海未「ソルゲハンター穂乃果?」back

海未「ソルゲハンター穂乃果?」


続き・詳細・画像をみる

1:
真姫「…」カミノケクルクル
穂乃果「真姫ちゃんだ…イタズラしちゃおう…ぷくく」
穂乃果「まーきちゃん!」ガバッ
真姫「…!」ビクッ
真姫「あっ!いやっ!穂乃果!?」
穂乃果「うひひひひ!真姫ちゃん!おはよー!」
真姫「やめてっー!」
穂乃果「うふふふ…暴れないで?」
カプッ
真姫「ひゃん!」
穂乃果「ん?」
真姫「あっ…///////」
真姫「ばっ…」
真姫「ばかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ////////」ダダダダダダ
穂乃果「あえ?真姫ちゃーん!」
穂乃果「耳噛んだのそんなに嫌だったかな?」
海未「こら、穂乃果!」グイッ
穂乃果「うわっ!」
5:
穂乃果「う、海未ちゃん!」
海未「いきなり飛び付いて、耳に噛みつくなんて!」
海未「真姫が嫌がるに決まってるでしょう!」
穂乃果「えー?」
穂乃果「別にいいじゃん…ことりちゃんとかにしても嫌がらないよ?」
海未「…!」
海未「こ、ことりはあなたの暴挙に慣れてるだけです!」
海未「真姫や希やニコはあなたの特性にまだ親しんでないんですから!」
穂乃果「特性って…穂乃果は動物じゃないもん…」
海未「動物みたいなものでしょう」
穂乃果「むぅ…」
穂乃果「じゃあ慣れてる海未ちゃんは平気なんだね?」
海未「えっ…」
穂乃果「海未ちゃん…ちゅー」チュッ
海未「ひゃああ!」
穂乃果「えへへ、ほっぺにちゅーしちゃったよ」
海未「//////」
穂乃果「あれ?顔赤いよ?」
穂乃果「風邪?」
海未「ほ、穂乃果ぁぁぁぁ!」
穂乃果「うわっ!海未ちゃんが怒った!」
6:
「全く…朝から元気ね」
海未「!」
穂乃果「絵里ちゃん!」
絵里「おはよ、二人とも」
穂乃果「うわぁぁん!絵里ちゃーん」ダキッ
絵里「うわっ!」
絵里「ど、どうしたのよ!」
穂乃果「海未ちゃんが怒るのー!」
穂乃果「穂乃果を助けてぇ?」
海未「絵里!穂乃果をこっちへ渡してください!」
絵里「一体何が…」
海未「穂乃果が悪いんですよ!」
絵里「ちょーっと!まって!」
絵里「まず何があったかわかるように説明なさい」
海未「それが、かくかくしかじかで…」
穂乃果「うぅ…」キュッ
絵里「はぁ…なるほどね」
7:
絵里「穂乃果ー?」
絵里「親しき仲にも礼儀ありって言ってね…」
穂乃果「うっ…」
絵里「穂乃果は何の気なしにしてることでも、相手が嫌がることだってあるのよ?」
海未「そうです」
海未「さすがは絵里です。もっと言ってやってください」
穂乃果「うぅ…」
穂乃果「絵里ちゃんは穂乃果に耳にかぷってされたり、ちゅーされるのは嫌なの?」ウルウル
絵里「えっ…!」ドキッ
海未「?」
穂乃果「そうだよね…穂乃果ってやっぱり気持ち悪い子…」
絵里「そ、そういうわけじゃなくてね!」アセアセ
絵里「わ、私は嬉しいわよ!」
絵里「気持ち悪いだなんてとんでもない!」
穂乃果「ほんと?」
絵里「ええ!」
穂乃果「じゃあ、ほっぺたにちゅーするね?」チュッ
絵里「…!」
海未「ちょっとー!?」
17:
穂乃果「絵里ちゃーん!」ダキッ
絵里「穂乃果は甘えん坊ね…」ナデナデ
穂乃果「絵里ちゃん…」スリスリ
絵里「可愛い…」ニヤニヤ
海未「穂乃果!」
絵里「まあまあ、海未…ふふ」ナデナデ
海未「えりぃ!!」
海未「穂乃果を甘やかさないでください!」
穂乃果「海未ちゃん、うるさーい」
海未「!」ムカッ
海未「もう知りません!」ダッ
穂乃果「あっ…」
18:
穂乃果「海未ちゃん、本当に怒っちゃった…」
絵里「後でちゃんと仲直りするのよ?」
穂乃果「うん…」
穂乃果「ねえ…やっぱり穂乃果ってベタベタしすぎなのかなぁ…?」
絵里「えっ…」
絵里「そ、そんなことないわよ…」
穂乃果「そうかな」
穂乃果「穂乃果、絵里ちゃんの事、大好きだから…」
穂乃果「一緒に居れるのが嬉しくて…」
穂乃果「つい、くっついちゃうんだ」
絵里「す、すき…?」
穂乃果「うん、絵里ちゃん大好き…」
絵里「わ、私も…!」
絵里「好きよ…穂乃果」
19:
穂乃果「絵里ちゃん」
穂乃果「穂乃果、謝ってくるよ」
絵里「えっ」
穂乃果「真姫ちゃんと海未ちゃんに…」
穂乃果「さっき絵里ちゃんが言ったように、もしかした二人とも本当に嫌だったのかもしれないし…」
穂乃果「これからも友達でいたいから…」
穂乃果「行くね…」パッ
絵里「え、ええ…」
穂乃果「じゃあね、また練習で」
絵里「あぅ…胸元が寂しい…」
・・・・・・
海未「まったく…」プンプン
海未「穂乃果の馬鹿…」
海未「いつまでも子供みたいに…もうっ!」プンスカ
海未「すぐ人にベタベタして…!」
海未「さっきだってあんなに絵里にベタベタして…馬鹿」
20:
穂乃果『?』
真姫『?』
海未「あっ…あれは…」
海未「穂乃果…!と真姫…」
海未「穂乃果…さっきまで絵里とベタベタしてたくせに…」
海未「もう真姫のところに!」
穂乃果『?!』
真姫『?…』
海未「何話してるんでしょうか…」
穂乃果『??!』ダキッ
真姫『…//////』
海未「…!」
海未「またあんなにくっついて…」
24:
海未「大体、あの二人も悪いんです!」
海未「ふわふわやってくる穂乃果を簡単に受け入れるんですから!」
海未「どうせ穂乃果に無自覚にタラシこまれたのでしょう」
海未「でも私はそうはいかないですよ!」
海未「幼なじみの意地というものがあります!」ムッフー
真姫『?』ニヘニヘ
海未「むっ…真姫があんなに馬鹿面をさらしてます」
海未「あれを真姫のファンが見たら…引くでしょうね…」
海未「こうなったら…穂乃果に強い私が真姫を正してあげないと!」
海未「ついでに絵里も!」
26:
練習後
穂乃果「海未ちゃん…あのね…」
穂乃果「お話があってね…朝の事なんだけど…」
海未「ごめんなさい…この後用事があるので…」
海未「明日じゃダメですか?」
穂乃果「えっ…ダメじゃないけど…」
海未「それでは明日に」
海未「あっ!明日は数学の小テストがありますからね」
海未「穂乃果の苦手な所ですから、ちゃんと勉強してきてくださいよ」
穂乃果「う、うん…」
海未「それでは…!」
海未「絵里!真姫ー!」
穂乃果「…」ショボン
27:
絵里「海未ー?」
真姫「ちょっといいの?穂乃果…凄い寂しそうよ」
絵里「話くらいすぐに聞いてあげなさいよ」
絵里「少し冷たすぎるんじゃない?」
海未「そのことも込みで、二人に話が!」
真姫「はぁ?」
海未「さあっ、あちらで…」
絵里「何か…いつになく張り切ってる…?海未のやつ」
真姫「どうせ穂乃果関係だからよ」
真姫「穂乃果の事になると必死になるんだから…」
28:
海未「さて…」
真姫「で?話って?」
海未「あのですね…穂乃果の事で」
絵里「やっぱり!」
真姫「でっしょー?」
海未「ん?何ですか?」
真姫「別に何でも…」
海未「そうですか」
海未「話の前にですね…」
絵里「一体何よ?」
海未「私たち三人がアイドルとして、売りとしているものは何ですか!」
海未「答えてください」
真姫「いきなり何の話よ…穂乃果の話じゃないの?」
海未「いいから!私たち三人の共通項は…?」
絵里「ええっと…女の子とか?あはは…」
海未「真面目に答えてください!そんなんだからポンコツとか言われるんですよ!」
絵里「なっ!ポンコツ…」
29:
真姫「共通項ね…学年も身体的特徴もバラバラだけど…」
真姫「わからないわ」
海未「はぁ…」
海未「いいですか」
海未「私たち三人ってクールという属性で売ってるじゃないですか」
真姫「はぁ…クール…ねぇ?」
真姫「私はそのつもりだけど…エリーとかクールと程遠いんじゃない?」
絵里「は?」
絵里「いやいや、マッキーこそクール?と言われると…ねぇ?」
真姫「何それ意味わかんない」
海未「け、ケンカはやめてくださいよ」
海未「だからですね…私たちってクールで売っていますが、クールと程遠い状態に陥る時がちらほら、あるのです」
絵里「はぁ」
30:
海未「いいですか…それが!穂乃果といる時だと私は言いたいのです」
絵里「…!」
真姫「…はぁ」
真姫「私は穂乃果とふれ合ってる時でも別に普通だけど…」
海未「へえ…」
海未「今日の朝…耳をかじられて飛び上がってましたよね」
真姫「うっ…」
海未「その後、穂乃果に抱きつかれてニヘーっとしてましたよ?」
真姫「なっ!見てたの!?」
海未「見えたのです」
真姫「一緒よ!ううっ…」
海未「あと絵里!」
絵里「えっ…」
海未「あなたも今日の朝、穂乃果に抱きつかれて凄く蕩けそうな顔してました!」
絵里「あぅ!」
31:
海未「このままでは私たちクール組の沽券に関わります」
絵里「そこまで…?」
海未「はい」
海未「いくら穂乃果がベタベタしてこようとも、軽くあしらえるようにならないといけません!」
絵里「…」
真姫「…」
絵里「軽くあしらう…ね」
海未「だから、穂乃果とはお腹の中からの幼なじみで…」
海未「穂乃果のプロフェッショナルである私が…」
海未「穂乃果の対処の仕方をレクチャーします!」ムッフー
真姫(実績も無さそうなくせに偉そうね…)
絵里「実は、穂乃果が私たちにベタベタするのに嫉妬してるだけだったりして…」
海未「!?」ギクッ
真姫「あら、私も同じことを考えたわ…中々かしこいわね」
海未「ばっ!」
海未「ば、ばばばば馬鹿な事を言わないで下さい!」
絵里(図星ね…)
真姫(面倒な人…)
33:
真姫「でも、あしらうっていうのは可哀想だわ」
絵里「そうね…」
海未「えっ…」
真姫「私はやらない」
絵里「私も…」
海未「何でですか!」
真姫「それは…」
真姫「まあ…いいじゃない/////」カァァ
海未「何で顔を赤らめるんですかぁ!?」
真姫「べ、別になんでも!」
真姫(うぅっ…朝の穂乃果との事を思い出しちゃった…)
回想
穂乃果『あの…真姫ちゃん…』
真姫『な、なによ…わざわざ一年の教室に来て…』
穂乃果『さっきの事を謝りたくて…』
真姫『えっ…』
穂乃果『お耳…かぷってしちゃったこと…』
穂乃果『ごめんなさい…』
真姫『えっ…』
真姫(わざわざ謝りに来るなんて…)
36:
穂乃果『穂乃果って、人が嫌がる事を無自覚にやっちゃうこと…多くて』
穂乃果『今回も、真姫ちゃんを嫌な気持ちにさせちゃった…ごめんなさい』
真姫『べ、別に!嫌…ってわけでは…』
穂乃果『あのね…穂乃果』
穂乃果『これからも真姫ちゃんと一緒にいたいから…』
穂乃果『真姫ちゃんのピアノ聴きたいから…』
穂乃果『お願い…』
穂乃果『穂乃果の事…嫌いにならないで…』
真姫『…!』ズキュゥゥゥン
穂乃果『もう、お耳かじったりしないよ…』
真姫『ほ、穂乃果!』
38:
真姫『わ、私!あの時は、ただ驚いただけで!』
真姫『全然嫌だなんて!』
穂乃果『え?』
真姫『嫌だなんて思ってないわ!』
穂乃果『ほ、本当?』
真姫『ええ』
真姫『私も!穂乃果と一緒にいたいから!』
真姫『だから…別に…好きに抱きついたりしてもいいわよ』
穂乃果『本当に?嫌いにならない?』
真姫『ならない』
穂乃果『だ…』
真姫『だ…?』
穂乃果『だぁぁぁぁぁいすきー!』ダキッ
真姫『きゃっ!』
穂乃果『まきちゃん!まきちゃん!まきちゃん!まきちゃぁぁぁん!』
穂乃果『まきちゃん!だーいすき!』ミミカプッ
真姫『ひゃん…!うふふ…』
真姫『私も好きよ…穂乃果』
44:
真姫「とにかく私はそんな事やらない!」
真姫(あんな天使を軽くあしらうなんて出来るわけないわ)
海未「でも!これも穂乃果のためなんですよ!?」
海未「ほら!『soldier game』にこんな歌詞があったじゃないですか!」
海未「『冷たく強く守らなきゃ 大切なものたち 弱きものたち』って!」
海未「大切に思うからこそ!甘やかすだけではダメなんです!」
海未「厳しく接する事が必要なんです!」
絵里「いろいろ言いたい事があるけど…まず…」
絵里「その歌詞書いたの海未じゃない…」
絵里「なんか自分の書いた歌詞をさも、威厳のある言葉のように…」
海未「べ、別にいいじゃないですか…一つの立派な考えでしょう?」
52:
真姫「一理あるけど…」
海未「でしょう?」
真姫「でも私はやらないから!」
真姫(いつでも抱きついてもいいって言っちゃったし…)
海未「真姫は強情ですね…」
真姫「ふんっ」
海未「絵里はやってくれますよね?」
海未「生徒会長でしょ?」
絵里「何の関係が…」
海未「いいですか!目的は2つあります!まず私たちが常にクールでいられるように!」
海未「もう1つは、いつまでも甘えん坊な穂乃果を成長させること!」
絵里「成長…」
海未「そうです」
海未「私たちの態度が穂乃果の成長に関わってくるのです」
海未「上級生であり生徒会長である絵里は特に、穂乃果にはそう接するべきなんです」
絵里「なるほど…」
真姫「ちょっとエリー?」
絵里「いいんじゃないかしら…成長…」
真姫(エリー…口車に乗せられちゃって…)
真姫(成長とかそういう言葉に弱いんだわ…)
53:
海未「それでは早明日からですよ」
絵里「じゃあ穂乃果のプロフェッショナルさん」
海未「はい?」
絵里「具体的にはどう穂乃果に接すればいいのよ」
海未「よろしいです…それではレクチャーします」
________
______
____
__
翌日
穂乃果「海未ちゃん、おはよう」
海未「ああ、おはようございます」
穂乃果「あのね、お話…聞いてほしいんだけど…」モジモジ
海未「ごめんなさい…また後に」
穂乃果「あぅ…」
海未「すいません、ちょっと用事があるので…」
54:
穂乃果「…」ショボーン
真姫「ちょっと、穂乃果また寂しそうにしてるじゃない」コソコソ
海未「仕方ないことです」コソコソ
真姫「いくら何でも可哀想だわ」
真姫「あなた穂乃果に嫌われるわよ」
海未「!?」
真姫「わりと本気で」
海未「そ、そんな訳ないでしょう!」
海未「こ、これは穂乃果のためでもあって!き、嫌われるなんて…」ガタガタ
穂乃果「あっ…絵里ちゃん」
真姫「ほら、エリー来たわよ」
海未「嫌われるわけ…私たちは幼なじみですよ…お腹の中からの…」ブツブツ
真姫「おーい」
絵里「ほ、穂乃果じゃない」
穂乃果「うぅっ…絵里ちゃん…」ダキッ
絵里「!」
絵里(何か様子が…)
絵里(いや、それよりも…)
絵里「穂乃果、いきなり抱きつかないでちょうだい」
穂乃果「えっ…」
絵里「昨日も言ったでしょ?親しき中にも礼儀あり…」
絵里「すぐに人にベタベタするのは失礼よ」
絵里「そういうとこ、改める努力をしなさい」
穂乃果「えっ…えっ…でも…昨日はいいって…」
絵里(うぅっ…そんな顔しないで…胸が痛む…)
61:
心が痛い
63:
絵里「昨日?知らないわ」
穂乃果「えっ…」
絵里「とにかくそういう事だから」
穂乃果「ぁ…」
絵里「それで?」
絵里「いったい何の用で話しかけたの?」
絵里「早くしてよね、私も暇じゃないから」
穂乃果「ひっ…」
穂乃果「ぅぅぅ…」ウルウル
絵里「!?」
穂乃果「ぅぅ…」ポロポロ
絵里「あ、あの…」
穂乃果「ごめん…ごめんね…絵里ちゃん…」
穂乃果「もう絶対…身体にさわったりしないから…」クルッ
穂乃果「ひぐっ…」トボトボ
絵里「あっ…穂乃果!」
絵里(あれ…?私…何やってるんだろ…)
絵里(こんなことが…穂乃果の成長に繋がる…?)
絵里(私…どうかしてるわ…)
絵里(これじゃ…ただ穂乃果をいじめただけじゃない…)
64:
絵里「まって…!」ガシッ
穂乃果「ひっ…」ガタガタ
絵里「…!」
絵里(こんなに怯えて…)
穂乃果「ご、ごめんなさい…うぅ…」
絵里「穂乃果…」ダキッ
穂乃果「ひぃぃ…」
絵里「ごめんなさい…穂乃果」
穂乃果「え…?」
絵里「冷たくして…私…穂乃果の事大好きなのに…」
穂乃果「うぅ…穂乃果…絵里ちゃんがわからないよぉ…」
絵里「そうよね…」
絵里「ごめんね…私…穂乃果の事大好きだから…」
絵里「こうやって抱き締めるのも大好きだから…」
絵里「さっき冷たくしたのは、事情があって…」
65:
穂乃果「事情ってなんなのぉ…」
穂乃果「もうあんなに冷たい絵里ちゃんは嫌…」
穂乃果「穂乃果…嫌われちゃったかと思って…つらくて…つらくて…」
穂乃果「穂乃果…海未ちゃんにも嫌われちゃったから…」
絵里「ああ…もう…穂乃果…」ガシッ
絵里「嫌うわけないわ…」
絵里「あなたが抱きついてくれるのも…嫌じゃない」
絵里「むしろ…嬉しいわ…次は私から…」ハグハグ
穂乃果「ほんと…?」
絵里「ええ」
穂乃果「?!」パァァァ
穂乃果「嬉しい!」ニコッ
穂乃果「絵里ちゃん大好きー!!!!!」
絵里「はぁぁぁ!穂乃果ぁぁ!」ダキッチュッチュッ
67:
・・・・・
海未「ちょっと絵里!」
海未「結局、穂乃果に負けてるじゃないですか!」
海未「ちゃんとやってください!」
絵里「海未…」
海未「?」
絵里「悪いけど…私は降りるわ」
海未「はぁ!?」
海未「何故ですか!?」
海未「目的のためですよ!?」
海未「そりゃ、優しいあなたが冷たく人に接するというのは大変だと思いますが…」
絵里「クールでいるとかそんなの、もうどうでもいいわ」
絵里「それに、こんなの穂乃果のためになるわけない」
海未「そんなことありません!」
絵里「真姫もそう思うわよね」
真姫「ええ、まったくだわ」
海未「!」
68:
真姫「確かに厳しさっていうのは、一種の愛といえるし…」
真姫「海未の考えも一理あると思うけど…」
真姫「今の海未とてもは不安定に見える」
真姫「だからついていけない」
真姫「きっと色んな感情が心の中で溢れていて、何がなにかよくわからなくなってるのよ」
海未「そんな…」
絵里「海未、あなたは穂乃果の事…好きなの?」
海未「…!」
海未「す、好き…」
海未「好きに決まってます…」
海未「いままでの人生、ずっと一緒だったのですよ!?」
海未「あなたたち二人よりもずぅぅぅっと、穂乃果の事、好きです!」
絵里「そう…」
絵里「でも、穂乃果は海未に嫌われてると思ってるわよ」
絵里「あと、私が一番穂乃果の事好きだから」
海未「…!」
71:
海未「それは…穂乃果が言っていたのですか?」
絵里「ええ…とても悲しい顔で」
真姫「このままじゃあなた、本当に穂乃果に愛想尽かされるわよ」
真姫「あと、世界で一番穂乃果を愛してるのは私だから」
海未「そんな…」
海未「そんな事…」
海未「くっ…」ダッ
真姫「海未…」
絵里「海未はずっと、穂乃果の側にいたからね…きっと海未特有の穂乃果への思いってのがあるのよ」
真姫「そうね」
真姫「ずっと穂乃果の世話を焼いてきたわけだしね」
絵里「ところで真姫…」
真姫「なに?」
絵里「世界で一番穂乃果の事を愛してるは私だからね」
真姫「は?」ピクッ
77:
絵里「学年は違えど、私は穂乃果とは小さい頃からの幼なじみだからね」
絵里「マッキーとは愛情のレベルが違うのよ」
真姫「何言ってるのかしら…この人…」
真姫「怖いわ…」
真姫「一緒にいる年月はまったく関係ないわ」
真姫「私が!穂乃果を一番愛してるの!」
真姫「穂乃果と運命的な出会いをした私の思いの強さ…貴方にはわからないかしら?」
絵里「そんなのわかりませーん」ベー
真姫「むっ!」
79:
真姫「それじゃあ…!」
絵里「?」
真姫「私の穂乃果への愛がどれだけか!」
真姫「分かりやすく教えてあげる!」
絵里「!?」
真姫「いい…私はね!」タッタッタ
真姫「こーーーーーーーんくらい、穂乃果を愛してるわ!」
絵里「はぁ!?」
絵里「それじゃあ!私は」タッタッタ
絵里「このくらーーーーーーーーい、穂乃果が好きよ!」
真姫「むっ!…じゃあ…」タッタッタ
真姫「こんだけーーーーーーーーーーーーー!」タッタッタ
絵里「なら私は、これほどーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」タッタッタ
真姫「うぅっ!しつこい…」
真姫「私は…! ………」
・・・・・
真姫「はぁ…はぁ…」
絵里「はぁ…はぁ…」
真姫「はぁ…決着は…はぁ…放課後…つけましょう…ゴホッ!」
絵里「はぁ…そうね…はぁ…」
絵里「その時は穂乃果に協力してもらいましょう」
真姫「いいわね」
81:
教室
穂乃果「海未ちゃん…海未ちゃん…」キョロキョロ
穂乃果「どこ行ったの…海未ちゃん…」
穂乃果「朝はいたのに…」
先生「ホームルーム始めまーす」
先生「園田さんは体調不良で先ほど帰られましたー」
穂乃果「えっ」
穂乃果「そんな…」
穂乃果「謝りたかったのに…」
穂乃果「いつになったら…」
88:
夕方
海未「うぅ…初めて仮病を使ってしまいました… 」
海未「はぁ…」
海未「私…何がしたいんでしょうか」
『きっと色んな感情が心の中で溢れていて、何がなにかよくわからなくなってるのよ』
海未「真姫の言う通りですね」
海未「他人に…自分の心を見透かされるのは悔しいですが…」
海未「認めざるを得ません」
海未「私は今ぐちゃぐちゃ…」
海未「穂乃果を大好きで、大好きだからこそ厳しくしたくて」
海未「二人に嫉妬して…」
海未「私の考えを二人に押し付けて」
海未「極めつけに穂乃果を傷つけた」
海未「はぁ…最低ですね」
海未「二人のように…純粋に穂乃果を愛したい」
92:
学校
絵里「穂乃果」ダキッ
穂乃果「あっ…絵里ちゃん」
穂乃果「どうしたの?」
絵里「あのね、一緒に来てほしいの」
穂乃果「えっ…」
絵里「ほら、行きましょ?」
穂乃果「あ、あの…穂乃果!」
穂乃果「う、海未ちゃんの…」
絵里「ふふ♪」グイッ
真姫「穂乃果」
穂乃果「真姫ちゃん!」
穂乃果「いったい何を…?」
絵里「ねぇ、穂乃果?」
穂乃果「なに?」
絵里「私たちの事好き?」
穂乃果「えっ…」
真姫「好き?」
穂乃果「もちろん…大好きだよ!」
絵里「ふふ…私も大好きよ」
真姫「私も好きよ」
穂乃果「う、うん」
93:
絵里「むっ…」
絵里「穂乃果!」ガシッ
穂乃果「!」
絵里「穂乃果…好きよ」
穂乃果「はぅ…////」ドキッ
穂乃果「い、いきなり…なに」
真姫「穂乃果!」ギュッ
真姫「愛してるわ…」
穂乃果「ひぅっ…////」ドキドキ
穂乃果「ま、真姫ちゃんまで…」
絵里「ねぇ、どっちの方が『好きだ!』って気持ちが伝わってきた?」
穂乃果「えっ…えっ…」
真姫「私よね?」
真姫「だってこんなにも穂乃果の事が好きなんだもの」
絵里「私でしょ?」
絵里「穂乃果への愛は誰にも負けないわ」
95:
真姫「ねぇ…教えて?」
絵里「穂乃果」
穂乃果「…」
穂乃果「そんな…」
穂乃果「どっちが…だなんて…」
穂乃果「穂乃果…決められないよ」
絵里「決めるとかじゃなくて、感じたまま言ってくれればいいのよ?」
真姫「そうよ」
穂乃果「そんな…二人とも…凄くドキドキしたし…」
穂乃果「穂乃果、頭沸騰しそう…」
穂乃果「どっちが…とかわかんないよ…」
絵里「なら、もう一回!」ガシッ
穂乃果「…っ!?」
穂乃果(こんな事してる場合じゃ…)
真姫「次は私からやるわ!どいて!」ガシッ
絵里「いいや!私から!」
真姫「私よー!」
穂乃果「…」
穂乃果(今すぐ海未ちゃんの所へ行って謝りたい…)
穂乃果「いかなきゃ…」
97:
絵里「えっ…」
真姫「行くってどこへ…」
穂乃果「海未ちゃんの所へ」
絵里「なっ…!」
真姫「何で海未の!?」
穂乃果「穂乃果…」
穂乃果「穂乃果、馬鹿だから…海未ちゃんを傷つけちゃった」
穂乃果「だから…謝りたいの」
真姫「そんな…でも、今は…」
絵里「そうよ…今は…私たちの…」
絵里「それを確かめないと…モヤモヤするわ…」
絵里「私と真姫…どっちが好きなの?」
穂乃果「あれ?そんな話だっけ…?」
真姫「私とエリーのどっちを選ぶの!?」
穂乃果「か、噛み合ってないよ…」
真姫「いいから、答えて」
穂乃果「…」
穂乃果「穂乃果の答えはいつでも一緒だよ」
絵里「えっ…」
穂乃果「んっ…」チュッ
真姫「んんっ…」
絵里「ちょっと!」
穂乃果「次は絵里ちゃん…んんっ」チュッ
絵里「はむんっ…ちゅっ」
100:
穂乃果「はぁ…はぁ…穂乃果は二人とも…いや三人とも大好き」
穂乃果「狂おしいほど好き」
絵里「…」ポカーン
真姫「…」ポカーン
穂乃果「どっちの方が好きだとか…そんなの嫌なの」
穂乃果「だって皆、それぞれいいところがあって…」
穂乃果「人の愛し方もそれぞれだから」
穂乃果「だから…」
穂乃果「そんなの決められないよ」
穂乃果「絵里ちゃんの、優しいお姉ちゃんみたいに愛してくれるのも好き」
穂乃果「真姫ちゃんの、普段はツンツンだけど、たまに見せる素直さが好き」
穂乃果「そして…いつも穂乃果の事を考えていてくれてるのがわかって…とってもかわいい海未ちゃんが好き」
穂乃果「だから…」
穂乃果「穂乃果、行ってくるよ」
102:
絵里「まったく…あの子は…」ドキドキ
真姫「いきなり…キスするなんて… 」ドキドキ
絵里「ほんと、無茶苦茶ね…」
真姫「ええ…」
真姫「無理矢理、私たちの両方を選んだうえに…」
絵里「私たちをほったらかして、海未の所へいくなんて…」
絵里「本当に無茶苦茶」
真姫「でも」
絵里「だからこそ」
「ますます好きになったわ」
108:
海未「…」ボー
海未「連絡…来ませんね…」
海未「いつもなら…もし私が早退したなら…」
穂乃果『海未ちゃん…体調の方はどう?』
穂乃果『穂乃果、絶対にお見舞いにいくね』
穂乃果『海未ちゃんの大好きな、ほむまん持っていくよ』
海未「すぐにこんな…メールや電話が…」
海未「くる…はず…」ウルウル
海未「だったのに…うぅ…」ポロポロ
海未「ひぅ…うぇぇぇ…ほのかぁぁ…」ポロポロ
海未「ごめんなさい…穂乃果…」
海未「私が悪いんです」
海未「私が勝手に暴走して…勝手にややこしくして…」
海未「大切な事は、たった一つの気持ちだけだったのに…」
海未「穂乃果が…好き」
海未「世界で一番好き…」
海未「ただそれだけなのに…」
穂乃果「それほんと?」
海未「当たり前です…」
穂乃果「穂乃果のどこが好き?」
海未「優しいところ…可愛いところ…私を引っ張ってくれるところ…」
海未「穂乃果の事は全部好きです」
穂乃果「そっか…嬉しい」
海未「…」
海未「え?」
海未「穂乃果ぁ!?」
穂乃果「気づくの遅い!?」
穂乃果「会話が成立しちゃってたよ…」
110:
海未「い、いつの間に!?」
穂乃果「さっきうみママに通してもらったよ」
海未「むぅ…一言声を掛けて欲しかったです」
穂乃果「掛けたけど、海未ちゃん…全然返事しなかったんだよ」
海未「…そうでしたか」
穂乃果「…あのね」
穂乃果「穂乃果ね」
穂乃果「ずっと海未ちゃんに謝りたくてね…」
穂乃果「でも…海未ちゃんが何だか凄く…遠くて…」
穂乃果「だからここまで来たんだ」
海未「…」
穂乃果「海未ちゃん…ごめんね」
穂乃果「あの時勝手にほっぺたにチューしちゃって…」
穂乃果「海未ちゃんがあんなに傷つくとは思わなかった…」
穂乃果「穂乃果たちの間だは、ずっと当たり前だったから」
穂乃果「無神経でごめんなさい…」
穂乃果「海未ちゃんが穂乃果を許してくれるなら…これからも側にいたいよ」
穂乃果「大好きな海未ちゃんの側にいたいよぉ…」
海未「穂乃果ぁ!」ギュッ
海未「穂乃果ぁ…」
海未「私こそ…ごめんなさい」
海未「愛情とか言って…穂乃果の事傷つけた…」
海未「私…穂乃果の事、大好きですから」
海未「世界で一番愛してますから…」
穂乃果「海未ちゃん…」
穂乃果「ちゅーしていい?」
海未「はい…」
穂乃果「目を瞑って?」
海未「はい…」
穂乃果「んっ…」チュッ
海未「むっ…んっ…」
海未(ああ…幸せです…)
112:
海未「穂乃果…」
海未「これからも…ずっと側にいますからね」
穂乃果「約束だよ…」
翌日
穂乃果「あっ!絵里ちゃん、真姫ちゃん!おはよー!」
絵里「穂乃果!」
真姫「お、遅いじゃない!」
穂乃果「へへ、寝坊しちゃって…」
海未「まったく…!私が起こしてないと遅刻してましたよ!」ギュー
絵里「むっ…」
真姫「ちょっと!何でそんなにくっついてるのよ!」
海未「ずっと側にいるって約束しましたから」
絵里「はぁぁ!?」
穂乃果「まぁまぁ、絵里ちゃん…」チュッ
絵里「うぅ…!////」
穂乃果「真姫ちゃんも…」チュッ
真姫「////」
穂乃果「大好きだよ」
絵里「ふふ…仕方ないわね」ニヤニヤ
真姫「今日だけよ…」ニヤニヤ
11

続き・詳細・画像をみる


【速報】アニメ「サイコパス」に佐世保JKバラバラ殺人と同様のシーンが含まれるため放送休止

【画像】ウエスト61センチってこんなに太いの?

【画像あり】ガザ地区の世界の終わり感がヤバい

田中将大 「161億円エース」を短命に追い込んだ“3つの人災”

WindowsがMacより優れている点 〜 実のところまったく無いよね

中国「再び日本に敗れれば大虐殺が起きるかもしれない、国際社会は民主主義が勝利したと沸き立つだろう」

back 削除依頼&連絡先