穂乃果「朝だよー!起きろー」グイグイback

穂乃果「朝だよー!起きろー」グイグイ


続き・詳細・画像をみる

1:
穂乃果「えへへ♪おはよー!」
穂乃果「もうっ、そんなに驚かなくても」フフフ
穂乃果「おばさんがまだ上で寝てるから上がってちょうだいだって」エヘヘ
穂乃果「朝ごはん作ってきたから一緒に食べよ?」
2:
穂乃果「は?い!穂乃果特製饅頭だよ♪」
穂乃果「え?朝からお饅頭はおかしい?」
穂乃果「そうかなー?とっても美味しいよ?」
穂乃果「さぁ、食べて食べてー」
3:
穂乃果「それじゃぁ!穂乃果はこれからμ'sの練習があるから」
穂乃果「あ、二度寝は駄目だからねー!」
穂乃果「休日だからって怠けてちゃ駄目だからね」
4:
夕方
穂乃果「おじゃましま?す!」
穂乃果「うん!今日もいっぱい踊ったり歌ったりしてきたよ!」
穂乃果「練習の成果を見たい?」
穂乃果「だめだめ?」
穂乃果「ふっふっふ、見たければ今度のライブに来るといい」
穂乃果「そうだよ!音乃木坂でね♪」
穂乃果「来てくれるでしょう?」
6:
穂乃果「行けたらって……」
穂乃果「もう!そこは絶対に見に行くよ、でしょー!」
穂乃果「ちょっと、機嫌悪くなっちゃったなぁ」プンプン
穂乃果「え?散歩?気分転換に?」
穂乃果「お散歩で穂乃果の機嫌が良くなると思う??」
穂乃果「まぁ!別にいいけどね♪」
8:
公園
穂乃果「綺麗な夕焼けだねぇ!」
穂乃果「明日は絶対、天気いいよ?」
穂乃果「うん!絶好の練習日和!」
穂乃果「え?練習は辛くないかって?」
穂乃果「ううん、全然そんなことないよ」
穂乃果「9人みんなで踊ったり、歌ったりふざけあったり」
穂乃果「とっても楽しいんだよ?」
穂乃果「確かに、海未ちゃんの考える練習のメニューはちょっときついけど」
穂乃果「けどね?」
9:
              ____
            . -─-、    _ -‐''^~ ̄  '⌒  `丶、
     /    ノ⌒^ン´    /     `ヽ
  /    r┘ /     \
     | [` ア   /      .:/            \
     |  ∨  / /  .::/_       ヽ
.           l :/ ,    / /    .::/⌒^⌒ーく   .:.:.    `、
.        l  /  '   / ,' i    .:.::/  \.:.:.:i  .
.     l :l: :i: ,'| { i:i:: ,'.:.:,'   ヽ:i     .:: l  そんなこと、どうでも良くなっちゃうくらい
          |l .::|: :i::. ムi-‐?i::. iハ::;′ ___  ゙i ::|:.:l  μ'sのみんなといるのが幸せなんだよ
          リ .::|: :l:.:. l i:: ハ:: l |:     ´    `\  i ::|:.:|
  / .:.:|:: |:.:. l i::    '::. l l         i ::i :::|:.:|
.  / .:.:.::|::. 八:.:.|  __、 ゙、l   j ::i .::::|:.:|
.      /   .:.:.:.:::|:.:.  l: 」斗''"''ミ、        ,,二.,,_  ' .:j ::::,゙.::l
    /   .:.:.:.:.::::|l::.  | ´                '" ̄`ヽ> ,,' .:::,'.:::/.:.:l
   ,゙  i:.:i:.:.:.::::八:.:. ゙, :.:::::::.:     ,゙.::::/.::/.:.:.:l
   {  i.:.:i:.:.:::/}  \ '.   '   :.:::::::.: /.::::/ イ}:.:.:.:l
   { :i.:.:i:.:.:::{ノ ' \ \       /.::/ )八.:.:l
   ヽ :{い:.::.:{   ,'  .:.:个ー-   マ ̄  ? / _, イ::.:. \
  \\  ,' .:/.:.:.:::::丶、 ヽ _ノ       /.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.  ヽ
      ,゙ .:.:.:.:.:.:.:.:::::::::|l::..._          _. イ::::::::::.:.:.:.:.l.:.:}:.:ハ  、
         {  :.:.:.:.:.:.:.:.::::::::ll::::::|`  .__..  ´ |:::l::::::::::::.:}:.:..:.:.:.}:.:.:.:} ::}
         { :{:.:.:.:.:.:.:.:{:::::::::l:::::}   |:::l:::::::::::.:,'.:.:.:.:.:,'.:.:.:,゙  :}
   いハ:.:.:.:.:.:.:.:\:::::∨          :{:::::::::::::,','.:.:.:.:.:/.:.::/  丿
    . -─- 」__:.:.:.:.:.:_/   \_r‐ヘ__,厶∠.. __
        /      |::::::{「    /  _ =≠   \
  /     |::::::{l ─‐-      _  ´ _/              ヽ
   ,  {   '.::::::|    _ -‐ ´ _  '´     ,
      {  } /.::::::::| _ -‐'´  _ -‐'´   {   l
10:
穂乃果「あれ?どうしたの?」
穂乃果「顔、赤いよ?」
穂乃果「なんでもないって、絶対何かあるー」
穂乃果「ねぇ、教えてよ?」
穂乃果「なんなの??」
12:
帰り道
穂乃果「いい匂いがするね!」クンクン
穂乃果「穂乃果もお腹空いてきちゃった」
穂乃果「今日の晩御飯は何かなぁ♪」
穂乃果「それくらいわかってるよぉ。食べ過ぎないように注意してるもん」
穂乃果「これでも、海未ちゃんに言われてダイエットしたんだから」
14:
穂乃果「それじゃ!ここでお別れだね!」
穂乃果「明日も学校がんばれ?」
穂乃果「そうだね!穂乃果も授業寝ないようにがんばる!」エヘヘ
穂乃果「大丈夫だよ!小学生の時とは違うんだからっ」
穂乃果「海未ちゃんとことりちゃんがいるから安心だって?」
穂乃果「も?どういう意味??」
15:
数日後
穂乃果「おっはよ?!!!」
穂乃果「びっくりした?ふふ、そろそろ起こされるの慣れなきゃぁ」
穂乃果「今日、何の日かわかる?」ニヤニヤ
16:
      ___
     /\ . ´ ̄  ⌒ ̄~`  .._
   /⌒ヽ  j}/___/.:.:.:.:.-─    >、
   / .:.:.:.:.:∨/   /.::/       ⌒丶、
.     | .:.:.:.:.:.:.:.}{,   //  .:.:.:    ヘ      \
.        | .:.:.:.:.:.:.:.lハ\/  ..:.:.:.:.:/ .:  :.:ト、_ ヘ ヽ
  | .:.:.:.:.:.:.:.ll∧/ .:..:.:.:.:.:/ .:.: | .:.:|   ^ミl ',
  | .:.:.:.:.:.:.:.lハ:,゙ .:.:/.:.:.:/ ,'::/ l  .:}:.:| :|:. ,
  | .:.:.:l.:.:.:..l.:.:l    .:.::l .:.:/ l:::{ ,{:.:. :.:ハ:|、   |:: |
.        | .:.:.:l.:.:.:.l :.:l .:.:.:.:l.:.:厶斗匕ハ:.:.}.:.:}:|l ` ー-|:.:l  |
.     | .:.:.:l:.:.:リ:.:.:l:.  .:.:.:::{:/ :l::{_  }ハ::/ リ,__  |:.:l  | わかるよね??
.  | .:.:.i::./{ .:.:.{:: .:.:.:从rf戎テラト /  '戎ラア j.:.:l }.:リ
      |l  .:.:.j/ {::r‐ヘ   :.:.:{ `弋_:::ノ    ヒソ ,リ.:.: ,':/
          リ .:.:.:.|   }:{ ^∧ .:.:.ヘ ::::::.:   ,  :.:::: 从.:.://
   / .:.:.:.:/ }::\ }ハ.:.:.{\         ハ:.:./
.   / /.:.:.:.:.{   丿.:.:.:.`ー 八.:{  { ̄_, }   人//
    /イ.:./l.:.:/ ̄~\^ ̄ ̄]ヘ> ._     V } } |、.イハ
 / |:/ {/ : : : : : : :ヽ: : : :|  \ ` ∩/ / :l l 〉::}:.:.:.}
  {: / : : : : : : : : : ', : : | \.ノ {' ムノ:.:.ノ}
   l : : : : : : : : : : .', :∧/\/ {      /: : \
      | : : : 、: : : : : : : } : : {::.::.::.:::八      / : : : : }
          | : : : : \: : : : : } : : >冖''{:::l〉 / : : : : : |
          { : : : : : : \: : :ユ/.:::.::.::.∧/ ,ハ: : : : : : |
18:
穂乃果「……え?わからない?」
穂乃果「今日は!μ'sのライブの日だよぉ!」
穂乃果「この間からずっと言ってたでしょう!?」
穂乃果「冗談冗談、知ってたって?」
穂乃果「もう!穂乃果をからかうの禁止だよー!」
穂乃果「うん!放課後に」
穂乃果「ステージで待ってるからね!」
22:
ライブ後
穂むら
穂乃果「たっだいま?!!」
穂乃果「あ、来てたんだ!」
穂乃果「どうせ、家にいてもライブの感想を聞きにくるだろうからって?」
穂乃果「すごい……エスパーだ」
23:
穂乃果ママ「あら、おかえり。ライブ、すっごく盛り上がったらしいじゃない」フフ
穂乃果「うん!楽しかったよ」
穂乃果「って……あー!ライブの報告は穂乃果がするつもりだったのにー!」
穂乃果ママ「まぁまぁ、いいじゃない。穂乃果の踊り可愛くてかっこよかったって」
穂乃果「可愛くて……かっこよかった///」
穂乃果「えへへ///」
穂乃果「ねぇ!どの辺が?最後のところ決まってた!?」
穂乃果ママ「質問攻めにしないの。困ってるでしょう」
穂乃果「だって、聞きたいことたっくさんあるんだもん!」
24:
帰り道
穂乃果「ねぇ」
穂乃果「ステージでね。君のこと見つけたんだよ?」
穂乃果「凄く嬉しかったなぁって」
穂乃果「本当に凄く」
25:
穂乃果「今日は本当にありがとう」ニコッ
穂乃果「え?穂乃果のファンになったって?」
穂乃果「えへへ////照れるな?」
穂乃果「サインあげようか?」
穂乃果「なんてね!」
穂乃果「調子に乗らないって、調子に乗ってないよ?!」
穂乃果「そうかな?アイドルらしくなってきた?」
穂乃果「嬉しい!穂乃果もっともっとがんばる!」
26:
穂乃果「だから、ずっと」
穂乃果「穂乃果のファンでいてほしいな」
穂乃果「……」
穂乃果「ねぇ」
28:
     __
    / _≫‐‥…‐- .._ _
     -‐==《 ̄ ̄]不´    )'⌒ `丶、
  /  ≪ \/  '⌒>   \
  /' / ∧≠  .:.::/            ヽ
. { / .:.:./ /  .:  .:.:.:.:〃 .:.:/        ',
  / .:.:.:.:./,' .:.:.:   /.:/'{:{  .:.:/?弌 .:.      '
      / .:.:.:.:イ:l/:.:.:  / //  八 .:./  弋ハ.:l .: l
.      / .:.:/ i |.:.:.: / {/-‐- {\ ,'/  __    Vl  .:.: |
  {.:.:/  :i |:. : // {__,,..,_ ハ:.:.: {:{    `ヽ、 | .:.:l:.  |
  ∨  i |:.:.:.{  ,ィf灯弘ト、ハ:.:.从 _,..,__ | .:.:l:.  }   手、つないで帰ろっか
. /{ i {:.: {{ /i'´i(r::::jハ \ '゙f灯弘メ、 | .:.:l:. ,'
 { \ 八:从`` 弋_::ン         {トr::::)l 'j},│.:.:リ.:.:ハ
 乂_    ノ}::{ \ヽ ,, ,,,     ゞニ:ン' ム ノ.:.:/.:./从
   -‐彡:.\个ー-      '  ,,, ,,-‐彡/}.:.:{:.:. \
  //..:.:.:.:.:.:.:.:八 「 、   イ ,ノ.:.八:.:. \`ー-‐'
  / / .:.:.:.:.:. -‐' ─へ   ヽ     /      /爪{:.:.:.:.:.:.: \:.:.ハ
. {  {{/{:.:.:/    >、  ´ . イア≦⌒≧x:.:.:)ハ:.:.:.}      __
  乂__ ∨  /  /≧x __ ..  ´ / / 二ニ\ノ.:.:ノ      ノ }
   丿    く  __ { ∧ /}  //  '´    >-─ァ?'   ノ
     ∧    「 ̄ /⌒\ }/-=弌,//    /    -ァ'´ -┬セ′
.   r「 {   | _厶  -‐[_〕 -‐≪  \    { 〃イ    _,ノ  {、
 /    / | 《  介   }}  /  {   {{,ノ  ̄    `   .
  /     l/    | {{  /ハ|  ,//   /   f≧x. 丶、
  ,′ ! \_/ 八__/ '´      」ノ-‐ _, ?__ ト . 丶、  丶、 ヽ
     {    . {  // `≠==  . '´ _. ≦ / / \ \ ` ┘
   ハ  ヽ ∨/              └ '´  し'  `' ┘
.  /  ヽ       \{                /
   \ 0ヽ    /
32:
数日後

穂乃果「助けて!宿題が終わらない?!」
穂乃果「今の今まで忘れてたんだよ?」
穂乃果「お願いします!穂乃果の宿題手伝ってください!」
穂乃果「えっと、時間も時間だし……海未ちゃんやことりちゃんに悪いかなって」エヘヘ
穂乃果「違う違う!君に頼むのも申し訳ないって思ってるよ?!」
穂乃果「お願い!お饅頭奢りますから!」
34:
穂乃果「お、終わったぁ……」
穂乃果「ちゃんと、授業を受けろ?」
穂乃果「ちゃんと受けてるもん!ちょっと……寝ちゃったりしちゃうけど」
穂乃果「大丈夫!今度から!ちゃんとするよ!」
穂乃果「そうだね?。もう、学校も違うからね?」
穂乃果「一緒に帰ったり、一緒に登校することもなくなったね」
穂乃果「ねぇ、そっちの高校にもスクールアイドルをしてる子っているの?」
穂乃果「そうなんだ!じゃぁ、その子たちもきっとラブライブ目指して頑張ってるんだね!」
穂乃果「え?目標はμ'sって言ってた?」
穂乃果「ええ!私達が目標!?」
穂乃果「うぅ……もっともっと練習頑張らなくちゃ!」
穂乃果「その子たちのちゃんとした目標になれるように!」
36:
数日後
穂乃果「おはよう」
穂乃果「って、あれ?」
穂乃果「もう起きてる?」
穂乃果「どうしたの!?徹夜でもしてたの?」
穂乃果「普通に起きただけって?」
穂乃果「そうかそうか、感心、感心♪」
38:
次の日
穂乃果「朝だよー!」
穂乃果「あれ!また起きてる!」
穂乃果「本当にどうしちゃったの!?」
穂乃果「ほんとにびっくりだよ?。君はすごく朝が苦手だったのに?」
穂乃果「え?」
穂乃果「もう一人で起きれるから安心してって?」
穂乃果「そ、そう」
穂乃果「う、うん!そうだね!穂乃果が起こさなくても、もう大丈夫だね♪」
穂乃果「えいらいぞ?」エヘヘ
39:
    /: : : : : : : : : : : r</: : : : ⌒: : : : : : :⌒⌒¨¨: : : : : : : : :\
     .′ /: :.r<  ̄ ̄/:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
        | :../ : : :\    /´: : : : : : : :/: : : : : : : : :..:..|: : : : : : : : : : : : : : : ,
        |: :′: :..:./ |  . ′: : : : : : : :′ : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : ヽ:.′
        | ′ : : / . l__/: : : : : : : : :..:.|: : : : : : : : : : :..:|=ァ_: : : : : :|: : : : : い
        |′: : :/___ :′: : :..:..|: :..:..:/|: : : : : : : : : : :.:.| ⌒Z.,_: : |..: : : : : '│
        |: :|: : : : : :、i : : : : : : | : : / .|:|: : : :.:|: : : : : : |  `ヾ|: : : : : : |:|
        |: :|: : : : :..:.:| : : : : : : | : /  |:|: : : :.:|: : :.|: : :.|        |: : : : : : |:|
        |: :|: : : : :..:.:| : : : : : /|: :| |ハ: : : :.|: : :.|: : ,   |: : : : : : |:|
        |: :|: : : :..:.:/|: :.:i|: : :|│ | || {: : : :|: : :.|: 入  |: : : : : : |:|
        |: :|: : : : /{│: :i|: : :|│ |─┼''∨:..:|: : :.|/  `ー―――│: : : :..:.:|:|
        |: :|: : : /: |│: :i|: : :| 乂} __j__丶j|ヘ:.:.| _______ |: : : : :|:.:|:|
        |:.:′:./: : |│: :i|: : :|  斗-===ミ \{:.|   ,.斗‐===ミ  }: : :..:.:|:.:|:|
        |:′ /: :..:.レ{: :.:j|: : :|  〈 込 r少    リ 込 r少 〉 |: : : : :|:.:八
          /: : :/:., ‐ 、-、: :j|: : ハ         /: : :..:..:|, --y― 、
    イ--<⌒ヽ ヽ. ヽ,,┐ハ :.:.:.:.:.:.:.:   :.:.:.:.:.:.:.: /: : :r‐y'  / /⌒ー 、
   / /ヽ  \ \ \ \ノゝハ   ′      /イ: : У / / / / }
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__) 、_)、_),__) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__,(___,(___,(__,:'゜ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
41:
数日後
穂乃果「おじゃましま?す!」
穂乃果「夕飯のおかずが余ったからお母さんが持って行きなさいって」エヘヘ
穂乃果「うん、おばさんに渡したよ?!」
穂乃果「それで、ついでに遊びに来たんだよ♪」
穂乃果「そ、そう。宿題いっぱいあるんだ」
穂乃果「じゃ、邪魔しちゃってごめんね!」アセアセ
穂乃果「それじゃぁ、穂乃果は帰るね!」
穂乃果「宿題!がんばれ?!ふぁいとぉ!」
43:
数日後
帰り道
穂乃果「あっ」
穂乃果「偶然!」
穂乃果「学校の帰り?穂乃果もだよ!」
穂乃果「それじゃぁ、一緒に」
穂乃果「え?用事があるから?」
穂乃果「……う、うん。わかった」
穂乃果「えへへ、それじゃぁね!」
46:
:::::::::/:::::::::::::: : : : : : : :/ :..:/ /:./: : ::::::::::::::::: : :|: |:|`¨¨¨乙...,,__: : : : : : : :::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::: : : : : : : :/ :..:/ /:./ !: : :::::::::::::: : : :|: |:|      ⌒ヽ: : : : : : :::::::::::::::::::|
::::::i:::::::::::::: : : : : : : : : :/ : :i |: : :::::::::::: : :..:..|: |:|     ‘。: : : : : ::::::::::::::八
::::::|::::::::::::: : : : : : |:..:/||   i: :| |: : : ::::::: : : : : : :’j     i: : : : : :::|::::::::::::::::
::::::|::|:::::::::.: : |: : : |: :| ||   |: :| |: :..| ::: : : : : :/:/ ′  |: : : : : :::|:::::::::::::::::
::::::|::|:::::::::.: : |: : : |: :| ||   {: :| |: :..|: : : : :| :/:/ /       |: : : : : :::|:::::::::::::::::
::::::|::|:::::::::.: : |: : : |: :|斗---ヘ{ー∨ |: : : : :|/{/t/----------- 、|: : : : : :::|:::::::::::::::::
::::::|::|:::::::::.: : |: : : |∨ j!______}__,∨: : :| : | / /-- ______________   /{: :.}: : ::::|⌒i::::::::::
ー‐|:ハ::::::..: : :|: : : |  斗-=元=气k∨ゝ}:..:|     厶斗=元==气  /}: :}: : ::::|  |::::::::::
 ,ノl| |:::::..: : :| : : :{ 《 乂辷r少 ⌒ } ∨{   乂辷r少 》/ 1:./: : :::::  ′/
 l| :::::..:.: :| ∨ :, `  ー==        \       ー==  ´ |/: :::::::/ //
 l| \::: : |  V:{    ::     /: :::::::/ イ/  /
 l| ,.  --――--   !  ,,..  ----―‐‐……   ./
> ´   `¨¨¨¨..,,¨¨¨¨¨¨¨¨´                `
      ` ..,,        丶
       `  ..,,
48:
数日後
夕方
穂乃果「久し振りだね!」
穂乃果「ねぇ、久しぶりにさ!お散歩しようよ!」
穂乃果「だって、最近、私達全然、お話してないでしょう?」
穂乃果「いい?やったー!」
49:
公園
穂乃果「それでねー!真姫ちゃんがねー!」
穂乃果「……」
穂乃果「どうしたの?疲れてるの、かな?」
穂乃果「少し、しゃべりすぎちゃった?」
穂乃果「そんなことないって?」
穂乃果「……でも」
穂乃果「君……」
穂乃果「すごく悲しそうな顔してる」
50:
穂乃果「最近ね。思うんだ」
穂乃果「もしかしたら、私の勘違いかもしれないんだけど」
穂乃果「君が穂乃果の事……嫌いになっちゃったのかなって」ウルウル
穂乃果「ごめんね……突然、変なこと言い出して」ウルウル
穂乃果「だけど……私」ウルウル
穂乃果「……凄く」
52:
            / ̄\ノ. .〉'~ ̄ ̄`ー-ミ
.         /. : : : : : |三}: : : : : : : :}: : :\
         l: : : : : : : : |. . .\: : : : : { : : : : :ヽ
          │: : : : : : :/_/ ̄ ̄: :`^: : : : : :|
          │: : : : : :/.j/. : : : : : : : : : : : .\:| 凄く辛くて……悲しくて……
         | : : : : :/∨. : : : : : :/. : : : : |: : :ヽ
         |: : : : ヘ|: : : : | : : |: :i: : : : i:|、: : |
         |: : : : :|{r|: : : : | : : |: :|: : : : |ハ: :│
  ____| : : : : \|: : : :i匕ノ|: :|: : ∧lイ : : |
.     / ̄\| : : : :丿,:!/: :j八  ∧|: : |「} }|: : :│
  |  l∧: :{イ : : : | /|∧|' 人: : :|
  |:  \〉|人: : | . イ  __/} : ∧|
.     〉         ∧ \∨〕 | / ̄] イ|/
      /∧  ∨ 丶. \ 〈/ ̄「  |
   '∧    \,′  \/∨  │ │
    l   '∧ / o/ ∨o    |  |
    |       /′      /\ o   |\\
    |/ ∨      /    ∨ |  \〉
   /  /   /ο ∧   丶
.  / |         / イ  \      |
56:
穂乃果「ねぇ?どうして?」シクシク
穂乃果「知らない間に君に酷いことしたのかな……」シクシク
穂乃果「きっとこれは……勘違いなんかじゃいよ」シクシク
穂乃果「君は……私の事」
ギュッ
穂乃果「えっ/////」
62:
穂乃果「穂乃果は……もう、立派なアイドルだからって」
穂乃果「だから、アイドルが男の子家にあそび行ったりするのは良くないからって」
穂乃果「……そんなの」
穂乃果「やっぱり、悲しいよ」
穂乃果「今は……μ'sを一番大切にするんだって?」
穂乃果「でも!君だって大切だよ!」
穂乃果「……」コクリッ
穂乃果「そう、こうして2人でいることがなくなっても」
穂乃果「君は私の……穂乃果のファンでいてくれるんだね」ニコッ
64:
穂乃果「うん、大丈夫だよ」
穂乃果「もう泣かないから」
穂乃果「あのね、いつになるかわからないけど」
穂乃果「穂乃果がアイドルを引退したらね」
穂乃果「また、一緒に穂乃果と遊んでほしいな」
穂乃果「えへへ、アイドル引退後の楽しみができたね」
66:
     __
    / _≫‐‥…‐- .._ _
     -‐==《 ̄ ̄]不´    )'⌒ `丶、
  /  ≪ \/  '⌒>   \
  /' / ∧≠  .:.::/            ヽ
. { / .:.:./ /  .:  .:.:.:.:〃 .:.:/        ',
  / .:.:.:.:./,' .:.:.:   /.:/'{:{  .:.:/?弌 .:.      '
      / .:.:.:.:イ:l/:.:.:  / //  八 .:./  弋ハ.:l .: l
.      / .:.:/ i |.:.:.: / {/-‐- {\ ,'/  __    Vl  .:.: |
  {.:.:/  :i |:. : // {__,,..,_ ハ:.:.: {:{    `ヽ、 | .:.:l:.  |
  ∨  i |:.:.:.{  ,ィf灯弘ト、ハ:.:.从 _,..,__ | .:.:l:.  }
. /{ i {:.: {{ /i'´i(r::::jハ \ '゙f灯弘メ、 | .:.:l:. ,'   それじゃ!帰ろっか!
 { \ 八:从`` 弋_::ン         {トr::::)l 'j},│.:.:リ.:.:ハ    
 乂_    ノ}::{ \ヽ ,, ,,,     ゞニ:ン' ム ノ.:.:/.:./从    
   -‐彡:.\个ー-      '  ,,, ,,-‐彡/}.:.:{:.:. \
  //..:.:.:.:.:.:.:.:八 「 、   イ ,ノ.:.八:.:. \`ー-‐'
  / / .:.:.:.:.:. -‐' ─へ   ヽ     /      /爪{:.:.:.:.:.:.: \:.:.ハ
. {  {{/{:.:.:/    >、  ´ . イア≦⌒≧x:.:.:)ハ:.:.:.}      __
  乂__ ∨  /  /≧x __ ..  ´ / / 二ニ\ノ.:.:ノ      ノ }
   丿    く  __ { ∧ /}  //  '´    >-─ァ?'   ノ
     ∧    「 ̄ /⌒\ }/-=弌,//    /    -ァ'´ -┬セ′
.   r「 {   | _厶  -‐[_〕 -‐≪  \    { 〃イ    _,ノ  {、
 /    / | 《  介   }}  /  {   {{,ノ  ̄    `   .
  /     l/    | {{  /ハ|  ,//   /   f≧x. 丶、
  ,′ ! \_/ 八__/ '´      」ノ-‐ _, ?__ ト . 丶、  丶、 ヽ
     {    . {  // `≠==  . '´ _. ≦ / / \ \ ` ┘
   ハ  ヽ ∨/              └ '´  し'  `' ┘
.  /  ヽ       \{                /
   \ 0ヽ    /
68:
おわり
即興で書いた。反省はしている
たかしがどうのこうの人ではないです
ごめんなさい
69:

また書いてくれ
70:
あと8人分だな
72:

7

続き・詳細・画像をみる


馬名に使えそうな野球用語

大都『押忍!サラリーマン番長』の筐体画像公開!殺人光線出しそうだな

猫に電マをあてた結果wwwwwwwwwwwwwwwwww

最近2ちゃんで変な関西弁使う奴増えすぎ

前民主党衆院議員の三日月大造氏が当選確実…滋賀県知事選

【広島】けん玉ワールドカップ、米国人が優勝 広島・廿日市市で初開催 [7/13]

歩きスマホは危険!!スマートフォンを見ながら歩いていた女性がプールに落ちてしまう決定的瞬間!!

「妖怪ウォッチ」の売り方はエグい?…ネット上を中心に不満の声

自転車で事故起こしちゃったんだけど

ネイマールって人の名前だったんだな

そこまでして同じ名前にしたいのか

【閲覧注意】 エクアドルで新種の巨大ミミズwwwwwwwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先