43最の独身女が婚活で憤り 「年収の低い男と結婚するくらいなら一生一人でいい」back

43最の独身女が婚活で憤り 「年収の低い男と結婚するくらいなら一生一人でいい」


続き・詳細・画像をみる

1:
「むかしむかし、男の人と女の人がいました。男の人は群れで山へ狩りに、女の人は川で洗濯したりごはんを作っていました。ところが女の人が、{自分たちにも男の人の仕事を選ぶ権利を与えろ}と言いました。男の人は優しいので、どうぞといって、自分たちの貴重な仕事なのに、同性の仲間を見捨てて能力のある女の人に群れに入ることを許しました。
男の人の下から2割の人は、女の人の上から2割の人よりも狩りの能力がありませんでした。当然、下から2割の男の人は、代わりに女の人の仕事をして、女の人が仕留めた獲物で食べないと生きてはいけません。
しかし女の人は裏切り、男の人を養いませんでした。そして男の人も、自分たちと同じ仲間なのに、無能の男の人を笑って見捨てました。
しかし神様はみていました。このような道理に反することを許すわけがありませんでした。男の人がどんどん仕事を失った結果、女の人もほとんど同じ数、結婚できなくなってしまったのです。
それどころかなわばりを一方的に女の人に浸食され獲物も減っていった男の人が、危機感から結婚をせず最低限の狩りで自炊して自分を守り、女の人を養わない人が増え、むしろ大半の狩りの能力のない女の人の方が貧乏になって、どんどん飢え死んでいきました。
次第に村は狩りに専念する女の人や、一方で狩りも結婚もできない無能の女の人だらけで子供を産める女の人がいなくなり、多くの能力のある男性と、ごく一部の優秀な女性、一部の男性に養われた女性だけが生き残り、ほとんど子供が生まれずほろびました。」
74

続き・詳細・画像をみる


外国では告白ってあまり無いらしいね

ン ィ テ ン レ バ

客「俺を待たせるな 先に搭乗させろ 係員の○○ムカつく」 → 係員「いやなら飛行機から降りてね^^」

【ロリコン犯罪予備軍を食止める最終兵器】記者「アニメオタクが犯罪に走らない為には、かつてのムラ社会のように近所同士で監視する事が必要」

旦那の家族と一緒に住んでみると皆めちゃくちゃ性格が悪かった。頭が狂いそうで体重が10キロ以上減った

テレポーテーションは20―25年後に可能となる

back 削除依頼&連絡先