小鳥「なんとかして雪歩ちゃんと真美ちゃんを百合百合させたい」back

小鳥「なんとかして雪歩ちゃんと真美ちゃんを百合百合させたい」


続き・詳細・画像をみる

1:
小鳥「雪歩ちゃんおはよう!」
雪歩「あっ小鳥さんおはようございますぅ!」
小鳥「それ真美ちゃんのお茶よね?」
雪歩「はい、あとで小鳥さんの分もいれますね」
小鳥「ありがとう雪歩ちゃん……ああーっ!! あそこにUFOがっ!!!」バッ
雪歩「ええええっ!? どこですかぁ!?」
小鳥「あのビルの横くらい、あーもう移動しちゃったかなー」スッ
謎の薬「サーッ!」
雪歩「あうう見えませんでしたぁ……それじゃ、真美ちゃんにお茶出してきますね」
小鳥「はいはーい」
7:
雪歩「ごめんね真美ちゃん、アイスティーしかなかったんだけど……」
真美「いいよいいよ、お茶には変わりないもんね!」
雪歩「えへへ、よかったぁ」
真美「それよりさ、さっきピヨちゃんがなんか騒いでなかった?」
雪歩「うん、なんかUFOが見えたとかで」
真美「えーホントに!? 真美も見たかったなー」ズズー
雪歩「私もタイミングが悪くて見えなかったんだ……あ、小鳥さんにお茶いれてくるね」
真美「ほいほーい」
10:
小鳥「飲んだわね、すぐには効果は出ないでしょうけど」
雪歩「小鳥さんお茶どうぞ?」
小鳥「ありがとう雪歩ちゃん! 私、今日は仕事で手が離せないから、真美ちゃんのこと見ておいてあげてね」
雪歩「はい、もちろんですぅ」
小鳥「あと、ちょっとカメラを持ってウロウロしてるかもしれないけど気にしないでね」
雪歩「し、仕事で忙しいんじゃあ……」
小鳥「細かいことは気にしないの!」
雪歩「は、はいぃ!!」
12:
雪歩「今日の小鳥さん、なんか変かも……」
真美「何いってんのゆきぴょん、ピヨちゃんがヘンなのはいつものことっしょー」
雪歩「そう言われればそんな気もするね」
真美「うんうん、それよりヒマだよー何かして遊ぼうよー!」
雪歩「いいけど真美ちゃんは何をして遊びたい?」
真美「えっとね、真美はねえ……っ!」ピクッ
雪歩「……?」
真美(な、なんだろ……体がヘンな気がする……)
小鳥「きたわね、ヌルッフッフッフ……」
17:
雪歩「ど、どうしたの真美ちゃん?」
真美「い、いやぁ、大丈夫っぽいよ……」
雪歩「それならいいんだけど……」
真美「はぁ、はぁ……ねっねえゆきぴょん、ちょっと膝枕してくれない……?」
雪歩「って、ぜんぜん大丈夫じゃないよ真美ちゃん……ほら、おいで」
真美「あっ、ありがと……ふぅ、ふぅ……」
雪歩(なんか苦しそう……顔もちょっと火照ってるみたいだし……)
21:
雪歩「ね、ねえ真美ちゃん……」
真美「体が熱いよお……ゆきぴょん……」
雪歩「どっどっどうしよう……小鳥さーん! 助けてくださいぃー!」
小鳥「ふふふ、全部見ていたわ雪歩ちゃん」
雪歩「仕事で忙しいってなんだったんですか……」
小鳥「ふむふむ……どうやらこのままじゃ真美ちゃんは助からないわね」
雪歩「えええええっ!? も、もはや素人の手に負えるものじゃないんですか!? きゅ、救急車を……」
小鳥「まって、落ち着いて雪歩ちゃん、その必要はないわ」
雪歩「でっでも……真美ちゃんを助けないと……」
小鳥「真美ちゃんを助ける方法、それは一つしかないわ」
雪歩「なっなんですかその方法って!?」
小鳥「人工呼吸よ!!!!」
雪歩「ぽえええええええええええええっ!?」
24:
小鳥「放っておくと真美ちゃんは二度と目覚めなくなるわ」
真美「うぅぅ……ぴよ……ちゃん……」
小鳥「大丈夫、大丈夫よ真美ちゃん! 必ず雪歩ちゃんが救ってくれるわ!」
雪歩「わ、私がそんな大役を……」
小鳥「今の真美ちゃんにはうら若き乙女によるキスが必要なの……それもディープな方ね」
雪歩「……き、聞き間違いかな……でぃーぷって」
小鳥「ディープキスよ、言い換えるならフレンチキス! 舌を絡めてキスしないと真美ちゃんは生き返らないの!」
雪歩「どどどどういう医学的根拠があるんですか!!」
小鳥「細かいことはいい! はやくキスしなさい! ほら早く!」
雪歩「あうぅ……助かるためとはいえ、真美ちゃんもイヤだよねそんなの……」
真美「はぁ、はぁ……真美は……いいよぉ……ゆきぴょんとチュー、するのぉ……」
雪歩「いいの!?」
小鳥「はよはよ」
28:
雪歩「……わっ、わかっ、わかりっ、わかりました……真美ちゃんのために覚悟を決めますぅ」
小鳥「いよっ! 日本一!」
雪歩「い、いくよ真美ちゃん……」
真美「んっ……おねがい、ゆきぴょん……」
雪歩(真美ちゃん……目に涙をたたえてつらそうな顔をしてる)
雪歩(私が助けてあげるんだ……私ならできる……初めてだけど、きっと……)
小鳥(いい感じにキスまで持ってきたわ、あとは全て真美ちゃんに任せましょう)●REC
33:
雪歩「ちゅっ……」
真美「んぁ……むう……ちゅる、じゅるるっ」
雪歩「んんんん!!??」ビクッ
真美「ちゅっちゅっ……んむっ……」
雪歩「んんっ……んんんぅ……!!」ガクガク
真美「ぷはっ! ゆきぴょん……だいすきぃ……」
雪歩「はぁはぁ……真美ちゃん……なにするのぉ……」
38:
真美「ゆきぴょんごめん……真美、もうガマンできないかも……」
雪歩「えっ、えっ……? 真美ちゃん、体調が悪いんじゃあ……」
真美「それはピヨちゃんがテキトーに言ってただけだよ……」
雪歩「こーとーりーさぁーん!!」
真美「ゆきぴょんがチューしてくれて……すっごく気持ちよかった……」
真美「それでね、真美、気づいたの……ゆきぴょんのこと、めーっちゃ好きなんだって」
雪歩「め、目を覚ましてよぉ真美ちゃん……」
真美「真美、べつに眠たくないよ?」
雪歩「そういう意味じゃないよ……」
雪歩(いつの間にかナチュラルにマウントを取られてるし……これはちょっとヤバイかも……)
48:
真美「さーて、どっから料理してくれよう……」
小鳥「真美ちゃん真美ちゃん」ヒソヒソ
真美「ほえ? なーにピヨちゃん」
小鳥「雪歩ちゃんは耳をいじられるのが弱いらしいわよ」ヒソヒソ
真美「いーこときいた! それじゃまずは耳をペロペロしてみよう!」
雪歩「小鳥さぁぁん!? 何してくれてるんですかぁ!!」
小鳥「私はエッチな子の味方です!」●REC
真美「大丈夫だよゆきぴょん、優しくしてあげるから……」
雪歩「うぅぅぅ……許してくださいぃ……」
52:
真美「ぺろっ」
雪歩「ひうっ!!」
真美「んっふふ、ちょっと舐めただけなのに反応いいねえ?」
雪歩「や、やめてよ真美ちゃん……」
真美「ぺろぺろ」
雪歩「あぁん……!! み、耳はホントにダメぇ……」
真美「はぁ、はぁ……かわいすぎだよゆきぴょーん」
小鳥「いい画が撮れてるわよ?」
雪歩「と、撮らないでくださひぃ……!! あっ、あぁぁ……!!」ビクビク
小鳥「ぬっふっふ、いいわよいいわよ?」
55:
真美「じゅるるっ、じゅぷっ、じゅるじゅる」
雪歩「はぁんっ……!! いっ、あっ、だっだめ、それ以上はぁ……」ビクンビクン
真美「んーそっか、耳だけいじっててもつまんないよね」
雪歩「はぁ……ふぅ……」
真美「……ゆきぴょんのエッチい表情、めっちゃゾクゾクするよお」
雪歩「や、やだぁ……みないでぇ……」
真美「ねえゆきぴょん……服ぬがしてもいい?」
雪歩「だっ、だめ……だよ……」
真美「ゆきぴょん……」
小鳥「真美ちゃん……雪歩ちゃんはね、口ではこう言ってるけど本心では脱がして欲しいのよ」
真美「そっかー、じゃあ脱がしちゃうね!」ヌガシヌガシ
雪歩「こっ、ことりさっ……ま、真美ちゃんだめぇぬがさないでぇ……!!」
59:
小鳥「いや、やっぱり待って真美ちゃん」
真美「んー、今度はなに?」
小鳥「もしかすると雪歩ちゃんは服の上からいじってほしいのかもしれないわ」
真美「そうなの? ゆきぴょん」
雪歩「どっ……どっちも……いゃ、ですぅ……」
小鳥「え? 『どっちもいいですぅ』?」
真美「うわあゆきぴょんエロエロだねー」
雪歩「ち、ちがっ……」
真美「そんじゃ、間を取って半分だけ脱がしちゃおっかなー」
雪歩「やっやだぁ……もう許して真美ちゃん……」
73:
雪歩「こんなの嫌ですぅ……もう許して、なんでもしますから……」
真美「ん? 今なんでもするって言ったよね?」
小鳥「それじゃあ雪歩ちゃん、このお薬が入ったお茶を飲んでもらおうかしら」
雪歩「お、お薬ってなんですかぁ……」
小鳥「雪歩ちゃんのお茶に混ぜて真美ちゃんに飲んでもらったのと一緒よ」
真美「ゆきぴょんもエロエロになって、二人でいいことしようよー」
雪歩「そ、そんなっ、私は……」
小鳥「だめじゃない雪歩ちゃん、自分の発言には責任を持たないと」
雪歩「あうぅ……」
小鳥「ほら飲んだ飲んだ! グビッと!」
78:
雪歩「の、飲んじゃった……」
小鳥「ふひひ……雪歩ちゃんには特別に、真美ちゃんの2倍の量入れといてあげたわよ」
雪歩「に、2倍って……大丈夫なんですかそれ……」
真美「だーいじょぶだいじょぶ! そんじゃ続けるよ、ゆきぴょん」サワッ
雪歩「あんっ……!!」ビクッ
真美「ゆきぴょんの胸、いっぱい揉んで大きくしたげるね!」モミモミ
雪歩「っ……!! あっ、んっ……」
小鳥「きいてるきいてる」●REC
84:
小鳥「あっ、やっべ」
真美「ん、今度はどうしたのピヨちゃん」モミモミ
雪歩「あんっ……ああん、いいよぉ真美ちゃん……もっとぉ……」ビクビク
小鳥「二人とも、そろそろ仕事に行く時間ですわ……こんなことしてる場合じゃなかったわ……」
真美「えええええええええ、今からぁ!?」
小鳥「二人で水着グラビアの仕事だったわね……ごめんね二人とも、現場に向かってちょうだい!」
雪歩「ふぁぁ……あはぁ……ん」
真美「真美は薬の効果が切れてきてるみたいだからいいけど、ゆきぴょんはこんな状態だよ!?」
雪歩「まみちゃん……もっと、きもちいいことしてぇ……」
小鳥「……ガンバ!」グッ
真美「……ピヨちゃんのアホー!!!」
90:
真美「ゆ、ゆきぴょん離れてよ……歩きにくいっしょ」
雪歩「真美ちゃんは私のことキライなの……?」
真美「そ、そういう意味じゃないって」
雪歩「はぁ、はぁ……真美ちゃん、キスしようよぉ……」
真美「うぇぇ!? ちょ、ちょっとゆきぴょん、ここ外だから……」
雪歩「そんなの関係ないよ……わたし、真美ちゃんのことが好きすぎてガマンできない……」
真美「ちょ、ちょ、待って待って! せめて人に見えないとこで……」
雪歩「ちゅっ……」
真美「んんんんっ!!!」
94:
ざわざわ……うわあ街中でキスしてるよ……女の子同士じゃん、やべえよ……ざわざわ……
真美「んんんっ、んんんん!!!」ペシペシ
雪歩「あむっ……ちゅるっ、じゅるる」
真美「んっふぁ……んむう……!!」
雪歩「ぷはぁ! 真美ちゃん……大好きぃ……」
真美「み、見られた……恥ずかしすぎるうう……」
雪歩「えへへ、2倍ってすごいんだね……もう真美ちゃんのことしか考えられないよお……」
真美「うああ……はやく効果切れてよう……」
101:
週刊誌『アイドル萩原雪歩、常軌を逸した熱愛発覚!? お相手は同じく765プロの双海真美か』
週刊誌『白昼の街中でキス……衝撃の画像がネット上を飛び交う』
週刊誌『グラビア撮影でイチャイチャ! 水着を脱がしかけカメラマンが止めに入る場面も』
律子「二人とも、これはどういうわけかしら……」
雪歩「えっと……」
真美「ぴ、ピヨちゃんに薬を盛られて……真美たちは被害者なんだよ!」
雪歩「そ、そうですぅ! 私たちは被害者なんです!!」
律子「だそうですけど、小鳥さん?」
小鳥「いえいえとんでもない、二人が愛し合っているのは紛れもない事実ですよ! 私はしっかり見ましたから!」
雪歩「小鳥さんんんんんん!!!」
真美「ピヨちゃん何いってんだああああああ!!!」
小鳥「お薬? なんのことですかねえ、そんな都合のいいお薬があるわけないじゃないですかあ」
律子「その通りですね、極めて非科学的です」
107:
律子「まあ……二人が好き同士なのは構わないけど、今後は場所を弁えるようにね」
小鳥「世間公認の関係になれてよかったわねえ二人とも、ふっひひひ!」
真美「ぐぬぬぬぬ……」
雪歩「私たち、もう何を言っても無駄みたいだね……」
真美「うあああ、もう亜美と会いたくないよお……会うたびにからかわれまくるし……」
雪歩「……ごめんね真美ちゃん、私がしっかりしてないばかりに」
真美「ゆきぴょんのせいじゃないっしょ! 全部ピヨちゃんが悪いんだから!」
116:
小鳥「こうして二人は百合アイドルとして新たなスタートを切るのであった……」
小鳥「ここだけの話だけど、あの時の感覚が忘れられないのか今でもたまに二人でキスしてるのを見かけるわ」
小鳥「本人たちはバレてないと思ってるんでしょうけどね……私の百合レーダーを舐めてもらっちゃあ困るわよ」
小鳥「とにかく大成功! とにかく大成功! 恋バナお・わ・り!」ブイブーイ
律子「……仕事してください小鳥さん」
終わり!!!!!
117:
乙!!!!
11

続き・詳細・画像をみる


懐かしいCMが集まってくるノスタルジースレ

国産量子コンピュータの動作実験が成功 次なる時代への一歩か

「竹島は日本領土、韓国は不法占拠やめよ」 議員集会、共産党・社民党は誰も出席せず

好きな人のFacebook見た結果wwwwwwwwwwwww

カルボナーラに刻みシソ入れた結果wwwwwwwwwwwwww

東大生の俺が低学歴を内心見下してた結果www涙目にwwwwwww

back 削除依頼&連絡先