リヴァイ「俺にはわからない」back

リヴァイ「俺にはわからない」


続き・詳細・画像をみる

1:
※ネタバレ含む
リヴァイ(よく考えりゃ、戦闘服を着ねぇ日は珍しい)
リヴァイ(この怪我じゃ、しばらくは使いもんにならんな)
ペトラ「おはようございます!兵長、朝ですよ!」
オルオ「おい!上官が起きてくんのは待つもんだろ!馬鹿かお前!」
ペトラ「私はあんた以外の全員を起こして回ってんの!ついて来んな」
オルオ「なにを!俺こそ兵長を起こしてさしあげようとだな!」
――――
リヴァイ(……昨日とは違うか)
リヴァイ(静かすぎるってのも陰気なもんだ)
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369897604
2:
エレン「おはようございます……兵長」
リヴァイ「おう。時期にエルヴィン達がここに来る。適当に座っとけ」
エレン「……はい」
――――
――

リヴァイ「なんか飲むか」
エレン「じゃあ俺が」
リヴァイ「お前が美味いのを煎れられるとは思わんな」
エレン「はは……」
――――
ペトラ「お茶煎れますね。兵長は猫舌ですか?」
リヴァイ「いや、違うが」
オルオ「兵長がそんな軟弱な舌をお持ちな訳がないだろ!」
ペトラ「いやオルオに聞いてないし」
オルオ「ああ!?」
エルド「お前ら静かにしろよ……」
3:
グンタ「おお、なかなか美味い」
エルド「やっぱり雑な男が淹れたやつとは味が違うな」
ペトラ「兵長はどうですか?」
リヴァイ「不味くはない」
ペトラ「良かったぁ」
オルオ「俺にはイマイチだな。まぁ、俺の味覚は誰にも満足させられん」
ペトラ「あんた味覚なんてそもそもあったの?」
オルオ「あるんだが!?」
――――
リヴァイ(……自分で淹れたからか、美味いのか不味いのかわからねぇな)
4:
リヴァイ「遅ぇな……」
エレン「……」
リヴァイ(だんまりか)
リヴァイ「エルヴィンの野郎共待たせやがって、憲兵が先に来ちまうぞ」
エレン「……」
リヴァイ(銅像に話しかけてるみてぇだな)
リヴァイ「大方……クソがなかなか出てこなくて困ってんだろうな」
エレン「ハハハ……」
リヴァイ「……」
エレン「兵長、今日はよく喋りますね」
リヴァイ「バカ言え、俺は元々結構喋る」
エレン「すいません。俺があの時……選択を間違えなければこんなことに……兵長にも怪我まで」
リヴァイ「言ったろうが、結果は誰にもわからんと」
5:
リヴァイ(そう思ってたはずだ。あいつらはそれぞれが与えられた使命を全うした)
リヴァイ(地獄を生き抜いてきたあいつらならきっと己の決断に後悔はしていない)
【あなたがちゃんとエレンを守っていればこんなことにはならなかった】
【娘が手紙を寄越してきましてね、腕を見込まれてリヴァイ兵長に仕えることになったとか、あなたに全てを捧げるつもりだとか……】
【あいつもまだ若ぇしこれから色んなことが……】
リヴァイ(エレンにすらいつもと違って見られるとは、俺は後悔しているのか?)
リヴァイ(いつからだ……)
6:
――――
――

エルヴィン「君が地下街で有名なゴロツキか、そんなに力が余ってるなら人類の為に命を捧げてくれないか」
リヴァイ「初対面でゴロツキ呼ばわりは酷ぇな。お前調査兵団の奴か、税金使って自殺志願者の集団育ててなんになんだよ」
エルヴィン「彼らは己の意志で、自由を勝ち取る為に戦った。君のようにこんな場所でくすぶって何かから逃げている生き方よりは確実に意味がある」
リヴァイ「……まぁいい。どうせ何にも面白いことなんかありゃしない」
リヴァイ「少しは暇つぶしになんだろ」
7:
――――
エルヴィン「調査兵団にようこそ」
リヴァイ「どいつもこいつもしみったれた顔してんな」
ハンジ「仕方ないよ。正直にいうとなんの進展もないのが現実で、訓練兵を卒業しても憲兵団か駐屯兵団に流れてしまうから」
ハンジ「それに、壁外調査では大量に人が死ぬ。民からの風当たりも酷いもんだしね」
リヴァイ「……お前誰だよ」
ハンジ「私?ハンジ・ゾエだよ。あなたの先輩だけどほとんど歳も変わらないだろうからハンジでいい。てか目つき悪いね!」
リヴァイ「……生まれつきだ。ほっとけ」
8:
エルヴィン「配属早々だが、もうすぐ壁外調査がある。君にももちろん参加してもらう」
ハンジ「精々、死なないようにね」
リヴァイ「他人の心配より自分の心配しとけメガネ」
ハンジ「私のトレードマークだよ。冗談はさておき初陣で生き残るのは5割だからさ」
リヴァイ「死んだらそれまでだ。エルヴィンの野郎の見立ても大ハズレってな」
ミケ「……」
リヴァイ「うぉっ!?なんだこいつ!」
ハンジ「ああ、彼はミケ・ザカリアス。初対面の人の匂いを嗅いでは鼻で笑うクセがあるの」
リヴァイ「……変人ばっかか」
9:
――――
エルヴィン「これより、第〇回壁外調査を行う」
リヴァイ(当然だが、どいつも怯えた表情が隠しきれてないな)
エルヴィン「死ぬなよ」
リヴァイ「……結果なんて誰にもわからん。俺は指示に従うだけだ」
ハンジ「目つき悪いやつは簡単に死なないって」
リヴァイ「黙ってろ。変なゴーグルしやがって」
「南方から巨人接近!!」
リヴァイ「……おお、でけぇな」
ハンジ「あなた冷静だね。パニック起こす兵士もいるのにさ」
10:
――――
「すげぇな、あの人……」
「初陣であんなに巨人を狩った人間なんて前例がないぞ」
「今回の壁外調査じゃ死者が前回よりも少ない。あいつがいれば……」
リヴァイ「なに人の顔じろじろ見てやがんだ」
「い、いや!なんでもない」
「ああ、気にしないでくれ」
ハンジ「あなた凄いね!身体がちっさいから立体機動も凄いのかな!」
リヴァイ(……アホは無視にかぎる)
エルヴィン「よくやってくれたな」
リヴァイ「……死んだヤツに言ってやれ」
11:
――850――
リヴァイ(昇格したのは良いが、結局、ウォール・マリアは奪還も出来ずに数えきれないくらい部下の死に様を見てきた)
リヴァイ(長く生きてるやつもいるが、生死は何を基準に決まってんだろうな)
ハンジ「なにか考え事?余計恐い顔になってるよ」
リヴァイ(こいつも長いほうか)
ハンジ「そういえば、あなたの補佐してるペトラって子。あなたに少なからず好意があるって噂だよ?」
リヴァイ「物好きもいるもんだな」
ハンジ「そりゃ、あなたの名前は今や兵士や訓練兵。さらには街の皆にも知れ渡ってるからねぇ」
リヴァイ「自分のことを気にするほどナルシストじゃないんでな」
12:
――――
オルオ「おいペトラ、お前リヴァイ兵長が好きなのか?やめとけやめとけ、お前なんて相手にされねぇよ」
ペトラ「ちょっと!なんでオルオがそんなこと知ってるわけ!?」
オルオ「俺の情報量を甘く見ないほうがいいぜ」
ペトラ「はぁ!?」
エルド「まぁまぁ……調査兵団の生き残ってる古株なんて限られてるからな。そいつらの情報なんてすぐに広まるのさ」
グンタ「入れ替わりが激しいからな。だからこそ生き残りの結束が強固な点もあるが」
13:
ペトラ「……私は、その、浮いた話を望んではいません。調査兵団になった以上、死ぬことを念頭に置いて覚悟して入ってますから」
エルド「お前はまだ若いし、女なんだからそういう幸せを望んでも悪くないと思うけどな」
グンタ「兵長だって少なからず悪くは思っていないさ」
ペトラ「いえ、今は補佐として精一杯やります。多分、これが一番正しいと思うから」
オルオ「けっ、精々、初陣の時みたいにしょんべん漏らして兵長に軽蔑されねぇこった」
ペトラ「なっ!あんたもだろ!!」
エルド「お前らだろ……」
グンタ「ははは」
14:
――――
「来たぞ!!調査兵団の主力部隊だ!!」
「エルヴィン団長!巨人共を蹴散らしてください!!」
エレン「おい見ろ!人類最強の兵士、リヴァイ兵士長だ!!一人で一個旅団並みの戦力があるってよ!」
リヴァイ(人類最強ってなんだ……そんな風に呼ばれてたのか)
リヴァイ「うるせぇガキ共め」
ハンジ「あの子達の羨望の眼差しも、あなたの潔癖すぎる性格を知れば幻滅するだろうね」
リヴァイ(もともと、誰かに期待されたくて兵士になったわけじゃねぇがな)
15:
エルヴィン「今回の壁外調査は旧市街地までだ」
リヴァイ「前回とあまり変わってない気がするんだがな」
ハンジ「仕方ないよ。そんな簡単に距離が伸ばせるなら苦労しない。無理をして全滅なんかになったら最悪だ」
ハンジ「結局、手探りで一歩ずつ進むしかない」
リヴァイ「わかっちゃいるが、あの世で見てる奴らがいつまでも安心できやしねぇだろ」
エルヴィン「そう思うなら、その恵まれた才能を、一人でも多く死なずに済むよう尽くしてくれ」
リヴァイ「……言われるまでもない」
16:
ハンジ「嵐の前の静けさかな。行軍がこんなスムーズに行くなんて」
リヴァイ「おおかた人間の家が気に入って引きこもってんじゃねぇか、……来たぞ」
「前方から巨人複数!10メートル級3体!3メートル級1体!5メートル級2体!!」
エルヴィン「各自立体機動に移れ!!」
リヴァイ「俺達は左から行くぞ!」
ペトラ「はい!!」
――――
リヴァイ(あと2体か、あっちの方が混戦してんな)
リヴァイ「ペトラ!右翼側の援護に付け!その後は自身の判断において行動しろ!」
ペトラ「はっ!」
17:
――――
リヴァイ(地面に……さっきの奴らにやられたのか)
リヴァイ(すまんな。少し遅かった)
リヴァイ(前方に1体、お食事中ってか?ふざけんなよ。クソ野郎が)
リヴァイ(あの兵士は……いや、右に1体、左に2体)
ペトラ「兵長!増援を集めてきました!!」
リヴァイ(まだ助かるか)
リヴァイ「ペトラ!お前は下の兵士を介抱しろ!残りの全員は右を支援しろ!!」
ペトラ「え!?」
リヴァイ「俺は左を片付ける!」
18:
――――
リヴァイ「チッ……汚ねぇなチクショー」
リヴァイ(まぁ、当面の危機は去ったか)
リヴァイ「ペトラ。そいつはどうだ!?」
ペトラ「兵長……血が……止まりません」
「兵…長……」
リヴァイ「何だ?」
「お、俺は……人類の役に立てでしょうか……このまま、何の役にも立てずに死ぬのでしょうか……」
リヴァイ(俺にはわからない。今口にしている言葉がなんの意味をもつのか)
リヴァイ(ただ、握りしめた掌から伝わる体温を忘れずに刻みこむだけだ)
19:
――――
リヴァイ(撤退命令から戻ってみれば、今度はトロスト区の穴が塞がったから援護しろ?)
リヴァイ(大岩を動かす技術がないから不可能だったはずじゃないのか)
リヴァイ「……考えても仕方ない」
――――
リヴァイ「ガキ共、これはどういう状況だ?」
リヴァイ(まったくわからん。穴が塞がったのは確かだが……この惨状は)
リヴァイ(本当に勝利したと喜んで良いものなのか……人が死にすぎだろ)
20:
リヴァイ(ガキの内一人が昏睡。まさか人間が巨人化できるとはな)
エルヴィン「リヴァイ、いつ彼が目覚めるかはわからん。自我を失い仲間を攻撃したとの報告もある。最悪の場合は任せる」
リヴァイ「あぁ、了解した」
――――
ハンジ「ねぇねぇ!聞いてよ!巨人の生け捕りに成功したんだよ!しかも2体も!!」
リヴァイ「だからどうした。良かったなとでも言うべきか?」
ハンジ「わかってないなぁ!巨人の謎に迫るチャンスだよ!はぁぁぁ!!ゾクゾクするね!」
リヴァイ(こいつの頭の中が一番狂気じみてんじゃねぇのか)
21:
――――
――

エルヴィン「連絡が来た。どうやら彼が目を覚ましたらしい」
リヴァイ「3日もおねんねとは気楽なもんだな」
――――
リヴァイ(カビくせぇ地下だ)
リヴァイ(なにより、なんだこいつもこいつの仲間の供述も)
リヴァイ(わからんな。こんなガキの意志を聞く必要なんかあるのか)
リヴァイ「さっさと答えろグズ野郎。お前がしたいことは何だ?」
エレン「調査兵団に入って……とにかく巨人をぶっ殺したいです」
リヴァイ(……こいつの目、ああ、化物は化物にしか殺せねぇんだろうな)
22:
――――
ハンジ「あの子、どうする気?まさか貴重な存在を殺したりしないよね?」
エルヴィン「トロスト区の件で、意見は割れるだろう。人類側への貢献があったのは事実なのだから」
ハンジ「なら!早く解放してあげようよ!リヴァイだって世話するって言ったんでしょ?」
リヴァイ「言ったが、最終的に決めるのは総督様だろ」
エルヴィン「そうだ。私達にできるのは、彼の重要性と危険性を含んだ上で、調査兵団側に身柄を引き受けさせてもらえるよう尽くすしかない」
23:
ハンジ「具体的にどうするの?」
エルヴィン「一筋縄ではいかないだろう。残存の問題を含め、壁のことで激怒しているウォール教の存在もある」
エルヴィン「だが、幸いにもこっちにはリヴァイがいる。彼がもし巨人化した場合に、対応できる点は大きいだろう」
エルヴィン「リヴァイをリーダーとした少数精鋭班を配置すれば、更に説得力は増す。その場合の人員選択はリヴァイに任せることになるが」
リヴァイ「その点も問題ないな。変わった奴が多いが、実力も判断力も確かな奴らに恵まれてる」
エルヴィン「あとは……彼自身の言動に懸け、そして結果を示すことか」
24:
――――
ペトラ「やったぁぁ!!リヴァイ兵長から指名された!」
オルオ「俺もだがな。やはり兵長程の方になると溢れ出る才能を見抜いてくださるぜ」
ペトラ「うわぁ……一気にがっくり来たわ」
ペトラ「グンタとエルドも同じだってね、よろしく」
エルド「おう、特別班って言うだけあって重要な責務だろうけどな」
グンタ「まぁ、リヴァイ兵長の顔に泥を塗るようなことにならないようにするぞ」
ペトラ「そうだね。うん、でも本当に嬉しいな。あっ、そうだ。この事お父さんに手紙で書こうっと」
30:
――――
エルヴィン「一時的に託されたとはいえ、やることは山積みだ」
ハンジ「はい!はいはい!!私にエレンの研究一任してもらえるよね!?」
エルヴィン「ああ、調査兵団の中では君が適任だろうからな」
ハンジ「やっふぅぅぅ!!ソニーとビーンに加えて!胸が踊るね!!」
リヴァイ「……お前まさか、巨人に名前つけてんのか?」
ハンジ「え?うん」
リヴァイ「……お前一度医者に診てもらったらどうだ」
ハンジ「医者!?そんなもんにかかってる暇はないよ!一秒だって惜しいね」
リヴァイ「……」
31:
リヴァイ「そんなことより、俺達の班はどうする」
エルヴィン「リヴァイ達の班には、そうだな、エレンに巨人化させることも鑑みて……」
エルヴィン「周囲に人がいない等の、条件下で監視と保護に努めてもらう」
ハンジ「地下がある廃棄された本部とかが良いかもね。色んな事態に対処できるだろうから」
リヴァイ「そうか、ならそうしよう。あとはエルヴィンに任せるぞ」
エルヴィン「ああ、定期的に連絡を取る。エレンをよろしくな」
リヴァイ「了解」
32:
――――
リヴァイ「おう、集まってるな。連絡通り、顔合わせ後そのまま移動だ」
エレン「えっと……エレン・イェーガーです。皆さんよろしくお願いします」
ペトラ「エレンね、私はペトラ。よろしくね」
エルド「俺はエルド。こっちがグンタでそっちがオルオだ」
グンタ「よろしくな」
オルオ「こいつが噂の新兵か。見るからに頼りねぇ面だな」
ペトラ「絡むなバカ」
リヴァイ「……行くぞ。エレンお前はフードを被れ、あまり顔を晒さんようにしろ」
エレン「はい」
33:
グンタ「兵長、我々の目的地は旧調査兵団本部でしたかね」
リヴァイ「ああ、そこなら条件に適してるらしい。ハンジの奴がな」
エルド「分隊長は捕まえた巨人にご執心のようですが大丈夫ですかね。あの人」
リヴァイ「あいつの脳みそは多分、俺らと違うんだろう。まぁ……解りたいとも思わん」
グンタ「以前はもうちょっと違う感じだったんですがねぇ」
ペトラ「兵長、オルオの馬鹿がエレンに絡んでますけど……何か言ってやってくださいよ」
リヴァイ「……好きにさせとけ。エレンも拒絶されるよりはマシだろ」
34:
リヴァイ「汚ねぇな」
エルド「仕方ありませんね。道具を取ってきます、行くぞグンタ」
グンタ「おう」
――――
オルオ「おお……さすが兵長だ。あの姿でも威厳を失わない」
ペトラ「サボんな。新兵にバカにされるわよ」
オルオ「うっせぇな。俺にかかれば掃除なんてしようとした瞬間に終わるんだよ」
ペトラ「……雑巾で滑って頭打てばいいのに」
リヴァイ「オルオ」
オルオ「はっ、はっ!」
リヴァイ「さっさとやれ」
オルオ「はっ!やかに!!」
ペトラ「……だっさ」
オルオ「お前……」
35:
リヴァイ「思いの外、掃除に時間を取られたな」
グンタ「なかなかの広さがありましたからね」
エルド「メシの当番はどうしましょうか」
リヴァイ「作れるやつ」
ペトラ「私やりますよ!」
エレン「俺も……なにか手伝います」
リヴァイ「お前はしなくていい。立場を自覚しろ」
エレン「はい……」
オルオ「だいたい男が料理なんてするかよ。訓練兵じゃあるまいし」
リヴァイ「オルオ」
オルオ「なんです?兵長」
リヴァイ「俺はするぞ」
オルオ「えっ!?いや、料理は出来て当然ですよね!なににやけてんだエレン!」
エレン「にやけてませんよ!」
36:
ペトラ「できました!まぁ、簡単なスープですけどね。材料が豊富なわけじゃありませんし」
エルド「いや、良い匂いだと思うぞ」
グンタ「確かにな」
リヴァイ「……」
ペトラ「あの、口に合いますか?」
リヴァイ「……メシは黙って食うもんだ」
ペトラ「失礼しました……」
リヴァイ「……」
リヴァイ「美味かった」
ペトラ「えっ!?」
リヴァイ「片してくる」
エルド「ペトラ、良かったな」
ペトラ「うん!」
37:
ハンジ「やぁ!リヴァイ班の皆!おっ、集まってるね」
――――
エレン「巨人の実験ってどういうものですか?」
リヴァイ(始まるな。寝るか)
――――
――

ハンジ「ああああああ!!ソニーとビーンがぁぁ!!」
ペトラ「分隊長まだあの調子なんですね……」
リヴァイ「ほっとけ、どうせあの調子じゃ実験どころじゃねぇだろ」
エルヴィン「リヴァイ、少し話がある」
リヴァイ「わかった。ペトラ、お前らはエレンを連れて先に戻れ。草むしりでもさせとけば良い」
ペトラ「はっ!」
38:
リヴァイ「なんだ。ミケにナナバ達までいるのか」
エルヴィン「ここには条件を満たした人間にだけ集まってもらった。ハンジにはどのみち協力してもらうが、今はな」
リヴァイ「密偵のことかエレンのことか、どちらだ」
エルヴィン「察しが良いな。まぁ、可能性でしかなかったものが今回の件で確信に変わったということだ」
エルヴィン「そして、私は決断を迫られている。それは沢山の兵士の命を天秤にかけるものだ」
リヴァイ「……死ぬ覚悟が出来てない奴が調査兵団になんかに志願しないだろ」
39:
リヴァイ(それから……なんだ)
リヴァイ(壁外遠征に出て、エルヴィンの予想通りエレンと同じような巨人化したクソ野郎が襲って来たな)
リヴァイ(あの時、俺は判断を間違えたのか)
リヴァイ(エレンの奴は自我を保てていた。あの瞬間、全員で挑んでいたなら結果は違っていたか)
リヴァイ(……なんで、俺はこんなことを考えている?)
リヴァイ(俺は自分で言った言葉すら否定すんのか)
リヴァイ(ああ、そうか……)
40:
エルヴィン「遅れてすまない」
エルヴィン「女型の巨人と思わしき人物を見つけた」
――――
――

リヴァイ(始まったか。なんで俺はこんな場所で突っ立ってんだろうな)
――――
リヴァイ「収容された奴の面を見たいんだが」
エルヴィン「ああ、私から話を通しておく」
エルヴィン「なぁ、リヴァイ」
リヴァイ「なんだ」
エルヴィン「これで終わりじゃないんだろうな」
リヴァイ「……俺はお前の指示に従うだけだ」
41:
「リヴァイ兵長、こちらです」
リヴァイ「……」
「おぉ、兵長。見てくださいよ……こんなガキに」
「こんな奴出てきたらぶち殺してやるよ」
リヴァイ「本当にガキだな」
リヴァイ「なぁ、俺の部下達の死に顔を覚えてるか?」
リヴァイ「俺は兵士だ。きっとお前を生かす命令が出れば従うだろう」
リヴァイ「ただ、これが後悔なのか怒りなのかわからんが……」
リヴァイ「俺は今、そこから出たお前を削ぐことが楽しみで仕方ない」
リヴァイ「なんでだろうな」
リヴァイ「俺にはわからない」
42:
おしまいです。見てくださった方ありがとうございました。
44:

凄く良かった
4

続き・詳細・画像をみる


朝食の納豆を1500回混ぜたらこうなった(※画像あり)

ムカデが出たからハサミで真っ二つにして放置した結果wwwww

面接官「それでは、お名前と死亡動機をお願いします」

AKB48大島優子の卒業公演をニコ生で全編独占生配信

律子「プロデューサーには足りないものがある」

「アニメを語るのに視聴が必須な作品達」ってコピペあるけどさ

back 削除依頼&連絡先