シャロ「リゼニーの時間ね」back

シャロ「リゼニーの時間ね」


続き・詳細・画像をみる

1:
シャロ「リゼしぇんぱぁい…あふ…あふぅ」モゾモゾ
シャロ「しぇんぱぁーい…えへ…えへへへ」クチュクチュ
シャロ「リゼしぇんぱい!しょんな!急に強く…んっんぅー」ピクッビクンビクン
シャロ「しぇんぱい!イく!イくぅぅぅう!」ビクッビクッ
シャロ「はぁ…はぁ…はぁ…んっ…はひ」
4:
シャロ「まだ足りない…そうよ!」
シャロ「今月キツいけど買ったこれで!」
シャロ「こ…ここに当てて…スイッチを…オン」ピトッ…ヴヴヴヴヴヴ
シャロ「ん!んぅーー!……はぁ…はぁ…」ヴヴヴヴヴヴ
シャロ「はひ!リゼしぇんぱい!そんな激しく!あっああっリゼしぇんぱいリゼしぇんぱい」ヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
6:
シャロ「ひん!胸はいまびんかんに!リゼしぇんぱい…もうだめ…!リゼしぇんぱい!しぇんぱい!」ピトッ…ヴヴヴヴヴヴヴヴ
シャロ「イく!リゼしぇんぱいにせめられて!イくぅ!んう…ううー」ヴヴヴヴヴ…ビクッ…ビクッビクッビクッ
シャロ「ヒュー…ヒュー…ヒュー…ヒュー…」
シャロ「リゼしぇぱぁい…」
7:
シャロ「まだ…足りない」
モゾモゾ…ピクッ…スリスリ
シャロ「でもそっちはさすがに…マニアックな気が…」
シャロ「でも…いいかも…////」
シャロ「………」
シャロ「!!リゼしぇんぱい!そっちは!違う所!ああっ///」
9:
シャロ「きたないれすぅ!リゼしぇんぱい!そんな!でも…////」
シャロ「リゼしぇんぱい!だめ…あう…あっああああ」
ピタッ
シャロ「…!?しょんな…リゼしぇんぱい!なんで…やめるんですか…」
シャロ「え…そんな…////そんな事言えません!」
シャロ「…」
11:
シャロ「シャロは後ろ弄られて感じちゃうメスウサギですぅ…」
シャロ「…!ああ…ああ!リゼしぇんぱいリゼしぇんぱい!」
シャロ「ひゅん!急に前も捏ねくり回すなんて…んっああ!」
シャロ「リゼしぇんぱい!ごめんなさい!後ろを弄られて感じちゃう!シャロはメスウサギですぅ!!!!」ビクっ…ぴく……ひく…
シャロ「はひゅー…はひゅー…はひゅー…はひゅー…」
13:
千夜「シャロちゃん今日も声が大きい…」
千夜「おかげさまで、シャロニーが捗るわぁー」
千夜「んっ…////」
千夜「はふぅー…もう我慢できない…」
15:
千夜「シャロちゃん…もっとしっかりほぐさないとねー」クチュクチュ
シャロ「いきなり入ってきてなにするのよ!!」
千夜「シャロちゃんのリゼニーが微笑まーだからいけないの…」クチュクチュ
シャロ「そんな…ん…」
千夜「自分で触るのと違うでしょー」
シャロ「あっ…千夜…ダメ…イっちゃう…イっちゃう!!千夜!ちやぁ!!イく!!」びくん…ぴく…ひく
千夜「しっかり裾を掴んできちゃって…そんなに良かったかしら」
16:
千夜「これだけほぐれたら…あんこのもすんなり入るわー」
シャロ「え…どういう…なに……あんこ…?」
あんこ「…」フルボキーン
シャロ「ヒィ!!!は…離して千夜!!」
千夜「だぁーめっ」
あんこ「…」スッ…ピトッ
シャロ「う…ぅぅぅぅ」
あんこ「…」スリスリ…ズブ
シャロ「あ…ぅ…もうだめ…ちやぁ…ちやぁ!助けて…」
千夜「ほほえまー」
19:
あんこ「…」ズブズブ
シャロ「ん…おっきい…おく!おくに!おくに当たって…ん///」
あんこ「…」グリグリ…
シャロ「おく擦らないでぇ!!!だめ!!そんな事したら!!」
千夜「シャロちゃんおくが弱いの?」
シャロ「こんなの…はじめて…イく…イくイくイくぅ!!!」
シャロ「はぁ…はぁ…ん…///…はぁ」
千夜「シャロちゃんったらヨダレ垂らして…うふふ」
あんこ「…」
21:
あんこ「…」ズップ…ズップ
シャロ「!!…まって…今イったばかりなのぃ!!」
あんこ「…」ズップズップズップ
シャロ「突かないで…突かないでぇ!またイっちゃう!!ウサギにイかされちゃう!!」
あんこ「…」ズップズップズップズップ
シャロ「あ…あぁ!イくイく…だめぇ!ウサギに突かれて!イっちゃう!!イくううぅぅ!!」
あんこ「…」ドピュ!ドピュ!
シャロ「出てる…ウサギの…出てる」
22:
シャロ「もう…だめ…」バタッ
千夜「シャロちゃん…精液もれるとメッだからおむつしましょうねー」テキパキテキパキ
シャロ「ちやぁ…ちやぁ!うぇぇぇぇえん」
千夜「あらあら…どうしたの?私の胸で泣き止んで…」
シャロ「ん…ちやぁ…ちやぁ…」
千夜「大丈夫…いいこいいこ」ナデナデ
23:
千夜「いいこいいこしてあげるからねー」ナデナデナデナデ
シャロ「うん…」グスン
千夜「どうしたの、辛いことあったの?」
シャロ「ウサギに…中に出された…」ウルッ
千夜「泣かないでー大丈夫だから、泣かないでー」
シャロ「…うん」
千夜「じゃあ精液掻き出さないとねー」
24:
千夜「…自分で広げて」
シャロ「うん……///」クパァ
千夜「綺麗な色ねー、じゃあ、人差し指で掻き出すからね」クチュクチュ
シャロ「ん…あ…」
千夜「ここらへんかなー?」
千夜「この中の天井にある膨らみが…シャロちゃんの弱点」
シャロ「あ…」ジュワーーホクホク
千夜「おもらしなんて…いけないこ…うふふ」
29:
千夜「リゼちゃんの事、思い出してー」
シャロ「え…」
千夜「だんだん…重くなる…だんだん…眠くなる」
シャロ「…」
千夜「力が抜けていく…右手…左手、右足、左足」
シャロ「…」トローン
千夜「この手はリゼ先輩の手、リゼ先輩がシャロちゃんの弱点を擦り付けるの」クチュクチュクニクニ
シャロ「あ…ぁぁぁ…リゼ…しぇんぱい」
31:
千夜「まだだめ」ピタッ
シャロ「しぇん…ぱぁい」
千夜「私が10秒唱えると…シャロちゃんはリゼ先輩にイかされてしまう…私が10秒唱えると…シャロちゃんはリゼ先輩にイかされてしまう」
シャロ「リゼ…しぇんぱい?」
千夜「10...9...8」クチュクチュ
シャロ「リゼしぇんぱい…しぇ…ぱい」
千夜「7...6...5」クチュクチュクチュ
シャロ「リゼしぇんぱいが…後ろも…前も…胸も…リゼ…しぇんぱい」
千夜「4...3...2」ピチャピチャピチャ
シャロ「リゼしぇんぱいリゼしぇんぱいリゼしぇんぱいリゼしぇんぱい!!」
32:
千夜「1...」クニュクチュクチュクチュ
シャロ「しぇんぱい!」
千夜「......0...」
シャロ「……ッ!!!」ビクビクビクッピクッビクンビクンッ…ヒク…ヒク…
千夜「今日あったことは…シャロちゃんは忘れている」
千夜「今日気持ちよかった事は…シャロちゃんは思い出せない」
シャロ「しぇんぱい…しぇん…z...z...z...」
千夜「おやすみ…シャロちゃん…」

3

続き・詳細・画像をみる


【悲報】若い女性が1番気にする男性の見た目の部位・・・・・・

最終回がブン投げられた胸糞悪いオチの漫画、アニメ、特撮ってある?

この世の三大謎といえば

【悲報】白石麻衣が劣化・・・・・・(画像あり)

【図々しい通り越して怖い】「必要性感じないし、もし必要ならあなたの家にネット借りに来るから」

P「不思議な話」

back 削除依頼&連絡先