ことにこ「気まずい……」back

ことにこ「気まずい……」


続き・詳細・画像をみる

1:
ガチャッ
にこ「にっこにっこにー! って、ことりだけ?」
ことり「うん、海未ちゃんと穂乃果ちゃんは生徒会に行っちゃった」
にこ「ふーん、1年トリオは?」
ことり「もうすぐくるんじゃないかな?」
にこ「そう……あ、希と絵里はちょっと遅れるって」
ことり「そうなんだ」
にこ「……」
ことり「……」
ことにこ(気まずい……)
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403193167
3:
にこ「あ、あのさ……新曲だけど……その、いいわよね? 今までにない新鮮さがあって!」
ことり「うん、そうだね……」
にこ「……」
ことり「……」
にこ「あ、新しい衣装もみんなのイメージにぴったり合ってていいわね!!」
ことり「ありがとう、にこちゃんがそういうならことりも頑張ったかいがあるよ」
にこ「そ、そう……」
ことり「……」
にこ「……」
にこ(誰か早く来て!!)
5:
――1年前
ことり「あれ? ここどこ? 穂乃果ちゃん……」
にこ(何か1年がキョロキョロしてる……迷ったのかしら……まあそれほど大きい後者でもないし、なんとかなるでしょ)
ことり「……うぇええええええん」
にこ「ええ!? ちょっと、あんた! 何泣いてるのよ!」
ことり「え? あ、すいません……入学したばかりで道に迷っちゃって……」
にこ「で、どこに行きたいの?」
ことり「え?」
にこ「一緒に行ってあげるわよ……」
ことり「本当ですか!!!!?」
にこ「うぇっ!? ほ、本当よ!」
にこ(急にパアッと明るくなったわね……でもどっかでみたことあるような……)
7:
――
にこ「理事長室に用なんて珍しいわね」
ことり「えへへ、友達に聞いても場所が分からないから迷っちゃいました」
にこ「まあ入学したての1年は知らなくてもおかしくないわね……っと着いたわ、ここよ」
ことり「本当にありがとうございます……あの、すぐ終わるんでちょっと待っててもらっていいですか?」
にこ「ええ」
ガチャッ
にこ「ちょ、ノックくらいしたほうが……」
ことり「お母さん!」
理事長「ことり、遅かったわね……それと、理事長室に入るときはノックくらいしなさい」
ことり「ごめんなさい……はい、頼まれたファイル持ってきたよ」
理事長「ありがとう、穂乃果さんたちと一緒に来たの?」
ことり「ううん、道に迷ってたら親切な先輩に送ってもらっちゃった」
理事長「あらそう、後でちゃんとお礼を言っておくのよ?」
ことり「うん!」
にこ「……」
にこ(どっかで見たと思ったら理事長にそっくりじゃない! 理事長の娘だったのね……)
8:
――
ことり「どうもありがとうございました」
にこ「いいわよ、それじゃ」
ことり「あ、あの!」
にこ「? 何?」
ことり「助けてくれたお礼をさせてもらってもいいですか?」
――
ことり「これとこれで」
にこ(お礼にパフェを奢るなんてできた子ね……)
ことり「どうしたんですか?」
にこ「あ、いや、別にお礼なんていらないのに」
ことり「私がしたいんです……あ、まだ名前を聞いてなかったですよね……私は南ことりです」
にこ「私は矢澤にこ」
ことり「にこ先輩……」
にこ(いきなり名前呼び……にこはどっちかというと苗字のイメージが強いのに)
9:
ことり「それにしても、こんなに可愛いくて頼りになる先輩に会えて嬉しいです!」
にこ「……」
にこ(よくそんな恥ずかしいことが言えるわね……それに、)
にこ「あんたも可愛いじゃない」
ことり「ええっ!! そ、そんなことありませんよ……」
にこ「え? 普通に可愛くない?」
ことり「もう、褒めすぎですよ……にこ先輩の方が可愛いです!」
にこ「別ににこは普通よ……あ、パフェ来たわよ」
ことり「わぁ! 美味しそう……!!」
にこ「……」
ことり「どうしたんですか?」
にこ「やっぱり、あんた可愛いわよ」
12:
――
にこ「悪いわね、奢ってもらっちゃって」
ことり「いえ、いいんです……ことりも楽しかったし」
にこ「そうね、久々にファッションで語りあえたわ」
ことり「ことりもです」
にこ「じゃあ今度は学校で迷子にならないようにね」
ことり「はい! ありがとうございました」
―――
――
にこ(それからというもの……校内で見かけるたびににこにこしながらこっちを見てくるようになって……)
―――
――
にこ「あんたたち……とっとと解散しなさい!」
穂乃果「え!?」
ことり「!!」
にこ(ってことりちゃんだったーーー!!)
13:
―――
――
にこ(あれから何やかんやあったけど……ことりはあの時のこと覚えてるのかしら……)チラッ
ことり「……!」ニコ
にこ「あはは……」
にこ(ことりはきっと、にこのこの作っているキャラにも気付いてるだろうし……)
凛(みんな気付いてるにゃ)
にこ(……何か幻聴が聞こえてきたし)
海未(私は穂乃果が好きです)
にこ(知らないわよ!)
14:
にこ(他の子とかは結構にこに突っ込んでくれるだけ場が和むけど……ことりはにこが『にこが世界で一番可愛いにこ☆』とか言ったらそうだねって本気で言ってくるし)
ことり「あ、にこちゃん」
にこ「ヒィッ!?」
ことり「どうしたの……?」
にこ「……何でもないわ」
ことり「あのね、新しい衣装のここなんだけど……これとこれどっちがにこちゃんに似合うかなって」
にこ「そうねえ……にこ的にはこっちもありだけどμ's全体の統一感としてはこっちかなあ」
ことり「そうだね、こっちの方がにこちゃんの可愛さも出そうだし」
にこ「まあにこは可愛いからどっちでも似合うけどね!」
ことり「うん!」
にこ(突っ込めよ! 心の奥では『あんなこと言ってるけど本当は褒められて照れ隠しで冗談言ってる?』とか思ってるんでしょ!)
にこ「はぁ……」
ことり「……」ニコニコ
にこ(なんかご機嫌で作業してるし……またファッションの話とかしたいな……いろいろあったからまたあの時みたいに頼れる先輩だとは思ってないだろうし)
15:
ことり「それにしても」
にこ「?」
ことり「今度のテストは大丈夫なの?」
にこ「げっ……だ、大丈夫にこ!」
ことり「ほ、本当かなあ……?」
にこ「……ごめんね、頼りない先輩で……」
ことり「にこちゃん……」
にこ(ことりは対してどうとも思わなかったかもしれないけど、私はあの時すごく嬉しかったのよ)
ことり「そんなことないよ、ことりのせいで穂乃果ちゃんがアイドルやめて、μ'sが解散しかけた時もアイドル続けてくれたし、2回目のラブライブに出ようと思ったのもにこちゃんのおかげだし、ことりのミスで生徒会がダメになりそうだった時も助けてくれたし!」
にこ「ことり……」
ことり「にこちゃんはことりにとって大事な先輩だよ!!」
にこ「ありがとう、もっと頼れる先輩になるように頑張るわね」
ことり「うん、また一緒にパフェ食べに行こうね」
にこ「やっぱり覚えてたのね」
16:
ことり「忘れるわけないよ……ことりの可愛くて頼れるにこちゃんのことを」
にこ「ふふっ、あんたの方が可愛いわよ」
ことり「もう!」
ガチャ
穂乃果「穂乃果だよ!」
海未「穂乃果! 生徒会長が廊下を走っていては示しがつきません!」
穂乃果「まあまあ……あれ? ことりちゃんとにこちゃんだけ?」
にこ「ええ、そうよ」
穂乃果「へへっ、二人ともとっても仲良しだね!」
にこ「え? 何でよ?」
穂乃果「だって二人しかいないのにわざわざ隣の席に座ってるし!」
にこ「あっ、そう言われてみれば……」
海未「今まで気付かなかったのですか?」
ことり「ふふっ、ことりがにこちゃんの隣に座りたかったの」
にこ「もう……ばか」
END
17:
ことにこもありだな
おつ
18:
ことにこ…新しい…惹かれるな
2

続き・詳細・画像をみる


「誤発注で店内がおむすびだらけ」SOSツイート 2000個完売

SKE48 15thシングル「不器用太陽」のジャケット写真&収録内容発表

マミ「・・・ちょっと待って」シャルロッテ「???」

【画像】デート帰りにテンション上がっておっさん盗撮なう

主人の浮気が発覚というか、主人自身から浮気を告白されました

大学でいっつもこうなるやつwwwwwww

back 削除依頼&連絡先