P「キャー! 律子さんのエッチー!」back

P「キャー! 律子さんのエッチー!」


続き・詳細・画像をみる

1:
律子「わわっ!? すすす、すみませんでしたー!」
バタン
P「……」
P「……」ゴソゴソ
P「もーいーよー」
ガチャ
律子「……あの」
P「なにかな」
律子「勢いに釣られましたが、何で事務所のど真ん中で素っ裸だったんですか!?」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401535387
2:
P「あぁ、うん。怒鳴る気持ちは分かる。だから説明させてくれ」
律子「……聞きましょう」
P「俺この後営業あるんだけどさ、スーツが汚れちゃって」
律子「はい」
P「で、着替えようと思って、ちょうど事務所にいるのが俺だけだったから……」
律子「この場で着替えてしまったと」
P「はい」
律子「はぁ……全く、私だったから良かったものの。無用心が過ぎます」
3:
P「面目ない」
律子「……ところで」
P「ん?」
律子「さっき、何で私の事さん付けだったんですか」
P「つい口から出ただけで深い意味はないよ」
律子「そうですか」
律子「……」
律子(……チラっとしか見なかったけど、やっぱり鍛えてるんだなぁ)
5:
?事務所?
春香「わっほい♪ きょーおーもプロデューサーさんにー抱ーきついーちゃおー♪」
春香「転ぶーのはー私だけのーとぉーっけーんだからー♪」
春香「……さてと」コソコソ
春香「プロデューサーさんの位置、タイミング……良し、と」
ガチャ
春香「おっはようございまー……ってうわぁっ!?」ドンガラガッシャーン
P「春香、危ない!」サッ
6:
春香「ええっ!?」
春香(想定よりも反応が早い……っ!)
春香「そ、その位置はまず――」ターッチ
P「あ」
春香(あ……私の手に、何か熱い感触が……)ニギニギ
P「キ」
春香「キ?」
7:
P「キャー! 春香さんのエッチー!」ダダダダッ
春香「ええっ!?」
春香「……プロデューサーさん、行っちゃった」
春香「どうしよう」
春香「プロデューサーさんの反応からして、さっき思わず握ったのってやっぱり……」
春香「…………」
春香「……そういえば何でさん付けだったんだろう」
8:
?事務所?
P「……」Zzz
真美「おやおや?? にーちゃんがお休み中だねー」
P「……」Zzz
真美「ぐっすり寝ちゃって……こんな堂々と居眠りなんて珍しいなぁ」
真美「……これはチャンスの予感」
真美「んっふっふー。さぁて、何をしようかなーっと」
P「……」カクン
真美「……って、あれ。Pヘッドがずれてきてる?」
真美「……」ピコン!
9:
真美「これは素顔を暴いちゃえってことに違いないYO!」
P「……」Zzz
真美「ぐふふふ……そ?っとそ?っと近づいて……」
真美「……」タッチ!
P「!?!?」ビクン
真美「うわわっ! 起きた!?」
P「はえ? ま、真美? 俺……あっ!」
P「キャー! 真美さんのエッチー!」
真美「うええっ!?」
10:
P「……」ガサゴソ
真美「……」
P「……よし、と。で?」
真美「な、なにさ」
P「何でこんな事したの」
真美「いやぁ、にーちゃんの秘密を暴くチャンスかなぁって」
P「そーいうことしちゃダーメ」
真美「はぁ?い」
11:
?事務所?
P「……ッ!」バッバッババッ
千早「……」
P「……変身!」カシャッ
千早「……」
P「う?ん、まだちょっとキレが足りないかなぁ」
千早「……あの」
P「……ん?」
12:
千早「……」
P「」
千早「……プロデューサー?」
P「キャー! 千早さんのエッチー!」
千早「!?」
千早「な、何を言うんですか!!」
P「あ、す、すまん。まさか見られているとは思わなくて」
13:
千早「一体何してたんですか」
P「ちょっと変身ポーズを……」
千早「……本当に何してたんですか」
P「だ、だって俺一人だと思ってたし」
千早「一人だとこういう事してるんですか」
P「インペラーのポーズカッコいいんだぞ」
千早「知りませんよ」
14:
?街中?
P「ふんふふ?ん♪」
P「……おや? 前を歩いているの、春香じゃないか」
P「お?い! 春香?」
春香?「……」
P「春香ってばー」
春香?「……」クルッ
春香?改めモブ子「なにか?」
15:
P「あっ、その……」
モブ子「……」
P「すみません人違いでしたー!」ダダダッ
美希「……」ジー
P「げぇっ! 美希!」
美希「……ハニー」
P「み、見てたか?」
16:
美希「う、うん」
美希「でもあの人、後姿は春香に似てたし、仕方ないと思――」
P「キャー! 美希さんのエッチー!」ダダダダッ
美希「って、ハニー!?」
美希「……行っちゃった」
美希「なんなの……なんなのなの」
美希「……なんでミキさん?」
17:
?事務所?
P「……」カタカタ
P「よし、これで終わりっと……ん?」
P「なんだこれ……マンガか? 何でこんなものがここに」パラッ
同人誌「『フフフ、ようやく捕まえたよ』『な、何をするんですか』」
同人誌「『気付かなかったかね? ずっと君を見ていたことに』『そ、それは……』」
同人誌「『でも、俺はプロデューサーで貴方は社長……』『そんな事は些細な問題だよキミィ』」
同人誌「『さぁ! 私の気持ちを受け取りたまえ!』『あぁっ! しゃ、社長ぉぉ!!』」
18:
P「……」パタン
P「……なんだこれ」
ガチャ
小鳥「しまったしまった。私とした事が書きかけの原稿、職場に置き忘れるなんて……って!?」
P「……」
小鳥「……」ダラダラ
P「これ、小鳥さんの……?」
19:
小鳥「……」
P「キャー! 小鳥さんのエッチー!」ダダダッ
小鳥「ピヨッ!?」
小鳥「行ってしまった……」
小鳥「見られて恥ずかしいのはこっちなんですけど……」
小鳥「叫びたいのも逃げたくなるのもこっちだったんですけど……」
小鳥「……せめて原稿持ってかないで?」
20:
?事務所?
P「うぅむ。今日は響のダンスレッスンがあるな」
P「俺もダンスが出来ればもっと力になってやれるんだが」
P「俺が踊れるものなんて、せいぜいソーラン節くらいだもんなぁ」
P「こう……はぁ?どっこいしょーどっこいしょー!」
P「ヤーレンソーランソーランソーラン」
P「……鰊来たかとかもめに問えばぁ♪」
ガチャ
響「はいさー…………い」
21:
P「チョイヤサエーエン……やぁ」
響「……プロデューサー、何してるんだ?」
P「キャー! 響さんのエッチー!」
響「な、なんでだー!?」
P「……す、すまんつい」
響「つい、でエッチ扱いされたらたまったもんじゃないぞ!」
P「仰るとおりです」
22:
響「でも、何でソーラン節を?」
P「いや、俺も響にもっとアドバイスできる人間にならないとなと思ったんだが、踊れる演目がな」
響「それしかなかったのか」
P「うん」
響「ソーラン節、いいと思うけど」
P「そ、そうかな?」
響「ただ事務所のど真ん中で踊るのはどうかと思うぞ」
23:
?仕事先?
P「めるめるっと……よし、事務所への報告完了」
亜美「ねぇねぇ、今日の亜美どうだった?」
P「細かい部分は後から言うが、かなり良かったぞ。先方の反応も上々だ」
亜美「ま、とーぜんの結果だけどね」
P「あんまり増長されても困るが……ま、今日のところはよしとしよう」
亜美「ねーねー、頑張ったからお腹減っちゃったよ」
P「よし、なら事務所帰る前にアイスでも食ってくか」ポトッ
亜美「やった! ……ん? にーちゃんケータイ落ちた……よ」ヒョイッ
24:
P「あっ! み、見るな!」
亜美「この待ち受け……真美?」
P「!! キャー! 亜美さんのエッチー!」
亜美「えええっ!? に、にーちゃん何言ってるのさー!」
P「ハッ……す、すまん。待ち受け見られたと思ったらつい」
亜美「全くもー。恥ずかしいからって叫ばないでよ」
P「いやホントすまん。アイス三段にしていいから許してくれ」
亜美「ちかたないなぁ」
25:
亜美「……ところでさ、にーちゃんって真美が好きだったの?」
P「いや……まぁ、見られちゃったしいいか。ほら」サッ
亜美「あれ? 今度は亜美になってる」
P「765プロメンバーがランダム表示されるんだよ。だから真美が特別って訳じゃない」
亜美「ふーん……」カチカチ
亜美「……あ、また亜美だ」
亜美(これ、待ち受けに表示される確率って……ううん、聞かないでおこう)
26:
?ショッピングモール?
伊織「うーん、中途半端に時間が空くと困るわね。誰かいるわけでもないし」
伊織「……って、あれプロデューサー?」
伊織「こんなところで何してるのかしら……」
P「……すみませーん」ドサッ
伊織「何か買ってる……」
P「支払いはこれで」スッ
伊織「……今日発売した私のグッズ?」
P「ありがとうございます……ん?」
伊織「……」
P「キャー! 伊織さんのエッチー!」
27:
伊織「!?!? な、ななな何言ってんのよバカ!!」ドガッ
P「ぐはっ」
伊織「こんな往来でいきなり叫んで……バカじゃないの」
伊織「……で?」
P「で、とは?」
伊織「何買ってたのよ」
P「いや、別に怪しいものじゃ……」
伊織「見てたから。知ってるから。隠しても意味ないわよ」
28:
P「マジか」
伊織「マジよ……私のグッズ買ってたわよね」
P「まぁ、伊織のだけじゃないけどな。ほれ」
伊織「うわ……アンタ、もしかして新作出たら毎回買ってるわけ?」
P「まぁな」
伊織「サンプルとかもらえないの?」
P「俺もファンだからな。自分で買いたいんだよ」
伊織「ふ、ふ?ん……まぁ、殊勝な心がけね」
伊織(……あの一言さえなければカッコ良かったのに)
29:
?事務所?
あずさ「あら? 何か落ちてるわ?」スッ
あずさ「随分古めかしいけど……日記帳?」パラッ
あずさ「あ、ページが一枚落ちて……」
あずさ「『暗き天にマ女は怒り狂う この日○終わり 悲しきかな!!』……」
あずさ「何か不吉な事が書いてあるけど……まるで預言書みたい」
ガチャ
P「ふぅ?ただいま戻り……ッ!?」
あずさ「あ、プロデューサーさん」
P「キャー! あずささんのエッチー!」ダダダダッパシッ
30:
あずさ「ええっ!?」
P「うわーん! 俺の日記見られたぁぁぁ!!」
あずさ「これ、プロデューサーさんのだったんですか」
あずさ「ごめんなさい。中身を見るつもりはなかったんですけど、一枚ページが抜け落ちてまして……それだけは」
P「うぅ……確かにこれボロボロですもんね。それにあずささんが覗き見るような事はしませんよね」
あずさ「でも見てしまったのは事実ですから、すみませんでした」
P「いえ。俺も騒ぎすぎました。すみません」
あずさ「ふふ……恥ずかしかったのはよく分かります。けど、エッチ呼ばわりは傷つきました」
P「ホントすみません。最近、癖になっちゃってて」
33:
あずさ「でも、日記だったんですね。全然意味が分からなかったです」
P「ん? あぁ、これ暗号日記なんですよ。765プロの天といえば天海春香。暗き天は落ち込んでる春香って意味です」
P「マのつく女は真か真美。この場合は、落ち込んでる春香を見た真が怒っていたって意味です」
あずさ「では、この日○終わり悲しきかなっていうのは?」
P「春香が落ち込んでる原因が俺だと勘違いした真にPヘッドを壊されまして……棒の部分だけになったんですよ」
あずさ「あぁ、真ん中の穴を指していたんですね」
P「はい。そうだったんです。だからほら、今もセロテープでくっつけてるんです」
あずさ「あ、あらあら?」
34:
?事務所?
P「……」カタカタ
P「……一人で仕事って寂しいなぁ」カタカタ
P「……静かだ」カタカタ
P「こう静かだと……歌でも歌いたくなるな」カタカタ
P「仙台貨物エブリバディ! GAY! 仙台貨物エブリバディ! GAY!」
P「来たぞ来たぞサタデーナーィ♪」
ガチャ
貴音「おはようご…………」
35:
P「はすれ はすれ あのまつへー♪」
貴音「……」
P「ぼぐらがいればどんなにかなすぃ顔もー♪」
貴音「はて。貴方様は東北の出身でしたでしょうか」
P「ん? いやいや、この曲はこうして歌わないと雰囲気が……」
P「……」
貴音「なにか?」
P「……」
37:
P「キャー! 貴音さんのエッチー!」
貴音「なんと!?」
P「……はぁ。まさか貴音に見られていたとは」
貴音「申し訳ありません。貴方様が気持ちよく歌っておられたので声をかけ難く」
P「いや。いいんだ……事務所で歌ってた俺が悪い」
P「だがよりにもよって……せめて選曲を考えるべきだった……はぁ」
貴音「そういえば先ほど歌っていたのはどのような……」
P「それ以上は聞かないで!」
38:
つまりどういうことだってばよ
39:
?事務所?
雪歩「最近いい詩が浮かばないなぁ」
雪歩「何かいいものないかな」
雪歩「あれ? こんなところに詩集が……誰かの落し物かな」ペラ
雪歩「タイトル……『アイドルへ』」
雪歩「『アイドルはすごいなあ アイドルはみんなを元気にする ぼくにはとてもできない』」
雪歩「『アイドルは世界中に 元気をわけている ぼくにはとてもできない』」
雪歩「……」パタン
雪歩「こ、こんな……」フルフル
40:
ガチャ
P「あー、疲れた。ただいま戻りまし……」
P「」
P「キャー! 雪歩さんのエッチー!」
雪歩「ぽえっ!?」ビクッ
P「な、ななな何で雪歩が俺の詩集を!?」
雪歩「これプロデューサーのだったんですか」
雪歩「あの、ここに落ちてて……」
41:
P「そ、そうか。拾ってくれてたのか」
雪歩「あの、中身についてなんですけど……」
P「見た……のか?」
雪歩「はい。あのプロデューサーのこと……師匠って呼ばせてくださいぃ!」
P「はぁぁ!?」
雪歩「読んで凄く感動しました! 私にもっとポエムを教えてください!」
P「うそぉ」
雪歩「師匠!」
P「どうしてこうなった」
42:
?事務所?
やよい「うーん……全体的に汚れが目立つなー」
やよい「最近忙しくてちゃんと掃除できなかったから」
やよい「ちょうど誰もいないし、今のうちにやっちゃいましょう!」
やよい「ふんふふーん♪」パタパタ
やよい「……あれ? この箱……なんだろう」
ガチャ
P「ふぅ。ただい……」
やよい「あ、プロデューサー」
P「キャー! やよいさんのエッチー!」
43:
やよい「はわっ!?」
P「あっ……変な声出してごめんな。まさかそれを見つけられるとは思わなかったんだ」
やよい「私の方こそごめんなさい。そんなものだとは知らなくて」
P「いや、俺も言ってないんだから仕方ないよ」
やよい「それじゃ、この箱はそのままにしておきますね」
P「……んー。見られちゃったし、いいか」
やよい「?? 何がですか?」
P「やよいには先にこっそり見せてあげよう」
44:
P「ジャーン。今度のライブで使う衣装の試作品だー」
やよい「うわぁ! すっごくかわいいです!」
P「だろう? 我ながら会心の出来だったんで、皆が揃うまで秘密にしようと思ったんだよ」
やよい「もしかして、プロデューサーが作ったんですか?」
P「まさか。本職の人にアイデアを伝えただけだよ」
P「それが俺の要望以上に素晴らしい出来だったんで嬉しくてさ」
やよい「ホントにステキですよ」
P「喜んでくれてよかったよ」
45:
?プールで撮影?
真「ふぅ……これで撮影終わりか」
P「よっ、お疲れ」
真「あ、プロデューサー。どうでしたか、ボク可愛く撮れてました?」
P「おう。バッチリだ」
真「えへへ。水着もいいですけど、お姫様みたいな衣装も着たいなぁ」
P「お姫様か……いいかもしれないな。考えておくよ」
真「ホントですか! やりぃ……ってうわわっ!」ツルッ
46:
P「真ッ!!」バッシャーン
真「あー冷た……プロデューサー!?」
P「二人してプールに落ちちゃったな」
真(今、ボクお姫様抱っこされてる!?)
P「落ちる前に助けられたらカッコ良かったんだが」
真「そんな事……あれ、プロデューサー、シャツが透けて」
P「へ……」
47:
P「キャー! 真さんのエッチー!」
真「えええっ!?」
真「じゃ、なくて! さっさと上がりましょう。このままじゃ風邪引いちゃいますよ」
P「あ、あぁ。そうだった」ザバァ
P「びしょ濡れだ……悪いが、ちょっと着替えてくる」タタタッ
真「あ、はい」
真「……」
真「プロデューサー、やっぱり逞しかったな」
48:
…………
美希「最近ハニーに変な口癖が付いてるの」
貴音「えぇ。真、由々しき事態ですね」
響「貴音の言うとおりだぞ。恥ずかしいのは分かるけど、エッチ呼ばわりされたら困るからな」
伊織「それも人ごみの中とかだと最悪よね」
真「……」
春香「……」
律子「……」
千早「そこの三人は何で黙っているのかしら」
律子「いえ、別に」
春香「何でもないよ」
49:
真「うんうん」
雪歩「んん? 真ちゃんの様子が……気のせいかな」
真美「でもさ、ここにいる全員が言われたなら取り合えずもう収まるんじゃない?」
小鳥「真美ちゃん、その考えは早計じゃないかしら」
亜美「どっちかっていうとさらに悪化しそうだよねー」
やよい「突然言われるとびっくりするから困るかなーって」
あずさ「でも今日は全員ここに集まってるから大丈夫じゃないかしら?」
ガチャ
H「みんな、おはよーう!」
765プロ女子一同「「!?!? キャー!! プロデューサーさんがエィチー!!」」
50:
…………
H「……昨日プールに落ちたせいでPヘッドが壊れたから、代わりに被ったHヘッド」
H「今日はフロデューサーって事でよろしく! って感じでいこうかと思ってたが」
H「……やっぱダメだったかー」
H「それにまさかあのセリフを俺が言われる立場になるとはな……ちょっと違ったけど」
H「こうして言われてみると……うん、胸に刺さるわ」
H「……因果応報、だな」
H「改めて、みんなには悪いことをした」
H「もうあのセリフを出さないよう頑張ろう」
51:
ガチャ
高木「おや? 今日はいつもと違うね」
H「社長。おはようございます」
高木「あぁ、おはよう」
H「……って社長! 社会の窓開いてますよ」
高木「何!? ……キャー! フロデューサーさんのエッチー!」
H「言ってるそばからやっちまったあぁぁ!!」
終わり
52:
読んでくれた方、ありがとうございます。
53:
勢いで笑ってもうた
おもしろかった、乙!
5

続き・詳細・画像をみる


実 写 化 し て も 確 実 に 成 功 す る 作 品

ほぼ全てにおいて男の方が有能なのに、なんで男女平等に扱われなくちゃいけないの?

かわいいうさぎの画像が集まるスレ

なんでサッカーのシュートって両足で打たないの?

可愛くないと態度変える男wwwwww

【衝撃画像】加護亜依(26)さんの変わり果てた現在の姿wwwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先