にこ「ライブをやるわよ!」back

にこ「ライブをやるわよ!」


続き・詳細・画像をみる

1:
※多少の性的表現あるかもなので注意0
※書き溜めはないのでゆっくり投下します
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407219772
2:
ことり「ら、ライブ?」
海未「また突然ですね」
にこ「そりゃ今まで秘密にしてたからね...今回はいつものライブとは違うことしてみようと思うのよ」
絵里「どういうこと?」
穂乃果「ユニット対抗でライブをするんだよ、絵里ちゃん!」
3:
絵里「ユニット対抗?」
にこ「ちょっと穂乃果!先に言うんじゃないわよ!」
凛「それは凛が言う予定だったじゃん!」
穂乃果「ごめんごめん、つい...」
真姫「ふぅん、ユニット対抗のライブねぇ...何の意味があるの?」
花陽「いつも通りやった方がいいと思うけど」
にこ「いいえ、今回ユニット対抗でやるのにはちゃんと理由があるのよ」
花陽「理由?」
4:
穂乃果「初心にかえるためだよね?」
にこ「そう!私たちは最近少し弛んでるわ...きっと初めの頃の緊張感がなくなってきてるのよ。このままだとかなりマズイわ」
海未「なるほど...だからユニット同士で競わせて緊張感が取り戻そうというわけですか」
凛「海未ちゃん正解!」
希「にこっち達にしてはまともなアイディアやね」
にこ「ふふん、そうでしょ?」
5:
絵里「でもどうやってユニット同士で競うの?」
凛「ライブに来てくれたファンのみんなが帰る時にどのユニットが1番良かったかを投票してもらうの。もちろん1番票が多かったユニットの勝ちだよ」
にこ「そして票が1番多かったユニットの人はメンバーの1人に1つだけ、なんでも命令が出来るのよ」
海未・ことり「!」
6:
穂乃果「ライブは3日後だから、これから2日間はユニット練習に専念してもらうよ。ちなみに歌える曲は2つまでだからそこら辺も考えながら練習をした方がいいかもね。あ、別にユニット曲じゃなくてもいいよ。まぁ、ユニット曲の方がやりやすいとは思うけどね」
絵里「この勝負、絶対に負けられないわ...」
花陽「面白そうだけど...命令されるのはちょっと怖いよね」
真姫「勝てばいいのよ、勝てば」
にこ「その通り!じゃあさっそく分かれて練習するわよー」
7:
ー『BiBiサイド』
真姫「...で?にこちゃん何か勝つための公算があるんでしょ?早く言いなさいよ」
にこ「あれ?何で分かったの?」
真姫「にこちゃんがわざわざ負ける勝負するわけないでしょ、どうせ勝てると思ったから提案したんだろうし」
絵里「流石は真姫ね、にこのことを知り尽くしてるわ」
8:
にこ「もう真姫ちゃんったらにこのこと好きすぎ?!にこ困っちゃ?う!」
真姫「う、うるさいわよ!いいから早く言いなさいって!」
にこ「せっかちねぇ、別に急かさなくても説明するのに」
絵里「それでにこの策は何なの?」
にこ「...とりあえず今回の私たちの敵はPrintempsよ!あの子たちに勝てれば私たちの優勝ってわけ、オーケー?」
真姫「リリホワは良いの?」
にこ「あんなお笑い担当の集団が勝てるわけないでしょ」
9:
絵里「...まぁ確かに海未はともかく、あの希と凛がいるリリホワに勝ち目があるとは思えないわね」
真姫「そう?結構手強そうだけど」
にこ「まぁちゃんとライブをやれれば強敵だけど...多分練習もまともにやれないはずよ」
真姫「...ああー、海未だけじゃあの2人を抑えるのは無理かもね」
絵里「私でも希を抑えるのは無理だから...海未には同情するわ」
10:
真姫「...で?どうやってPrintempsに勝つのよ」
にこ「ずばり3人でにこぷりを歌うのよ!」
真姫「...で、エリーは何か考えはある?」
絵里「そうねぇ、無難にCutie Pantherは入れるとして...」
にこ「無視すんなー!」
11:
真姫「だってそんなんで勝てるわけないでしょ」
にこ「冗談だったのに...まあCutie Pantherは確かに入れるけど、もう一曲は...これよ!」
真姫・絵里「!?」
真姫「それっていいの?」
にこ「別にダメって言った覚えはないんだけど?」
絵里「あなたが敵じゃなくて良かったわ...えげつないわね、本当」
にこ「それ褒めてんの?」
絵里「褒めてるわよ、一応ね」
12:
ー『Printempsサイド』
穂乃果「よーし2人とも頑張ろうね!」
花陽「ええっと...まずは曲から決めようか?」
ことり「なんでも命令...ホノカチャァァァァン!」
穂乃果「ん?ことりちゃん何か言った?」
13:
ことり「なんでもないよ、それより曲を決めるんだっけ?それならPGPとSSHでいいんじゃないかな」
花陽「無難にいくね」
穂乃果「うーん...ならSSHはやめてスノハレでも歌ってみない?」
ことり「穂乃果ちゃん...スノハレだと季節感を無視し過ぎだからせめて夏色にしないと」
花陽「あ、あの...多分そうやって曲って決めるんじゃないと思うんだけど...」
14:
ことり「?なら花陽ちゃんは何がいいと思う?」
花陽「投票するのは来てくれたファンのみんななんだよね?だったらやっぱり盛り上がる曲の方が良いと思うよ」
穂乃果「盛り上がる曲かぁ...ああっ!?
ことり・花陽「!?」
穂乃果「決まったよ!私たちの曲は...これだ!」
ことり・花陽「え...えええええ!?」
ことり「そ、それって...」
花陽「た、確かに盛り上がるし意外性はバツグンだけど...」
穂乃果「これやるの久々だなー、ワクワクしてきたよ!」
15:
ー『lily white』
凛「希ちゃん、凛達はどうする?」
希「そうやねぇ...もうこうなったらウチらにしか出来ないアレをやるしかないね...」
凛「ま、まさか...」
希「そう、ウチらリリホワのお笑いライブや!これは勝てるで!」
16:
凛「ならなら、凛はツッコミね!なんでやねーん!」ビシッ
希「えー、ウチもツッコミがいいー!」
凛「なら海未ちゃんがボケだね?海未ちゃん早くボケてー」
海未「....あなた達、いい加減にしなさい...早く曲を決めますよ」
17:
凛「えーと...な、なんでやねーん!」
海未「フンッ!」ドゴォ
凛「ぐはっ!?」
希「凛ちゃーーーん!?」
凛「た、隊長...凛はここまでみたいです...」
希「もうしゃべるな凛二等兵!」
凛「後は頼みました...ガクッ」
希「凛二等兵ーーー!」
海未「...茶番は終わりましたか?」
希・凛「あ...は、はい...」
19:
海未「今回は絶対に負けるわけにはいかないんですよ?分かっているのですか?」
凛「なんで負けられないの?」
海未「もちろん私が穂乃果に命令す....いえ、なんでもありません」
希「...まあええか、ウチも命令はしてみたいしね」
凛「凛はかよちんにパンを食べさせてみようかな」
21:
海未「さて、まずは曲を選びましょう」
希「一曲目はしらららでええんやない?」
海未「ふむ、そうですね...では後もう一曲はどうしますか?」
凛「ならぼらららでいいんじゃない?」
希「なるほどね、しらららとぼらららでややこしくなったわ」
海未「ならそれで行きましょう」
凛・希「え」
海未「もしこれで勝てなかったら...私があなた達を...いえ、あえて今は何も言わないでおきましょう」
希「ぜ、全力でやらせていただきます!」
凛「頑張ります!だから命だけは...」
海未「わかりました。さ、早く行きますよ...山頂アタックです!」
希・凛「山ごもりするの!?」
海未「当たり前です、全力でやりますよ!」
23:
【当日】
にこ「うわー...予想以上にいっぱい人集まったわね」
絵里「き、緊張するわ..」
凛「もう完っっ全にフルハウス!」
希「おお!似てる似てる!」
凛「デッショー!」
真姫「それは私の真似のつもりなの...?」
穂乃果「よーしみんな、頑張ろうね!」
24:
にこ「じゃあまずは私たちBiBiからね」
絵里「...本当にやるの?」
真姫「当たり前でしょ、せっかく練習したんだからやらないわけにはいかないじゃない」
にこ「覚悟を決めなさい、絵里!勝てば官軍負ければ賊軍よ!」
絵里「...よひ!BiBi行くわよ!」
にこ(噛んだわ..)
真姫(噛んだわね..)
25:
ことり「にこちゃん達...何歌うのかな?」
海未「おそらくCutie Pantherは入っているでしょうね、あれは盛り上がりますから」
穂乃果「じゃあもう一曲はラブノベルスかな?」
凛「ねばねばだね!」
希「...いや、にこっちがそんな甘い采配をするわけないね」
花陽「ならいったい何を...」
26:
にこ「じゃあ続けて2曲目いきまーす!」
真姫「せーの...」
にこ・真姫・絵里「Pure girls project!」
穂乃果「ええ!?」
花陽「ど、どういうこと...?」
ことり「や、やられた...」
29:
希「そうか...にこっちははじめから穂乃果ちゃん達を潰す狙いだったんやね」
穂乃果「そ、そうか!私たちとあえて同じ曲を選ぶことで次に歌う私たちの評価を下げるつもりなんだね」
ことり「それだけじゃないよ、この曲を真姫ちゃんや絵里ちゃんが歌うことによるギャップも狙ってきている...これはマズイよ」
海未(これでことりは消えましたか...ナイスですにこ)
凛「う、海未ちゃん...その邪悪な笑みはいったい...」
30:
にこ「2人ともお疲れ?!これはもう優勝もらったわね」
絵里「ちょっと申し訳ないけどね...」
穂乃果「やってくれたね絵里ちゃん!ちょっと見損なったよ」
絵里「...え、私だけ?」
穂乃果「でも、私たちはそんな卑怯な作戦には負けないよ!見てて絵里ちゃん!」
絵里「...だからなんで私だけ」
真姫「絵里がこの作戦考えたと思ったんじゃない?」
にこ「ドンマイ、絵里!」
絵里「ドンマイじゃないわよ!」
35:
にこ「ふぅーん、一曲目はやっぱりPGPみたいね、このあと穂乃果達がどこまでやれるのか...見ものだわ」
希「いやー、にこっちはえげつないなぁ。ちょっと引くわ」
凛「にこちゃんひどい!」
にこ「うるさーい!勝てればいいのよ、勝てれば」
絵里「でも見て、穂乃果達はまだ諦めてないわ」
にこ「ふん、勝てるもんなら勝ってみなさい」
36:
穂乃果「じゃあ2人とも...いくよ!」
花陽「う、うん!」
ことり「せーの...」
穂乃果・ことり・花陽「前回のラブライブ!」
にこ「....は?」
37:
穂乃果「なんと私の?履いてたパンツが?海未ちゃんにむりやり取られちゃった?♪」
穂乃果「そのあともちろんね?ことりちゃんにも?予備のパンツも取られちゃったんーだけど?♪」
穂乃果「その後は?大変で?ノーパンになりかけた?♪」
穂乃果・ことり・花陽「みんなと出会い?...」
にこ「これは...前回のラブライブ!ミュージカルver.(ホノキチの歌)ね」
海未「.....こ、これは照れますね///」
凛「う、うん...そうだね」
絵里「な、なんでよりにもよってこれを...!」
真姫「どうかしたのエリー?」
希「お、穂乃果ちゃん達がみんなで蟷螂拳しとるね」
にこ「荒ぶる鷹のポーズじゃないの?」
絵里「あ、あ、あれは違うのよ!...テンション上がるとついやっちゃうっていうか...」
真姫「ああ...あの謎のポーズか」
42:
穂乃果「手応えあったね!これで勝負はまだ分からないよ」
花陽「本当に!よかったぁ...」
にこ「あんたらも中々やるわね、まあ私ほどではないけど」
穂乃果「にこちゃん達には負けないよ!」
絵里「最後はリリホワね...どうなるのかしら」
43:
ことり「一曲目はしらららみたいだね」
真姫「...つまりリリホワも2曲目で勝負してくるつもりね」
穂乃果「海未ちゃん達は何を選んだのかな?」
にこ「さあね、まあ私達に勝てるわけないわ」
44:
海未「希、凛...準備はよろしいですか?」
凛「凛はいつでもいいよー」
希「ウチもオーケーや!」
海未「ではいきますよ...」
海未・希・凛「僕らのLIVE 君とのLIFE!」
45:
にこ「意外と普通ね....って、ええ!?」
穂乃果「な、何あれ...」
花陽「そ、そうか!本来ぼらららは9人で踊る曲...3人ではインパクトに欠けてしまう...でもまさかこんな方法があったなんて」
真姫「3人が高で動くことによって残像が現れてまるで9人いるかのように見える...す、すごいわ」
絵里「え?な、なんでみんな冷静に分析してるの?これどう考えても人間技じゃないわよね!?」
にこ「絵里、私達はアイドルなのよ?常識にとらわれてちゃいけないわ」
50:
海未「ふふふ、みなさんどうでしたか?これがリリホワの本気ですよ」
凛「凛はかよちんに命令するつもりだから覚悟するにゃー!」
花陽「わ、私なの!?だ、ダレカタスケテー!」
真姫「もう勝った気になるなんて...ずいぶん自信があるのね」
希「当たり前やん、この圧倒的なインパクト...負けるわけがないね」
絵里「そ、それでも勝つのは私たちよ!」
穂乃果「いいや!私たちだよ!」
ことり「みんなー!集計終わったよー」
51:
ことり「まずは3位....BiBi!」
にこ「な、なんですって!?」
絵里「そんな...希とイチャイチャデートの夢が...」
真姫「にこちゃんと一緒にお風呂の夢も消えたのね...」
ことり「どうやらBiBiがPGPをやったことに納得いかない人が多かったみたいだね、もっとクールな感じが求められてるのかな」
にこ「くぅ...誤算だったわ、ラブノベルスがあるから大丈夫だと思ったのに...」
52:
ことり「2位は...lily white!」
海未「...は?」
凛「え...ま、負けた...?山ごもりしてまで練習したのに」
希「エリチとのイチャラブデートがぁ...」
海未「ま、まちなさい!何か細工しましたねことり!」
ことり「してないよ?リリホワの敗因はずばり、踊る音がうるさくてほとんど観客に歌が聞こえてなかったことみたいだね」
希「あ、それは盲点やったな...」
凛「凛なんて途中から踊るの楽しくて歌ってなかったしねー」
海未「そんな...私は穂乃果の「スピリチュアル!」を「にゃー!」したいだけだったのに...」
希「あ、危なかった...」
凛「セーフ...」
53:
ことり「そして1位は...もちろん私たち、Printempsだよ!」
にこ「い、いったいあんたらの勝因は何なのよ!」
海未「そうです!理由がないと納得いきません!」
ことり「...ふぅ、みんなは私がこのグループの何を担当してるのか忘れちゃったのかな?」
絵里「何を言ってるの?衣装担当でしょう」
希「....あ、まさか...」
真姫「...くぅ、そういうことね」
63:
ことり「そう...私はPrintempsに投票してくれたら抽選で9名の方にメンバーが着ていた衣装をプレゼントするって約束したんだよ」
海未「ことり!あなたはなんて卑劣な真似を....穂乃果の衣装残ってたら下さい!お願いします!」
真姫「にこちゃんのも残ってたらちょうだい!いくらでも出すわよ!」
ことり「残念だけどもう配っちゃったからないよ...これで命令する権利は私のモノだね」
にこ「まさか歌の勝負じゃなくなってたなんて...」
穂乃果「な、なんかごめん...」
希「スピリチュアルやね...」
64:
ことり「じゃあこっから先はR-18展開だから良い子は見ちゃだめだよ!」
海未「ことりィ!あなた本当にヤル気なんですか!?」
ことり「ごめんね海未ちゃん、穂乃果ちゃんはことりが取っちゃったから」
海未「くぅぅぅぅ!!」
65:
ことり「穂乃果ちゃんに命令するね!」
穂乃果「...その前に穂乃果がことりちゃんに命令するよ」
ことり「え?」
穂乃果「早くこの前盗ったパンツ返してくれないかな?」
ことり「あ、あれは...もう食べちゃったから...」
穂乃果「そう、なら穂乃果もことりちゃんの命令は聞けないよ」
ことり「そんなぁ...せっかく勝ったのに...」
海未「これは...やっぱりほのうみが1番ってことですね」
66:
凛「あとはかよちんだよ、誰に命令するの?」
花陽「私は...にこちゃんに命令するよ」
にこ「に、にこぉ!?」
真姫「何を命令する気なのよ!」
花陽「にこちゃんのでんでんでんを見せて欲しいな」
にこ「にこの...でんでんでんを?」
70:
花陽「やっぱり私たちは仲良くやった方がいいと思うから...みんなで一緒にでんでんでんを見たいと思ったんだ」
絵里「...やっぱり私たちには緊張感なんか必要ないわね」
凛「かよちん良いこと言うにゃー」
にこ「...しょうがないわねー、今回はそれで勘弁してあげるわ」
真姫「そうね私たちはいつも通りの方が良いわね」
希「そうそう、これこそμ’sやん」
穂乃果「うん!これからもみんなで頑張ろう!」
ことり「穂乃果ちゃん!」
海未「穂乃果!」
花陽「みんな静かに!もう始まってるんだよ?うるさくて集中できないよ!」
にこ「やっぱり見たかっただけなのね...」
おわり
74:
ことりちゃんのはWSのアレ思い出すなw

75:

にこちゃんは勝てなくてよかったね
7

続き・詳細・画像をみる


中に出しても大丈夫っていうから出しまくってたら

結婚相談所の人に「あなたにはもう紹介できない」と言われた。セクハラしてこない人と結婚したいのに

「え方言?誰が?俺?言ってねえよwwwいつだよwwえっこれ方言だったの!」

結婚してから嫁の体型がひどく変わるのはサギだよな?  もはやあれだよ。魔人ブー

【東京】舛添氏がパク大統領に約束「ヘイトスピーチがなくならなければ東京オリンピックを返上します」

黒人青年射殺事件でミズーリ州が非常事態宣言 抗議の黒人住民暴徒化&略奪→警察が被害者の強盗映像公開→黒人反発暴徒化&略奪

back 削除依頼&連絡先