【ミリマスSS】P「ここに大量の小○井コーヒーがある」back

【ミリマスSS】P「ここに大量の小○井コーヒーがある」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「そろそろこの小岩○コーヒーを消費しなければならない。事務所にずっと置いておくのもあれだし」
P「しかし俺一人だけではこの大量の○岩井コーヒーを飲みきることはできない。さて、どうしたものか…事務所に誰もいないし」
ガチャ
朋花「おはようございます?。…あら?、プロデューサーさんだけですか?」
P「…朋花、ナイスタイミング」
朋花「???」
2:
朋花「つまりこのコーヒーを飲めばいいわけですね?」
P「ああ、朋花が来てくれて助かったよ」
朋花「思うんですけれど、みんなに持って帰ってもらえばいいのではないでしょうか?」
P「150mlを何本も持って帰るの辛いと思うし」
朋花「500mlの間違いじゃ…」
P「あっ…」
朋花「ところで、プロデューサーさんは飲まないんですか??」
P「いやー、買ったのは俺だし協力したいのは山々なんだけど…」
朋花「何か問題でもあるんですか??」
P「メッ○コーラもあるし…」
朋花「そうですか?…」
3:
支援だよ
天空橋朋花(15) Vo
6:
朋花「豆から作るコーヒーは飲んだことありますけれど、ペットボトルのコーヒーは初めてですね?」
P「そうなのか。口に合わなかったら無理して飲まなくてもいいからな」
朋花「はい?。それではお言葉に甘えて」ゴクリ
P「どうだ?」
朋花「そうですね?、コーヒーの苦味があまりありませんが、甘くて美味しいです?」
P「おお、それならよかった。まだたくさんあるからな!」
朋花「えっと、流石に箱全部は飲めませんよ??三本ほどなら多分いけますけど?」
9:
朋花「それに私、この小岩○コーヒーっていう名前好きですね?」
P「名前?なんで名前が?」
朋花「なんででしょう?。○岩井の部分に何かあるんですよね?」
P「小岩○…○岩井…朋花と何か関係あったっけか?」
朋花「ご馳走様でした?」
P「はやっ!そんなに美味しかったのか?」
朋花「はい?。甘いコーヒーもいいものですね?」
11:
P「朋花がこういう飲み物好きになるなんて意外だな。もっと高級なものしか好きにならなさそうなイメージだったよ」
朋花「うふふっ、そうでもありませんよ??美味しさは値段だけじゃありませんから?」
P「俺もやっぱり一本飲むか……あー、メ○ツよりうまい…」
朋花「メッツコーラはそんなに美味しくないんですか??」
P「いや、不味くはないけどなんか物足りない感じが…飲んでみるか?」
朋花「それでは一口だけ?」
12:
朋花「…確かに物足りませんね?」
P「まあ特保だしな。美味しさについてはあまり触れない方がいい」
朋花「それなのに、なんでこんなに多く買ってるんですか??」
P「プロデューサーとして買わなきゃいけない理由があってな…」
15:
朋花「それにしても、コーヒーだけだと流石に飽きてきますね?」
P「あ、そういえばケーキ買ってきてたの忘れてた。冷蔵庫にあるから切って食べていい」
朋花「ありがとうございます?。プロデューサーさんの分も切っておきますね?」
P「ん、ありがと」
朋花「うふふ、どんなケーキなんでしょうかね?。…アイスケーキですか?」
P「最近暑くなってきたしちょうどいいだろ?」
17:
朋花「はい、プロデューサーさんどうぞ?」
P「うん、中々美味しそうじゃないか」
朋花「では、いただきま?」
P「ちょっと待った、流石にケーキにペットボトルってのはな…」
朋花「そうですか??」
P「確かカップが…あったあった。市販のとはいえ、ちゃんとしたカップに注げば多少はマトモになるだろ」
朋花「確かに、こうすると優雅なお茶会みたいですね?」
18:
P「こうしてみると、やっぱり朋花も伊織に負けないくらいお嬢様って感じするな」
朋花「伊織ちゃんほどだなんて、お世辞が上手ですね?」
P「いや、むしろ雰囲気は朋花の方が大人らしいしお嬢様っぽいな」
朋花「うふふ、ありがとうございます?。ちょっとだけ、嬉しいですよ?」
20:
朋花「……っ」ブルッ
P「ん、どうした?」
朋花「い、いえ?。何でもありません?」
P「そうか。あーアイスケーキうめー」
朋花(ど…どうしましょう…急にお手洗いに行きたく…。でもプロデューサーさんにあんなこと言われた矢先にお手洗いに行くなんて…)
22:
朋花「んっ……」モジモジ
P「あの、本当は何かあるんじゃないか?大丈夫か?」
朋花「だ、大丈夫です?……」
朋花(そろそろ限界っ…はしたないと思われても、行った方がいいですね?…)
P「くっ、メッツと小岩井とアイスケーキで腹が…トイレ…」バタン
朋花「あっ」
28:
朋花「た、タイミング悪すぎですよ?…どうしましょう?…」
朋花「…たるき亭にお手洗いをお借りしましょう…多少の恥は仕方ありませんね?」
『本 日 定 休 日』
朋花「…………」
30:
朋花「もう…ダメ…我慢が…」
朋花「…ハァ、ハァ…」
ジャー
P「ふぅ…そこまで溜まってなかっ…朋花!?どうしたんだ!?」
朋花「ハァ…プロデューサーさん?…あの…少しどいて」
P「どうしたそんな荒い息遣いになって!もしかして病気か!?大丈夫か、熱やどこか痛いところはないか!?」
朋花「えっと、おてあ
P「とりあえず水を飲もう、あとはゆっくり休むんだ!」
31:
朋花「プロデューサーさん!やめてください!」
P「」ビクッ
朋花「んっ…(大声出したら…もうダメぇ…)」
ちょろ…
P「…え?」
32:
ちょろろろ…
朋花「グスッ…なんでそんなに…えぐっ、邪魔するんですか?…」
P「え、いや、あの……すまん…」
朋花「こんなのプロデューサーさんに見られたくなかったのに……」
朋花(なんでこんなことに…きっとプロデューサーさんも失望して…)
P「ごめん、まさかオシッ…トイレ我慢してたなんて気が付かなかったよ…」
朋花「もういいです?…私のこと…嫌いになりましたよね?…」
33:
P「そんなわけあるか」
朋花「15歳にもなって漏ら…こういうことしちゃったんですよ…?」
P「俺が朋花の邪魔をしちゃったし、たるき亭も休みだったんだ。そもそも俺がコーヒー飲ませたりしなければよかったのに…朋花は何も悪くないよ」
朋花「でも」
P「もういい、とりあえずジャージに着替えてこい。服と下着は…このビニールに入れて」
朋花「…分かりました?」
35:
朋花「着替えてきましたけど…下着がないのでスースーします?」
P「まあそれはしょうがない。…よし、証拠隠滅完了っと」
朋花「掃除までさせてしまって本当にすみません…」
P「いやいや、朋花のオシッコとか聖水だから全然汚くないよ」
朋花「…………」
P「冗談だから引くなって」
36:
朋花「あの?、この服と下着はどうすれば…」
P「うーん、家に持って帰る…と家族にバレちゃうよな。朋花もそれは嫌だろ?」
朋花「できれば…」
P「それじゃあ俺が持って帰って洗うよ」
朋花「…………」
P「なんで引くんだよ!朋花のためを思って言ってるんだよ!」
37:
P「大丈夫だよ、変なことに使わないから…」
朋花「分かりました?、プロデューサーさんを信じます?」
P「おう、任せとけ。この一連のことは俺と朋花だけの秘密にしよう」
朋花「こんなこと、口が裂けても自分から言えませんよ?」
P「それもそうか。じゃあちょっと家に帰って洗濯かけてくるから。誰か来てなんでジャージ着てるのか聞かれたコーヒー零したとかで誤魔化しとけ」
朋花「はい?。…あの、プロデューサーさん」
P「ん?」
朋花「…ありがとうございます」
38:
(そのビニール袋ください)
41:
P「ふぅ、色々あったがなんとか誰にもバレずに済んだな」
P「確かにカフェインに利尿作用があるとは聞いたが…まさか短時間でオシッコに行きたくなるとは」
P「しかし何だろう、この気持ちは。朋花が漏らして泣いた時、胸がドキドキした」
P「朋花のオシッコの匂いも、冗談で聖水とは言ったが嫌な感じはしなかった…寧ろ心地よかった」
P「まさか俺って…いや、そんな訳ない。俺はノーマルだ」
P「朋花の聖水が染みたパンティ……」ゴクリ
P「…ちょっとくらい、いいよね?」
P「ふぅ……俺って最低だ…」
43:
せやな(白目)
45:
??数日後
P「おはようございまーす。…ってまあ俺が一番乗りだから誰もいないんだけどな」
P「音無さんは夏風邪引いちゃって来れないし、みんな忙しいしな…なんか寂しい」
P「…そういえばメッツは飲み終わったけどまだ小岩井コーヒーは残ってるんだよな。もう俺飲みたくないよ」
P「……あの時の朋花、よかったな。また誰か漏らさないかな…」
ガチャ
育「おはようございまーす!あれ、プロデューサーさんしかいないの?」
P「…育、ナイスタイミング」ニヤリ
おわり
46:
ふぅ……あ、読んでいただきありがとうございました
前回間違いを指摘されたので約束通り朋花ちゃん漏らさせました
なんかSS書いてるうちにお漏らしするシチュエーションって最高だと思うようになってたのはなぜでしょうか
それとメッツは自分も好きです。ただメッツと小岩井で比べたら小岩井の方が好きです。メッツ好きの方申し訳ありませんでした
お詫びに育ちゃんがお漏らしするSSは書かないことにします
5

続き・詳細・画像をみる


風呂上がってマッパの夫 股間指さして「これ俺のポケモン」

【ミリマスSS】P「ここに大量の小○井コーヒーがある」

芸能人の年齢を書き込んで一番「えっ」ってなったやつ優勝

【集団的自衛権】 「のび太が武装して僕は強いと言っても、本当に自分を守れるか」 札幌の高校教師

[画像]たまごとろとろ親子丼!

「派遣禁止されると失業するから反対。禁止しても正社員になれない」 派遣社員の55%が派遣禁止に反対

back 削除依頼&連絡先