シスター「勇者様御一行全滅でーす」神父「はーい」back

シスター「勇者様御一行全滅でーす」神父「はーい」


続き・詳細・画像をみる


神父「またか」
神父「近頃頻度やべぇな」
シスター「仕方ないですよ、魔王の城に近づくにつれだんだん魔物も強くなってきますしね
神父「そうか」
シスター「じゃあそろそろ迎えに行きましょうか」
神父「でも三日に一回ペースはやばい気がする」ブツブツ
シスター「今回はここですね」
神父「」
2: 以下、

神父「………」
シスター「勇者一行発見ですよ!神父様!」
神父「うん……見ればわかる……」
シスター「……?」
神父「何でそんな不思議そうな顔するんだ……お前目の前に何がいるか見えてるよな……?」
シスター「はい!魔王がおりますね!」
魔王「………」
神父「……わかってればいい」
シスター「はい!じゃあ帰りますか!」
魔王「……待て」
シスター「待ちません。早くしないと勇者様が腐っちゃいますから!」
魔王「………」
3: 以下、
シスター「ささ!神父様お足を持って!」
神父「………」
シスター「……?」
神父「……お前本当にわかってる?魔王って何だかわかってる?」
シスター「失礼ですね神父様!それくらい鼻垂れクソ小僧でもわかりますよ!」
神父「………」
シスター「我等が神に背きし悪の親玉……それが魔王です!」
神父「……うん、そうだな」
魔王「………」
神父「で……それが目の前にいるわけだが……」
シスター「それが何か?」
神父「………」
4: 以下、
魔王「………」
シスター「ささ!神父様お足を!」
神父「おう……」バシッ……
魔王「……その死骸を置け」
シスター「置きません。早くしないと勇者様の臓物が腐り落ちてしまいますから!」
魔王「置け!……この場から逃げられると思っているのか?」
シスター「逃げる?はん!」
魔王「………」
神父 (し、刺激するんじゃねえよ!つーか魔王を鼻で笑うな……)
シスター「光の加護に導かれし私達の大道に逃げると言う言葉はありません!」
魔王「ほう……」
シスター「これはただ回収してるだけです!」
魔王「………」
神父 (いや……勇者逃げたりしてるぞ?)
5: 以下、
シスター「だから邪魔しないで頂けますか!」
魔王「………」
神父「………」コソコソ……
魔王「……ならばこうしたらどうだ?」
シスター「はい?」
魔王「………」クンッ!
ズシャァァァンッ!
神父「ヒィァァァッ!」
シスター「………」
魔王「勇者達の死骸を粉々にしてやった。これで回収する事も出来まいフフフ……」
シスター「なんて事を……」
神父「………」ガタガタ……
魔王「これからどう致す?」
6: 以下、
シスター「………」
魔王「クククッ……目的が無くなってしまったなぁ。逃げるか?」
シスター「………」
魔王「それとも……醜く我の前に屈し膝まづくか?」
シスター「………」
魔王「死ぬか……鮮血を飛び散らせ!」
シスター「帰ります。……神の家に」
魔王「………」
シスター「また忙しい毎日が待っているんです。こんな所でつまずいていられません!」
魔王「……面白い。ならばその現実を打ち砕いてくれるわッ!」
シスター「やれるものならやってごらんなさいッ!」
神父「おおおおおおい!馬鹿!死ぬ気で逃げるぞ!」
シスター「……神父様、お下がりになってください」
神父「いやお前馬鹿そんな事言ってねえで来い!」
7: 以下、
シスター「………」
神父「………」
シスター「しゅうどう院で鍛えられましたから大丈夫ですよ!」
神父「………」
魔王「……死ね。あの世で後悔しきれない後悔をしてな!」バッ!
神父 (死んだ……神よ……来世は女に囲まれた無人島に流されてのほほんと毎日を暮し、多々エッチな出来事が起こるそんな人生にしてください……)
シスター「………」グッ……
神父 (あは……あははは……ポロリもあるよ……)
魔王「くたばれッ!」
シスター「………」スゥ……
ズダァーンッ!!
8: 以下、
神父「……シスター、俺も後を追
シスター「………」
魔王「ほう……大したものだな」
神父「……え?はれ?」
魔王「だが……そんなものは効かんッ!」
シスター「……ほざいていなさい。神の祝福を受けしローキック……必ずや悪を滅ぼします!」
神父「………」
魔王「………」
シスター「てりゃあああ!」
魔王「何千と喰らおうがそんなもの効かぬ!」
神父「………」
ズダァーン!ズダァーン!ズダァーン!
9: 以下、

神父「………」
シスター「………」バッ!
魔王「……も、もう止めてください」
シスター「効かないのでしょ……?」
魔王「本当マジで勘弁してください……」
シスター「………」
魔王「せめて……足ばかりじゃなくて違う所も攻撃してください……」
シスター「私はこれしか知りません!」
魔王「………」
神父「ぇぇぇぇ……」
シスター「さあ!立ちなさい!」
魔王「無理です……」
シスター「はあ!?聴こえませんッ!」
14: 以下、
魔王「無理……なんで……」
シスター「チッ……」
神父「………」
シスター「まあいいでしょう……神父様!帰りましょう!」
神父「お、おう……」
魔王「ままま待ってくれ!」
シスター「待ちません。早くしないと勇者様達の魂が時の狭間に取り残されて復活出来なくなってしまいますから!」
魔王「……我と手を組まぬか?」
シスター「あ?」
魔王「どうだろうか……その神をも葬り去りしローキックを活かさぬのは……」
シスター「………」
神父「……あのな、もうこれで事実世界救っちゃったわけよ。わかるか?」
魔王「それはわかっておる……」
15: 以下、
神父「後は勇者様に消化試合して貰えば世界は平和になりました。めでたしめでたしなわけ」
魔王「………」
神父「こんなのどちらに付けばいいかなんて考えなくてもわかるだろうよ」
魔王「ぐぬぬ……」
神父「な、シスター」
シスター「そうですね!」
魔王「我と手を組み世界を手にした暁には……四半分をくれてやるぞ?」
神父「アホかこいつ……」
シスター「本当にそうですね!」
魔王「……なら半分では」
神父「………」
魔王「………」
神父「哀れだな……」
魔王「なんとでも言え……」
16: 以下、
神父「神の子らを物で吊ろうなんて情けねえ……」
魔王「………」
神父「……それでも魔王かよ」
魔王「ぐぬぬ……」
神父「シスターも罵倒してやれよ」
シスター「……そ、そうですね!」
神父「………」
シスター「………」
神父 (こいつマジか……)
シスター「………」
魔王 (……いける!ふははは!この女物で吊れるぞ!)
シスター「………」
魔王「世界の半分が貴様の物になるぞぉぉぉッ!」
シスター「………」
神父「テメエ!ふざけるなぁぁぁッ!」
17: 以下、
魔王「半分だ半分!あははははッ!」
神父「いい加減にしろぉッ!」
シスター「………」
魔王「さあ女!世界の半分が欲しいなら我が手を取れ!」
神父「シスター!惑わされるな!」
シスター「……あの」
魔王、神父「……?」
シスター「半分だけですか……?」
魔王、神父「え……?」
シスター「………」モジモジ……
魔王、神父「………」
シスター「………」
魔王、神父 (こいつマジか……)
シスター「………」
18: 以下、

魔王「………」
シスター「………」チラチラ
神父「こっちチラチラ見るな……お前マジでそっち側に付こうとしてんじゃねえよ……」
シスター「ええ?世界の半分が私の物になるんですよ!」
神父「………」
シスター「半分かぁ……」ウットリ……
神父「………」
魔王「……くれてやるから配下になるな?」
シスター「はい!」
魔王「よし!ふははは!人間共よ神殺しのローキックに恐怖するがいい!」
シスター「ふははは!」
神父 (な、何とか説得しねえととんでもねえ事に……)
19: 以下、
魔王「……では、さっそく貴様の力を発揮して貰おうか」
シスター「はい!何をすれば良いですか!」
魔王「勇者がいない今……それを復活させるけしからん輩がいるのだが……」
シスター「そんな人がいるんですか!けしからんですね!」
魔王、神父「………」
シスター「それで?」
魔王「その輩を始末して貰いたい。……フフ」
シスター「わかりました!」
魔王「これで勇者が復活する事も無く……我が野望の障害が無くなる!」
シスター「うんうん!でぇ?そのけしからん輩は何処にいるんです?」
魔王「………」チラ
神父「………」
20: 以下、
シスター「ふむ?」チラ
神父「………」
魔王「やってくれるな?」
シスター「わかりました!」
神父「待て待て待て待て!俺を殺るって答するな!」
シスター「ええ?でもぉ」
神父「でもじゃ無い!……お前何をやろうとしてるかわかっているんだよな?」
シスター「はい!神父様の腿の筋肉が悲鳴を上げて割れるまでローキックします!」
神父「それは嫌だが……違う!」
シスター「違うんですか?……ふくらはぎの方が良かったらですか?」
神父「それも違う!」
シスター「じゃあ!膝……?」
21: 以下、
神父「だあああ!魔王の言う事なんか聞いたらお前は人間側の敵になるんだぞ!」
シスター「………」
神父「それがわかんねえのか!」
シスター「………」
魔王「フッ……邪魔する人間など討ち滅ぼしてしまえばいい……」
神父「黙ってろ!」
魔王「さすれば……貴様が望む世界も手に入りやすいと言うものだな。フフフ……」
シスター「………」
神父「そんな事してみろ……教会に来る人々も殺す事になるんだぞ……」
シスター「………」
神父「わかるだろ……どちらが大切か……」
シスター「………」
神父「世界の半分と天秤にかけるまでもねえ……」
魔王 (チィッ!こいつ邪魔立てしおってからに!)
22: 以下、
シスター「そうですね……」
魔王「流されるな!今、貴様は世界の半分を手に入れられる運命の岐路に立たされているのだぞ!」
シスター「岐路……?」
魔王「そうだ!貴様が思い描く!貴様の理想の世界が手に入るのだぞ!」
シスター「………」
魔王「この様なチャンス……二度と来ないだろう……」
シスター「………」
魔王「だからだな!」
シスター「……わかりました」
魔王「そうか!」
神父「お前!」
シスター「神父様……」
23: 以下、
神父「くぅ……お前って奴は……」
魔王「良いぞ!ふはははは!」
シスター「………」
神父「最低だ……見損なったぞ……」
シスター「………」
魔王「女!良い決断をしたな!フフ……」
シスター「………」
神父「………」
魔王「さあ殺れ!神殺しを我の為に使えぇ!」
シスター「………」バッ……
神父「……ふん、くだらん人生だったな。やんなるぜ……最後が裏切りかよ……」
……ズダァーンッ!……ンン……ン……
25: 以下、

シスター「コォォ……ハァァ……」
魔王「」ドサッ……
神父「………」
シスター「……押忍ッ!」バッ!
神父「な……なんで……」
シスター「ふぅぅ……」
神父「何故……なんだ……?」
シスター「はい?何がでしょう?」
神父「お前……魔王に手を貸したんじゃないのかよ……」
シスター「それですか……そんな事しませんって!」
神父「………」
シスター「ほら!魔王倒しちゃえば世界が全部私の物になるじゃないですか!」
神父「ぜ……お前って奴は……」
27: 以下、
シスター「フフ……で、残るはここにいる神の子を始末してしまえば……」
神父「………」
シスター「………」
神父「………」
シスター「なーんちゃって!冗談ですよ神父様!」
神父「………」ジリ……
シスター「だから冗談ですって……逃げなくても大丈夫ですよ……」
神父「本当だな……?」
シスター「はい!」
神父「………」
シスター「あんまり信じないようなら一発入れちゃいますよ?」
神父「し、信じる!だからそれは止めてくれ!」
シスター「……そんなに怖がんなくてもいいじゃないですか」
28: 以下、
神父 (アホか……怖くもなるわ……)
シスター「さて、帰りましょうか」
神父「なぁ……」
シスター「はい?」
神父「魔王に従わなかったのは何故だ……?」
シスター「従った方が良かったですか?」
神父「良くない……けどな魔王も言ってたが世界の半分を手に入れられるかもしれなかったんだぞ……」
シスター「んん……ちょっと考えたらやっぱり無理かなぁって思いまして」
神父「無理?」
シスター「ローキックだけじゃ……世界は取れないです……」
神父「十分取れると思うが……」
29: 以下、
シスター「そんな事ありません。もっと……こう内蔵をジワジワ破壊するような……」
神父「………」
シスター「ボディーブローなんかいいんですけど」
神父「あっそ……後、聴いていいか?」
シスター「ん?何をです?」
神父「お前……修道女だよな?」
シスター「はい、蹴道女です」
神父「……蹴道女?」
シスター「はい!」
神父「………」
シスター「……?」
神父「……お前面接の時
シスター「ちゃんと蹴道院にいましたって言いましたよ!」
30: 以下、
神父「………」
シスター「私は何も間違った事は言ってないです」
神父「……なんて事だ」
シスター「………」
神父「まあ……いいか。俺の間違いで世界が平和になったんだもんな……」
神父「うん……深く考えるのはよそう……帰るかシスター」
シスター「はい!」
おわり
31: 以下、
乙!
32: 以下、

続き・詳細・画像をみる


中国、習近平「韓国よ、大腸菌入りキムチでも輸入する」…なんでキムチに大腸菌が入ってるんですかぁ?

歩きスマホは危険!!スマートフォンを見ながら歩いていた女性がプールに落ちてしまう決定的瞬間!!

ケイティ・ペリーのダンスをテレビで見ながら踊り狂ってダンスパーティーを繰り広げる双子が面白い!!

松村大貴君(26)FBで「酒飲んでますw」 → 死亡ひき逃げ事件

海未「う、産まれます…!」

ソニー「PS4がなぜ日本で失敗したか分析してみた」

back 削除依頼&連絡先