【速報】アナと雪の女王の主題歌『ありのままで』の歌詞がトンデモ訳だったことが判明wwwwwこれはひどいwwwwwback

【速報】アナと雪の女王の主題歌『ありのままで』の歌詞がトンデモ訳だったことが判明wwwwwこれはひどいwwwww


続き・詳細・画像をみる

1:
完全なるミスらしい
2:
知ってた
3:
Let it goの意味は「ありのままの姿見せるのよ」では無い。
(物事をありのまま受け入れよう、という意味にとることはできるが、、、)
この曲の内容から ”it” が指すもはエルサがしてきた今までの必死の努力。
必死でがんばったけど、上手くいかなかった、もういいや、あきらめよう というところがこの曲の出発点。
4:
以下、原歌詞
“Let It Go”
The snow glows white on the mountain tonight
Not a footprint to be seen
A kingdom of isolation,
And it looks like I’m the Queen.
白く輝き雪が山に降り積もる今夜
足跡一つ残らない
孤立した王国、
そして私はその女王のようね。
6:
日本語訳↓
降り始めた雪は足あと消して
真っ白な世界に一人の私
風が心にささやくの
このままじゃダメだんだと

5:
今さらにも程がある
10:
>>5
日本人はいまだになんの疑問もなく「ありのままで」を歌い続けてるだろ
映画のシーンと完全にあってない歌詞なのに
21:
>>10
いや日本でもずっと前に指摘されてるし
そもそも指摘を知ってても「ふーん、まぁどうでもいいや」って層が歌ってるわけで
16:
>>10
口元の動きはあってるだろ
そこが大事なんでねーの
37:
>>16
だからさ、歌の意味を歪めてまで日本語にしなくていい
それじゃストーリーまでも変わってしまうだろ
289:
>>37
でもお前英語で歌ったら発音がだめとかいうんでしょ?
7:
The wind is howling like this swirling storm inside
Couldn’t keep it in, heaven knows I tried
風は心の中を渦巻く嵐のように唸り響く
抑えておく事が出来なかった 私の努力を神様は知ってるわ
26:
>>7の日本語ver.
風が心にささやくの このままじゃダメだんだと
11:
所詮スイーツ向けの曲だから適当な訳でも売れる
12:
英語詞通りじゃないけど別にミスじゃないからな
20:
>>12
完全にミスらしいよ
話の展開をみずに日本訳した結果、エルサが塔に引きこもる前に歌う歌詞なのに
物語の終わりにハッピーエンドで歌う歌詞になっちゃってる
14:
let it go
自体の直訳はどうなの
81:
>>14
どうにでもなれー
みたいな意味だよ
19:
口の動きが会うようにしたんだとさ
22:
let it goは
流れに任せてとか、そのまんまでいいとか、無反応とか
23:
英語通りだとふっきれたわもうお前らなんか知らねーってニュアンスなんだっけ
日本語だと前向きポジティブになってるけど
29:
Don’t let them in, don’t let them see
Be the good girl you always have to be
Conceal, don’t feel, don’t let them know
Well, now they know
誰も中に入れてはいけない、誰にも見られてはいけない、
いつも良い子でいなければならない
隠し、感じてはいけない、人々に知られてはならない
でも、もう知られてしまった
日本語ver.↓
戸惑い傷つき誰にも打ち明けずに 悩んでたそれももう やめよう
30:
まぁ本来の意味なんてどうでもいい人達ばかりって事なんだろ
衆愚ですわ
31:
映画のタイトルから酷い
61:
>>31
これ
33:
話にあってるし語呂もいいしいいんでね
40:
>>33
話にあってないだろ?
おまえ本当に映画見たの?
ぜんぜん歌詞がストーリーにあってないんだけど。
76:
>>40
他人に危害を加えるからと
自分自身の能力にコンプレックスを抱いている
エルサの心情を良く表しているとおもうけどね
35:
Let it go, let it go
Can’t hold it back anymore
Let it go, let it go
Turn away and slam the door
もういいわ、これでいい
これ以上は抑えられない
もういいわ、これでいい
背を向け、ドアを閉めるの
日本語ver.↓
ありのままの姿見せるのよ ありのままの自分になるの
41:
英語から日本語に訳してる歌なんて大抵こんなもんだろ
口元に合わせたらもっと酷くなっただけで
50:
>>41
ただの歌ならともかくミュージカル映画でもともとの歌詞の内容と日本語の歌詞の内容が正反対になってるっていうのは一番やったらいけないことだろ
ストーリーがねじれてるんだぞ
44:
I don’t care
What they’re going to say
Let the storm rage on,
The cold never bothered me anyway
誰に何を言われても
気にはならない
嵐よ、吹き荒れればいい
元々、寒さなんて平気だったの
日本語ver.↓
何も怖くない 風よ吹け 少しも寒くないわ
55:
>>44
これだけ見るとあんま変わんねーじゃん
131:
>>44
全然違うな
51:
普通に原歌詞が伝えたいことを別の言葉に言い換えてるだけに見えるんだが
68:
>>51
は?似てるようで全く違う内容になっちゃってるだろ
66:
It’s funny how some distance
Makes everything seem small
And the fears that once controlled me
Can’t get to me at all
こうして離れて見ると、
全てが小さく見えて不思議ね
私を支配してきた恐れは
私の近くにも寄ってこない
日本語ver.↓
悩んでたことが嘘みたいね だってもう自由よ
なんでもできる
70:
>>66
あってんじゃねーかwwwww
本当に批判する気があるならもっと酷いの出せよ
71:
It’s time to see what I can do
To test the limits and break through
No right, no wrong, no rules for me
I’m free
今こそ、何ができるか試してみる時
限界を知り、打ち破ってみる
正解も間違えもルールもないわ
私は自由
日本語ver.↓
どこまでやれるか自分を試したいの
そうよ変わるのよ 私
74:
たしか一緒の意味ではなくなってるな
売れればそれでおkなんだろ
78:
Let it go, let it go
I am one with the wind and sky
Let it go, let it go
You’ll never see me cry
もういいわ、これでいい
自然に身を任せるの
もういいわ、これでいいの
もう泣くこともないわ
日本語ver.↓
ありのままで空へ風に乗って ありのままで飛び出してみるの
80:
釣りなのか?ほとんど意味同じじゃねーかw
まず日本語勉強しろよ
91:
>>80
意味同じとかお前はまず日本語の勉強しろや
86:
>>80
いや、話の流れがぜんぜん違ってきちゃってるんですけどw
おまえら映画みた?
話と歌が完全にあってなくて笑えるんですけどw
101:
>>86
そもそもこんなディズニー映画で騒いでたら洋画なんか観れないんじゃないか?どう?
83:
Here I stand
And here I’ll stay
Let the storm rage on
ここに私は立ち、ここに残る
嵐よ、吹き荒れればいい
日本語訳↓
二度と涙は流さないわ
87:
文字数の制約もあるしある程度は仕方ないと思うけどなぁ
まあでも一人っきりで歌ってる割には本心をなるべく伏せてマイルドにしてるよね
88:
90:
口パクに合わせた
翻訳時に意味が変わる
大体あってる
これに尽きるんだから納得しろよ
108:
>>90
完全に真逆だっていってんの。わかる?
94:
My power flurries through the air into the ground
My soul is spiraling in frozen fractals all around
And one thought crystallizes like an icy blast
I’m never going back, the past is in the past
私の力が空気をつたい大地へ降りそそぐ
私の魂は辺り一面の氷の結晶の中を渦を巻き駆け上がる
思いは凍てつくような突風のさで形になっていく
もう2度と戻らない、
過去は過去の中に!
Let it go, let it go
And I’ll rise like the break of dawn
Let it go, let it go
That perfect girl is gone
Here I stand
In the light of day
Let the storm rage on
The cold never bothered me anyway!
これでいいの、これでいいの
そして私は夜明けのように立ち上る
これでいいの これでいいの
あの完璧な少女はもういない
朝の光の中、私はここに。
嵐よ吹き荒ればいい
寒さなんて元々平気だったの
98:
意訳だろ
吹っ切れた=これからは素の自分でいい!

ありのままの姿でいいって事なんでないの?
108:
>>98
意訳の範疇を完全に超えてる。
なんで「氷の力を持っているのを隠すのにつかれたから引きこもるわ!わたしは自由になるの!もう放っておけばいいわ!」っていう内容の歌が
「ありのままの自分って素晴らしい!」みたいな方向の歌になるんだよ
99:
そんなにおかしいとも思わないけど
116:
おまえらも映画みたら完全にわかるよ
自分が魔法使えることがばれたから、街から逃げて雪山に引きこもりまーす
っていう序盤の場面で
なんで「ありのままの?」みたいなハッピーエンドソングが流れてるの?
132:
>>116
引きこもるのがその本人が望んだありのままの自分として逃げ重荷を捨てることだからだろ
180:
>>116
様々な制約があって自由じゃない国から抜け出て、自分の魔法で作った氷城に身を寄せるんだからありのままじゃん 素敵な王女を演じることをやめたんだよ
117:
え?唇の動きを合わせる為に訳は二の次だったってTVの宣伝で散々言って無かったか?
リップシンクがどうのとかで滅茶苦茶持ち上げてただろ
130:
>>117
だからもうレリゴーの部分だけ日本語諦めてレリゴーって歌えばいいじゃん
そこを始めに「ありのーままのー」にしちゃったからそれに合わせた日本語歌詞の後付けでどんどん内容がズレて酷くなっちゃってる
136:
>>130
違うぞ
全体の意味を踏まえて
もうこれ以上は(自分を)抑えられない→ありのままになりたいってことで変えてあるふうに見える
137:
>>130
そんな事俺に言われてもなぁ・・・
ディズニーに言えよ
126:
別に直訳やなくてええやん
139:
>>126
直訳しろなんていってない、意訳してくれって言ってんの。
let it goを訳したやつは意味がわかってないから意訳が出来てない
150:
>>139
お前は歌の意味がきちんとわかってない
これは今までのしがらみから解放され自由になれたって歌
逃げ引きこもることがこの子にとってはまったくマイナスではないんだぞ
むしろ自分に素直になれたいいことだったわけ
181:
>>150
ひきこもるのがその子の最善解っていうのはわかるけど
ありのーwwwwwままのーwwwww姿見せるのよーwwwww←ひきこもって誰に見せるんだよwwwwwってことだろ
192:
>>181
自分と世界に
「ありのままを封じ込められ締め付けられ自由のなかった自分の世界はもうない
これがありのままだ
これをわたし自身とそして世界に見せよう」
135:
この違和感わかる?
この歌は原歌詞だけみたら、どちらかといえば「後ろに下がる、引きこもる」歌なんだよ
だけどアホがつけた日本語訳は
「前に踏み出す」歌になっちゃってるの。
143:
>>135
ちがうぞ
自分が背負っていた能力によるしがらみから抜け出し引きこもることがその子にとっての「自分を抑えていたあの頃より踏み出す」ということで
原歌詞も訳歌詞も伝えてることは全く一緒だよ
159:
>>135
今までは他人にバレないようにビクビクしながら生活してたけど、引きこもって一人で生きてくことで自由に生きられる=ありのままの姿で生活できる
これで良くね?
152:
日本語訳は印踏んでるって聞いたわ
168:
違和感の正体わかったわ。
原作verでは、ひたすら自分の魔法の力に怯え苦しむ姿を表現し、愛の力でその恐怖を開放する=自分らしさの表現 があるのに、
(根本は自分らしく育てられなかった幼少時代が問題)
日本語ver.ではそういう話がすっかり抜け落ちてんだよ
171:
>>168
それならわかる
174:
>>168
いや ぜんぜん抜け落ちてないが
ていうかそれは映画の中の流れで説明されると思うんだが
178:
>>174
この部分が歌にないせいで、映画のストーリーとこの挿入歌との乖離がすごいことになってる
172:
原作『誰も中に入れてはいけない、誰にも見られてはいけない、いつも良い子でいなければならない。隠し、感じてはいけない、人々に知られてはならない。でも、もう知られてしまった』

日本『戸惑い傷つき誰にも打ち明けずに 悩んでたそれももう やめようありのままの姿見せるのよ ありのままの自分になるの何も怖くない 』
この部分が特にひどい気がするわ
175:
>>172
なんだこりゃ
184:
>>172
『誰も中に入れてはいけない、誰にも見られてはいけない、いつも良い子でいなければならない。隠し、感じてはいけない、人々に知られてはならない。でも、もう知られてしまった』

戸惑い傷つき誰にも打ち明けずに (誰にも知られたり見られたりしてはいけないことに戸惑い傷ついていたが)
悩んでたそれももう やめよう(しかしもうしられてしまった、それならばこんなことで悩むのはもうやめてやろう)
187:
しかしどう考えてもlet it go が「ありのまま」で良いとは思えんわ。ままはままでもここは「なるがまま」とかだろ
201:
>>187
だからそこだけを和訳するんじゃなく歌詞全体のニュアンスを見て和訳するんだ
そうするなら「ありのままの姿になる、ありのままの姿を見せる」というのは原歌詞と同じ意味になる
210:
>>201
原文そのままの翻訳しか認められない人になに言っても無駄っぽい
意訳とか分からないんだよ
218:
おれが思うに「Let it go」ってもの凄く孤独な歌なんだよ。
でもあのマヌケな日本語歌詞をみたスイーツどもはLet it goを「自由だぜ、イエー!」ぐらいのノリで捉えてんだよ。
映画を観て英語歌詞読んだら、自由と孤独とが不可分である(少なくともあの時のエルサにとっては)事を表現しているってくらい誰でも分かるだろ
けどマヌケな日本語訳はエルサの自由とか開放感ばっかが強調されてんだよな
もし「Let it go」が映画と切り離されたプロモーション曲やタイアップ曲とかなら、「日本語と英語の違いって面白いよねー」くらいで済むけど、
実際ミュージカル映画の作中の超重要なシーンの挿入歌だし、このマヌケな歌詞の違和感は、作品全体に悪い影響及ぼしてるよな
228:
>>218
孤独じゃないぞ
孤独なら彼女は後半を笑いながら歌ったりはしない
日本語訳も英語訳も前半は
「私は悩み苦しんできた、誰にも相談できずに潰れそうになってた」っていうことを示し
後半は「でももうそれもない、どうでもいいの。これで私は自由になることができる。ありのままの自分に踏み出すことができる」って内容の歌
だからその彼女の一人ぼっちは決して孤独ではない
232:
>>218
悪い影響?売れるようにその国にローカライズして、実際にそれが成功して歌と映画共々日本で大ヒットしてるじゃん。すべては売るためであってそれは成功してるでしょ
238:
>>218
だから何?
224:
>>218
宣伝も曲も明らかに子供向けなのにわざわざ暗い歌にすると思う?
商業向けって言葉わかる?とりあえず完璧に訳されてない!って言っちゃったからそこしか主張出来ないんだろうけどさw
233:
>>224
いや これはちゃんと暗く苦しい面と自由を喜ぶ面の両方を兼ねる歌だよ
220:
何が完全にミスらしいよ
だよ
ディズニー専属の翻訳家が変えただけだろ
244:
日本ver.の「ありのまま()」だとエルサのキャラクターの深みがゼロ。
英語ver.では、孤独と自由とを同時に手にしたエルサの葛藤と、そこからつき抜けていく強い意志が感じられるが、日本語ver.にはそれがみじんも無い。
英語ver.でも直接表現されてはないが、エルサが手にした状況(自由)の裏には孤独が存在している事は確かで、
それ故に“Let it go”という開き直りとも言えるフレーズが出てくるわけ。
“Let the storm rage on”なんかにはエルサ自身も含めて自分を抑圧してきた過去への怒りを感じるし、“The cold never bothered me anyway!”の決めゼリフは、物理的な“cold”については事実である一方、心理的な“cold”については精一杯の強がりを吐き捨ててる。
257:
>>244
じゃあ現翻訳者より納得いく歌詞書けんの?
音数バッチリ日本語に合わせて翻訳した歌詞を書いてみてよ
246:
少しも寒くないわはねーわな
261:
>>246
寒さなんて平気だったの⇒寒さなんて平気なの⇒少しも寒くないわ
248:
で、この解釈?エルサは自由と引き換えに孤独に陥った?が違っていた場合、単に「これで私は自由よ!」と解釈された場合(つまり日本のマヌケな歌詞の場合)、何が起こるかっていうと、
主人公アナのヒロイン性が薄くなり、同時に姉妹の関係性が物語の軸ではなくなってしまう。
姉エルサが決して幸福な状態では無いからこそ、それを救おうとするアナが主人公として活躍できるわけ。
アナにとって『国を救うというのは二次的な目的であり、本当の目的は姉を救う事』だろ?
だからこそ姉妹愛の物語として多くの人を感動させる事ができるんじゃねーの?
これが「アナと雪の女王」という作品の構造なきがするけど。
もし、エルサが氷の城で自由に生きる事に満足できる(ようするに引きこもりで満足できる)んだったら
『アナの目的は国を救う事で、エルサが愛を知り国に戻る事はアナにとって国を救う為の手段』という物語の構造になっちゃうわけ。おわかり?
個々の感受性とか解釈の問題とかいう次元でなく、脚本の方法論としてそうなっちゃうわけ。
そんな物語に世界中の人が感動するわけないだろ。
それなのに、日本語のマヌケな「ありのまま()」を取り巻く状況は、本来の物語の構造を伝わりにくくしてるとおもう。
俺のいいたいことは以上。
眠いから寝る。じゃーなおまえら
せいぜいマヌケな日本語ver歌ってろw
おれは死んでも原曲verで歌うわ。
253:
拡大解釈して無理矢理こじつけねえと擁護できねえようなクソ訳ってことか
267:
↓まあ歌詞比べたらわかるよ、いかに日本語訳がマヌケかってことがな
マヌケバージョン
原曲
じゃあなおやすみ
317:
>>267
たしかに比べて見ると全然違うな
もとのバージョンは、こいつ「これで自由よ!」とか言ってるけど本当にこれがこいつにとっての幸せなのか?っていう疑問をわざと映画見てる人にたいして抱かせようとしてるから、なんか悲哀に満ちてるんだよな
けど日本バージョンにはそういうのがまったくない、むしろ「自由よ!」といってる人にたいして「よかったね」という感情を映画見てる人に抱かせたいように思える、まるでハッピーエンドだ
これからこの城に引きこもったやつをアナが助けにいく展開なのに日本語バージョンはあきらかにおかしい
359:
>>317
そもそもアナがエルサを助けに行くってのはちょっと違う気がする
怒らせてしまったこととエルサの魔法によって国が雪に閉ざされたしまったからその魔法解いて貰おうって感じも
280:
売り上げで語れよ! ト゛ン!
296:
↓これにたいして観客に疑問の目で見せようとしてるのが英語ver.
氷の女王=孤独「わたしは自由だ!」
↑これを観客に賛美させようとしてるのが日本語ver。
☆自由って素晴らしい!☆
306:
>>296
自由が素晴らしいのではなくその時の彼女にとってはそれが幸せだったとあらわしてるのが「歌詞」
それを理解できずに日本語訳を深読みできないのが「>>1」
298:
まんこ映画だよな
299:
寝てなかったのかよ
300:
本編見てないから物語との乖離はよくわからんが、訳見ると同じようなこと歌ってても心情というか心構えというか意気込みというか、英語と日本語で違うように感じる
ってか物語の序盤で歌ってたのかこれびっくりだわ
日本語verだと、これで自己完結ってかハッピーエンドな感じに自分なりの答えを出してるように見えるから、これからアナが助けに行く?展開になると思えない
終盤で歌ってたのかと思った
308:
>>300
わかってくれる人がいて嬉しい。
309:
>>300
本編見たら普通にわかるぞ
彼女のこれまでの苦悩とそれらから開放されたひと時の仮染めの自由、しかしその時の彼女にとっては本当の自由だった
っていう同じ意味の歌
310:
>>300
まず見てみて
物語を通して見るとこの時点ではエルサはこれで良いんだって言ってるけど孤独を抱えてるんだお
326:
本日の堂々巡りスレ
380:
ありのまま(笑)
38

続き・詳細・画像をみる


救急隊が生きている女性を「腐乱死体」と誤判断 病院搬送せず/青森

【ハンター×ハンター】なんでクラピカはノストラードファミリーにまだいるの?

弟嫁から浮気相談を受けた兄が暴走気味でうっとうしい。夫婦の話に首を突っ込むべきではないのに

長生きすぎるゾウガメ 182歳のジョナサン氏、2014年と1900年の違いを見てみよう

また日本人が麻薬持込で中国で死刑になった

蒸し暑いしカラオケ屋で見かけた幽霊話書いてく

back 削除依頼&連絡先