希「中庭の、ベンチにて」back

希「中庭の、ベンチにて」


続き・詳細・画像をみる

1:
凛「はぁ...」
希「凛ちゃんやん」
凛「あ、希ちゃん」
希「珍しいね。一人」
凛「うん...ちょっとね」
希「隣いい?」
凛「いいよ」
希「お邪魔するね」
2:
希「ふんふんふ?ん♪」
凛「...希ちゃん楽しそうだにゃ」
希「人生は楽しまなきゃ損やん?」
凛「それは...そうだね」
希「やろ??」
凛「...」
希「ふんふ?ん♪」
3:
凛「...」
凛「希ちゃん、凛ね、すごく嫌なことがあったんだ...」
希「そうなん?」
凛「だから今は楽しめそうにないよ...」
希「ふーん。それってもうどうにもならんことなん?」
凛「...そうかもしれない」
希「う?ん。それは辛いな?」
希「どうにもならんってことは、何しても無意味ってことやんな。辛いなぁそれは」
凛「...うん」
4:
凛「...」
希「...」
希「...じゃーん!」アイスッ
凛「...今どこから出したの?」
希「ふふ、秘密」
希「アイス買ったら、当たりでもう一本ついてきよったから凛ちゃんにもあーげる」
凛「ありがとう...」
凛「...美味しいにゃ」
希「やろ??」
5:
希「前にウチが好きで見てたドラマでな、友達同士が大喧嘩してまうシーンがあったんやけどな」
凛「...うん」
希「最後に片方がアイス持ってって謝ったらな、もう片方もなんか持ってきよって仲直りするんや」
凛「...それで?」
希「いや、そういうのなんかええなぁって」
希「大喧嘩とか、ホンマに仲良い子としかできないやん?」
凛「...うん」
6:
希「...あ、アイスまた当たった?」
凛「...すごいにゃ」
希「はい、当たり棒は凛ちゃんにあーげる」
希「あ、もうこんな時間や。ウチ行かんと」
凛「...希ちゃん」
希「ん?」
凛「ありがとね」
希「アイスのことならええんよ?!」
凛「...うん!」
凛「...」
凛「許してくれるかな...」
凛「アイス...取り替えてきてもらおっと!」
7:
穂乃果「...はぁ」
希「お、穂乃果ちゃんだ」
穂乃果「...希ちゃん」
希「なんか元気ないね?ジュース飲む?」
穂乃果「わっ、悪いよ...!」
希「違うって、そこの自販機で当たって2本出てきたんよ。ほれっ」
穂乃果「つっ、冷たっ!」
希「あはは」
8:
希「ん?苦い...。やっぱりウチにブラックはまだ早かったんやね...」
穂乃果「ひどいよ希ちゃん...ジュースって言ってコーヒー押し付けるなんて...」
希「ええやん当たってしまった物は仕方ないし?」ゴクゴク
穂乃果「う?...希ちゃん結構飲めてるし...」
希「二人で頑張ればなんかいける気がするやんな」ゴクゴク
穂乃果「そうかな?...」チビ...
穂乃果「苦?!」
9:
希「大人の味やん」
穂乃果「大人...か...」
希「穂乃果ちゃんは大人になるの怖いん?」
穂乃果「...ちょっと」
穂乃果「ううん...かなり怖いよ」
希「せやろな?」
希「今まで当たり前だったことが当たり前じゃなくなってしまうんやもんな」
穂乃果「...」
10:
穂乃果「穂乃果も...そうなのかな...」
穂乃果「今まであった当たり前が無くなっちゃって、全く違う物になっちゃうのかなぁ...」
希「そうやね。大人になるってそういうことや」
穂乃果「嫌だなぁ...」
希「ウチはそこまで嫌じゃないかな?」
穂乃果「え??な、なんで...?」
11:
希「今までの当たり前が無くなったら、新しい当たり前がやってくるんや」
希「一人ぼっちが当たり前だったウチにも、こんな楽しい当たり前が巡ってきたんよ?」
希「大人になるいうのも、結構オイシイもんやで?」ゴクゴク
穂乃果「そう...なのかな」
希「コーヒーもな、ある日いきなり飲めるようになって、そのうち飲んでると落ち着いてきたりするんや」ゴクゴク
穂乃果「へぇ?、って希ちゃん!
コーヒー飲めるんじゃん!」
希「へっへっへ」
12:
希「ん?あらあらもうこんな時間や。ウチはもう帰るね?」
穂乃果「希ちゃん!話聞いてくれてありがとうね!」
希「ん?ウチはコーヒー飲んでただけやけど!穂乃果ちゃんもコーヒー貰ってくれておーきにな?」
穂乃果「ばいばーい!」
穂乃果「...」
穂乃果「...っ」クピッ
穂乃果「うぅ...苦?!」
穂乃果「...まぁでも、そのうち慣れるよね、うん」
14:
海未「...」
希「わぁっ!!」バァッ
海未「ひやぁあっっ!!!」
希「あっはっは、海未ちゃんはリアクション大きくておもろいなぁ」
海未「の、希...
後ろからいきなり脅かすのはやめて下さい...!」
希「ごめんごめん、お饅頭あげるから許して?」
海未「何故お饅頭...」
希「コンビニ寄ったらなんやクジみたいなんやっててな?。2個貰ったんよ」
海未「...ありがとうございます」
15:
希「ん?!お饅頭柔らかくてオイシー!」モグモグ
海未「はぁ...」
希「ん?海未ちゃん食べへんの?」
海未「ちょっと今は食欲が無いので...」
希「ちゃんと食べないと育つ物も育たないよ?」
海未「なな、何の話ですか!
胸を張らないでください!」
希「お饅頭胸に入れてみたら??」
海未「怒りますよ!!」
16:
海未「はぁ...いや、あのですね。
私って性格が堅いと思いませんか?」
希「そうやね」モグモグ
海未「...」
海未「...ですよね。よく言われます」
海未「それに比べて穂乃果やことりはとっても柔らかい雰囲気を醸し出していて非常に女の子らしいです」
海未「そういうことを考えていると、こう元気が無くなってしまうのです...」
希「自分が二人と違うから?」
海未「はい...」
17:
希「なるほどな?
とりあえずお饅頭食べな?」
海未「あぁ...話を聞いてくれる気は全く無いんですね...」
希「あるある!あるって?」
希「お腹がすくとな、人間イライラしてしまうもんなんや。悩んでも悪い方悪い方に考えてしまって泥沼やん」
海未「...それもそうですね。
では失礼して、いただきます」
海未「...硬ッ!!」
18:
海未「あれっ!?今すごい硬い物が歯に...」
希「食べて大丈夫やで、それ豆大福やから」
海未「あぁ...豆大福なんですね。
豆が表面に出てなかったので普通の饅頭かと」モグモグ
希「ここのコンビニの豆は硬いんや。そこがええんやけどな」
海未「そうですね...悪くありません」
希「やろ?」
19:
希「柔らかいお餅の中に、硬い豆がある。これが美味しいんや」
海未「...まあ励まそうとしてくれてることは少しわかりました」
希「励ますっていうかウチが思ってること言ってるだけよ?」
希「豆が生まれた時から「何故僕は硬いんだ...」とか悩まへんやろ?
それよりはいい所見つけて、こうやって人間に美味しく頂かれる方が利口やん」
海未「若干要領を得ませんが...つまり私が悩んでることは意味も無いことだと言いたいんですね」
希「そーゆうこと!」
21:
海未「はぁ...でもまあ、希のおかげで元気が出ました。ありがとうございます」
希「ええんよ?。海未ちゃんが悩んでると顔が怖すぎて誰も寄り付かんから」
海未「えっ!?そ、そうなんですか...!?」
希「あはは、じゃあこれあげる」
海未「うわっお饅頭こんなにいっぱい、どこから出したんですか!っていうか一人じゃ食べれませんよ!」
希「2人なら食べれるんとちがう?
ほな?」
海未「2人って...」
海未「...」
海未「...ことりの所に戻って一緒に食べましょう」
22:
花陽「...」
希「か?よちん!」
花陽「!!」クルッ
希「あはは、似てた??」
花陽「の、希ちゃん!?
す、すごい、完全に凛ちゃんだと思った...」
希「練習したんよ?」
花陽「すごく似てたよ?」
23:
希「ごめんね本物じゃなくて」
花陽「いや、そんなこと...」
希「凛ちゃん花陽ちゃんと喧嘩したんやって?」
花陽「な、なんで知ってるの!?」
希「ウチはなんでも知ってるんやで」
花陽「すごいなぁ...」
希「仲直りできそう?」
花陽「...どうだろう」
24:
花陽「私...凛ちゃんは何も悪いこと言ってないのに、理不尽に怒っちゃったんだ...」
花陽「謝っても...凛ちゃんは許してくれないかもしれないよ...」
花陽「うう...」ウル
希「花陽ちゃんパン食べるー?」
花陽「えっ?」
希「はいどうぞ、ロールパン」
花陽「...パン?」
25:
希「近所のパン屋さんがいつも売れ残り譲ってくれてなー。ありがたいんやけどちょっと多くて」
希「ウチが肥えてしまうから、花陽ちゃん食べて?」
花陽「うん...」
希「パンはあんまり好きじゃない?」
花陽「そんなこと!いただきます...!」
希「実はそれ米粉パンって言ってな。米から作られてるんよ」
花陽「えっ!?」
26:
花陽「お米が...パンに!?」
希「がぜん興味湧いて来たでしょ?」
希「お米がパンになっちゃう世の中やで。喧嘩くらい誰でもするって。そんな深く考えることないよ」
花陽「...許してくれるかなぁ」
希「花陽ちゃんが可愛く謝れば、凛ちゃんなんてイチコロやで?」
花陽「そ、そんな」
27:
希「ん、もうええ時間やね。ウチは行くわ?」
花陽「あ、希ちゃん!」
希「ん?」
花陽「あ、あの、ありが」
希「あっ、そう?もっとパン欲しい?ありがとありがと、ウチ困ってたんやこんなにいっぱい。はい、全部あーげる」
花陽「えええっ、流石にこれは多っ...」
希「バイバーイ」
花陽「あぁ...」
花陽「うう...ダレカタスケテ...」
花陽「...」
花陽「...凛ちゃんに助けてもらおうかな...」
28:
ことり「ミニスカート...かわいい...」
ことり「海未ちゃん...かわいい...」
ことり「ミニスカート...海未ちゃん...かわいい...!」
ことり「ミニスカート...海未ちゃん...履かない...」ズーン
希「ことりちゃん...かわいい」
希「落ち込む...かわいくない」
希「ウチ...励ましたくなる!」
ことり「希ちゃんいつの間に」
希「ウチ...ずっといる」
希「なぜなら...スピリチュアル」
ことり「それはもういいよ、なんか知性を失った人みたいになってるし...」
29:
希「なになに、なんでそんなズーンなっとるの」
ことり「うん...希ちゃん...海未ちゃんって可愛いよね...」
希「可愛いよな?」
ことり「でもミニスカート履いてくれないの...絶対似合うし今度の衣装はそれでいきたいのに...」
希「硬いもんな?海未ちゃんは。
豆みたいに」
ことり「豆?」
希「いや、こっちの話」
30:
ことり「普通可愛い服だったら女の子は着たくなるよねぇ...」
希「せやな?」
ことり「...ことりのセンスが無いのかな?」
希「ことりちゃん、ウチってスピリチュアルパワーが実は全然無いんと違うかな」
ことり「えっ、そんなことないよ!」
希「今の質問と同じくらいことりちゃんの質問は愚問やね」
希「ことりちゃんの作る衣装は世界一やで」
ことり「...そんな」テレテレ
31:
希「よーし、落ち込むことりちゃんにははい、アイス?」
ことり「えっ...わっ、これすごい高いやつじゃない?わ、悪いよぉ」
希「ええからええから。
うーん美味しい?」パクパク
ことり「の、希ちゃん?
こんなの悪くて食べれないよぉ?」
希「溶けてまうよ??」
ことり「希ちゃぁ?ん...」
希「あはは、ことりちゃん可愛いなぁ」
32:
希「大丈夫よ、これパッケージ似てるけどすっごい安いやつやから」
ことり「...ん?あ、本当だ。
パッケージの文字が違う。外国産だね」
希「うふふ、ことりちゃんめっちゃ遠慮してたなあ」
ことり「だ、だって...こんな高いものことりなんかが貰うの悪いなって」
希「きっと海未ちゃんも着るのが嫌なんやなくて、そんな風に遠慮してるんと違うかな?」
ことり「え、遠慮?」
希「そそ」
33:
希「海未ちゃんって自分の可愛さに気付いて無い所あるやろ?」
ことり「ある!絶対ある!」
希「きっと自分がことりちゃんの作るようなカッワイイ服着ても似合わないと思うてるんやない?」
希「なんせ世界一やからね」
ことり「そ、それは言い過ぎだけど...
そうか...遠慮してたのか」
希「遠慮してるだけなら、やることはひとつやん」
ことり「海未ちゃんの可愛さを説いて、受け取って貰うだけだね!」
希「そういう事!」
34:
希「だから、はいことりちゃんにはこのお茶をあげるね」
ことり「...お茶?
って、これも高いやつじゃない?あれ、でも本当は安いやつ...?」
希「どうやろね??
まあどっちにしてもことりちゃんは受け取ってくれるよね?」
ことり「うう...希ちゃん...」
希「それがお饅頭によく合うんよ?
じゃあね!また部活で?」
ことり「お饅頭って...さっきから何の話なの...」
ことり「海未ちゃん、本当にスカート履いてくれるかなあ」
ことり「...うん」
ことり「海未ちゃんのところ行こうっと!」
35:
海未「ことり」
ことり「あっ、海未ちゃん、探してたんだよ?」
海未「私もです。先ほどはことりの衣装を否定するようなことを言ってすみませんでした。」
ことり「ううん?海未ちゃんはそういう性格だもんね。」
海未「ふふ、そうですね。私は豆ですから」
ことり「豆?」
海未「あ、いえこっちの話です」
36:
ことり「でも、そう言ってくれたってことは、ことりのスカート!履いてくれるんだよね!」
海未「えっ」
ことり「えっ?」
海未「それは...えーとですね...」
ことり「海未ちゃん...?」
海未「...そうです!」
海未「貰い物のお饅頭があります!
一人では食べ切らないので一緒に食べましょう!そうしましょう!」
ことり「あっ、ならことりも貰い物のお茶があるよ!お饅頭に合うって」
海未「ほう、なかなか良さそうなお茶ですね。部室で食べましょう」
ことり「うん!」
37:
花陽「凛ちゃーん!凛ちゃーん!」
凛「かよちん...?」
花陽「あっ、凛ちゃん!
探したよ?!」
凛「り、凛も...!
あの...かよちんにあげようと思って」
花陽「...アイス?」
凛「...探してたら溶けちゃったにゃ...」
花陽「...ふふっ」
凛「め、面目ないにゃ?...」
38:
花陽「いいよ凛ちゃん。
見て?こんなにいっぱいパン貰ったの。
花陽だけじゃ食べきれないから...」
凛「わぁーすごい!凛お腹すいてたんだーー!」
花陽「...凛ちゃん、さっきはごめんね?
いきなり怒ったりして...」
凛「ううん!凛がご飯を馬鹿にするようなこと言ったのが悪いんだよ!かよちんは悪くないよ!」
花陽「ありがとう...私もこれからは色々な見方出来るようにするよ。」
花陽「例えばこのパン、お米で出来てるんだって」
凛「そうなの!?すごい!味が気になるにゃ!」
花陽「いっぱいあるから部室で食べよっか」
凛「うん!行っくにゃー!」
39:
ー部室ー
にこ「...なんで3年生しか来てないわけ」
真姫「ちょっと、私は違うわよ」
絵里「真姫がいても全然違和感無いわねー」
真姫「はぁ...今日は何故かみんな元気なかったから、来るの遅れると思うわよ。
1年も2年も、なんか揉めてたし」
希「うーん、いや、そろそろ来るんとちゃうかな?」
にこ「なんで分かるのよ」
希「スピリチュアルパワーや」
絵里「相変わらずね希...」
バーンッ
穂乃果「みんなおっはよーー!」
真姫「来たぁー!?」
絵里「こんにちわでしょ...」
40:
穂乃果「くよくよしてても仕方ないね!
私は今を頑張るよ!」
真姫「い、いきなりなんなのよ」
にこ「しかもいつにもまして元気ね」
穂乃果「むむっ、にこちゃん!
偉そうにしてるけど、ブラックコーヒー飲めるの!?」
にこ「えっ!?
いやそれは...って今それ関係ないじゃない!」
絵里「飲めないんだ...」
にこ「飲めるわよっ!」
真姫「ミルク入れれば、でしょ」
にこ「うるさいうるさいー!」
穂乃果「うーん!やっぱり今が一番楽しいやー!」
希「せやね?」ニコニコ
41:
凛「みんな、遅くなったにゃー!」
花陽「こんにちわ...」
真姫「あ、あんた達喧嘩してたじゃない!仲直りしたの?」
花陽「うん!もう大丈夫だよ!」
凛「凛とかよちんはずっと一緒にゃ?!」
真姫「わ、私は...!私はどうなのよ!」
凛「?真姫ちゃんもずっと一緒だよ?」
真姫「フン、まあそう言うなら一緒にいてあげなくも無いけど」
花陽「ふふ、はい真姫ちゃんパンあげる」
穂乃果「あっ!パンだーー!真姫ちゃんずるいずるいよー!」
真姫「ちょっと!これは私のよ!
あげないんだから!」
希「仲良くね?」ニコニコ
42:
ことり「こんにちわ?」
海未「すみません、すこし遅れてしまいました」
穂乃果「あっ二人とも!さっきの話もう解決したの?」
海未「ほ、穂乃果!その話題は...!」
ことり「あ、そうだった!
海未ちゃん!スカート、履いてくれるんだよね!」
海未「ううっ!いや...あのですね、ああいうのはやはり私には似合わないといいますか」
ことり「そんなことないよ!
海未ちゃんは可愛いんだから、絶対スカート似合うよ!」
穂乃果「そうだよそうだよ!
絶対可愛いよー!」
凛「凛もそう思うー」
花陽「そうです!海未ちゃんは足が細いから履かないと勿体無いです!」
真姫「まあ似合うんじゃない?」
海未「...うう...分かりました。
そこまで言うのなら次の衣装はそれでいいです...」
ことり「やったー!」
穂乃果「良かったねことりちゃん!」
希「よかったね?」ニコニコ
4

続き・詳細・画像をみる


【悲報】TBS系『音楽の日』の出演者の顔ぶれが酷い件wwwwwwwwww

画像貼ってくから笑ったら昼寝

佐世保JKの伝説で打線組んだwwwwwww

[画像]夜食にスイーツ!

【画像あり】ポケモンパンが妖怪ウォッチパンになってたwwwwwwwwwww

【画像あり】ポケモンパンが妖怪ウォッチパンになってたwwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先