なんで生命が存在するの?お前ら理解できてんの?back

なんで生命が存在するの?お前ら理解できてんの?


続き・詳細・画像をみる


何の意味もなく生まれた偶然の宇宙はまだいいとして
偶然出来た意味のない原子がくっついて
どんどん大きくなると、子孫を残したり、進化したり
悩んだり悲しんだり、誰かを愛したり、戦争したりするなんて
そんなことありえないと思うんだが
偶然にしては、都合が良すぎる

2: 以下、
お前を食べるためだよ!
17: 以下、
>>2
(*´ω`)ω・`)
/⌒ つ⊂⌒ヽ
4: 以下、
>>1
やっとこういうスレ立ったのか
5: 俺が ◆Godju.p.cU 2012/02/03(金) 02:21:49.70 ID:Y0HYHtc40
進化するためだよ
9: 以下、
お前らだって、ただの原子という宇宙のカスの集まりなんだよ
たかが偶然できたチリの集まりが、パソコンのモニター見て
タイピングしてるって意味不明なんだが
それを常識だと思ってるからわからないだろうけど、
自然で考えたら、幽霊どころのさわぎじゃないくらい狂った現象だよ
11: 俺が ◆Godju.p.cU 2012/02/03(金) 02:24:09.03 ID:Y0HYHtc40
>>9
俺らはカス中のカスってかwww
14: 以下、
ちげーよ
俺らはでっかい象の背に住んでて
世界の果ては滝になってるんだよ
15: 以下、
例えば、宇宙の映像を見て
「宇宙ってすげーなー」とか「太陽ってでかいなー」
ってみんな思うよな?
でも、気づいてないだろうけど、お前だって、その宇宙なんだよ
空に輝く星と同じ物質や法則で存在してるんだよ
ヘタすると、太陽や、銀河よりも
お前らの方がずっと、巧妙で偉大かもしれない
そう考えると、やっぱり上記を逸脱している
16: 超個体とか 2012/02/03(金) 02:28:44.66 ID:AezWigq60
生体器官はDNAという究極の生物の手足とかいう話とか
そういう話も面白いよな
19: 以下、
人間だって不思議だよ
だって、自分は自分なのに
その自分の体の機能にさえ詳しくない
なんで指が5本あるのかといえば
それが便利だったからなんだけど
その5本に設計した人を、誰も知らない
20: 以下、
そんなもん俺たちが決めたことじゃねぇし
知るか
ただ産まれたなら楽しむそれでいいじゃん
与えられた意思があるんだから
21: 以下、
宇宙は巨大な生物のひとつの細胞なんだよ
人間はその細胞の更に一部の細胞なんだよ
ただ、巨大な生物というのも更に巨大な生物の細胞の一部かもしれん
24: 以下、
食事をすれば勝手に胃袋は消化するし、
魚化してないのに心臓は勝手に動く
眠っていても呼吸は何者かが続けている
なんだこれ
25: 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 2012/02/03(金) 02:35:26.87 ID:sGNC8gjb0
答えのないものを考えるのは、なんとも愚かで、素晴らしいものなのかを実感する
27: 以下、
人格が宿ってるのは前頭葉だし
脳味噌の他の部署の事情を知らないのは当然じゃん
39: 以下、
地球に生命が生まれる確率は、計算では0%だけど
存在してしまっているから、科学では100%となっている
未だに人間は単細胞生命さえも作り出せない
仮に、生命誕生の確率が1%だとしても
さらに惑星の軌道や、酸素濃度、暗黒物質の有無
反物質の現象、重力や熱の存在など
奇跡を成立させるのに必要な奇跡が多すぎる
41: 新参 ◆JtBaUVklho 2012/02/03(金) 02:41:55.20 ID:vNy3idt80
偶然で存在するなら生きてる意味が全く無いのは知ってたか?
45: 以下、
>>41
そもそも、生きる意味ってなんだよ
ただ、偶然存在しているからこそ生きているんじゃん
42: 以下、
生命が存在する理由は観測されたから
46: 以下、
生命がここに存在している以上、つまり、宇宙が誕生した瞬間に、
もうある特定の元素が組み合わさると
増殖して、感情を持つというプログラミングが存在してたことになるんだよ
それはやっぱりおかしい
53: 以下、
>>46
おかしいと思うのは人間の考えの枠組みの範囲内においてかもしれないぜ
プログラムされてるみたいだと人間が思い込んでるだけかもしれない
47: 以下、
いや偶然だろ
どう考えても偶然だろ
51: 以下、
>>47
偶然では処理できないこともある
例えば自分自身でしか割り切れない素数は、
自然界にはどこにも存在しない、何の意味もない数字だけど
なぜか、原子の放射活動と比例することがわかってる
49: 忍法帖【Lv=28,xxxPT】 2012/02/03(金) 02:46:04.72 ID:L6HcUMOp0
こういう哲学のタネがロゴス、つまり学問を生んだんだよな。
生命は、小宇宙って言われるほど繊細なんだぜ。
50: 以下、
パンだって放っておけばカビが生えるだろ
生命って宇宙に生えたカビみたいなもんだよ
緑の木々も地球に生えたカビみたいなもんだよ
56: 以下、
>>50
そのカビもパンも木々も、そして人も
実は最初はみんな一つの同じ細胞だったんだよ
もし宇宙全体がその細胞が生まれやすい生命のスープだったとして
その最初の一個の細胞は確率的には発生しない
60: 以下、
>>56
地球から手の届く範囲で尚且つ人間が作った枠組みでしかみてないからそう見えるのかもしれないぜ
65: 以下、
>>60
たしかにDNA以外でも生命が誕生するための
有機物の配列はあるかもしれないと言われてるけど、
逆に、なぜある特定の配列をすると
DNAとして機能して多様に進化するかもわからない
そういうバグみたいな裏技があるなんて
133: 以下、
>>65
お前と語り合う、回線の向こう側のそれが、スクリプトか人間かなんて考える必要は無いだろう
「おまえら」ってなんとも言えない不思議な言葉だよな・・・
http://world-fusigi.net/archives/7280636.html
55: 以下、
感情は複雑に見えるけど、反射とか快、不快の集まりだと思うけど
58: 以下、
なぜ意識というものがあるのが不思議
62: 以下、
>>58
実は意識などなくて、人は機械的なのに
意識があると勘違いしているという説がある
または、脳は量子的な活動そしていて
空間から経験を取捨しているというハメロフの説がある
70: 以下、
進化論否定派か
まあ確かに虫でも偶然にこんなん生まれんやろって見た目した奴いるよな
木の葉とか枝にしか見えない奴とか
進化論ってマジ?どうしても納得できないんだが
http://world-fusigi.net/archives/7101569.html
72: 以下、
>>70
進化を否定する人はそういないだろう
進化は実際にあるから、まあ完璧かはしらないが
71: 以下、
この宇宙は泡の1つに過ぎない
他の泡では他の宇宙が生まれて他の生命体が生きてることだろう
しかしそれらすらもっと大きな泡の中で起きてる瑣末な現象に過ぎないのだ
72: 以下、
>>71
多元宇宙論のレベルではそういう考えがあるけど
それもまた憶測にすぎない
73: 以下、
生命なんていないよ
みんなbotだよ
人間とロボットの違いは回路の複雑さだけって言う唯物論あるけど
http://world-fusigi.net/archives/7292122.html
74: 以下、
多様な進化とかいっても、所詮は塩基配列の誤差の範囲だろ
何がそんなに不思議なのかわからん
75: 以下、
有機物は無機物の奇形に過ぎない
つまり可能性の1つなのだよそれだけだ
76: 以下、
配列がすこしズレたら、生命は存在しなかったと思うが
なぜ、生命として起動する配列パターンが決まっているのだろうか
すこしズレても発生するくらいならわかるが、何のためにだろう
生命がケイ素ではなく炭素を必須元素に選んだのは
そのほうが数が豊富で便利だからだというけど、
それを選択したのは誰だろう
83: 以下、
>>76
誰と特定の個人やら意思のあるもので表現するのが間違っているのもしれないぜ
人間の思考の枠組みを外れたなにかがそうなるようにしていることもありうるわけでそうなれば人間が考えても絶対にわからない
78: 以下、
ケイ素を選んだのは増えずに滅びたんじゃね
観測してないから知らんけど
82: 以下、
じゃんけん勝負で1万連勝するのは確率的にありえない
でも2^10000人でトーナメントをすれば必ず1人1万連勝する人が出てくる
生物が存在するのも似たようなもん
86: 以下、
>>82
生命が誕生する物質の記述がなければ
どれだけ確率があっても、やっぱり無理だろう
85: 以下、
なぜ何もないのではなく、何かがあるのか
http://ja.wikipedia.org/wiki/なぜ何もないのではなく、何かがあるのか
87: 以下、
生物は偶然と微々たる努力で偶然存在してるに過ぎない
未来も生存できるかふるいにかけられ続けてるのだよ
90: 以下、
たまたま偶然だろ
発生しなかったのは当然、繁栄に失敗した生命は淘汰される
偶然に発生した云百兆分の1の結果が現在の生命であり俺らだろ
ようするにボトムズ見ろってことだ
92: 以下、
>>90
電子は特殊な方法で2つを取り出した時だけ、両者は運命を共有する関係をするんだが
この関係に距離は関係ない、世界には光よりも早いものはないというけど
それどころか、時間がまったくかからずに通信する何かが現実に存在する
そういう現象も偶然と片付けられるだろうか
91: 以下、
偶然なのはいいんだけど、
俺の意識が脳やらの現象から産まれているとして、
俺以外を俺だと思わないのは何でなんだ。
風とか山とかなんでも良いけど、そういうものが俺じゃない理由がない気がする。
93: 以下、
>>91
抜けた髪の毛がお前じゃないのと一緒じゃね
神経が通ってないからだよ、たぶん
96: 以下、
>>91
お前の脳が支配してるのがお前の肉体だけだからだ
脳から出てる神経がカバーできる範囲ってことだ
97: 以下、
>>91
人は、「私」と思い始め瞬間からたら「私」になる
別の誰かが「私」と思ってもそれは別の「私」でしかない
102: 以下、
何億兆京も時間があったら
なんかたまたまできちゃったんだよ!!!!!!!
103: 以下、
もし、自分を量子レベルでコピーしても
コピーが「オリジナルの私」でないのは
相手も「私」だと認知しているから
つまり、この時点で異なる私が存在してしまっている
106: 以下、
最初はたまたま物質がぶつかったりしてるうちに偶然コピーして増える性質のものができちゃったんだろうな
それが増えてるうちにコピーのエラー起こしてだんだん複雑なものになっていったと
107: 以下、
例えば水が0度で凍って100度で沸騰するのすごいとか
ちょうど24時間で太陽が一周するのすごいとか
そういうことと一緒だよ
現在のものさしで考えるから都合がよすぎるように思えるのであって
「存在するのに都合がわるいものは存在できなくなる」という必然を無視してる
今までの中で「散って行った偶然」のことを考えてないから違和感を感じる訳で
まあそういう意味では今存在してるものは奇跡とも言える偶然とも言えるわけだが
114: 以下、
俺たちって原子レベルで考えると10年前とはまったくの別物なんだよな‥
115: 以下、
>>114
一秒前の自分だって厳密には存在してない
134: 以下、
>>114
原子レベルというのなら
そもそも「同じ」とはどういうことか という話から始まるけどね
122: 以下、
人間の体内で起きてることはわりと確率で説明できる
けど、生命発生に関しては宇宙の起源やら原理まで関わってくるから現在の説じゃ説明しきれない
後者が神様の仕業云々いうなら、別に止めない
既存の知識で理解できないことを魔法やら神の御業呼ばわりするのは昔っからだし
135: 以下、
偶然とは便利な言葉だのう
138: 以下、
アミノ酸に紫外線当てると核酸になるんだぜ
139: 以下、
>>138
んで、核酸とかからRNAがわりと簡単にできるんだっけか
理屈は忘れたけど
142: 以下、
http://ja.wikipedia.org/wiki/RNAワールド
RNA ワールドとは原始地球上に存在したと仮定される、RNA からなる自己複製系のこと。また、これがかつて存在し、現生生物へと進化したという仮説を RNA ワールド仮説と呼ぶ。
143: 以下、
割とルーズな環境でも必要なもんは出てくるんさ
完全な無菌状態でシチューを100万年も掻き混ぜれば排他的に振る舞うRNAすらできるかも
151: 以下、
アリやチョウが餌に対して抱く感情そのものは、ほとんど愛と呼べるものである
153: 以下、
まぁお前たちは生命を作る事なく死んでいくんだけどな
154: 以下、
いや、論点が違うだろ。
155: 以下、
だが重要な話ではある
157: 以下、
この世の存在は、人類が把握出来る世界であり、その人類が存在するのはなんらかの目的のためだと思う。
人類は何かにアプローチしてんだよ。
だから、宇宙開拓とかいう、やっても意味あんのかねーのかわからんものに何兆円規模の活動を行って来た。
何にアプローチしてるのかを理解するには、本能っていうプログラムが目指すものを読み取ればいいんだよ。
163: 以下、
DNAは巨大な触媒である。
自らの性質を変えることなく生命維持に必要なアミノ酸を作り続けている。
生命は巨大な触媒である。
食べたものはその種類を問わず概ね同じ性質の排泄物になる。
一見すると、複雑な振る舞いに見える活動でも各細胞に個別に一定の刺激を与えた時に起きる反応は一定する。
脳はその振る舞いを神経単位で指示できる巨大なバッチ処理の貯蔵庫。
165: 欲望の弁証法 ◆UWlz.qtia2 2012/02/03(金) 05:11:05.47 ID:Zq/7f/mF0
そもそも宇宙にとって「生命」はそんなに重要で希少なものなのか。
人間視点でみるとあたかも「生命」は複雑な構造をした特別なもののようにみえるが、
宇宙からみたらそこらの石ころや水みたいに、
ある特定の条件がととのえば自然発生的にうまれる「産物」でしかないんじゃないのか。
166: 以下、
たとえ僕らの中にいかなる感情が芽生えているとしても
大切なのは二つだけ
自らの意思決定と、それを仲間に伝える表現力だ
泣いて笑っての紆余曲折は
進化によって能率化されきっていない単なるプロセスにすぎず
そこから導出される結果のみが
君の命を左右する
167: 欲望の弁証法 ◆UWlz.qtia2 2012/02/03(金) 05:16:00.75 ID:Zq/7f/mF0
そしてわれわれは「生物はみな進化するものだ」と思っているけれども、
それはたんに逆立ちした思考してるだけで、本当のところは
「繁殖という機能をもった生物がたまたま現代まで生き残った」という話にすぎないのではないか。
169: 欲望の弁証法 ◆UWlz.qtia2 2012/02/03(金) 05:23:24.43 ID:Zq/7f/mF0
たとえば「ウィルス」は、厳密にいえば「生きていない」わけで、
しかしあのタンパク質の構造体は、空気中を漂ったり液体のなかを浮かぶことで、
宿主の細胞に忍び込み、その細胞を使ってコピーを増やす。
こういうものも、「たまたま」できたんじゃないのか。
繰り返し繰り返し星が誕生する過程で、細胞にとりつくことも複製することもできない微小なタンパク質の構造体は山ほどできたはず。
それはすべて消えた。そして偶然、他の生物に寄生し自分自身をコピーできるやつだけが生き残った。
人間も突き詰めるとこういう話じゃないのか。
179: 欲望の弁証法 ◆UWlz.qtia2 2012/02/03(金) 05:41:45.50 ID:Zq/7f/mF0
そして人間の「意志」とは、人間の脳が発達し、
「客観」と「主観」を峻別できるようになったことで、
そのあいだに生じる「ギャップ」の隙間にはさまったものだろう。
われわれは「宇宙からみれば偶然の産物」でしかないが、
同時に「私からみればかけがえのない“私”」になる。
私が働けるスペースというのは、その隙間でしかないんじゃないのか。
そして、これはスタジオジブリにおける『借り暮らしのアリエッティ』のモチーフだろう。
アリエッティは、客観的な「他者」、つまり少年にみつめられたときには、「消えゆくはかない存在」にすぎない。
しかし、アリエッティ側からみれば、少年こそがはかない存在であり、「私たちは消えない」んじゃないのか。
あの軒下の、あの空間こそ、人間の生きているスペースではないのか。
われわれはそして、やかんの船=地球に乗り、先のみえない運命の川を流されていく。
182: 欲望の弁証法 ◆UWlz.qtia2 2012/02/03(金) 05:47:11.27 ID:Zq/7f/mF0
生物は間違いなく宇宙に間借りし、そこに固有の知覚的な次元を形成し、そのあいだで生きている。
189: 以下、
>>179
禿げしく同意。
199: 以下、
種が存在するかどうかの議論はまったくもって終わっていない
種を当然ありえるものと考えてしまうのは、頻度分布の山々しか見てない証拠
201: 以下、
砂上の楼閣の考え方あったよな
人間の生命は動的平衡による流れでありただの効果なんだろ
生物的エントロピーも関係なく
205: 以下、
なんか数学みたいな話になってるな
机の上で世界が完結して
208: 以下、
俺たちは進化の過程にすぎない
28: 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 2012/02/03(金) 02:37:48.70 ID:sGNC8gjb0
神はどんなかたちをしているのだろうか
207: 以下、
俺が神だ
194: 以下、
ちょうしにのっちゃだめーwwwwwwwww
引用元: ・なんで生命が存在するの?

「哲学」カテゴリの最新記事
「哲学」の記事一覧

過去の人気記事ランダムPICK UP
コメント
1 不思議な
そもそも生命に特別さを感じるところから始まるから、こういう疑問がうまれる。
生命としての活動がなければ存在しないし、あるから残って現存している。自然淘汰を反転したものが生命の存在理由だと考えるとそこには何の疑問もないのではないか。
2 不思議な
ただ在るだけなのに、何故『意味』を必要とするのか?
3 不思議な

続き・詳細・画像をみる


校舎転落で重傷の中学生、小学生時代もいじめか…

南条光「だから、見ててくれPさん…アタシの――変身!」

2億2千年前のカメには甲羅がなかった

懐かしい画像貼って懐かしくなったら寝ろ

10代の俺「ビールと唐揚げ最高!!!!!!」

縦型洗濯機、根強い人気…ドラム式から回帰も

back 削除依頼&連絡先