超音波で物体を操作…YouTubeで300万回再生「東大開発の新技術」がまるで魔法back

超音波で物体を操作…YouTubeで300万回再生「東大開発の新技術」がまるで魔法


続き・詳細・画像をみる


これでまた宇宙旅行捏造の撮影が捗るアル
4:
オバマ『これにチェンジ』
6:
http://www.youtube.com/watch?v=w2itwFJCgFQ
ついでに出てきたけどこれもすごかった
7: 2chのエロい人@\(^o^)/ 2014/07/24(木) 01:26:30.64 ID:+xfvLfZT0.net
これと似たような技術なのかねぇ。
http://blog.livedoor.jp/clock510/archives/1855545.html
Synchronized Drops from SPACE SHOWER TV on Vimeo.
http://youtu.be/mODqQvlrgIQ
こっちは、低周波みたいだけど。
8:
どうやらUFOの秘密に近づいてしまったようだな
惑星挟んで母艦6隻あれば・・
9:
これは ニコラステスラの世界システムの音響版。
音響発生源を地球 定常波に乗せれば無線電力供給が出来る
また 物体を持ち上げることが出来る ピラミット建設の謎、巨石の移動方法。
ニコラ・テスラ 世界システム交流システムにおけるテスラの役割は極めて重要なものでしたが、彼はその後、研究テーマを高周波の分野に移行させていきます。これは、送電線ではなく、電波によって世界中に情報とエネルギーを供給できないかと考えたためでしょう。すぐさま高周波/高電圧を発生させる共振変圧器「テスラコイル」を開発し、無線電信の研究に没頭していきます。
 情報の伝達システムとして高周波を利用するアイデアは一定の成功を収めましたが、無線による電力の送電システムについては苦しむことになりました。無線による電力の送電システムと情報の伝達システムを「世界システム」と名づけたテスラは、1899年からその研究に着手しました。まず、コロラドスプリングスに建設した研究所で、高周波振動の電気的共鳴を利用して、巨大な電圧を発生させる「拡大送信機」を用い、地球が電気を帯びている、つまり「帯電体」であるということを証明します。
 これにより、地球を媒介とする送電システムの構築が可能であるとテスラは確信したのでしょう。
ニコラ・テスラの「世界システム」はよみがえるか-より引用
関連:http://ja.wikipedia.org/wiki/ニコラ・テスラ
11:
これならミステリーサークルも説明がつくね
12:
上手く一般的な技術に成長すれば これもノーベル賞ものだろう。
基本原理は昔から見られた現象だろうが、ここまで制御できる
とは。
引用元: ・【科学】超音波で物体を操作…YouTubeで300万回再生「東大開発の新技術」がまるで魔法 | FUTURUS [6/30]


過去の人気記事ランダムPICK UP
コメント
1 不思議な
>>6の奴の方が全然凄かった
なんだこれやべえわ、グラスの水が落ちないのが一番意味不明
2 不思議な
漫画やアニメにあるような
特に外から影響を受けているわけではないのになんか勝手に浮いてる系の
装飾品とか武器とかコンピューターとかが開発されるのは
一体いつごろになるんだろう
生きてるうちに見れるかなあ
3 不思議な
水滴の方は水の落ちる音がしているから
扇風機の逆回転のようにそう見えるだけだろ
4 不思議な

続き・詳細・画像をみる


歴代モー娘 男性人気1位は?

元太「何だこれは?」コナン「ウナギのスープだ」

「SNSで最も嫌われる投稿」はこれ一択だなwwwwwww

【衝撃】2歳の娘がいる子持ちのリーマンだが、過労で死にそうなんだけどwwwwww

一匹飼いたい

嫁がデリヘルで働いてるけど質問ある?

back 削除依頼&連絡先