梓「律先輩、今なら誰もいません」back

梓「律先輩、今なら誰もいません」


続き・詳細・画像をみる

9:
澪(ええ?っ!ききき聞いちゃった。どうしよ・・・)
澪(自然に振舞っていれば大丈夫だよな・・・)
澪「や、やあ。」
律・梓「!」
律「み、澪・・・いまの聞いてた?」
澪「え・・・ききき聞いてないよ。」
11:
律(澪に聞かれてしまったか。ムギにばれるといろいろまずいことになるな。)
律「澪?」
澪「は、はいっ。」
律「本当に聞いてないよな。」
澪「聞くわけないだろぉ・・・」
梓「いえ、これは軽音部のみんなが知っておくべきことです。」
律「あ、梓!なんてことを・・・」
14:
梓「じつは律先輩とわたしは・・・」
律「やめろ!」
梓「相思そうあ・・・」
律「梓!それ以上言うな。言うと軽音部はクビだ!」
梓「・・・」
澪(やっぱまずいよな。そういう関係って。)
梓「いいえ、かまいません。」
律「おい。」
梓「かまいません。軽音部をクビになったって。この気持ちはだれにも止められないんです。」
律「ははは。あ、梓のやつなに言ってるんだろうな。」
澪「いいわけないだろ。梓。」
澪「女の子同士が好きになるのも良くないし。部活を辞めるのもよくない!」
律「あ・・・」
梓「あ・・・」
澪「え?」
15:
澪(あれ?空気悪い。なんでだろ?)
澪(まあいいや)
律(うわぁ・・・やっちゃったよ。澪のやつ。)
梓(ばらしちゃいましたね。しかもばらしたことに気づいてない。唯先輩ですか?)
澪「で、なんの話してたんだっけ?」
律(しかも話忘れてるし。)
梓(これはさすがに唯先輩でもないですね。)
澪「練習の話してたんだっけ?」
律「ははは。そうだよ。それそれ。」
梓「いいえ。違います。わたしと律先輩は・・・」
律「だまれ!」
16:
澪「律!後輩にそういう言いかたはないだろ。」
律「いや、その・・・」
律(さっきの話を忘れてくれたのはいいけど、うぜえ。)
梓「だから、わたしと律先輩は・・・」
澪「それがどうしたんだ?」
律「こここ今度一緒に楽器店行こうって話してたんだよな?。澪も来ないか?」
澪「楽器店に行くのか!もちろんわたしも行くぞ。」
律「それは良かった。唯とムギも呼ぼうな?。」
澪「それがいいな。やっぱみんなで行ったほうがいいよな。」
律「な、梓?」
梓「え、いいえ。違います。わたしと律先輩が話してたのは・・・」
律「(空気読め!)」
梓「空気を読む?空気っていう字ぐらい読めますけど?もしかして律先輩は小学生レベルの国語もわからないんですか?」
律「(意味がちがうぅぅぅ)」
澪「ん?空気がどうしたって?」
23:
和「ちょっとー。律いるー?」
律「和か。助かった。」
和「このまえ貸した千円返して。」
律「え・・・」
和「このまえ千円貸したでしょ。それ返して。」
律(話が変わったのはいいけど、和に千円なんて借りた記憶がないぞ。)
澪「律。お金を借りたんなら、早めに返せよ。」
梓「そうですよ。早くしないと人間関係が悪くなりますよ。」
律「え、いや、借りて・・・な・・・」
和「か?え?し?な?さ?い?」
律「さわちゃんみたいな催促するな。」
澪「早く返してやれよ。」ボソッ
梓「そうですよ。」ボソッ
律「わ、わかったよ。」
24:
律「ほら、千円だ。」
和「最初から、だまって出せばいいのよ。じゃあね。」
律「ふ?。やっと行ったか。」
和(あれ?律に千円なんて貸してたっけ?)
和(いや、唯に貸してたんだっけ?違うな・・・・)
和(じゃあ、この千円なんだろう。)
和(・・・)
和(あ、そうか。)
和(わたしが唯に千円借りてたんだ。募金するために)
和(まあいいや。どうせ唯とか律とかだし。)
和「♪」
26:
和「と?んでいっちゃえ?きみのもとへ?わた?しの?♪」
堀込先生「真鍋。ごきげんだな。でも音はずしまくってるぞ。」
和「あ、先生。そういえば先生、最近悩みがあったんですってね。」
堀込先生「そうなんだ。最近仕事でストレスがたまっててな。」
和「なにかあったんですか?」
堀込先生「ああ。生徒が万引きしたんだ。まさかうちからそんな生徒がでるなんてな・・・」
和「そういう生徒に慣れてないですもんね。」
堀込先生「ああ。そうなんだよ。」
和「そう思って校長に先生をクビにするように頼んでおきました。校長も快く了承してくださいまして。」
堀込先生「そうか。それはありがたい。」
堀込先生「・・・」
堀込先生(あれ?)
27:
梓「り、律先輩。」
律「どした?梓。」
梓「今日、ふたりで帰りませんか?」
律「そうだな。澪、悪いけど、今日梓と帰るわ。」
澪「zzz・・・」
律(寝てる。澪の寝顔もかわいいな。)
梓「・・・」ぷくー
律「あ、いけね。梓、帰るか。」
28:
帰り道
律「なあ、梓。」
梓「なんです?」
律「わたしも梓のことは・・・その・・・悪くないと思ってる。けどな・・・」
律「こういうのはあんまり人に言っちゃいけないと思うんだ。だからな。」
梓「それは違うと思います。」
律「梓・・・」
31:
梓「だってそうじゃないですか。軽音部のみなさんに隠し事なんてよくないです。」
梓「わたしと律先輩が付き合ってるなら、なおさら・・・」
律(そうだよな。メンバー同士が恋愛関係になって人間関係にひびがはいるバンドって多いもんな。)
律(それなら、いっそのことみんなにばらしたほうがいいのかも・・・)
律(でも、なんか違うような気がする。やっぱこういうの良くないよ。)
律「ごめん、梓。やっぱわたし梓と付き合えないや。」
梓「え・・・」
律「その・・・あの・・・あ、梓のことはわたしも好きだよ。でも・・・いっしょのバンドのメンバーなんだし。」
律「その、あの、ほかのメンバーのこと考えると、やっぱわたしと梓だけ特別な関係なんて良くないよ。」
律「女の子同士だしさ。もうすぐ大学生で、この町からも離れるしさ・・・」
梓「なら、わたし、放課後ティータイム辞めます。大学は来年、律先輩と同じ大学に行きます。それなら問題ないですよね。」
律「梓・・・」
32:
律「ははは。なにを言ってるんだ。梓。おまえはいつまでも放課後ティータイムのメンバーだよ。」
律「こんな時間だ。急ぐぞー。」
梓「ま、待ってください。」

田井中家
律(眠れないや。)
律(そういえば。梓って唯一の後輩なんだよな。)
律(いや、ほかにもいたな。憂ちゃんとか、佐々木さん、いや佐藤さんだっけ?まあいいや。さなんとかさん)
律(でも、梓は特別なんだ。だって軽音部に入部してくれたのは梓だけだったから。)
律(最初、すごい生意気だったよな。練習練習って。)
律(いつも練習してるよ。でも、あのときは新歓が終わった開放感を楽しみたかったんだ。)
律(でも梓には関係なかったんだよな。だって梓にはライブのあとの開放感とかわからなかったんだもんな。)
律(だから梓はうちがやる気がない部活と勘違いしたんだよな・・・)
33:
律(でもあの夏の合宿。あれで梓はみんなのことを詳しくわかってくれたんだ。)
律(それで学祭。あのとき初めて今の五人で演奏したんだ。まあなんだかんだ言っていまの五人で演奏できたのは一曲だけだけど。)
律(それでライブハウス。)
律(でもやっぱ今の五人で放課後ティータイムが本格的に活動を始めたのは三年になってからだよな。)
律(それで梓との距離も縮まっていったんだよな。)
律(いつからなんだろう?梓に特別な気持ちを抱くようになったのは・・・)
律(最初はあんなに生意気だったのにさ・・・)
律「zzz・・・」
35:
次の日
唯「でーもね。あえーたよ。すてーきな、きーみにー♪」
唯「ちょっと、ドラム走ってるよ。りっちゃん。」
律「ははは。悪い悪い。」
律(梓のことが頭から離れなくて練習に集中できないや。)
紬「ちょっとお茶にしようか?」
唯「さーんせーい!」
律「・・・」
唯「あれ?りっちゃん?」
律「ははは。悪い悪い。そういや今日、澪いないな。どうしたんだ?」
紬「それが風邪を引いたらしいの。」
律「そうなのか?」
紬「そうなの。一日中、学校で寝ていたらしくて。」
律(げっ。あのあと一晩中、学校で寝てたのかよ。普通起きるだろ。)
36:
律「じゃあ、練習終わったら、みんなで澪のお見舞いでもするか。」
紬「いいわね。」
唯「さーんせーい。あずにゃんも呼ぼうよ。」
律「あ、梓もか?」
唯「なんかあったの?」
律「な、なんでもないぞ?。梓も呼ぶか。」
38:
堀込先生「ちょっと待て。おまえらを誘拐して身代金を要求する。教師をクビになって金がないんだ。」
唯「それならしょうがないね。」
紬「誘拐されるとしますか。」
律「え?ええ?!」
堀込先生「桜ヶ丘女子高か?おまえらの生徒は預っている返してほしくば十万円用意しろ!」
律(や、安?!)
和「もしもし?。え?。声が届いてますか??」
堀込先生「ま、真鍋か。貴様のせいで俺は・・・」
和「あ、先生。じゃなかった。堀込。誘拐犯にまで落ちぶれちゃったんですか?ぷぷぷー。」
堀込先生「だ、だれのせいだと思ってる!」
40:
和「え?普通に自己責任っしょ。」
唯「の、のどかちゃん!」
和「ゆ、唯!」
唯「千円返して。」
和「じゃあ、唯に借りてた千円を堀込にあげるっつーことで解決ね☆」
堀込「おい、おまえ、ちょ、なにを・・・」
紬「じゃあ、開放されましょう。」
唯「そうだねー。じゃあねー。せんせーい。」
堀込「あれ?おまえら。ちょ、待てー!」
41:
紬「で、わたしたち何しようとしてたんだっけ?」
唯「さあ。」
律「澪のおみま・・・」
唯「そういやどうして今日澪ちゃんいないの?」
紬「さあ。」
律(ムギーっ。おまえ知ってるだろーっ。わたしに話したじゃんかーっ。)
唯「まあいいや。お茶でも飲んで澪ちゃんが来るのを待とう。」
紬「そうね。」
42:
唯・紬・律「ほ?げ?。」
律「はっ。こんなことしてる場合じゃない。今日澪、風邪引いてるんだよ。」
紬「いま気づいたの?」
唯「だからさ?、堀込先生に誘拐されるまえにムギちゃんが澪ちゃん、風邪で休んでるって言ってたじゃん。人の話聞きなよ。」
律「うぜ?。」
紬「せっかくだからお見舞いに行こうか。」
唯「そだね。あずにゃんも呼ぼう。」
律(梓・・・)
唯「どしたの?りっちゃん。顔、赤いよ。」
律「ななななんでもないよ。行くぞ。」
唯「待ってよ?。」
43:
律「・・・」
梓「・・・」
唯「どしたの?りっちゃん。あずにゃん。」
梓「ななななんでもないです。唯先輩。」
紬「怪しいわね。」
梓「ムギ先輩まで?!」
律「そんなことより着いたぞ。澪の家。」
44:
唯「そういや澪ちゃんの家に入るの初めてだね?。」
律「そういやいつも集まるときは唯の家だったから、みんな知らないんだっけ?」
紬「これが澪ちゃんの家なのね?。ぷっ。」
律「お、おい。いまのは失礼すぎるぞ。」
梓「みなさん、それよりはやく澪先輩のお見舞いしましょう。」
律(そういや最初に梓が仲良くなったのって澪とだったんだよな。)
45:
律(それでこのまえの海外旅行では唯と仲良くしてた。)
律(でもそんな梓はわたしを選んでくれた。)
紬(梓ちゃんはわたしだけ選んでくれなかったのね・・・)
律(そう。ってあれ?)
律「ムギーっ。わたしの心を読むんじゃねーっ!」
紬「てへっ。」
唯「どしたの?りっちゃん、ムギちゃん。澪ちゃんの家に入るよ。」
46:
律「おじゃましまーす。」
澪「邪魔するなら帰ってくださーい。」
律「はーい。って吉本新喜劇かーい!」
唯「・・・」
紬「・・・」
梓「・・・」
唯「りっちゃん。さぶいよ?」
律「うるさーいっ!」
律「とにかく入るぞ!」
澪「邪魔するなら帰れって言ってるだろ!」
律「うぜぇ!」
47:
純「あ、梓。」
純「お久しぶりです。律先輩、唯先輩、ムギ先輩。」
律「あ、お久しぶり。佐々木さん。いや佐藤さん?いや。え?と、とにかく、さなんとかさん。」
純「鈴木です!」
律「そーそー鈴木さんね。」
梓「純、来てたんだ。」
純「うん。だって澪先輩のこと心配だもん。」
梓「そいうや純、澪先輩に憧れてたもんね。」
澪「みんなありがとう。これで心置きなく死ねるよ。
律「死ぬな。」
澪「そういや梓と律って相思相愛なんだってな。」
律・梓・唯・紬・純・和「!」
律「おまえ、それ、忘れてたんじゃなかったのかよ!」
48:
澪「はあ?忘れるわけないだろ。」
和「そうよ。そんなことだれも忘れないわ。それよりも早く千円返しなさい。」
律「ってなんで和がこんなところにいるんだよ!ってか千円借りてねーっ。」
梓「!」スクッ
タタタッ
律「どこ行くんだ!」
唯「りっちゃん。追いかけなよ。」
紬「梓ちゃんのこと、好きなんでしょ?」
澪「なら追いかけるべきだよ。」
律「う、うん。」
49:
律「待って。梓。」
梓「・・・」
律「でも、どうして急に澪の家から飛び出したんだ?」
梓「びっくりしたんです。澪先輩が急にあんなこと言うから。みんな、わたしたちのこと変に思っちゃったんじゃないかって。」
律「でもみんなに知らせておくべきだって言ったのは梓だぞ。」
梓「でも、あんな言い方されると、困ります!」
律「クスっ。」
律「馬鹿だな。梓は。」
50:
梓「えっ。」
律「だれも気にしてないよ。そんなこと。」
唯「そうだよ。あずにゃん。」
紬「全然おかしくないわ。」
澪「悪かったな。梓。でも、みんな律と梓のことを応援してるよ。」
梓「み、みなさん。」
律「だからさ、涙拭きなよ。」
梓「すみません。律先輩。」
和「・・・みんな、いい後輩持ったわね。」
純「そうですよね。」
5

続き・詳細・画像をみる


2014年の半分が終了する・・・ここで上半期を振り返ってみるwwwwwwwwwwwwwwww

キョン妹「キョンくん、エッチしよー」

自分の人生で初めて、モーツァルトのCDを買った。

来期アニメが不作っぽいんだよなぁ・・・

3歳の娘には普段お金や財布は触らせないようにしてるのに、旦那が数万の大金を手渡そうとした

【政治】「安倍は辞めろ!」「ファシストうせろ!」「憲法壊すな」…サラリーマンら続々、殺気立つ官邸前、歩道は参加者で一杯に

小保方氏「存在実証のため最大限努力する」

米フェイスブック、極秘調査発覚 利用者から非難殺到

【画像】「ゴマキ」こと後藤真希の卒アル写真wwwwwwwwww

○○な殺人鬼←一番意外性のあるキャラ考えた奴が優勝

「復讐なんてくだらない。あなたが幸せになる事が一番の復讐だよ!」 ←この綺麗事はどうなの?

【閲覧注意】韓国で絶大な人気のヤバイ菓子が日本上陸!!!

back 過去ログ 削除依頼&連絡先