幕之内一歩「魔法科高校の劣等生ですか?」back

幕之内一歩「魔法科高校の劣等生ですか?」


続き・詳細・画像をみる

1:
――鴨川ジム
記者「そう。今度の挑戦者、司波達也選手は国立魔法大学附属第一の二科所属、いわゆる劣等生というわけだけど、そこのところどうかな?」
一歩「そ、そんな劣等生だなんて。司波選手の戦績はここまで無敗ですし、とてもそんな風には…」
記者「いやね。今度の防衛戦、我々記者一同は君が格下の挑戦者相手にどんなK.O.シーンを見せてくれるのか。そこに注目しているんだよ」
一歩「は、はあ…」
記者「どうだい?ここは大きくK.O.宣言とか、1Rで倒すとか言ってもらって紙面を盛り上げてくれないかな?」
一歩「あ、あのっ…司波選手は技術も高くて、手ごわい挑戦者だと思いますし、僕はいつも通り全力でぶつかって戦うとしか」
記者「はは、いやぁチャンピオンにはまいっちゃうな」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1406987966/
4:
wktk
6:
既にワロタ
7:
藤井「相変わらずですね一歩くんは」
会長「ふんっ、あれが小僧のペースじゃ、今更あいつに王者らしいビッグマウスを求めるのは無駄ってもんじゃろう」
藤井「はは、確かにあのインタビューは記者泣かせですが、リングの上ではきっちりチャンピオンの仕事をこなしてくれる…」
会長「うむ、まあ多少はそれなりの風格を持ち合わせてきておる」
藤井「期待してますよ、今度の防衛戦も。それで…どうですか?今度の対戦相手、司波選手…鴨川会長の眼から見て?」
会長「ふむ、上手く足を使って戦う…アウトボクサーの理想像を体現しておるような選手じゃな」
藤井「たしかに、バリエーション豊富なステップ、アウトからミドルへの出入りのさ…アウトボクサーに必要とされるものが高いレベルで備わっている」
会長「ブローの柔軟性にも長けておる、カウンターをとって倒しにいくスタイルからポイントアウトへの切り替え。非常に堅実な戦いをしておる」
藤井「13戦13勝5K.O.…その戦績が彼の堅実さを物語っていますね」
会長「アウトボクサーとしては完成された高い次元におる選手じゃ。…しかし怖さはない」
10:
藤井「と言いますと?」
会長「確かに司波達也の持つ技術は高いが、どれも突出したものではない。一つ一つの武器でみれば、小僧はこれまで司波達也よりも遥かに優れた技術を持つ選手と戦ってきた」
藤井「一歩くんのキャリアが司波選手の技術を上回ると?」
会長「手放しで褒める気はせんが、奴はアウトボクサーとの試合においてはプロフェッショナルといっても過言ではないじゃろう。それほど、これまで厄介なアウトボクサーとやりあってきた」
会長「教科書通りのアウトボクシングでは小僧の粘り強さとパワーを止めることはできんじゃろう」
藤井「ふふ、凄い自信ですね。あそこでインタビューしてる記者に聞かせてやりたいですよ」
会長「ふんっ、インタビューなど試合後いくらでも答えてやるわいっ。おい!!小僧!!ミット打ちじゃ!!」
一歩「はいっ!!」
バァーンッ!!
13:
何だこの組み合わせ・・・芝が無限再生するのをひたすら殴るのか
15:
――司波邸・深夜
キュッ キュッ
  シュッシュッ
深雪「お兄さま?まだ練習ですか?」
御曹司「ああ、深雪か。すまない、起こしてしまったか?」
シュッ シュッ
  キュッ
深雪「もうお休みになったほうが良いのでは?お身体に障ります…」
御曹司「ああ、心配を掛けてしまってすまない。だが、次は日本タイトルだ。気は抜けないよ」
キュッ キュッ
  シュッシュッ ダンッ
深雪「あのっ…お兄さまっ…そんな練習をせずともお兄さまが本来の実力を発揮すれば…」
御曹司「…深雪、ボクシングはスポーツなんだ。戦争じゃない」
16:
深雪「で、ですがっ…」
御曹司「通常、ボクシングという競技はグ口ーブと呼ばれる革製の厚めの布をあしらった手袋を装着し、徒拳等から相手への打撃によってダメージを蓄積させ、相手を戦闘不能状態に陥らせる」
御曹司「そして、戦闘不能となった相手がリング…正方形をとったボクシングという競技を行うためのみに作られた独自の試合場に伏せ審判から十秒間の合図、コールを受けても再び立ち上がることができない、
また再度、試合を再開する意思を自ら示すことができない場合勝利となる」
御曹司「他にも、相手を戦闘不能状態にまで追いやることができなかった場合はその場で試合の審議を行っていたものが、2選手間でどちらがより相手を圧倒していたかという判断を下すことで試合の
結果を決する場合がある」
御曹司「このボクシングという競技では相手へのルール外の攻撃は認められない…わかるね?」
深雪「お兄さま…私は我慢ならないんです。力も技も制限された状態でお兄さまが、あんな野蛮な男達に殴られてしまう様が…」
深雪「お兄さまがいくら外傷を負わず、ダメージが蓄積しないといっても…本来のお兄さまの実力ならありえないのにっ」
御曹司「ボクシングでは評価されない項目だからね。仕方ないさ」
御曹司「だが、だからこそのトレーニングだ。チャンピオンに負けるつもりは微塵もないよ」
20:
キュッ キュッ
  シュッシュッ
深雪「お兄さま…」
御曹司(たしかにこのボクシングという競技のルールの性質上、俺が全力を出して戦うことは難しい…だが、それを踏まえた上で築いてきたのが今のファイトスタイルだっ…)
シュッシュッ ダンッ
深雪「わかりました、私は信じています。お兄様がこれだけ理不尽に打ち勝つ努力をされているんですもの。例えどれだけ不利な状況であっても…お兄様は誰にも負けない、必ず勝利すると信じていますっ…」
御曹司「深雪…ふっ、ますます負けられない試合になったな」
御曹司(これまでの試合でも布石は打ってきたっ…チャンピオン、幕ノ内一歩、必ず倒してみせる)
21:
――試合当日・チャンピオン側控え室
バンッバンッ
  バンッバンッ
青木「よぉー、一歩。試合前の激励に来てやってぜ!!」
鷹村「調子は悪くないみたいだな」
木村「今、前座が終わったみたいだ。出番まであとちょいだな」
一歩「み、みなさんっ!!わざわざありがとうございます」
鷹村「しかし、今日はやけに女の観客が多いな。一歩、お前いつの間にあんなファンを獲得しやがったんだ?」
木村「鷹村さん、そりゃ相手の司波のファンですよ。紙面じゃ劣等生なんて言われてますけど、エリート出身であの甘いマスクとあっちゃ、ミーハーな奴らが放っておきませんからね」
青木「けっ…いけすかねえ野郎だぜ。一歩、あんなチャラついた野郎1Rでノしちまえ!!」
一歩「そ、そんな無茶言わないでくださいよ」
木村「まぁ、相手はお前と相性のいいアウトボクサー型だ。落ち着いてやりゃあ、問題ないだろうよ。今回は具体的な対策はとってなかったみたいだが、結局作戦はどうなったんだ?」
25:
一歩「はいっ。司波さんは高レベルなアウトボクサーです。でも、僕がこれまで戦ってきた相手、間柴さんや冴木さん、沢村さんのイメージを会わせて挑めば、びっくりすることもないと思うんです」
一歩「いつも通り自分のボクシングをして、パワーで押し切ることができればっ…いけると思います!!」
青木「ひゅー」
木村「言うねえ。さすがチャンピオン」
一歩「ちゃ、茶化さないでくださいよぉ?」
ハハハハ…
会長「…」
鷹村「で、ジジイの見立てはどうなんだ?」
会長「ワシも大旨小僧と同じ考えじゃ。たしかに高度な試合をする選手じゃが小僧のパワーがあれば多少、強引でも押し切ることができるじゃろう。じゃが…」
鷹村「なんだよ。老婆心だしやがって」
26:
会長「一抹の不安もある。司波がとんでもなくしたたかな事を考えているのではないかという、言い知れぬ不気味さが…」
鷹村「不気味さか…まあ、そいつには同意だな。だが、それなら元より対策のたてようなんざねえんだ。一歩を信じるしかないな」
会長「…うむ」
ワーワー
木村「おっと、そろそお出番が近そうだな」
青木「じゃあな一歩、先に観客席で待ってるぜ」
鷹村「俺様が応援してやってるんだ。無様なところは見せるなよ」
一歩「はい!!頑張ります!!」
28:
――挑戦者側控え室
キュッ キュッ
  シュッシュッ
深雪「お兄さま、タオルをどうぞ」
御曹司「ああ、ありがとう深雪」
十文字「それで調子はどうなんだ、司波?」
御曹司「悪くはありません。ベストコンディションといってもいいでしょう。しかし、相手はチャンピオン幕ノ内一歩…万全の状態であっても勝てる言い切れる自身はありません…」
生徒会長「司波くんがそこまで言うなんて…」
十文字「お前にそれほどまで言わしめる実力者なのか、その幕ノ内一歩という男は?」
御曹司「ええ、これまでの戦績で敗北はたった一度だけ、勝利はすべてK.O.によるもという圧倒的な強者です」
十文字「ほう…それは少し厄介だな」
29:
ほのか「だ、だいじょうぶです!!達也さんならきっと勝てますっ」
御曹司「ほのか…」
ほのか「す、すいませんっ、勝手なこと言っちゃって…」
御曹司「いや、構わないよ。励みになる」
ほのか「達也さん…」
バス女「司波くん、無茶しないでね」
御曹司「ああ、なるべくな」
えりか「私たちもしっかり応援するから」
めがね「がんばってください」
御曹司「ああ、二人共ありがとう」
御曹司「レオンにミキヒコ、今回もセコンドを頼む」
レオン「おう!!」
ミキヒコ「まかせて」
31:
ガチャ
係員「司波選手、入場準備をお願いします」
御曹司「それじゃあ、行ってくる」
深雪「お兄さまっ…」
御曹司「なんだい、深雪?」
深雪「…いえ、無事なお帰りをお待ちしています」
御曹司「ああ」
ガチャ
35:
つーかこれ真面目なSSなのかよ
一歩勝ち目ねえだろ
36:
面白い
38:
一歩は世界2位の拳食らいまくっても倒れない耐久性能があるからな
42:
――後楽園ホール
実況「さぁっ始まりました!!ここ東京、後楽園ホール!!本日のメインイベント日本フェザー級タイトルマッチ!!まずはチャレンジャーの入場だぁ!!」
ワーワー
実況『あぁおぉコゥナァー!!125ポンドぉにぃぶぅんのいちぃ!!!しばぁぁぁぁ!!!!たぁぁつぅぅぅぅやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!』
ワーワー
レオン「いけるか?達也?」
御曹司「ああ、問題ない」
バッ
43:
えりか「がんばれー!!」
ほのか「達也さーん!!」
バス女「いけー!!」
会長「司波君しっかりー!!」
めがね「がんばってー!!」
深雪「お兄さまぁっ!!」
木村「おいおい、なんだあの応援団は!?美人ばっかじゃねえか!?」
鷹村「むっ」ジー
青木「けっ…嫌な感じの野郎だぜ。あの調子じゃさぞ楽しい学生生活だろうよ」
44:
実況『つぅづぅきましてぇぇぇぇ!!!!あぁぁぁぁかっコゥナァー!!123ポンドよんぶんのいちぃぃぃ!!!日本フェザー級チャンピオンンンンンン!!!!!!まぁぁぁぁぁぁくぅのぉうちぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!いぃぃぃぃぃぃっぽぉぉぉぉぉぉ!!!!!』
ワーワー ウォー チャンピオンッ イケェー
会長「準備はいいな、小僧!?」
一歩「はい!!!」 
まっくのうちっ!! まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!
まっくのうちっ!! まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!
まっくのうちっ!! まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!
まっくのうちっ!! まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!
実況『大歓声に包まれてチャンピオンの入場だァっ!!』
生徒会長「な、なに…この声援…」
十文字「ここは後楽園ホール、いわばチャンピオンのホームだ。ほぼ無名の司波が対戦相手なら、このチャンピオンへの声援は妥当だろう」
生徒会長「で、でもっ…いくらなんでもこの完全アウェイ状況は司波君に不利すぎるわ!?」
46:
まっくのうちっ!! まっくのうちっ!!
47:
司馬は劣等生世界から出たらそんな強くなさそう
48:
バス女「たしかにこの状況はあまりフェアとは言えないね」
ほのか「達也さん…こんなプレッシャー中一人で戦わないといけないなんて…」
生徒会長「わたし抗議してくるわっ…」
十文字「無駄だっ。試合はもう始まる。司波を信じてやるんだ」
生徒会長「十文字くん…」
深雪「大丈夫ですわ。会長」
生徒会長「深雪さん…」
深雪「お兄さまなら大丈夫です。私たちは信じて応援しましょう」
えりか「そうですよ会長」
めがね「達也くんならやってくれます」
49:
生徒会長「みんな…そうね。わかったわ、私も司波君を信じて応援するわ!!」
ワーワー ウォー チャンピオンッ イケェー
木村「いけぇー!!一歩!!」
青木「そんな奴1ラウンドK.O.だー!!」
鷹村「お前のちんちんが優等生なところみせてやれぇ!!」
生徒会長「…上品に応援しましょう」
59:
会長「小僧、いつも通りじゃ。一発当てて自分の距離を保て、相手をリズムに乗らせるな!!」
一歩「はい!!」
御曹司「レオン、ミキヒコ、水分補給の用意をしておいてくれ」
レオン「おう!!」
ミキヒコ「まかせて」
60:
レフェリー「両選手リングの中央へ!!」
会長「行ってこい!!小僧!!」
一歩「はいっ!!」スッ
御曹司「…」スッ
レフェリー「グ口ーブを合わせて…」
一歩「…」グッ
御曹司「…」グッ
――ラウンド1
レフェリー「ファイッ!!」
カーンッ
61:
バッ
御曹司「ふっ」
シュッシュッ
実況『さあ、始まりました。日本フェザー級タイトルマッチ、まず先に仕掛けたのは挑戦者、素早いジャブの連打だ!!しかしっ…』
一歩(大丈夫!!いけど直線的だ。コースは見える!!)
ヒュンヒュン
実況『チャンピオンの飛び込みがはやい!!挑戦者のジャブ、チャンピオンを捉えきれない!!』
シュッシュッ
御曹司(くっ、想定していた以上の踏み込みの早さだ)
シュッシュッ
  キュッ
64:
一歩(ここだ!!これを躱して!!)
ヒュンッ
  ダッ
御曹司「!?」
一歩(潜り込んだ!!)
会長「そこじゃああ!!小僧っ!!」
一歩(いけええ!!!)
ドゴォンッ
実況『会場に鈍い音が響くぅ!!チャンピオン得意のリバーブローが炸裂だぁ
!!』
深雪「お兄さま!!」
生徒会長「司波君!!」
十文字「いや…待て!!」
66:
まっくのうち!まっくのうち!
67:
あの何でも有りのお兄様にしては比較的真っ当な展開
68:
御曹司「くっ」ガチ
実況『なんと挑戦者!!皮一枚でガードしていた!!!』
会長「まだじゃ!!小僧!!畳み掛けろ!!」
一歩(はい!!)
バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
御曹司「くっ…」
ガッ ガッ ガッ
実況『ここでチャンピオンのラッシュだぁ!!!嵐のようなパンチが挑戦者を襲うぅ!!!』
御曹司「…」
ガッ ガッ ガッ
実況『挑戦者、チャンピオンのパンチを全てガード!!ディフェンス技術には定評がある挑戦者です!!そう簡単には致命傷はもらわない!!しかしっ…』
一歩(まだまだぁっ!!)
バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
70:
ガッ ガッ ガッ
御曹司「はあ、はぁ…」クラ
実況『ガード越しでもチャンピオンのパンチ力は殺せないぃ!!!恐るべき破棄力!!!恐るべき幕ノ内一歩!!!これがチャンピオンの実力だぁ!!』
一歩(もう一度っ…)
カーンッ
実況『ここで1R終了だぁ!!挑戦者ゴングに救われました』
一歩「はぁっ…はぁっ…」
会長「いいぞ小僧、その調子じゃ」
一歩「は、はい…でもガードが固いです。得意な距離では戦えているんですけど」
会長「うむ。技術面は前評判通りのようじゃな、焦らず、ボディへパンチを集めていけ、必ず有効打をとるチャンスがくる」
一歩「はい!!」
73:
御曹司「ふぅ…」
レオン「達也、大丈夫か?」
御曹司「ああ、水を頼む」
レオン「おう!!」
ミキヒコ「まかせて」
ゴクゴク
御曹司(ここまでは予定通りだ…チャンピオンの俺の作戦に嵌っている)
御曹司(仕掛けるなら次のラウンドか…)
74:
ほのか「達也さんだいじょうぶでしょうか…」
バス女「いくらガードしてたからといってもあれだけパンチをもらったら…」
深雪「…いえ、きっと大丈夫です」
えりか「深雪?」
深雪「お兄さまには何か考えがあるようでした。きっと今のこの状況もお兄さまには何か考えがあるのだと思います」
十文字「ふっ…司波の妹がそう言うのなら我々も信じるしかないな」
生徒会長「そうね、司波君を信じて応援しましょう」
75:
試合中に水を飲む余裕のお兄様
76:
>>75
なかなかできることじゃないよ
78:
青木「へっ、全然大した相手じゃなかったな」
木村「ああ、確かにアウトボクサーとしてのレベルはそこそこだが、今の一歩の敵じゃない。ねえ、鷹村さん?」
鷹村「…」
木村「鷹村さん?」
鷹村「妙だな」
青木「妙って何がですか?」
鷹村「あの司波って野郎、ディフェンスに徹しすぎだ。なぜ反撃しない…」
青木「なに言ってるんですか?一歩のあのラッシュ見たでしょ!?あれじゃ攻撃の隙をついて反撃なんてできませんよ」
79:
鷹村「お前の目は節穴か?確かにいつもの一歩相手なら反撃は難しいだろうが、さっきのあいつは倒す事を意識しすぎて、若干パンチが大ぶりになっていた。やろうと思えば打ち返せていたはずだ」
木村「確かに妙ですね。あれほどのテクニックを持っている奴がその隙を見逃すとは思えない」
青木「何言ってんだよ二人共!?俺はあいつの過去試合のビデオみたけど全部の試合があんな調子だったぜ!!アイツはチャンスがあっても攻めきれないヘタレなんだよ!!」
鷹村「全部の試合だと!?」
木村「…鷹村さん?」
鷹村「…もし、俺が考えている通りだったらあの司波って野郎とんでもなくしたたかな選手だぜ」
青木「??」
80:
一歩もさすおにの踏み台にされるのか
81:
お兄さまがボクシングしてるところ想像したらなんか笑えるな
82:
まっくのうち!
83:
実況『さあ、インターバルが終わって第2ラウンドです!!1ラウンドはチャンピオンの圧倒的有利!!チャンピオン、このまま決めてしまうのか!!』
――ラウンド2
会長「いけ小僧!!攻めきってこい!!」
一歩「はい!!」ダッ
御曹司「…」スッ
レフェリー「ファイっ!!」
ダッ
実況『チャンピオン!!!このラウンドも軽々と挑戦者の懐へ飛び込んだぁ!!』
御曹司(ここでジャブの連打、上手く誘い込めているな)
ヒュンッ ヒュンッ
一歩(これを躱してボディでパンチを集めるっ!!)
バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
88:
実況『またチャンピオンのラッシュだぁ!!しかし挑戦者またも見事なガードで防ぐ!!』
御曹司(…いいぞ、予想通り、ボディへ攻撃が集中してきた)
ガッガッガッ
一歩(もっとだ…!!決定打をっ…!!)
バァンッ バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
御曹司(今だ!!ガードを緩める!!)
スッ
一歩(ここだぁ!!)
ドゴォォォォォォン!!!!!!
実況『ガードが間に合わない!!!決まったぁぁぁぁぁぁ!!!チャンピオンのリバーブローが突き刺さったぁぁぁぁ!!!』
御曹司「ぐはっ…」
89:
深雪「お兄さま!!」
生徒会長「司波くん!!」
ほのか「達也さん!!」
バス女「司波君!!」
めがね「達也くん!!」
えりか「達也くん!!」
御曹司「…」
実況『挑戦者棒立ちだぁぁぁ!!!!動きがとまったぁぁぁぁ!!!そしてぇぇぇぇぇ!!!』
一歩(いくぞ!!)
ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン
実況『チャンピオンのウィービングが∞の軌道を描き始めたぁぁぁ!!!これはぁぁぁぁぁ!!!!!!』
一歩(いけぇぇ!!)
ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン ヒュン
実況『デンプシーロールだぁぁぁぁぁぁ!!!!!!ここでチャンピオンの必殺技だぁぁぁぁ!!!ウィービングから体重の乗ったそのパンチをもらえばダウンは必至ぃぃぃぃ!!挑戦者!躱せるかぁぁぁ!!!!!』
95:
御曹司「…」
生徒会長「そんな…司波君はさっきのパンチをもらって動くことはできないわ」
バス女「ひどい…」
ほのか「達也さん…」
深雪「…お兄様、私は信じています!!」
一歩(うおおおおお!!!)
御曹司(!?)
御曹司【肋骨損傷、肝臓血管損傷、出血多量予測、戦闘力低下、許容レベルを突破、自己修復術式、オートスタート、修復開始、完了、魔法式ロード】
キュキュッ
御曹司「ふっ」キュッ
一歩(なっ!?)
会長「なんじゃとぉ?!?」
木村「馬鹿なっ!?」
青木「あのリバーをもらって普通に動くのか!?」
鷹村「一歩はもうデンプシーからのフックを止められねえ。くらっちまうな…デンプシー破りを」
97:
すごいな一歩
クリーンヒット一発でお兄様瀕死にしたのか
100:
これどうしようもないやんwwwwwwwwwwww
101:
デンプシー破り破り破り破りまでやるん?
103:
ドゴォォォン!!!!!!!!!!
御曹司「ふぅ」
一歩「」
バターン…
実況『挑戦者のカウンターだぁぁぁぁぁ!!!!チャンピオンダウーーーーーン!!!!!!!!!!!!!!!!』
ワーワー
生徒会長「すごいわ司波君!!」
ほのか「達也さん!!」
十文字「ふっ、さすがだな」
えりか「やったね、深雪!!」
深雪「ええ、流石ですわ、お兄さま」
104:
魔法使うなよ
107:
魔法使ってんじゃねーかワロタ
108:
実況『なんということでしょう!!よもや挑戦者ピンチかと思われましたが、一瞬で立場は逆転!!!挑戦者のカウンター一閃!!!マットに倒れたのはまさかのチャンピオンだぁぁぁ!!!!』
会長「…司波達也、とんでもなくしたたかな選手じゃ」
青木「た、鷹村さん!!どういうことなんですか!?一歩がデンプシー破りでカウンターをもらったのは分かりましたけど、直前まで司波はリバーをもらってフラフラだったのに…」
鷹村「効いちゃいなかったってことだよ一歩のリバーブローは…全てはデンプシーロールを誘導して、デンプシー破りを食らわせるための布石だったってわけだ」
青木「ば、馬鹿な…そんなタフネスなボクサーなら、今までなんであんな試合を…第一アウトボクサーやってることが変じゃねえか!!」
木村「それさえも布石だったんだよ。自分のタフネスさを隠し、アウトボクシングに徹することで、一歩がデンプシーロールを出しやすい状況を作り出していたんだ」
青木「そ、そんな…デンプシー破りを実践するためだけに。デビュー試合から今まで、自分のファイトスタイルを隠していたのか…」
鷹村「司波達也…とんでもねえ野郎だぜ」
110:
御曹司の取り巻きがうざすぎるなwww
111:
これにはブライアンホークもドン引き
114:
そりゃホークも飲んだくれるわな
115:
一歩はゾンビ化してからが本番
116:
実況『さあ!!リング上ではレフェリーがカウント中だ!!チャンピオン立ち上がることができるのか!!!!』
御曹司「…」
レフェリー「3…」
会長「小僧!!!立つんじゃ!!!小僧!!!!」
ウ…タツンジャ…ゾウ…
一歩(会長の…声…あれ…なんで…)
ワーワー
一歩(歓声?そうか…僕ダウンしたんだ…強いな司波さんは…)
レフェリー「5…」
一歩(デンプシー破り…完全に狙われた…リバーのダメージなんか微塵も見せずに)
実況『チャンピオン反応がない!!!このまま王座交代か!!!!』
117:
鴨川アイが発動すれば
125:
まっくのうち!まっくのうち!
127:
司波達也:身長175cm、体重70kg
フェザー級:55.338 - 57.153kg
通常体重70kgの選手を13kgも減量させるトレーナーの屑
130:
レフェリー「6…」
会長「小僧!!!」
一歩(こんな強い人相手に…僕は試合前なんて言ってた?)
青木「一歩ぉ!!」
木村「立てー!!」
鷹村「起きろ!!バカ野郎!!」
会長「小僧!!」
レフェリー「7…」
一歩(パワーで押し切る?ねじ伏せる?…自惚れるな!!!!!!!!!!!!)
グッ
会長「むっ」
一歩(こんなに強い人相手にそんな無茶が通用するか!!僕は挑戦者なんだ…会長が教えてくれたこと、僕の引き出しを全部使って…全力で戦うんだ!!!!!)
132:
グイッ
実況『チャンピオン!!!!!!立ち上がったぁぁぁぁ!!!!!!!』
ワーワー
会長「小僧!!ようやった!!!」
青木村「一歩ぉぉぉぉ!!!」
鷹村「ふんっ」
レフェリー「まだやれるかい?」
一歩「はい!!!」
一歩(強いって何か分かるまで…僕はずっと挑戦者だ!!!!!!)
御曹司「…」
133:
そろそろInner Lightが流れる頃
136:
これは一歩に頑張ってもらいたい
138:
深雪「そんな…お兄さまのパンチを受けてまだ立ち上がってくるなんて」
生徒会長「何かおかしいわ…」
バス女「うん、何か仕組んでる可能性は…」
十文字「仮に不正があったとしても今この場でそれを明らかにすることはできん。堪えるんだ」
ほのか「でももう相手はフラフラです」
えりか「うん!!ここで畳み掛ければ…」
カーンッ
実況『おーーとぉぉ!!ここでゴングだ!!!!今度はチャンピオンがゴングに救われた!!!!!』
140:
何か仕組んでるのはどっちなんですかねえ
141:
お兄様信者やべえな
142:
取り巻きウザすぎワロタ
146:
取り巻きウザすぎだろwww
148:
努力の人対才能の塊か
どっちを応援したいかは、正常な人間なら言わずもがなだわ
144:
一歩「か、会長…」
会長「小僧、よく立った!!」
一歩「す、すいません…不用意に…」
会長「しゃべるな!!ワシの話だけ聞け」
一歩「はぁっ…はぁっ…」
会長「いいか!?攻め方は今と同じじゃがパンチを…」
一歩「こ、コンパクトに…か、回転をく…ですよね?」
会長「小僧…」
一歩「会長に教わった通り…基本に忠実に…戦います」
会長「…うむ!!」
152:
御曹司「ふぅ…」
レオン「やったな達也!!」
御曹司「ああ。ドリンクと汗を頼む」
レオン「おう!!」
ミキヒコ「まかせて」
御曹司(作戦通りだ。上手くデンプシーロールを誘導しカウンターを合わせることができた)
一歩「はぁっ…はぁっ…」
御曹司(チャンピオンはこれで満身創痍。あとは足を使ったボクシングで攻めきれば勝てる。万が一再び、デンプシーロールを放ってきても…)
御曹司(一発、わざと被弾し、自己修復術式をかけ、さらにカウンターを浴びせる!!!)
156:
みきひこが「まかせて」しか言ってねぇwwwwww
158:
努力した者が全て報われるとは限らん、
しかし成功した者は、皆 すべからく努力しておる!!
良い言葉だ…
159:
ここまで清々しいクズな作戦なかなかできることじゃないよ
164:
一歩が勝って取り巻きが泣き叫ぶハッピーエンドはよ
165:
実況『さあ、先ほど致命傷のチャンピオン!!!!このラウンドでどう出るか!!!!!第3ラウンドです!!!!』
――ラウンド3
会長「正念場じゃ!!行ってこい!!!小僧!!!」バシィンッ
一歩「はいっ!!!」ジーン
御曹司「…」
レフェリー「ファイッ!!」
ダッ
一歩(基本だ!!左を使ってコンパクトに!!!)
実況『チャンピオン!!!またも挑戦者の懐に飛び込む!!!!先ほどのダメージを感じさせない!!!』
シュッシュッ
  ヒュンヒュンッ
御曹司(さすがにワンパターンですよ。チャンピオン)
ガッガッガッ
176:
一歩(ガードされてもっ…)
バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
一歩(もっとコンパクトに!!内側の筋肉の回転で打つんだ!!)
バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
  バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
御曹司(…この土壇場で回転が上がるのか…さすがチャンピオンっ…)
一歩(まだだ!!もっとく!!!)
バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
  バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
  バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
御曹司(これは…)
【♪やさしさをかわいそうな僕へ…♪】
179:
バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
  バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
  バンッ バァンッ バァンッ バンッ バァンッ
一歩(もっとっ…!!!)
【♪Get Life 意外と傲慢なのです 俺は最低…♪】
実況『チャンピオン猛ラッシュぅぅぅぅぅ!!!!!!ガードの上からでもチャンピオンのフックが挑戦者の身体を左右に揺らすぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!!』
御曹司(これは既にデンプシーロールの布石か…ならもう一度…)スッ
御曹司(ガードを落として…)
【♪泣くといいキリストに懺悔して…♪】
ドゴォォォォォン!!!!!!!
青木「やった!!!」
鷹村「まだだ。これじゃさっきと同じパターンだ」
御曹司(ここで自己修復し、次にカウンターを…!?)
187:
一歩(まだまだぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!)
【♪切なかったナーヴァスdays 今あの日の心取り戻したい♪】
ドゴォォォォォン!!!!!!!
御曹司「が…はっ…」
青木村「やった!!!」
【♪I want this only 探し求める…♪】
御曹司(予想が外れた、ワンテンポ空けてからのデンプシーかと思ったが、続けざまのリバーブローか…!?)
ドゴォォォォォン!!!!!!!
御曹司「ぐ…ぅ…」
御曹司(ま、また…リバーブロー…)
ドゴォォォォォン!!!!!!!
188:
この体消し飛びそうな効果音
190:
お兄様の腹が無くなりそうだな
194:
取り巻きの反応はよ
199:
一歩(司波さぁぁぁぁぁんんん!!!!!)
ドゴォォォォォン!!!!!!!
【♪泣いてる人も戦う人も愛する人も愛する僕も♪】
御曹司(フックの連打…くそ…連打に捕まってしまったか)
ドゴォォォォォン!!!!!!!
実況『チャンピオン!!!!!!!フックの連打ぁぁぁぁぁ!!!!!挑戦者の体がピンボールのように左右に跳ねるぅぅぅぅぅ!!!!!!!!!』
深雪「お兄さま!!」
生徒会長「司波君!!」
ほのか「達也さん!!」
【♪誰も気づいていないけれど…why?♪】
一歩(いっけええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!)
204:
実況『そしてチャンピオンのパンチが再び∞の軌道を描き始めたぁぁぁ!!!!!二度目のデンプシーロールだぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!』
ドゴォォォォォン!!!!!!!
ドゴォォォォォン!!!!!!!
ドゴォォォォォン!!!!!!!
ドゴォォォォォン!!!!!!!
実況『挑戦、チャンピオンのラッシュをモロにもらうぅぅぅぅ!!!!!!』
深雪「おにいさま!!」
バス女「司波くん!!」
めがね「達也さん!!」
御曹司(まずい…術式をっ…)
御曹司【肋骨損傷、肝臓血管損傷、出血多量予測、戦闘力低下、許容レベルを突破、自己修復術式、オートスタート、修復開始、完了、魔法式ロード】
御曹司(これでっ…!?)
【♪そうさ…このままno pain trance continue…♪】
一歩(まだまだぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!)
217:
まっくのうちっ!! まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!
まっくのうちっ!! まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!
まっくのうちっ!! まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!
まっくのうちっ!! まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!
実況『場内は怒涛の幕ノ内コールだぁぁぁぁぁ!!!!!!』
青木村「うおおおーーーー!!!いけーーーーー一歩――――――!!!!!」
ドゴォォォォォン!!!!!!!
ドゴォォォォォン!!!!!!!
ドゴォォォォォン!!!!!!!
ドゴォォォォォン!!!!!!!
御曹司(ら、ラッシュから抜け出せない…もう一度術式を…)
御曹司【肋骨損傷、肝臓血管損傷、出血多量予測、戦闘力低下、許容レベルを突破、自己修復術式、オートスタート、修復開始、完了、魔法式ロード】
一歩(くぅっ!!!!!!!)
223:
これだけ殴られて怪我ひとつなかったらさすがに不審すぎるだろ
225:
まっくのうちっ!! まっくのうちっ!!
226:
まっくのうちっ!! まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!まっくのうちっ!!
227:
ドゴォォォォォン!!!!!!!
ドゴォォォォォン!!!!!!!
ドゴォォォォォン!!!!!!!
ドゴォォォォォン!!!!!!!
御曹司(もう一度…)
御曹司【肋骨損傷、肝臓血管損傷、出血多量予測、戦闘力低下、許容レベルを突破、自己修復術式、オートスタート、修復開始、完了、魔法式ロード】
御曹司(大丈夫…何度パンチをもらってもダメージの蓄積はない。ラッシュの終わりを待って反撃を…なっ!?)
一歩(いけえええええええええええええええええ!!!!)
レフェリー「幕ノ内、待て!!」バッ
実況『ああーーーーっとぉぉぉぉ!!!!!!!!ついにレフェリーが割って入ったぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!大きく手を交差!!!!!!!試合終了おおおおおお!!!!!!日本フェザー級タイトルマッチはチャンピオン幕ノ内一歩のT.K.Oだぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!』
御曹司「…T.K.Oか」
実況『挑戦者、まだ自分の状況が理解できていないといった表情をしています!!!!無理もありません!!!!!』
一歩「や、やった…」ヘタ
228:
一歩ってそんなにインフレしてんのか
誰がかてるんだよ
231:
レフェリーストップからの外道追求に期待
233:
そりゃスポーツだから止めるよなwww
これで無傷ならドーピング検査どころじゃないレベル
234:
普通は止めなきゃ死ぬから仕方ない
237:
なるほどTKOか… 良い試合だった
243:
一歩「か、会長!!やりましたぁ!!!」
会長「ふんっ、相変わらず肝を冷やす試合を見せる男じゃ…」
一歩「す、すいません…」
会長「じゃが最後のラッシュは見事じゃった」
一歩「は、はい!!!!」
実況『チャンピオン!!!!!歓喜の表情!!!!途中はあわやと思わせましたがチャンピオンの貫禄を見せつけました!!!!』
青木「ふぅ?勝ったか…」
木村「毎度毎度ハラハラさせやがって」」
深雪「お兄さまが…負け…」フラッ
えりか「深雪!!しっかり!!」
244:
これは妹復讐来るか
245:
安定の逆転KOで安心た
246:
お兄様が負けるなんてありえません!
きっと相手の選手が不正を行ったに決まってます!
251:
未だかつて、これほど信頼されない妹キャラがいただろうか?
ああ、桐乃がいたか…
250:
生徒会長「そんな…おかしいわっ…」
十文字「落ち着け」
生徒会長「だって…司波くんはまだ立っているわ…この状態で司波くんが負けなんておかしいもの!!」
十文字「お前が納得いかんのもわかる。だがこれは、テクニカルノックアウトというボクシングのルール上仕方ないことといえる」
ほのか「テクニカルノックアウト…それじゃ、本当なら達也さんが勝っていたってことじゃないですか!?」
十文字「ああ、そうだったろうな」
生徒会長「やっぱり納得いかないわ!!生徒会長権限で抗議してきます!!」
十文字「…司波がそれを望むと思うか?」
生徒会長「…それは」
264:
バス女「会長、司波くんはよくやってくれました。私たちの期待に応える最高の試合をしてくれました」
生徒会長「…」
バス女「本来なら勝っていた試合です。でもあえて負けという選択肢を選んだ」
バス女「試合に負けて勝負に勝った。なかなかできることじゃないよ」
生徒会長「…そうね。ええ!!さすが司波くんだわ」
バス女「ね?深雪?」
深雪「…ええ、さすがお兄さまだわ」
274:
――一歩控え室
鷹村「相変わらず危なっかしい試合しやがるなぁ」
一歩「め、面目ないです」
木村「まぁまぁ勝ったんだからいいじゃないですか」
青木「そうっすよ。司波のファンの女の声が聞こえなくなったときは気持ちよかったぜ。よくやった一歩!!」
一歩「はは…痛てて」
会長「まぁよくやったわい。ほれ、シャワー浴びてこい」
一歩「は、はい」
ガチャ
会長「いつまでたっても手のかかるやつじゃ」ニヤ
275:
劣等生一派って味方目線でも腹立つけど敵として見ると一層不愉快だなwwwww
279:
>本当なら達也さんが勝っていたってことじゃないですか!?
ちょっと何言ってるか分からない
281:
自分からTKOを選んで負けるなんてなかなか出来ることじゃ無いよ
282:
――御曹司の控え室
御曹司「みんな…不甲斐ない結果ですまなかった」
深雪「おにいさま…不甲斐ないなんてそんなことありません!!」
御曹司「深雪…」
生徒会長「そうよ!!結果はともかく勝負は司波君の勝ちだったわ」
ほのか「そうです!!達也さんかっこよかったです」
めがね「はい!!」
えりか「お疲れ様」
バス女「なかなかできることじゃないよ」
御曹司「みんな…ありがとう」
生徒会長「司波くんはよくやったわ。だから今はゆっくり体を休めて?」
司波「…ありがとうございます。とりあえず、シャワーでも浴びてきます」
ガチャ
298:
深雪「…やはりわたしお兄さまが負けたなんて思えません」
深雪「お兄さまがかわいそうです。あんなに練習されていたのに…」
バス女「たしかにこの結果は本人が一番納得いかないだろうね」
深雪「だいだいこの試合、あの幕ノ内という人に有利な条件がそろいすぎです!!お兄さまが本来の実力を発揮できればあんな男…」
生徒会長「そうね。…これで幕ノ内選手は司波君に勝ったことで箔がついたわ。はじめからそれが目的だったのかも…」
深雪「そんな!?なんて卑怯な…幕ノ内一歩…いつか必ずお兄さまの敵を…」
深雪「やっぱり私、お兄さまが負けだなんて認められません!!」
えりか「深雪抑えて!!」
ほのか「それより今は達也さんの心配をしてあげてください。深雪さんにしかできないことです」
深雪「そうですね!!私お兄さまのところへいってきます」
ガチャ
えりか「やれやれ、あの兄妹は…」
308:
――シャワー室
ザー
一歩「いつつ…あのカウンターは効いたなぁ…」
一歩「司波達也選手…強敵だった…」
御曹司「…チャンピオンからお褒めの言葉をいただけて光栄です」
一歩「し、司波さん!!」
御曹司「今日はありがとうございました」
一歩「す、すいません。先にシャワー室使ってたんですね。僕出ます」
御曹司「いえ、後楽園にはシャワー室は一つしかありませんから仕方ないです。それに出るなら負けた自分が退出しますよ」
314:
一歩「そ、そんな気を使わないでください!!」
御曹司「ではご一緒しても?」
一歩「は、はい…」
御曹司「ありがとうございます」
ザー
一歩「…」
御曹司「…」
一歩(き、気まずい。早めにシャワーを浴びて出ていこう…)
御曹司「チャンピオン…」
一歩「は、はい!!なんですか!?」
御曹司「試合直後、それも勝者に聞くのは不躾ですが、チャンピオンから見て自分のボクシングはどうでしたか?」
319:
一歩「え、ええと…とても綺麗なボクシングだったと思います。足を巧く使う、アウトボクサーの理想像だと…」
御曹司「負けた身で失礼ですがチャンピオン、社交辞令なら結構です」
一歩「っ…でもっ…怖さはありませんでした。これまで僕が戦ってきた相手のような怖さはありませんでした…」
御曹司「怖さか…」
一歩「あっ、す、すいません。生意気言って…」
御曹司「いえ…大変参考になりました。チャンピオン、ありがとうございました」
一歩「…あの、司波さん。生意気ついでにもう一つ言わせてください」
御曹司「はい、是非」
一歩「司波さんは、僕と戦うまで無敗でしたよね」
御曹司「ええ、幸運にも」
323:
どっちにも納得させるこのバランス感覚出来る>>1だ
327:
一歩「あの…僕も初めて伊達さんに、チャンピオンに挑戦するまで負けがありませんでした」
御曹司「…」
一歩「そして試合に負けて…言葉にできないくらい悔しくて、どうしていいかわからなくて…」
一歩「でもっ…負けを知ったから…強くなれました。あの負けがなければ今の僕はいません!!」
御曹司「…」
一歩「だから司波さんっ!!あなたは…これからもっと強くなれます!!」
332:
御曹司「ふっ…」
一歩「ああ、すいません!!気に触りましたか!?」
御曹司「いえ、さすがチャンピオンです。身にしみます」
一歩「??」
御曹司「チャンピオン…自分はもう一度あなたと戦いたい。俺がまたこの場所へ戻ってくるまで待っててくれますか?」
一歩「…はい!!もちろんです!!」
御曹司「ありがとうございます。…では自分はこれで」
ガチャ
ザー
一歩(司波さん、もっとクールで怖い人かと思ったけどいい人だったな)
338:
一歩「さあ、僕ももう出よう。みんあが待ってるし」
ガチャ
深雪「お兄さま…失礼します。あの…あ慰みに参りました…」
一歩「あっ」スルッ
一歩の御曹司「」デロン
深雪「きゃーーーーーーーーーーーー!!!!!」
一歩「あ“ーーーーーーーーーーーー!!!!!」
一歩の御曹司「」デローン
一歩「す、すいません!!そんな見せるつもりは…あの、でもどうしてシャワー室に…」
深雪「あ、あ…」
一歩「え?」
深雪「アナタの勝ちです…///」
‐完‐
346:
ふざけんなwwwwwww
345:

明日は漫喫行って来よう
347:
妹完敗w

これで気持ちよく寝れる
349:
クソワロタ
一歩の完勝でしたね
352:
どっちも読みたいと思えたわ
中々できることじゃないよ
356:
最wwww高wwwwだったwwwwwwwおwwwwwwwwつwwwwwwwww
357:
オチなげっぱにするとお前ら怒るからちゃんと書いたぞ
俺だってやればできるんだ!!!
361:
ところで最近のクミちゃんってお兄様より怖いよね
360:
妹も御ちん歩には勝てなかったか
364:
一歩の幕之内の御曹司が優等生だったんだな
367:
すっきり
368:
見事に融合させたな。乙
393:
腹いたいww
414:
こんなssを書き続けるなんて
なかなかできることじゃないよ
----------------------------------------------------------------------------
1001:
月姫「寄生獣がついにこちらの世界に…」みなみけおかわり「本当?」
俺ガイル最新刊買ったんだがどんどん厚くなってるwwww
良い「俺TUEEE」と悪い「俺TUEEE」の違いってなんだと思うよ
8月1日から違法の漫画アニメサイトを全て潰し有料配信サイト「Manga-Anime here」を開設
アニメ版「寄生獣」のキャラデザ発表で大荒れwwwwwww
「精霊使いの剣舞」ってアニメを3話まで観て一つ気付いたことがある
作品内で古代兵器=強いみたいな風潮おおすぎわろたwwww
キリト「軽いな…」←剣って重いほうがいいの?
虚淵玄の文章かっこよすぎワロタwwwwwwww
【朗報】劣等生の円盤売上まさかの1万枚越えwwwwwwwwwwwww
竜騎士07さん ただでさえ下手だった絵が更に劣化する
アニメの無料動画サイトが来月から潰される模様
Fate/snのアニメが放送されるけど沢山ありすぎて何のことだかわからないんだけど…
Tweet
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
1001:
【画像】この漫画の女の子辛過ぎワロタwwwwwwwww
作者が女だと知って驚愕した作品 「すもも」 「妹ちょ」 「クリムゾン」
Lia、島みやえい子、KOTOKO、川田まみ←どこに行ってしまったのか
【画像】さばげぶっ!の原作絵可愛すぎワロタwwwww
俺「FFシリーズやってみようかな」FF厨「やるなら8か13以外だぞ」
【画像】美少女ゲームの特有の謎ポーズはなんなのかwwwww
遊戯王で「攻撃するのは・・・月!」←お前等これネタにするけど
とあるの作者ってラノベ作者で知名度高い割に問題起こさないよね
【画像】こんなわけわからない漫画でも1000万以上作者に入ってるんだよな…
ハルヒの声優陣の現在が悲しいことになっている件・・・
怪しい施設で「オォォォォォ……」って言う仕事してるけど質問ある?
劣等生のコピペである「見て覚えろ」 「技術は見て盗め」のような道場ってどう思う?
ハルヒと大河と美琴と桐乃とひたぎがガチで口喧嘩したらどうなるのか
電撃文庫のラノベをガチで格付けしようぜ
埼玉県飯能市がアニメで町おこしに必死なんだがwwww
田中ロミオ VS 奈須きのこ VS 虚淵玄 VS 西尾維新
けいおんの作者かきふらいってもう一生分くらい稼げたのかな?
死銃「我が名はデスガン!」中学生「かっけぇ!」
【邪神】1万円するえるたそのフィギュアの出来ワロタwwwww
俺「竹中半兵衛すげえ!他に戦績ないのか!」→Googleで検索する
劣等生作者「妹のイメージはですね」絵師「はい」
さっきココロコネクト事件ってのを知ったんだが、これ何が悪かったの?
【画像】美少女ゲームの原画家の絵見分けつかなさすぎワロタwwwwww
お前ら「夢喰いメリー事件」って覚えてるか?
アニメ史上最もセンスのない制服決めようぜwwww
入ったサークルの「オタサーの姫」がウザかったからギャル投入した
アニメでよく見る女の子が左右にフェイントかけてくるの分かるやついる?
To LOVEるに確実にいらない子が1人居まーすWWWWWW
【画像】バイク漫画 「ばくおん!!」自転車をディスり過ぎてワロタwwwwwwwwwww
アニメで町おこしに失敗した町一覧wwwwww
「アニメの曲で『畑亜貴』さんって名前よく見るなぁ」←情弱乙
漫画やアニメでよく腹パンして気絶させるシーンがあるけど
ヤンジャンが今後の深夜アニメの原作の宝庫だと話題に
コメント一覧
1.
1.
2. 名無し@わんこーる報!
3. 2014年08月03日 12:19
4. ID:0QFXGyhx0
5. 20日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(よみうりテレビ)で、ゲスト出演した田原総一朗氏が「韓国人は実は反日ではない」と発言し、出演者から反論される一幕があった。
番組では「歴史を変えた極秘文書徹底解明SP」と題し、「河野談話 元慰安婦の聞き取り 調査報告書」を取り上げた。
その中で、田原氏は「(安倍晋三首相は)河野談話を見直したかったが最終的に『見直さない』と言ったのはアメリカの圧力が原因」だと主張した。
政治評論家の加藤清隆氏は「(談話の)真意はどこにあるかということで検証作業をやったんですよ」と述べると田原氏は、この検証作業が「最悪」であり、「検証作業の結果が、すり合わせがあったと。
これは実は日本と韓国が『 この事は内緒にしよう』ということでやったんですよ。内緒にしようとしてやったことを、後でバラしたらね、もう外交はできませんよ。
外交ってのはそういう内緒のことがいっぱいあるんだから」と、日本側の落ち度を指摘した。
6.
2.
7. 名無し@わんこーる報!
8. 2014年08月03日 12:21
9. ID:0QFXGyhx0
10. しかし、加藤氏は過去の事例をあげ、「全て約束を破っていっているのは韓国側ですよ」と反論。
評論家の宮崎哲弥氏も「安倍さんは韓国や中国に対し対話のドアを開けているが、やってこないのは向こうの方」だと主張した。
すると田原氏は「(韓国の大統領)朴槿恵(パク・クネ)ってのは、実は本音は親日なんですよ。だけどね、親日って言ったら大統領維持できないんだよ」と韓国側の本音を代弁した。
続けて「世論ですよ。一番悪いのはマスコミだけどね。マスコミが日本の悪口言うと売れるんだよ。(韓国)国民はそんなに日本の悪口言いたくない」と持論を述べた。
また田原氏は、内閣府特命担当大臣の山本一太議員と以前韓国に行った際、韓国の議員から「実は日本を手本にしている」「親日と言うと人気が落ちるから言えない。ごめんね」と言われたことを明かした。
すると出演者からは猛反発が沸き起こった。宮崎氏は「その方が深刻。つまりこれは民意において徹底的に反日なんだよ」と、激しい口調で反論。
さらに作家の金美齢氏も「公には絶対言えないってね、建前と本音の落差が韓国はひどいんですよ。それが問題なのよ」と指摘した。
しかし、田原氏は「日本の方がキャリアが長い先進国なんだから大人になってリードすべき」と主張した。
すると、加藤氏は「違う。そういうことを言い続けて失敗してきたんです」と、田原氏の意見を真っ向から否定した。
11.
3.
12. 名無し@わんこーる報!
13. 2014年08月03日 12:21
14. ID:0QFXGyhx0
15. 田原氏は「失敗なんかしてない」と対抗し、韓国において「マスコミと司法」が反日を煽っていると説明した。
加藤氏は「司法までおかしくなってあり得ない判決をどんどん出している」と、この点については同意を示した。
しかし、この話を聞いていた作家の竹田恒泰氏は「司法がいきなり独走したんじゃなくて、韓国の司法ってのは世論に流される傾向があるんですよね」と、発言すると宮崎氏は「結局世論なんじゃん」と田原氏の言う「韓国は実は親日」説に最後まで強い口調で反論していた。
日本の右傾化が進んでいることを表したおぞましいエピソード
16.
4.
17. 名無し@わんこーる報!
18. 2014年08月03日 12:26
19. ID:QIJJ0yCW0
20. こうやって見ると生徒会長ってキモウト以上に池沼よな
それにしても一歩と劣等生の特徴を良く理解してる書き手さんだ かなり方向性の違う作品をここまできれいにコラボできるなんてなかなかできる事じゃないよ
21.
5.
22. 名無し@わんこーる報!
23. 2014年08月03日 12:27
24. ID:QIJJ0yCW0
25. ※1?3 長文乙過ぎてそれじゃ誰も読んでくれないよ もっと短く簡潔に読みやすくする努力をしよう
26.
6.
27. 名無し@わんこーる報!
28. 2014年08月03日 12:37
29. ID:jqwQ9rF90
30. ※1?3
こんな無駄に長く書くなんてなかなかできることじゃないよ
31.
7.
32. 名無し@わんこーる報!
33. 2014年08月03日 12:42
34. ID:DZyj7zsg0
35. ※1〜3
日本は怖いですねー(棒)
安部さんひどいですねー(棒)
満足したか?
36.
8.
37. 名無し@わんこーる報!
38. 2014年08月03日 12:44
39. ID:CrWwTOQ70
40. 劣等生みたいな下手にクロスするとメアリースーみたいになりそうな物をよくまとめたなw
41.
9.
42. 名無し@わんこーる報!
43. 2014年08月03日 12:46
44. ID:VknmXTWi0
45. 最近のまとめにチ.ョ.ン沸き過ぎwww
それはそうとSSってインバ.リアン.トとかそこ等へんのまとめサイトが担当してるもんだと思ったけど、実は管理.人が同一人物なの?
46.
10.
47. 名無し@わんこーる報!
48. 2014年08月03日 12:48
49. ID:FxwVXfvt0
50. > 5

続き・詳細・画像をみる


友人に彼女かいることを知らされた結果wwwwww

USB端子が付いているPC全部終了のお知らせ  

P「美希!誕生日おめでとう!」美希「えっ?」【1/3】

音ゲーが上手い人はゲーム中、画面のどこを見ているのか

早稲田の試験問題ワロタwwwwwwwww  (画像あり)

【閲覧注意】除雪作業中、Aがついてるはずの除雪車が何か踏んでた

back 削除依頼&連絡先