小鞠「安価で何かする!」back

小鞠「安価で何かする!」


続き・詳細・画像をみる

1:
小鞠「>>5でもしようかな」
5:
ほたるんにえっちないたずら
6:
小鞠「蛍にえっちないたずらでもしようかな」
小鞠「何がいいかな?おっぱいさわるとか?それじゃ普通か…」
小鞠「あ、そうだ!>>9しよう!」
9:
肛門を舐めてもらうよう嘆願
11:
蛍の家
蛍「あ、小鞠センパイこんにちは」
小鞠「おじゃましちゃうね」
蛍「いえいえ、あ、今お茶いれますね」
小鞠「うん、ありがと蛍」
蛍「それで、今日はどうして?」
小鞠「あー…えっと……その……」
小鞠「私の肛門、舐めてほしいな……」
蛍「え!?」
蛍「>>14」
14:
脇ならいいよ
18:
蛍「えっと……脇ならいいですけど…」
小鞠「え?」
小鞠「………」
蛍「………」
小鞠「あ、じゃあそれでお願いするね」
蛍「わ、わかりました」
小鞠(ど、どうしよう…なんか変な空気になっちゃった)
蛍(センパイの脇…どんな味がするかな?)ペロペロ
小鞠「わ、わわわ、ほ、蛍?」
蛍「はい?」
小鞠「>>20」
20:
も、もっと...
21:
小鞠「も、もっと…」
蛍「え?」
小鞠「もっと!もっと舐めていいよ?」
蛍「え?本当にいいんですか?」
小鞠「うん」
蛍「それじゃあ遠慮なく…」ペロペロ
小鞠「ひゃっ!く、くすぐったい///」
蛍「センパイの脇、>>24の味がします…」ペロッ
24:
れんちゃんのうんこ
26:
小鞠「え?今なんて…」
蛍「れんちゃんのうんこの味がします…」
小鞠「……」
小鞠「ご、ごめん用事思い出した!今日は帰るね!」
蛍「え!?センパイ待ってください!これは違うんです!!センパアアアアアアアアイ!!」
27:
小鞠(れんげのう…うんこの味ってどういうこと!?)
小鞠(そ、そんな…私がそんな味するわけがない……!)ペロッ
小鞠「!?」
小鞠(こ、これは……>>30の味だ!)
30:
嘔吐物
31:
小鞠(こ、これは嘔吐物の味…うげえええ)
小鞠(と、とりあえず帰ってお風呂入ろう!)
小鞠「ただいまー!」
夏海「姉ちゃんおかえりー、ってどうしたの?」
小鞠「へ? ど、どうもしてないよ!なんでもないから!うん!」
夏海「ふーん……ん?姉ちゃん…」
小鞠「な、なによ」
夏海「>>34」
34:
しゃぶれよ
36:
夏海「しゃぶれよ」
小鞠「え?」
夏海「しゃぶれよ」
小鞠「え、しゃぶれって何を…」
夏海「そんなの決まってるじゃん、>>39だよ」
39:
うんこ
40:
小鞠「は?」
夏海「うんこしゃぶれって言ってんの」
小鞠「い、嫌よそんなの!なんで私がそんなことしなくちゃならないの?」
夏海「しゃぶれよ」
小鞠「うっ……」
小鞠「ま、待ってよ!誰のうんこをしゃぶれっていうの?」
夏海「>>43」
43:
パンダ
45:
小鞠「ぱ、パンダ?」
夏海「ほら、これ」
小鞠「うわっ、いきなり出さないでよ!」
夏海「これしゃぶってよ」
小鞠「い、嫌って言ってるじゃん!」
夏海「しゃぶらないなら無理やり口につっこむよ?」
小鞠「な、なんでそんな……」
夏海「しゃぶれよ」
小鞠(ど、どうしよう…)
>>48
48:
蛍のうんこなら!
51:
小鞠「ほ、蛍のうんこなら!」
夏海「ん?」
小鞠「蛍のうんこしゃぶるから、パンダはちょっと…」
夏海「…ふーん、わかった」
夏海「あ、もしもしほたるん?えーっとかくかくしかじかでほたるんのうんこを持ってきて欲しいんだけど」
夏海「オッケー、待ってるねー」
蛍「センパイ!持ってきましたうんこです!」
小鞠「はやっ!?」
夏海「おぉ…人間のうんこは臭いなぁ」
蛍「センパイ、どうぞ!」
小鞠「うぅ……」
夏海「どうした姉ちゃん、今さら嫌だとは言わせないからね」
小鞠「わ、わかってるってば…」
52:
小鞠「じゃあ……」
小鞠「………」ハムッ
蛍「………」ドキドキ
小鞠「>>55」
55:
星3つです
58:
小鞠「星3つです」
蛍「星3つっていうのは……」
小鞠「美味しかったってこと」
蛍「ほんとうですか!?良かった、喜んでもらえて……」
小鞠「もし良かったらさ、これからも食べさせてほしいな」
蛍「よ、喜んで!明日から毎日お届けします!」
夏海(え……なんだこの展開)
小鞠「あ、そうだ夏海、せっかくだしあんたのうんこも食べてあげよっか?」
夏海「え、えっと……」
夏海「>>61」
61:
じゃあ三人でおしりと口をくっつけちゃうってのはどうかな
65:
蛍「え?どういうことですか?」
夏海「だから、ウチのうんこを姉ちゃんが食べて、姉ちゃんのうんこをほたるんが食べて、ほたるんのうんこをウチが食べれば…」
蛍「なるほど!こういうふうな体制になって食べっこするということですね!」
小鞠「えー、でもあんたのうんこの味がわからないからなぁ…先に試食させてよ」
夏海「オッケー、今してくるから待ってて」
夏海「はい姉ちゃん」
小鞠「……」はむっ
小鞠「こ、これは……」
小鞠「>>68」
68:
おえええええ
71:
小鞠「おえええええ」ゲボー
夏海「うわ!何吐いてるの姉ちゃん!」
蛍「あぁ…私のうんこまで……」
小鞠「あんたのうんこマズすぎ………」
夏海「そ、そんな…どうしてウチだけ!」
小鞠「知らないわよ…とにかくマズくて無理」
夏海「ま、まだだ!まだ姉ちゃんのがある!」
小鞠「え?」
夏海「まだ姉ちゃんのうんこの味を試してない!早く姉ちゃんも自分のうんこの味を確かめて!」
小鞠「うえぇ……自分で自分のを食べるのか…」
結果
>>74
74:
甘すぎる!
77:
小鞠「甘すぎる!」
蛍「え!?甘い味なんてあるんですか!?」ぱくっ
蛍「………」
蛍「本当だ!センパイのうんこ甘い!あまあまですね!」
夏海「ぐぬぬぬぬ……」
夏海「くそっ!こうなったら>>80だ!」
80:
やっぱうんこ食べるなんて普通じゃないよ
84:
夏海「やっぱうんこ食べるなんて普通じゃないよ」
小鞠「はあ?何を今さら…」
夏海「ウチはまだウンコ食べてないし。人として超えちゃいけないライン超えてないから」
小鞠「食べさせたのはあんたでしょ?」
夏海「食べたのは姉ちゃんじゃん」
小鞠「あっそ、じゃあ勝手にすれば」
夏海「そっちこそずっとウンコ食べあってればいいんだ」
蛍「あ、あのー……」
蛍「>>87」
87:
じゃあ私と二人でお口とお尻くっつけちゃいましょう
92:
蛍「じゃあ私と二人でお口とお尻くっつけちゃいましょう」
小鞠「え?」
夏海「それどっちに向かって言ってるの?」
蛍「え?えっと……」
夏海「というか2人でお尻と口をくっつけあうって体勢に無理があると思うんだけど」
蛍「そ、そうですよね!じゃあ……」
蛍「>>94」
94:
このホースを使いましょう
97:
蛍「このホースを使いましょう」
夏海「ふーん、用意がいいんだね」
夏海「で、誰と誰が合体するの?」
蛍「それはもちろん>>100ですよ」
100:
全員
102:
小鞠「全員?でも夏海のウンコはとても食べられるものじゃないと思うけど…」
蛍「ちょっと私が味見してみますね」はむっ
蛍「>>104」
104:
ふわとろ
105:
蛍「ふわとろだ…」
夏海「え?」
小鞠「嘘!? 蛍食べられるの!?」
蛍「ええ、まあ…」
夏海「じゃあウチのうんこをほたるんが食べれば全てオッケーだね」
小鞠「そういうことになるね」
蛍「そうと決まればさっそく準備しましょう!」
蛍「これで完成です!」
夏海「あとは口にくわえるだけだね」
小鞠「結局あんたもノリノリじゃん」
夏海「まあね?」
10

続き・詳細・画像をみる


小鞠「安価で何かする!」

アニメ「ステラ女学院高等科C3部」近日中に告知情報ありとのこと・・・何があるんだよ・・・

【画像】これ言ってる事当たり過ぎワロタwwwwwww

中学のころ転校して来たヤツが見た目ガリガリのボロい学ランで、貧乏人と虐められるようになった

【寄生獣SS】少女「私のお母さん」

中田ヒデの現在のサッカー啓蒙活動を御覧ください。 (※画像あり)

back 削除依頼&連絡先