勇者「天国に一番近い勇者」【前半】back

勇者「天国に一番近い勇者」【前半】


続き・詳細・画像をみる

1:
勇者「……zzZ」
勇者「……zzZ」
勇者「!」パチッ
勇者「……12時か」
勇者「……腹、減ったな。そろそろ起きようかな?」
勇者「……」
勇者「……いいや。二度寝しよっと」
2:
ーーーーー
道具屋の娘「あっ、勇者さんいらっしゃいっ!」
勇者「……カップラーメン、一つ下さい」
娘「毎日毎日、カップラーメンじゃ栄養偏りますよ!」クスクス
勇者「……大丈夫です。自分、若いんで」
娘「あっ、そうだっ!南の海に大きなモンスターが現れたらしくてですね」
勇者「……はぁ」
娘「そのモンスターのお肉がとっっっっっても美味しいらしんですって!?」
勇者「……ふ?ん」
娘「栄養も豊富らしいようで、勇者さんも一度行ってみたらどうで……」
勇者「あの、そういうのいいから、早くカップラーメン下さい。腹減ってるんですよ」
娘「あっ……!申し訳ありません……」アセアセ
3:
勇者「……ったく、面倒臭ぇなぁ」
勇者「カップラーメンぐらい、ちゃっちゃと売れっての」
勇者「……」
勇者「……う?ん、肉かぁ」
勇者「……」
勇者「……いや、いいや。どうせ勝てねぇし」
勇者「早く帰ってカップラーメン食おっと」
4:
名称:カップラーメン醤油味
原材料:国内産
内容量:128g
保存方法:直射日光を避けて、湿気の少ない場所で保存して下さい
販売者:株式会社 ファイナルクエスト 都街1ー10ー3
その他:お前の人生それでいいのか?
5:
男「号外?!号外?!」
勇者「……んっ?」
男「あっ!勇者ちゃんじゃねぇか?」
勇者「……どうしたの?ビラなんか配って」
男「それがよ、大事件なんだ!南の海のモンスターいるだろ?」
勇者「……あぁ、道具屋で聞いたけど」
男「あのモンスターがよ、大量に仲間を連れてやって来たんだ!」
勇者「……へぇ?」
6:
あっ、なんか化けてる……
やべぇな……よく使う記号なのに困ったもんだ
7:
男「そのせいで冒険者達は全滅っ!大惨事だ!」
勇者「へぇー」
男「それで、緊急でモンスター討伐の招集がかかってるってわけだっ!」
勇者「……」
男「勇者ちゃんも、手助けに行ってくれよ!やられた冒険者の中に俺っちの友達もいるんだよ!」
勇者「……えっ?」
男「なぁ、頼むよ!敵討ちしてくれよ!詳しい事はそのチラシに書いてあるからよ!」
勇者「……はぁ、どうも」オドオド
8:
ーーーーー
勇者「……ふーん、モンスターねぇ?」
勇者「……」
勇者「男さんの友人もやられたんだ……可哀想だな……」
勇者「……」
勇者「……まぁ、俺には関係ねぇか」
勇者「俺も怪我すんの嫌だし、それに俺がやらなくても誰かがやるだろ」
勇者「……」
勇者「……腹減ったな。帰ってカップラーメン食うか」ポイッ
9:
『緊急告知!モンスター討伐部隊募集!』
我々に恵みのある食糧を提供してくれている冒険者達に大惨事が起きた
今、我々の新たな主食になろとしているモンスター『お前の人生それでいいのか?』が大群を連れてやってきたのだ
確かに、彼等の生体地に踏み込んだのは我 お 前 の 人 生 そ れ で い い の か ? である
しかし、魔族の侵略が及んお 前 の 人生 そ れ でい いいのか ?しか方法がないのだ
勇気お前の人生それでいいのか?お前の人生それでいいのか?冒険者お前の人生それでいいのか?
お前の人生それでいいのか?お前の人生それでいいのか?お前の人生それでいいのか?
お 前 の 人 生 そ れ で い い の か ?
尚、負傷した冒険お前の人生それでいいのか?も募集している
10:
勇者「……あ?、もう二時半か?」
「あの??」
勇者「ちょっと、寝すぎたな……頭痛ぇわこれ……」
「あの??そこの貴方?」
勇者「あ?、ボーっとする……」
「あの?、もしもし??聞いてますか??」
勇者「……ん?」
男「どうも、私、こういう者です」ニコッ
11:
天使
天童 世死見
12:
勇者「あっ、名刺ですか……えっと、テンドウヨシミさん……?読み方合ってます、コレ?」
天童「はいっ!世の死を見る、天の童でテンドウヨシミです!」
勇者「……なぁ?んか、演歌歌手にそんな人いたような気がするんだけどなぁ」
天童「本日から貴方の天使となりました!これから、よろしくお願いしますっ!」
勇者「はぁ……?私の天使に……って、えっ?どういう事?」
天童「まぁ、ぶっちゃけ、担当なだけだから、お前専属って訳じゃないんだけどね?」
勇者「はぁ?」
天童「まぁさ、立ち話もなんだからさ?酒場でも行って話そうよ?おごってよ、ねっ、ねっ?」
勇者(なんだコイツ)
13:
天童「ねっ、ねっ?早く酒場行こうよ?僕、お酒大好きな?んだ!」グイグイ
勇者「いやっ……!ちょっと……!ちょっと、待って、テンドウ……さん……?」
天童「どうしたっ!早く行かなきゃ酒場が逃げてしまうばいっ!」
勇者「いやいやいや……酒場は逃げない逃げない……え?っと……あなたご職業は……?」
天童「だから、名刺に書いとるでしょうが!天使の天童世死見ばい!」
勇者「ちょっと、その職業どういったものかよくわからないんですけど……お聞かせ願えます……?」
天童「なるほど!」
14:
天童「では、お話しましょうっ!」
勇者「あっ……はい、よろしくお願いします……」
天童「人間というものは日々精進し、毎日全力で生きていくという生物ですっ!」
勇者「……はぁ」
天童「ましてや、この混沌とした世の中では当然の事です!一歩外に踏み出せば、南から魔物の脅威が、北から……」
勇者「……あの?、長くなりそうなんで、端折ってもらってもいいですかね?」
天童「……なんだよ、気分良く話してたのによォ?」
15:
天童「まぁ、簡単にいうと……さ……?」
勇者「はぁ」
天童「お前、毎日毎日ぐーたらぐーたら、引きこもってるだろ?」
勇者「……うるせぇな」
天童「だから、こんな奴、生かしておいてもしょうがねぇって決めちゃったんだよね?」
勇者「……誰が?」
天童「神様だよ」
勇者「……神様が?」
天童「そうだよ、神様だよ」
16:
勇者「……あんたが決めたんじゃないんだ」
天童「俺は天使だからよォ?、そんな決定権ねぇよ。決めたのは神様だよ、神様」
勇者「……俺、死ぬんだ?」
天童「うん。神様が決めちゃったからね」
勇者「ふ?ん……」
天童「あっ!お前、信じてねぇな!?本当に死んじまうんだぞ!?」
勇者「はいはい……信じてます信じてますよ」
天童「カァ?っ!そのバカにしたトーンっ!たまら?んっ!もう、たまらんっ!」
勇者「で、俺、いつ死ぬの?」
天童「え?っとね……ちょっと待っててね、手帳見るから……」ピラピラ
勇者「……何で天使が手帳持ってるんだよ」
天童「あっ、本日20時ですね」
17:
勇者「wwwww」
天童「wwwww」
勇者「フハハwww俺、八時に死ぬんだ?wwwww」
天童「うんうんwww残念だけどねwww神様が決めちゃったからねwwwww」
勇者「神様って、きっついんだねぇwwwww」
天童「うんうんwwwやっぱり毎日毎日引きこもってるのはよくないからねwwwww」
勇者「フハハwww後、五時間半?wwwww」
天童「うんうんwww後、五時間半wwwww」
勇者「wwwww」
天童「wwwww」
勇者「バァァァァアアアーーーーカッ!!」
天童「!」
18:
勇者「ふざけんじゃねぇ!お前、頭おかしい人だろっ!?」
天童「あっ!信じてねぇなてめぇ!」
勇者「そんなもんなぁ、いきなり見ず知らずの男が目の前に現れてよォ!」
天童「うるせぇな!こっちも仕事なんだよ!」
勇者「私はァ?、あなたのォ?、天使ィ?、ですゥ?」
天童「おい、そのバカにしたトーンやめろ」
勇者「貴方はァ?、後五時間半でェ?、死にますゥ?」
天童「だからバカにしたトーンやめろって」
勇者「こ???んな話、どうやって信じろっていうんだよ!バカか?お前、バカか!?」
天童「しょうがねぇだろ!こっちだって仕事でやってんだからよォ?!」
19:
勇者「……あっ、わかった」
天童「……ん?」
勇者「コレ、宗教の勧誘だな?」
天童「違うって!お前、本当に死んじゃうんだぞ?いいのか!?お前の人生それでいいのか!?」
勇者「いえいえ、大丈夫です。私、そういうのは間に合ってますんで」
天童「だから、宗教じゃねぇっての!」
勇者「いえいえ、結構です結構です。私、これから私用がありますので……」
天童「引き篭もりのお前に用事なんてあるわけねぇだろが!」
勇者「そういうのは他の方を当たって下さい?。それでは、また?」
天童「おいっ!待てよっ!他の方って、お前みたいなクズ人間そうそういねぇよ!」
20:
ーーーーー
勇者「……ったく、なんだよアイツ。おっかねぇよ」
勇者「追ってきてねぇだろな?気持ち悪ぃ……」キョロキョロ
勇者「……え?っと、俺は今日の8時に死ぬ?」
勇者「………」
勇者「フハハwww」
勇者「あるわけねぇよ、あるわけない」
勇者「……腹減ったし、帰ってカップラーメン食うか」グゥー
21:
ーーーーー
勇者「……ただいま?」ガチャ
天童「おかえり」
勇者「何でお前がここにいるんだよ!?」
天童「お前が説明の途中で逃げたからだろが!」
勇者「お前、これ不法侵入だぞ、不法侵入!」
天童「うるせぇ!俺だって、好き好んでやってるわけじゃねぇよ!」
勇者「警備隊呼ばなきゃ……警備隊に連絡、連絡っと……」
天童「警備隊さん達は、街の警護の仕事が忙しいんだよ!くだらねぇ、手間かけさすんじゃねぇよ!」
勇者「だったら、とっとと出ていけよ!」
天童「……てめぇで追い出してみろよ?」ニヤニヤ
勇者「……はぁ?」
天童「勇者なんだろ?てめぇの力で追い出してみろよ?ほれ、カマンカマーン」クイクイ
勇者「……」
22:
天童「ほれ、かかってこいよ?」
勇者「……」
天童「カマンカマーン、こっちは丸腰だぜ?」
勇者「……」
天童「勇者なんだろ?強さを見せてみろよ」
勇者「……いや、そういうのいいから」
天童「ヘイヘイ、チキンボーイ。カマンカマーン!」クイクイ
勇者「……いや、いいから出ていけよ」
天童「……」
勇者「……」
天童「……」ハァー
23:
天童「いつからだろなぁ、お前がそんなに臆病になっちまったのは」
勇者「……」
天童「生まれた時から……?いや、違うっ!19XX年X月X日、産声をあげたお前は、未熟児だったにもかかわらず、この世の中を戦って戦って、がむしゃらに生き抜いてやろうという決意があったはずだ!」
勇者「……えっ?」
天童「では、いつ臆病になったか。幼少期……?いや、これも違うっ!」
勇者「……」
天童「幼少期のお前は6歳という若さにも関わらず、父親のような偉大な勇者になるべく、毎日毎日姉と修行に励んでいたはずだっ!」
勇者「……お前、なんで知ってんだ?」
天童「転機はそう!お前が10歳の時!」
勇者「!」
25:
天童「お前の父が倒したはずの魔王が復活!そして討伐に行った父親も帰らぬ人となる!」
勇者「……」
天童「父親を失った事と周囲からの期待がお前を押し潰す!」
勇者「……」
天童「勇者の息子なんだからきっと大丈夫、きっとお前が魔王を倒してくれるという周囲の期待」
勇者「……ぐっ」
天童「それに追い打ちをかけるような、母親からの期待。毎日毎日、あなたも父さんのような立派な勇者になれると声をかけられ、お前の心の休まる場所はなくなってしまった!」
勇者「……」
天童「ちょっぴり同情!お前はそこで足踏みをしてしまう」
26:
天童「次第にお前を追い抜いて行く周囲の人間」
勇者「……もういいから」
天童「それに追い打ちをかけるように、周囲からの冷ややかな声!」
勇者「……もういいから!」
天童「あの子は勇者なのにどうして引き篭ってるのかしら?毎日の様に繰り返される言葉!」
勇者「もういいから!」
天童「しかし、その一方、『勇者のあの子が動いたら世界はよくなるはず』という期待の声もある」
勇者「……ぐっ」
天童「そのジレンマで動けず、毎日毎日引き篭ってる勇者君よ……」
勇者「……なんだよ」
天童「お前の人生それでいいのか?」
勇者「!」
27:
天童「……おっ?ピーンときたようだな、なっ?これで俺が天使だってわかっただろ?」
勇者「……確かに、ここまで俺の過去を知ってるのはこの辺の街にはいないはずだ」
天童「いや、違う違うっ!」
勇者「……えっ?」
天童「『お前の人生それでいいのか?』って台詞だよ!」
勇者「へ……?何、それ……?」
天童「バ、バカ野郎っ!カップラーメンにチラシ!散々、警告してきただろが!」
勇者「カップラーメン……?チラシ……?なんだそりゃ……?」
天童「バ、バカっ!あれ、結構経費かかったんだぞ!カァ?!もう鈍感?!たまらん、たまらんっ!」
勇者「?」
28:
天童「でも、まぁ、これで俺が天使だって信じてくれただろ?」
勇者「う?ん……まぁ、半信半疑だけど……」
天童「なんだと、てめコノヤロ!だったらてめぇの痛い過去もっと言ってやろうか!?傷、エグり出してやろうか、オイ!?」
勇者「いや、ゴメンゴメン……それはやめて……あっ、でもさぁ……?」
天童「ん、どうした?」
勇者「あんたは、わざわざ俺が八時に死ぬって事だけを伝えに来たの?」
天童「!」
勇者「そんな手間隙かかる事してさぁ?俺、よくわかんないんだけど、天界のシステム大丈夫なの、それ?」
29:
天童「違っ……!それはっ……!」アセアセ
勇者「こんな俺の素性まで調べてさ、わざわざこれだけって、神様も手間隙かけすぎだよ。きっと経営能力は三流だね」
天童「バカっ……!お前、神様にそんな事言ったら罰当たるぞ!それに、説明は途中だっての!」
勇者「……へ?」
天童「お前が説明の途中で逃げ出したからだろが!いいか、説明するぞ?」
勇者「お、おう……」
30:
天童「コホン……人間というものは日々精進し、毎日全力で生きていくという生物ですっ!」
勇者「そこから!?」
天童「ましてや、この混沌とした世の中では当然の事です!一歩外に踏み出せば、南から魔物の脅威が、北から……」
勇者「いやいや!もういいから!簡潔に話してよ簡潔に!」
天童「そして、東に年老いた戦士がいれば、その者を……」クドクド
勇者「……」
天童「西に道を踏み外した盗賊がいればその者を……」クドクド
勇者(……長ぇな)
31:
ーーーーー
天童「……という事で、そんな君を生かしておいても仕方がないと神様が決めてしまったのです」クドクド
勇者「はいはい、神様神様」
天童「だが、しかぁ?し!!」
勇者「!」
天童「本来の君は、もっとやる気に満ち溢れた、素晴らし?い人間なのかもしれない……」
勇者「ほぅほぅ」
天童「そこで、天からの『命題』で君のやる気を確かめてみようという話なのです!」
勇者「『命題』?なんだそりゃ?」
天童「そう……これは君に残されたルァーストチャァーンスっ!なのかもしれない……」
32:
勇者「……まぁ、とにかく、その『命題』ってヤツをクリアすれば俺は生き続けられるんだな?」
天童「うん、そうだよー」
勇者「……で、命題って何だよ?」
天童「はい、これー」ガサゴソ
勇者「……この中にその命題が入ってるの?」
天童「うん、そうだよー」
勇者「……なんでこんな封筒に命題が入ってんだよ。あんたが入れたに決まってんだろ」
天童「バ、バカ野郎っ!神様に怒られんぞてめぇ!」
勇者「……はいはい、え?っと、なになに」ガサゴソ
天童「ねぇねぇ、なんて書いてあるの?なんて書いてあるの?」ヒョコ
勇者「……うるせぇな、近ぇよ、うぜぇよ」
33:
勇者
X月X日 午後8時までに
引き篭もりをやめなければ即・死亡!
34:
勇者「……なんだこれ?」
天童「ふ?む……『引き篭もりをやめなければ即・死亡』か……」
勇者「引き篭もりをやめる事と、死ぬ事って関係あるのか……?」
天童「よしっ、勇者!外出るぞ、外!」グイグイ
勇者「お、おいっ……!引っ張んなって!」
天童「バカ野郎っ!お前、引き篭もってたら死んじまうだぞっ!とにかく外に出るんだ!」グイグイ
勇者「いやいや……!八時までにやればいいんだろ?だったらまだ行かなくていいじゃん……」
天童「明日行動する明日行動するって言って、動かないのはお前らクズ人間の決まり文句だ!さぁ、今すぐ引き篭もりをやめるのだっ!」グイグイ
勇者「ちょっと待ってくれって!じゃあ、せめてラーメンぐらい食わせてくれよ!」
天童「ラーメンなんて外でも食えるばいっ!さぁ、今すぐ楽しい社会に飛び出そうっ!」グイグイ
35:
ーーーーー
勇者「……腹減った」
天童「しょうがねぇだろ。あのまま、あそこにいたら死んじまったんだから」
勇者「……腹減った」
天童「じゃあさ、酒場でも行く?四時から飲むお酒ってのもオツでいいじゃん?」
勇者「……そんな金ない」
天童「あっ!そういえばさぁ?」
勇者「……ん?」
天童「お前の食費とか何処から出てんの?」
勇者「……」テクテク
天童「お前は働いてないし、親父さんは……って、お?い!追いて行かないでくれよ?!」
36:
道具屋の娘「あれ?勇者さん、いらっしゃ?い」
勇者「……こんちは」
娘「あっ!もしかして勇者さんも魔物討伐に参加するんですか?」
勇者「……」
娘「だったら、まけておきますよ!え?っと……薬草セット80Gの所……72Gでどうですか?」
天童「話にならんねっ!」
娘「えっ……!?」
勇者「……うるせぇやつが来たなぁ」
37:
天童「こっちは魔物討伐に行くってのに、たった72Gなんて高すぎる!あぁ、高すぎる!」
娘「むむむ……」
天童「60G!これでどうばいっ!」
娘「むむむ……70Gでどうでしょうか?」
天童「う?む……おたくも生活がかかっとるとはいえ、こっちは命がかかっとるばいっ!62Gだ!」
勇者「……」
38:
ーーーーー
天童「65G!」
娘「くそう!商談成立だっ!もってけ泥棒ーっ!」
天童「ははは!おい、勇者見たかっ!65Gまで値切ってやったぞ!」
勇者「……」
娘「いや?、勇者さん、いい仲間見つけましたね?商人さんですか?この方、かなりの腕ですよ」クスクス
天童「あっ……自分は商人じゃなくて天使の……」
勇者「それじゃあ、ポテトサラダ下さい。薬草のセットはいいです」
娘「……へ?」
天童「……へ?」
39:
娘「え?っと……ポテトサラダのみ……で……?」
勇者「はい」
天童「おいっ!せっかく俺が値切ったんだぞ!?買えよ!薬草セット買えよ!」
娘「ええ……私が言うのもなんですが、この薬草セット、かなりお得だと思いますよ……?」
勇者「いえ、結構です。ポテトサラダだけでいいんで、お腹減ってるんで」
娘「わかりました……ではポテトサラダで2Gになります」
天童「……」
40:
ーーーーー
天童「……おい、コラ」
勇者「なんだよ」
天童「な?んで、薬草セット買わなかったんだよ?お前、魔物討伐で死んじまうぞ?」
勇者「はぁ!?魔物討伐!?行かねぇよそんなもん!」
天童「はぁ!何言ってんだお前!?」
勇者「あんな危険なもん行くかっての!薬草とか関係なく死んでしまうわ!」
天童「じゃあ、命題はどうすんだよ!?」
勇者「……はぁ?」
天童「だから?、『引き篭もりをやめなければ即・死亡』って命題だよ!お前、魔物討伐に行く前に死んでしまうぞ!」
勇者「なんで?」
天童「……へ?」
勇者「命題はもう、クリアしたじゃん」
天童「……へ?」
41:
勇者「だから、外出たじゃん。これで命題はもうクリアだろ?」
天童「……ごめん。勇者君。僕、君の言ってる事がよくわからない」
勇者「だから?、引き篭もりってのは一日中、部屋から出ない人の事だろ?」
天童「うん、そうだね。勇者君みたいな人の事だね?」
勇者「俺は違うよ?だって、外出たじゃん」
天童「うん、そうだね。勇者君は外に出て、薬草セットを買わずにポテトサラダを買ったね。……それで、これからどうするの?」
勇者「ん、これから……?家に帰って食うんだよ。カップラーメンもあるし」
天童「てめぇっ!結局、引き篭もってんじゃねぇかよ!それが引き篭もりだバカ野郎っ!」ギャーギャー
勇者「なんでだよ!違うよ!俺は外に出たんだからさ!」ギャーギャー
42:
女僧侶「あれ?勇者さんじゃないですか?」
勇者「あっ、僧侶ちゃん……」
天童「ん、誰?勇者君、この可愛いお嬢さんはいったい誰だい?」
女僧侶「私、この付近の教会で修行をしている女僧侶と申します。勇者さんとは幼馴染なんですの。ねっ?」ニコッ
勇者「……ったく、なんでわざわざこの街に修行にくるんだよ」ブツブツ
天童「……ん?」
女僧侶「……ところで、そちらの方は?」
勇者「えっ……あっ、こいつは……」
天童「どうも、始めまして。私、天使の天童世死見と申します」キリッ
女僧侶「……えっ?」
勇者「あっ、いや!違う違う!こいつはちょっとした知り合いの天童さんっ!天童さんですっ!」
天童「おいおい、なんだよそれ。俺は天使の……うぐっ……!」
勇者(バカ野郎っ!相手は僧侶なんだから余計な事言うんじゃねぇよ!)ヒソヒソ
天童(余計も何も、俺は本当に……)モガモガ
女僧侶「?」
43:
女僧侶「ところで、勇者さんも魔物討伐に参加されるんですか?」
天童「あっ、はいっ!参加しますっ!世の為、人の為!そして己の命題の為に彼は参加しますっ!」
勇者「しねぇよ!勝手に決めんじゃねぇよ!それに命題はもうクリアしただろが!」
天童「だから、クリアしてないって言ってんだろが!お前、このままじゃ本当に死んじまうぞ、このダメ人間っ!」ギャーギャー
勇者「魔物討伐なんて行ったら、それこそ死んじまうだろが!それに、俺なんかが行ったってどうせ皆の足引っ張るだけだよ!」ギャーギャー
天童「うわっ!何、そのネガティブな考え方!?君、どこで性格そんなにねじ曲がったの?ねぇ、ねぇ?」
勇者「うるせぇっ!どうせ、あんたには俺の気持ちなんてわかりっこね?よ!」
天童「あぁ、あぁ!わかりたくもないね!こんなダメ人間の気持ちなんて!」
勇者「なんだと??」
女僧侶「……え?っと、勇者さんは参加されないのですか?」
44:
勇者「えっ……?あぁ、まぁ、俺は今回は見送るつもり……」
天童「参加しろっ!ちょっとは世の中の役に立ちやがれ!この引き篭もりっ!」ヤイヤイ
勇者「うるせぇっ!だったら、あんたが参加しろっ!」
女僧侶「え?っと……私も参加するんですが……よければ勇者さんも、参加しませんか……?」
勇者「えっ……?」
天童「あらっ、ご立派っ!こんなに若いのに!何処かの誰かさんとは大違いっ!」パチパチ
勇者「うるせっ!」
45:
勇者「僧侶ちゃん、参加するんだ?大丈夫なの?」
天童「とても魔物と戦えるような風貌には見えませんが……あっ!ひょっとして実はテコンドーの達人!とか?」
女僧侶「あっ、いえ……私、戦闘の方はからっきしで……」
勇者「だったら、行かない方がいいじゃん。他の人の足引っ張るだけだよ」
天童「足引っ張ってるのはお前だよ。女僧侶ちゃんのやる気を削ぐような事言うんじゃねぇ」
勇者「なんだと??」
天童「なんだよ?本当の事じゃねぇか?」
女僧侶「……え?っと、話続けてよろしいですかね?」
勇者「あっ、どうぞどうぞ」
天童「どうぞどうぞ」
46:
女僧侶「今、あちらでは多くの冒険者達が負傷しているんですね。私はそれの治療と……」
勇者「ほぅほぅ」
天童「向こうでは派手にやられたらしいからね」
女僧侶「それに……魔物討伐の時にも多くの負傷者が出ると思うんですよね?私は戦闘力はからっきしですが、回復術で皆さんのサポートに回れると思うんですよ」
勇者「ふ?ん……」
天童「いやぁ?、ご立派!素晴らしいっ!」パチパチ
女僧侶「ですが……」
勇者「?」
天童「ん?」
47:
女僧侶「私、修行ばかりで……実戦の冒険って始めてなんですよね……?」
勇者「ふ?ん」
天童「なぁ?に!最初は誰もがそうばいっ!気にしちゃいかん気にしちゃいかんっ!」
女僧侶「え?っと……いいですか?」
勇者「お前はちょっと黙ってろよ」
天童「あっ……すんましぇ?ん……」ペコッ
女僧侶「魔物討伐に参加される方は、年配の方ばかりで……若い人って、私一人ですから、ちょっと不安なんですよ……」
勇者「ふ?ん」
天童「そんな事気にしちゃいかんばいっ!」
女僧侶「だから……勇者さんも来て下さったら心強いんですが……」
勇者「えっ?」
天童「ふむ」
女僧侶「……勇者さんも参加されません?」
48:
勇者「えっ……でも……」
女僧侶「……」
勇者「……俺はさぁ?」
女僧侶「……」
勇者「いやっ……そのっ……結構ブランクもあるしさぁ……?」オドオド
女僧侶「……」
勇者「女僧侶ちゃんみたいに、回復術も使えないしさぁ……?」オドオド
女僧侶「……」
勇者「……俺なんかが行っても、どうせ皆の足引っ張るだけだと思うんだよねぇ?」
天童「あ?っ!わかってねぇな、お前っ!」
49:
天童「お前はどうして、そんなに卑屈なのかねぇ!?」
勇者「……なんだよ」
天童「足引っ張るかどうかなんて、やってみなくちゃわかんねぇじゃねぇかよ!?」
勇者「それは……でも、ブランクもあるし……」オドオド
天童「そうやって、行動起こす前から足踏みしてよぉ!?」
勇者「……だって」
天童「だってじゃねぇよ!何ができるかなんてやってみなくちゃわかんねぇじゃねぇかよ!?」
勇者「……」
天童「自分に出来る事を全力でやってみろよ!まずはそこからだろが!」
勇者「……」
50:
女僧侶「私も……そう思います……」
勇者「……えっ?」
女僧侶「勇者さんって、その……あの、ずっと……あっ、いえ……」
勇者「……」
女僧侶「……今の環境を変えるにはいい機会だと思うんですよね?」
勇者「……」
女僧侶「皆で協力すれば、きっと大丈夫ですよ。だから……ねっ……?」
勇者「……」
女僧侶「……ねっ?」
勇者「……わかった」
51:
天童「おっ!お前、参加するのかっ!?」
勇者「……うん。不安もあるけど、やってみるよ」
天童「ははは!なんだよ、お前っ!?出来るじゃねぇかっ!?これで命題もクリアだ!」ダキッ
勇者「うわっ!なんだよ、お前!?抱きつくな、気持ち悪ぃ!」
天童「ダメ人間から一歩前進したなっ!よくやったっ!」
勇者「やめろっ!離れろっ!気持ち悪ぃ!」
女僧侶「え?っと……それじゃあ、三人分登録してきますね?」
天童「……ん?」
52:
天童「……お嬢さん、ちょっと待った」
女僧侶「?」
天童「今、何人分登録すると言ったのかね……?」
女僧侶「え?っと、三人分ですけど……?」
天童「三人……?おかしいな……?私には二人しか見えないんだがねぇ……」
勇者「お前だよお前」
女僧侶「そうですよ?天童さんも参加されるんでしょ?」
天童「えぇっ!俺も入ってるの!?」
53:
天童「俺は参加しねぇよ!」アタフタ
女僧侶「えぇ!?だって、さっきあれだけ勇者さんの事煽ってたじゃないですか!?」
天童「いやっ……それとこれとは話が別で……」
勇者「ダメだよ。お前も道連れだ。自分に出来る事を全力でするんだな」
天童「俺がする事はお前の更生だよっ!それに職業欄どうすんだ!?天使って書くのか!?天使って書けばいいのか!?」
勇者「う?ん……商人でいいんじゃね……?」
天童「バ、バカっ……!商人みたいな職業嫌だよ!せめて、賢者にしろってんだ!?」
勇者「いや、お前は賢者顔じゃない」
天童「賢者顔ってどんな顔だよ!?窪塚洋介か?窪塚洋介みたいな顔の事か!?」
女僧侶「ふふ、おかしな二人」クスクス
54:
酒場ーーー
主人「魔物討伐部隊参加者……まずは女僧侶っと……」カキカキ
女僧侶「はい、よろしくお願いします」
主人「え?、次に……おっ?お前、勇者の息子か?……勇者っと」カキカキ
勇者「お、お願いします……」
主人「え?、最後に……商人の……テンドウっと……」カキカキ
天童「あの、恰好書きでいいんで、『天使』って書いておいてもらえます?」
主人「……あぁ?」
天童「いや、だからぁ?『テンドウ:商人(天使)』って書いておいて下さいよ」
主人「……」
天童「あんた、頭悪いねぇ!?そこに天使って書けばいいだけでしょうが!?な?んで、そんな簡単な事が出来んとね!?」
主人「……」ギロリ
天童「あっ……すんましぇ?ん。自分、商人のテンドウです」
55:
主人「よしっ……三名登録完了だっ!気をつけて行ってくれよな!」
女僧侶「はいっ!よろしくお願いしますっ!」
勇者「お、お願いします……」オドオド
天童「大船に乗ったつもりでいときんしゃいっ!」
主人「討伐部隊は八時から向かう。八時になったら、街の広場に集まってくれ!」
女僧侶「はいっ!」
勇者(……八時)
天童「ふむ」
56:
ーーーーー
女僧侶「……八時まで、少し時間がありますねぇ?」
天童「う?ん……今、五時半だから……あっ、酒場でお酒飲んで時間潰そうか?」
女僧侶「う?ん、未成年なので……遠慮しておきます……」クスクス
天童「なぁ?に!硬いこと言っちゃいかんばいっ!ほれっ、行こうっ!飲みに行こうっ!」
女僧侶「ダメです?」クスクス
勇者「あ、あのさぁ……?天童……?」
天童「……ん?」
57:
勇者「……買い物、付き合ってくれねぇかな?」
女僧侶「……買い物?」
天童「なんだおめぇ!?乙女か!?気持ち悪ぃぞ!?」
勇者「いや、だからさぁ……やっぱりこれから魔物討伐行くなら……薬草セット、買っておきたいし……」
天童「……お、おぉ!」
勇者「それに……装備も新調しておきたいししさぁ……?」
女僧侶「ふふ」クスクス
勇者「……また、値切ってくれよ」
天童「なんだおめぇ!?ついにやる気になったか!?よし、行こうっ!買い物行こうっ!三割値切ってやるぜっ!」
女僧侶「ふふ、頼もしい商人さんですね。私も付き合いますね」クスクス
58:
ーーーーー
勇者「ど、どうかな……?似合うかな……?」オドオド
女僧侶「ええ、勇者さん、とってもお似合いですよ」
天童「やっぱり装備新調すると、お前みたいな奴でも格好良く見えるもんだな!ピッカピカの一年生みたいでいいじゃねぇか!」
勇者「……ねぇ、もっと別の例えないの?」
女僧侶「ふふ、まぁ、私達は冒険一年生なんだし、いいじゃないですか」クスクス
天童「よしっ!じゃあ、そろそろ行くかっ!」
勇者「えっ、行くって何処に?」
女僧侶「八時まで、あと一時間ありますよ?」
天童「カァ?!これだから一年生はっ!たまらぁ?ん!もう、たまらぁ?んっ!」
59:
天童「はい、注目ゥ?!それでは先生が説明しますゥ?」
勇者「なんで、金八の真似してんだよ。嫌なセンコーだな」
天童「いいですかァ??八時集合という事は、『八時に集まる』という事ではなく、『八時に出発』という事なのですゥ?」
女僧侶「……はぁ」
天童「『八時に出発』という事はァ?、それまでに全ての準備を済ませておくという事なのですゥ?」
勇者「いや、だから、装備も買ったし薬草も買った……準備終わってんじゃん……?」
天童「この、バカチンがァ?!」
60:
天童「今回の場合?、討伐部隊は我々でなくゥ?、多くの方々がいますゥ?」
女僧侶「ええ、そうですね」
天童「準備とは、その方々への自己紹介や、実際の討伐の際の役割分担の確認などもォ?、含まれるのですゥ?」
勇者「なるほど」
天童「まっ、簡単に言うとよ、八時に集まってぺっちゃくちゃ喋ってたら、出発は八時半やら九時になっちまうだろ?」
女僧侶「ええ、そうですね」
天童「だから、それまでに色々な事を終わらしておいて、八時ジャストに出発できるようにしましょうって事だ!社会人の『三十分前集合』なんていうのはそういう事だね!」
勇者「なるほど」
61:
女僧侶「それじゃあ、広場に行きましょうか?」
天童「美人な女の人がいるといいよな!?なっ、なんかワクワクするよな!?」
勇者「お前は何を考えてるんだ」
女僧侶「そうですよ。遠足に行くんじゃないんですから」
天童「いや、わかってるけどさぁ!やっぱり、こういうのっていいじゃん!ねぇ、ドキドキするじゃんっ!」
勇者「……お前はよぅ」
女僧侶「ふふ、でも……実は私もワクワクしてたりします」クスクス
天童「なっ!そうでしょ!?やっぱり、ワクワクするんもんでしょ!?おいっ、勇者っ!お前も実際の所、ワクワクしてたりするんだろ!?」ニヤニヤ
勇者「……う、うるせぇな」
62:
勇者「な、なぁ……天童……?」
天童「……ん、どうした?」
勇者「いや……そのっ……あのっ……」モジモジ
天童「なんだぁ?お前、ビビってんのか?」
勇者「いやっ……!違う違うっ……!」
天童「……だったら、なんだよォ??」
勇者「いや……なんと言うか……その……ありがと、な……」
天童「ん??」
勇者「いや、だから……その、装備とか……他にも色々……ありがと……」
天童「ニヤニヤ」
女僧侶「ふふ」ニコニコ
63:
広場ーーー
天童「あっ!ど?も、ど?も!討伐部隊参加者の方ですか?我々も今回、ご一緒させていただきます!」
男戦士「ん……?あぁ、あんたも参加するんだ……?」
天童「私、商人(天使)のテンドウと申しますっ!あの、(天使)忘れないでね?恰好書きで、て・ん・し!」
男戦士「あぁ、商人さんね……?じゃあ、金銭面の管理はあんたに任せるよ。え?っと……あの、ガキ二人も参加するの……?」
天童「あっ、はいっ!こっちの二人も参加します!これ、お前達!こっちにきて自己紹介をしなさいっ!」
女僧侶「は、はいっ……!」
勇者「お、おうっ……!」
男戦士「……」
64:
女僧侶「私、そこの教会で修行の身の、女僧侶と申します」ペコッ
男戦士「あ?、僧侶さんね……」
女僧侶「戦闘の方はからっきしですが……今、あちらには多くの方々が負傷しているというので、今回自分の力が役に立てるかと思い、参加させて頂きました!」
男戦士「……」
女僧侶「戦闘の方でも、回復術で皆さんのサポートに回れたらと思っております。ご迷惑をかける事も多々あるとは思いますが、どうかよろしくお願いしますっ!」ペコッ
天童「よっ!女僧侶ちゃんっ!いいぞ、日本一!」パチパチ
男戦士「……まぁ、回復役は貴重だからなぁ」
天童「よしっ、勇者っ!次はお前の番だっ!自己紹介しろっ!」
65:
勇者「いや……天童、天童っ……!ちょっと待って……!」アセアセ
天童「なんだよ、お前の番だから、早くしろよ」
勇者「いや……俺、あんな自己紹介なんて出来ないよ……!」
天童「はぁ!?何言ってんだお前っ!?」
勇者「自己紹介って、名前と年齢とかだけ言うもんなんじゃないの……?」
天童「そんな、自己紹介だったらわざわざこんなに早く来た意味、ねぇじゃねぇか!言ってやれっ!お前の決意をビシッと言ってやれっ!」
勇者「だって、俺僧侶ちゃんみたいに回復術も使えないしさ……どうせ俺なんて何にも出来ないないんだしさ……何言っていいか……」アセアセ
男戦士「何やってんの……?早く自己紹介してよ?」
天童「あっ、すんましぇ?ん……今、します……ほれ、勇者、いけっ!」
勇者「!」
66:
勇者「え?っと……自分は勇者の……勇者と申します……」モジモジ
男戦士「……勇者?」
勇者「それで……あのっ……え?っと……ん?っと……」モジモジ
女僧侶「……」
勇者「自分はっ……!あっ……え?っと……ん?っと……」モジモジ
天童「何でもいいんだぞっ!お前の決意をビシッと言ってやれっ!」
勇者「決意……?あ?っと……あっ、でも……ん?っと……」モジモジ
男戦士「……」
勇者「ん?っと……ん?っと……」
男戦士「勇者君、勇者君、もういいよ。もういい」
67:
勇者「……えっ?」
男戦士「あのさぁ……?こっちの立場にもなってよ。ガキのお守りなんかしたくねぇんだよね」
勇者「いやっ……!」
男戦士「俺、聞いた事あるよ。伝説の勇者様の息子が引き篭もりで、ぐーたらぐーたらしてるって……それ、君の事でしょ?」
勇者「!」
男戦士「そんな、一度も使った事のないような、ピッカピカの装備してさぁ?……君、冒険した事ないでしょ?大丈夫なの?」
勇者「……う、うぅ」
男戦士「周りに迷惑かけるぐらいだったらさ……?今回は、遠慮した方がいいんじゃない?こっちは遊びじゃないんだよね?」
勇者「ううっ……」ダッ
68:
女僧侶「勇者さんっ!」
天童「おいっ!勇者っ!」
男戦士「あらら、行っちゃったね」
天童「あんたねぇっ!」グッ
男戦士「ちょっと……胸ぐら掴まないで下さいよ。痛いです。離して下さい」
天童「なんで、あんたはそういう言い方しかできんかねぇ!?」
男戦士「……だって、本当の事でしょ?」
天童「あんた、いい歳して言っていい事と悪い事の分別もつかんかねぇ!あんただって『おでこ広いね??五年後にはツルツルのハゲになってそうだね??』なんて言われたら嫌でしょうが!」
女僧侶「ちょ、ちょっと……!天童さんっ……?」アセアセ
男戦士「僕のおでこが広い事は関係ないでしょ。とにかく離して下さい」
天童「……くそっ!僧侶ちゃんっ!俺、アイツ追ってくるよ!」ダッ
女僧侶「は、はいっ!お願いしますっ!」
男戦士「……」
69:
自宅ーーー
勇者「はぁ……何やってたんだろ……俺……」
勇者「そりゃ、そうだよなぁ……だって、俺引き篭もりだもん……」
勇者「魔物討伐……俺なんかに、出来るわけないもん……」
勇者「……」グゥー
勇者「……腹減ったな。そういや今日、何にも食ってなかったんだったや」
勇者「今日一日、何してたんだろ……お湯沸かしてカップラーメン食おっと……」
勇者「『メラ』」
パチパチ、パチパチ
70:
天童「……お前、魔法なんて使えたのかよ?な?んで、さっきの自己紹介の時に言わなかったんだよ?」
勇者「あっ、天童……?唯一、使える魔法なんだけどね。こ?んな、小さい火なんてどうせ何の役にも立たないよ……」
天童「そんなもん、やってみなくちゃわかんねぇじゃねぇかよ。戻って、それ使ってもう一度、自己紹介しろよ」
勇者「へへ……こんなの役に立つ訳ないよ……俺は、もういいから、さ……?」
天童「……じゃあ、命題はどうするんだ?」
勇者「……えっ?」
天童「このまま引き篭もってたら死んじまうんだぞっ!お前、また逃げんのかよっ!このままでいいのかよっ!」
勇者「うるせっ!」
天童「!?」
71:
勇者「俺なんかが冒険に行っても、どうせ何も出来ずに死ぬんじゃねぇか!どうせ死ぬんだろ?だったら、もう好きな事やって死ぬよ!」
天童「お前の好きな事ってなんだよぉ?」
勇者「……えっ?」
天童「こ?んな、狭っ苦しい小汚ねぇ部屋でさ?……今、7時55分だから、後5分だ」
勇者「……」
天童「後、5分の間に何するんだよ!?カップラーメンは作るのに3分もかかっちまうんだぞ!」
勇者「……」
72:
天童「なぁ……勇者よぉ……?」
勇者「……うん」
天童「悔しいかもしれねぇけど、あの戦士のおっさんの言ってた事は真実だと思うよ」
勇者「……」
天童「だってよぉ?お前は、他の人が一生懸命生きてる時間を、この小汚ねぇ部屋で何万時間も無駄にしてきたんだからよ」
勇者「……」
天童「やっぱり、ああいう目で見られるのは仕方ねぇ事だよ……でもよ!?」
勇者「?」
天童「お前は、その失った時間を今から取り戻しに行こうとしてんじゃねぇか!?なぁ、違うのかオイっ!?」
勇者「……」
73:
天童「お前、今回の冒険はただの魔物討伐なんかじゃねぇぞ!?」
勇者「……えっ?」
天童「お前がこのダメ人間の生活からよぉ!まともな人間になる為の第一歩なんじゃねぇか!?逃げんのか!?ここでも、また逃げんのかおいっ!」
勇者「……」
天童「そりゃ、冒険なんかした事ねぇお前が、最初から上手くいく訳なんてねぇよ。……でもさぁ、ひょっとしたら何かビックチャンスが舞い降りてくるかもしれねぇじゃねぇか?」
勇者「……うん」
天童「俺も一緒に頭下げてやるからよぉ……?皆の所に戻ろうぜ?何ができるかなんて、やってみなくちゃわかんねぇじゃねぇか?」
勇者「……」
74:
ーーーーー
女僧侶「あの……後、5分……いや、3分でいいから、待ってもらえませんか……?」
男戦士「う?ん……」
女僧侶「お願いしますっ!」ペコッ
男戦士「いや……八時出発だしね……他の人もいるし……」
女僧侶「そこをなんとかっ……!お願いしますっ……!」
男戦士「う?ん……でも、彼だけに構ってるのも……」
「いやぁ?、すんましぇ?ん!遅くなってすんましぇ?んっ!」
男戦士「……んっ?」
女僧侶「あっ!」
75:
天童「いやぁ?、皆さん、すんましぇ?ん!どうやら、昨日食べたサバが当たってしまったようで!」
クスクス、クスクス
天童「トイレに篭ってクソしてたとですよ!こ?んなでっかいクソが出たばいっ!」
クスクス、クスクス
天童「あっ、自分、商人のテンドウと申します。『サバ糞野郎』とか変なあだ名をつけないで下さいね?」
クスクス、クスクス
天童「そして、私のクソに付き合ってくれた心優しい方っ!こちらはっ……!」
勇者「……えっ?」
天童「自己紹介だよ、自己紹介。お前の想いをぶつけてやれぃ」
勇者「う、うん……」
76:
勇者「え?っと……自分は勇者と申します……」
天童「よっ!重役出勤っ!いいぞっ!」
勇者「お、お前っ、うるせぇよっ!え?っと……冒険するのは始めてですが……」
男戦士「……」
勇者「皆さんに迷惑をかける事も多々あると思いますが……」
女僧侶(……頑張って下さい)
勇者「と、とにかくっ……!自分に出来る事を精一杯してみたいと思いますっ!」
天童「よっ!いいぞいいぞっ!」
勇者「皆さんどうか、よろしくお願いしますっ!」ペコッ
77:
勇者「……え?っと」ソローッ
シーン
勇者「……これで、よかったのかな」
パチパチ、パチパチ
勇者「……んっ?」
パチパチ、パチパチ
勇者「おぉっ」
女僧侶「ふふ」パチパチ
男戦士(初々しいね。自分の始めての時を思い出したかな?)パチパチ
天童「いいぞっ!新米兵日本一っ!」パチパチ
パチパチ、パチパチ、ザワザワ、ザワザワ……
勇者「……ん、ザワザワ?」
78:
「大変だぁ?!火事だぁ?!家燃えてるぞ?!」
勇者(……えっ?火事?)
「大変だぁ?!警備隊を呼べぇ?!警備隊を呼ぶんだぁ?!」
勇者(……えっ?あれって?)
女僧侶「うわ?、火事ですって……私達も何か手伝います?」
男戦士「そうだね?僕達も手伝いに行こうか?」
警備隊「いえっ!あちらは自分達がしますっ!冒険者さん達は向かって下さいっ!あっちも大変なんですよっ!」
男戦士「あっ……そうですか。え?っと……じゃあ、皆さん……ここは警備隊の方々に任せて、我々は出発しましょうか?」
勇者(あれ、俺の家じゃんっ!)
天童「む……?8時ジャストだな!」
79:
天童「はい、カァ?ットっ!」
勇者「も、燃えてる……俺の家が燃えてる……なんで……?どうして……?」
天童「お前、出来たじゃねぇかよぉ?引き篭もり、やめれたじゃねぇかよぉ!?」ダキッ
勇者「あわわ……燃えてる……燃えてるよぉ……」
天童「お前、あのまま引き篭もってたら、あそこで黒焦げになって死んでたんだぞ?えぇ?わかってんのかおいっ!」ニヤニヤ
勇者「いやっ……そんな事より……俺の家が燃えてるんだよ……」
天童「あぁ?どうせ、今から冒険者に行くんだからさぁ、家の一つや二つぐらいいいじゃねぇか?」
勇者「家は一つしかねぇんだよっ!」
80:
道中ーーー
天童「さて、勇者君……」
勇者「あぁ、なんだよ?今、元気ねぇんだよ……放っておいてくれよ……」
天童「……君はXXXX年、X月X日」
勇者「あぁ……?」
天童「死ぬ」
勇者「……はぁ?」
天童「君はXXXX年X月X日、死ぬ」
勇者「大事な事だから、二回言ったんですね」
81:
勇者「ちょっと待てよ!俺は命題クリアしただろが!」
天童「あっ、命題って全部で10個あるんだよ??だから、後9個だね。後9個」
勇者「!」
天童「言ってなかったっけ?うん、だからこれから頑張ろうねぇ??」
勇者「ちょっと待てちょっと待て!聞いてねぇぞ!?」
天童「あれぇ??おっかしいなぁ??」
勇者「それに、俺は引き篭もりやめてちゃんとした人間になっただろ!なんで、まだ命題があるんだよっ!?」
天童「なっ……!バ?カ言っちゃいかんよ」
82:
天童「お前はダメ人間から一歩前進しただけ!まだまだ、ダメ人間。うん、ダメ勇者」
勇者「ダメダメダメダメうるせぇなっ!」
天童「だからさぁ?、これから命題を一つずつクリアしてさぁ??一歩ずつちゃんとした人間に近づこうよ、ねっ?」
勇者「……後、9個。俺、もう嫌だよ」
天童「まぁさぁ?俺も手伝ってやるからよぉ?なぁ、元気出せよ?」
「お?いっ!最後尾遅ぇぞ?!」
天童「あっ、すんましぇ?んっ!おいっ、遅れてるってよ!勇者、走るぞっ!」ダッ
勇者「後9個……も?う……」シクシク
86:
男戦士「おいっ!冒険一年生っ!遅れてんぞ!ちんたら歩くなっ!」
勇者「は、はいっ……!すいませんっ……!」
ーー俺の名は勇者。元・引き篭もりの新米冒険者だ。
天童「ねぇねぇ、勇者君?君、どうしてそんなに体力ないの?やっぱり、ず?っと引き篭もってたからかな?ねぇねぇ?」
勇者「うるせっ!引き篭もりはもう卒業したよ!」
ーーこいつの名は天童。突然俺の目の前に現れて、俺はお前の天使だなんてわけのわからない事を言い出しやがった。
天童「ほれっ!口を動かす前に手と足を動かさなければいかんばいっ!はいっ、元気よく行進?!ほれっ、いっち、にっ!いっち、にっ!」
勇者「……うるせぇなぁ」
ーーしかし、こいつは俺の命の時間を知っている。
ーー俺は、神様から与えられた十個の命題をクリアしなければ、死んでしまうらしい。
87:
天童「……おい」
勇者「なんだよ、うるせぇなぁ……」
天童「いよいよ、今日だな……?命題……」
勇者「!」
天童「……お前、気合入れないと死んじまうんだからなぁ?わかってんのか?」
勇者「な、なぁ……!?その事なんだけどよぉ?」
88:
勇者「タイムリミットは今日だってのに、まだ命題届かねぇじゃねぇか!?」
天童「もうすぐ届くんじゃねぇ?」
勇者「本当に命題なんてくんのかよ?ひょっとしてあんた、天使なんて嘘で俺を騙してんじゃねぇだろな!?」
天童「なっ……!なんば言うとっか!おめぇ、この間あ?んな目にあったのに、ま?だ信じてねぇのか!?」
勇者「……いや、それは」モジモジ
男戦士「お?いっ!一年生?!な?に、やってんだぁ?!?」
天童「とにかくよぉ?命題はすぐ届くと思うから……なっ……?すんましぇ?ん!今行きます?!ほれ、勇者走るぞ!」ダッ
勇者「届くと思うって……も?う……いいかげんだなぁ……」
89:
男戦士「遅ぇよっ、このノロマっ!なにチンタラ歩いてんだ!」
勇者「す、すいません……」
女僧侶「勇者さん、大丈夫ですか?あまり無理はなさらないで下さいね?」
勇者「あっ……うん……」
男戦士「ただ、歩いてるだけだろが!なんでそんなに体力ねぇんだ。お前は使えねぇなっ!」
勇者「す、すいません……」
女僧侶「戦士さん申し訳ありませんっ……!頑張りますので許して下さいっ……!」
勇者「す、すいません……」
男戦士「ったくよう……ん……?」
90:
男戦士「おいっ、お前ら……あれ、見てみろよ……?」
女僧侶「……ん?」
勇者「あっ……!」
男戦士「野生のモンスターだよ」ニヤニヤ
女僧侶「図鑑で見た事はありますが、実際に見るのは始めてです……」
勇者「お、俺も……」
男戦士「よ?しっ!ちょうどいいっ!新米兵のテストだ!お前ら、アレぶっ飛ばしてこい!」
女僧侶「……えっ?」
勇者「えぇ……!?」
91:
男戦士「なんだぁ?ビビってんのか?」
女僧侶「あの……私達、実戦経験がありませんので……」オロオロ
勇者「う、うんうん……!」アセアセ
男戦士「大丈夫だよ。小物だし、新米の練習には最適なヤツだよ。それに、あんなのにビビってたら、これから行く本番、何にもできねぇぞ?」
女僧侶「は、はぁ……」
勇者「で、でも……」
男戦士「ヤバくなったら、すぐ助けてやるからよ?お前らだけでやってみろよ?」
女僧侶「……は、はい」
勇者「……」
92:
女僧侶「……ゆ、勇者さん?いきますよ?」ビクビク
勇者「う、うん……」オドオド
魔物「……グルルルル」
女僧侶「そ、そうだっ……!二人で同時に攻撃しましょう……ねっ……?」
勇者「う、うんっ……!」
魔物「……グルルルル」
女僧侶「い、いいですか……?いち、にの、さんでいきますよ……?ゆ、勇者さんいいですか……?」
勇者「わ、わかった……」コクコク
魔物「ピィイイイイっ!」
女僧侶「ちょっと……飛びかかってきましたっ!私達、数えてないのに、そんなのズルいですっ……!」
勇者「う、うわぁっ!」サッ
93:
ポコッ
女僧侶「……あれ?」
魔物「ピィイイイイ!(な、なんだてめぇらっ!ビビってねぇぞ!?お、俺はビビってなんかねぇぞ!?)」
勇者「うわぁぁ……来るな来るな……」ガクガク
女僧侶「……痛くない」
魔物「ピィイイイイ!(お、お前ら、舐めんなよっ……?お、俺は通信空手やってんだぞっ……!?)」
勇者「くるなくるなくるな……」ガクガク
女僧侶「え、え?っと……」
魔物「ピギィッ!?(なんだよ、近づいてくんなよ!?危ないぞっ!危ないぞっ、そんな事したら……)」
ポコッ
魔物「ピギャァっ!(痛ぇっ!)」
94:
ーーーーー
女僧侶「魔物さん、もう悪さはしちゃいけませんよ?」ニコッ
魔物「ピギャァ?っ!(すんませんでしたぁ?!これからは実家の農家手伝って、真面目に働きますぅ?!)」
女僧侶「……な、なんだか、呆気なかったですねぇ?勇者さん?」
勇者「あわわ……あわわ……」ガクガク
女僧侶「……あの??勇者さん?」
勇者「あわわ……あわわ……」
女僧侶「お、終わりましたよ……?」
勇者「……えっ?」
95:
ーーーーー
女僧侶「戦士さん……私達、どうだったでしょうか……?」
男戦士「う?ん……やっぱりまだ、動きが固いね。やっぱり一年生だね」
女僧侶「も、申し訳ありません……」
男戦士「でも、無傷で帰ってきたのは高評価かな?まぁ、75点って所じゃない?」
女僧侶「本当ですか?」
男戦士「まぁ、これから徐々に慣れていけばいいからさ?焦らず、頑張りなよ?」
女僧侶「は、はいっ!」
男戦士「……それと、勇者君?君はちょっと、ビビりすぎかな?まぁ、50点って所じゃない?」
勇者「……は、はい」
96:
女僧侶「ふふ、勇者さん?私、なんだか自信がつきました」
勇者「……そう」
女僧侶「私、自分には回復術しか取り柄がないと思ってましたが……やれば出来るもんですね!」
勇者「……ふ?ん」
女僧侶「冒険初心者の私達でも、上手くいきそうですね?ふふ、勇者さん、これから頑張りましょうね?」
勇者「……そうだね」
女僧侶「私、あの厳しそうな戦士さんから、75点も頂きました。ふふ」ニコニコ
勇者「……どうせ俺は50点ですよ?だ」ボソッ
97:
天童「……おめぇはよぉ、ほ?んと情けねぇ奴だな」
勇者「……なんだよ」
天童「なんだよじゃねぇよ。僧侶ちゃんの影に隠れてよぉ、ほ?んと、情けねぇったらありゃしないっ!」
勇者「……どうせ俺は50点ですよ?だ」
天童「バカ野郎、さっきの戦闘の何処に評価する点があったんだよ!?おめぇ、な?んにもしてねぇじゃねぇか!?」
勇者「……怪我しないで帰ってきたもん」
天童「そりゃ、 な?んにもしてないから、怪我しないのは当たり前じゃねぇか!?あんなもんなぁ、0点だ!0点っ!」
勇者「……うるせっ」
98:
天童「ところでよぉ……ほれ、来たぞ……」
勇者「……えっ?」
天童「ほれ、命題だよ。ようやく、命題が届いたんだよ」
勇者「えっ、命題!?いつ来たんだよ、コレ!?」
天童「さっきの魔物のドロップアイテムだ」
勇者「な?んで魔物が命題入った封筒落とすんだよ!?」
天童「そんなもん、俺は知らねぇよ!神様に聞いてくれよ!……まぁ、とにかくさ?今回は何て書いてあるか、早く見てみようぜ」
勇者「う、うん……」
99:
勇者
X月X日 午後10時までに
女僧侶と男と女の関係にならなければ即・死亡!
100:
天童「ふ?む……『女僧侶と男と女の関係にならなければ即・死亡』か……」
勇者「えっ……?」
天童「今、午前8時だから後14時間……だな……?」
勇者「い、いやっ……ちょっと待って、ちょっと待ってよ天童」
天童「よしっ、勇者!とっとと女僧侶ちゃんと男と女の関係になってこいっ!」
勇者「いやっ、待ってよ!こんな命題、出来っこねぇよ!」アセアセ
天童「そんなもん、やってみなくちゃわかんねぇじゃねぇかよっ!?」
勇者「い、いや……だって、さぁ……?これって……女僧侶ちゃんと……セ、セックスしろって事でしょ……?」
天童「……」
勇者「……」
101:
天童「なぁ?に、ビビってんだよ!?」
勇者「い、いやっ……だってさぁ……?」
天童「女僧侶ちゃんとセックス出来て、命も助かる……こ?んな美味しい話ねぇじゃねぇか!この、スケベっ!」
勇者「なんで、セックスしたら命が助かるんだよ!意味わかんねぇよ!」
天童「……それはよぅ、神様に聞いてくれよ」
勇者「あんたの所の神様、ど助平なんだな!?溜まってんのか?神様は溜まってんのか!?」
天童「あっ……!おめぇ、神様にそんな事言ったら、罰当たんぞ!?」
102:
勇者「とにかく!俺はこんな命題は出来ねぇよ!今回は降りさせてもらうっ!」
天童「……じゃあ、死ぬのかよ?」
勇者「……えっ?」
天童「お前、この命題クリアしないと死んじまうんだぞ?それでいいのかよ?」
勇者「いやっ……それは……」アセアセ
天童「……なぁ、勇者?俺も神様が何考えてるのかは、よくわかんねぇけどよ?」
勇者「……」
天童「こうやって命題が来たって事は、な?んか意味がある事だと思うんだよ……?」
勇者「……うん」
天童「俺は世の中に意味のない事なんてないと思うんだよ。……なっ?俺も手伝ってやるから、頑張ってみようぜ?」
勇者「……うん」
103:
ーーーーー
勇者「……」テクテク
女僧侶「勇者さん、大丈夫ですか?疲れてませんか?」
勇者「あっ……うん、大丈夫……」
天童(おいっ!何やってんだよ、勇者っ!押し倒せっ!早く押し倒せっ!)
勇者(バ、バカっ……!お前、何言ってんだよっ!)アセアセ
女僧侶「……勇者さん、どうかなされましたか?」
勇者「あっ……!いや、なんでもない、なんでもない……」
天童(もうズボンとパンツ脱いじまえっ!強引にいけっ!勇者、強引にいってしまえっ!)
勇者「あっ、女僧侶ちゃん……ちょっと、ごめんね……?お、おい、天童?」
女僧侶「?」
104:
勇者「なぁ?、天童??やっぱり俺、無理だよ??」
天童「なぁ?に、言ってんだよ!童貞じゃあるめぇし!お前、死んじまってもいいのかっ!?」
勇者「!」
天童「……ん、アレ?」ニヤニヤ
勇者「な、なんだよ……」
天童「その、リアクション……ねぇ、もしかして勇者君って、童貞……?」
勇者「どどどど童貞ちゃうわっ!」アセアセ
天童「あっ、そっか?、勇者君ってずっと引き篭もってたもんねぇ?そりゃ、女の子と知り合うきっかけもないし、しょうがないか??」ニヤニヤ
勇者「そ、そんな事ねぇよっ……!彼女なんて、星の数ほどいたし……そ、それに、引き篭もりはもう卒業したし……!」アセアセ
天童「ふ?ん……」ニヤニヤ
105:
天童「よしっ!だったら、おじさんに任せておきなさいっ!」
勇者「あぁ?」
天童「童貞の勇者君には、女の子を誘うなんてできないもんね?おじさんが、一つ手助けをしてあげようじゃありませんか!」
勇者「お、お前……なんか変な事、する気じゃねぇだろなぁ……?」
天童「バ?カっ!童貞のお前がそんな事、気にしてんじゃねぇよっ!まぁ、おじさんのテクニックで、一つ勉強しなさいっ!」
勇者「……お、おう」
106:
ーーーーー
天童「いや?、なんだか、ただただ歩くのもつまんないですねぇ?!」
男戦士「……ん?」
女僧侶「ふふ、天童さん。始めての冒険の私は、こうやって皆と歩いてるだけで楽しいですよ?」ニコニコ
天童「いやっ!冒険ってのは、もっと和気藹々としないといかんですばいっ!皆さんでお話でもしながら、向かいましょう!」
男戦士「う?ん……そうだな……じゃあ、俺が昔戦ったキマイラの話でも……」
女僧侶「あっ、その話聞きたいです!キマイラって、珍しい魔物なんですよねぇ?」
天童「いえっ!その話はまた次の機会にしましょう!……そうだっ!初体験の話をしましょう!皆さんの初体験の話!」
男戦士「……えっ?」
女僧侶「……えっ?」
勇者(いきなり何言い出してんだ、コイツ!?)
107:
天童「では、まず戦士さんっ!戦士さん初体験の話を聞かせて下さい!」
男戦士「えっ……お、俺……?」
天童「どうぞどうぞ!ほれ、詳しくお願いしますっ!」
男戦士「い、いや……なんで、そんな話……」アセアセ
天童「……ん?まさか、男戦士さんその年で『童貞』って訳じゃないでしょうねぇ??」ニヤニヤ
男戦士「バ、バカぁ、言っちゃぁ、いかんよぉ??」
勇者「ん?」
男戦士「俺のぉ?、初体験はぁ?、16の時でぇ?、地元のぉ?、女の子とだよぉ??」アセアセ
天童「あら、地元の女の子と!?あらぁ?、そりゃ、いいですねぇ??幼馴染ですか?幼馴染との初体験っていいですねぇ?!」
男戦士「ヨシコちゃんって娘でよぉ?、武道家の娘だったんだけどよぉ?、可愛くて優しくてぇ?、……ヨシコちゃん、いい娘だったなァ?」
勇者「……あの??男戦士さんの地元って何処なんですか?」
108:
男戦士「……ん、俺?俺ぁ、栃木だよ」
勇者「あっ、だから、そんなに訛ってるんですね?」
男戦士「!」
勇者「男戦士さん、話してる時、ず?っと訛ってましたよ?男戦士さんって、意外と田舎者なんですね?」
男戦士「……今、イナカモンって言ったね?」
勇者「……ん?」
男戦士「……栃木の事、バカにしたね?」ワナワナ
勇者「ちょ、ちょっと……戦士さん……?なんで、剣に手をかけてるんですかね……?」
109:
男戦士「斬るっ!コイツをぶった斬るっ!」
勇者「わっ……!うわあぁぁぁっ……!」
天童「戦士さんっ!あんた、何しとっかね!落ち着きんしゃいっ!ちょっと、落ち着きんしゃいっ!」ガシッ
男戦士「だってよぉ?、コイツがバカにしたんだよぉ?、俺の事イナカモンってバカにしたんだよぉ?」シクシク
勇者「あわわ、ごめんなさいっ……!戦士さんっ、ごめんなさいっ……!」
天童「戦士さんっ……!こいつも悪気はなかったんですよっ……!?勘弁してやって下さいっ……!」アセアセ
男戦士「……俺ん事、イナカモンってバカにする奴はよぉ??例え、モンスターでも魔王でも許さねぇよぉ?」シクシク
勇者(う、うわぁ……なんだか、とんでもない地雷踏んじゃったみたいだっ……!)
110:
天童「せ、戦士さん……?落ち着きました……?勇者っ!お前もちゃんと謝れっ!」アセアセ
勇者「あっ……あのっ……すいませんでした……」
男戦士「……ったく、もういいっ!勇者っ!次はお前の話を聞かせろっ!」
天童「あっ!戦士さん、それいいですねぇ??勇者く?ん、僕も勇者君の話聞きたいなぁ??」ニヤニヤ
勇者「えっ……?いや、そのっ……あのっ……?」
男戦士「ん……?お前、ひょっとして……童貞……?」
天童「あれぇ??ひょっとして……勇者君って……童貞……?」
勇者「どどどど童貞ちゃうわっ!」
111:
男戦士「うわぁwwwwそのリアクションwwwwお前、童貞なんだ?wwww」
天童「そうなんですよ、戦士さんwwww実はこいつ童貞なんですよwwww」
勇者「どどどど童貞ちゃうわっ!」
男戦士「だったらよ?お前、前戯の手順とか言えるのかよ?」ニヤニヤ
勇者「えっ……?」
男戦士「お前、前戯は何処から責めるんだよ?童貞じゃねぇなら言えるだろ?」ニヤニヤ
勇者「そ、それは……まず、おっぱいをですねぇ……?」アセアセ
男戦士「いきなりおっぱいからいくのかよwwwwダメだwwwwコイツ童貞丸出しだわwwww」
天童「そ?ですよねぇ?いきなり、おっぱいじゃないですよねぇ?あ?あ、こんな勇者君に優しく教えてくれる女の方って、何処かにいませんかねぇ??」チラチラ
112:
勇者「あの……前戯って、どういう風にするもんなんですか……?」
男戦士「……あぁ?そりゃまず、××××を××××ってなぁ??」
天童「あ?、何処かに勇者に××××を××××させてくれる女の方っていないかなぁ??」チラチラ
勇者「えっ、そんな感じなんですか?漫画では××××を××××ってしてましたよ?」
男戦士「……バ?カ。××××を××××なんてしていいのは漫画だけだよ?」
天童「あ?、何処かに勇者君の××××を××××なんて、間違った知識を優しく修正してくれる女の方いませんかねぇ??」チラチラ
勇者「えっ……?じゃあ、それからどうするんですか……?」
男戦士「そりゃあ、女が××××ってきたら×××してなぁ……?それから、××××して×××して……」
天童「あ?、何処かに……ん……?」
女僧侶「……」シラーッ
113:
男戦士「あれっ?天童さん、どうし……あっ……」
勇者「ん、どうし……あっ……」
女僧侶「……皆さん、お話は終わりましたか?」シラーッ
男戦士「いやっ……あのっ……女僧侶ちゃん……?ごめんね……?」
勇者「ご、ごめん……」アセアセ
天童「す、すんましぇ?ん……」
女僧侶「……構いませんわ。街が見えてきましたので急ぎましょうか?」シラーッ
男戦士「は、はい……」
勇者「……はい」
114:
男戦士「ちょ、ちょっと……僕達、はしゃぎすぎちゃったみたい……だねぇ……?」
勇者「は、はい……」
天童「女僧侶ちゃんの目ぇ、すっげぇ怖かったばいっ!あ?んな怖い顔見た事ないばいっ!」
男戦士「うん……僕達も、女性の前でどぎつい下ネタ言いすぎたよね……?反省しようか……」
勇者「お前のせいだぞ、このダメ天使っ!」
天童「バカっ!俺はお前の為を思ってだなぁ……」アセアセ
115:
勇者「はぁ?何言ってんだお前!?」
天童「いや、だからよぉ……俺はてっきり、女僧侶ちゃんが『勇者さん……///私でよければあなたの初体験を……///』なんて言うかと思って……」
勇者「言わねぇよ!絶対言わねぇよっ!」
天童「そんなもん、やってみなくちゃわかんねぇじゃねぇかよぉ!?」
勇者「わかるよ!エロ本でしか知識のない俺でもそれはわかるよっ!そんな事言う女はこの世にいねぇよっ!」
天童「おめぇは童貞だからわかってねぇんだよっ!あのなぁ?女心ってのは……」
男戦士「え?っと……まだ、下ネタ続ける……?」
勇者「あっ……いや……」
天童「す、すんましぇ?ん……」
116:
街ーーー
男戦士「よ?し、ようやく街についたな」
勇者「うわっ、なんだココ!?」
天童「辺り一面、瓦礫の山ばい……魔物のヤツ、派手に暴れたみたいね……」
女僧侶「……そんな、酷い」
男戦士「……俺は街の代表と話をしてくる。お前らは、生き残った住民を手助けしてやれ」
女僧侶「は、はいっ……!それじゃあ、私、怪我人の治療をしてきますっ!」
勇者「あっ、俺も手伝うよっ……!」
117:
天童「お?いっ!怪我人はこっちに集まるば?いっ!凄腕の僧侶さんが来てくれたから、もう大丈夫だぞぉ?!」
ゾロゾロ……ゾロゾロ……
女僧侶「大丈夫ですか……?今、回復魔法をかけますね……?」
街人「ううぅ……痛ぇ、痛ぇよぉ……」
女僧侶「んっ……!」
街人「ああっ……痛みが引いていくよ……ありがとう……姉ちゃんありがとうっ……!」ボロボロ
女僧侶「貴方に、神の御加護がありますよう……では次の方……?」
街人B「ううぅ……僧侶様……お願いします……」
女僧侶「はい、今、回復魔法をかけますね……?」ニコッ
118:
天童「おいっ!勇者、何ぼーっとつっ立ってんだ!お前も何か手伝えよっ!」
勇者「あっ、うん……え?っと……どうしよ、どうしよ……?」モジモジ
天童「何、チンタラしとるばいっ!?怪我人はこんなに沢山いるんだぞ!?」
勇者「いやっ……でも、俺、僧侶ちゃんみたいに回復魔法使えないし……どうすればいいのか……」アセアセ
天童「回復魔法が使えなくても、何か出来る事ぐらいあるだろが!」
勇者「え?っと……じゃあ……え?っと……」モジモジ
女僧侶「……勇者さん、それじゃあ、木の枝を取ってきて頂けますか?」
勇者「木の枝……?そんな物、何に使うの……?」
119:
女僧侶「骨折されている方も大勢いますし、当て木に使いたいのです」
勇者「当て木……?」
天童「おめぇはほ?んとに、何にも知らねぇんだな?折れてる骨ん所を木の枝なんかを使って固定する応急処置だよ!」
女僧侶「他にも……包帯や治療薬……それに、私の魔力回復薬なんかがあれば助かるのですが……」
勇者「う、うん!わかった、じゃあ探してくる……!」
天童「道具屋の瓦礫ん中にでも埋まってるだろ!?俺も手伝うばいっ!」
女僧侶「はい、よろしくお願いします」
120:
ーーーーー
天童「え?っと……道具屋、道具屋……っと……」キョロキョロ
勇者「こう瓦礫だらけじゃ、何処が道具屋かさっぱり……ん……?」
「よ?しっ!じゃあ、この瓦礫撤去しちまうぞっ!」
「う?すっ!」「う?すっ!」
勇者「あれ、同じ討伐部隊の人達だよな?何、してんだろ……?」
「お前らは、仮設住居作る為の資材集めてこ?いっ!」「う?っす!」
「いいかぁ??日が落ちるまで作業進めないと、ここの住人、寝る所ねぇぞ?!」「う?っす!」
勇者「……」
121:
勇者「……ん?」
「……ダメね。町中探したけれど、ここの食糧、全部駄目になっちゃってるみたい」
「魔物討伐も大事だけど、住民の食糧確保も必要なんじゃない?私達はそっちをするべきよ」
勇者「あれも、同じ部隊の人達だ……」
「そうね、男戦士さんに報告してから私達は食糧調達に行きましょう」
「このままじゃ今晩、ここの住民の食べる物ありませんからね。大量に狩らなくちゃいけませんね……」
勇者「……」
天童「……おめぇだけだよ。何していいかわかんねぇなんて言ってんのは」
勇者「……えっ?」
天童「み?んな、自分で考えて、自分に出来る事をしてんだよ」
勇者「……」
122:
天童「……おっ、ここじゃねぇか?ここ、道具屋っぽいんじゃねぇ?」
勇者「そうだね、道具屋の面影があるね……?」
天童「よ?しっ!じゃあ、犬みたいに掘り起こして、包帯やら治療薬やら、探すとしますか!」
勇者「うん」
「うぇ?ん、うぇ?ん」
天童「……ん、何だぁ?ガキが泣いてるぞ?」
勇者「ねぇ……?僕、どうしたの……?」アセアセ
子供「うぇ?ん!うぇ?ん!」
123:
天童「坊主、お前、怪我してるじゃねぇか?大丈夫かぁ?」
勇者「あっちに、僧侶さんいるからね?怪我治してもらいなよ?」
子供「ううぅ……ひっく……ひっく……」
天童「お前、父ちゃんと母ちゃん、どうしたんだぁ?ガキが一人でいると危ねえぞ?」
勇者「僕がお父さんと、お母さん探してあげようか?」
子供「ううぅ……父ちゃんと……母ちゃん……」グスッ
天童「お前、男の子だろ?泣いてちゃわかんねぇぞ。父ちゃんと母ちゃんはどうしたんだよ?」
勇者「ま、まぁまぁ……天童……」
子供「父ちゃんと母ちゃん……その中にいる……」グスッ
124:
勇者「……えっ?」
天童「中……?お前、まさかっ……!?」
子供「ううぅ……父ちゃんと母ちゃん……逃げ遅れて……まだ店の中に……」グスッ
勇者「君のお父さんとお母さん……この中にいるの……!?」
天童「勇者ぁっ!掘り起こすぞっ!」
子供「俺……助けようと頑張ったんだけど……重くて持ち上がらないし……返事してくれないし……」グスッ
勇者「だ、大丈夫っ……!僕達に任せておいてっ……!」
天童「お?いっ!しっかりしろぉ?!今、掘り起こしてやるからよぉ?っ!」ザッ、ザッ
子供「ううぅ……父ちゃ?ん……母ちゃ?ん……」グスッ
125:
ーーーーー
勇者「あっ……!天童っ……!?」
天童「どうした?見つけたのかぁ!?」
子供「父ちゃんっ……!母ちゃんっ……!」
勇者「……あっ」
天童「……くそったれっ!」
子供「……えっ?」
勇者「……」
天童「……くそっ」
子供「ね、ねぇ……?父ちゃんと……母ちゃんは……?」
勇者「……」
天童「……」
子供「……ね、ねぇっ!?」
勇者「……ごめん」
天童「坊主……あっちに僧侶さんいるからよ……?お前の怪我治してもらいに行こう……?」
127:
ーーーーー
女僧侶「あっ、勇者さん?見つけてきてくれましたか?」
勇者「うん……はい……」
女僧侶「助かりました。勇者さん、男戦士さんが探してましたよ?魔物討伐の事でお話があると」
勇者「うん……わかった……」
女僧侶「……勇者さん、どうかしたんですかねぇ?元気ないみたいですけど」
天童「……今はそっとしておいてやってくれ。あっ、僧侶ちゃん、この子の怪我も頼むよ」
子供「ううぅ……父ちゃん……母ちゃん……」グスッ
女僧侶「あっ……はい……わかりました……」
128:
勇者「……」
天童「……」
勇者「……なぁ、天童?」
天童「……あぁ、何だよ?」
勇者「あの子のお父さんとお母さん……?」
天童「……気の毒だったな」
勇者「あの子のお父さんとお母さんも『生きてて意味のない人』だったの……?」
天童「……あぁ?」
勇者「『生きてて意味のない人』だから、ああやって、死んじゃったのっ!?そんなのおかしいよっ!」
天童「それは違う!」
129:
天童「彼らはその人生の短さにもかかわらず、その人生を全うして死んでいったんだ」
勇者「……」
天童「きっと、あの子供を守る為に、人生の最後の瞬間まで必死に全力で生き抜いていったんだろう」
勇者「……」
天童「お前はなんかの場合とはぜ?んぜん違うの」
勇者「……でもさぁ?」
天童「……ん?」
勇者「そんな事だったら、俺より死んだ方がいいヤツなんて、い?っぱいいるじゃん?この街襲った魔物とかさぁ……?」
天童「お前は、余計な事を考えなくていいんだよっ!お前は人の事に口出ししなくていいの!」
勇者「……だって」
130:
天童「とにかくよぉ、今は目の前の事に集中しようぜ?」
勇者「……う?ん」
天童「男戦士さんが呼んでるんだろ?魔物討伐の打ち合わせなんかするんじゃねぇか?」
勇者「……うん」
天童「カァ?っ!何、モジモジしてんだっ!」
勇者「……だって」
天童「お前だってよぉ?あの子の両親の敵討ちしたいと思ったりしねぇのか!?」
勇者「それは……うん……」
131:
ーーーーー
男戦士「あっ、勇者君、それに天童さんも来てくれたんだね?」
勇者「はい」
天童「魔物討伐の打ち合わせですかね?」
男戦士「あっ、その事なんだけどね……実は困った事になってね……」
勇者「困った事?」
天童「どげんしたとですか?」
男戦士「いやぁ……思った以上にこの街の被害が大きくてね?ここの住民の宿や、食糧も足りてないんだよね……」
132:
勇者「あっ、でもさっき、仮設住居作ろうとしている人達いましたよ?」
天童「食糧調達に走ってる人達もおったばいっ!」
男戦士「うん、そうなんだよ。彼らには彼らで動いてもらわなくちゃいけないし……でも、ね……?」
勇者「……でも?」
天童「何か問題でも?」
男戦士「そうすると、魔物討伐の人員が減っちゃうんだよねぇ?」
133:
男戦士「結論から言うよ。男性陣には仮設住居の設置、女性陣には食糧調達の確保。……そして」
勇者「そして……?」
男戦士「魔物討伐部隊は僕と、勇者君」
勇者「えっ!?僕、魔物討伐部隊ですか!?」
男戦士「勇者君、暇でしょ?」
勇者「……い、いや、それはその」モジモジ
男戦士「それと、天童さん」
天童「えっ!?私も魔物討伐部隊ですか!?」
男戦士「天童さんも暇でしょ?」
天童「バ、バカァ?っ!俺はこいつと違って動き回っとるよ!失礼な……カァ?!もう、たまらぁ?ん!たまらぁ?んっ!」
134:
男戦士「この三名で向かう事にする。……何か、質問はあるかな?」
勇者「えっ……い、いや……僕、冒険初心者なんですけど、大丈夫ですかね……?」
男戦士「どうやら、この街を襲った魔物は、デカイ奴が一匹と、あとは子供の魔物らしい」
勇者「は、はぁ……?」
男戦士「勇者君には子供の魔物を任せるつもりだ」
勇者「僕、子供魔物担当ですか……?」
男戦士「大丈夫。一度実践したでしょ?後は、勇気を持つだけだから」
勇者「は、はいっ……!」オドオド
135:
男戦士「そして、大物の魔物は、僕と天童さんで片付ける」
天童「ちょ、ちょっとっ……!?大物担当なんですか、私!?」
男戦士「……ん?何か問題でも?」
天童「い、いやぁ……私も子供魔物担当じゃ、ダメですかね?ほらっ、コイツ一人じゃやっぱり心配ですし……」アセアセ
男戦士「何、言ってるんですか!?小物なんて、勇者君一人で十分でしょ?天童さんは僕のフォローに回って下さいよ!?」
天童「いやぁ?、私もそうしたいのは山々ですけど……ほらっ、コイツ、保護者いなきゃ!?コイツ、子供魔物相手でも心配ですよ!?」
男戦士「う?ん……確かに、そうだけどさぁ……」
勇者(俺、酷い言われようだな)
136:
女僧侶「……では、私が勇者さんのサポートにつきます」
勇者「あっ、女僧侶ちゃん?」
男戦士「女僧侶ちゃんは、この街の人達の治療をしてもらわなきゃ」
女僧侶「いえ、怪我している方達の治療の方はもう済みました。私も手が空いたので、魔物討伐ご同行させて下さい」
天童「あれまっ?もう、終わったのかねっ!いやぁ?、女僧侶ちゃん、凄いねぇ?」
女僧侶「大勢の方を傷つけた魔物を、私は許しておく事ができません……私の手で、どうか裁きを与えさせて下さい……」
男戦士「……わかった」
137:
男戦士「それじゃあ、小物は勇者君と女僧侶ちゃん……そして、大物は僕と天童さん。この四名で魔物討伐に向かう事にするっ!」
女僧侶「はい!」
勇者「は、はいっ……!」
天童「任せときんしゃいっ!」
男戦士「魔物は夜になると、海辺の洞窟に上陸するらしい。奴らが上陸してきた所を叩くっ!」
女僧侶「はいっ!」
勇者「は、はいっ……!」
天童「ふむ」
男戦士「我々は9時に洞窟に向かう。それまでは、各々他の部隊の作業を手伝うように!」
女僧侶「はいっ!わかりましたっ!」
勇者(9時……か……)
天童「ふむ」
138:
そして9時前ーー
勇者「ひいっ……ひいっ……重い……重いよぅ……」
「おい、兄ちゃん!仮設住居の組み立てはもういいからよ!そろそろ魔物討伐に行ってこいよ!時間だぞ!」
勇者「えっ……?あっ、もう、こんな時間か……」
天童「それでは皆さん?!我々は魔物討伐の方に行ってまいります?!」
「お?うっ!こっちみたいに足引っ張るんじゃねぇぞ!?期待してるから、ど?んと暴れてこいっ!」
勇者「足引っ張るって……俺、頑張ったのに……」
天童「は?いっ!それじゃあ、世の為、人の為!我々正義の為に大暴れしてきますっ!」
「お?うっ!こっちも頑張るから、お前も頑張れよ?っ!」
139:
勇者「な、なぁ……天童……?」
天童「あぁ、どうした?ひょっとして、お前ビビってんのか?」
勇者「いや、それもあるけど……その……命題……」
天童「しょうがねぇだろっ!女僧侶ちゃんは女僧侶ちゃんで忙しかったんだから!とにかく、最後の最後まで諦めんなっ!」
勇者「でもさぁ……?後、一時間だよ……?魔物討伐もしなくちゃいけないし、俺、どうしたらいいか……」
天童「あっ、そうだっ!おじさん、いい事考えちゃった!」
勇者「……ん?」
140:
天童「ハイ、注目ゥ?!」
勇者「……だから、なんで金八なんだよ」
天童「今回のォ?、魔物討伐でぇ?、勇者君は女僧侶ちゃんの前でカ?ッコいい所を見せますゥ?」
勇者「……」
天童「するとォ?、女僧侶ちゃんはァ?、『勇者様素敵っ!もうあげちゃうっ!私の事好きにしてっ!』なんて言いますゥ?」
勇者「……あのなぁ?」
天童「へへへ……そしたらもう、あ?なって、こ?なって、昨夜はお楽しみでしたねだよ、このスケベっ!」
勇者「なんねぇ?よ!そんな事っ!」
141:
天童「いやいや、女心ってのは頑張ってる男に惹かれるもんでよ……?」
勇者「だから、そういうのはエロ本だけだろが!」
天童「……でもよ、もう後、一時間。時間がねぇじゃねぇか」
勇者「……そ、それは」
天童「多分、これがラストチャンスだぞ?一か八かに賭けてみろよ?」
勇者「……確かに、もう時間は少ないけどさぁ」
天童「あっ、ホラ?あれ、女僧侶ちゃんだよ。お前、女僧侶ちゃんに決意でもビシッと言ってやれっ!」
勇者「えっ……?う、うん……」オドオド
142:
勇者「あ、あの……女僧侶ちゃん……?」オドオド
女僧侶「あっ、勇者さん。どうしましたか?」
勇者「あ、あのさぁ……?」
女僧侶「……はい」
勇者「え?っと……あの……その……」
女僧侶「……勇者さん、男戦士さんが待ってますよ?どうしました?」
勇者「あっ、すぐ終わるからっ!あの……え?っと……その、ね……?」
女僧侶「?」
143:
勇者「俺、さぁ……今回の魔物討伐頑張るから、さ……?」
女僧侶「はい」
勇者「自分に何が出来るか、なんてよくわかんないけど……自分に出来る事を頑張ってみるからさ……?」
女僧侶「……はい」
勇者「もし、うまくいったら……その……俺と、さ……?」
女僧侶「俺と?」
勇者「……セ、セックスしてくれない?」
女僧侶「え?」
144:
勇者「うまくいったらの、話だよ!?ねっ、うまくいったら俺とセックスしてよ!?」
女僧侶「……」
勇者「ねっ!?お願いっ!俺さぁ、僧侶ちゃんとセックスしないと死んじゃうんだよ!?」
女僧侶「……」
勇者「お願いっ!お情けでいいから、やらせてよ!先っちょだけっ!先っちょだけでいいから!」
バチン
勇者「えっ……?」ヒリヒリ
女僧侶「……最低」ワナワナ
145:
女僧侶「あ、貴方はっ……!」ワナワナ
勇者「い、いや……違うんだ……!」
女僧侶「多くの人が傷つき、苦しんでいるこの状況の中で……何を考えているんですかっ!?」
勇者「ち、違うんだよっ!俺、僧侶ちゃんとセックスしないとさぁ、死んじゃうんだよ!ねっ、お願いっ!」
女僧侶「もう、やめて下さいっ!私、そんな話聞きたくありませんっ!」
勇者「いや、違うの……ね、ねぇ……?」
女僧侶「……私、勇者さんの事、見損ないました」
勇者「……えっ?」
女僧侶「……バカ」
勇者「あっ……!女僧侶ちゃん……ね、ねぇ、待ってよ……!」アセアセ
146:
天童「お、おいっ……勇者……!」アセアセ
勇者「……終わった。真っ白に燃え尽きた。真っ白にな」ガックリ
天童「何、言ってやがる!まだ一時間っ!最終ラウンドが残っとるばいっ!立てぇ、立つんだ勇者ァ?っ!」
勇者「……もういいよ。なんだかバカらしくなってきたもん」
天童「……あぁ、何がだよ?」
勇者「だってさ……みっともなく女僧侶ちゃんにセックス頼み込んでさ……嫌われちゃってさ……」
天童「……」
勇者「……こんなに辛い思いするなら、もう死んじゃった方が楽だもん」
天童「……」
勇者「……」
天童「……じゃあ、死ねよ」
勇者「……え?」
147:
天童「もういいよ!俺もあっきらめたぁ?っとっ!」
勇者「……」
天童「まぁ?、お前って奴は何をやっても中途半端っ!」
勇者「……なんだよ」
天童「勇気もねぇ、力もねぇ!今日一日、おめぇ、何をした!?周りに迷惑かけてただけじゃねぇのか?」
勇者「……うるせぇな」
天童「お前みたいなダメ人間、生涯童貞だよ!この役立たず!もう、死にやがれっ!」
勇者「……」
148:
天童「後、一時間だ、一時間。もうそこでボケっと突っ立って、そのまま死ね。このダメ人間!」
勇者「……」
天童「あ?ぁ……役立たずのお前がよぉ?、最後に人様の役に立つビ?ッグチャンス貰えたってのに勿体無ぇなぁ?」
勇者「……」
天童「どうせ、死ぬにしても、最後の最後ぐらい、人様の役に立ってくれると思ったのになぁ?!?」
勇者「……」
天童「ここまで期待外れだったとはなぁ?、カァ?、もう悲しかぁ?!」
勇者「……うるせぇ」
149:
天童「……ん?」
勇者「やるよ。やってやるよ」
天童「……おめぇみたいな奴に出来んのかよ?」
勇者「うるせぇっ!俺だってなぁ?こんなに大勢の人を傷つけた魔物にはムカついてんだよ!」
天童「……へぇ?」
勇者「どうせ、死ぬにしても……最後くらいはこの街の人の役に立ってから死ぬよ」
天童「……ふ?ん」
勇者「それに、魔物討伐でカッコいい所見せたら女僧侶ちゃんとセックスできるんだし……魔物討伐して命題もクリア!女僧侶ちゃんにも、見直される……簡単な話じゃねぇか……」
天童「おい、勇者……それはだな……」
勇者「うるせぇっ!人がやる気になってるのに、余計な茶々入れるんじゃねぇよ!こっちはそういうエロ本、散々見てんだ!オラっ、天童、魔物討伐行くぞっ!」フンガフンガ
天童「あれまぁ……ちょっとやる気になりすぎちゃったみたい……煽りすぎちゃったかな……?」キョトン
150:
ーーーーー
男戦士「よし、四名揃ったな。それでは今から我々は海辺の洞窟へ魔物討伐へと向かうっ!」
女僧侶「はいっ!」
勇者「は、はいっ……!」
天童「任せときんしゃいっ!」
男戦士「これからは遊びじゃない。昼間のような甘い戦闘ではない」
女僧侶「はいっ……!」
勇者「は、はいっ……!」
男戦士「困った時、『誰かがなんとかしてくれる……』そんな考えでは命を落とす事になる……」
勇者「……」
天童「なんだ、おめぇ?やぁ?っぱり自信がねぇのか?」
勇者「バ、バカっ!そんなんじゃねぇよっ!」アセアセ
男戦士「……あ?っと、勇者君?」
勇者「……はい?」
151:
男戦士「君はここ数年……その……ブランクがあるらしいけど……」
勇者「……はい」
男戦士「……確か、小さい頃は父上に稽古をつけてもらってたんだろ?」
勇者「は、はいっ……!」
男戦士「きっと、その時間は無駄ではなかったはずだ。少なくても僕はそう思う」
勇者「……」
男戦士「君に足りないのは自信だけだ。大丈夫。君は絶対に出来る」
勇者「!」
152:
男戦士「君に出来ない事を僧侶ちゃんが……僧侶ちゃんに出来ない事を君が……そうやって、二人で協力すればきっとうまくいくよ」
勇者「は、はいっ……!」
天童「カァ?!あんた、いい事言うねぇ!?お株取られちまったよ!」
勇者「僧侶ちゃん、二人で協力して頑張ろうね!」
女僧侶「……」
勇者「あ、あれ……?あの、女僧侶ちゃん……?」
女僧侶「……わかりました。ただし、変な下心は持たないで下さいね」
勇者「い、いやっ……あれは……違っ……!」アセアセ
男戦士「よしっ!それでは今から魔物討伐へ向かうっ!」
女僧侶「……行きましょうか?」
勇者「……」
153:
洞窟ーーー
魔物「ピギャァっ!(隙ありっ!もろたでっ!)」
男戦士「ふんっ!」ガシッ
女僧侶「たぁっ!」バシッ
天童「こんにゃろ!こんにゃろめっ!」ポコポコ
魔物「プキュ……(アカン、やられてもたわ……三人がかりは卑怯やで、ホンマに……)」
男戦士「まず、一匹……」
女僧侶「……あの??」
天童「おい、勇者っ!おい勇者ってばっ!おめぇ、何してんだよぉ!?」
勇者「……えっ?」
天童「僧侶ちゃんの影に隠れてよぉ!?おめぇも戦えってんだ!」
154:
勇者「ち、違うよっ!いきなりだから、ちょっと、さ……?」
天童「おめぇはまだビビってんのか、このポンコツが!戦いはもう始まってんだぞっ!」
勇者「う、うるせぇな!俺はスロースターターなんだよっ!」
天童「カァ?!な?んで、お前は俺にだけ強気なんだよ!?魔物もその調子でやればいいじゃねぇかよっ!?」ギャーギャー
勇者「うるせっ!じゃあ、次からはやってやんよ!次からはっ!」ギャーギャー
男戦士「う、う?ん……」
女僧侶「……放っておきましょう。それより、男戦士さん、アレ」
男戦士「……ん?」
155:
魔物「グルルルル……」
男戦士「……出たか、本命」
勇者「わ、わわっ……!」
男戦士「よしっ!僕が突っ込むっ!君達はサポートしてくれっ!」
女僧侶「はいっ!」
男戦士「いくぞ……でぇりゃぁっ!」ザッ
魔物「……ガッ?」
女僧侶「んっ!補助魔法っ!」
天童「よっしゃっ!あのデカブツに石ぶつけてやるばいっ!ほれ、勇者っ!お前も目ぇめがけて投げろっ!?」
勇者「……えっ、えっ?サポートって、そういう事なの?」
156:
魔物「……グギャアアアァァっ!」
女僧侶「あっ、男戦士さんっ……!魔物が逃げていきますよ!?」
男戦士「よしっ!僕はヤツを追って仕留めるっ!天童さん、行きましょうっ!」
天童「任せんしゃいっ!」
男戦士「君達はここで他の魔物達が街に向かうのを食い止めるんだっ!」
女僧侶「はいっ!」
勇者「は、はいっ……!」
男戦士「いいか、勇者君。君に足りないのは自信だけだ!自信を持てば必ず大丈夫だっ!さぁ、天童さん行きましょうっ!」
天童「おいっ!勇者ぁっ!おめぇ、一人になっちまうけど、しっかりしろよっ!討伐も、命題もっ!」
勇者「う、うん……」
157:
ーーーーー
勇者「……二人、行っちゃったねぇ?」
女僧侶「……」
勇者「あ、あのさぁ……?女僧侶ちゃん……?」
女僧侶「……」
勇者「さ、さっきの話なんだけど……さぁ……?」
女僧侶「……勇者さん?」
勇者「……ん?」
女僧侶「……今はまだ戦闘中です。もっと集中して下さい」
勇者(も?う……後、三十分で死んじゃうってのに、集中なんて出来ないよ……)
女僧侶「来ましたよ……?」
勇者「……えっ?」
158:
子魔物「ガルルルル……」
子魔物「グルルルル……」
子魔物「キシャァ?!」
勇者「う、うわっ……あんなにいっぱい……」アセアセ
女僧侶「いえ、さっきのとは違い、子供の魔物なので、私達でも大丈夫でしょう……」
魔物達「ガルルルル……」
勇者「いや……でもさぁ……?数がさ……あんなにいっぱいだよ……?」アセアセ
女僧侶「……勇者さん、行きますよ?」
勇者「えっ?いやっ、ちょっと待ってっ……!まだ、心の準備がっ……」アセアセ
159:
ーーーーー
男戦士「たぁっ!そりゃっ!せあっ!」
魔物「……ガッ?ウガッ!」
天童「ほ?れ、男戦士さんっ!回復薬で?いっ!使いなさい?!」ポイッ
男戦士「天童さん、ナイスですよっ!よしっ……!たあっ!せいやぁ……!」
魔物「……グギャアアア!(なんだ、コイツ!?田舎者臭ぇのに、凄ぇ強ぇじゃねぇか!)」
男戦士「……ぁん?」
天童「あれぇ??男戦士さん……?いきなり固まってどげんしたと?」
男戦士「おい……おめぇ、今俺ん事イナカモンってバカにしたろぉ??」ワナワナ
魔物「……ガッ?」
160:
男戦士「うおぉぉ!うるぁっ!おらぁっ!」ガシガシ
魔物「ガッ、ガッ……?グギャアアア……!」
天童「うわぁ……まさに鬼神のような猛攻ばい……さては、アイツ男戦士さんの事、田舎者ってバカにしたな……?」
男戦士「俺は田舎者なんかじゃねぇよぉ?!栃木は田舎なんかじゃねぇよぉ?!」シクシク
魔物「ガッ、ガガッ……!(なんだ、コイツ!?泣きながら斬りかかってきて、コイツ危ねぇ人だっ!絶対、危ない人だ!」
天童「よっしゃぁ?!男戦士さん、やってしまえ?!」
男戦士「俺ん事田舎者ってバカにするヤツはよぉ?、例え魔物でも魔王でも許さんよぉ?!」シクシク
魔物「グギャアアアっ!(こりゃ、たまらんっ!ここは逃げるばいっ!)」
161:
天童「あっ!男戦士さん、アイツ逃げよったよ!」
男戦士「ううぅ……俺はぁ……田舎者なんかじゃねぇよぉ……」シクシク
天童「カァ?、くそっ!こんな所に抜け道があったのかっ!」
男戦士「栃木はぁ……田舎なんかじゃねぇよぉ……」シクシク
天童「あんたもいつまで泣いとるかっ!」
男戦士「ん……?あれっ……?天童さん、どうしたんですか……?あれ、魔物は何処行ったんですか……?」
天童「この抜け道から逃げたんでしょうがっ!あんた、何も覚えてないの!?」
男戦士「……まずいっ!天童さん、勇者君達の所に一度戻りましょう!」
162:
ーーーーー
勇者「……お、終わった?」
女僧侶「ええ……殆ど私、一人でやったようなもんですけどね……」
勇者「いや、俺も一匹やっつけたよ!」
女僧侶「……こんなに大勢いるのに、たった一匹ですか」
勇者「へへ……人間、やればできるもんだね?へへ……どう?女僧侶ちゃん、俺、格好良かった?」
女僧侶「貴方はっ!」
勇者「!」ビクッ
女僧侶「ずっと、私の影に隠れて!石を投げて!弱った魔物だけにとどめを刺して!一体、何を考えてるんですか!」
勇者「えっ……いや、それは……」
女僧侶「私、勇者さんの事、信じていたのに……!きっとやってくれるって思ってたのに……!」
勇者「い、いや……違うんだそれは……ん……?」
女僧侶「……ん?」
魔物「ガルルルル(……ったく、酷い目にあったぜ。ん?」
163:
勇者「うわあぁ……さっきの魔物だ……」
女僧侶「えっ……?じゃあ、男戦士さんと天童さんは……?」
魔物「ガルルルル(ん……?ガキ二人がいるぞ……?あっ、こいつらさっきの田舎者の仲間だな!?)」
勇者「……そんな、やられちゃったの?」
女僧侶「……勇者さん、気をつけてっ!何かしようとしてますよ!」
魔物「ギャアアアッ!(ちょうどいいや。こいつらで憂さ晴らししようっと!)」
勇者「わっ……わわっ……!火、吐いてきたっ!」
女僧侶「危ないっ!」
164:
天童「今、あっちで何か音がしたとね!?」
男戦士「まずいっ……勇者君達の方だっ……!」
天童「くそっ!アイツやっぱり、勇者達の方に行っったか!」
男戦士「とにかく、走りましょうっ!天童さん、急いでっ!」
天童「わかっとるばいっ!」
天童(くそっ……10時まで、残り一分……)
165:
魔物「グギャァ!グギャァっ!(くそっ、ちょこまか逃げんなよ。鬱陶しい奴らだな……)」
勇者「うわっ……!僧侶ちゃん、危ないっ……!逃げてっ!逃げてっ!」
女僧侶「……痛っ」
魔物「ガッ?(……ん?)」
勇者「僧侶ちゃん……?どうしたの……?」
女僧侶「くっ……足を挫いてしまいました……」ジンジン
魔物「ガガッ(おっ、なんか知らないが大チャ?ンス)」ニヤリ
勇者「そんなっ……!わわっ、どうしよう……どうしよう……」
女僧侶「私の事はいいから……勇者さんだけでも……逃げて下さいっ……!」
魔物「ギャアアア!(戦闘中に動き止めちゃダメよ。二人纏めても?らいっと)」
勇者「うわあぁぁっ!火がこっちに……!」
166:
男戦士「まずいっ!二人とも、逃げろっ!」
勇者「あわわっ……今から逃げても間に合わ……あわわ、どうしよどうしよ……」
天童「勇者ぁっ!」
勇者「えっと……ええっと……ストロー?……アストロ球団……ああっ!違う違うっ……」
女僧侶「くっ……勇者さんだけでも……逃げて……下さいっ……」
勇者「スカトロ……?ストラトキャスター……?ああっ、違う違うっ!そうじゃないっ!」
天童「やばいっ!」
勇者「『アストロン』?」ピカーッ
167:
男戦士「……くそっ!」
魔物「グフフ(やったぜ。丁度いい感じに焼けてるといいな……ん……?)」
女僧侶「あ、あれっ……?私……生きてる……?」
勇者「……」
女僧侶「勇者さん……?その身体……」
勇者「……あれ?何が起きたんだろっ?」
魔物「ガッ!(なんだコイツ!?鉄の塊になってやがる!?)」
男戦士「うおぉぉ!アイツ、鉄の塊に変身して女僧侶ちゃんを守るとはやるじゃねぇか!」
天童「……10時ジャストっ!よしっ!」
168:
男戦士「おいっ!勇者ァ!いけっ!そのままやっちまえっ!」
勇者「あっ、戦士さん……それに天童も……無事だったんですね?」
天童「そんな事よりよぉ!お前、そのままアイツぶん殴っちまえよぉ!」
勇者「えっ……?ぶん殴る……?」
魔物「!」ビクッ
男戦士「おおっ!魔物が怯んでやがる!今のお前の拳は剣より強ぇだろ!行けっ、行っちまえっ!」
勇者(二人とも何言ってんだろ……でも……)チラッ
魔物「!」ビクッ
勇者(何でだろ……さっきまでは、あんなに怖かったのに、勝てそうな気がする)
169:
勇者「よしっ……」テクテク
魔物「……!(なんだよ、お前っ……!来んなよ……!気持ち悪ぃよお前っ……!)」
男戦士「よ?しっ!いけぇ?!」
天童「ぶん殴っちまうばいっ!」
勇者「……おりゃ」
ボゴォッ
魔物「グギャアアア!(痛ぇっ!)」
勇者「……なんでこんなに痛がってるんだろ?まぁ、いいや」ボゴォッ
魔物「ガッ……!グッ……!グハッ……!」
男戦士「よ?し!いいぞっ?!そのままやっちまえ?!」
天童「勇者ァ?!お前、今人生で一番輝いてるぞぉ?!いけぇ?!」
女僧侶「……す、凄い」
170:
ーーーーー
男戦士「よ?しっ!勇者君の活躍でモンスターは無事退治したな。街に戻って報告だっ!」
勇者「い、いやっ……僕の活躍って……そんな、大した事してませんよ……」モジモジ
天童「バカ野郎っ!な?に、謙虚になってんだよ!胸を張れっ!」
勇者「なんか、お前に褒められると気持ち悪ぃなぁ……あっ……!」
天童「……ん、どうした?」
勇者「て、天童……?今、何時……!?」
天童「ん……今は、10時半だな……」
勇者「俺、なんで生きてるの!?俺、命題クリアしてないよ!?」
天童「……カァ?、バカだねぇ。お前」
勇者「え?」
171:
天童「『男と女の関係』ってのはセックスの関係だけじゃねぇって事だよ」
勇者「え……どういう事……?」
天童「か弱い女の子を守ってあげるのも、男の役目って事だよ」
勇者「……はぁ」
天童「お前は今まで、戦闘になったら、女僧侶ちゃんの影に隠れて、女僧侶ちゃんを盾にしてただろ?」
勇者「……うっ!」
天童「だけどよぉっ!お前、出来たじゃねぇか!?自分の身を挺して女僧侶ちゃんを守ったじゃねぇか!なぁ!?」
勇者「い、いやぁ……あの時は精一杯だったから……」モジモジ
天童「『勇気』……クリアだなっ……」
勇者「ん……?でも、待てよ……?」
172:
勇者「なぁ、天童?」
天童「あぁ、どうした?」
勇者「だったら、俺、女僧侶ちゃんとセックスする必要なかったって事だよねぇ?別に変な事頼みこまなくても、よかったって事だよねぇ?」
天童「それはよぉ……お前が勝手に勘違いしてただけじゃねぇか」
勇者「か、勘違いって……教えてくれてもいいだろがっ!なんの為に俺、恥かいたんだよ!」ギャーギャー
天童「俺が教えたら意味ねぇじゃんかよっ!あのねぇ、命題ってのは自分の力でクリアしないと意味ないの!」ギャーギャー
勇者「なんだと?!?」
女僧侶「あ、あの……勇者さん……?」
勇者「……ん?」
173:
女僧侶「助けて頂いて……ありがとうございますっ……!」ペコッ
勇者「あっ……いや……それより、足は大丈夫?」
女僧侶「はい、街に帰る事ぐらいはできそうです……あ、あのっ……勇者さん……?」
勇者「……ん?」
女僧侶「身を挺して私を守ってくれた姿……あの……その……」
勇者「?」
女僧侶「……とても格好良かったです///」
勇者「え?」
女僧侶「そ、それじゃあ、街に戻りましょうか!」
勇者「あ、うん……」
174:
天童「……なぁ、勇者?」
勇者「ん?」
天童「……あれ、いけんじゃね?」
勇者「!」
天童「女僧侶ちゃん、お前に心ときめいてたんじゃね?」
勇者「や、やっぱり!天童もそう思う!?なぁ、こういう流れからセックスするってエロ本の展開でよくあるもんなぁ!?」
天童「なぁ!お前の今日一日してきた事は無駄なんかじゃなかったんだよ!おいっ、勇者!女僧侶ちゃん誘ってみろよっ!」
勇者「う、うんっ…… !やったっ……これで俺も童貞卒業っ!あっ、女僧侶ちゃん??」
バチン
天童「……あれ?」
175:
勇者「……天童」
天童「お、おう……」
勇者「エロ本の世界と現実はやっぱり違うね……」
天童「お、おう……そうだな……」アセアセ
勇者「……」
天童「……」
勇者「……次の命題は、いつ?」
天童「え?っと……次はX月X日だ……」アセアセ
勇者「わかった、俺頑張るよ。でも次は童貞関連以外の命題にしてね……?」
天童「お、おうっ……!」
男戦士「お?い!お前ら、何やってんだぁ?!とっとと帰るぞ?!」
181:
ーー俺はこの数日間で二度、死にかけた
男戦士「いやぁ?、噂通りの味だなコレっ!凄ぇ、上手いぜっ!」ガツガツ
女僧侶「そうですね。皆さんお代わりも沢山あるので、遠慮なさらないで下さいね?あっ、ほら勇者さんも」
勇者「う、うん……」
ーー俺は神様から与えられた10個の命題をクリアしないと死んでしまうらしい。なんじゃそりゃ。
女僧侶「ふふ、こんなに美味しいお肉が食べられるのも、勇者さんのおかげですわ」
勇者「い、いやっ……そんな事、ないよ……」
ーーこ?んな、ややこしい事になった理由、それは全てこの男……
天童「何でも俺のせいにするなって」ニコッ
勇者「……」
天童「おい、なにチンタラ食ってるんだよ?いらねぇんだったら、お前の分、貰っちまうぞ?」
勇者「う、うるせぇな!食うから黙ってろよ!意地汚ぇ奴だなっ!」ガツガツ
182:
天童「……あれ?お前、何か変わった?」
勇者「……えっ?」
天童「だ?ってよぉ!お前、この間までは部屋でチュルチュルみみっちくカップラーメンなんかすすってよぉ」
勇者「……」ムシャムシャ
天童「そ?んな、食い方じゃなかったじゃん?ねぇ、何か変わった?」
ーー確かに
天童「なんで変わったかわかるか?俺のおかげだよ?そうっ!俺のおかげだっ!」
ーー俺の中に何かが起こっている。今までの俺では考えられなかった『何か』が
天童「お前みたいな奴でも、やっぱり変われるもんなんだなぁ!クゥ?、やるなぁ、俺!……あっ、これって全部俺のおかげだからね?わかってる?」
ーーでも……
天童「『でも』じゃねぇんだよ?。お前は俺の言う通りにしてりゃぁいいんだよォ?。そうやって前向きに生きていけばさぁ……」
勇者「うるせぇなっ!お前はモノローグに入ってくるんじゃねぇよっ!」
183:
女僧侶「男戦士さん、本日はいかがなされるんですか?」
男戦士「……ん?」
勇者「魔物は討伐したし、僕達もう帰るんですかね?」
男戦士「あのなぁ……バカかお前は!この街の状況見て、よくそんな事が言えなぁ!?」
勇者「……えっ?」
男戦士「確かに、魔物は討伐してこの街の安全は確保されたけど、この被害状況だろ?」
勇者「は、はいっ……」
男戦士「しばらくは、この街の復興を支援する事になるだろうな」
勇者「な、なる程……」
184:
勇者「じゃあ、僕達は何をしたらいいんでしょう?」
男戦士「何をしたら?じゃねぇんだよっ!やる事は山積みだろうがっ!」
勇者「えっ……いやっ……」アセアセ
男戦士「なんでもかんでも俺に聞いてんじゃねぇよっ!ちょっとは自分で考えて行動してみろってんだ!この一年生っ!」
勇者「いや……でも……」アセアセ
男戦士「適当に空いてる部隊の作業手伝うとかよぉ?何かあるだろがっ!」
勇者「は、はいっ……」
男戦士「よ?し!じゃあ、食い終わった奴らはそろそろ作業始めるぞ?!それから、自分で食った食器は自分でかたしておけ?!」
勇者「え?っと……ど、どうしよ……?」
185:
ーーーーー
勇者「え?っと……え?っと……」キョロキョロ
「よ?し、じゃあ作業始めるぞっ!号令っ!」
「安全第一っ!」「安全第一っ!」
勇者「う、うわぁ……」
「私達は他の街との連携が取れるようにしましょう。馬車はあるの?」
「いえっ……それが魔物の襲撃で馬さえも……」
「……困ったわねぇ。じゃあ、先ずは馬の確保からね」
勇者「う、うわぁ……他の部隊の人はもう、作業始めちゃってるなぁ……どうしよ……」アセアセ
天童「ねぇねぇ、勇者君、勇者君?」
勇者「……ん?」
186:
天童「ハイ、これ」
勇者「ん……?何、コレ……?」
天童「コレに、勇者君の今日の作業内容が書いてあるよ?」
勇者「……えっ?マジで!?」
天童「うん」
勇者「なんだよお前っ!たまには役に立つ事してくれるじゃねぇか!?」
天童「なっ……!たまにはって事はないでしょうがっ!俺はいつもお前の役に立ってるぜ!」
勇者「よ?し……さっそく見てみるか……え?っと……ん……?」ガサゴソ
187:
勇者
X月X日 午後8時までに
男戦士に褒められなければ即・死亡!
188:
天童「ふ?む……『男戦士に褒められなければ即・死亡』か……」
勇者「ちょっと待てちょっと待て」
天童「よしっ!勇者!とっとと男戦士さんに褒められて来いっ!」
勇者「これ、命題じゃねぇかっ!?」
天童「あっ、うん。さっき届いたの」
勇者「なんでこれが俺の今日の作業内容なんだよっ!」
天童「そりゃ、今日それをしなきゃ死んじゃうからでしょうがっ!今、8時だから……後、12時間だな……」
勇者「……も?う」
189:
勇者「まぁ……この命題は簡単だから、いいけどさぁ……?」
天童「……ぬ?」
勇者「男戦士さんに褒められばいいんでしょ?こんなの楽勝じゃん?」
天童「おっ!?お前、なんか変な自信がついてるだろ!?足元救われんぞ!?」
勇者「俺が欲しかったのは、作業内容なんだけどねぇ……」
天童「あっ!お前っ!やれよ、命題ちゃんとやれよっ!」
勇者「わかってるわかってるって……とりあえずさぁ?男戦士さんに何したらいいか聞いてくるから、そのついでに褒められてくるよ」テクテク
天童「……あれまぁ、命題を『ついで』って。な?んか、嫌な予感しかしないんだけどなぁ」
193:
ーーーーー
勇者「あの?? 戦士さ?ん?」
男戦士「……あぁっ!?」イライラ
勇者「えっ……? ちょっと……何、そんなにイライラしてるんですか……?」
男戦士「やる事多すぎて、大変だからに決まってんだろがぁっ! それよりお前っ! 何、こんな所でサボってんだ!?」イライラ
勇者「い、いや……サボってるわけじゃあ、ないですけど……」アセアセ
男戦士「じゃあ、こんな所で何してんだよ!? とっとと自分の持ち場に戻りやがれっ!」
勇者「い、いやぁー、その事なんですけどね……?」
男戦士「……あぁ?」
勇者「ぼ、僕何処の持ち場につけばいいですかね……?」アセアセ
194:
男戦士「おいおい、一年生……オイコラ一年生よぉ……!」ズカズカ
勇者「えっ……? ちょ、ちょっと……戦士さん、顔が怖いです……」
男戦士「てめぇはよぉっ!」グイッ
勇者「……ひっ!」
男戦士「何でもかんでも俺に聞いてんじゃねぇよっ! ちょっとはてめぇの頭で考えろってのっ!」
勇者「ひっ……! ひっ……! すいませんすいません……!」アセアセ
男戦士「ったくよぉ……まぁ、やる事わかんねぇなら、とりあえず住居作りでも手伝ってこい! あれは力仕事だから、バカなお前でも出来るだろ」
勇者「は、はい……!」
195:
勇者「あ、あの?? 戦士さん……?」
男戦士「……あぁ? まだ、何かあんのかこの野郎?」
勇者「い、いえっ……! あのっ、大した事じゃないんですけど……」アセアセ
男戦士「……大した事じゃねぇならさっさと行けっての。皆忙しいんだからよぉ?」
勇者「あっ、いえっ……そのっ……僕にとっては大した事で……それでも大した事じゃない話といいますか……」アセアセ
男戦士「……はぁ? 何、言ってんだてめぇ?」
勇者「あ、あのですねぇ……! ぼ、僕の事、褒めてもらってもいいですか……?」
男戦士「……はぁ?」
197:
男戦士「……俺が?」
勇者「はい」
男戦士「……お前の事を?」
勇者「は、はいっ!」
男戦士「……褒めるの?」
勇者「よろしくお願いしますっ!」
男戦士「……」
勇者「……」
男戦士「……何処をだよ?」
勇者「えっ……?」
男戦士「俺が、お前の、何処を褒めればいいんだよ?」
勇者「え、え?っと……何でもいいんでお願いしますっ!」
198:
男戦士「バカな事言ってねぇで、早く仕事しろ」プイッ
勇者「えっ……? ちょ、ちょっと待って下さいよっ! 僕、男戦士さんに褒められないと困るんですよ!」
男戦士「ふふふ……勇者く?ん……?」
勇者「あ、あれ……? 男戦士さん……? 何か顔が怖いです……」アセアセ
男戦士「そりゃ、顔も怖くなるわっ! 皆が仕事頑張ってる中、一人サボってるバカの何処をどう褒めろっていうんだよっ!? てめぇ、バカも休み休み言いやがれゴルァ!」
勇者「ひっ……! すいませんすいません……」アセアセ
男戦士「わかったら、とっとと住宅作りの手伝いしてこいっ! それが終わったら、嫌になる程褒めてやんよっ!」
勇者「は、はいっ……!」
199:
ーーーーー
天童「……おい? 命題はクリアできたのかよ?」
勇者「う?ん……男戦士さん、今機嫌悪そうだったから無理だった……」
天童「……そうかよ」
勇者「また、時間置いて行ってみる……」
天童「……あぁ?」
勇者「多分、男戦士さんは忙しくてイライラしてたから、褒めてくれなかったんだと思う……だから、作業が落ち着いた頃にもう一度行ってみるよ」
天童「……あのなぁ? 勇者?」
勇者「とりあえず、住宅作りの手伝いして来いって言われたから、そっちの作業しに行こうっと……」テクテク
天童「おめぇ、何か命題の意味勘違いしてねぇか!?」
200:
天童「『人に褒められる』ってのは、そんなに簡単な事じゃねぇんだよっ!」
天童「自分自身ががむしゃらに頑張って……無我夢中になって頑張って……そういう事をした時に、始めて認められんだよ!」
天童「それを今のお前はどうだ……? 認められた?い?、評価された?い?……そんな下心丸出しの感情でよぉ!?」
天童「そんな半端な気持ちで、誰かの心を動かせるとでも思ってんのかオイっ!」
天童「いいかぁ! 一つだけ言っておくぞっ!」
天童「今のお前は……! ん……? あれっ……?」
天童「え?っと……今の……お前は……」キョロキョロ
天童「……」
天童「……お、お?い? 勇者君?? おいて行かないでくれよ?!」
201:
ーーーーー
作業員「おっ? なんだ? 兄ちゃんもここの作業、手伝ってくれんのか?」
勇者「はい。男戦士さんに人員が足りないそうだと言われたので……」
作業員「う?ん……人員、増えるのは有難ぇ話なんだけどさぁ……?」
勇者「どうか、したんですか?」
作業員「……兄ちゃん、そんな、きゃしゃな体で大丈夫か?」
勇者「……えっ?」
作業員「ほれ、あれ土嚢だけどさ……? 一番軽い奴でも15キロあるぜ……?」
勇者「……う、うわぁ」
作業員「……まぁさ? 自分の出来る範囲でいいからさ? とりあえず、やってみろよ? 無理そうなら男戦士さんに頼んで配置転換考えてもらうからよ?」
勇者「い、いえっ……! 頑張りますっ……!」
202:
「おぉ?い! 新入り?! 何やってんだぁ?!?」
勇者「ひいっ……ひいっ……! 重いっ……重いよう……」
「な?に、やってんだぁ?! こっち、土嚢足りねぇから早く持ってこ?いっ!」
勇者「す、すいませんっ……! 今、持って行きますっ……!」
「……ったく、使えねぇな」「……おいおい、新入りなんだから勘弁してやれよ」
勇者「お、お待たせしまし……う、うわああぁぁ……!」ドシャァー
「な、何やってんだよっ! このマヌケっ!」「ま、まぁまぁ……」
勇者「わっ……! わわっ……! すいませんすいません……!」
「一つ運ぶのにそんなにチンタラしてんじゃねぇよっ!今度からは二つずつ持ってこいっ!」
「おいおい……無茶な事、言うなよ……俺たちとは違うんだからさ……? あの子には無理だよ」
勇者「……」
203:
勇者「ひいっ……ひいっ……! 重いっ……重いよぅ……」
作業員「あ?、勇者君、勇者君?」
勇者「す、すいませんっ……! 今、運びますっ……!」
作業員「あ?、違う違う! もう、運ばなくていいからさ……?」
勇者「……えっ?」
作業員「今、男戦士さんに連絡してね? 勇者君の配置転換してもらうように頼んだからさ?」
勇者「えっ……? 配置転換……?」
作業員「うん。勇者君みたいな、きゃしゃな子にはこっちの作業はキツかったよね?」
勇者「……」
作業員「手伝ってくれてありがとね? それじゃあ、男戦士さんの所に行ってよ」
勇者「は、はい……」
204:
ーーーーー
勇者「……」トボトボ
天童「お前、クビになったんだってな?」
勇者「……クビなんかじゃないもん」
天童「……そんな調子で大丈夫なのかよ? 男戦士さんに褒めてもらえるのかよ?」
勇者「次は絶対に成功させるもん……」
天童「あのなぁ!? 勘違いしてるようだから、一つだけ言っておくぞ! 『人に褒められる』って事は……!って……お?い……お?いっ! 勇者く?ん……?」
205:
男戦士「……おぅ、さっき配置転換の要求の連絡があった」
勇者「す、すいません……」
男戦士「気にすんな。指示した俺の責任だ」
勇者「……えっ?」
男戦士「そりゃ、お前みたいな奴に力仕事やらしたって、上手くいきっこねぇよなぁ? 悪かったな」
勇者「……いえ」
男戦士「……下のもんを上手く使えなきゃ、人の上に立つ資格なんてねぇ。俺もまだまだだな」
勇者「い、いえっ……! そんな事はっ……!」アセアセ
206:
男戦士「……次は馬の確保してこい」
勇者「えっ……? 馬……?」
男戦士「おぅ。魔物の襲撃で、この街の交通網がぶっ壊れてんだよ」
勇者「は、はぁ……」
男戦士「だから、馬車の確保をする為に、今数名が馬の確保に向かってんだ。お前、その部隊と合流して手伝ってこい」
勇者「は、はい……」
男戦士「この前の、鉄に変身する力使えば、お前も役に立てるだろう。今度はしっかりやれよ……?」
勇者「は、はいっ……!」
207:
ーーーーー
勇者「よ、よろしくお願いしますっ……!」オドオド
女ハンター「ふふ、緊張しないで? 馬の捉え方は知ってる?」
勇者「い、いえっ……! 始めてですっ……!」
女ハンター「それじゃあ、説明するわね? 馬をある程度痛めつけた後、この『シビレ罠』にかけるの」
勇者「は、はぁ……」
女ハンター「そうして、馬の動きが止まった後に、この『捕獲玉』を二つぶつけるの。そうすれば捕獲完了よ」
勇者「な、なる程……」
女ハンター「今、私達のパーティーは、ガンナーが二人に、片手剣が一人……丁度前衛がいなかったから、君みたいな子がきてくれると助かるわ。ふふ」
勇者(あ、あれ……?俺、なんか別の世界に来てるような気がするぞ……?)
208:
「隊長っ! 馬ですっ!」
女ハンター「よしっ! 勇者君、鉄に変身して攻撃して! 私達はサポートをするわっ!」
勇者「は、はいっ……! んっ……! アストロンっ! 」ピカーッ
馬「! (何だこいつ!? 鉄の塊に変身しやがった!?)」
女ハンター「いいわよっ! 馬が怯んでるわ! 勇者君、攻撃をお願いっ!」
勇者「……」
女ハンター「……あ、あれ?」
馬「? (何だこいつ? 鉄の塊になったのはいいが、まるっきり動きやしねぇ)」
勇者「……」
女ハンター「お、お?い……? 勇者君??」アセアセ
馬「ヒヒーン! (こんな、バカみたいな連中に付き合ってはおれんよ。わしゃ、帰る)」
「隊長っ! 馬が逃げますっ! 大変ですっ! こりゃ大変ですっ!」
209:
勇者「う、うおっと……! ようやく、動けるようになった……」
女ハンター「……勇者君??」
勇者「あれっ? 馬は何処に行ったんですか? もう、捕獲したんですか?」キョロキョロ
女ハンター「とっくに逃げちゃったわよっ! ねぇ、どうして動いくれなかったの! どうして固まったままだったの、君!?」
勇者「い、いや……そんな事、言われても僕には何がなんだか……」
女ハンター「ねぇっ! 全部、勇者君のせいだよっ!? 馬が逃げちゃったのは! ねぇ、わかってるの!? ねぇっ、ねぇっ!?」
勇者君「い、いや……そんな事、言われましても……」アセアセ
女ハンター「もういいっ! 私、こんな子いらないっ! 戦士さんに頼んで配置転換してもらうっ!」
勇者「!」
210:
ーーーーー
勇者「……」トボトボ
天童「また、クビになったんだってな?」
勇者「……クビなんかじゃないもん」
天童「……今度もそんな調子で大丈夫なのかよ? お前、今日中に男戦士さんに褒めてもらえるのかよ?」
勇者「あれは……あの女の人がちょっとヒステリックなだけだったもん……」
天童「あのなぁ!? 勘違いしてるようだから、一つだけ言っておくぞ! 『人に褒められる』って事は……!って……知ってる……流石に三度目になれば僕も知ってる……」
211:
勇者「……すいませんでした」
男戦士「……気にすんな。俺も詳しくは知らねぇんだけどよぉ?」
勇者「?」
男戦士「覚えたての魔法ってのは普通の効果の他に特別な効果が出る事もあるらしいんだってよ?」
勇者「へ、へぇ?……」
男戦士「お前が、この前の魔物討伐で鉄になったまま動けたのは、その特別な効果なんだろうな」
勇者「な、なるほど……」
男戦士「その魔法の正しい効果は『鉄になって敵の攻撃から身を守る』ってもんなんだろうよ」
勇者「は、はい……」
男戦士「勉強になったな……? お前も……俺も……」
勇者「……はい」
212:
勇者「あの……? 男戦士さん……?」
男戦士「あぁ?」
勇者「ぼ、僕はどうしたらいいですかねぇ……?」アセアセ
男戦士「う?ん、困ったなぁ……だって、お前何もできねぇしなぁ……」
勇者「……うっ」
男戦士「……あっ、そうだ! 僧侶ちゃんいるだろ?」
勇者「は、はいっ……!」
男戦士「あの子はよぉ、この街の子供達の面倒みるとか言ってたような気がするぞ!」
勇者「へ、へぇ……女僧侶ちゃん、ちゃんと自分で考えてやってるんだ……」
男戦士「お前、それ手伝って来いよ! なっ、ガキの面倒みるくらいならお前でも出来るだろ!」
勇者「は、はいっ……! わかりましたっ……! 行ってきます……!」
男戦士「……ったく、今度は失敗すんなよ?」
213:
ーーーーー
女僧侶「……というわけで、魔族は無事退治され、王子様とお姫様は幸せにくらしました。めでたしめでたし」
「わ?い」「面白かった?!」「もっとお話聞かせて??」
女僧侶「う?ん……それじゃあ、どうしましょうか……? あっ、勇気のない男の子の所に天使様がやって来て、成長していくって物語はどうですかね?」
「面白そ?!」「その天使様ってサングラスに黒服の人??」「聞きたい聞きたい?」
女僧侶「それじゃあ、始めましょうか? 昔々、あるところに、勇気のない意気地なしの男の子がいました……」
勇者「……ん? 女僧侶ちゃん、何してるの?」
女僧侶「あっ、勇者さん? 怪我人の治療は粗方済んでいますし、私は子供達の相手をしてるんですよ」
勇者「ふ?ん……」
214:
勇者「今、何の話してたの?」
女僧侶「あっ、作り話ですよ! 私、自分で物語を作って人に聞かせるのって好きなんです」
勇者「ふ?ん……女僧侶ちゃんって、落語とか、小話が好きなんだ……?」
女僧侶「ら、落語って……ちょっと言い方酷くありませんかねぇ……?」
勇者「よしっ! それなら俺にもできそうだな! ……実はね、俺も小話得意なんだよ」
女僧侶「だ、だから……小話じゃありませんってば……」アセアセ
勇者「よ?しっ! 皆、お兄ちゃんがもっと面白い小話を聞かせてあげるよ!」
「わ?い!」「聞きたい聞きたい?!」
勇者「……え?、これは私が先日、近所の吉野家に行った話です。吉野家」
215:
ーーーーー
勇者「……ってなワケで、私はその親子連れに言ってやったワケですよ」
女僧侶「……」
勇者「お前らド素人は牛鮭定食でも食ってなさい……ってね……?」キリッ
女僧侶「……」
勇者「へへ……ねぇねぇ! どうだった!? 面白かったでしょ?」
「……つまんな?い」「コピペ乙」「今時、吉野家かよ」
勇者「あ、あれ……? なんか、反応悪いな? ひょっとして、皆吉野家行った事ないのかな?」
女僧侶「勇者さん、勇者さん……もう、いいですから……」
勇者「あっ! じゃ、じゃあ……君達、イチローの伝説って知ってる!? 全盛期のイチローの伝説、話してあげるよ!」
女僧侶「勇者さんっ!」
勇者「!」ビクッ
女僧侶「ありがとうございます……もう、いいですから、ね……?」
勇者「……」
216:
女僧侶「ごめんね、皆? じゃあ、さっきの話の続きしようか?」
「うんっ!」「聞きたい聞きたいっ!」
女僧侶「じゃあ、始めますね? ……そんな、意気地なしの男の子の元に、ある日天使様がやってきました」
勇者「……」
女僧侶「天使様は男の子に言います……私は天使だぁ、お前に呪いをかけたぁ……と……」
勇者(凄いな……皆、聞き入ってるや……)
女僧侶「男の子は言いますっ! ふざけるなっ! なんで天使が呪いをかけたりするんだよ! お前は悪魔の使いなんだろっ! と」
勇者(……ここも、俺の居場所じゃないかな)
女僧侶「天使は言います。これは神様からの呪いである……お前が呪いを解く方法はたった一つ……!」
勇者(……)トボトボ
217:
ーーーーー
勇者「……」トボトボ
天童「まぁ?た、失敗したのかお前はっ! いいかぁ!? 今度はちゃんと聞けよっ……!? 『人に褒められる』って事は……」
勇者「……なぁ、天童?」
天童「……ったく、なんだよっ!今、いい所なんだから、最後まで言わせろよっ!」
勇者「……俺はさぁ、一生懸命やってるんだよ」
天童「……あぁ?」
勇者「俺はさ……? 俺なりに一生懸命やってるんだ……でもさぁ、結局周りに迷惑かける事になっちゃってさ……?」
天童「……」
勇者「……なんで、上手くいかないんだろうね? 俺、もう、どうすればいいかわかんないよ」
218:
天童「……死んだ魚の目だ」
勇者「……えっ?」
天童「おめぇは、死んだ魚の目をしてやがる。そんなんじゃ、何やっても無理だ」
勇者「だってさ……どうせ、俺なんかが何をやっても上手くいかないし……」
天童「出たっ! 『どうせ星人』っ! 何かあったらすぐ、『どうせ』の一点張りだ! よっ、ネガティブ大統領っ!」
勇者「……だって」
219:
天童「100回失敗してもよぉ!? 101回目に成功すればいいじゃねぇかっ!? 武田先生はそうやって成功したんじゃねぇのかよ!?」
勇者「……」
天童「お前、今日何回失敗した!? えぇっ!? 片手で数える程しか失敗してねぇじゃねぇか!? 皆、それくらいの失敗は経験してんだよ!」
勇者「うん……」
天童「お前はよぉっ! そ?んなに簡単に諦めちまうような人間なのかよっ!? えぇっ! や?っぱり、ダメ人間なのか、オイっ!」
勇者「違うよ……俺、二つの命題クリアしたんだし……! ダメ人間なんかじゃないっ……!」フルフル
天童「おっ、おっ!? ちっとはマシな顔になってきたじゃねぇか!? えぇっ!? それで、今からどうすんだよっ!?」ニヤニヤ
勇者「そんなもん……! 男戦士さんに仕事貰いに行くに決まってんだろがっ! 天童っ! お前もついて来いっ!」
天童「は?い! ……って、あっ! また、言えなかったや」
220:
ーーーーー
勇者「男戦士さんっ!」ガラッ
男戦士「うおっ! おおっ、ビックリした?」アセアセ
勇者「仕事下さいっ!」
男戦士「仕事って……お前、僧侶ちゃんと、子供の面倒みるってのは、どうなったんだよ……?」
勇者「あの、仕事は僕には向いてませんっ! だから、何か他に仕事下さいっ!」
男戦士「向いてないって……お前、それ自信満々に言う事じゃねぇだろ……」アセアセ
勇者「いいから、仕事下さいっ! 仕事がないと、僕死んでしまうんです!」
男戦士「何、言ってるかわかんねぇよ……顔近ぇよ、怖ぇよ……」
221:
天童「いやぁ?、すんましぇ?ん! 何でもいいんで、こいつに仕事与えてやってくれませんかねぇ?」
男戦士「あっ、天童さん? 天童さん、作業は……?」
天童「いや?、私の方も手が空いたもんですからね……? こいつのフォローしようと思いまして……」
勇者(うるせっ! 余計なお世話だよっ!)
天童(おめぇ、一人じゃどうしようもねぇからよ……俺も手伝ってやるって言ってんだよ! 感謝しやがれ!)
男戦士「……ん?」
天童「あっ、いや……なんでもありましぇ?ん。それより、何か作業ありませんかね……?」
男戦士「あっ……え?っとね……天童さんいるんだったら、丁度いい仕事があるや……」
天童(ほれ、俺のおかげだ。感謝しやがれっ!)
勇者(……うるせっ!)
222:
男戦士「え?っとね……? お使い頼みたいんだけど……?」
勇者「お使い……?」
天童「焼きそばパンですか!? それとも、メロンパンですか!?」
男戦士「いやいや、そうじゃないそうじゃない……え?っとね、この街は物資がかなり不足しているんだよね」
勇者「そうですね」
天童「今、皆で必死になってかき集めとるばいっ!」
男戦士「それでね、この街からずっと東に行った所に街があるから、そこから支援物資をもらってきてほしいんだよ」
勇者「はぁ……なるほど……」
天童「結構、重大な任務ですね」
男戦士「その街には、僕の知り合いの武道家がいるから、そいつに頼めばなんとかなると思うんだけど……」
勇者「だけど……?」
天童「何か、問題でも……?」
男戦士「いや……そいつ、どケチで面倒臭い男でね……? だから、天童さん……ほら、商人でしょ? 上手い事言って、安く譲ってもらって来て下さいよ?」
天童「バ、バカ?ん! だから俺は商人じゃなくて、商人(天使)だってばよぉ?!」
223:
勇者「よしっ! 海沿いの東の街ですね!? じゃあ、行ってきます!」
男戦士「おいおいっ! 地図は持ったのか!? それに金も持ってねぇだろ!?」
勇者「あっ……」
男戦士「ったく……今日一日、お前おかしいぞ……ほれ、金に、地図……使い混むんじゃねぇぞ!?」
勇者「わかってますっ! それじゃあ、戦士さん、行ってきます!」
男戦士「お、おぅ……ったく……急にやる気になってどうしたんだアイツ……」
勇者「おいっ! 天童、何やってんだっ! 行くぞっ!」
天童「わかってるよっ! あっ、男戦士さん、それじゃあ行ってきます! 上手くいったら、あいつの事、褒めてやって下さいね?」
男戦士「そんなに褒められたいもんなのかねぇ……? まぁ、今回は大丈夫そうかな……? あっ、お?いっ! 8時までには帰ってこいよ??」
224:
ーーーーー
勇者「え?っと……海沿いの街だから……よしっ! こっちだな!」
天童「……ん?」
勇者「天童っ! 行くぞっ!」
天童「おい、勇者……ちっと地図見せてみろ……?」
勇者「なんだよ、こっちは早く行きたいのに……ハイ、地図……」
天童「え?っと……ここが街で……ここが海だから……っと……」マジマジ
勇者「……何、やってんの? 早く行くよ?」
天童「あっ、コレ方向逆だな。こっちだよ、東はこっち」
勇者「……あ、あれ?」
225:
天童「……ったく、おめえは地図もまともに見れねえのか?」
勇者「ちょっと、間違えただけじゃん……」
天童「バカ?ン! ちょっとの間違いって、全く逆方向に行こうとしてたじゃねぇか!? ちょっとじゃなくて、致命的な間違いだよっ!」
勇者「……うるせっ」
天童「あのなぁ、勇者?? お前が頑張ろうとしてんのは認めてやんよ。うん、認めてやる。……てもなぁ、お前、気合入りすぎてな?んか空回りしてねぇかぁ?」
勇者「えっ……?」
天童「おめぇにそんな、でっけえ仕事が出来るなんて、誰も期待してねぇよ! だから、男戦士さんはお前の身の丈にあった仕事を回してくれたんじゃねぇか」
勇者「……うん」
天童「ちっとは足元見た方がいいんじゃねぇか? ……じゃないと、今回も失敗しちまうぞ? この仕事も、命題も」
勇者「う、うん……」
天童「とにかく、今1時だから後、7時間だ……さっさと、街に支援物資貰いにいくぞ」
227:
ーーーーー
勇者「はぁ……はぁ……い、意外と距離あるね……?」
天童「な?に言ってんだ! まだ1キロも歩いてねぇじゃねぇか!? おめぇはほ?んと体力ねぇんだな!」
勇者「い、いや……多分、もう15キロぐらい歩いたはず……ん……?」
天童「……ん」
魔物「グルルルル……」
勇者「わっ、わっ……! 魔物だっ……!」
天童「……カァ?! 急いでんのにめんどくせぇなぁ。勇者ァ! とっととぶっ飛ばしちまえっ!」
魔物「グルルルル (お兄さん?? ちょっと、お金貸してくれな?い? 僕、財布落として困ってるんだよね??)」
228:
勇者「い、いやっ……天童っ……! お、お前も手伝ってくれよ……」アセアセ
天童「バ、バカっ……! 俺は天使だから、戦わねぇよ! お前一人でやりやがれ!」
魔物「グルルルル (おい、兄ちゃん……ジャンプしてみろよ? 小銭持ってんだろ、小銭)」
勇者「ちょっとぐらい手伝ってくれてもいいだろうがっ! このダメ天使っ!」
天童「なっ……! 誰がダメ天使だっ! おめぇこそダメ勇者じゃねぇか! 勇者だったら一人でなんとかしてみろよ!」
魔物「……ガル? (あれ? シカト? ねぇねぇ、僕の事シカトしてる? なんかムカついてきたぞ……?)」
勇者「な、仲間の良さを引き出してやるのも、勇者しての指名なんだよ……いいから、お前も戦えって……!」アセアセ
天童「な?に、都合のいい事、言ってんだ。おめぇ、ただビビってるだけだろがっ!」
魔物「グルルルル……(くっそぉ……舐めやがって……こんにゃろっ! でやぁっ!)」
勇者「わ、わわっ……!ヤバいっ……! ア、アストロンっ!」ピカーッ
229:
魔物「……ガッ! (何っ!?)」
勇者「……」
魔物「グル……(鉄の塊に変身して、俺の攻撃を弾くとは、なかなかやるじゃねぇか……?)」
勇者「……」
魔物「グルルルル……(せやけど、舐めたらアカンでぇ? 俺には必殺のハイパーゴールドロマンシングときめきドラゴンパンチがあるんや!)」
勇者「……」
魔物「ガルルルル……? (おっ、ビビってんのか? 財布渡すなら今のうちやで!?)」
勇者「……」
魔物「ガル……(くっそっ! またシカトかっ! もう怒ったっ! ハイパーゴールド……ロマンシングときめきドラゴンパァ?ンチっ!)」
勇者「……」
魔物「ガッ……! (い、痛ぇっ! また弾かれてしもうたっ! ちくしょうっ! こんにゃろっ! こんにやろめっ!)」
230:
ーーーーー
魔物「ガルっ! (でりゃ、でりゃっ!)」
天童「……空が青いねぇ」
魔物「グルっ! (おりゃ、おりゃっ!)」
天童「……風が気持ちいいねぇ」
魔物「キシャアァっ! (こんにゃろっ! こんにゃろめっ!)」
天童「30分……あいつ、しつこいねぇ……」
魔物「グルルルル……(はぁ、はぁっ……)」
勇者「……」
魔物「ガル……(ま、まぁ……今日はこれくらいで勘弁しとったるわ……)」
天童「カァ?……や?っと諦めてくれたか……アイツ、吉本新喜劇みたいなヤツやったねぇ……」
231:
勇者「んっ……おっ、敵がいない……? 天童、終わったの……?」
天童「……お?う、殴り疲れて帰って行ったよ」
勇者「ね、ねぇ……天童……? 俺、一人で倒したよ? どうだった?」
天童「あぁ、なかなかやるじゃねぇか?」
勇者「……でしょ!?」
天童「今までのお前は、ビビって一人で戦う事も出来なかったからな……勇者、成長したじゃねぇか?」ニコッ
勇者「でしょでしょ!?」
天童「なぁ?んて、言うとでも思ったかっ! このバカっ!」
勇者「!」
232:
天童「おめぇはよぉ! な?んで30分もかけて戦闘してんだよぉ!」
勇者「ちょ、ちょっと時間かかっちゃったかな……?」アセアセ
天童「ちょっとじゃねぇよっ! タイムリミットまで、後6時間半だ! 6時間半っ!」
勇者「うっ……!」
天童「あんなペースで戦闘してたらよぉ! 街に着く前に死んじまうじゃねぇか!」
勇者「ご、ごめん……」アセアセ
天童「時は金なり! タイム・イズ・マネー! 今はちんたらやってる場合じゃねぇのっ!」
勇者「う、うん……」
天童「もう、ここからはよぉ? 魔物からは全部逃げながら、街に向かおうぜ? あんな調子じゃ、時間がいくらあっても足りねぇよ」
勇者「そ、そうだね……そうしようか……」アセアセ
233:
商業の街ーー
勇者「ふ、ふぅ……ようやくついたね……?」
天童「思ったより、魔物とエンカウントしちまったな……ねぇねぇ、勇者って、もしかして絡まれ体質……?」
勇者「う?ん……自称天使の変なおっさんに最近つきまとわれてるし、そうかもしれない……」
天童「バ、バカっ……! つきまとわれてるって、なんて言い方してんだよっ! それに俺は自称じゃなくて、本当の……」
勇者「とにかく、武道家さんを探そうよ? その人が支援物資をもってるんだったよね?」テクテク
天童「おいっ! 話聞けよ! ……まぁ、もう3時だし、時間ねぇからしょうがねぇか」
253:
勇者「え?っと……武道家さん……武道家さんっと……」キョロキョロ
天童「おい、勇者。早く探しちまえよ。時間がねぇんだからよぉ?」
勇者「わかってるって……え?っと……何処にいるのかな……んっ……?」
「あっ、この装備レアなヤツでしょ? 僕に売ってちょうだいよ」
勇者「……あの人かなぁ?」
「あっ、財布忘れた……ねぇ、悪いんだけどツケにしておいてよ?」
天童「……う?ん、面独臭そうな雰囲気は出てるなぁ」
「え?!? いいじゃん!? ねぇ、ツケにしておいてよ。僕と君の仲じゃん?!」
258:
勇者「あの??」
男武道家「……んっ? 何? 君、誰?」
勇者「もしかして……男武道家さんですか……?」
男武道家「うん、そうだけど? ねぇ、所で君は誰? 人に名を聞く時は自分から名乗るのが常識じゃん?」
勇者「あのっ! 男戦士さんから、貴方から支援物資を頂いてこいと言われまして……」
男武道家「あ?、男戦士君? あの田舎者でしょ? 懐かしいなぁ?、ねぇねぇ、所で君の名前は?」
勇者「あっ……! すいませんっ! 僕、勇者っていいます」
男武道家「ふ?ん……勇者君だね。じゃあ、勇者君? 申し訳ないけど、お金一瞬貸しといて?」
勇者「えっ?」
259:
男武道家「いや?、だから、君は男戦士君の知り合いでしょ?」
勇者「は、はい……」
男武道家「男戦士君の知り合いって事は、僕の知り合いだよね?」
勇者「え、えっ……?」
男武道家「知り合いだったら、当然お金貸してくれるよね? ねっ? 僕、財布忘れてお金ないんだよ」
勇者「い、いや……このお金は支援物資の為に使うお金でしてね……」アセアセ
男武道家「あっ! 君、そんな事言うんだ? そんな事言うなら支援物資譲るのやめちゃうよ?」
勇者「えっ……! い、いやっ……! それは困ります……!」アセアセ
男武道家「だったら、お金貸してよ! ねっ、一瞬だから! 後でちゃんと返すから、一瞬貸しといて?」
勇者(う、うわぁ……この人、面倒臭い人だなぁ……)
260:
ーーーーー
男武道家「いや?、ありがとうありがとうっ! 君のおかげでレアな装備が買えたよ!」
勇者「い、いえっ……」
男武道家「この剣はね? ロマサガ街のランスって所から流れてきた『Lv七星剣』って武器なんだよ」
勇者「は、はぁ……?」
男武道家「ねぇねぇ? どうしてこの武器レアなのか知りたい? 知りたいでしょ、君」ウキウキ
勇者「い、いやぁ……そんな事はいいから、早く支援物資譲ってもらえませんかね?」アセアセ
男武道家「え?っ!? そんな事言わず、聞いてよ?! あのね、この『Lv七星剣』っていうのは、普通にしてたら手に入らない武器でね……?」
勇者「は、はぁ……」
男武道家「この武器を手に入れるには『コマンダーモード』ってのを使わないといけないんだ」
勇者(う?ん……面倒臭いなぁ……)
261:
ーーーーー
男武道家「それでっ! この武器は教団の連中に一度、奪われちゃったんだよっ!」
勇者「はぁ……」
男武道家「あっ! 勇者君、話聞いてないでしょ!?」
勇者「えっ、えっ……!? い、いやっ……そんな事ないです……」アセアセ
男武道家「いんや、聞いてないっ! もうっ! じゃあ、もう一度聖王様の所から説明するね?」
勇者「い、いやっ……!聞きましたよっ! その話、聞きましたって!」
男武道家「いやっ、聞いてない! じゃあ、説明するよ? 聖王様ってのは……」クドクド
勇者「……も?う」
天童「おい、勇者っ! おい、勇者っ!」ヒソヒソ
勇者「……ん?」
263:
天童「おめぇ、いつまで話聞いてんだよっ! そろそろ切り上げろよ!」
勇者「だって……あの人、マシンガントークすぎて言い出す暇ないんだもん……」
天童「そんな事言ってたら、あいつ一晩中、あの剣の話しやがるぞ!?」
勇者「……でもさぁ?」
天童「でもさぁ、じゃねぇよ! お前、もう話聞き続けて30分たってるんだぞ!?」
勇者「えっ、嘘? もう30分もたってるの?」
天童「おめぇも、あのくだらない話聞いたまま死ぬのは嫌だろうがっ! ほれ、とっとと話切り上げてこいっ!」
勇者「う、うん……」
264:
勇者「あのぉ?、武道家さん……?」
男武道家「……ん、どうしたの? あっ、今度はアビスゲートの話、聞きたいんだ?」
勇者「い、いやっ……! そうじゃなくてっ……!」
男武道家「え?? そんな事言わずに聞いてよ?? ……あのねあのね、アビスゲートっていうのはね?」
勇者「武道家さんっ!」
男武道家「な、なんだよ……急に大きい声を出してさぁ……? びっくりするじゃないか?」
勇者「そろそろ、支援物資の商談の話したいんですけど……?」
男武道家「う?ん……じゃあ、アビスゲートの話、終わってから……」
勇者「武道家さんっ!」
男武道家「な、なんだよ……君、ちょっと怖いよ……?」ビクビク
勇者「商談の話をお願いしますっ! こっちは時間がないんですよ! 時間が!」
男武道家「……わかったよ。だから、そんな怖い顔しないでよ? アビスゲートの話は商談の後にしようか?」
勇者「……」
265:
ーーーーー
男武道家「支援物資で欲しいのは、薬と食糧かな?」
勇者「そうですね、あっちでは薬と食糧が不足してます」
男武道家「ふ?ん……あっ、僕は薬と食糧にもこだわってるんだよ? ねぇねぇ、僕のこだわり聞きたい?」ウキウキ
勇者「い、いやっ……そ、それはまたの機会に……」
男武道家「そんな事、言わずに聞いてほしいなぁ?、……あっ、ついたよ? ここ僕の家?」
ドーンッ
勇者「!」
男武道家「ねぇねぇ、凄いでしょ? 広いでしょ? この家立てる為の僕の苦労話、聞きたい?」ウキウキ
267:
勇者「うわぁ……大きいですねぇ……」
天童「いや?、こりゃ、たまげたっ! 牧場まであるね!」
勇者(……ん?)
男武道家「あの牧場は、僕の人脈を表してるからね。牛を10頭と、馬を8頭飼ってるよ?」
勇者(……馬?)
天童「はぁ?、それだけ飼ってると世話も大変でしょう?」
男武道家「う?ん、そうだね。世話は大変だけど、動物育てるのは……」
勇者「……あ、あのっ! 武道家さんっ!」
男武道家「ちょっと、何?? 毎回、大声出さないでよ? 怖いよ、君」
268:
勇者「もし、良ければ……馬を売って貰えませんかね……?」
男武道家「えっ……? 馬、売って欲しいの?」
天童「お、おいっ! 勇者っ! おめぇ、無駄遣いしたら、男戦士さんにドヤされちまうぞっ!? 今回の命題は……」
勇者「違うんだよ、天童……馬は必要なんだよ……今、あっちの村では交通機関がストップしてるんだよ……」
男武道家「う?ん……確かに、最近世話するのも大変だしなぁ……」
天童「でも、金はどうすんだよ!? そんな金持ってんのかお前!?」
勇者「だからっ! 天童っ! 頼むよっ!」
269:
天童「……ん?」
勇者「お前が、値切ってくれよっ!」
天童「だからよぉ! 俺は商人なんかじゃなくて天使……」
勇者「お前じゃなきゃ、無理なんだよっ! 俺じゃ、こんな事出来ないんだよっ!」
天童「……ぬ?」
勇者「俺、わかったんだよ……今日の俺は、男戦士さんに褒められよう、褒められようとして、自分に出来ない事ばかり、しようとしてた」
天童「……」
勇者「人に褒められるって、そういう事じゃないじゃん? 今日の俺は下心ばかりで、ずっと背伸びしてた」
天童「……」
勇者「俺がここで値切ったら、俺の手柄にねるけどさぁ……やっぱり、商談に向いてるのはお前じゃん!?」
天童「……」
勇者「だからさぁ? 頼むよ、これはお前じゃないと出来ないんだよっ!?」
天童「……勇者ぁっ!」
271:
天童「お前、今、いい事言ったぞ!」
勇者「……えっ?」
天童「沢山、沢山いい事言ったっ!お前の心のノートにメモっておけ!」
勇者「う、うん……」
天童「……お前に、そこまで言われると俺もやるしかねぇなぁ?」ニヤニヤ
勇者「!」
天童「商人天童様の実力見せてやるからよぉ……? お前っ! これもしっかりメモっておくんだぞ!?」
勇者「うんっ!」
天童「……あっ、すんましぇ?ん! 武道家さん、ちょっとお話が?」
272:
ーーーーー
男武道家「う?ん……じゃあ、二頭で、この値段で……」
天童「いや?、流石武道家さんっ! ヨッ! 次期部長っ!」
男武道家「……僕はまだ、課長なんだけどね。でも、君商売上手だねぇ? 負けたよ」
天童「いや?、いや?、全ては武道家さんの器の大きさのおかげでですよ!」
男武道家「えっ、本当……? な?んか、そう言われると照れちゃうなぁ……」
天童「よっ! 日本一っ! この色男っ!」
男武道家「ふふ、やめてよ……それじゃあ、牧場に連れていくからついて来て?」
天童(へへ、どうだ! 見たか!)
勇者(天童、ナイスっ!)
273:
男武道家「君達に譲るのは、この二頭だね」
勇者「うわぁ……恰好いい馬……」
天童「こりゃ、凛々しい馬ですなぁ?、こ?んないい馬、譲って貰えるなんて光栄ですよ」
男武道家「……あっ、天童さん、やっぱりこの馬の良さが分かる?」ニヤニヤ
勇者「……えっ?」
天童「ん……?」
男武道家「この馬の名前はね、『フジエダ』っていってね? アスキー街のダビスタ牧場から譲ってもらった馬なんだ?」
勇者(お、おいっ! なんか始まっちまったぞ!?)
天童(止めるか!? あっ、でも、もしそれで商談破綻したら……)
男武道家「名前の由来なんだけどね……? フジエダマジックってのがあってね……?」
勇者(お、おいっ! どうするんだよっ! お前のせいだぞっ!)
天童(す、すんましぇ?ん……)
男武道家「あっ、先ず『藤枝マジック』から説明しようか? これは、絶不調の時に調教を……」ベラベラ
274:
ーーーーー
男武道家「……という訳で、『フジエダ』はキングジョージを制覇して引退したってワケ」
勇者(……な、長かった)
天童(三歳新馬から引退まで……全て聞いちまったな……)
男武道家「じゃあ、『フジエダ』の説明は以上にして、次はこっちの馬の説明をしようか?」
勇者(えっ……!?)
天童(まだ、続くの!?)
男武道家「この馬は『けるべろ』っていってね? ラクーンシティのアンブレラ製薬会社から譲り受けた馬なんだ」
勇者「い、いやっ……! 武道家さん……!」アセアセ
天童「もう、説明はいいですばい! 我々、時間がないんですよ!」
男武道家「え?? アンブレラ製薬会社ってのは、薬品会社なんだよ? そんな所がどうして馬を飼育してるか気にならない?」
勇者「いえっ! 結構です結構でっ!」
天童「そ、それより、薬品とか食糧のこだわり聞かせて下さいよっ……!」
男武道家「あっ、そうだね。じゃあ、そっちの話にしようか?」
275:
勇者「色々と物資、ありがとうございましたっ!」
天童「あんたの事は忘れんばいっ!」
男武道家「いや?、困った時はお互い様だよ。それより男戦士君によろしくね?」
勇者「はい、わかりました!」
天童「しっかり伝えておくばいっ!」
男武道家「あっ……そういえば僕が男戦士君と出会ったきっかけ話してなかったね? あのね、男戦士君と僕は……」
勇者「い、いえっ……! それはまたの機会に……!」アセアセ
天童「今度、時間がある時にゆっくりと! ゆ?っくりと!」
男武道家「そう……? じゃあ、君達、気をつけてね?」
勇者「はいっ! ありがとうございましたっ!」
天童「あんたの事は忘れんばいっ!」
フジエダ「ヒヒーンっ!」
けるべろ「……ガルルルル」
281:
天童「よっしゃぁ! 勇者! 今七時だから、後一時間……そろそろ出発するかっ!」
勇者「そうだね。帰りは馬がいるから楽だね」
天童「あっ、おめぇ、最後の最後で油断してるだろ? いくら、馬がいるって言っても結構、タイムリミットまでギリギリだぞ?」
勇者「えっ、えっ……? そうかな……?」
天童「まぁ、な?んにも、トラブルがなかったら、ちゃ?んと時間通りに着くと思うけどよぉ……?」
勇者「な、なんだよ……急に不安になるような事、言うんじゃねぇよ……」
天童「まっ、大丈夫だと思うけどな! よっしゃ! そろそろ出発するかっ!」
勇者「うんっ! いくよっ! フジエダっ! けるべろっ!」
フジエダ「ヒヒーンっ!」
けるべろ「ガルルルル……」
283:
その頃街ではーー
男戦士「う?ん……遅ぇな、あいつら……ちゃんとやってんのかな……?」
女僧侶「男戦士さんっ! 大変ですっ!」
男戦士「ん……? 女僧侶ちゃん、そんなに慌ててどうしたの?」
女僧侶「海岸の偵察部隊から連絡があったんですが、今海沿いの洞窟に魔物が上陸したらしいですっ!」
男戦士「なんだって!? この前、全部始末したんじゃねぇのか!?」
女僧侶「おそらく、先日討伐した魔物の父親かと……大きさもこの前の二倍程あるらしでいですっ!」
男戦士「……カァ?、家族の敵討ちに来たってワケか。嫌だねぇ?」
女僧侶「魔物は、この村に向かって来てるそうです! 男戦士さん、どうしますか!?」
男戦士「よしっ! 各自、自己判断で討伐部隊と防衛部隊に別れろっ! せっかく、建て直したんだ。魔物がここに入る前に始末するぞっ!」
女僧侶「は、はいっ……!」
284:
ーーーーー
勇者「天童……!? 今、何時!?」アセアセ
天童「あぁ……? え?っと……今、7時半だから、後三十分だっ!」
勇者「く、くそぉ……間に合うかな……?」
天童「大丈夫だよっ! もう少しで街だっ! 最後まで諦めんじゃねぇ!」
勇者「うん、そうだよね……んっ……?」
天童「……ん?」
勇者「わ、わわっ……! 危ないっ……!」ガシッ
天童「うおっ……! なんだよ、勇者!? いきなり止めんじゃねぇよ! 危ねぇだろが!」
勇者「だ、だって……前に……」アセアセ
天童「……ん?」
魔物「ガルル(へへぇ?ん、また会ったねぇ? 今度はしっかりお金貸してもらうよ?)」ニヤニヤ
285:
天童「なんだよ、またおめぇかよ!? こっちは急いでんだから、おめぇなんかに構ってる暇はねぇの」
魔物「ガル?(うわぁ?、何この物資? お前ら、凄え大量に持ってるじゃん? わっ、しかも馬まで)」
勇者「それは今から、街に運ぶ支援物資だから、君にはあげられないよ!? こっちは急いでるんだから、もう行くね!?」
魔物「ガルル?! (へっへ?ん! こ?んな美味しいもんを目の前に、みすみす逃がす事なんて出来ませ?ん! 俺っちの兄貴分達、カモ?んっ!)」
天童「……ん?」
勇者「……えっ?」
286:
魔物「……ガルルルル」
魔物「……グルルルル」
魔物「キシャーッ!」
勇者「こ、こいつ……」
天童「仲間連れて仕返しに来やがった……」
魔物「ガルル……(おいコラ、クソボケ共よぉ……? さっきはよくも舐めた態度とってくれたじゃねぇか……? 覚悟はできてんだろなぁ……?)」
勇者「天童……どうしよう……? コレ、逃げれるかな……?」
天童「いや、完全に包囲されとまってるぞ……こりゃ、マズいねぇ……?」
魔物「ガルっ!(それでは、兄貴分達っ! こいつらをやっちゃって下さいっ!)」
勇者「う、うわっ! 来たっ……!」
天童「ま、まずいぞっ! とにかく、物資を守れっ!」
287:
ーーーーー
男戦士「……ぐっ!」
魔物「グギャァっ!(おらおら、そんなもんか? お前、よくもワシの息子とカーちゃん苛めてくれたな?)」
男戦士「こ、こいつ……強いっ……!」
魔物「ギャアァスっ!(ちんけな人間の分際で調子乗ってんじゃねぇぞゴルァ!)」バキッ
女ハンター「……ぐっ!」
男戦士「くそっ……女ハンターっ! 君は一度下がれっ! 女僧侶ちゃん、彼女の回復をっ!」
女僧侶「は、はいっ……!」
魔物「グギャァっ!(痛いか? 痛いかワレ? でもなぁ、ワシの家族はもっと痛い思いをしたんじゃ、こ?んな風になぁっ!)」バキッ
男戦士「ぐ、ぐはっ……」
女僧侶「男戦士さんっ!?」
男戦士「く、くそぉ……こいつ、強い……何か弱点はないのか……?」
288:
女僧侶「男戦士さんっ、弱点はありますっ! 私、この前の戦いの後、図鑑で調べました!」
男戦士「何!? 奴の弱点は何処だ!?」
女僧侶「あの魔物の弱点は頭部です!」
男戦士「なるほど……よくよく見れば、頭部はあの硬い鱗に覆われてないな……だが……」
魔物「グギャァっ!(あん? 何、ガンつけとんじゃワレっ!)」バキッ
男戦士「ぐ、ぐはっ……!」
女僧侶「男戦士さんっ!」
男戦士「あいつ、全長10メートルはある、化けもんだぞ……? あんな奴の頭部、どうやって狙えってんだよ……」ヨロヨロ
289:
ーーーーー
魔物「ガルっ!」バキッ
勇者「……ぐっ!」
魔物「グルっ!」バキッ
天童「カァ?、痛かぁ?! もう、暴力反対ね!」
魔物「グフっ、グフっ!(へへ……兄貴ィ、そのままやっちゃって下さいな)」ニヤニヤ
勇者「く、くそぅ……仲間呼んで、こんな事して、卑怯なヤツめ……」
天童「勇者っ……! そんな事、言ってる場合じゃねぇぞ! このままじゃ、物資取られちまうっ! それに命題もっ……!」
魔物「グフっ、グフっ!(な?に、うだうだ言ってんだよ、この田吾作が! お前らの人生、ここで終わりだよ、バ?カっ!)」
勇者「くそっ……なにか方法はないのか……こんな所で終わってたまるかよっ……!」ブツブツ
天童「がっ……くっそぉ……! 何でお前らみたいな奴らが生きてるんだよっ! 神様は何考えてるんだっ!」
290:
勇者「えっと……ええっと……リミテッド……? ビストロ……ああっ! 違う違うっ!」
魔物「ガルっ!」バキッ
天童「……ぐっ!」
勇者「レミパン……? 履歴書……? ああっ、違う違うっ! そうじゃないっ!」
魔物「ガルル (な?に、ぶつくさ言ってやがる! ついにイカレちまったか、てめぇ!?)」
天童「くそぉ……勇者ァっ……!」
勇者「『リレミト』?」ピカーッ
291:
勇者「……ん?」フワーッ
天童「……何だぁ?」フワーッ
魔物「ガルっ……? (何だ、こいつら? 宙に浮き上がりやがった!?)」
勇者「わっ、わわっ……! ど、どうなってんだ、これ……?」
天童「おい、勇者? 俺たちだけじゃなくて、物質と馬車も浮いてるぞ?」
魔物「ガルっ? (な、なんかよくわかんねぇけど、ヤバそうな雰囲気だっ! 兄貴ィ! 早くやっちゃって下さいっ!)」
勇者「あれ、あれ……? 身体が……何かに引っ張られて……」
天童「なんか、街の方から引っ張られれてるぞ、おい……」
292:
魔物達「キシャアアァァァっ!」
ギュイーンッ
勇者「う、うわああああぁぁぁ」
天童「な、なんですかコレぇぇぇぇ」
魔物達「!?」
魔物「ガルっ! (あっ、あの野郎っ! 空飛んで逃げやがったっ! くそっ、こうなりゃ、荷物だけでもっ……!)」ガシッ
勇者「うわあああぁぁぁぁ」
天童「のわあああぁぁぁぁ」
魔物「ガルっ! (フンがっ! 捕まえたっ! 逃してたまるかよっ! こんにゃろこんにゃろっ!)」ジタバタ
ギュイーンッ
魔物「グルル……(ちくしょう……また、逃げられたか……まぁ、馬一頭奪えたのは大きな収穫だな)」
けるべろ「……グルルルル」
293:
ーーーーー
男戦士「はぁっ……はぁっ……くそっ……!」
魔物「グギャァっ! (お前、なかなかしぶとい奴だな? ちょっとだけ褒めてやるよ?)」
女僧侶「……男戦士さん」オロオロ
男戦士「くそっ……こうなりゃ、一か八か突っ込んで、あいつの脳天を……」
魔物「ギャアァス! (さっ、そろそろトドメとしようか? お前は特別に……ん……?)」キョロキョロ
「うわあああぁぁぁぁ」
男戦士「これは、勇者君達の声……? しかし、何処から……?」キョロキョロ
女僧侶「あっ! 男戦士さんっ! 上ですっ! 空を見て下さいっ!」
男戦士「……空?」
勇者「うわあああぁぁぁぁ! どいてどいてどいて! 危ないぶつかるうぅぅ!」ドギューンッ
魔物「!? (なんだ、こいつら!? まずいっ……! ぶつかる……!)」
294:
ゴチーン
魔物「ガっ……ゴッ……」クラクラ
女僧侶「やったっ! 勇者さん達が、空から飛んで来て、魔物の脳天に突っ込みましたよっ!」
男戦士「……」
勇者「お、男戦士さぁ?ん……時間かかっちゃいましたけど……ただいま戻りましたぁ……」フラフラ
男戦士「……」
勇者「支援物資……そ、それに馬も……無事入手してきました……」フラフラ
男戦士「……」
勇者「俺……頑張りました……自分に出来る事を……精一杯やりました……」フラフラ
男戦士「よくぞやったぞ勇者君っ!」
天童「お、おおっ……8時……ジャストっ……!」フラフラ
295:
男戦士「皆っ! 今が好機だっ! 魔物に攻撃をし掛けろっ! 奴は動けないぞ!」
女僧侶「はいっ! わかりましたっ! 皆さん、いきましょうっ!」
「お?っ!」 「お?っ!」
勇者「ん……? 魔物……? 今、何が起きてるのこれ……?」キョロキョロ
男戦士「おいっ! 何やってる一年生っ! お前も攻撃しろっ!」
勇者「えっ……?」
男戦士「この状況見てわかんねぇのか!? 緊急事態なんだよ!」
勇者「あ、あれぇ??」
296:
ーーーーー
男武道家「よしっ! 魔物も倒したし、支援物資も届いた! 先ずは復興の第一歩ってところだな!」
女僧侶「ええ、そうですね」ニコッ
天童「それに……馬も、ね……?」
フジエダ「ヒヒーンっ!」
勇者「あ、あのぉ?……男戦士さん……?」オドオド
男戦士「あぁ? どうした?」
勇者「本当は、馬二頭いたんですけど……道中、魔物に襲われて奪われちゃいました……」
男戦士「……」
勇者「……ごめんなさいっ!」
男戦士「……」
勇者「……」
男戦士「……くだんねぇ事、気にしてんじゃねぇよバーカっ!」
勇者「!」
298:
男戦士「俺はね、支援物資を貰ってこいって言ったの。そんな、まさかお前が馬も捕まえてくるなんて思ってねぇよ」
勇者「あっ……いやっ……!」
男戦士「今は一匹で十分じゃねぇか? この街の復興はまだ始まったばかりなんだからよぉ?」
勇者「……はい」
男戦士「お前は……俺の期待以上の働きをしてくれたよ?」ニコッ
勇者「!」
女僧侶「ふふ」
男戦士「それよりさぁ? 俺、戦闘で疲れたから、早く帰って休もうぜ? あっ、女僧侶ちゃん、マッサージしてくれない?」
女僧侶「ふふ、セクハラはお断りします」クスクス
男戦士「セクハラなんかじゃねぇって! だって、魔物に殴られてさぁ……」
勇者「……」
299:
勇者「困ったなぁ……男戦士さん、馬は買ってきたヤツなのに、捕まえてきたヤツと勘違いしてるや……」
天童「……まっ、いいんでねぇの? そういう事にしとけば」
勇者「天童……でも、それじゃあ、お前の手柄は……」
天童「な?に、おめえみたいなヤツが気を使ってんだ! それよりよぉ?」
勇者「……ん?」
天童「『誰かの為に行動する』ってのは……悪いもんじゃねぇだろ?」ニヤリ
勇者「あっ、そっか……俺、褒められて命題クリアしたんだった……」
天童「『献身』……クリアだな……」メモメモ
勇者「あっ! でもさぁ?」
天童「……ん?」
300:
勇者「俺、前回と前々回は死にかけたのに、今回は死にかけてないよねぇ?」
天童「ん……? そういえばそうだな……?」
勇者「この命題って嘘でしょ? というか、お前が天使ってのも嘘だろ!?」
天童「バ、バカっ! 何、言ってんだお前はっ! ま?だ、信じてねぇのか!」
勇者「だって、今回は死にかけてないもん」
天童「お前が気づいてないだけで、死んじまう行動があったかもしれねぇだろがっ!」
勇者「だって……」
天童「『だって』じゃねぇよっ! とにかく、後命題は7個だっ!」
勇者「……も?う」
301:
武道家邸ーー
男武道家「はい、もしもし?? 武道家です??」
男武道家「あっ……ええっ……STARSさん……? え?っと、どういった御用件で……?」
男武道家「……はぁ? アンブレラ製薬は……はぁ、薬品製薬会社ではなく……はぁ、ウイルス研究……」
男武道家「ウイルスを……動物に注入して……ゾンビ化させている……!?」
男武道家「えっ!? じゃあ、あの、僕が譲り受けた『けるべろ』って、馬じゃなくて、ゾンビ馬なんですか!?」
男武道家「う、うわぁ……困ったなぁ……そんな事知らずに、勇者君達に売っちゃたなぁ……どうしよ……?」アセアセ
男武道家「……」
男武道家「……まっ、いっか。黙ってりゃわかんないよね」
303:
魔物「ガルガル?! (馬刺し馬刺し?! 今夜のご飯は馬刺し?!)」
けるべろ「……ガルルルル」
魔物「グルル! (おいコラっ! 何、チンタラ歩いてるんだよ! とっとと歩けっ!)」
ケルベロ「ガルルルル……」
魔物「ガッ……? (あれっ? こ、こいつ……何か、様子が変だぞ……?)」アセアセ
ケルベロス「グギャアア……」
魔物「グガッ……? (あれっ? こいつって、もしかして今、巷で噂のゾンビ馬なんじゃ……?)」アセアセ
ケルベロス「グギャアアァァァっ!」
魔物「! (う、うわあああぁぁぁぁっ!)」
ムシャムシャ
304:
数日後ーー
男戦士「お?い! 勇者に女僧侶ちゃん?! ちょっとこ?いっ!」
勇者「はい、どうしました?」
女僧侶「何か私達への指示ですか?」
男戦士「いや、そうじゃないそうじゃない。え?っとね、お前らクビ」
勇者「えっ!?」
女僧侶「ど、どうしてですか!?」
男戦士「だって、これからは力仕事がメインになりそうだし、お前ら使えないんだもん」
勇者「そ、そんな事ないですよ……!」アセアセ
女僧侶「私だって、頑張りますっ……!」アセアセ
男戦士「……お前らはここにいちゃいけないんだよ」
305:
男戦士「この街はさ、魔物の被害を受けて……少しづつ、復興が始まってるけどさ?」
勇者「……はい」
男戦士「世界にはまだまだ、そういった事が進んでない街が沢山あるんだよ」
女僧侶「……はい」
男戦士「若いお前らがよ、こんなちんけな所で生涯を終えたら勿体ねぇよ」
勇者「……」
男戦士「世界にはまだまだ、困ってる人、苦しんでる人が沢山いるんだ。ここは、俺達に任せてよ、お前らはそういう場所に行ってこい」
女僧侶「……」
男戦士「世界を見てこいや」
306:
男戦士「ほれっ、これは今までの給料と、餞別だ」ジャラッ
勇者「えっ……?」
女僧侶「わっ、凄い大金……」
男戦士「これからは、自分の力で考えて、自分で行動するんだ」
勇者「……」
男戦士「大丈夫だって。きっと、お前らなら出来るよ。それに……」
女僧侶「……」
男戦士「困った事があったら、すぐ駆けつけてやるからよぉ?」
勇者「男戦士さん……」
男戦士「俺達は仲間だろ?」ニコッ
307:
ーーーーー
勇者「女僧侶ちゃん、これからどうする?」
女僧侶「そうですね……私、この討伐が終われば教会に戻るつもりだったんですが……」
勇者「そうなんだ」
女僧侶「やっぱり、男戦士の言う通り、世界で困ってる人達の力になりたいです」
勇者「……うん」
女僧侶「……勇者さんは?」
勇者「う?ん……俺はさぁ……?」
女僧侶「……はい」
308:
勇者「俺さぁ……ずっと引き篭もってたじゃん……?」
女僧侶「……はい」
勇者「どうせ、自分には何も出来ない……どうせ、自分には人の役に立てる訳ない……なんて、ずっと思ってた」
女僧侶「……」
勇者「でも、この数日間、がむしゃらにやってきて、自分にも何かが出来るんだ……って、思うようになってきた」
女僧侶「……はい」
勇者「今は……女僧侶ちゃんみたいに……立派な目標は持てないけど……」
女僧侶「はい……」
勇者「……とりあえず、世界を見てみたいかな?」
女僧侶「ふふ、勇者さん、変わりましたね?」
勇者「えっ……? そ、そうかな……?」
30

続き・詳細・画像をみる


「さすがに酷い目に遭い過ぎだろ」と思った漫画アニメゲームの主人公

「さすがに酷い目に遭い過ぎだろ」と思った漫画アニメゲームの主人公

【朗報】藤川球児さん、1A昇格

P「りっちゃん♪」 律子「は、はぁぁぁ?!////」

義姉の遺児を放置で保険金で不妊治療。今はうちに義姉子を押し付けてくる

職場の女がことごとくクズでわろたwwwwwwwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先