身内などが亡くなった時におきる不思議な体験back

身内などが亡くなった時におきる不思議な体験


続き・詳細・画像をみる

1:
あるやついるよな?
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1407593292/
夏だし2ch系怖い話の恐怖度ランク付けしようぜ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4724433.html
6:
病院に居るはずなのに
部屋から呼ぶ声聞こえた
一応見に行ったけど居るわけない
病院から電話
先程亡くなりました
17:
>>6
こういうの
実際本当にあるんだよな
本当こういうのがあると幽霊とか信じざるを得なくなる
8:
立て続けに亡くなる
20:
>>8
そういうのも聞いたことあるな
ほんと不思議だわ
13:
風もないのに窓がガタガタ言った事がある
数分後祖母が亡くなったと親から連絡が来た
25:
>>13
俺もこんな感じだったわ
じいちゃんが亡くなった翌日に押入れの中が出てきたり
親戚の家に誰もいないのにノックの音がしたり
53:
>>25
誰もいないかどうかってどうやってわかるんだ?目の情報、耳の情報いろいろあるよな
さてノックしてた奴がいるってことは誰かがいるってことだろ
じいちゃんが死んでなければ普通に判断できることができなくなってるな
65:
>>53
ごめんww
つまり親戚は食事中ノックの音が聞こえて外出ても誰もいなかったてことww
15:
知らない親戚が群がってきたことがある
19:
>>15
一番怖い
24:
>>19
遺産や保険金の受取り先はキッチリ決まってるって言うと素早くいなくなる、電話も通じなくなる
18:
祖父の葬儀中に離れのCDコンポから突然ラジオが流れた
電源は入ってなく、タイマー機能も付いてないのに
33:
>>18
すげー、それは皆ビックリしただろうな
73:
>>33
和尚さんはそういうの慣れてるみたいで、落ち着いた声で「止めてきて下さい」って言ってたよ
けっこーそういうの多いみたい
こっちはびっくりだけどww
26:
ばあちゃんが亡くなる前日の夜は突きが真っ赤だったな。
たしか凶月って言ったっけ
27:
虫の知らせってヤツだね
親戚が死んだとき家族が変な夢見たって話してたな
39:
>>27
夢関係のもよく聞くな
そう考えると夢も不思議だ
31:
従兄弟(3才)が曾祖父が亡くなって1ヶ月間くらいずっと部屋の隅指差して「じいちゃんじいちゃん」言ってたらしい
たたショックだろうからとまだその子に亡くなったこと伝えてなかったから叔母もびっくりしたらしい
43:
>>31
俺の兄貴が保育園児の時に死んだひいじいちゃんが背中に羽を生やして保育園まで来たらしい
滋賀に住んでる従兄弟の所にも来たんだとさ
34:
じいちゃんの通夜の時にデカイ綺麗な蛾がずっと棺の周り飛んでた
兄貴が捕まえて外出してやっても戻ってきて出棺までずっといた
41:
親父が死んだ時何回も心肺止まりそうになりながらじーちゃん来るまで粘ってた
じーちゃん来た途端死んだ
51:
>>41
こういうのもすごいよな
知り合いの犬も飼い主が帰って声かけた瞬間亡くなったらしい
61:
ばあちゃんが死んだとき 教えに来てくれた
そのとき空耳かとおもって気づかなかったけど
よくよく調べたら死亡時刻と一致してた
72:
>>61
死亡時刻と一致てのが確信てきだな
偶然が信じられなくなる
66:
しかしおまえらも色々体験してるんだな
ほとんどじいちゃんなんだけどな
74:
>>66
ばあちゃんと犬は生きてるしその上は俺が生まれるとうの昔に亡くなったし直面したのが祖父の死しかないからな
そういえば祖父が亡くなったとき俺は小さかったんだけど確かにベッドの側にいてみんなが泣いてるからよく分からなかったけど合わせて泣いてた記憶が確かにあるんだけど母は祖父が死んだときは俺は友達の家にいたって言うんだけど
なんなのこれ?
80:
>>74
人間の記憶は案外いいかげんで
都合のいいように事実と妄想が混同することがある
ガキの頃ならなおさら
69:
俺は身近な親戚の死に目に遭ってるからそういうのはないが
歯が3本抜けるとても印象的な夢を見たその夜に1人遠い親戚が亡くなり
立て続けに爺さんとひい婆さんが死んだのは何かあったんじゃないかと思う
78:
>>69
歯に関する夢ってなんかあるらしいから偶然じゃないかもしれないぞ
俺も月に一回くらい歯がぼろぼろ抜ける夢を見る
75:
じいちゃんのお父さんが死んだ時だけどじいちゃんとじいちゃんの親戚が全く同じ夢見たらしい
夢の中で手を引っ張られたらしい
82:
>>75
それはすごいな
みんな同じ夢ってまずありえないからな
やっぱじいちゃんってなんかすごい力もってんのかな
89:
祖母が死んだ時に火葬場のロビーで兄ちゃんと遊んでたら窓から見える駐車場に大型バスが止まった
バスには爺さん婆さんばっか乗ってて俺と兄貴にニコニコしながら手を振ったり手招きしてたから手振り返したりしてた
母さんが婆ちゃん焼けたよって呼びに来たからロビー離れて、骨拾い終わって戻ったらもういなかった
後で大人達にバスの話したらこんな田舎道の先の火葬場に大型バス入らんだろーとか
今日火葬場に来たのはうちの親族だけだぞって言われた
97:
>>89
すごいな
兄と二人で見たなら確実にそこにそのバスは来たって事だからな
116:
>>97
未だに兄貴とあれなんだったんだろうなゾクゾクしながら話すよ
心霊体験ぽいものはそれしか経験ないし貴重な体験だw
ほんとに優しそうな人達だったから婆ちゃんの友達だったのかもなーって思ってる
110:
>>89
手招きはこえーな
乗ってたらどうなってたんだろ
142:
>>110
手招きっていうと怖い感じするけど、お菓子あげるよーみたいなノリに感じた
だから怖い感じはなくて、今も不思議だったなーと思うだけだわ
104:
スレタイの趣旨とはズレるけど
死ぬ前兆で白い子供が見えるって話を聞いた事がある
実際に幼稚園の頃に白い子供を家の押し入れの中で見たことがあるけどあれからもう15年以上経ってる
もしかして生かされたんだろうか
123:
>>104
へぇ、初めて聞いた
107:
親父が死んだ時に窓も締め切って風なんかないのに風鈴がなった事があった
130:
>>107
こういうのはよく聞くな
俺の知り合いにも亡くなった当日風も音もないのにロウソクの火が不自然に
消えったって話してた
112:
長年連れ添った仲の良い老夫婦がいて
「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」
と言い交わしていた。
しばらくして、婆さんが先に死んだ。
爺さんは悲しみ、約束通り婆さんの死骸を壁に埋めた。
すると、ことある事に壁の中から「じいさん、じいさん…」と婆さんの呼ぶ声がする
爺さんはその声に「はいはい、爺さんはここにいるよ」と答えていたが。
ある日、どうしても用事で出なくてはいけなくなったので村の若い男に、留守番を頼んだ。
男が留守番をしていると、壁の中から婆さんの声がする
「じいさん、じいさん…」
男は答えた。
「はいはい、じいさんはここにいるよ」
最初のうちは答えていた。
けれどしかし、婆さんの声はなんどもなんども呼んでくる。
「じいさん、じいさん…」
やがて、男は耐えきれなくなって叫んだ。
「うっせえ! じいさんはいねーよ!」
すると、壁の中から鬼の形相をした老婆が現れ、「じいさんはどこだあ!」と叫んだ
117:
すると突然、まばゆいばかりのスポットライトが飛び出したばあさんを映し出す
「JI-I-SA-Nは」「どこだ!」ステージにばあさんの声が響く
詰め掛けたオーディエンスはばあさんの久々のステージに期待で爆発しそうだ
今晩も伝説のリリックが聴ける。ストリート生まれヒップホップ育ち。本物のラップが聴けるのだ
キャップを斜めに被りオーバーサイズのTシャツをきたじいさんがターンテーブルをいじりながら目でばあさんに合図する
重たいサウンドがスピーカーから響く。ショウの始まりだ
「 ここでTOUJO! わしがONRYO! 鬼のGYOUSO! ばあさんSANJYO! 
 違法なMAISO! じいさんTOUSO! 壁からわしが呼ぶGENCHO!
 (ドゥ?ン ドゥンドゥンドゥ?ン キュワキャキャキャッキャキュワキャ!)
 年金減少! 医療費上昇! ボケてて大変! 食事の時間!
 冷たい世間を生き抜き! パークゴルフで息抜き!
 どこだJI-I-SA-N老人MONDAI! そんな毎日リアルなSONZAI!
 SAY HO!(HO!) SAY HO HO HO HO!」
じいさんのプレイも好調だ。オーディエンスの熱狂はこわいくらいだ。
まだ、俺らの時代は始まったばかりだ、そんなメッセージがばあさんの口から飛び出していく
本物のヒップホップが、ここにあるのだ。
121:
>>117
好き
125:
うちのじいちゃんは春先の花が咲いてる時に珍しくスーツ着て写真撮ってくれと頼んできた
そんでその夏に死んだ
143:
>>125
へぇ、何かしらわかってたのかな
偶然だったとしてもいいタイミングだったな
132:
爺ちゃんが亡くなった日丁度臨終の頃飼ってる犬がずっと遠吠えしてた
144:
>>132
動物ってこういうのわかってるっていうな
不思議だよな
146:
ばあちゃんが若い頃近所の友人と旅行に行って旅先の旅館で寝てる時、祖母が夢かどうか分からないけどカラスの鳴き声がうるさくて眠れないって友人に言ったら
友人はカラスなんていないじゃないって言ってて
旅行から帰ってきたらばあちゃんの友人の家の前が葬儀の装いになってた
ばあちゃんの友人の旦那が死んでた
153:
>>146
やっぱ動物関係の話しも偶然じゃないみたいだな
ばあちゃん相当不思議な気持ちになったんだろうな
148:
亡くなったわけではないが投下しよう
小4くらいの初春、家族で外食に行った。
東北地方にいたので店は暖房が効いていたと思う。
家族で普通に飯食って、さあそろそろデザートでも頼もうか、
という時間になったあたりで突然、俺の体がガタガタと震え出した。
体調が悪かったわけでもないし、寒いわけでも、
腹や頭が痛いとか言うわけでもなく、震えてるだけ。
仕方が無いから切り上げて家に帰った。かえる頃には震えはおさまっていた。
家についてしばらくすると、母の実家から連絡があった。
母の父、すなわち祖父が入院したと。
偶然と言われればそれまでだが・・・
157:
>>148
おお
もしそこで帰ってなかったらと考えると、、、
なんかの警告だったのかもな
ほんと不思議だ
158:
親戚の葬式が終わったあとに、その親戚の家に行ったんだがその時おばさんがすごい形相で叫んでた
何事かと思ったら亡くなった親戚が乗り移ってたらしく、しばらく別の場所に移された
あんなのテレビのやらせだと思ってたがマジであるんだな
170:
>>158
それはすごい体験したな
やっぱ見える人には見えるんだろうな
実際ほんとは見えてるが信じてもらえないから見えないって言ってる人も
たくさんいるだろうし
160:
おふくろの葬儀前後に見た色々な物
生前常々言っていた作業着姿の男の幽霊を目撃
姉貴の肩に青白い手
家の前に置く灯籠みたいな奴の上に見た事無いおっさんの生首が日替わりで毎日出現
家の敷地周辺に黒い霧状の球体が複数浮遊
親戚が集合写真を取るとか言い出した時に一瞬白いモヤが見えたので
ろくでもないの写るからやめろと言ったが強行
案の定、何度撮っても白いモヤで全体が覆われ
挙句最後の一枚にはモヤの形が骸骨の形で映り込み親戚もようやく諦めた
後日談だが、葬儀の数日後に撮影を強行した親戚から電話があり
帰宅後にカメラを起動したら初期化して全部消してた筈なのに
最後に取った一枚だけ残ってたと言う
しかも白いモヤが赤く変色していて怖いからデジカメを叩き潰して捨てたと
最後にあの時君を信じなくてゴメンと言って会話は終了
信じるか信じないかはお前ら次第だ
166:
>>160
お前の家大丈夫か
161:
ばーちゃんが死ぬ瞬間
正月でも揃わないような親戚まで勢ぞろいした
仕事が休みになったからとかたまたま今日顔みとこうとかで
ばーちゃんは親戚一同が雑談してる中いつの間にか息を引き取ってたわwww
174:
>>161
なんかそういうのいいなw
ばあちゃんもその時がその時だって悟ったんだろうな
悔いのない亡くなり方だよ
188:
うちのワンコの妹(サクラ)を栃木のじいちゃんが飼ってたんだけど、5年前くらいかな
じいちゃん肺ガンになっちゃって、ばあちゃん一人では飼えないって事で母の友達宅で引き続き飼ってくれることになったんだ
サクラは引き取られてからも幸せに暮らしてたし元々いたワンコとも仲良くやってて、たまに会いに行ってもお利口さんだった
それから、じいちゃんも闘病生活が続いて2年くらい入退院繰り返してたけど、残念ながら亡くなってしまったんだ
俺ら家族も千葉から栃木のじいちゃんの葬儀場に向かい、通夜が終わる
その日は葬儀場の宿泊部屋に家族やら含めて8人くらいで泊まってたが、寝ようとした時だった
母の電話が鳴る
電話の相手はサクラの現在の飼い主だった
電話の向こうからはかすかに声が聞こえてたんだが「大変だよ...サクラが....サクラが.......」
(こんな内容だったと思う。後日話を聞いたけど、庭でひとしきり吠えた後に、ふと庭を見るとサクラが倒れていたそうだ。すぐ病院に連れて行くもすでに息はなく、検査をしても毒物や病気の反応もなし。直前までは全くもっての健康体だったそうです。)
その電話は病院で検査などをしてもらった後だった
これはじいちゃん、たまらなくなって連れてってしまったのかな、と思うしかなかったんだけど、たまたま帰り際の坊さんがいてくれたので話をしてみる。
「そういうこともあると思います。ただし、おじいさまを悪者のように思うのだけはやめてあげてくださいね。」と優しく話をしてくれた。
俺自身も正直、連れてってしまった。としか思えなかったけど最初から不思議とじいちゃんは悪いことをしちゃったな。とは思ってなかった。
こんな事があってから命に対して色々考えることが増えたけど、死=不幸しかないとは思わなくなったかな。
向こうの世界があるのなら、2人で仲良く旅立って行ったと思うし、一昨年はばあちゃん、去年と今年初めでサクラの兄妹犬2匹(うちで飼ってた)がそれぞれ旅立ったので今はみんなで仲良くしてることを願う。
締めが変になっちゃったかもだけど俺が体験した事でした。
長文スマソ
189:
ちなみに幽霊とかは信じてないですwww
190:
幽霊を信じるのは心の弱ってる人だからね
19

続き・詳細・画像をみる


こういう子にNHKのアナウンサーになってもらい、ニュースでちょいちょいエロいこと言ってもらいたい

俺は普通の人生しか望んでないのにそれすら手に入らないのがひたすら辛い

【朝日新聞】若手記者が悲鳴のような怒り「いい加減にしてくれ!直接批判にさらされるのは現場に出ている我々だ。取材先で『あれは何?』と聞かれても答えようがない」

【宇宙】土星の巨大な渦の「目」、NASA探査機カッシーニが撮影

中国人の日本車離れが顕著に 「貧乏人が買う車」「平凡すぎて面白みがない」

女が必ず激怒する「男の暴言」ランキング

back 削除依頼&連絡先