海未「にこと一緒にいると、なんだか落ち着きます」にこ「えっ?」back

海未「にこと一緒にいると、なんだか落ち着きます」にこ「えっ?」


続き・詳細・画像をみる

1:
――――
生徒会室
海未「穂乃果。こちらの書類にも、目を通して頂けますか」
穂乃果「えーっ! まだあるのーっ!?」
海未「えーじゃありません。これ全部、お願いします」
穂乃果「ひどいよーっ! 海未ちゃんも少しは手伝ってよーっ!」
海未「手伝うのはあなたですっ! 私がほとんどやってるじゃないですかっ!」
ことり「あ、あの、私がやるから、大丈夫だよ?」
海未「ことりは穂乃果を甘やかしすぎですっ!」
穂乃果「うぅー。今日は穂むらのお手伝いしなきゃいけないのにー……」
海未「だったら早く終わらせることですね」
ことり「あ、あはは……」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405606454
2:
    
穂乃果「お、終わったぁーっ!」
海未「ご苦労様です。次はこちらをお願いします」
穂乃果「書類って無限にあるのっ!?」
ことり「あ、私、そろそろバイトが……」
穂乃果「わ、私も、そろそろ……」
海未「……いいですよ。行ってください」
穂乃果「えっ。いいの?」
海未「私が残って片付けておきますよ。二人とも、お疲れさまでした」
穂乃果「ありがとっ! 海未ちゃんやさしーっ!」
ことり「ご、ごめんね。ばいばい海未ちゃん」
バタン
海未「はぁ。全く穂乃果は、どうしていつもああなのでしょう……」
海未「……まあ、家のお手伝いなら仕方ないですね」
海未「さて、一人で頑張りますか」
3:
  
――――
屋上
にこ「にっこにっこにーっ! あなたのハートににこにこにーっ! 笑顔届ける」
真姫「ねえ、いつまでそれやってるの?」
にこ「ちょっとっ! 今撮影中なんだから、入ってくんじゃないわよっ!」
花陽「あ、あの……」
にこ「……ったく。次、花陽、やってみなさい」
花陽「えっ。や、やるんですか」
にこ「あんた前にノリノリで、私の真似してたじゃない」
花陽「で、でも流石に、カメラの前でやるのは……」
にこ「私はカメラの前でやってるんだけど?」
凛「凛はにこちゃんの真似してるかよちんも、好きだよー」
にこ「じゃああんた、やってみなさい」
凛「えっ。やだ」
にこ「あんたらねえ……っ!」
4:
 
真姫「顔怖いわよ、にこちゃん」
にこ「くっ……っ! まあいいわ。今日のところは解散にしましょう」
凛「はぁー。やっと帰れるよぉ。全く、付き合わされるこっちの身にもなってほしいにゃー」
にこ「あんた後輩よねっ!?」
花陽「ま、まあまあ」
真姫「いつまで言い争ってるのよー。帰るわよ」
にこ「ああ、私カメラ片付けてくるから、先帰ってていいわよ」
凛「えー。一緒に帰らないのー?」
にこ「1年生は1年生同士で帰ってなさい。それじゃあね」
バタン
凛「いやー。にこちゃんはやっぱり面白いにゃー」
真姫「からかって楽しんでるだけでしょ、凛は」
花陽「あ、あはは……」  
5:
 
――――
廊下
にこ「あんの後輩共には一度、立場の違いってもんを分からせた方がよさそうね……」
にこ「舐めてるとしか思ないわ。全く……」
にこ「……まあ、いいけどね。そういうのが楽しくて絡んでるとこもあるし」
にこ「しっかしそれ以上に、疲れんのよね……。たまには一人で帰ろうかしら」
にこ「……やっぱ寂しいから、穂乃果たちと帰ろう」
にこ「生徒会室、明かりついてるわね。まだいるみたい」
コンコン
「どうぞー」
にこ「失礼しまーす」
ガチャッ
6:
にこ「……あれ?」
海未「……? にこですか。どうしたんですか?」
にこ「いや……。海未ちゃん一人?」
海未「そうですが……」
にこ「……」
にこ「いや、特に用があったわけじゃないんだけどね。あんたらと一緒に帰ろうかなー、と思って」
海未「はぁ……。ですが穂乃果とことりは、先に帰ってしまいましたよ」
にこ「みたいね……。海未ちゃんは、帰らないの?」
海未「私は見ての通り、仕事があるので……」
にこ「大変そうね……。何か手伝えること、ある?」
海未「ふふっ。大丈夫ですよ。気持ちだけ頂きます」
にこ「そ、そう……。じゃあ邪魔しちゃ悪いし、帰ろうかしら」
海未「あっ……」
にこ「えっ?」
7:
海未「いえ。実はちょうど休憩しようと思ってたところなんです。よければ話し相手に、なってくれませんか?」
にこ「ああ、そうなの? まあ私でよければ……」
海未「ありがとうございます」
にこ「えっと……」
にこ(そういや海未ちゃんと二人っきりになることって、滅多にないのよね……。いつも穂乃果かことりといるし)
にこ(……ていうか、なに話せばいいんだろ。海未ちゃんってそんなに自分から話すタイプじゃないし……。こっちから話題、振るべきよね)
にこ「……生徒会の仕事って、どう? やっぱり大変?」
海未「え? ああ……。正直、かなり大変ですね。まだ慣れてないからかもしれませんが」
にこ「ふーん。そこの書類とか、すごい量よね」
海未「これは本来、穂乃果がやるはずだったんですがね……」
にこ「あ、そう……。本当、だらしないわね。あいつは」
海未「そ、そうっ! そうなんですよっ! だらしないんですよっ! 穂乃果はっ!」
にこ(……あれ?)
9:
海未「というか穂乃果は、だらけすぎなんですよっ! 最近は特に酷いですっ!」
にこ「そ、そうなの?」
海未「生徒会の仕事なんて、私やことりがほとんどやってるんですよっ!?」
にこ「それは酷いわね……」
海未「大体、穂乃果には生徒会長としての自覚が足りてませんっ! これでは推薦して頂いた絵里に、顔向けできませんよっ!」
にこ「う、うん」
にこ(なんかスイッチ入っちゃった……?)
海未「今日は家の手伝いということで見逃しましたが、そもそも昼間からちゃんと仕事をこなしていれば、こんな遅くまで残っている必要もなかったんですっ!」
海未「全く、こちらの身にもなってほしいですっ! ねえっ!?」
にこ「そ、そうね……」
にこ(穂乃果のこととなると、人が変わるなぁ……)
12:
       
海未「――あっ、す、すいません……。つい、熱くなってしまいました……」
にこ「別に。いいわよ」
海未「なんてはしたない……。これじゃあまるで、愚痴みたいじゃないですか……」
にこ「愚痴でしかなかったけど……」
海未「あの、今度はにこの話を聞かせてくれませんか?」
にこ「えっ? わ、私?」
海未「はい。私はなんかもう、スッキリしたので」
にこ(よっぽどストレス溜まってたのね)
にこ「私の話っていってもね……」
海未「そういえばにこは、どうしてこんな遅くまで学校に? 今日は練習は休みだったはずですが」
にこ「ああ……。ちょっと、1年生たちとね」
海未「なるほど。にこはあの3人と、とっても仲良しですもんね」
にこ「……まあ、悪くはないけど。でもそこまで、仲良いかしら」
海未「仲良いじゃないですか。だっていつも凛たちと遊んでる時のにこは、すごく楽しそうですよ?」
にこ「なっ! と、とんでもないっ!」
海未「え?」
13:
    
にこ「楽しそうになんてしてないわよっ! むしろあいつらには、イライラさせられっぱなしなんだからっ!」
海未「そうですか……? そうは見えませんが……」
にこ「今日だって、せっかくこのにこにーが指導してやろうっていうのに、あいつら全然真面目にやろうとしないんだものっ!」
海未「そ、そうなんですか」
にこ「凛なんか特に酷いわっ! あれが先輩に対する態度っ!? ねえっ!」
海未「私は見てないのでわかりませんが……」
にこ「本当一回、ガツンと言ってやろうかしら」
海未「凛からしたら多分、にこは先輩というより、仲の良い同級生って感じなんじゃないですか?」
にこ「それって私に、威厳がないってことよね……」
海未「接しやすいということですよ。なんでも気兼ねなく話ができてしまうといいますか」
にこ「……接しやすい、か」
海未「ええ。私もこうしてにこと話してると、そう感じます」
にこ「えっ。そ、そう?」
15:
     
海未「つい何でも話したくなっちゃうんですよ。にこといると」
にこ「さっきの愚痴とかもそういうこと?」
海未「あ、あれは忘れてください……」
にこ「ふーん……。まさかあんたに、そんなこと言われるとはね」
海未「ですから凛も本当はにこのことが、大好きなんだと思いますよ」
にこ「どうかしらねー」
海未「はは……」
にこ「ま、私もあんたに話したらスッキリしたわ。ありがと」
海未「いえ……。にこも随分、ストレスが溜まってたんですね」
にこ(『も』ってことは、やっぱりあんたもなのね)
にこ「お互い苦労するわね……」
海未「そうですね……」
にこ(……もしかして意外と、私と海未ちゃんって、似てたり?)
16:
    
にこ(と思ったけど、別にそうでもないわね)
にこ(ていうか、どこが似てるのよ。まず性格からして正反対でしょ、私と海未ちゃんとじゃ)
海未「にこと私って意外と、似てるのかもしれませんね」
にこ「えっ!?」ドキッ
海未「えっ。ど、どうしたんですか」
にこ「い、いやぁ、別に……。あはは、そ、そう? 似てる?」
海未「はい……。今なんとなく、思っただけなんですけど」
にこ「に、似てないでしょ……。性格だって全然、違うじゃない」
海未「……確かにそうですね。私はにこみたいに活発なタイプじゃありませんし」
にこ「はは……」
にこ(ビックリした……。まさか同じこと考えてたなんて)
17:
    
海未「ところで、凛たちにしようとしていた『指導』というのは、一体?」
にこ「ああ。いつものアレよ」
海未「いつものアレ?」
にこ「だから……」
にこ(……海未ちゃんと二人きりだと、なんとなくやり辛いわね……)
にこ「に、にっこにっこにーってヤツよ」
海未「ああ、なるほど。それを1年生に、教えようとしてたわけですか」
にこ「まあ、そんなとこよ」
海未「ですが、断られてしまったと」
にこ「断られたというか……。まあ、そうね」
海未「……わ、私でよければ」
にこ「えっ?」
海未「私でよければ、お付き合い致しましょうか……?」
にこ「……は?」
18:
      
にこ「ちょ、えっ? なに言ってんの?」
海未「あ、あの、私もそういうの、覚えたいですし……。できればにこに、ご指導願いたいと」
にこ「いやいやっ! 嘘つきなさいよっ! あんたそういうの、恥ずかしがって絶対にやらないでしょっ!?」
海未「いえ……。実は常日頃から、やってみたいとは思ってたんです」
にこ「嘘つきなさいってっ!」
海未「う、嘘じゃないですっ!」
にこ「……じゃあ、やってみる?」
海未「は、はい……っ!」
にこ「カメラ持ってくるから、ちょっと待ってて」
海未「撮るんですかっ!?」
にこ「やっぱり恥ずかしいんじゃない」
海未「いえっ! 恥ずかしくありませんっ! どうぞカメラでもなんでも、持ってきてくださいっ!」
にこ「持ってこないわよ……。じゃあ今から私がやるから、ちゃんとついてきなさいよ」
海未「……」ゴクリ
19:
      
にこ(……結局、やることになるわけね)
にこ「……」スゥ、ハァ……
にこ「にっこにっこにー! あなたのハートににこにこにー! 笑顔届ける矢澤にこにこー! にこにーって覚えてラブにこー♪ ああっ! ダメダメダメぇーっ! にこにーは、みーんなのも・のっ♪」
海未「に、にっこにっこ、にぃー! あ、あなたのハートに、うぅ、にこにこ、にーっ! え、えがお、とどける、うぅ、ぁあ……」
にこ「全然ダメじゃないっ!」
海未「す、すいません、も、もう一度、お願いします……っ!」
にこ「いやいや……って、うわぁっ!? あ、あんた顔、真っ赤じゃないっ!!」
海未「そ、そんなことないですっ! ぜ、全然恥ずかしくなんて、ないですっ!」
にこ「無理しなくていいからっ! 見てるこっちが辛いってのっ!」 
海未「う、うぅ、ご、ごめんなさいぃ……」
にこ「あ、謝んなくていいから。なんなのよ、もう……」
にこ(本気でやった私まで恥ずかしいわ……)
20:
     
海未「ご、ごめんなさい、お役に立てなくて……」
にこ「は、はぁ? 役に立てなくて、ってなによ?」
海未「だってにこは、凛たちにせっかく指導しようと思ったのにそれを断られて、落ち込んでたんでしょう?」
にこ(落ち込んでたなんて言ったっけ、私……)
海未「そ、その、話に付き合って頂いてるのは私の方なので、なにかお礼ができないかと、思ったんですけど……」
にこ「お礼ってそんな、おおげさな……」
海未「や、やっぱり恥ずかしくて……っ! ごめんなさい、他に私にできることがあれば――」
にこ「いいわよっ! こっちだって愚痴聞いてもらったし、それでチャラよっ!」
海未「そう、ですか……?」
にこ「そうよ……。だから、なんというか……。慣れないこと、すんじゃないわよ」
海未「……」
海未「……ふふっ。にこは、優しいですね」クスッ
にこ「……」
にこ(……海未ちゃんって、こんなだったっけ?)
22:
    
にこ「優しいって、むしろあんたの方が……」
海未「はい?」
にこ「い、いや……。海未ちゃん、なんか普段とちょっと、違くない?」
海未「えっ……? 違い、ますか?」
にこ「なんか、妙に優しいというか……。ほら、練習中とか海未ちゃん、結構厳しいじゃない?」
海未「……練習中は厳しくしますよ。みんなには、上手くなってほしいですし」
にこ「私たちのためか……。まあ、そりゃそうよね」
海未「でも……」
にこ「えっ?」
海未「少し厳しくし過ぎ、でしょうか……? それなら明日からはもう少し、抑えようと思うのですが……」
にこ「あ、いや、別に平気よ。むしろ今ぐらいの方が、練習に身が入るってもんよ」
海未「そうですか? そう言ってもらえると、嬉しいです」
海未「ですが、辛い時はいつでも言ってくださいね。厳しくはしてますが、みんなに辛い思いをしてほしいわけじゃないんです」
にこ「うん……」
にこ(この海未ちゃん、なんか新鮮だなぁ……)
23:
     
にこ「海未ちゃんってちょっと怖いと思ってたけど、これは見識を改める必要がありそうね」
海未「怖いっ!? 私、怖いですかっ!?」
にこ「だって凛とか穂乃果がふざけたりすると、すぐ怒鳴るじゃない」
海未「そ、それは、ふざける方が悪いじゃないですか……」
にこ「うん。私もそう思う」
海未「怖い、ですか……」
にこ「まあ、練習中厳しいってのもそうだけど、怒ってるイメージが強かったのよ。今までは」
にこ(私も何度か怒られてるし)
海未「はぁ……」
にこ「いや、全然それでいいんだけどね。ただ、その普段の怖い海未ちゃんと比べると、今の海未ちゃんは……」
海未「やっぱり、キツく言い過ぎてる部分もあるのかもしれません……。少しふざけたくらいで……」
にこ(うわ、全然話聞いてない)
24:
    
にこ「別に気にしなくていいわよ。あいつらにはあれくらいが、ちょうどいいんだから」
海未「でもにこに、怖い思いをさせてしまってます……」
にこ(私の心配までしてるし)
にこ「平気よ。海未ちゃんは実は優しいってことが今日分かったから、もう怖くないわ。だからどんどん厳しくしちゃってよ」
海未「……」
海未「……にこは本当に、優しいですね。おかげで、元気が出ました」
にこ(だから優しいのは、あんたでしょうが)
海未「実は、ずっと悩んでたんですよ。みんなに厳しくし過ぎてないか、って……」
にこ「な、悩んでたんだ」
海未「怒鳴ったり叱ったりも、みんなのためを思ってしてることんですが……。それは逆効果なんじゃないかって、思ったりもして……」
にこ(真面目だなあ……)
海未「今日は、ありがとうございました。にこと話して、気持ちが楽になりましたよ」
にこ「別にー。いいわよそんなの」
にこ(海未ちゃんのこんな一面が知れただけでも、収穫だしね)
25:
    
にこ「結構長く話しちゃったわね。仕事、大丈夫?」
海未「あ、そうですね……。早くやらないと」
にこ「それじゃ私は、帰るわ。頑張ってね」
海未「はいっ。また明日、学校で」
にこ「うん。じゃあね」
海未「さようならっ」
バタン
にこ「……」
にこ(海未ちゃんって二人っきりになると、あんなに柔らかくなっちゃうのね……)
にこ(まあこんな風に二人だけで話す機会なんて滅多にないだろうし、もう今日みたいな海未ちゃんは見れないかもね)
にこ(明日からはまた、あの厳しい海未ちゃんか……。ちょっと、残念かも)
にこ(ま、みんなが知らない海未ちゃんの意外な一面を、このにこにーが独占できたってだけでも、気分が良いわ)
にこ(……それにしても)
にこ(ちょっと可愛かったわね。あの、優しい海未ちゃん……)
38:
    
――――
翌日
海未「ワンツーっ! ワンツーっ!」
ことり「はぁ、はぁっ」
凛「ふっ、はぁっ」
花陽「ぜぇ、ぜぇっ」
海未「花陽、遅れていますよっ!」
花陽「す、すいませんっ、はぁっ」
絵里「ふぅっ、はぁっ」
穂乃果「はぁっ、うっ、っとと……」
海未「穂乃果っ! リズムが乱れていますっ! 周りをよく見てっ!」
穂乃果「ご、ごめんっ」
にこ「はぁ、ふぅっ」
にこ(昨日の海未ちゃんとはまるで別人ね……)
39:
   
希「はぁ、はぁ……」
真姫「ふぅ、はぁ……」
海未「それでは休憩にしましょう。10分経ったら、すぐに再開します」
凛「えぇーっ!? ま、まだやるのーっ!?」
海未「当たり前です。ラブライブで優勝するためには、まだまだ練習を積む必要があるんですから」
にこ(厳しぃー……。でもやっぱりこれが、いつも通りの海未ちゃんなのよね)
穂乃果「つ、疲れたぁ……」
ことり「穂乃果ちゃん、お水だよ」
穂乃果「あ、ありがとぉ。ことりちゃん」
海未「穂乃果。あなたには特に練習が必要です。なので明日からは、朝も練習しましょう」
穂乃果「えーっ! あ、朝ーっ!?」
海未「えー、じゃありませんっ! もちろん私も付き合いますので、ビシバシいきますよっ!」
穂乃果「海未ちゃんの鬼ーっ!」
海未「だ、誰が鬼――」
にこ「誰が鬼よっ!!」
40:
  
海未「えっ?」
穂乃果「に、にこちゃん?」
にこ「海未ちゃんが、鬼ですってっ!? こんな優しい鬼が、どこにいるってのよっ!」
希「に、にこっち、どうしたん?」
にこ「どうしたもこうしたもないわよっ! いい、穂乃果っ!? 海未ちゃんはねぇ、あんたのためを思って、厳しくしてるのよっ!?」
穂乃果「え、えっと……」
にこ「本当は海未ちゃんだって、辛いのよっ!? 厳しくしたくてしてるわけじゃないのっ! だけど海未ちゃんは、私たちのためにっ!」
にこ「心優しい海未ちゃんは、私たちのためにこうして、厳しくしてくれてるのっ! 分かったら今言ったこと、撤回しなさいよっ!」
絵里「落ち着きなさい、にこ」
にこ「なによっ!」
穂乃果「あ、あのね、にこちゃん。別に私、本気で海未ちゃんのことを鬼だと言ってるわけじゃ……」
にこ「は、はぁっ!?」
穂乃果「私、知ってるよ? 海未ちゃんが本当は、優しいってことも……。私たちのことを思って厳しくしてくれてる、っていうのも……」
にこ「……」
41:
穂乃果「海未ちゃんはいつも怒鳴ってばっかりだけど、でも、すごく優しい時もあるんだよ」
海未「怒鳴ってばっかりなのは、あなたがだらしないからです」
穂乃果「そ、そうかなぁ?」
海未「そうですっ! 今日の昼休みだって、パンばっかり食べて、仕事全然しなかったじゃないですかっ!」
穂乃果「だって、パンがおいしくて……」
海未「関係ないですっ! いいですか、穂乃果っ! あなたはいつもいつも――」
凛「始まったにゃー」
真姫「これならもう少し、休憩できそうね」
希「にこっち、大丈夫?」
にこ「……あ、ああ、うん……。ごめん、いきなり怒鳴ったりして……」
絵里「……なにか、あったの?」
にこ「な、なにもないわよ」
にこ(……なんだ、穂乃果も知ってたんだ)
にこ(当たり前か。二人は、幼馴染なんだし……)
42:
ガミガミ ガミガミ
凛「相変わらずキツイにゃー、海未ちゃんの説教は」
花陽「穂乃果ちゃんには特に厳しいね、海未ちゃん……」
ことり「ちょっと、可愛そうかも……」
にこ「あれも、穂乃果のためなのよ。あんたたちには分からないでしょうけど」
真姫「なんでにこちゃんがそんな知った風な感じなの?」
にこ「い、いいじゃない、別に」
ガミガミ ガミガミ
にこ(……それにしても、昨日の海未ちゃんが嘘みたいだわ……。あれじゃ本当に、鬼みたいじゃない)
 
にこ(穂乃果もよく耐えられるわ……。ま、これも幼馴染だから、もう慣れちゃったってことなのかしら)
にこ(……でもやっぱり、昨日の優しい海未ちゃんの方が、私は好きかな……)
43:
――
海未「今日の練習は、ここまでとします。お疲れさまでした」
穂乃果「はぁー、疲れたぁー」
ことり「穂乃果ちゃん、汗びっしょりだねー」
穂乃果「ことりちゃんもだよぉ」
花陽「今日は本当に、疲れました……」
凛「それじゃ、かえろっかー」
海未「私は一度生徒会室に戻るので、先に行っててください」
希「えっ? なんで?」
海未「確認しておきたい書類があったのを思い出したので……」
穂乃果「そうなんだ。じゃあ私たち、外で待ってるねー」
真姫「これじゃどっちが生徒会長なのか分からないわね、本当に……」
にこ「……」
にこ「に、にこもちょっと、部室に忘れ物しちゃったかなぁー……」
真姫「えっ?」
46:
絵里「忘れ物……?」
海未「そうなんですか? じゃあせっかくなんで、一緒に行きましょうか」
にこ「そ、そうねっ! それがいいわっ!」
凛「あ、じゃあ凛も一緒にいくよー?」
にこ「なんでよっ!?」
凛「えっ。特に理由はないけど……」
にこ「じゃ、じゃあついて来なくていいわよ。あんたもみんなと一緒に外で待ってなさい」
凛「はぁい」
花陽「いこ、凛ちゃん」
凛「うんっ」
にこ「さ、さぁ海未ちゃん、私たちはこっちよ」
海未「ええ。まずは部室に寄りましょうか」
47:
――
部室
海未「それで、忘れ物と言うのは?」
にこ「あ、あぁ、えっと……」
にこ(……海未ちゃんと二人きりになれるチャンスだったから、咄嗟に嘘ついちゃったわ……)
にこ(ていうかなんで私、積極的に海未ちゃんと二人きりになろうとしてるのよ……)
にこ「あ、あーこれ、このDVD、そろそろ家に持って帰ろうと思ってたのよー」
海未「なるほど。DVDですか」
にこ「さて、次は生徒会室ね。行きましょ」
海未「はい。ところで、にこ」
にこ「え?」
海未「また二人きりに、なっちゃいましたね」
にこ「えぇっ!?」ドキ
にこ(な、なんてタイミングでなんてこと言うのよっ!)
48:
   
にこ「べ、別に海未ちゃんと二人っきりになりたくて、忘れ物とか言いだしたんじゃないからねっ!?」
海未「えっ。は、はぁ」
にこ「ほ、ほんとだからっ! 勘違いしないでよっ!?」
海未「……」
にこ(あ、やばい……。変なこと言っちゃった……。すごい困ってるじゃない、海未ちゃん……)
海未「……にこは」
にこ「えっ?」
海未「私と二人っきりになるの、嫌ですか……?」
にこ「……」
にこ「な、なに言いだすのよ」
海未「私は、その……。にことまたこうして二人っきりになれて、嬉しいのですが……」
にこ「……えっ?」
49:
     
にこ「ど、どういうこと……?」
海未「ですから昨日、にこと二人で話した時、すごく楽しかったので……」
海未「今日もまた二人だけで話せるのが、嬉しいというか……その……」
にこ「な、なによそれっ! そんなこと言われたら、て、照れるじゃない」
海未「ご、ごめんなさい……。でも、本当にそう思ったので……」
にこ(こ、これ、これよ……。この海未ちゃんが、見たかったのよっ! だからわざわざ嘘ついてまで、二人っきりになったのよっ!)
海未「でも、にこは私と二人っきりになるの、嫌なんですよね……?」
にこ「えっ!?」
海未「そ、そうですよね。昨日のことを除けば、あまりこうして二人になることも、今までなかったですし……」
海未「その、急ぎましょうか。みんなも待ってますし」
にこ「そ、そんなことないっ!」
海未「えっ……?」
50:
    
にこ「海未ちゃんと二人でいるの、嫌じゃない……。私も昨日は、楽しかったから……」
にこ「だから私も、嬉しい……よ。も、もうちょっと話したいから、ゆっくり行こう?」
海未「……ほ、ほんとですか?」
にこ「本当……」
海未「そうですか……。にこも、そう思ってくれてたんですね……。それなら、よかったです」
にこ(な、なんなのよ。こんなこと言うつもりじゃ、なかったのに……)
海未「ふふっ。それじゃあみんなには悪いですけど、もう少しだけゆっくり行きましょうか」
にこ「そ、そうね」
にこ(今の『ふふっ』っていうの、ちょっと可愛かった……)
海未「それにしても、今までほとんどそういった機会がなかったのに、二日連続で二人っきりになるなんて……。すごい偶然ですね」
にこ「別に。そんなすごいことでもないでしょ」
にこ(偶然でもないけどね)
51:
にこ「しっかし今日は疲れたわー。ガッツリ練習だったし」
海未「そうですね。いつもより練習メニューをハードにしましたから……。明日からもきっと、こんな感じですよ」
にこ「キツイけど……。でも予選はA-RISEと当たるわけだから、頑張っていかないとね」
海未「にこは強いですね。穂乃果にも、見習ってほしいです」
にこ(穂乃果……)
にこ「まああいつはあいつなりに、頑張ってるじゃない」
海未「そうですけど……。でも、いつもどこか気が緩んでるというか……」
にこ「うーん」
海未「危機感がないんですよ。予選でA-RISEと当たるということが、どういうことか分かってないんです」
にこ「そ、そう……」
海未「思えば穂乃果はいつもそうです。例えば、定期試験なんかの時も……」
にこ(いつの間にかまたスイッチ入っちゃったな……)
52:
海未「ギリギリになってから私やことりに泣きついてくるんですよっ! だったらもっと早くから勉強すればいいじゃないですかっ!」
にこ(怒ってるなぁ……)
海未「昔からずっとそうなんですよ、穂乃果はっ! いくら説教しても、ぜんっぜん怠け癖が治らないんですっ!」
にこ(怒ってはいるけど、それでも穂乃果を見捨てないのが、海未ちゃんの優しいところよね)
海未「ことりは穂乃果に甘いですし……。やっぱり私が説教するしか、ないのでしょうけど……」
にこ「あの、もう生徒会室着いたけど……」
海未「えっ……? あ、あぁっ!」
にこ「海未ちゃん?」
海未「ご、ごめんなさいっ! ま、また私、愚痴を……っ!」
にこ「あ、ああ。いいって、別に」
海未「せっかくまた二人きりになれたのに、私ばっかり喋って……っ!」
にこ「い、いいから。愚痴ぐらいいくらでも聞くわよ」
にこ(ていうか『せっかく二人きりになれたのに』とか、よく言えるわね……。漫画じゃないんだから)
53:
   
海未「ごめんなさい……っ!」
にこ(めちゃくちゃ謝るわね……。屋上にいたあの鬼みたいな海未ちゃんとの、ギャップがすごいわ)
にこ(まあ、それが見たかったんだけど)
海未「お、お詫びに、にっこにっこにーってやりますっ!」
にこ「お詫びでやってほしくないんだけど……」
海未「うぅ……」
にこ「それより、書類は?」
海未「あ、は、はい……。これです……。今確認したので、大丈夫です……」
にこ「じゃあ、帰りましょうか。みんなも待ってるし」
にこ(今日はもう、満足だわ)
にこ(……と言っても流石に明日以降はもう、二人きりになる機会もないだろうけど……)
海未「……あ、あの」
にこ「え?」
海未「もう少しだけ……。ここに、いませんか?」
にこ「……」
にこ(上目、遣い……っ!?)
55:
     
にこ(ちょ、えっ!? な、なにこれ、えっ!?)
海未「にこがよければ、ですけど……」
にこ(私、ここまでは求めてないわよっ!? ただ普段と違う海未ちゃんが見れれば、いいと思って……)
海未「だ、ダメ、でしょうか……?」
にこ(こんなの、普段と違うどころじゃないでしょっ! この子本当に、海未ちゃんっ!?)
海未「……にこ?」
にこ「だぁーっ! だぁめじゃないわよっ!? だめじゃないけどっ!」
海未「そ、そうですかっ! なら」
にこ「で、でも、なんでよっ!? 私はべつにいいけど、でもなんでっ!?」
海未「は、はい……。昨日みたいに、にこの愚痴も聞こうかと……。それで、チャラなんですよね?」
にこ「あ、ああ、そういうこと……。真面目ね、ほんと……」
にこ(いやぁ、とんでもないサプライズもあったもんね……)
56:
    
にこ「で、でもみんな待ってるし……。歩きながら話してもいいんじゃない?」
にこ(まあ、ここはこう言うのが自然よね……。本当は私ももう少しここにいたいんだけど……)
海未「穂乃果に先帰るようメールするので、大丈夫ですよ」
にこ「あ、そこまでする……?」
海未「ゆっくりお話したいので。とりあえず、座りましょうか」
にこ「う、うん」
にこ(そこまでして、私の愚痴に付き合ってくれるんだ……)
海未「あ、でもにこも、早く帰りたいですよね……。やっぱり――」
にこ「い、いや、大丈夫っ! それより愚痴を聞いてほしいなーっ!」
海未「は、はいっ! 聞きますよっ!」
にこ(ここあたちが待ってるから、早く帰りたいけど……。練習で遅くなるって伝えてあるし、少しくらいなら大丈夫よね……)
58:
   
――
数十分後……
にこ「つまりアイドルにとって一番大事なのは、『笑顔』だと、私は思うわけよ」
海未「なるほど。確かに笑顔は重要ですね」
にこ「みんなに笑顔を届けるのが、アイドルの使命なのよ。みんなに笑ってもらうためにはまず、私たちが最高の笑顔でパフォーマンスをしなきゃならないわけ」
海未「そうですね。まず私たちが笑顔じゃなくては、ならないんですよね」
にこ「そう。どんなに辛い時でも、苦しい時でも、お客さんの前では、笑顔じゃなきゃいけないの。だってそれが、使命なんだから」
海未「私たちの、使命……」
にこ(……いつの間にこんな話になったんだっけ)
にこ(確か最初は、μ'sでの私への扱いがどうとか、そもそも私が部長だってことをみんな忘れてるだとか、いろいろ愚痴ってたはずなんだけど……)
にこ(途中からなんか気持ちよくなっちゃって、気づいたら私独自のアイドル論を語ってたわ……)
にこ(ていうか今、何時だろ……。もう外、真っ暗じゃない)
59:
   
海未「最高の笑顔……。私は最高の笑顔を、作れているんでしょうか……」
にこ「そろそろ、帰ろっか。ごめんね、長くつき合わせちゃって」
海未「いえ、そもそも笑顔と言うのは、『作る』ものなのでしょうか? 『作られた』笑顔は、果たして最高の笑顔と呼べるのでしょうか?」
にこ「あ、あれ、海未ちゃん?」
海未「自然に零れる笑みこそが、最高だと呼べるのではないでしょうか。にこは、どう思います?」
にこ「えっ?」
海未「えっ?」
にこ「あ、ああ……。そうね。つまり、最高の笑顔っていうのは――」
にこ「にっこにっこにーっ!」ニコッ
にこ「これのことよ」
海未「な、なるほど……。やはり、それをマスターしなくてはならないと……」
にこ「そういうこと。それじゃ、帰りましょ」
海未「あ、もうこんな時間ですか」
にこ(……私の持論をここまで真剣に聞いてくれた人は、家族以外では初めてかも)
にこ(家族以外にここまで語ったのも……。初めてかもだけど)
60:
   
――
帰り道
テクテク
にこ(……まあ分かってはいたけど、穂乃果たちが先帰ったってことは、海未ちゃんと二人で帰る、ってことなのよね)
にこ(ここ二日間、レアな体験の連続だわ……)
海未「にこと一緒にいると、なんだか落ち着きます」
にこ「えっ?」
海未「にことこうして一緒にいると、その日の疲れが一気に癒されていくような……。そんな気が、するんです」
にこ「……な、なに言ってんのよ」
海未「本当ですよ?」
にこ「……」
にこ「海未ちゃんって、本当に優しいわよね……」
海未「はい?」
にこ「そんなこと、初めて言われたわよ……。ていうか多分、そんな風に私のことを思ってくれてる人、海未ちゃんぐらいしか……」
海未「それは違いますよ」
にこ「……違う?」
61:
    
海未「みんなもきっと、そう思ってるはずです。例えば凛や真姫、花陽なんかは、にこと一緒にいる時はいつも楽しそうです」
にこ「だからあいつらは、私を舐めてるだけで……」
海未「いいえ。そんなことはありません。口に出すのが恥ずかしいだけで、みんな心の中ではにこのことが、大好きなんです」
にこ「……海未ちゃんも?」
海未「えっ?」
にこ「海未ちゃんも私のこと、好き?」
海未「……ええ、もちろんです」
にこ「……」
海未「にことお話してると、とっても楽しいですし、時間を忘れてしまいますし……」
にこ「……私も海未ちゃんのこと、す……。嫌いじゃ、ないわよ。一緒にいて落ち着くっていうのも、同じ」
海未「本当ですか? 嬉しいです」ニコッ
にこ「……っ」
にこ(……なんか、胸が苦しい……。なんだろ、これ)
62:
    
にこ「……ねえ」
海未「はい?」
にこ「また、いつか……。たまにさ。こうして二人っきりで、帰ったりしない?」
海未「いいですね。その時はまた、私の愚痴を聞いてくださいね」
にこ「私のもね」
海未「ええ。その後はまた、色々な話を聞かせてください。アイドルのこととか……」
にこ「それなら海未ちゃんの話も、聞かせてよ。今日は結局、私ばっかり話ちゃってたじゃない」
海未「ふふっ。そうですね。にこが相手なら、なんでも話せそうな気がします」
にこ「あはは……。昨日の放課後までは私たち、こんな風に話すことなかったのに……」
海未「不思議ですね。にことはずっと前から、お友達だったような気さえ、します……」
にこ「……星、綺麗ね」
海未「ですね……」
68:
   
――――
数日後……
絵里「恋ね、それは」
にこ「……うそでしょ?」
絵里「間違いないわ」
にこ「こ、恋って……」
絵里「だって、そうとしか考えられないじゃない。その人のことを思うと、胸が苦しくなるんでしょ?」
にこ「そ、そうだけど……」
絵里「その人の姿を、つい目で追っちゃったり」
にこ「うん……」
絵里「その人と一緒にいると、ドキドキが止まらなかったり」
にこ「あるある……」
絵里「やっぱりそうよ。にこはその人に、恋をしてしまってるの。間違いないわ」
にこ「そ、そんな……」
絵里「認めたくないの?」
にこ「あ、当たり前じゃないっ!」
69:
    
にこ「この宇宙ナンバーワンアイドルにこにーが、恋愛なんて……。あってはならないわっ!」
絵里「そうなの?」
にこ「そうよっ! だってにこにーは、みーんなのも・の♪ なんだからっ!」
絵里「別にいいんじゃないかしら? にこが勝手に一人でそう言ってるだけなわけだし」
にこ「勝手に一人でとか言うんじゃないわよっ!」
絵里「アイドルなんてやってても、女の子であることに変わりはないんだし。恋愛ぐらい、してもいいと思うわよ」
にこ「な、なんか大人ね……。もしかして、そういう経験あるの?」
絵里「ないわよ?」
にこ「ないんだ……」
絵里「ただこんな感じの恋愛相談は、よく受けるわね」
にこ「ああ。それはなんとなく分かる気がするわ。あんた結構、頼りになるし」
絵里「えっ……」
にこ「なに?」
絵里「に、にこがそんな素直に私のことを褒めてくれるとは思わなかったから……。ビックリしちゃった」
にこ「……」
にこ(海未ちゃんの影響かな……)
70:
    
絵里「とにかく、好きなら思いきって告白してみたら? にこならきっと、大丈夫よ」
にこ「まあ? 確かに、にこにーみたいなパーフェクト美少女の告白なんて、既に大成功確定ではあるんだけどー? でも一つ、問題があるのよね」
絵里「ああ、性格」
にこ「パーフェクトっつってんでしょうがっ! そうじゃなくて、その……っ!」
絵里「……? 言い辛いこと?」
にこ「……ぜ、絶対引かないって、約束してくれる?」
絵里「絶対引かないわ」
にこ「本当かしら……」
絵里「本当よ。それに、私を信じてくれてるから、私に相談しにきたんでしょう?」
にこ(というより、知り合いの中で一番まともそうだったから、だけど)
にこ「……じゃあ、話すわよ」
絵里「ええ。どうぞ」
にこ「……」
にこ「……その相手って、女の子なのよ」
71:
   
絵里「……ふぅん」
にこ「い、意外と反応薄いわね」
絵里「まあ、なんとなく予想はついてたから」
にこ「えっ……!? なによそれ。なんで分かるのよ……?」
絵里「にこに男の子の知り合いがいるなんて、聞いたことないし。だったら、女の子かなーって」
にこ「いやいやっ! だったらって、女の子よっ!? 同性よっ!?」
絵里「分かってるわよ。女の子を、好きになっちゃったんでしょ?」
にこ「だからなんでそんな普通に受け入れてんのよっ! おかしいとは思わないのっ!?」
絵里「思わなくはないわ」
にこ「思ってるんじゃないっ!」
絵里「でもはっきりと『おかしい』だなんて、私には言えないわ。人を好きになる気持ちなんて、理屈じゃないんだし」
絵里「世間一般的には『おかしい』のかもしれないけど……。好きになっちゃったものは、仕方ないものね」
にこ「あんた本当に、恋愛経験ゼロなの……?」
72:
   
にこ「まあでも、そうよね……。実際私はこうして、女の子を好きになっちゃったんだし。自分でおかしいとか言ってちゃ、始まらないわよね」
絵里「女の子って言うけど、その好きな子って多分、μ'sの誰かよね?」
にこ「なぁっ!?」
絵里「違う?」
にこ「ち、ちが……」
絵里「……」
にこ「……く、ないけどさ……」
絵里「やっぱりね。さて、一体誰かしら……」
にこ「ちょっとっ! これ以上の詮索はナシよっ!?」
絵里「なんでよ……。どうせ付き合うことになったら、すぐに分かることじゃない」
にこ「つ、付き合う……っ!?」
絵里「告白して、もしOKだったら、当然付き合うことになるんでしょ? それともみんなから隠れながら、お付き合いをするの?」
にこ「……」
にこ「……ううん。やっぱり告白は、やめとく」
絵里「えっ?」
73:
   
絵里「どうして? さっきは成功確定だなんて、言ってたのに」
にこ「あんなの、強がりに決まってるじゃない」
絵里「いや、分かってるけど……」
にこ「やっぱり女の子と女の子が付き合うなんて、おかしな話よ。間違ってる」
絵里「だから、それは……」
にこ「――って相手が思ってたら、どうするのよ」
絵里「……」
にこ「同性に告白なんかされたら、その子は困っちゃうかもしれない。だったら告白なんて、しないほうがいいわ」
絵里「……その子もにこのこと、好きかもしれないじゃない」
にこ「そうね。実際好きって言われたわ。でもその好きはきっと、友達としてってこと。当たり前だけどね」
にこ「女の子同士の恋愛なんて、やっぱり有り得ないのよ……」
絵里「そんなことないわ」
にこ「……なんで言いきれるのよ」
絵里「だって私、希と付き合ってるもの」
 
79:
    
にこ「……は?」
絵里「っていうのは嘘だけど。でも普通に女の子同士で付き合ってる子たちも、いるって噂よ」
にこ「嘘なのっ!? ビックリするからやめなさいよっ!」
絵里「……あれ。もしかして、にこの好きな人って……」
にこ「希じゃないわよ」
絵里「じゃあ凛ね」
にこ「じゃあってなによ。違うわ」
絵里「なら真姫――」
にこ「μ'sの人数でローラーはやめなさいってっ!」
絵里「まあ、とにかくそういうことよ。この学校には、そういうカップルもいるの。さっきは『おかしい』とか言っちゃったけど……」
絵里「音ノ木坂学院は女子校だし、ぶっちゃっけ学内に限って言えば、女の子同士も『普通』といえば普通よ」
にこ「……でもそんなの、噂でしょ?」
絵里「……」
絵里「……例えば、海未だけど」
にこ「っ!?」ビクッ
80:
  
絵里「なに?」
にこ「いや、あはは……。う、海未ちゃんが、なに?」
絵里「海未なんか、しょっちゅう後輩からラブレター貰ったり、告白も何度かされてるらしいけど」
にこ「えっ……? そ、そうなの?」
絵里「そう。ちなみに私もラブレター、よく貰うのよ。ファンクラブなんかもあったりして」
にこ「聞いてないわ」
絵里「だから、やっぱり普通なのよ。女の子が、女の子を好きになることは……。少なくともそうなっちゃった人は、にこだけじゃないのよ」
にこ「……そっか」
絵里「どう? 少しは勇気、出たかしら?」
にこ「……」
にこ(流石にこれ聞いたら、バレるかな……)
にこ「ねえ、絵里」
絵里「なあに?」
にこ「……海未ちゃんって、好きな人いると思う?」
81:
  
絵里「……どうかしら。ラブレターとか告白とかは、いつも断ってるらしいけど」
にこ「……それってもしかして、やっぱり同性とお付き合いはできないって、考えてるからなのかな」
絵里「うーん……でもね、にこ」
にこ「なによ」
絵里「海未に好きな人がいたとしたら、きっとその人は、女の子よ」
にこ「は……?」
絵里「だって海未が好きになりそうな人なんて、一人しかいないもの」
にこ「だ、誰よ?」
絵里「分からない? すっごくお似合いだと、私は思うのだけれど」
にこ「分からないわよっ! 誰っ!? もしかして、μ'sの誰かっ!?」
絵里「……」
にこ「――はっ!」
にこ(……やばい、取り乱し過ぎた。もうこれ、答え言ってるようなもんじゃない……)
82:
  
絵里「……教えなーい」
にこ「はぁっ!? 教えなさいよっ!」
絵里「にこが好きな人を教えてくれるなら、教えてあげるー」
にこ「なっ……」
にこ(分かってるくせに……っ! なんて意地の悪いっ! どこがまともよっ!)
にこ「くっ! だったらいいわよっ! 別に海未ちゃんの好きな人なんか、興味ないしっ!」
絵里「だから、なんでそこまでして隠すのよ……。どうせ付き合い始めたら、いずれバレるんだってば」
にこ「……分からないわよ、そんなの。告白だって、まだするかどうか……」
絵里「……」
絵里「大丈夫よ、にこ。あなたならきっと……。諦めさえしなければ、きっと大丈夫」
にこ「な、なに言ってんのよ」
83:
  
絵里「にこは今まで、頑張ってきたじゃない。アイドルのことだって、すごく真剣に取り組んできたじゃない」
絵里「告白だって、きっとできるわよ。ここまで挫けなかったあなたなら……。あなたならきっと、勇気を出して、告白できる」
絵里「……私、知ってるから。にこが、強い子だってこと……。一年生の頃から、あなたを見てきたから」
絵里「想いを伝えたら、その子も応えてくれるわよ。きっとその子も、そんなあなたのことを、見てきたはずだから……」
にこ「……」
にこ「……ありがと」
絵里「えっ?」
にこ「相談に乗ってくれて……。その、ありがと」
絵里「……ふふっ。頑張ってね、にこ」
にこ「うん。もしその子に告白したら……。真っ先に、あんたに伝えるから」
絵里「それは嬉しいわ。一体『その子』が誰なのか、気になって仕方がないから」
にこ(だから、分かってるくせに……。全く、面倒なヤツなんだから)
にこ(……でも本当に、ありがとうね。絵里……)
絵里「……まさか私ってことはないわよね? その好きな人って」
にこ「分かってなかったんかい」
94:
   
――――
ある日の放課後……
海未「……にこ?」
にこ「っ! あっ……」
穂乃果「あれー? にこちゃんだっ! どうしたのー? こんなところで」
ことり「私たち、今帰るところなんだけど……。もしかして、生徒会室になにか用事?」
にこ「あ、ああ、いや……。待ってたのよ、えっと……」
にこ「う、海未ちゃん、ちょっといい?」
海未「……? はい、いいですよ。お話なら、生徒会室で聞きましょうか」
ことり「じゃあ私たちは、先に行ってようか。穂乃果ちゃん」
穂乃果「校門で待ってるねーっ!」
海未「はい。それではにこ、こちらに」
にこ「う、うん……」
にこ(……さて)
95:
    
バタン
海未「それで、私になにか……?」
にこ「えっと……その……」
海未「……?」
にこ(こ、告白……)
にこ(ま、マジでするの……? 本気……?)
にこ(いや、するわよ……。ここ数日、ずっと悩んで悩んで、決意したじゃない……っ!)
にこ(告白するのよ……っ! 根性みせなさい、矢澤にこっ!)
にこ「あのっ!」
海未「は、はい?」
にこ「私、海未ちゃんの……っ!」
にこ「海未ちゃんの、ことが……っ!」
海未「えっ……?」
にこ(言うのよ――っ!)
にこ「す――」
96:
にこ「――っごく、久しぶりじゃないっ!?」
海未「えっ!?」
にこ「その、さ……。こうして、二人きりになるの……」
海未「……」
海未「……確かに、そうですね。二週間ぶりくらいでしょうか?」
にこ「あ、でもそんなもんかぁ。久しぶりってわけでもないわね、あはは……」
海未「でもあの時は、二日連続でしたから……。二週間も空くとやっぱり、久しぶりな感じがします」
にこ「そ、そうね……」
海未「また二人になれて、嬉しいです。座りましょう?」ニコッ
にこ「あー……」
海未「……にこ?」
にこ(タイミング失ったなぁ……)
97:
    
海未「えっと。それで、その……」
にこ「ああ……。特に用があったわけじゃなくてね」
にこ「またいつか二人でお話したいなぁ、みたいなこと言ってたじゃない? だから……」
海未「なるほど。そういうことですか」
にこ「ごめん、迷惑だったわよね。二人共待ってるし、帰ろっか」ガタン
海未「あ、いえいえっ! 二人には先に帰るよう、メールしとくので……大丈夫ですよ」
にこ「えっ……。でも前にも、同じようなことあったし……」
海未「ことりや穂乃果とは毎日一緒に帰ってますが、にこと二人で帰れる機会は、あまりないので。さっきも言いましたけど、私も嬉しいんですよ」
海未「にことまた、二人になれて……。なので、ゆっくりお話しましょう?」
にこ「……」
にこ「ほんとに、優しいんだから……」ボソッ
海未「……?」
98:
   
にこ「ところで、今日もこんな時間まで生徒会の仕事だったんでしょ? お疲れ様」
海未「あ、はい。そうなんですよ。本当に大変で……。練習もしなくてはいけないのですが」
にこ「仕方ないわよ。生徒会だって大事だしね」
海未「はい……。まあ穂乃果への説教がなければ、もっと早く終わったのでしょうが」
にこ「あ、また説教したの……?」
海未「穂乃果、私が少し席を外している隙に、お菓子を食べてたんですよ。仕事を任せていたのに、それをサボって……」
にこ「あいつ、ほんと懲りないわね……」
海未「懲りないんですよっ! 一体何百回、同じことを言ったかっ!」
にこ(海未ちゃんも、よくやるわ……)
海未「ことりもどうして、穂乃果にお菓子なんか与えるんですか……っ! 甘やかしてばかりじゃ、いつまでたっても……っ!」
にこ(今日はことりに対する愚痴もあるんだ)
99:
   
海未「――はっ! ご、ごめんなさいっ! また私……っ!」
にこ「いいっていいって」
にこ(この素に戻る瞬間を見たいがために、愚痴を聞いてるってところも実はあるのよね)
海未「はぁ……」
にこ(……それにしても)
にこ「海未ちゃんってさ、穂乃果にはもう付き合いきれないなぁとか、思ったりしたことないの?」
海未「……どうしてですか?」
にこ「だってさ、いつも穂乃果に説教してたら、疲れちゃうでしょ? 嫌になっちゃわないの?」
海未「嫌……。だと思ったことは、ないですよ」
にこ「……えっ」
にこ(意外……。いつもあんなに、怖い顔してるのに)
海未「穂乃果に渇を入れるのは、幼馴染としての、私の役目ですから。昔からずっと、そうしてきたんです」
海未「もう、慣れちゃったというか……。当たり前みたいに、なってしまってるんです。ですから嫌だと感じることは、ないですよ」
海未「もちろん、私が説教する必要のないくらい、穂乃果がちゃんとしてくれれば……。それが一番、なんですけどね」
にこ「……」
100:
   
海未「……それに」
にこ「えっ?」
海未「穂乃果もあれで、やる時はやるんですよ。例えば、今日だって……」
海未「生徒会に寄せられていた問題やトラブルを、一人で3つも解決してしまったんです。私たちが、他の仕事をしてる間に」
海未「その後も、私たちに的確な指示を出しながら、自分の仕事も片付けて……。穂乃果の指示がなければ、今よりもっと遅い時間になってたかもしれないです」
にこ「……そうなんだ」
海未「サボっていた部分もあったのは、事実ですけど……。だけどそれ以上に、穂乃果は頑張ってくれていました」
海未「今でも私が穂乃果と、一緒にいるのは……。そんな彼女の良いところを、知ってしまっているから、なんでしょうね」
海未「だから……。いくら説教しても、怒っても、私は穂乃果のことをすごく、信頼してるんですよ」
にこ「……っ」ズキ
にこ(……なんだろう。また、胸が苦しい……)
101:
    
海未「……にこ?」
にこ「ほんと、意外だわ。今の話、穂乃果に聞かせてやりたいくらい」
海未「えっ? あっ……。あの、にこ……」
にこ「冗談よ。穂乃果には、内緒にしとくわ」
海未「お願いします……。穂乃果には、あくまで厳しく接していきたいので……」
にこ「……でもさ、あんまり厳しくしたら穂乃果、あんたのこと嫌いになっちゃうかもよ?」
海未「今さらですよ、そんなの。嫌われるなら、とっくに嫌われているはずですし」
にこ「……」
にこ(……すごいなぁ。一体どれだけ一緒にいれば、こんなことを平気で言えるようになるんだろう……)
にこ(幼馴染、か……)
にこ「……海未ちゃんは、さ」
海未「はい?」
にこ(……私、なんでこんなこと、聞こうとしてるんだろう)
にこ「海未ちゃんは――」
にこ「穂乃果のこと、好き?」
102:
    
海未「……」
にこ「……」
海未「……はい、もちろんです」ニコッ
にこ「――っ!!」
海未「あっ。も、もちろんこれも、穂乃果には内緒ですよ? こんなこと言ったら絶対また、調子に乗るんですから」
にこ「……あは、は……。そっか」
海未「……にこ?」
にこ「ねえ、その、『好き』って……。『女の子として』って、意味?」
海未「えっ……!?」
にこ「……」
海未「……ち、違いますよ。そんなわけ、ないじゃないですか……」
にこ「……そう、よね」
海未「穂乃果は、幼馴染として、大切なだけで……。その、決して……」
にこ(……分かってる)
103:
  
にこ「ごめんね、変なこと聞いちゃって」
海未「い、いえ……。珍しいですね、そんなこと聞くなんて……」
にこ(……分かってる)
にこ(海未ちゃんと穂乃果は、そんなんじゃない。ただの、幼馴染なんだから)
にこ(……だけど――)
海未「……にこ?」
にこ「……ほんとに、ごめんっ」タタッ
海未「えっ!? にこっ!?」
バタンッ
104:
  
――――
校門前
穂乃果「あれ、にこちゃん?」
ことり「ど、どうしたの? 海未ちゃんは?」
にこ「……もうすぐ、来ると思うから」
穂乃果「……にこちゃん? なにかあったの?」
にこ「ねえ、穂乃果」
穂乃果「えっ?」
にこ「海未ちゃんのこと……好き?」
ことり「えぇっ!?」
にこ(……本当、なにしてんのよ、私)
穂乃果「うん。大好きだよ」
にこ「……」
にこ(即答、か……)
105:
     
にこ「私、買い物していかなきゃいけないから……。先、帰るわね」
穂乃果「えー。一緒に帰ろうよー」
にこ「……ごめん」タタッ
ことり「あ、にこちゃんっ!?」
穂乃果「……?」
にこ(好きだとか、嫌いだとか……。恋人だとか、友達だとか……)
にこ(二人はもう、とっくにそんなの、通り越しちゃってるんだ……)
にこ(お互いがお互いを、信頼し合っていて……。固い絆で、結ばれてる……)
『だって海未が好きになりそうな人なんて、一人しかいないもの』
『分からない? すっごくお似合いだと、私は思うのだけれど』
にこ(私なんかが、あの二人の間に割って入ることなんて、できっこないんだ……っ!)
114:
――――
翌日
海未「今日の練習は、ここまでとします」
穂乃果「づかれたぁー。今日は一段とづかれたよぉー」
ことり「穂乃果ちゃん、はいタオル」
海未「今日の穂乃果の動きは、とても良かったですね。練習の成果がでてきたようです」
穂乃果「おお、海未ちゃんが褒めてくれた……っ!」
海未「私だって、褒める時は褒めますよ」
ことり「よかったね、穂乃果ちゃんっ!」
穂乃果「えへへー」
にこ「……」
凛「にこちゃん、どうしたのー?」
にこ「……別に。なんでもないわ」
115:
にこ「海未ちゃん」
海未「あっ。に、にこ……」
にこ「昨日は、ごめんね。先に帰っちゃって」
海未「いえ、気にしてませんよ。あの、もしよかったら今日……」
にこ「ところで穂乃果。今日は帰りにみんなで、クレープでも食べに行かない?」
穂乃果「おっ、いいねーっ! ちょうど甘いものが食べたかったんだーっ!」
海未「なっ。い、いけませんよ、穂乃果っ! また太ったらどうするんですかっ!」
穂乃果「えー。今日は頑張ったんだから、いいでしょー?」
海未「で、ですが……っ!」
にこ「いいじゃない、今日くらい」
海未「……」
海未「……分かりましたよ。今日だけですからね」
穂乃果「やったーっ!」
にこ「……」
116:
――――
穂乃果「おいしーっ!」
ことり「おいしいねー」
穂乃果「ことりちゃんのも少しちょーだいっ!」パクッ
海未「なにしてるんですかっ! 太ると言ってるでしょうっ!」
ことり「あ、あはは。少しくらいなら、大丈夫だよ」
穂乃果「もぐもぐ……」
海未「……全く。穂乃果、口にクリームがついてますよ」フキフキ
穂乃果「じ、自分でやるよぉー」
海未「いいから、じっとしていてください」
穂乃果「うぅー……」
にこ(楽しそうだなぁ……)
117:
にこ(……告白、しないでよかった)
にこ(私なんかが告白したところで、海未ちゃんと恋人同士になんてなれるわけ、ないもんね)
にこ(だって海未ちゃんには、あんなに素敵な幼馴染が、いるんだから)
にこ(昔からずっと一緒にいて……。楽しい時も幸せな時も、辛い時も苦しい時も、ずっと同じ時間を共有してきた、幼馴染が……)
にこ(……それに比べて私なんて、出会ってから一年も経ってないし……)
にこ(ちゃんと二人だけで話をしたのも、つい最近だし……)
にこ(……ていうか、自分で自分が恥ずかしいわ。こんなんでよく、告白しようだなんて思ったわね)
にこ(海未ちゃんの意外な一面を知れたからって……。勝手に舞い上がって……)
にこ(勝手に好きになって……。勝手に恋して……。バカみたい)
にこ(海未ちゃんにとって私は、ただの『話し相手』でしかないのに……)
118:
にこ(……絵里に、謝らなきゃ)
にこ(せっかく応援してくれてたのに……。まあ肝心の相手は結局、分かってなかったみたいだけど……)
にこ(でも、仕方ないわよね。絵里も『お似合い』だって、言ってたし)
にこ「……はぁ」
にこ(……きっと穂乃果は、私の知らない海未ちゃんを、もっとたくさん知ってるんだろうなぁ)
にこ(海未ちゃんのあの優しさを、笑顔を、ずっと前から、知ってたんだろうなぁ……)
にこ(……あーあ)
にこ「私も、海未ちゃんの幼馴染だったらよかったのに」
120:
にこ「……」ハァ
凛「……」
にこ「……」
凛「……にこちゃん。今なんか、すごいこと言わなかったかにゃ?」
にこ「――のわぁっ!? ああああんた、いつの間にっ!?」
凛「いや、にこちゃんなんだか暗い顔してたから、凛が元気づけてあげようかなー、って」
にこ「よ、余計なお世話よっ! 花陽のところにでも行っときなさいってっ!」
凛「『海未ちゃんの幼馴染』?」
にこ「っ!?」
凛「『だったらよかったのににゃー』」
にこ「にゃーとは言ってないけど……」
凛「どうして海未ちゃんなのー?」
にこ「し、静かにしなさいよっ! 聞こえるでしょっ!」
121:
 
凛「大丈夫だよー。みんな食べるのに夢中で、気づいてないって」
にこ「……別に、あんたには関係の無いことよ。ていうか、クレープは?」
凛「もう食べ終わっちゃった。にこちゃんは……全然食べてないね」
にこ「……まあね」
凛「手伝ってあげるっ!」パクッ
にこ「あぁっ!? なにしてくれてんのよっ!」
凛「おいしー」モグモグ
にこ「は、半分くらい持っていかれた……」
凛「ねえ、にこちゃん」
にこ「なによっ! ていうか返しなさいよ、クレープっ!」
にこ(ほんとにこいつは、いつもいつも……っ!)
凛「どうしてそんなに、辛そうにしてるの?」
122:
   
にこ「……」
にこ「だ、だから、あんたには関係ないって」
凛「関係あるよ。凛はにこちゃんの、友達だもん」
にこ(……友達)
凛「ねえ、どうして? いつもはもっと怖い顔で、凛のこと怒るよね? もっとおっきい声で、怒鳴るよね?」
凛「なにかあったんでしょ? こんなに元気のないにこちゃん、初めて見るよ?」
にこ「……元気ない? 私が?」
凛「うん。凛には分かるよ。ねえ、話してよ。凛が全部、聞くからさ」
にこ「……あんたが心配する必要なんてない。なにも気にしなくていいのよ」
凛「やだ」
にこ「やだって……」
凛「元気がないにこちゃんなんて、凛、見ていたくないにゃ。だから、話してよ」
にこ「……」
123:
  
にこ「あんたって意外と、優しいのね」
凛「えっ?」
にこ「あんたがそこまで私を心配してくれてたなんて……思わなかったわ」
凛「し、心配するよっ! にこちゃんここ最近ずっと、変だったよ?」
にこ(隠してたつもりだったんだけどな……)
凛「話し辛いことだったら、みんなと別れた後でもいいよ……? こっそりまた合流して、二人で話そう?」
にこ「……ったく。調子狂うわね……」
にこ(凛にも、こんな一面があったんだ……。いつもはあんなに、生意気なのに)
にこ(……ほんと、分からないもんね。こうしてちゃんと、喋ってみるまで……)
125:
   
にこ「悪かったわ、心配かけて。もう、平気よ」
凛「へ、平気って……」
にこ「元気が出たの。だからもう、大丈夫」
凛「……でも」
にこ「凛。ありがとね」
凛「えっ!?」
にこ「なんか、ふっきれたわ。あんたのおかげで」
凛「ど、どういうこと……?」
にこ「いずれ、全部話すから。だからその時まで、待っててくれる?」
凛「……」
凛「……分かった。約束だよ?」
にこ「ええ。もちろん」
凛「あはは。なんだかこんな風ににこちゃんと話したの、初めてかも」
にこ「あんたがいつも、生意気な口きくからでしょ?」
凛「そうだね。明日からはまた、凛たちは敵同士だよ、にこちゃんっ!」
にこ「先輩どころか、敵だと思ってたのね……」
126:
   
にこ(海未ちゃんと二人きりになることは、もう二度とないだろうと思ってた)
にこ(いや、もう二度とあってはいけないと、思ってた)
にこ(だって海未ちゃんには、もっとお似合いの相手が、相応しい相手が、いるんだから……)
『昨日は、ごめんね。先に帰っちゃって』
『いえ、気にしてませんよ。あの、もしよかったら今日……』
にこ(だけど海未ちゃんは優しいから、また私と二人で帰りたいとか、気を使って言ってくれるんだろうなぁ、とも思ってた)
にこ(だから――)
『今日は帰りにみんなで、クレープでも食べに行かない?』
にこ(だからそう言って、ごまかしたんだ)
にこ(海未ちゃんとなるべく、二人きりにならないように)
にこ(海未ちゃんのことをこれ以上、好きになってしまわないように……)
128:
  
穂乃果「それじゃ、私たちこっちだからっ! じゃあねーっ!」
ことり「ばいばーい」
海未「さようなら、みなさん」
凛「凛たちは、こっちにゃー。ばいばい、みんなー」
花陽「また明日です」
真姫「じゃあね」
絵里「私たちはこっちね。行きましょ。にこ、希」
希「みんな、また明日なー」
にこ「……」
129:
  
『にこと一緒にいると、なんだか落ち着きます』
にこ(これで、いいんだ)
にこ(このままあの日以前の関係に、戻ってしまえれば……。それでいいんだ)
にこ(まだ海未ちゃんを怖い人だと思ってた時の、ただのμ'sのメンバー同士としか思ってなかった頃の――)
にこ(あの頃の私に戻ってしまえば、もう苦しむことも、なくなる)
にこ「……」
絵里「にこ? どうしたの?」
希「置いてくよー?」
にこ(少なくとも今日みたいに、海未ちゃんと二人きりになる機会を、自分から潰していけば……)
にこ(そうすればいつかきっと、全部元通りになる)
にこ(この気持ちもいつか、自然と消えていく)
にこ(海未ちゃんともまた、あの日以前の関係に、戻っていくんだ……)
130:
    
にこ(だけど、それでいい)
にこ(この数日間が、特別だっただけなんだから)
にこ(また元の日常に、戻るだけなんだから)
にこ(海未ちゃんは、穂乃果やことりとの、慌ただしい毎日に戻り――)
にこ(私は、凛や真姫、花陽たちとの騒がしい日々に、また戻っていくだけなんだから)
にこ(それぞれの居場所に、また戻っていく)
にこ(それで、いいんだ――)
にこ「――なんて、いいわけないでしょうが、矢澤にこ」
132:
  
タタッ
絵里「えっ!?」
希「にこっち、どうしたんっ!?」
にこ(この、にこにーがっ!)
にこ(宇宙ナンバーワンアイドル、にこにーがっ!)
にこ(こんなところで、諦めたりするもんですかぁっ!)
にこ「うーみーちゃんっ!!」ガバッ
海未「えっ!?」
穂乃果「うわわっ!?」
ことり「に、にこちゃんっ!?」
にこ(恋愛だって、なんだってっ!)
にこ(全力でやるのが、矢澤にこなのよぉっ!!)
にこ「にこに、ついてきてにこっ♪ 海未ちゃんっ!」
134:
     
にこ(目的は、ただひとつ――)
海未「はい……!?」
にこ「えいっ♪」グイッ
海未「ちょ、にこっ!?」
タタッ
穂乃果「あーっ! 海未ちゃんをどこへ連れてくの、にこちゃんっ!」
にこ(理由なんて、なんでもいい)
にこ(作って偽って嘘ついて、でっち上げるんだ)
にこ(ただひとつ、その目的のために――)
にこ「クレープ屋さんに財布置いてきちゃったにこーっ! 一人じゃ寂しいから、海未ちゃんにもついてきてほしいにこっ♪」
海未「えぇっ! 今からあそこまで戻るんですかっ!? もう真っ暗ですよっ!?」
真姫「なにやってんのよ……」
凛「わっ、どこ行くの? にこちゃん」
花陽「あ、あれ、解散のはずじゃ……」
絵里「にこが暴走し始めたわ……」
希「ああ、海未ちゃんが連れてかれてまうよ?」
穂乃果「待ってよにこちゃーんっ!」
にこ(目的は、ただひとつ――)
にこ(海未ちゃんともう一度、二人きりなるためっ!)
135:
  
ピタッ
ことり「あ、と、止まった……?」
クルッ
にこ「穂乃果ぁっ!!」
穂乃果「えっ? な、なに?」
にこ「……」
にこ(そうだ……。穂乃果と海未ちゃんが、信頼し合ってるというのなら……)
にこ(私だって、海未ちゃんを信頼すればいいし、信頼してもらえるようになればいい)
にこ(穂乃果が色んな海未ちゃんを知っているというのなら、私もこれから知っていけばいい)
にこ(穂乃果が海未ちゃんと長い時間を共有してきたというのなら、私もこれから少しずつ、同じ時間を過ごしていけばいい)
にこ(穂乃果が海未ちゃんを、大好きだっていうのなら――)
にこ(私も海未ちゃんを、もっと好きになればいいっ!)
にこ(だから――)
にこ「あんたには絶対、負けないからっ!」
穂乃果「……っ!」
136:
    
海未「に、にこ……?」
にこ「……いくわよ」グイッ
海未「わぁっ!?」
タッタッタッ……
花陽「い、行っちゃった……」
凛「海未ちゃんが、さらわれたにゃー……」
真姫「なんなのよ、もう……」
希「ていうか、『負けないから』って……。どういうこと?」
絵里「にこ……」
ことり「……穂乃果ちゃん?」
穂乃果「……」
137:
   
タッタッタッ……
海未「はぁ、はぁっ」
にこ「はぁ、はぁ、はっ」
海未「にこっ! 財布、鞄にしまってませんでしたかっ!? もう一度よく、確認した方が――」
にこ「はぁ、嘘に決まってんでしょうがそんなのっ!」
 
海未「えっ! う、うそ……っ!? では私たちは一体今、どこへ向かってるんですかっ!?」
にこ「どこだっていいのよっ!」
海未「な、なんですかそれっ!」
にこ「どこだっていいのっ! 海未ちゃんと、二人きりになれるなら……っ!」
海未「えっ……」
にこ「はぁっ、はぁ……っ! いいよっ。嫌だったら……。手、すぐに離すから」
にこ「だけど、もし私が嫌じゃなかったら……。私を『信頼』してくれるなら……」
にこ「手、握ってて……っ! 私に、ついてきてっ!」
海未「……っ」
ギュッ……
143:
    
穂乃果「……『あんたには負けないから』、か」
穂乃果「おかしいよね。勝負なんてもうとっくに、ついてるのに」
ことり「……穂乃果ちゃん」
絵里「穂乃果。あなた、まさか……」
真姫「な、なによ? 何の話?」
穂乃果「恋の話だよ」
真姫「こっ!?」
凛「ここここいーっ!?」
花陽「えっ……」カァァァ
希「こい……」
穂乃果「……」
絵里「……頑張って、にこ」
絵里「そして……海未」
145:
  
――――
公園
にこ「はぁ……。まあ、ここでいいかしら」
海未「えっと……」
にこ「そこのベンチにでも、座りましょうか」
海未「は、はぁ……」
にこ「……ごめんね、急に」
海未「いえ、全然……」
にこ「……特に、なにもないの」
海未「は、はい?」
にこ「わざわざあんな別れ際に、強引に穂乃果たちから引き剥がして、無理やり引っ張りながら、海未ちゃんをここに連れてきた理由は……」
にこ「ただ、二人きりになりたかったから」
にこ「それだけ……。他には特に、なにもないの」
海未「……」
海未「ふふっ。そうですか」
にこ「……っ」
146:
    
にこ「お、怒らないの?」
海未「いいえ? 私もちょうど、にこと二人きりになりたかったですし」
にこ「そ、そう……」
にこ(優しいなぁ……)
にこ(……やっぱり、ダメだ)
海未「昨日は途中までしか、話せかったですし……?」
にこ「それは本当に、ごめん……」
海未「ふふっ。ですから昨日、あまり話せなかった分、こうしてまた話す機会ができて、嬉しいんですよ」
にこ「……海未ちゃん」
海未「にこも、そう思ってくれてたんですよね? 私とまた二人でお話がしたいから、手を引いてくれたんですよね?」
にこ「そう、ね……」
海未「ありがとうございます。嬉しいですっ」ニコッ
にこ「……」
にこ(やっぱり、ダメだなぁ……)
にこ(こうして、話してるだけで……)
にこ(どんどん海未ちゃんのこと、好きになっちゃう……)
147:
     
海未「あっ。でもみんなを待たせてしまうのは……」
にこ「平気よ。強引にやり過ぎちゃったし、もう呆れて帰ったでしょ」
海未「そ、そうでしょうか……」
にこ「そうよ」
海未「あの、家の方は……」
にこ「遅くなるって連絡入れたから大丈夫。あんたはなんも心配しなくていいの」
海未「……そうですか。じゃあ、その……」
にこ「うん。時間なんて気にしないでさ。またゆっくり二人で、話そう?」
海未「……はいっ」
にこ「……」
にこ(……海未ちゃんとの二人だけの時間が、こんなに幸せだなんて)
にこ(最初に生徒会室で二人きりになった時は、気まずいくらいだったのに……)
にこ(いつの間にかこんなに海未ちゃんのこと、好きになっちゃってたんだ……)
148:
   
海未「それでは、にこからどうぞ」
にこ「えっ? わ、私?」
海未「はい。昨日は私だけ愚痴を言って、終わってしまったので。次はにこの番です」
にこ「そうだったかしら……。じゃあ、えっと……」
にこ「……」
にこ「……えっと」
海未「……? どうしました?」
にこ「……私ね」
海未「はい」
にこ「私……」
にこ「私、海未ちゃんのこと――」
149:
   
にこ(……なんて)
にこ「すごく素敵な女の子だと、思うの」
海未「へっ!? あ、ありがとう、ございます……」
にこ「優しいし、美人だし、凛々しいし、頭も良いし……」
海未「そ、そんな……」
にこ「それに比べて凛ときたらさぁ……」
海未「り、凛も素敵な女の子じゃないですか」
にこ「人のクレープ勝手に半分も食うヤツの、どこが素敵よ」
海未「あ、そうなんですか……。よっぽどお腹が空いてたんでしょうか」
にこ「空いてても人のはダメでしょ……。まあ、でもね」
海未「はい?」
にこ「あんなヤツにも、実は良いところがあってね――」
にこ(ここで告白なんて、するわけないじゃない)
150:
    
にこ(私は別に、昨日できなかった告白のやり直しをしたくて、海未ちゃんをここに連れてきたんじゃない)
にこ(だって、私は決めたんだから)
にこ(ゆっくり、時間をかけて……。海未ちゃんのことを、知っていって……)
にこ(私のことも、知ってもらっていって……)
にこ(そうやっていつか、海未ちゃんと、心から信頼し合えた時に……)
にこ(その時にこそ、私は勇気を出して、告白するって)
海未「――なるほど。そうなんですか……。凛は、優しいんですね」
にこ「そうなのよ、意外にね」
海未「私の言ったとおりだったじゃないですか。凛もやっぱり、にこのことが大好きなんです」
にこ「あいつ私のこと、『敵』って言ってたけど……」
海未「では、『好敵手』と言ったところでしょうか」
にこ「?ただの生意気な後輩だっての」
151:
   
にこ「じゃあ次、あんたの番よ」
海未「あっ、はい……。で、では」
にこ「……」
にこ(……そのためにも、海未ちゃんとはこれからも、どんどん積極的に話をしていかなきゃ)
にこ(海未ちゃんと、もっともっと、仲良くなりたい)
にこ(よし……。そうだ、いいこと考えたわ)
にこ(今度の日曜日……。二人だけでどこかに出かけようって、誘ってみよう)
にこ(……いやいや。それは流石に、積極的過ぎ?)
にこ(いやいやいやっ! 私は頑張るって、決めたんだからっ! 勇気を出して、誘うのよっ!)
にこ(……休日にお出かけに誘うなんて、初めてだから……。変な風に、思われちゃうかもしれないけど)
にこ(でも、頑張るのよ。海未ちゃんの話が終わって、次の私の番の時に……。誘うのよ、にこっ!)
海未「……」
海未「――私、にこのことが、『女の子として』好きです」
海未「どうか私と付き合ってください、にこ」
152:
   
にこ「……えっ?」
海未「……」
にこ「えっ? ど、どういうこと?」
海未「……あぁ」
にこ「い、今のって、もしかして……」
海未「あ、あぁぁ……」
にこ「海未ちゃん……?」
海未「い、言ってしまいましたぁ……っ!」
にこ「……」
海未「ご、ごめんなさい、急に……っ! で、でも、その……っ! いつか、言わなきゃいけないと、思ってたんです……っ!」
海未「それで……っ! あ、あの、今しか、ないと思って……っ!」
にこ「……はは。そ、そっか……」
にこ「海未ちゃんも……」
154:
    
海未「す、好きなんです、にこ……っ! にこのことが……好きになって、しまったんです……っ!」
海未「友達としてとかじゃなくて、本当に……っ! に、にこと、こ、ここ、恋人同士に、なりたいんです……っ!」
にこ「……」
海未「あ、あの、変ですよね、女の子同士なのに……っ! でも、どうしても、伝えなきゃって……」
にこ「……早いわよ、もう」
海未「え、えっ……?」
にこ「これから頑張ろうって、思ってたのに……」
にこ「ゆっくり時間をかけて、仲良くなって……。でも、いつかはきっとって……」
にこ「思ってたのに……」
にこ「早すぎる、わよぉ……。うっ……」グスッ
155:
    
海未「に、にこっ!?」
にこ「なによ、それぇ……っ! わたしのこと、すきって……っ! うっ……うぅ、うあぁあぁ……」
海未「あ、あの、ごめんなさいっ! 困りますよね、こんなこと言われてっ! ご、ごめんなさいっ!」
にこ「うれしい……」
海未「えっ……?」
にこ「うれしい、よぉ……っ! わたし、わたし……」ダキッ
海未「えっ!? に、にこ……。そ、その……」
にこ「うれしいよぉっ! うみちゃん……っ! うみちゃぁんっ!!」ギュウ
海未「にこ……」
にこ「うあぁあぁぁあんっ! うぅっ……、うああぁあぁぁんっ!」ポロッポロッ
156:
  
――
真姫「えぇーっ!? う、海未のことが……っ!」
凛「す、好き、って……っ! つまり、恋ってことかにゃーっ!?」 
穂乃果「うん……そうなの。ことりちゃんには、話してたんだけど……」
ことり「……」
花陽「こ、こい、ですかぁ……」
穂乃果「あはは、なんか、恥ずかしいな……」
絵里「そうだったのね……」
穂乃果「でもやっぱり、ダメだったかぁ……。海未ちゃんは、私じゃなくて……」
ことり「あ、あの、穂乃果ちゃん……」
絵里「……穂乃果。あなたは知ってたの? 海未がにこのこと、好きだって」
花陽「え、ええぇーっ!?」
真姫「う、海未が……っ!?」
穂乃果「うん。なんとなくだけど……知ってた」
穂乃果「だって海未ちゃん、私やことりちゃんといる時、いっつもにこちゃんの話ばっかりしてるんだもん」
穂乃果「すごく楽しそうにさ……。そんな海未ちゃんの顔を見てたら、なんとなく分かっちゃったの」
穂乃果「ああ……海未ちゃんはにこちゃんのこと、大好きなんだな、って……」
絵里「……」
157:
     
絵里「じゃあ……にこが海未のことを好きだったのは、知ってた?」
真姫「っ!? はぁーっ!?」
凛「な、なんだってーっ!?」
希「ウチら、なんも知らんかったんやね……」
穂乃果「……それもなんとなく、かな。でもさっき『負けないから』って言われた時に、はっきりと分かったよ」
絵里「……そう」
穂乃果「あはは、じゃあ二人とも、両想いだったんだね……」
穂乃果「良かった……けど、悔しいなぁ……。にこちゃんに、負けちゃった」
穂乃果「でもそれも、仕方がないのかもね。海未ちゃんと私じゃどうしたって、恋人同士になんてなれなかったのかもしれない」
ことり「そ、そんなこと……。海未ちゃんはきっと、穂乃果ちゃんのことも好きだよ?」」
穂乃果「分かってる。海未ちゃんはきっと、私のことを好きでいてくれてる。だけど今までずっと、一緒だったから……。海未ちゃんの中じゃ私はもう、家族みたいなものなのかも」
ことり「……」
穂乃果「私は家族じゃなくて、恋人になりたかったんだけどね……。あーあ」
穂乃果「私、海未ちゃんの幼馴染じゃなければ、よかったのになぁ」
158:
   
ことり「穂乃果ちゃん……」
穂乃果「……なんてね。あはっ、冗談だよ。私は海未ちゃんと幼馴染でいられて、すごく幸せ」
穂乃果「……もちろん、ことりちゃんともねっ!」ダキッ
ことり「わわっ!? ほ、穂乃果ちゃんっ!?」
真姫「……全く。なにイチャついてんのよ」
花陽「あはは……」
凛「凛も、かよちんや真姫ちゃんと友達でいられて、幸せだにゃーっ!」ダキッ
花陽「わぁっ!?」
真姫「ちょっ! は、離れなさいよーっ!」
穂乃果「みーんな、大好きーっ!」
凛「凛も、大好きだにゃーっ! あははっ!」
真姫「も、もう……」
ことり「穂乃果ちゃん……私も、大好きだよっ!」
穂乃果「……うんっ!」
穂乃果(……海未ちゃんを幸せにしてあげてね、にこちゃん)
159:
  
ワイワイ キャッキャッ
絵里「……本当は、辛いはずなのに……。強いわね、穂乃果は」
希「そうやね……。ねえ、えりちは、どこまで知ってたん?」
絵里「……穂乃果が海未のことを好きだったっていうのは、知らなかったわ」
希「でも、にこっちと海未ちゃんのことは、知ってたんやろ?」
絵里「……」
絵里「私ね。恋愛相談とかよく、される方なのよ」
希「へえ、そうなんや。まあ確かに、えりちは頼りになるしなぁ」
絵里「ええ。希もなにか恋のことでお困りなら、いつでも相談して頂戴ね?」
希「答えになってないなぁ……。まあ、ええけど」
絵里「……希」
希「えっ?」
絵里「いつも一緒にいてくれて、ありがとね」
希「……ふふっ。なに、急にー?」
絵里「なんとなく……」
絵里(……幸せになりなさいよ。にこ、海未……)
160:
   
――
にこ「えっ!? 海未ちゃんも絵里に、相談してたの……っ!?」
海未「は、はい……って、にこもですか?」
にこ「ええ……」
海未「そ、そうだったんですか」
にこ「でも、ってことは……」
『ただこんな感じの恋愛相談は、よく受けるわね』
にこ(……あいつ、まさか)
『すっごくお似合いだと、私は思うのだけれど』
にこ「……」
海未「にこ?」
にこ「……はぁ。してやられたわ」
海未「えっ……?」
161:
     
にこ「なんでもないわ。それにしても、ビックリしちゃった。海未ちゃんも、私のこと好きだったんて」
海未「私の方こそ、ビックリしましたよ」
にこ「……うん」
海未「まさかにこが、あんなに泣くなんて」
にこ「うっさいわねっ! 自分でもビックリよっ!」
海未「ふふっ……。でも子供みたいでなんだか、可愛かったです」
にこ「へえ……。海未ちゃんまで私を、からかうんだぁ……」
海未「あっ、ち、違いますよっ!? 褒めてるんですよっ! にこは、可愛いなってっ!」
にこ「はいはい。ありがとね」
海未「……あの」
にこ「なによ?」
海未「にこも私のこと、好きでいてくれてたんですよね……?」
にこ「さっきからそう言ってるじゃない」
海未「言ってないです」
にこ「えっ?」
海未「にこの口から……。『好き』ってまだ、聞いてないです」
海未「聞きたいです、にこ」
にこ「……」
162:
   
にこ「い、今はいいじゃない。そのうちね」
海未「ダメです。今言ってください」
にこ「おっけー。明日っ。明日言うわ」
海未「今、言ってください」
にこ(鬼海未ちゃんが復活した……)
にこ「……わ、分かったわよ。言えばいいんでしょ、言えば」
海未「お願いします」
にこ「……」
にこ(なによこの状況……っ!)
にこ(告白なんてまだ当分先だと思ってたから、全然心の準備してないのに……っ!)
にこ「あ、あの……」
海未「はい、なんでしょう」
にこ「……」
にこ「う、うぅ……」カァァァ
163:
   
にこ「わ、私……」
海未「はい」
にこ「わたし……っ! う、うぅ……」
にこ(は、恥ずかしいぃ……。今絶対、顔赤い……)
にこ「私、海未ちゃんの……。うみちゃんの、ことが……」
海未「……はい」
にこ(やばい……。むり、むりぃ……)
にこ「あ、あの、うぅ……」
海未「にこ」
にこ「えっ……?」
海未「……頑張って」
にこ「……」
にこ「海未ちゃんのことが……」
にこ「好き、です……」
164:
   
にこ「……」
にこ「……」プシュー
海未「……にこ」
にこ「な、なによぉっ!」
ダキッ
にこ「ひゃっ!?」
海未「私も……」
海未「私も、大好きですっ!」
にこ「……うん」
海未「ずっと、一緒にいてください」
にこ「うん……っ!」
海未「大好きです、にこっ!」ギュッ
にこ「……あははっ」
にこ「大好き、海未ちゃん……っ!」
誰もいない、夜の公園で。
満天の、星空の下で――
二人はいつまでも、抱き合っていた。
?fin?
165:
海未の日&にこの誕生日記念SSでした。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
167:
GJ
にこちゃんと海未ちゃんの話は初めてかも、新鮮だった。
169:
おつ
いいにこうみだった
17

続き・詳細・画像をみる


誰か爆笑画像くれ。

金払って中国の腐った肉食べさせられてた人達を思うと涙が止まらんwww

【衝撃】実家に寄生してる姉に「結婚しないなら俺がもらってやるよwww」って言った結果wwwwwwww

知り合いの結婚パーティーで、呼ばれていないAが「自分は不倫は認めない、こんなパーティするなんてどうかしてる」と演説し始めた。

AKB48川栄李奈が「薬膳コーディネーター」に合格

ゲームのグラってそこまで重要じゃないのになぜ分からないんだ

コンビニでやっているスタンプラリーで、ルールを守らない図々しいママが。

【画像】ガッキーと剛力の顔合わせた結果wwwwww

定年なのにゴネまくって辞めようとしないおばさんがいた。

【悲報】Twitterで実家全焼を晒す奴出現wwwww

ゲームのグラってそこまで重要じゃないのになぜ分からないんだ

【画像】就職失敗して死ぬ大学生は死ぬ前にこれ見ろwwwwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先