モバP 「……その表情いいですねぇ」クラリス「お、おやめください!」back

モバP 「……その表情いいですねぇ」クラリス「お、おやめください!」


続き・詳細・画像をみる

1:
モバマスの二次創作です
二次創作特有の自己解釈など含まれています
注意してください
2:
クラリス「ウェディングドレスの撮影ですか?」
モバP 「ええ、ちょっと頼みにくい仕事かと思いますが」
クラリス「いえ、かまいませんよ」
クラリス「それどころかウェディングドレス、とても興味があります……」
モバP 「やっぱり、そうなんですかねぇ」
クラリス「女性にとっては恋愛とお洒落の両面が大きく関わっていますからね」
モバP「クラリスさんでも、やっぱり?」
クラリス「ええ、はしたないながらも……」
3:
………………
…………
……
クラリス(なんて言ってみたのですけれども……)
クラリス(こうしてみると気恥ずかしさの方が……)
クラリス(そわそわしてしまいますね……)
4:
モバP 「クラリスさーん、衣装着終わったらチェック入りますんでお願いします」
クラリス「あ、プロデューサー様……」
モバP 「あ、着替え終わりましたか?」
クラリス「はい、ですが……」
モバP 「も、もしかして、何か問題でも?手違いでサイズがとか……」
5:
クラリス「そうではありません……その……」
モバP 「?」
クラリス「プ、プロデューサー様、どうでしょう?」
クラリス「何かおかしなところなどないでしょうか?」
6:
モバP 「…………」
クラリス「いつも祝う側を考えていましたし」
クラリス「当たり前ですがこのような経験もないので……」
モバP 「…………」
クラリス「……プロデューサー様?」
クラリス「やはり、どこか「すごくいいですよ」え?」
7:
モバP 「いやぁ、本当にすごくいいです……」
モバP (それとなによりクラリスさんの戸惑い、困ってる顔は新鮮だな)
モバP 「……」
クラリス「プロデューサー様、あまり見られては……」
モバP 「ああ、そうでした……すみません」
モバP 「でも」
モバP 「すごく……綺麗です」
クラリス「……ありがとうございます、プロデューサー様……」
モバP 「撮影のほう、頑張ってください。いい物になりますよ」
クラリス「……はい」
8:
………………
…………
……
モバP 「ウェディングドレスが綺麗なのも確かだ……しかし、あの困り顔……」
モバP 「見てるといけない気分になりそうだ……」
モバP 「嬉しすぎて困るような感じか……」
モバP 「……何か喜ぶことをやってあげて困らせるなら……問題ない……いや、これは喜ばせるためだ、そうだ……」
9:
………………
…………
……
クラリス「ただいま、戻りました」
モバP 「ああ、お疲れさん」
モバP (クラリスさんの隙が生まれるのは食事)
モバP (美味しいご飯の前にクラリスさんは隙が生まれる)
モバP (そして、ご飯と照れる……導かれるのはただ1つ)
モバP (いわゆる、あーんだ……!)
10:
モバP 「クラリスさん、ご飯まだでしたよね?」
クラリス「ええ」
モバP 「お昼作ったんですけど、食べます?」
クラリス「あら、心使いありがたいですわ」
モバP 「ちょっと待てくださいね」
クラリス 「……スパイスのいい匂い……カレーですか?」
モバP 「ええ」
モバP (昨日の夜に残ってつくっておいた甲斐がありそうだ)
モバP (事務所がカレーくさいけど……)
モバP (とはいえ、普通にあーんをするなど難しい……)
11:
クラリス「ところでプロデューサー様、そちらの物は?」
モバP 「ナンです」
クラリス「ナン?」
?「これ、ナーンだ?」
モバP 「パンの一種みたいなもんです、焼きたてですよ」
クラリス「は、はあ?(それも準備したのでしょうか?)」
クラリス(しかし、香ばしくて、これもいい匂い)
モバP (ナンならちぎって持っていても不自然ではない……最初が肝心だ)
12:
モバP 「こうやってカレーにつけて食べるんですよ」
モバP 「一口どうぞ」
クラリス「えと……」
モバP 「どうしました?」
モバP (この湯気たつカレーの匂いに抵抗などできない……!)
クラリス「それでは……いただきます」
13:
モバP (髪をかきあげながらナンを持つ手にクラリスさんの顔が近づいてくる)
モバP (変な気分になってきた)
モバP 「どうですか?」
クラリス「ん……美味しいですわ……とても……」
モバP (一度食べたらやみつき……しかも食いしん坊のクラリスさんには効果は抜群)
モバP (ふふふ……)
18:
モバP 「そんなにがっつかなくても……座ってください」
クラリス「はい、失礼します……」
モバP (カレーを食べたい欲望に振り回され、いくらクラリスさんでも抵抗は不可能)
モバP (たった一口だが……堕ちたな)
モバP 「もう一口、どうぞ」
19:
クラリス(たっぷりとカレーがナンにつけられ、私の目の前に差し出される……)
クラリス(あぁ……いけませんね、そのような物)
クラリ(いえ……食べるのはともかく……食べさせられるなど……はしたないことを……)
モバP 「あれ??食べないんですか?」
モバP 「だったら僕が食べますね」
クラリス「……あ!そのような意地悪はお止めください……」
クラリス「あぁ……」
モバP 「夏野菜のカレーですからね、茄子が美味しいですよ?」
?「茄子ですってばー」
クラリス「くっ、……なんと私は罪深き……」
20:
………………
…………
……
モバP (結局クラリスさんは僕の手でナンとカレーを食べ続けた……)
モバP (まるで餌付けしているみたいだ……背徳感がたまらない……)
モバP (だが、これで終わりではない)
クラリス「はぁ、何だか体が熱い……」
モバP (ふふふ)
モバP (なんてったそのカレーには……)
クラリス「プロデューサー様、申し訳ありませんが冷房を……」
モバP 「まだ使えるように調整中です、ごめんなさい」
21:
モバP (そう、カレーに絶妙に配合されたスパイスが体を内から燃え上がらせる)
クラリス「熱いですわ……」
モバP (たまらず反射的に服をゆるめてしまうクラリスさん……これもレアだ)
モバP (ここはたたみかける!)
モバP 「あ、そうだ」
モバP 「クラリスさん、アイスあるから食べましょう」
クラリス「あら、ありがたいですわ」
モバP (ソフトクリームタイプの物だが、もちろん僕の手から食べさせる)
22:
モバP 「はい、クラリスさん。あーん」
クラリス「ん……ん…………ふ」
モバP (熱さでぼうっとしていめ、既に正常な判断ができないのだろう)
モバP (僕の差し出したアイス呆気なく舐め、かぶりつく)
クラリス「んん……ん……」
モバP(こちらに身をのりだし、一心不乱にアイスにかぶりつく)
クラリス「ふ……ん……」
モバP (あっという間にコーンがあと少しだけの状態に……)
モバP (それをあっさりと口に放り込む)
クラリス「……はぁはぁ」
23:
モバP (名残惜しそうにしているが)
モバP (まだまだ終わらないぞ)
モバP 「クラリスさん、口の周りについてますよ」
クラリス「え?」
モバP 「しかし、お腹空いてたんですか?いい食べっぷりでしたよ」
クラリス「…………ぁあ……」
モバP 「口の周りにもこんなにつけて……」
25:
クラリス「ん……ん……」
モバP 「あ、そうだ」
クラリス「ぅん……なんでしょうか?」
モバP 「仮眠室だったらクーラー動きますので行くとしましょう」
モバP 「よいしょっと」
クラリス「きゃっ!?プロデューサー様、お、おろしてください」
モバP (さりげなくお姫様だっこしてっと)
モバP (ま、すぐそこだしね)
26:
………………
…………
……
モバP 「最近、クラリスさんは忙しかったですしね」
モバP 「昼寝でもして休んでください」
モバP (事前にクーラーを効かせておいたこの部屋、満腹感との波状攻撃)
クラリス「……ふぁ」
モバP (だらしなくあくびをしてしまうクラリスさん、これもレアだ)
モバP (そろそろ止めをさすか……)
クラリス「……ん……プロデューサー様……」
モバP (子供たちを寝かしつけるために習得したお腹ポンポン)
クラリス「……んん……プ……サ……さま……お腹ポンポンダメ……す」
モバP (チョロい)
クラリス「……スゥ」
モバP (おやすみなさい)
モバP 「……ふぅ」
2

続き・詳細・画像をみる


原作愛を感じる版権物は?

リア充が俺を救ってくれた話

ガンダムSEEDってそんなに悪くなくね?

女性が描く理想の旦那像wwwww

これが日本人のリベンジポルノだ!女の子との不倫行為を捉えた恥ずかしい画像が大量アップ!やっぱりエロ写真は絶対に撮らない方が良いね・・・。

【画像あり】エリートラブライバーの部屋キモ杉ワロタwwwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先