モバP「卯月はかわいい」back

モバP「卯月はかわいい」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「お腹すいたなぁ…そろそろ昼飯にするか。」
P「といってもめんどくさいな…コンビニでカロリーメイト買ってくるか…」
スタスタスタ
P「まだ書類終わってないしさっといってさっと食べよう…」ガチャ
???「きゃっ!」ドンッ
短いです、卯月を褒めるだけです
初めて書いたんで文章ぐちゃぐちゃかもしれませんが許してください
2:
P「うわっと!すまん!大丈夫か卯月!?」
卯月「いてて…大丈夫ですよ、尻もち着いただけなので。」
P「本当か!?怪我とかどっか痛かったりしないか!?尾てい骨打ってないか!?」
卯月「本当に大丈夫ですってば…全く心配性ですね、Pさんは。」ニコッ
P「本当にか?」
卯月「本当です!」ニコッ
P「本当の本当に?」
卯月「本当の本当の本当です!」ニコッ
3:
P「よかったぁ…。いきなりドア開けてすまなかったな卯月。」
卯月「そんなPさんが謝る必要なんてありませんよ。ただタイミングが悪かっただけです!」ニッコリ
P「女神や…」
卯月「ふぇ!?ぴぴぴPさん!いいいいきなりなにいってるんですか!?」///
P「え!?ああああ言葉に出てた!?すすすすまんいきなり変なこと言って!気にしないでくれ!」///
卯月「いえ!そんな変なことだなんて!むむしろ嬉しいですよ!?」///
P「へ!?嬉しいのか!?」
卯月「へ!?///いや別に嬉しくないですよ!?///いや嬉しいですけども////」
P「お、おう…嬉しいのか…そうか…///」
卯月「はい……嬉しいですよ……?///」
P「卯月…」
卯月「Pさん…」
凛「……何やってんの?」
4:
卯月・P「ふぇ?」
卯月「りりりりり凛ちゃん!?////」
P「ししし渋谷!?///」
卯月「いや!?これh違うの凛ちゃん!えと…あの…そう!見つめあってただけ!見つめあってただけだから!」
P「そう!そうだぞ渋谷!これは決してやましいkとではない!見つめあってただけだ!……って卯月、これじゃ誤魔化せてなくないか…?」
卯月「え?……はっ!そ、そういえばその通りですね!」
P「あはははは!全く卯月はうっかりのドジっ娘だなぁ!!!」
卯月「あははは!全くその通りです!うっかりのドジっ娘です!」
P「あはははは!けどそんなところもキュートでチャーミングだよ!」
卯月「ぴぴぴPさん!そんなチャーミングだなんて照れますよ!///」
P「んもう!だからそれがかわいいんだってば!」
卯月「まままたかわいいって///」
P「落ち着け!落ち着くんだ卯月!深呼吸をするんだ!」
卯月「は、はい!スーハースーハー…落ち着きました!」
P「よし!それじゃあ行くか!卯月!」
卯月「はい!Pさん!」
P「よーし!どこに行こうかグエッ」
渋谷「いや、全然誤魔化しきれてないから。ていうか最初から見てたから。」
P「ですよねー」
5:
凛「ていうか私のことは渋谷じゃなくて凛って呼んでくれっていつも言ってるでしょ?」
P「いや、そんなアイドルとプロデューサーの関係なだけなのに下の名前では呼べないよ。」
凛「卯月は?」
P「卯月は…あれだその…なんていうか卯月は卯月だろ?」
凛「なにそれ…ふーん、プロデューサーはアイドルを差別するんだ」
P「いや差別ってそんな…大したもんじゃないだろ」
凛「いいや大したことだよ。一大だよこれは」
P「一大事ってそんな…まぁ考えとくよ…。」
凛「考えとくよじゃなくて今考えて。P・さ・ん。」
P「うぅ…わかったよまぁその内な、その内。」
凛「その内って…まぁいいや。それよりPさんこれからどこか出かけるんじゃないの?」
P「え?…ああそういえば昼飯を買いにコンビニへ行こうとしてたんだ…」
卯月「Pさん!それならコンビニに行く必要はありませんよ!」
P「?どうしてだ卯月?」
6:
卯月「それはですね…じゃーん!なんと私がPさんにお弁当を作ってきたからです!」
P「ななななんだって!!卯月の弁当!?」
卯月「Pさんそんなに驚いて…もしかして迷惑でしたか…?」
P「いやいやそんなことはない!ただ卯月が俺なんかに弁当を作ってきてくれたことに感動して驚いただけだぞ!」
卯月「そうだったんですか!私ったら早とちりしちゃって…えへへ…///」
卯月「けどうれしいな…私の弁当でそんなに喜んでくれるなんて…///」エヘヘ
P「女神様や…」
卯月「ふぇ!?ぴぴぴぴPさん!なにまたそんなおかしなこといってるんですか!!///」
P「え!?あわわわわわわまた思ったことを口に出してしまった!!!俺はなんてドジな奴なんだ!!」
卯月「そんなドジっ子なPさんも素敵ですよ!大好きです!///」
P「ふぇ!!?!うううう卯月!!!だだだ大好きってだだ誰のことだ!??///」
卯月「ふぇ!?あわわわわまた思ったことが口から出ちゃった…恥ずかしい///」
P「いや!!!そんな恥ずかしいことはないぞ!!!俺もさっき思ったことが口から出ちゃったからな!!卯月とお揃いだ!」ニコッ
卯月「Pさん…そうですね!お揃いですね!」エヘヘ
P「うん…だから恥ずかしい事なんて何一つないんだぞ…?」
卯月「Pさん…」
P「卯月…」
凛「いやだからなんなのさっきから」
7:
P・卯月「ふぇ!?凛ちゃん(渋谷)!!??///」
凛「いやその反応さっきも見たから…」
P「すすすまん渋谷…ついうっかり渋谷がいることを忘れてたよ…」
卯月「ごめん凛ちゃん私も…」
凛「いいよ別に…気にしてないから……」プィッ
卯月「り、凛ちゃん…?もしかして…怒ってる?」
凛「起こってなんかないよ、卯月は私のことなんかかまってないでPさんとイチャイチャしてればいいよ」
卯月「やっぱり怒ってるよ!?凛ちゃん!」
P「お、おい渋谷すまなかった…俺も謝るから機嫌直してくれよ…」
凛「Pさ…プロデューサーは私なんかに構わず卯月の弁当でも食べてればいいじゃん…」
P「渋谷…わかったよ…」
凛(この流れでいうことを聞かして凛って呼んでもらえるように……///)
P「それじゃあ卯月、お弁当食べるか!」
卯月「はいっ!Pさん!」ニコッ
凛「えっ」
8:
P「いや?卯月の作ってくれた弁当楽しみだな?!一体何が入ってるんだろうな?」
卯月「もちろんPさんの大好物をたくさんいれましたよ!」ニッコリエヘヘ
P「本当か!?それは嬉しいな!余計に楽しみになってきたよ」ニコッ
卯月「私もPさんにお弁当食べてもらうのすごく楽しみです!」エヘヘ
凛「」
P「さてと、弁当のふたをとってと…おお!から揚げに卵焼きに鮭!それにハンバーグとブロッコリーもある!」
卯月「頑張って作りました!」
P「すごいな卯月!さてと二段目は…!!!??!!ご、ごはんに桜でんぶのハート…///」
卯月「Pさんへの思いの丈をご飯に彩ってみました//////」
P「おおおおお俺への思いの丈って//////」
卯月「えへへ…///」テレガオホッペマッカー
P「やばい卯月マジ大天使女神創造主」
卯月「ふぇ!!??ぴぴぴPさん!!?!///」
P「ふぇ!?まままままたまた口に出してた!??!?///」
9:
凛(!このパターンは…私の出番!)「うd…
卯月「いいいいや私は何も聞いてませんよ???//////」
P「そ、そうか…よかった…また口に出たのかと思ったぜ…」
卯月「まったくPさんはドジのうっかりっ子さんですね///」
凛「」
P「よしじゃあさっそく卯月の弁当を食べるか!…ん?卯月、箸がないぞ?」
卯月「大丈夫ですPさん!ちょっと目をつぶってください」
P「ん?おおわかったぞ」メトジル
卯月「……もうあけていいですよ、Pさん」
P「わかった、じゃあけるぞ卯月…!?」
卯月「ど、どうしました?Pさん///」
P「こ、これは…」
P(卯月が…卯月が俺にあーんをしているッッッ!!!!)
P(い、今俺が見ている光景を伝えるのはすごく難しい、なんせこれは地上の楽園、オアシスを一極集中させたのも同然の光景だからだ。まず卯月は俺に箸を向けている、それもから揚げをもってだつまりそれはあーんという行為を俺に向けてしているということになる。卯月にあーんをしてもらえるだけでもはや死んでも悔いはないレベルなのだがさらに注目すべきは卯月の表情だ、卯月は無表情でも銀河美少女コンテストで優勝できるくらいにかわいい。その卯月が上目づかいでこちらを見ている頬も微かにりんご色に染まっていて妖艶である。おいしいかな?ちゃんと作れてるかな?食べてくれるかな?と少し不安そうにしている様子が見て取れる。まさに王道美少女。すこし開いた唇から洩れる吐息はまるでこの世の美を凝縮したかのような匂いがする。これらがすべてあわさった今の卯月は俺にとって全てを超越した存在だ。支離滅裂な感想になったが要するに卯月を食べたい」
卯月「//////////////」プシュー
10:
P「さらに顔が赤くなって今度はうつむいてしまった、卯月の顔が若干見えなくなったのは残念だがこのアングルからみる卯月もまた素晴らしい」(ん?どうした卯月?そんな顔を赤くして?)
卯月「うぅー…もぅPさんの馬鹿…//////そんなこと言うお口は塞いじゃいます!」アーン
P「え?馬鹿って俺なにかいったk…ムグッ!?……モグモグ」
卯月「どうですか?Pさん」
P「……うまい!おいしいよ卯月!こんなおいしいから揚げ生まれて初めて食べたよ!」
卯月「褒めすぎですよPさん…///」
P「しかもこれ手作りか?」
卯月「はい!もちろんそうですよ!」
P「すごいな卯月は…本当にかわいいな!」
卯月「ぴ、Pさん!…今はかわいいとか関係ないじゃないですか!もぅ…///」
P「照れる卯月かわいい」
卯月「もう!Pさんそれ以上はいけません!はいつぎはハンバーグです!……あーーん」
P「ははは、悪かったってそれじゃ、あーー凛「」パクッあっ」
卯月「凛ちゃん!?」
凛「モグモグモグ……ゴクン…」
卯月「……凛ちゃん?」
凛「…いしい…」
卯月「?今なんて」
凛「おいしいよ卯月!!!」ダッ
卯月「凛ちゃん!?どこ行くの?凛ちゃーん!」
ドアバタン
卯月「いっちゃった…」
11:
卯月「Pさん凛ちゃんどうしちゃったんですかね?」
P「さぁ?卯月の料理があまりにもおいしすぎて走り出したんじゃないかな?」
卯月「もう///褒めてもなにもでませんよPさん」
P「いや本当にそれくらいおいしいんだって卯月のつくった弁当」
卯月「本当ですか?ありがとうございます///」
12:
P「あーもう卯月かわいすぎる」
卯月「え///いきなりどうしたんですか///」
P「その照れてる顔もかわいい」
卯月「///」
P「髪の毛サラサラ結んでてかわいい」
卯月「髪の毛まで///」
P「お嬢様っぽい制服も凄い似合っててかわいい」
卯月「制服がかわいいんですよそれは///」
P「卯月なにきてもかわいいよスク水きてもブルマでもアイドル衣装でも着物でも」
卯月「それも全部服のおかげです!」
P「全裸の卯月もかわいいぞ」
卯月「全裸って//////何考えてるんですかPさん!」
P「その若干怒ったような嬉しいようなわからない表情もかわいいほっぺ食べたい」
卯月「…たべてもいいですよ…私のほっぺ…///」
P「!?」
13:
P「本当にいいのか…?」
卯月「はい…いいですよPさん…///」
P「卯月…」
卯月「Pさん…」
―――――――――――――――
――――――――――
――――――
――――
P「ちひろさん俺この仕事やめます」
千川「えっ!?」
アイドル「!!??」
卯月「私もアイドルやめます」
千川「えっちょまじで?」
アイドル「!!??」
P「そして俺と卯月は」
P・卯月「結婚します!!!」///
千川「」
アイドル「」
P「それじゃあそういうことで、ちひろさんいままでありがとうございました」
千川「いやちょっといきなりやめられても困ります!引継ぎとか…」
P「社長に許可ちゃんともらったんで、それじゃあ!」
千川「え、ちょ」
バタン
千川「」
アイドル「」
おしまい
1

続き・詳細・画像をみる


慰安婦の虚偽報道めぐり朝日新聞社長が謝罪を拒否「歴史的事実を変えることはできない」

中村梅野黒羽根會澤松井小林とかいう次世代捕手wwwww

【画像】女のスッピンやばすぎワロタwwwwwwwwwww

エボラ出血熱 - 必要以上に怖がらなくてもいい5つの理由

数年前路上の落とし物を拾ったら中に7桁以上の金券が入ってた

【衝撃】人生で初めてレンタカー借りた結果wwwwwwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先