ……
P「こんなドリンクの何が癒やしなんだよぉ……っ」プシュッ
ゴクッゴクッ
P「あぁー……よし、ピントが合ってきたな」
7:
P「……」カタカタカタ……
P「あー……人肌恋しいなぁ。雫とか拓海だったらさらにいいなぁ」ボソッ
P「おっとと、ミスってる……ダメだな、集中切れてきた……」
グラッ
バタンッ!!
P「のわっ?!」
カランッ
P「っ……!!痛ってぇ……」ヒリヒリ
P「ふらついてきたな……流石に限界か」
カラカラカラ……
P「……仮眠取ろう」
8:
P「……ふわぁ……よし、ちょっと楽になった」
P「ふわぁって、なんかこずえみたいだな……くくっ」
P「あはは、あははははははは!俺とこずえって似てるんじゃないか!?あははははははははは!!!」
P「あははははは……はぁ。続きするか」
P「そういや、まだちひろさんや凛は帰ってきてないのか……」カタカタカタ……
P「時間かかってるのかな」
P「はぁー……誰でもいいから癒やされたい……」カタカタカタ……
P「この際男でも……いや、やっぱり女の子がいい……」
P「雫とか拓海とか……早苗さんもいいなぁ……」
P「でも藍子や悠貴もいいよな……とにかく癒やしがほしい……」
P「……はっ。手が止まってた」カタカタカタ……
9:
ガチャッ
P「ん、お疲れ様ですー」カタカタカタ……
まゆ「お疲れ様です、Pさん♪」
P「あれ、まゆか。お疲れー」カタカタカタ……
まゆ「……あの、Pさん?」
P「どうした、まゆ?」カタカタカタ……
まゆ「ちょっと休んだらどうですか?目の下の隈、すごいですよぉ?」
P「そうか?まだ大丈夫だと思うけどな」カタッ
まゆ「全然大丈夫に見えませんよ……?」
10:
P「……」ジーッ
まゆ「あの、Pさん?」
まゆ「Pさんが見つめてくれる……のは嬉しいですけど」
まゆ「まゆはもっと健康的なPさんが好きです……」シュン……
P「うん、大丈夫大丈夫。まだまゆが一人に見えてる」
まゆ「……え?」
P「まだ半日くらいは戦えるな」
まゆ「Pさん、いったいいつからお仕事を……?」
P「一昨日から。仮眠取ったりドリンク飲んだり、休憩は挟んでる」
まゆ「仮眠って……寝てないじゃないですか!」
P「寝てる寝てる」
11:
まゆ「そんなの寝たうちに入りません。ほら、ゆっくり休まないと……」
P「え、いいっていいって。まだ行ける行ける」カタカタカタ……
まゆ「このままじゃPさん、倒れちゃいますよ?!」
P「大丈夫大丈夫。まだ残業の向こう側じゃない」カタカタカタ……
まゆ「……もうっ、まゆ怒りますよぉ?」
P「怒ったまゆもかわいい」カタカタカタ……
まゆ「……えっ」
まゆ「そんなぁ……かわいいだなんて……♪愛してるだなんてまだまゆには……♪」ポワワ……
P「あれ、そこまで言ったっけ……言ったかもしれないな。あはは」
まゆ「……はっ!騙されませんよ?」
P「騙してない」
12:
まゆ「とにかく、休んでください。このままだと本当に死んじゃうかもしれません……」グスッ
P「だから大丈夫だっての……」
まゆ「……Pさんが休憩を取らないと、まゆはPさんに襲われたって皆さんにメールします」
P「!」
P「分かった、分かったから落ち着け」ガタッ
まゆ「さあ、そうと決まれば仮眠室に……」グイッ
P「ま、待って!引っ張るな!」
まゆ「ほら、早く……きゃぅっ!?」ズルッ
P「まゆっ!?」
ガバッ
ドスン!!
13:
P「痛ぇ……なんかデジャヴだな……」
カラカラカラ……
P「スタドリの瓶?いったいどこから……」
P「……まゆ!!大丈夫か!?」
まゆ「は、はい……まゆは大丈夫で」
ふにっ
P(あれ?)
P(右手……まゆを支えてる。左手……あれれ?)
P(俺の左手……これは、一体……)
14:
ふにっ
まゆ「きゃっ……あ、あの、P……さん?」
ふにっ
P「あっ」
まゆ「Pさんっ……♪流石に事務所じゃ、その、恥ずかしいですよぉ……♪」
P(あぁ……素晴らしい……天国はここにあった)
P(でも……思ってたのとなんか違う……)
15:
P(雫や拓海、早苗さんみたいな重厚感はない……)
P(なんていうか彼女達は……そう、おっぱいみたいなおっぱいだ)
ふにっ
P(藍子や悠貴みたいな慎ましさではない……)
P(二人のおっぱいはきっと、優しさに溢れている……)
ふにっふにっ
まゆ「P……さん……?」
P(豊潤でもなく、慎ましやかでもなく……そう、中途半端、言うなれば……)
16:
P「……がっかりおっぱい……」
17:
うわぁ…
19:
想像を遥か上に飛び越えて向こう側に行く酷さだった
25:
????????????????????
P「みたいな感じだったかと」
バシンッ
P「うげっ!?」
ちひろ「なんてことをしてるんですか!!?」
P「あの、これ事故で」
バシンッ
P「ぐえっ!?!」
ちひろ「そこじゃありません!」
ちひろ「えっと、その……まゆちゃんの胸を触ってしまったことは、事故だと認めますけど!」
ちひろ「問題はその後でしょう!?」
27:
ちひろ「何ですか、がっかりおっぱいって!?そりゃあまゆちゃん傷つきますよ!?」
P「いや、あの、なんか気付いたら口が勝手に」
ちひろ「――ッ!!」
P「ま、待って!ぶたないでちひろさん!!」
ちひろ「……」ジロッ
P「あの、本当にこれ、事故……」
ちひろ「……はぁ……」
P「それに、まゆのおっぱいにはまゆのおっぱいらしい魅力と可愛さが」
スッ
P「何でもありません……」
30:
ちひろ「そもそも何してるんですか、一昨日から残業って。私聞いてませんでしたよ」
P「言ったら心配されるかなって……」
ちひろ「確かに最近、誰よりも遅く残って、誰よりも早く出社してましたけど……」
P「帰らなかっただけですからね」
ちひろ「昨日も帰るように言いましたよね?」
P「ありがたく聞き流しました」
ちひろ「昨日帰る前に、スタドリとかは全部片付けたんですけど」
P「ちょっと探しましたよ?わざわざ倉庫の奥に隠して鍵までつけて……」
ちひろ「……もう、いいです」
32:
ちひろ「……明日から有給を消化させますからね。仕事も外出も禁止です」
P「そ、それだけは!!まだ仕事終わってないんです……」
ちひろ「私が代わりに引き継ぎますから」
P「でも……」
ちひろ「仕事が増えるより、プロデューサーさんが倒れるほうが大問題です」
ちひろ「またこんな事故を起こされても困りますからね」ジロッ
P「……はい」
コンコンコンッ
凛「ちひろさん?今大丈夫?」
ちひろ「凛ちゃん?プロデューサーさんは大丈夫じゃないけど大丈夫よ」
凛「そう?まゆが落ち着いたから、プロデューサーに会いたいって……」
35:
ちひろ「そう。ちょっと待っててくれるかしら」
凛「分かった」
ちひろ「いいですか、プロデューサーさん」
P「はい」
ちひろ「まゆちゃんに謝ってください」
P「はい」
ちひろ「凛ちゃんにも謝ってください。迷惑かけたんですから」
P「はい」
P「……ちひろさん」
ちひろ「何ですか?」
P「……ごめんなさい。迷惑かけました。仕事も押し付けました」
ちひろ「……はい。いいですよ」
36:
ちひろ「凛ちゃん、入っていいわよー」
ガチャッ
凛「ただいま……大丈夫、プロデューサー?」
P「ああ……ごめんなさい、凛。迷惑かけた」
凛「ううん、大丈夫だよ。……それより、ほら」
凛「まゆ、入ってきて」
まゆ「Pさん……っ」グスッ
P「まゆ……!」
P「……ごめんなさい、まゆ……俺、まゆに酷いことを言った……」
P「まゆのおっぱいががっかりだったなんて、ろくに考えずに言ってしまった……本当にごめん……」
まゆ「Pさん……」
P「あ、でもがっかりだったってのは大きい訳でもなく小さい訳でもなくやや小ぶりだったなーってことで想像と違ってて……」
P「いや、確かにがっかりだったけどそうじゃなくて……」
まゆ「……」ゴゴゴゴゴゴ……
37:
ブチッ
まゆ「Pさん……っ」ガバッ
P「ま、まゆ!?ごめんなさい!本当にごめんなさい!だからやめてくれ――」
まゆ「……なんですか」プルプル
P「?」
まゆ「まゆじゃダメなんですかぁ……!」グスッ
P「まゆ?!」
まゆ「まゆの胸じゃダメなんですかっ!?Pさんっ!!」バッ
P「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?やめろまゆ!!脱ぐんじゃない!!」
まゆ「まゆじゃダメなんですか!?がっかりなんですか?!」バサッ
P「あっ、ま、前が!?やめろ!!やめてくれ、まゆ!!!」
まゆ「まゆの……まゆのがっかりおっぱいじゃ、Pさんは嬉しくないんですか!?」グイッグイッ
P「あぁぁぁぁぁぁ…………!!!!」
38:
ウワァァァァァァァ……!!
凛「……」
ちひろ「……」
凛「……ちひろさん、今日はスタジオ空いてたよね。自主練してくる」
ちひろ「分かりました。私、今日は会議室でお仕事します」
凛「とりあえず、張り紙貼っておこう?」
ちひろ「そうですね。誰も入らないように」
まゆ「ほら、Pさん?まゆの胸じゃダメなんですか!?ほら!!」グイッ
P「あっ、手が、おっぱいに、直に、直にぃぃぃ……いやあぁぁぁぁぁ……!!!」ピトッ
まゆ「どうなんですか、Pさんっ!!がっかりですか!?まゆのおっぱいはがっかりなんですかぁぁぁぁっ!!?」グニッグニッ
P「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ……!!!!」
39:
 お わ り
40:
デスマ中の絶妙なポンコツ具合をよく表していると思いました(コナミカン)

47:
http://i.imgur.com/xiRQvfo.jpg
4

続き・詳細・画像をみる


【試練】猫がひざから降りてくれない時、下僕はどうするべきか…1〜2時間平気でひざに乗り続ける猫も

派手な爆発が得意なマイケル・ベイ監督が製作した『カールじいさんの空飛ぶ家』が激しすぎる!!

【悲報】スマブラ制作スタッフ、バカだったwwwwwwww

顔面が油絵みたいだけど首から下は素晴らしいグラドルがソフマップ!!

娘を痣が出来るまで10回以上噛んだ子の母と母妹がとんでもないキチだった

専業主婦の嫁が万引きで捕まった。「あなたが家事をもっと手伝ってくれたり私の自由な時間をくれれば万引きしなかった」

back 削除依頼&連絡先