P「赤ちゃんの作り方?」back

P「赤ちゃんの作り方?」


続き・詳細・画像をみる

1:
やよい「うぅ?」
亜美「そっかー。やよいっちもついにそれを知っちゃったのかー」
真「難攻不落だと思ったやよいもとうとう、か」
あずさ「だから今日はちょっと様子がおかしかったのね」
伊織「そう……やよいが」
真美「いおりんは何で悲しそうなの?」
律子「そこはスルーしておきなさい」
春香「やよい、大丈夫だよ。私も初めて知った時はやっぱり色々考えちゃったから」
雪歩「そうだよ。私もすっごく驚いちゃったから」
小鳥「そうよね?。山中で拾った本を家に持ち帰るまでのドキドキ……思い出すわぁ」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402140580
2:
響「そんな共感してくれるわよねって視線向けられても……分からないぞ」
千早「小鳥さんは昔からそんな感じだったんですね」
美希「ハニーは小鳥みたいな人じゃないよね?」
P「ん? あぁ、小鳥さんの言ってる事は良く分からんが……多分違うな」
貴音「しかし、あまり過剰に反応するのも良くはありませんよ。人にとって大切な知識なのですから」
律子「そうね。人として知っておくべき事柄なんだから、あまり難しく考えない方がいいわ」
やよい「は、はい……でも、まだ知ったばかりだからあんまり詳しくもないかなーって」
春香「大丈夫だよ。私もそこまで詳しいってわけじゃないし」
P「そうだぞ。俺も未だにコウノトリの呼び方知らないし」
765プロ女子一同「「えっ?」」
4:
P「ん?」
律子「あの、今なんて……」
P「あっ! ……しまった。つい恥ずかしい事を……忘れてくれ」
伊織「えっ、いや、えっ!?」
響「一体どういう……」
貴音「……なるほど、分かりました。貴方様、先ほどのは比喩表現だったのですね」
小鳥「あぁ、言葉を濁したんですか」
P「……?? そのままの意味だが?」
5:
春香「……」
千早「……」
小鳥「さ、作戦ターーーイム!!」
小鳥以外「「!?」」
小鳥「みんな、こっちに集合ー! ……あ、プロデューサーさんはそっちで待っててください」
ダダダダッ
P「……なんなんだ?」
6:
小鳥「……ついタイム宣言しちゃったけど、みんなどう思う?」
真「どうって……流石にあれは冗談でしょう」
雪歩「幾らなんでもありえないです」
亜美「でもさ、にーちゃん演技してるようには見えなかったよ」
真美「にーちゃん、ウソ下手だもん。演技してたら分かると思うけど」
伊織「待ってよ。あんないい大人が今更コウノトリ信じてるなんて……おかしいでしょ!?」
春香「……確かめよう」
千早「春香?」
春香「だから確かめるんだよ。プロデューサーさんが本当にコウノトリを信じてるのかどうか」
7:
やよい「でも、どうやって?」
あずさ「それは……本人に聞くしかないわよね」
美希「とにかく一度やってみるの!」
響「よし、じゃあ全員で行くぞ!」
765プロ女子一同「「おぉーっ!!」」
スタスタスタ
P「おっ、もういいのか? いきなり一人ぼっちになったから寂しかったよ」
律子「すみません。ところで少し聞きたいことがあるんですけど」
P「どんな質問だ? 俺に答えられる事なら何でも答えるぞ」
9:
あずさ「実はやよいちゃん、今日教わった赤ちゃんの作り方がまだよく分かってないらしくて」
美希「もっと詳しく教えてって言われたけど、ミキたちじゃ上手く伝えられなかったの」
亜美「だからさ、にーちゃんが説明してあげて欲しいんだよ!」
P「お、おいおい。そういうのってセクハラになるんじゃないのか?」
真美「真美たちから頼んでるんだから別にいんじゃない?」
P「いや、こういうのはしっかりしないと。ここにいる人間なら、小鳥さんが適任かと思うんですが」
小鳥「だ、だからそれが上手く説明できなかったんですよぉ」
P「そう言われても……」
伊織「じゃあ当たり障りのない範囲で質問するからそれに答えて。それならいいでしょ?」
P「んー、質問の内容にもよるが、まぁいいか」
10:
春香「それじゃ第一問! コウノトリはどうやって赤ちゃんを運んでくるんですか?」
P「基本的な部分だな。風呂敷を首から下げて運んでくるに決まってるだろ」
美希「じゃ、じゃあ妊婦さんのお腹が大きくなるのは何でなの?」
P「赤ちゃんに飲ませる母乳を作ってるからだよ」
亜美(……メチャクチャ自信たっぷりに言い切ってるね)
真美(演技してる風には見えないYO!)
やよい(それじゃ、本当に……?)
千早「……サンタクロースは実在しますか?」
千早以外の女性陣「「!?」」
11:
響(なっ!? 千早は何を聞いてるんだ!?)
あずさ(子作りと関係ないサンタクロースの話題をどうして!?)
P「……」チラッ
小鳥(あっ、今一瞬やよいちゃんの方を見たわ!)
P「も、もちろんい、いるに決まってるだだだだろう」ダラダラ
真(うわぁ……目に見えて動揺してるよ)
雪歩(物凄く汗だくですぅ!)
伊織(でも、という事は……)
小鳥「二度目の作戦タァァーイム!!」
P「よ、よく分からないですけど……認めます、どうぞ」
ダダダダダダッ
13:
律子「……みんな、今の様子を見た率直な感想を言ってくれる?」
貴音「語る必要もないでしょう。私たちの見解は一致しているはず……すなわち」
春香「プロデューサーさんは本当に、赤ちゃんの作り方を知らない……」
あずさ「正直、まだ信じられないのだけど……」
伊織「この時代、いい大人の年齢でしかもアイツは男……普通はどこかで知るはずよ!」
律子「確率にして、約250億分の1……」
小鳥「!?」
律子「プロデューサーと同じ条件で、性知識のない人間が存在する確率よ」
美希「つまり、それだけ珍しいってことなの?」
響「珍しいどころの話じゃないぞ!」
14:
亜美「りっちゃん、それ本当に合ってるの?」
律子「今ある情報を元に私が計算した結果よ。疑うなら自分で計算してみればいいわ」
真美「……りっちゃんがそこまでいうなら本当なんだね」
貴音「しかしこれは由々しき事態ですね」
真「え、そうなの?」
雪歩「真ちゃん?」
真「そりゃ、プロデューサーの知識が……ってショックではあったけど、そんなに深刻な事かな」
やよい「うーん、確かにそうかもしれないです」
伊織「甘いわよ、二人とも」
雪歩「うん。それはちょっと楽観的かも」
16:
やよい「どうしてですか」
春香「考えてみてよ。プロデューサーさんは、コウノトリの呼び方を知らないって言ってたんだよ」
千早「言い換えるとコウノトリの呼び方を知らないから恋人を作らない、という可能性もあるという事」
真「!?」
小鳥「それだけじゃないわ。真実を知ったら、プロデューサーさんの私たちに対する反応も劇的に変化するかも」
やよい「……」
美希「だからハニーにはちゃんとした知識を知ってもらわないといけないの!」
雪歩「真ちゃん、分かってくれた?」
真「……うん、どうやらボクが浅はかだったみたいだ」
18:
やよい「伊織ちゃんも、みんなと同じ考えなの?」
伊織「ぐっ……ま、まぁアイツの事はキライじゃないし……」
亜美「もー、いおりんは素直じゃないなぁ」
真美「でもみんなの気持ちは一つだよね!」
律子「決まりね。みんなで力を合わせて、何としてもプロデューサーに正しい知識を植え付けましょう!」
765プロ女子一同「「おおーっ!!」」
P「……みんな仲良いなぁ」
19:
響「それで、具体的にどうするんだ?」
春香「普通に考えると誰かが説明するっていうのが分かりやすいよね」
真「それはそうだけど……誰がやるのさ?」
亜美「公平にジャンケンとか?」
千早「それはダメよ。考えてもみて。自分より若い人に性知識を教わるプロデューサーの気持ちを」
雪歩「……凄く恥ずかしくなりそうです」
真美「にーちゃん、別の意味でもショック受けちゃうね」
律子「プロデューサーの尊厳を粉々にしてしまう危険性があるわけね」
21:
伊織「そうなると最悪、説明した人への苦手意識が芽生える可能性もあるわね」
やよい「プロデューサーに限ってそんな事ないと思うけど……」
貴音「表面上はともかく、本心でどう思うかは誰にも分かりません」
美希「だったら大人の人が説明すればいいって思うな」
亜美「つまりピヨちゃんかあずさおねーちゃんだね」
小鳥「ええっ!?」
あずさ「急に言われても……どうすればいいのかしら?」
真美「ふつーに説明してくれればいいよ」
22:
小鳥「それが難しいと思うんだけど」
あずさ「そうですね?。口に出しにくい単語も出てきますから」
伊織「小鳥はそういうの無さそうだけど」
小鳥「ひ、酷い!」
春香「まぁまぁ。確かにこういうのって説明するの難しいと思うよ」
律子「それに大人だからプロデューサーの尊厳を傷つけないっていう事もないでしょうし」
貴音「そうですね。危険な役回りを二人に押し付けるのもどうかと思います」
響「けど、そうなるとどうしたら……」
千早「……一番分かりやすいのは実演かしら」
23:
春香「実演!?」
真「誰が誰と!?」
あずさ「……やっぱり大人の私が行くべきかしら?」
亜美「あずさおねーちゃん!?」
真美「さっきと態度違うよ!?」
あずさ「考え直したのよ。こういう役回りをするべきなのは誰かって」
小鳥「待って下さい! あずささんばかりにいい格好はさせませんよ!」
雪歩「小鳥さんまで!?」
あずさ「手取り足取り教えてあげれば、きっとプロデューサーさんも理解してくれると思うの」
24:
春香「それって相手はやっぱり……」
美希「ダメー! 絶対ダメなの!!」
やよい「はわっ! み、美希さん落ち着いて下さい!」
律子「まったくもう。二人とも、そういう冗談はやめてください」
あずさ「ごめんなさいね」
小鳥(割と本気だったんだけど……多分あずささんも)
律子「小鳥さん?」
小鳥「は、はい! ごめんなさい!」
貴音「実演は却下となると、どういった方法があるのでしょう」
25:
真「何か道具を使うっていうのは?」
雪歩「道具……紙芝居みたいなものを作って読み物として教えるとか?」
千早「物語の中にさり気なく挿入しておけばプロデューサーを傷つける事もないはず」
律子「材料はフリップか何かを用いて……うん、いけるかもしれないわ!」
響「問題は誰が作るかだな」
美希「こーいうのは小鳥が適任だと思うの」
小鳥「やはり来たか! でも私、本物見たことないから書けないわよ」
亜美「えっ」
真美「ピヨちゃんが……!?」
小鳥「ほら、日本ってモザイク大国だから……」
26:
やよい「あの、それならこの教科書使えませんか?」
亜美「やよいっち、教科書持ってきたんだ」
あずさ「やよいちゃんらしく、大切に使ってあるみたいね」
伊織「教科書なら正しい知識を得るのに最適だし……いいんじゃないの」
小鳥「どうせなら読んでもらいたいところを蛍光ペンで赤く塗った方がいいんじゃないかしら」
美希「小鳥……塗りたいの?」
小鳥「ふふっ、冗談よ。やよいちゃんの私物だもの、汚したりはしないわ」
やよい「あの、別に私は構いませんけど……」
律子「気にしなくていいのよ。あれはただの様式美ってやつだから」
千早「変に強調してあると警戒されるかもしれないし、このままの方がいいと思うわ」
27:
真美「じゃ、この教科書をにーちゃんに読んでもらうって事で決定だね」
春香「私が行くよ。みんな、待ってて!」タタタッ
P(みんな真剣だなぁ。何を話し合って……ん?)
春香「プロデューサーさん」
P「おう、春香。どうしたんだ?」
春香「あの、私たちまだちょっとお話が終わらなくて」
P「そうなのか。あぁ、俺の事は気にしなくていいぞ」
春香「でも一人は寂しいと思うので、これをどうぞ」
28:
P「これは……教科書?」
春香「はい。これで暇をつぶしていて下さい。じゃ、私はまだ話し合いがありますから」タタタタッ
P(……うーん、教科書かぁ)
春香「ふぅ。取り合えず渡してきたよ」
美希「春香、ナイスなの」
小鳥「それじゃここで話し合いをするフリをしながら、プロデューサーさんを観察しましょ」
29:
P(この年で教科書を読むってのも気が進まないが……)
P(……でもせっかく借りたものを読まないのも失礼だよなぁ)ペラ
P(だが退屈だ……)ペラ
P(そういえば今度のライブって……)ペラ
P(あの企画は問題ない……あっちの打ち合わせが……)ペラ
真「凄い真剣に読んでるね」
雪歩「これならきっと大丈夫ですぅ」
30:
あずさ「やよいちゃん、性教育の部分は教科書のどの辺りに載ってたの?」
やよい「前の方です。あの調子だとプロデューサーもう読んでるかも……」
P(気が付いたら半分以上すっ飛ばしてた……)
P(そういえば、教科書なんて久しぶりだな……)ペラッ
P(あの頃は不真面目だったなぁ……)ペラ
P(教科書に落書きとかして……この教科書は綺麗だ)ペラ
P(懐かしいなぁ)ペラ
P「……ん、もう終わりか」パタン
31:
千早「読み終わったみたい」
春香「それじゃ、確認してくるね!」タタタッ
春香「プロデューサーさん、読み終わりました?」
P「おう、春香。ありがとうな」
春香(……あれ? 反応が薄い)
春香「あの、何か読んでて思った事とかありませんでした?」
P「懐かしい気持ちになったよ」
春香「それだけですか?」
32:
P「うん。……あ、いい暇つぶしになったよ」
春香「そ、そうですか……ではまた後で」トボトボ
P(心なしか春香の足取りが重くなったような……なんでだろう)
春香「作戦……失敗です……」
あずさ「あ、あらあら?」
伊織「あんなに真剣に読んでたのに……なんでよ!?」
貴音「伊織、激昂しても事態が変わるわけではありません」
やよい「そ、そうだよ。落ち着いて伊織ちゃん」
33:
伊織「うぅ……それじゃ、次の作戦は?」
響「考えたんだけどさ、その、え……AVとかえっちな本とか見せるのはどうだ?」
亜美「それだっ!」
真美「ひびきん、ナイスアイデーア!」
雪歩「でも、どうやって見せれば……」
真「誰かがこれ読んでくださいって渡す……のは無理だね」
小鳥「念のため言っておくけど、私そこまで羞恥心振り切ってないからね」
千早「そうなると、プロデューサーが何気なく手にとってくれるように配置するしかないわね」
34:
貴音「とはいえ、事務所にそのようなものを置いておくというのは如何なものでしょうか」
美希「ハニーなら事務所で見つけても捨てちゃうと思うよ」
春香「プロデューサーさん、真面目だもんね。……じゃ、帰り道で先回りするとか」
千早「誰かプロデューサーの自宅や帰路を知ってる人は?」
765プロ女子一同「……」
伊織「ダメじゃないの」
亜美「……さっきの道具を使うって話だけどさ」
真美「ん?」
亜美「例えばこの二つの紙コップを重ねる動作でそれとなーく気付いてもらうっていうのはどう?」カポンカポン
35:
貴音「なるほど。暗喩的表現ですね」
律子「……問題があるわ。それだと知識がある人にしか伝わらないわよ」
真美「そっか。にーちゃんが気付かなきゃ意味ないもんね」
真「だったらもっと直接的な見た目の道具を使うとか……」
雪歩「直接的なって……」
伊織「……」ジー
小鳥「はっ! またしてもみんなの視線が私に……!?」
響「ぴよ子なら持ってるだろ?」
小鳥「失敬な! 大切な初めてを傷つける可能性のある物は一つとして持ってないわ!」
36:
貴音「それは本当ですか?」
小鳥「神に誓って! ……まぁ、何度か誘惑に負けそうになった事はあるけど」
亜美「うわぁ」
真美「ダメな大人だね……あずさおねーちゃんは?」
あずさ「私もそういうのは……」
春香「じゃ、他に誰か使えそうな道具持ってる人ー」
765プロ女子一同「……」
亜美「……一応、罰ゲーム用の尻にさしこむ棒ならあるんだけど」スッ
37:
雪歩「ひいっ!?」
真「な、何その複雑に枝分かれした棒!?」
真美「枝分かれ具合がエグすぎるYO!!」
やよい「それはどう考えても使えないかなーって」
千早「ならこの案もボツね……」
律子「くっ、性教育がこんなにも難しいものだったなんてっ」
あずさ「やっぱりもっと経験豊富な人にお願いするしかないのかしら」
やよい「う? それって……」
バタン
高木「やぁ、みんなおはよう!」
38:
律子「社長!」
美希「そうなの、社長がいたの!」
響「やったぞ! これでもう勝ったも同然だ!!」
イェーイ ヤンヤヤンヤ
高木「な、何かねこの歓迎っぷりは」
千早「あの、実は折り入ってお願いがあるんです」
高木「何やら深刻そうだね……一体どのような話なんだね」
小鳥「実は、プロデューサーさんが性知識……赤ちゃんの作り方を知らないみたいで」
高木「何だって!? いや、まさか……本当なのか?」
律子「えぇ。ですがどう説明したものか迷ってしまって……」
39:
春香「もう人生経験豊富な社長にしか頼めないんです!」
真「このままだとボクたちの……じゃなくて、プロデューサーが心配で」
雪歩「だからお願いしますぅ!」
高木「なるほど……事情は良く分かったよ。君たちが彼の事を大切に思ってくれていることもね」
貴音「……では?」
高木「うむ。私に任せたまえ」スタスタ
あずさ「社長の後姿が輝いて見えるわ?」
やよい「すっごく頼もしいかなーって」
亜美「長かった戦いもこれで終わり、だね」
真美「辛い戦いだったね」
伊織「これでようやく肩の荷が下りるわ」
41:
P「社長、おはようございます」
高木「あぁ、おはよう。ところで小耳に挟んだんだがね」
P「はい」
高木「どうやら君はその……赤ちゃんの作り方をよく知らないらしいね」
P「?? 別にそんな事は……あ、いえ確かにそうかもしれません」
高木「ならば私が事細かに教えてあげよう」
P「よろしくお願いします」
高木「まずはコウノトリの呼び方からだがね……」
765プロ女子一同「「えっ!?」」
終わり
42:
読んでくれた方、ありがとうございます。
パロディは自重しようと思って書き始めたのに……結局頼ってしまった。反省。
43:
実践編はまだかな?
45:
ここは甘党を呼び寄せよう
4

続き・詳細・画像をみる


【ラブライブ】香港のラブライバーが東條希の誕生日に生涯東條希推しという決意で背中全面にタトゥーを入れるwwwwwwwwwwwwwwwww

【阪神】福留孝介さん抹消へ

【画像】ミスキャンパス同志社2014のファイナリストが発表されるwwwww

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』「6.5巻ドラマCD付き限定特装版」発売決定!ドラマCDは渡先生書き下ろしエピソードでキャラソンも新収録

ぶっちゃけラノベより萌え四コマ漫画の方がつまらなくね (※画像あり)

【トルコ】 もしもし警察ですか。妻が女の子を生んだので、これから電気処刑します。

日本企業は昔から“洗脳”のようなものがあった・・・「ポエム化する日本企業」の実態

腐女子の理想と現実糞ワロタwwwwwwwwww

科学者「3mの人喰いザメが何者かに丸食いされました」

関西人の友達が欲しいんだけど!!!!!

オボちゃん「生き別れの息子を捜しに行きたい」

TOKIOの昭雄さんの告別式参加する奴いる?

back 過去ログ 削除依頼&連絡先