兄「妹、一緒に音楽をやろう。お前楽器な」妹「は?」back

兄「妹、一緒に音楽をやろう。お前楽器な」妹「は?」


続き・詳細・画像をみる

1:
短編
一気に最後まで投下
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402738420
2:
兄「やろうぜ? やろうぜ?」シュタッシュタッ
妹「うーん……」
妹(私が楽器(担当)ってことはお兄ちゃんはボーカルかな? もし有名になったら私の好きなアーティストと共演とか……)
妹「結構悪くないかも!」
兄「やっりぃ!」
妹「バンドやるの? 私はピアノ弾けるしキーボードかなー。あ、でもギターってやってみたいかもしれな
兄「よーし、やるぞぉ! 尻を出せ妹よ!」
妹「んっ!?」
3:
兄「はよ出さんかい!」シュパッ
妹「ちょっと待って!」
兄「私待つわ」
妹「私が楽器って、担当とかじゃなくて……」
兄「文字通りだ」
妹「クソがああぁぁぁ!!」ドンドン
4:
兄「やだー、何暴れてんの? ゴリラ? ウホウホッ?」キャー
妹「ぶん殴るぞ!」
兄「お願いします!!」
妹「なっ、あ、おお……うわぁ」
兄「……」
妹「……」
兄「……ホコリたつからあんま暴れるなよな」フゥ…
妹「うわすっげえムカつく」
5:
妹「ていうかなんなのよお尻を出せって! いや、私が楽器ってのもよくわかんないけど!」
兄「説明しよう!」
妹「よし、よこせ」
兄「叩きます」
妹「は?」
兄「こう、手首のスナップ効かせてだな」シュパッ
妹「何言ってんだこいつ」
兄「こう! いや……こう!」シュピッシュピッ
6:
妹「いろいろと説明が足りないんだけど」
兄「なんじゃらほい」
妹「私が楽器ってのは」
兄「尻を叩いてドラムのごとくビートを刻むわけだ」
妹「それ普通にドラムでいいよなあ!?」
兄「甘いな。小一時間ペロペロしたいくらいに甘い」レロレロ
妹「なんかすごい寒気がするんだけど!」
8:
兄「尻を叩くことによって、お前の口から声が出る」
妹「……」
兄「やらし?↑ぃ声がなぁ!?」クワッ
妹「うん、後でこの分もまとめて殴るから続けて」
兄「それで旋律も奏でられるという画期的な仕組みだ。効率が違いますよ!」
妹「どこでどう道を踏み間違えたら人はこうなるんだ」
9:
兄「百聞は一見に如かず、わかったら実践だ! さあ! 一見というよりむしろ一聴な気もするが! さあ!」スファッ
妹「嫌!」
兄「むう、仕方あるまい」
妹「あれ。意外と素直」
兄「口だけで言ってもわからないだろう」ヌギヌギ
妹「……あ?」
兄「兄ちゃんが手本を見せてやる」プリーン
妹「なんで! なんで私がこんな目に!」
10:
兄「兄ちゃんのケツにお前の熱いビートをぶつけるんだ! カモン!」プリプリ
妹「なんで……なんで……」
兄「Beat it!」ブルン
妹「ほんと逃げていいか」
兄「貴様に拒否権はないわ! このたわけ者!」プリッ
妹「なんでこんな高圧的なんだこいつ……ああもうヤケクソだよ! オラァ!!」ブォン
兄「おおほおぉぉあああぁあぁ!!」ズパーン!
11:
兄「おっ、おほ……あっふ……」ビクンビクン
妹「うわぁ」
兄「ああ……」
妹「うわぁ」
兄「さあ……お前の番だ」ハァハァ
妹「ねーよ」
12:
兄「普通に考えてさあ、わかるじゃん……強すぎるって……楽器って力任せに演奏するもんじゃないじゃん……兄ちゃんのケツ割れちゃったらどうすんの……
 ていうかビートですらないじゃんこれ……スマッシュだよ、スマッシュブラザーズだよ……あれ、今ちょっと上手いこと言ったな……」ボソボソ
妹「いや、なんかつい」
兄「まあいいさ。ハンムラビ法典によれば、"目には目を歯には歯を"だ。大人しく尻を出すが良い」
妹「残念だがその論理は両者が対等な立場にないと成立しない」
兄「お前……兄ちゃんをそんなに敬っていたのか」
妹「逆だよこの消しカス野郎!!」
13:
兄「なんだそのヘヴィな罵倒は!? カス野郎で、カス野郎でよかっただろうが!?」
妹「変わんねーだろ!」
兄「け、消しカス野郎だなんてそんな……そんな……うぅ……」
妹「え、そんな嫌だった? その、なんかごめん」
兄「け、消しカスだなんてそんなぁ?///」ウフフッ
妹「なんで喜んでんだお前は!?」
14:
兄「なんでもいい! 尻を叩かせろ! あわよくばむしゃぶりつかせろ!!」
妹「当初の目的忘れてんだろ! 絶対嫌だね!!」
兄「ふっ、そろそろだな……」
妹「は? 何、……! 体が……!?」ガクッ
兄「俺のケツを叩いた瞬間、俺のケツに仕込まれていた催眠剤が貴様の体内に呼気と共に侵入、もう体の自由は効かないはずだ」
妹「それ嫌すぎるんだが!? もはや意味がわからないんだがぁ!?」
15:
兄「ふっはっは! さあ、ゆっくりと楽しませてもらうか」ワキワキ
妹「さ、っせるかああぁぁぁああ!!!」ググッ
兄「!? 0.1ミリグラムでクジラとかが前日5時間睡眠で1時間半踏み台昇降した後ソファーで30分経った時くらい眠くなるくらいの薬なんだが……」
妹「わっかりづれえんだよ!」ググッ
兄「正直ドン引きですわ」ウワァ…
妹「くっ……殴りに行けない自分に腹が立つ……」グググ
16:
兄「くっ、こうなったら実力行使! 行くぞ妹っ!」トテトテ
妹「ふざけた足音しやがって……来いやぁ!!」
兄「ふん!」ガッ
妹「ウラァ!」ガッ
兄「うおおっ!」レロレロ
妹「舌しまえ鬱陶しい!!」
17:
――――――――
――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――
<一方その頃>
幼馴染「あれ、醤油ないな。刺身どうすんのこれ。やっぱソースか? ソースでいけるか? やっべなんかテンション上がってきた! 斬新! 私斬新!」
――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――
18:
兄「くっ……薬を盛られたというのになかなかやるじゃないか」ズガガガガ
妹「必要だったか? 今の必要だったか!?」ガギギギ
兄「何を言っているんだお前は」ピゥンピゥーン
妹「くっ、私がアホみたいだ……効果音も含めアホみたいだ……」カキーンカキーン
兄「ふふふ。頑張ってはいるが、そろそろ薬が回ってきて我慢の限界なんじゃないか?」グイッ
妹「くっ」ガクッ
19:
兄「妹の尻! 大公開!」バッ
妹「うわああああああ!!」
兄「これは……なかなか……」
妹「お前後で覚悟しとけよ! 絶対! 絶対記憶なくなるまで殴るからな!」
兄「よきかな」
妹「くっそ、視界の外だけどお前絶対良い顔してんだろ!!」
20:
兄「いやはやなんとも、なかなかどうしてこれは」
妹「くっそぉ……くっそぉ……」
兄「ぺろり」
妹「ひっ!」
兄「ぺろぺろり」
妹「やめろ! 舐めてないのに擬音言うのやめろ!」
21:
兄「それは舐めて欲しいということだろうか」
妹「断じてない!」
兄「でも舐めます」ヌロォー
妹「ひいいいいいいいい!!」
兄「ご飯半杯くらいイケそう」レレレレ
妹「なんか微妙じゃねえかあ゛ぁ゛ぁあぁぁあ゛!!」
22:
兄「はっ!」
妹「うぅ……もう無理ぃ……」
兄「今日はそういうアレじゃなかったわ」
妹「なんなのよ……」
兄「さあ、お前の尻にほとばしる魂のリズムを刻んでやる」
妹「いやもうほんと勘弁」
兄「ぐへへ」スリスリ
妹「死にたい」
23:
兄「ほれ」ペシ
妹「んっ」
兄「ほい」ペシン
妹「あぅっ」
兄「ほほーう?」
妹「死にたい」
24:
兄「それぃ」ペペシッ
妹「んあっ!」
兄「あ、ほれほれ」ペペン
妹「ふっあ……」
兄「あらよっとどした」スペーン
妹「あぅう!」
兄(ヤバイ楽しい)
25:
兄「ほれほれ良いではないかー」パパシペパパシペ
妹「んあっあ!」(え、エイトビートぉぉお!!)
兄「はっほっ」ッペペーンペッペペーンペ
妹「ふぅんんっぁ」(くそ、体が勝手にリズムに乗るほどすっごいジャジー!!!)
兄「へっへっへ、妹もノッてきたじゃないか」
妹「こいつマジで……」ハァハァ
26:
――――――――
――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――
<一方その頃>
幼馴染「これ無理だわ。ソースはなかったわ。許せん、許せんわ」
――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――
27:
兄「さて、堪能したな……」
妹「本当か? なあ、本当に必要だったか今の!?」
兄「そうだな、尻の音色は良い。だが声のチューニングが甘いな。スポーツの時に重宝されるくらい甘い」
妹「話聞けよおい!」
兄「案ずるな妹よ。我にはチューナーなぞ必要ない!」
妹「ああこれだめだこいつ」
28:
兄「そうと決まれば」ズイッ
妹「ちょ、なんで顔近づけてくんのよ!」
兄「顔の近くにいた方が聴き取りやすいだろ」
妹「声聴くだけなら耳向けろよ! なんで真っ正面で対面してんだよ!!」
兄「別になんとなk……お前の顔が見たくてな」キリッ
妹「今日1でキモい」
29:
兄「ファッキンシスタァァー!!」スペーン
妹「あぁうっ!」
兄「へへ、良い声で鳴くじゃねえか」パシュ
妹「くっ、うっ!」
兄「そいやっ」シュパーン
妹「んあっ!///」
30:
兄「ふんふん」パパパパ
妹「いひいっ!///」(まずい……これ、なんか……)
兄「あっひょぉ」ドゥッパシ
妹「おほぉぉ!///」(なんか、癖になりそ……)
幼馴染「……」
兄「ほらほらどうだほら」トゥルララララ
妹「んああぁぁあ!!///」
幼馴染「……」
兄「……!」
妹「……?///」
31:
兄「ほら、違うんすわ。別にそういう、ほら」
妹「何? もう終わり?///」
幼馴染「まあたぶん世界はそれも愛と呼んでくれるよ」
妹「誰!? 見えないんだけど! 見えな、誰!?」
幼馴染「うん、二人してお尻出して何してるのかは聞かない」
妹「お前まだズボン履いてなかったのかよ!? ケツ丸出しで格闘して私のお尻叩いてたのかよ!?」
32:
兄「違ぇだ……オラ違ぇだ……」
幼馴染「あっ、これ、刺身にソースかけたやつ置いてくから。良かったらプレイに使って?」
兄「いや意味わからな
幼馴染「世間のバッシングに、負けるな!」b
妹「待って! 状況わからないんだけど! ていうかいつまでくっついてんだおいコラぁ!」
幼馴染「」b
妹「すげえムカつくんだが!! 見えないのに!!」
33:
――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――
兄「以上説明となっております!」
妹「わからんわ! もう全部わかんない! どっからどこまでがなんなのかもう全然わかんない!」
兄「言いたいことは一つだ」
妹「なに!?」
兄「お前の尻にむしゃぶりつきたい」キリッ
妹「消え去れえええええ!!!」
おわり
34:
終わりです、反省しかないです
良い夜を
ありがとうございました
35:
乙乙
36:

勢いがすごかったな
3

続き・詳細・画像をみる


【速報】 ウクライナ東部でガスパイプラインが爆発 高さ200メートルの火柱上がる 何が始まるんです?

ある朝突然警察がきて美人局での恐喝の容疑者として連行された

世界史上の悲劇で打線組んだ……

お前らのフォルダの中で一番面白い画像はってけ

娘がむかつくから追い出してしまった。些細なミス連発するし片付けできないしチンパンジーだと思ってる

北朝鮮従業員にチョコパイを配るのを中止するよう要求

back 削除依頼&連絡先