海未「本音を言うと誤解を招く」back

海未「本音を言うと誤解を招く」


続き・詳細・画像をみる

1:
海未(なぜでしょう……最近妙に私を見ているような気がするんですよね)
穂乃果「海未ちゃん何飲んでるの?」
海未「ああ、これですか? 先ほど購買で買ってきたミルクティーです」
穂乃果「一口ちょーだい」
ことり「私も飲みたーいっ」
海未「いいですよ。水分補給は大切ですからね」
穂乃果「ありがとー」
ことり「ストロー……関節」
穂乃果「はっ……大切にしなきゃ」
ことり「うん」
海未(あ、置いたままとってもらうのではなく、手で渡した方がよかったかも……)
海未「すみません、直接がよかったですよね」
ことり「!?」
穂乃果「げほっ!」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406283127
2:
海未「だ、大丈夫ですか穂乃果!?」
穂乃果「う、海未ちゃん急になんてことを……」
ことり(始まった……海未ちゃんの自覚のない悪意が!)
海未「?」
穂乃果「あぁ……せっかくくれたミルクティーが零れちゃった」
海未「大丈夫ですよ。それより口元を拭いてください」
穂乃果「ありがとう海未ちゃん」
穂乃果(ふふん、海未ちゃんのハンカチゲット!)
ことり(穂乃果ちゃん気を付けて!)
穂乃果「よし、拭けた。これは洗って返すね」
海未「ダメじゃないですか。全然ですよ」
穂乃果「え? そうかな?」
穂乃果(フフフ、ことり隊員、こうすれば海未ちゃんに拭いてもらうことができるのだよ!)
ことり(穂乃果ちゃん、笑ってる場合じゃないよ!)
海未「もう、ちゃんとしていないと……あなたは素敵なんですから、しっかりしていないと魅力が半減しますよ」
穂乃果「」
3:
穂乃果(す、すてきって言われた)
海未「どうしました? 顔が赤いし……それに頬が緩んでいますよ?」
海未(あ、もしかして熱?)
海未「どれどれ、少しおでこを貸してください」
穂乃果(海未ちゃん近い!)
穂乃果「……だ、大丈夫だから、海未ちゃん離れて……」
海未「そうは見えませんが……あまり無理はしないでくださいね」
穂乃果「わかりました」
穂乃果「こ、ことりちゃん……今日も来ちゃったよ」
ことり「うん、やっぱり3人になると海未ちゃんは無自覚に私たちを……」
海未「あ、ことり。前髪にゴミが」
ことり「ひゃあっ!?」
海未「?」
ことり(近い……海未ちゃんの無自覚が怖い!)
4:
海未「どうしたんですか? 2人ともどこか様子がおかしい気がします」
穂乃果「いやいや、そんなことないよ!」
穂乃果(くっ……いつもなら抱き着いたりできるけど……)
ことり(この3人だけになると途端に距離を詰めてくる……)
海未「本当ですか?」
ことり「本当だよっ!」
海未「ふむ……」
海未(普段なら2人とも、私に甘えてくるのに)
海未(……何か悩み事でしょうか)
海未「2人とも、私でよければ相談に乗りますよ」
海未「あ、たしか好きな人がいるとか言っていましたね」
ことり(それは海未ちゃんのことだよ!)
穂乃果(海未ちゃん全然気づかないんだから……しかもこういう時だけ鋭いし)
5:
海未(うーん、やはりこの生徒会室に来ると2人の様子が変になる)
海未(生徒会の仕事をやりたくない、ということでしょうか? うーん……)
穂乃果(ああ、μ'sのみんながいればアタックできるのに……)
ことり(なんで3人になるとこうストレートに……)
海未「生徒会の仕事が嫌なんですか?」
穂乃果「えっ」
海未「今日は私がやっておきますから」
ことり「い、嫌なんかじゃないよっ!」
穂乃果(海未ちゃんと一緒にいられる時間減るし)
ことり(海未ちゃんと仕事できるし)
海未(生徒会の仕事の悩みではない……ではどういうことでしょうか)
7:
穂乃果「そ、そうだ! 今日はもう練習に顔出そうよ」
穂乃果(過去の経験から考えると、穂乃果たちの身が持たない)
ことり(押すのは得意だけど押されるのに滅法弱い私たちにとって、この閉鎖空間で海未ちゃんが積極的になるのはあまりにも危険……)
ことり(スキンシップをとればそれだけ近くで甘い言葉がささやかれることになるし……)
ことり「そうだね。今日は早めに行ってみるのもいいんじゃないかなぁ?」
海未(2人とも……練習に行きたがっているということは……みんなとの時間を大切にしたいということ)
海未(……3年生の卒業に対する不安! それに違いない!)
海未「穂乃果、ことり。こちらに来てください」
穂乃果「え?」
ことり「なに?」
海未「不安ですか?」
穂乃果(海未ちゃんに今から何されるかがね)
ことり(海未ちゃんが無自覚なのがね)
8:
海未「大丈夫です。私たちはずっと一緒です」
穂乃果「う、海未ちゃん?」
ことり「な、何をするの?」
海未「2人が不安にならないように……えいっ」
ことり「!?」
穂乃果「はうっ」
海未「私がこうして、できる限り不安をなくしてあげます」
海未(2人は私に抱き着くと幸せになる、なんて言っていましたから……)
ことり(抱きしめられた)
穂乃果(死んだ)
海未「どうですか? 少しは効きましたか?」
穂乃果「ええもうばっちりと」
ことり「うん、海未ちゃんのおかげでね」
9:
海未「それはよかったです。ふふっ、うれしいです」
海未(2人の力になれました)
穂乃果(耳元で笑い声が……)
穂乃果「もう私は……ダメ……」
ことり(穂乃果ちゃんがやられた)
海未(もっと何か、2人を安心させることができるような……)
海未「私は2人のことが好きですよ。愛しています」
穂乃果「ぐふっ」
ことり「えぇっ!? う、海未ちゃんそれは……」
ことり(オーバーキルだよぉ!)
10:
絵里「で、何? 海未の天然を治してほしいって?」
穂乃果「はい」
希「んー? でも2人とも海未ちゃんにべったりやん」
ことり「真正面から好意を向けられるのに慣れてないんです」
にこ「とんだヘタレね」
穂乃果「ごもっともです!」
ことり「でもこのままじゃ心臓が持ちません……」
絵里「重症ねー」
希「そうやねぇ。幼馴染も大変やなぁ」
11:
凛「なになにー? 何の話してるの?」
にこ「海未が幼馴染キラーだって話よ」
真姫「何よそれ」
穂乃果「ひどい! 他人事だと思ってぇ!」
真姫「い、いや、別にそんな風には……」
ことり「海未ちゃんが私たちをね、ドキドキさせてキラーなの」
花陽「ど、どういう意味?」
絵里「で、その海未はどうしたの?」
穂乃果「逃げてきました」
絵里「えっ」
ことり「耐えられずに……」
にこ「……海未はどんだけなのよ」
12:
穂乃果「にこちゃんも体験してみればわかるよ……あの分け隔てない優しさは……」
ことり「もうなんかね……生徒会室に入るたびにドキドキしちゃって」
真姫「私たちの前では、穂乃果たちが海未に積極的じゃない?」
穂乃果「だからこそだよ!」
花陽「そうなの?」
ことり「きっと海未ちゃんは自分に頼ってほしいんだよ……それと私たちには気兼ねなくなんでも言うから」
希「へぇ……海未ちゃん頼ってほしいんや」
花陽「でもそれ、海未ちゃんらしいかも」
凛「うんうん。でもそれって凛たち、気を遣われてるってことになるの?」
絵里「ん、そうね」
穂乃果「それは違うよ。穂乃果たちには積極的にプライベートな話をしてきやすいってだけで……」
ことり「みんなの前では私たちのそういう話を聞かれたくないだろうから、ってあんまり話さないの」
にこ「へー」
穂乃果「その優しさがもう、ね……」
ことり「たまらないよね……」
凛「の、ノロケにゃ!」
13:
真姫「好きなら好きって言っちゃえばいいのに」
穂乃果「そんなこと言ったら海未ちゃん困っちゃうよ」
ことり「うんうん。困った顔もかわいいんだけどね」
穂乃果「ねー」
絵里「ああ、平常運転に戻ったわね」
花陽「ふふふ、そうかも」
希「でもほら、海未ちゃん待ってるんやろ?」
穂乃果「……うん」
ことり「私たちのせいで、ね……」
希「あ、ごめん」
にこ「ともかく海未に話してみたら? 発言を慎めとかなんとか」
穂乃果「そ、そんな!」
ことり「海未ちゃんの言葉が聞けなくなるのは嫌だよぉ」
にこ「……なるほど」
14:
絵里「刺激が強すぎるってわけね」
穂乃果「そういうこと!」
希「うーん、でも海未ちゃんやし……」
花陽「うん、海未ちゃんだし……」
真姫「そうね、海未だし」
ことり「え? みんな何か心当たりがあるの?」
希「いやぁ、前に海未ちゃんに、タロットので自分への占いが当たらなくなってきたーって言ったんよ」
絵里「そしたら?」
希「すごく真剣な顔で――――――――
「希の未来は未知数ですからね、占えないこともあるでしょう」
「ですが何があっても、私はあなたの味方ですよ。だから困ったときは迷わず頼ってください」
――――――――って」
にこ「なっ……」
凛「……凛はかよちんというものがありながら不覚にもキュンと来ちゃったにゃ」
15:
希「ウチも何て返せばいいかわからなくなって……」
絵里「あー……海未、そういうこと言いそうね」
穂乃果「いいなぁ……」
ことり「でもそんなこと言われたら意識を保ってる自信がないよ」
希「うん、ウチもドキッとしたし」
にこ「花陽も何か心当たりあったみたいだけど」
花陽「うん、私もちょっと太っちゃったかもしれないって思った時に、海未ちゃんに相談したの」
凛「それでそれで?」
花陽「うん、まっすぐ私の目を見てね――――――――
「そんなことありませんよ。花陽は素敵な女の子です。私が保証します」
――――――――って言って、続けざまに私のほっぺに手をあてて――――――――
「それに私は、花陽の頬は柔らかくて好きですよ」
――――――――って……」
真姫「……強いわね」
絵里「ええ、手強いわ」
16:
にこ「……何? ラブコメの主人公なの?」
穂乃果「そういう意見も穂乃果たちのクラスでは出てるよ」
ことり「うんっ」
希「被害者はウチだけやなかったんやなぁ。それで、真姫ちゃんは?」
真姫「私? 私はちょっと作曲で手間取ってた時に話しかけられて――――――――
「真姫、すべてをあなたが背負う必要はありませんよ」
「私が手伝いましょう。ふふふ、私だってピアノは弾けるんです」
「えー……これが……ド!」
――――――――なんて言って、ラの音を鳴らしたわ」
真姫「その後顔を真っ赤にしてレを鳴らしたのよ」
凛「かわいい」
絵里「かわいい」
19:
穂乃果「ね、かわいいでしょ!」
ことり「そのくせかっこいいんだよ! 反則だよねっ!」
にこ「今までそう思ってはなかったけど、3人の話を聞くとそう思えてくるわね……」
絵里「そうね……でもこのまま放っておくとみんな海未にやられてしまいかねないわ」
凛「凛はもうかなりやられちゃったよ」
希「あとはにこっちとえりちだけやね」
にこ「え、そういうシステムなの?」
絵里「いや、私に聞かれても」
穂乃果「一緒に海未ちゃんに惚れてしまえば、世界は平和になるよ」
ことり「幼馴染の私たちが言うんだから間違いないよ!」
絵里「ちょ、それ宗教みたいなんだけど!」
にこ「海未教……それとも園田教?」
ことり「ラブアロー教かな」
凛「わかりやすいにゃ」
にこ「身内ネタじゃない、それ」
21:
海未(……穂乃果たち、お手洗い長いですね)
海未(お腹が痛かったのでしょうか……だからあんなにふらふらとしていたのでしょうか)
海未(長い間拘束して、悪いことをしましたね)
海未「はぁ……」
海未(私って鈍感なんですね……穂乃果たちにもよく言われますし)
にこ「海未ー、いるー?」
絵里「おじゃましまーす」
海未「あれ? 絵里? にこ?」
にこ「ちょっとお話があってきたのよ」
にこ(相談があるって言えば海未のそういうとこが見られるって言ってたけど……本当かしら?)
絵里(海未を騙すみたいで気が引けるけど、穂乃果たち引き下がってくれそうにないしね)
絵里「ちょっと相談があるのよ。ね、にこ」
にこ「ええ。そういうこと」
海未(相談……)
22:
海未「少し待ってください」
にこ「え?」
絵里(海未が手に持ってるのって……会議中のプレートよね。あんなの1度も使ったことなかったけど……)
海未「……これでよし。誰かに聞かれるとまずいでしょう?」
にこ(せ、先手を取られた)
絵里(なるほど。気遣いはさすがね)
海未「どうぞ、座ってください」
にこ「はーい」
絵里「では失礼して」
海未「あ、こちらに来てください」
にこ「え?」
海未「傍にいた方が心強いかと思いまして。どうぞ、こちらに」
にこ「ああ、そういうこと」
にこ(くっ)
絵里(……にこ、顔赤い)
23:
海未「さあさあ」
絵里「ほら、にこ」
にこ「わかってる……」
海未「お茶も用意しますね」
絵里「あ、お構いなく」
海未「いえいえ。余っていますから」
にこ(まだ内容も聞いてないのに何でそんなに張り切ってるのよ……ちょっとかわいいじゃない)
海未(私を頼りに来てくれるなんて……これは期待に応えないと!)
海未「自慢ではありませんが、私に相談してくれた人はみんな、解決したと言ってくれるんですよ」
海未「なぜか顔は真っ赤になっているんですけどね……」
絵里(それはあなたのせいよ……)
にこ(これが無自覚か……)
24:
海未「それで、内容はなんでしょうか」
にこ「じゃあ私から先に言うわね」
絵里「うん」
にこ(相談……何かあったかしら……あ)
にこ「身長が伸びないの」
絵里(ええっ!? そういう方面なの!? 気持ちとかじゃなくて……?)
海未「身長が伸びない、ですか……」
絵里(う、海未もまじめに取り合ってるし……)
海未「私はそれでもかまわないと思いますけどね」
にこ「えっ」
絵里(か、解決してない)
25:
にこ「なんでよ! 問題があるから相談してるって言うのに!」
海未「ふふ。だってにこの素晴らしさは、その小さな体で頑張っているところにあるんですよ」
にこ「……え」
海未「あなたは小さくたって存在感があります。それに強いです」
海未「そのギャップが、にこの素晴らしさを引き立てて……その体にぎゅっと凝縮されているんです」
海未「だから、そんな身体的な悩みすら、知らないうちに自分の魅力にしてしまうあなたに、私は憧れますよ」
にこ「……そ、そう……そんな見方もあるのね」
海未「はいっ!」
にこ「うん、ちょっと私は……お手洗いに行ってくるわ」
海未「はい。わかりました」
にこ(……ちょっと感動しちゃったじゃないの)
絵里(にこがやられた)
27:
海未「次は絵里の番ですよ」
絵里「そうね」
絵里(……私も、ちゃんと相談してみましょう)
絵里「私はね、もうすぐ卒業しちゃうでしょ?」
海未「はい」
絵里「だから、私はみんなに何か残せたのかなぁって……」
海未「絵里!」
絵里「うわぁ!? な、何?」
海未「なぜあなたはもう、終わってしまったように言うんですか」
絵里「……え?」
海未「学院の生活が終わっても、私たちの交流は途切れませんよ」
絵里「あ……」
28:
海未「残すとか残さないとか、私たちはそんな関係ではないでしょう?」
海未「もっと対等で、同じ仲間ではありませんか」
海未「先輩をなくしたあの日から、私たちは同じ場所に立っていたのではありませんか?」
絵里「……海未」
海未「そんな悲しいことを言わないでください……」
絵里「そうね……ごめんなさい」
海未(絵里がこんなことを抱えていたなんて……私が気付くことができていれば)
海未「絵里、大丈夫です。私たちは一緒です」
絵里「そうよね。ありがとう、ちょっと……吹っ切れたかも」
海未「ええ、よかったです」
海未(……私はもっと、みんなに目を向けないといけません)
29:
穂乃果「おはよう海未ちゃん!」
ことり「おはよっ」
海未「おはようございます2人とも」
海未「……」
穂乃果「っぅえ!? う、海未ちゃん!?」
ことり「な、なんで抱きしめるの!?」
海未「2人には不安を抱えてほしくないですから。こうすると落ち着くと言っていたでしょう?」
ことり「そ、それは……」
穂乃果「お、落ち着きます!」
海未「はい、悩んでいたらすぐ相談してくださいね」
30:
海未「真姫」
真姫「あら海未。どうしたの? まだ休み時間始まったばかりじゃない」
海未「真姫、大事な話があります」
真姫「えっ、ちょ、ここで?」
海未「はい。あなたには聞いてほしくて……大切な人ですから」
真姫「み、見てるから! みんな見てる! ……って何で手を握るのよ!」
海未「1人で悩まないでくださいね。私がついています」
真姫「わ、わかった。わかったからぁ!」
31:
海未「花陽、凛」
凛「あ、海未ちゃん」
花陽「どうしたの?」
海未「2人には私がついています。困った時があったら頼ってくださいね」
凛「う、海未ちゃんなんで……」
花陽「な、なんで手を繋ぐの?」
海未「あ、すみません。迷惑でしたか……」
凛「ち、違うよ、そんなことないにゃ」
花陽「うん、嫌じゃないよ」
海未「よかったです……私も2人のことが好きですよ」
凛「にゃっ!?」
花陽「えっ……ええっ!?」
32:
海未「希」
希「はいはい、ウチに何か用?」
海未「また占えなくなったら、私を頼ってください」
希「おお、海未ちゃん頼もしいなぁ」
海未「はい。希の未来は私の未来でもありますから」
希「えっ!? う、海未ちゃんそれどういう意味!?」
海未「言葉通りの意味ですよ」
希「え、えええええ!?」
33:
にこ「ねぇ絵里」
絵里「なにー?」
にこ「海未が今、愛を振りまいてるって」
絵里「ああ、私のところにもメールが来たわ」
にこ「……ラブアロー教、悪くないかもね」
絵里「あ、同じこと考えてたわね」
にこ「まあね」
海未「にこ! 絵里! ここにいましたか!」
絵里「あ、来たわよ」
にこ「さーて、なんて言ってくれるのかしら」
海未「2人とも、愛しています!」
絵里「ちょっ、え!?」
にこ「……最初から飛ばすわねー」
海未「え?」
    おわり
34:
海未ちゃん最近変態スレ多かったからついカッとなって立てた
後悔はしていない
35:
乙 天然たらし海未ちゃんもよかった
3

続き・詳細・画像をみる


花火大会来たんだが左前の奴多すぎワロタwwwwwwwww

【画像】現在のハーマイオニーwwwww

NHKで巨乳JKの水着キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

【地球オワタ(´;ω;`)】 NASAが緊急会見!「月面上に謎の人型兵器を発見した」 どうなるの俺ら・・

画像あり!お前らが持ってるイラっと来るGIFを貼ってこーぜwwwwwwwwwww

大韓民国は貧しい国だったのか〜実は文化的にも経済的にも先進国で豊かな国だった

back 削除依頼&連絡先